◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
1月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月生は満員となっております。12月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

これからプログラミングを始めたい!けど何の言語を学習すればいいの?そんな風に疑問に思っている方もいるのではないでしょうか?

プログラミングの学習を始めたいという初心者の方が最初に習得するのに向いている言語がPHPです。

PHPは他のプログラミング言語に比べて厳密なコードや高度な環境設定が必要なく、プログラミングやシステムに不慣れな初心者でも比較的スムーズに学習を進めることができる言語です。

今回はそんなPHPの特徴や、HTMLとの違いについて説明していきたいと思います。

PHPとはそもそも何か?

PHPとはやや難しい言い方で説明すると、HTMLを動的に表示させる機能や、サーバサイドでデータを操作する機能を開発できるプログラミング言語です。インタープリター言語といって、プログラムを実行するためにコンパイルという作業を挟む必要がなく、ソースコードを修正したらただちに修正が有効になるという特徴があります。

つまり書いたら即動くので開発が早くできるという利点があります。

PHPは習得が比較的容易なプログラミング言語なので、最初に学習するプログラミング言語に適しています。これからプログラミング言語の学習を始めたい初心者の方は、まずは最初にPHPを学習するといいでしょう。

PHPでできることとは?

PHPでできることは主に2つほどあります。PHPを使ってHTMLを動的に表示させること。そして、サーバサイドでデータを扱った処理をすることです。詳しくは以下でご説明いたします。

HTMLを動的に表示させるとは?

HTMLはプログラミング言語ではなく、webページを作るためのマークアップ言語です。ブラウザで表示する文書を構成するだけで、表示された文字列やデータはどんな条件下でも変わることはありません。しかしPHPを使用することで、HTMLによって表示された文字列やデータを、条件によって適宜変更して表示させることができるようになります。

例えば「こんにちは!」という文字列をwebページに表示させているとします。PHPであれば、時間帯をプログラムで取得し、夜であれば「こんばんは!」、朝であれば「おはようございます!」という文字列を表示させることが可能です。

サーバサイドでデータを扱える

サーバサイドとは、ブラウザにデータを表示させる前にデータを処理する段階のことを指します。ブラウザはサーバにデータを要求し、返ってきたデータを表示させます。PHPは、ブラウザにデータを返すサーバの中でで、どのデータをどのように返すかを操作することができるのです。

もう少し詳しく書くと、サーバの中にはデータベースといってデータを塊で持っているソフトが動いています。このデータベースからデータを取得して、ブラウザで表示しやすいように加工し、ブラウザにデータを送り返すといった作業をすることができます。

PHPが使われているサイトは?

ここではPHPが使われている有名なサイトをいくつかご紹介していきます。PHPはインタープリタ言語で、データ処理の速さはそれほど速い方ではありませんが、開発や修正が素早くできる上、webページを作るための機能が豊富に提供されているので、多くのwebサイトで使われています。

wordpress

https://ja.wordpress.com/

wordpressは世界中のあらゆるサイトが利用しているCMSです。カスタマイズ性に優れ、さまざまなサイトを作り出すことができます。このCMSもPHPで開発されています。

一休.com

https://www.ikyu.com/

大手旅行予約システムの一休.comもPHPで開発されています。そのほかぐるなびといった大手グルメ予約サイトもPHPで制作されており、多くの予約サイトがPHPで開発されています。

PHPを使用するメリットとは

PHPのメリットとしては、主に初心者にとっても学習しやすい言語であること、環境の設定が簡単で手軽に導入できる、webに特化している、といった点があります。

初心者にも学習しやすいPHP

PHPは比較的ルールがあいまいです。プログラムをいい加減な書き方をしても動いてしまうといった側面があり、これはプログラミング言語としては弱点でもありますが、プログラムの学習を始めたばかりの初心者にとってはありがたい特徴でもあります。

ひとまず書いたコードがすぐに動くということは、学習する上でモチベーションの保持にもつながりますし、セキュリティやシステム構造などの点を無視すれば初心者でも一通りwebサイトを作り上げることが可能です。

難しい環境設定をしなくても動作環境が作れる

PHPを動かせるサーバにPHPのファイルをアップロードするだけで、プログラムを動かすことができてしまいます。webサーバといってブラウザでデータを表示させるためのサーバの設定を1、2行変えるだけで環境設定が完了させることができます。

データベースと連携させてwebサイトを構築するとなると、また別の設定やインストール作業などが必要になってきますが、PHPで動的にwebページを作るだけなら特に難しい設定は必要ありません。

この動作環境に手間がかからないという点は、プログラミングをする以外に多くの時間が取られないため、プログラムを学習する初心者にとっては大きなメリットとなります。

webサイトを作るのに特化している

PHPはwebサイトを作るために作られた言語です。現在でもwebを作るための機能が数多く提供されており、サイトを作成するための便利な機能やツール、フレームワークがたくさんあります。PHPはwebサイトを手軽に、スピーディに作るのに便利な言語です。

PHPと似た言語にrubyという言語も

PHPと並んでよく利用されるインタープリタ言語に、rubyという言語があります。rubyもPHPと同様、webサイトの作成に特化した言語です。

ただし、規約が多くしっかりとした書き方でないとプログラムが動かないなど、初心者にはとっつきにくい面もあります。ただしrubyのこの規約がしっかりしている面は、大人数で開発をする際にプログラムの質のバラつきを防ぎ、一定のレベルのシステムを開発できるという利点になります。

rubyはPHPよりもやや習得のハードルは高くなりますが、一度習得すれば素早く、大人数でwebシステムを開発できるプログラミング言語です。

【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!

HTMLとは何か?

HTMLとはhyper text languageの略で、プログラム言語ではなく文書を構成するマークアップ言語という位置づけです。プログラムのように何かしらの値を動的に処理するといったことはできません。ブラウザに表示される文字の表示や構成などを規定するための言語です。

文章を構成するためにはタグというものを使うなど、いくつかの決まりごとがあり、その決まりどおりに文章を構成していくことでブラウザで文章をわかりやすく表示したり、リンクを貼ったりすることができます。

HTMLでできることは?

HTMLでできることは先ほども述べましたが、ブラウザに表示するための文章を構成することです。具体的には文字の太さを調整したり、改行をつけたり、文章にリンクを設定したり、画像を表示したりといったことができます。例えば文字を太くしたいときは<b>というタグで囲みます。実際にHTMLに書く文字列は以下のようになります。

<b>太字になります。</b>

このように文字列をHTMLという拡張子のついたファイルに保存し、ブラウザで表示させるとブラウザが太字として認識して、太字で文字列を表示します。タグの種類は数十種類存在し、リンクを設定したり、画像を貼り付けたりといったことが可能です。HTMLは、これらのタグを組み合わせて、ブラウザで表示するための文書を構成することができます。

HTMLが使用されているところは?

HTMLはあらゆるwebサイトで使われています。ブラウザで文書や画像を表示するためには必須の言語なので、ブラウザでひとたび何かを表示しようと思ったら必ずHTMLが必要です。

yahooもgoogleも、あらゆる有名サイトも例外ではありません。HTMLのソースコードを見たい場合は、ブラウザ上で右クリックしメニューを表示させ、「ソースの表示」といった意味合いの文字が記入してある項目を選択してください。別ページなどにそのページで使用しているHTMLのソースが表示されます。

実際webページを構成している要素はHTMLだけでなく、cssやjavascriptといった言語も使用されていますので、それらも一緒に表示されていることでしょう。

webページはこれらの要素を組み合わせて作られているので、ゼロからwebサイトを構築していきたい場合はHTML、css、javascriptの習得は必須です。

HTMLを使用するメリットとは?

HTMLを使用するメリットは、webページの表示が可能となる点です。逆にHTMLを習得しなければブラウザで何かを表示させることはできません。HTMLを理解できなくてもwebサイトを構築できるサービスはいくつか提供されています。

しかし、細かい部分を調整したかったり、自らwebサイトを構築していきたい、プログラムも習得していきたいと考えているならばHTMLの習得は必ず必要です。

HTMLの習得は、すべてのwebサイト、webアプリケーションを習得するための基本でもあります。まずはHTMLをマスターし、そこからweb制作に関するスキルをアップさせていくと習得方法がスムーズです。webサイトをひとまず構築する以上のことを目指しているなら、HTML習得は避けては通れません。

PHPとHTMLの違いは何か?

できることの違い

HTMLでできるのはwebページの構造を作ることです。

つまり文字を太くしたり改行したり、リンクを貼ったりといったことです。

データを更新したり、変数を使って表示する文字列などを変えたりといったことはできません。一度書いたらそれが永遠に同じように表示されるだけです。

これを静的なwebページと表現することがあります。

対してPHPはプログラミング言語なので、webページに表示するデータを条件次第で変更するといったことが可能です。

例えば文字列を時間帯によって変更すること、変数を使って違う画像や文字列などを表示することができます。

このように条件次第で表示する内容を変更できるwebページを動的なwebページと表現します。

大雑把にまとめるとHTMLでできることは静的なwebページの構築、PHPでできることは動的なwebページの構築ということになります。

習得の難易度の違い

習得の難易度はHTMLの方が低いでしょう。HTMLにもタグは多く存在しますが、多用するタグはそれほど多くありませんし、一度要素を覚えてしまえばほぼ自由に使いこなせるようになります。それに全てのタグを覚え切れなくてもリファレンスなどがwebでも書籍でも提供されているので、確認しながら作業を進めていくことが可能です。

PHPについてはHTMLに比べるとやや習得のハードルは高くなるかもしれません。ただし、他のプログラミング言語に比べて、厳格なルールが存在せず、動作環境の設定も容易なので、プログラミング言語の初心者が最初に学ぶプログラム言語としては最適でしょう。

初心者はまず何を学習するべきか?   

HTMLの習得がまだならまずはHTMLを

PHPの学習を始めたい場合でも、HTMLの習得は必須です。HTMLの知識もまったくないといった状況の場合は、まずはHTMLの習得から始めることをおすすめします。

webページを作るときの基礎としてHTMLはどんな状況でも必ず必要となります。

PHPとrubyのどちらかから学習した方がよいか?

HTMLの習得は問題ないという場合は、プログラミング言語を習得する段階に進みましょう。

初心者がプログラミング言語を学ぶ場合、まずはPHPもしくはrubyから始めると比較的習得がスムーズです。

PHPとrubyでどちらから学習を始めるべきかは状況次第ですが、それほど差し迫った状況ではないのであればPHPから始めてみるといいのではないでしょうか。

PHPは厳密なコードを書かなくても動いてしまうという特徴がありますので、初心者が学習を始めるのであればPHPから始めた方がハードルが低く、学習を進めていきやすいかもしれません。

コツコツ独学×スクールで実践。未経験からエンジニアに転職!【WebCamp卒業生インタビュー】

まとめ

いかがでしたか?PHPとHTMLの違いについてなんとなくでも理解していただけましたか?

PHPはプログラミング言語の初心者が最初に取り掛かる言語としては最適な言語です。難しいルールや高度な設定が必要なく、プログラムを学ぶことに集中できます。PHPを利用している大手サイトも多く、PHPを利用しているエンジニアも多数いるため、技術資料も多く提供されており、疑問点も比較的容易に解決可能です。習得にかける時間や手間のコストが少ないため、ひとまずプログラムというものを理解できるという点で、PHPは初心者におすすめの言語です。

HTMLやcssの習得は一通りできたので、次はプログラミング言語を習得したいといった方はPHPでプログラミングの勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

WebCamp・Webスクについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。Webスクは半年間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保証付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

1月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月受入枠は満員となっております。12月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

【インタビュー】プログラミング未経験からWebデザイナーに転職!

未経験から3か月間のプログラミング学習と手厚いサポートで、Webデザイナーとしてのスキルを身につけ、現在は当社の社員として働いているWebCamp Proコースの受講生にお話を伺いました。

「自分でもWebデザイナーになれるの?」

「未経験からでも挫折しないで頑張れるの?」

といった疑問を抱えている方は、是非この記事を読んでみてくださいね!

未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー

おすすめの記事