仕事から逃げたいと思う7つの理由を解説!逃げる前に知っておきたい対処法も紹介 | WEBCAMP NAVI
【12月の受講枠も残りわずか】

仕事から逃げたいと思う7つの理由を解説!逃げる前に知っておきたい対処法も紹介

毎日仕事ばかりで疲れて、つい「逃げたいな」と思うことがあるかもしれません。

「仕事から逃げたいと思うなんて、甘えた考えじゃないか」
「逃げたいと思うくらい仕事がしんどいけど、どうすればいいんだろう」

そんなふうに悩んでいないでしょうか。

仕事の負担が大きいと、現実逃避がしたくなるのは誰にでもあることです。

しかし、「逃げたい」と思ったときにどうすれば良いのかわからないと、何もできずにただ苦しい思いをします。

今回は、

  • 仕事から逃げたいと思う理由
  • 周りから甘えと捉えられてしまうケース
  • 仕事から逃げたいときの対処法
  • 仕事から逃げる以外の方法

などについてお伝えします。

「仕事から逃げたい」と感じることは、自分自身からのSOSである可能性が高いです。

適切な対処法を知って、無理なく過ごしましょう。

「仕事から逃げたいと感じてしまってつらい」という方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

仕事から逃げたいと思う7つの理由とは

仕事から逃げたいと思う人のイメージ

なぜ「仕事から逃げたい」と感じてしまうのでしょうか。

まずは「逃げたい」と思う理由について考えていきましょう。

仕事ではあらゆる負担を感じる要素があり、追い詰められすぎると自分の手に負えられなくなって「逃げたい」と思います。

自分がどんなことにストレスを感じて「逃げたい」と感じているのか、客観的に捉えてみると良いですよ。

ここでは、仕事から逃げたいと思う7つの理由について見ていきましょう。

  1. 仕事量が多すぎて体力的に限界
  2. 人間関係に悩み精神的につらい
  3. 失敗が続いて恐怖から逃げ出したい
  4. 責任が大きくプレッシャーに耐えられない
  5. 休みが取れずストレスが解消できない
  6. 仕事に意義を見出せない
  7. 社風と合っていない

さっそくご説明していきます。

1.仕事量が多すぎて体力的に限界

「やってもやっても仕事が終わらない…」と疲れていないでしょうか。
仕事量が多すぎて体力的に限界がきていると、「逃げたい」と感じます。

仕事には、1日にこれくらいなら遂行できるという適正量がありますよね。
本来はこなせるぶんだけの仕事を受け持って、それぞれの仕事に取り組みます。

しかし、頼まれた仕事を断れない人や、仕事を後回しにして溜めてしまう人は、抱える仕事量が多くなりすぎることも。

多すぎる仕事を抱えていては、仕事に追われてばかりで、体力的にもへとへとになってしまうでしょう。

「これ以上頑張れない」と感じて、仕事から逃げたいと思うようになるのです。

2.人間関係に悩み精神的につらい

人間関係の悩みは多くの人が抱えるものですが、ときには精神的に大変つらい状況になることもあります。

「上司からひどく怒られて精神的なストレスが大きい」「ほかの社員から悪い部分ばかり指摘されてつらい」など、精神的にダメージを強く受けてしまうことも少なくありません。

仕事は、あらゆる人間関係のなかですすめていくもの。
そのため、仕事における人間関係は大きな悩みになりがちです。

仕事での人間関係に悩まされて、精神的に追い詰められることで、「仕事から逃げたい」と感じるようになります。

3.失敗が続いて恐怖から逃げ出したい

「仕事で失敗ばかりしていて、次も失敗するんじゃないかと思うとこわい」と悩んでいる人もいるでしょう。

失敗に厳しい職場環境だと、失敗することが恐ろしくなり、プレッシャーから心身の負担につながります

こわいものから逃げたいと感じることは自然なことですよね。

失敗が続いて恐怖を感じていると、「仕事から逃げたい」という考えになるでしょう。

4.責任が大きくプレッシャーに耐えられない

責任が大きい仕事を任せられたとき、あまりのプレッシャーの大きさに「逃げたい」と感じることもあります。

やり遂げるという自信や意気込みよりも、自分にできるだろうかという不安や負担を強く感じてしまうのです。

責任の大きい仕事は、自分の実力に見合ったものでなければ、期待よりもプレッシャーのほうが大きくなってしまいます。

仕事の責任が大きすぎると、プレッシャーに耐えかねて「逃げたい」と思う原因になるでしょう。

5.休みがとれずストレスが解消できない

仕事後や休日は休めているでしょうか。
休息が不十分でストレスが溜まっていると、「仕事から逃げたい」と感じるようになります。

十分な休息をとることは、自分の心身を休めて回復し、ストレスを発散するためにとても重要です。

休みがとれていないと、疲れやストレスが残ったまま仕事をしなければなりません

すると、心身の限界を感じやすくなり、休息を求めて「逃げたい」と感じるのです。

「逃げたい」という気持ちは、心身のSOSともいえるでしょう。

6.仕事に意義を見出せない

「何のために仕事をしているのかわからない」という人も要注意です。
仕事に意義を見出せないことは、「逃げたい」と感じる原因のひとつになります。

仕事の意義を見出だせていないと、目的意識がないので、ただ消耗する感覚になることも少なくありません。

やりがいや充実感が感じられず、仕事の意義がわからないまま働き続けることで、ストレスが溜まります

そして「このままでは時間だけが過ぎてしまう」「もっと意義のあることをしたい」という思いから、「逃げたい」と感じるようになるのです。

7.社風と合っていない

自分自身と社風が合っていないと感じることが、「逃げたい」と思う原因になることもあります。

たとえば、新たなことに挑戦して実力を評価されたいのに、決まったことしかやらせてもらえない社風では、自分の能力を生かしきれませんよね。

社風と合っていないと、思うように働くことができません
充実感や達成感を得にくくもなるでしょう。

「自分が働きたいのはこんな環境ではない」と感じることによって、いまの環境から「逃げたい」と思うようになります。

社風が合わないことは「仕事から逃げたい」と感じる大きな原因のひとつです。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

転職成功率98%の【DMM WEBCAMP】で需要の高まるITエンジニアに転職しよう!
フルタイムのコミット型学習と手厚いキャリアサポート!
万が一転職できない場合は、全額返金の転職保証付き!
条件を満たすことで最大56万円のキャッシュバックも受けられます。
まずはお気軽に無料カウンセリングへ!

\参加者満足度99%!/
エンジニア転職のプロに無料で相談する!
※最短1分で申し込み可能

仕事から逃げたいという感情は甘えではないことが多い

仕事から逃げたいという感情は甘えではない

「仕事から逃げたい」と思う理由をお伝えしました。
さまざまな理由から追い詰められて「逃げたい」という気持ちになっています。

さて、「仕事から逃げたい」と考えることにマイナスなイメージを持つ人も多いかもしれません。

しかし「逃げる」ということは、実は前向きな行動のひとつでもあります。

なぜなら、「いまの自分に合っていない」「もっと自分に合った環境へすすみたい」という気持ちでもあるからです。

「仕事から逃げたい」と思うのは、自分自身や環境の変化を求めているということ。
前向きなチャンスと捉えて、行動につなげるといいですよ。

周りから甘えと捉えられてしまう3つのケース

周りから甘えと捉えられてしまっている人のイメージ

「仕事から逃げたい」と思うことは前向きな行動のひとつであるとお伝えしました。

しかし、状況によっては周囲から見て「それは甘えだ」と捉えられてしまうケースあります。

どんな状況なら周囲から「甘え」だと受け取られてしまうのでしょうか

自分自身の状況を客観的に捉えて、周囲から「甘え」と思われないようにしたいですね。

ここでは、周りから甘えと捉えられてしまう3つのケースをお伝えします。

  1. 仕事を適当にこなしている
  2. 問題に直面すると投げ出してしまいがち
  3. 体調不良を理由に休むことが多い

それでは見ていきましょう。

1.仕事を適当にこなしている

仕事を適当にこなしている人は、「逃げたい」というと周囲から「甘えだ」と思われてしまいがちです。

仕事にまじめに向き合わず適当にこなしていると、やる気がないのに不満を言っているように見えてしまいます。

努力せずにただ逃げようとしているように捉えられることから、「甘え」と思われるのです。

まじめに向き合った上で「逃げたい」と感じているなら、周囲から誤解されないためにも、適当に仕事をすることは避けるといいですよ。

2.問題に直面すると投げ出してしまいがち

普段の行動から「甘え」と思われてしまうこともあります。

特に、問題に直面すると投げ出す癖がある人は、「また逃げてるよ、甘いやつだ」と判断されやすいです。

問題に直面したときに、真正面から向き合って対応するのは勇気がいることですよね。

しかし、つい向き合わずに逃げてしまう人は、周囲から良く思われないので要注意です。

普段から問題に対してしっかり向き合う姿勢を見せることで、「仕事から逃げたい」と思ったときに「甘え」とは思われなくなりますよ。

3.体調不良を理由に休むことが多い

体調不良はつらいものですが、休んでばかりいると周囲から「甘え」と捉えられかねません。

体調の事情をよく知らない人にとっては、「体調管理ができていない」「自分に甘いから体調を崩すのでは」と思われることもあるでしょう。

そして、「仕事から逃げたい」という思いも「甘えではないか」と思われてしまいます。

もし体調不良を理由に休むことが多いなら、上司に相談しておくと安心です。

体調不良の原因や状態を職場の上司に相談すれば、事情を理解してもらえて「甘え」と捉えられなくなりますよ。

仕事から逃げたいときの対処法6選

仕事から逃げたい時のイメージ

周囲から「甘えだ」と捉えられてしまうケースをお伝えしました。
仕事にまじめに取り組んでいないと、「甘え」と思われやすいようです。

では、本人にとっては前向きな「逃げたい」という気持ちが出てきたときには、どうすればいいでしょうか。

「仕事から逃げたい」と思ったとき、できる対処法はいくつかあります

できそうなものから行動してみて、自分自身や環境を変化させましょう。

ここでは、仕事から逃げたいときの対処法を6つご紹介します。

  1. 同僚・上司に相談する
  2. 社外の人に相談する
  3. 住環境を変えてみる
  4. 有給をとる
  5. 休職をする
  6. 転職活動をする

それでは順番に見ていきましょう。

1.同僚・上司に相談する

仕事に負担を感じていて「逃げたい」と感じたら、同僚や上司に相談してみましょう。

同僚や上司は、あなたの普段の仕事の様子を見ています。
仕事ぶりや状況を知っているので、親身になって耳を傾けてくれるかもしれません。

自分がどんなことに不満や負担を感じているのかを相談することで、融通を利かせてくれる場合もあります。

たとえば、人間関係の悩みなら部署を移動してもらえたり、責任の大きい仕事なら負担を少なくしてもらえたりする可能性もあるでしょう。

職場の人に相談することで変化が起こり、「仕事から逃げたい」と感じている状況を変えられますよ

2.社外の人に相談する

職場の人に相談しづらいときは、社外の人に相談してもいいでしょう。
友だちや家族などは、気を遣うことなく相談できる相手です。

一緒に働いている相手には話しづらい内容について悩むこともありますよね。

自分の職場に関係のない第三者に相談することで、自分の状況を客観的に見てもらえます

捉え方が変わることで、「仕事から逃げたい」と感じていたことも変化するかもしれません。

3.住環境を変えてみる

「仕事から逃げたい」という気持ちから抜け出す方法として、仕事ではなくプライベートの環境を変えることも効果的です。

部屋の模様替えや住む場所を変えるなど、住環境を変えることは大きな変化が生まれます

たとえば、会社の近くに住んでいることで残業や休日出勤をさせられる場合、会社から離れたところに引っ越せば問題は解決します。

さらに仕事から帰ってきたときにリラックスできる部屋に変えることで、プライベートの時間の充実感が上がるでしょう。

プライベートを充実させていると、仕事にも前向きな気持で取り組みやすくなりますよ。

4.有給をとる

「仕事から逃げたい」と感じたら、有給をとって休むことも効果的な対処法のひとつです。

仕事に追われている状況や、休息がなくストレスが溜まっている状態では、仕事の効率は良くありません。

思い切って有給を使って休み、自分の時間をつくりましょう。

自分の時間では、仕事のことから離れて、リフレッシュできる過ごし方をするといいですよ。

有給をとって身体を休め、ストレスを減らすことで、「仕事から逃げたい」という気持ちから抜け出せるようになります。

5.休職をする

あまりにも心身が追い詰められていて「逃げたい」と感じるなら、休職をするのもいいでしょう。

基本的には、会社の就業規則などを確認して所定の手続きを行えば、仕事を一定期間休めます。

休職することでまとまった休みがとれるので、心身の回復に専念したり、仕事について考え直したりできますよ。

休職できる期間は会社によって異なりますが、一般的には3ヶ月~長くて3年です。
病気やケガを理由とした休職なら、2年を上限としている場合が多いですよ。

会社の休職制度を利用して、無理なく働けるよう調子を整えましょう

6.転職活動をする

「仕事から逃げたい」と感じているときには、転職活動をすることも有効な対処法になります。

転職活動をすることで、ほかの会社で働く可能性を考えられるようになり、「いまの環境で働き続けなくても良い」と気持ちに余裕ができるのです。

精神的に追い詰められて「逃げたい」と感じているときは、視野が狭くなっていることが多いです。

転職活動を通して視野を広げ、気持ちを楽に持ちましょう。

本当に今の環境を変えたい場合も、自分が希望する環境に転職することができますよ。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

国内最大級のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
手厚いキャリアサポートと高品質の学習カリキュラムで驚異の転職成功率98%!
あなたも、IT業界で輝くエンジニアになりませんか?
本気で人生を変えたい方は、ぜひ無料カウンセリングへ!

\参加者満足度99%
エンジニア転職のプロに無料で相談する!
※最短1分で申し込み可能

仕事から逃げる以外の方法7選

仕事から逃げる以外の方法

「仕事から逃げたい」と感じたときの対処法をお伝えしました。
誰かに相談したり休息をとったり、変化のための行動を起こすと良いですね。

さらに、仕事から逃げる以外の方法でも「仕事から逃げたい」という気持ちに対処することは可能です。

大切なことは、仕事で追い詰められている状態から抜け出すこと。

まずは自分にできることから始めてみるといいですよ。

ここでは、仕事から逃げる以外の方法を7つご紹介します。

  1. プライベートの時間を充実させる
  2. 体調を直すことに集中する
  3. 適切な仕事量を守る
  4. 働く目的を意識する
  5. 失敗を繰り返さないように努力する
  6. 他者の評価を気にしないようにする
  7. 常に逃げ場を作っておく

さっそく詳しく見ていきましょう。

1.プライベートの時間を充実させる

普段は仕事以外の時間を、どのように過ごしているでしょうか。
プライベートの時間を充実させると、仕事にも余裕を持てるようになります。

「休みの日に何もすることがない」と感じている社会人は、意外と多いです。

プライベートの時間の過ごし方で、効果的な回復や心身のリフレッシュができるかどうかが変わりますよ

たとえば、スポーツに打ち込むことで汗を流せば、気分も爽やかで前向きになります。

自分の好きな趣味や楽しみを持つことでメリハリをつけると、「逃げたい」という気持ちから抜け出せるでしょう。

2.体調を治すことに集中する

体調不良によって「仕事から逃げたい」と感じている場合は、体調を治すことに集中するのが大切です。

病気やケガでは、思うように仕事ができずにストレスがたまる上、効率も良くありません。

体調が良くない状態で無理に仕事をするよりも、しっかり治して早く復帰するほうが良いでしょう。

定期的に通院する、職場に協力をお願いするなど、体調を治すことに集中できる環境を作るといいですよ。

まずは自分の体調を第一に考え、治ってから仕事に取り組めば問題ありません。

3.適切な仕事量を守る

仕事量が多いと体力的なつらさから「逃げたい」と感じます。
適切な仕事量は、しっかりと守るようにしましょう。

まずは、自分がどれほどの仕事量を抱えているのか、1日でどれほどの仕事量をこなせるのかを把握することが大切です。

仕事が多いと判断したら、上司に相談して仕事を減らしてもらいましょう

また、仕事を頼まれたときに「これ以上は抱えられない」と思ったら、キッパリ断ることで増やさずに済みますよ。

なかには、仕事を断れないという人もいるかもしれません。
こちらの記事で仕事の断り方を詳しく紹介しているので、参考にしてくださいね。

仕事の断り方の5つのポイントを紹介!断るメリットや断れない人の心理も解説

4.働く目的を意識する

「自分は何のためにこの仕事をしているのか」と考えたことはあるでしょうか。

働く目的を意識して明確にできると、仕事へのモチベーションが高まります

「趣味を思い切り楽しめるようになるため」「仕事を通して自分の能力を最大限生かすため」など、自分なりの目的を見出せるといいですね。

目的意識があることで、日々の仕事が意味を持つようになり、前向きに働けます

「何のために働いているのかわからない」という悩みから開放されれば、「逃げたい」という気持ちもなくなるでしょう。

5.失敗を繰り返さないように努力する

失敗をすると、落ち込んでマイナスな気持ちになりますよね。
誰にでも失敗はあるもので、繰り返さないことが大切です

失敗も「うまくいかなかった」というひとつの経験といえます。
経験を生かして、うまくいくように努力しましょう。

「失敗がこわくて逃げ出したい」という気持ちもあるかもしれません。

しかし、失敗は繰り返さなければこわくありません
十分に対策を取ることで、失敗は防ぐことができます。

失敗の可能性が限りなく低くなるよう対策をすれば、自信を持って取り組めるようになるでしょう。

6.他者の評価を気にしないようにする

人間関係に悩んで「逃げたい」と感じている人は、他者の評価を気にしないようにするといいですよ。

どんな環境でも、すべての人に好かれることは難しいものです。

あなたが仕事で成功したら、喜んでくれる人もいれば妬んでくる人もいるでしょう。
うわさ話などを気にしすぎても仕方がありません。

他者の評価を気にしなければ、もっと思うがままに働くことができるのではないでしょうか。

人間関係や周囲からの評価で自分自身を縛りつけずに、のびのびと働けば「逃げたい」という気持ちも小さくなりますよ。

7.常に逃げ場を作っておく

ひとつの環境しかない状況だと、精神的に追い詰められがちです。
常に逃げ場を作っておくことで、心に余裕を持てますよ。

「いまの職場しか居場所がない」「ここ以外では働いていけない」と思いこんでいると、現在の環境で問題が起きたときの精神的負担はとても大きいです。

しかし、視野を広く持って「いざとなったらほかに居場所がある」「別の場所で働ける」と思えると、追い詰められることがありません

独立する道でも、転職したい会社でも、逃げられるほかの環境を作っておくと安心です。

日頃から情報収集やスキル習得をして、逃げられる準備を整えると良いですよ。

まとめ:仕事から逃げたい気持ちは甘えではないことが多いので、適切な対処を

今回は、「仕事から逃げたい」と感じたときの対処法についてご紹介しました。

「逃げたい」と感じるのは「甘え」ではないことが多いです。
悪いことでも恥ずかしいことでもありません。

自分自身が何かを変えたいと感じている合図だと捉えて、変化のために行動を起こしましょう。

適切な対処法を知って行動することで、「仕事から逃げたい」と感じている状態から抜け出すことができますよ。

「仕事から逃げたい」から始まる前向きな行動で、生き生きと働くための一歩を踏み出してみてくださいね。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点