仕事ができない人の特徴9つとは?改善方法5選や上司と部下への接し方も紹介 | WEBCAMP NAVI
【3月の受講枠も残りわずか】

仕事ができない人の特徴9つとは?改善方法5選や上司と部下への接し方も紹介

仕事ができない イラスト

周囲の人が優秀に見えて、自分と比べてしまうときってありますよね。

そんななか、

「自分は本当に仕事ができない人間かもしれない」
「どうすれば仕事ができるようになるんだろう」

と悩むこともあるのではないでしょうか。

仕事ができない人には、さまざまな要因があります。

仕事ができない人について知り、どうすればいいか対策をたてましょう。

そこで今回は、

  • 仕事ができない人の特徴
  • 仕事ができない人に多い口癖
  • 仕事ができるようになる改善法
  • 仕事ができない人への接し方

などについてお伝えします。

「仕事ができないのをどうにかしたい」と困っている人は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

仕事ができない=会社に利益を与えられない人のこと

仕事ができない人のイメージ

仕事ができない人とは、会社にとってどういう存在か考えたことがあるでしょうか。

会社が社員に期待しているのは、仕事を通して活躍し会社に利益をもたらすことです。

しかし、仕事ができないと会社に利益をもたらすことができませんよね。

「仕事ができない人」とは「会社に利益を与えられない人」ということになります。
会社にとって役割を果たしてくれない存在になりますね。

では、どんな人が「仕事ができない人」なのでしょう。


経産省認定のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
✔驚異の転職成功率98%! 最短3か月で正社員へ!
オンラインだけでなく教室受講も可能!

生活スタイルに合わせた3パターン
受講内容はこちら!

仕事ができない人の特徴9つ

仕事ができない人の特徴のイメージ

「仕事ができない人」は「会社に利益を与えられない人」でした。
会社にとっては好ましくない存在ですね。

では、「仕事ができない人」の具体的な特徴を見ていきましょう。

特徴を見ていくと、なぜ仕事ができないのかがわかるようになります。

次からご紹介する特徴に当てはまっていると、仕事ができない人の可能性があるので要注意です。

ここでは、仕事ができない人の特徴を9つご紹介します。

  1. 仕事内容を理解できていない
  2. スキルが足りていない
  3. 作業スピードが遅い
  4. 時間にルーズで締め切りや納期が守れない
  5. 同じミスを繰り返してしまう
  6. ミスをそのままにしてしまう
  7. 何でも人や環境のせいにする

それでは見ていきましょう。

1.仕事内容を理解できていない

仕事ができない人の特徴として、そもそも仕事内容を理解できていないことが挙げられます。

仕事内容を理解せず、何をすべきかわからなければ、仕事ができないのは当たり前ですよね。

どういう仕事かをなんとなくで捉えていたり、理解したつもりになっていたりするケースが多いです。

仕事内容がしっかり頭に入っていないことで、いざ着手するときにどうすれば良いのかわからずに仕事ができません。

仕事を遂行するために、最低限必要な内容への理解が不十分なのです。

2.スキルが足りていない

仕事ができない人は、スキルが足りていないという特徴もあります。

たとえば、資料作成の仕事をするのにパソコンスキルが不十分だと、完成まで手間取り多くの時間を浪費してしまうでしょう。

仕事を遂行するために十分なスキルがなければ、満足のいく仕事ができません

スキルの向上は、本人の努力次第の部分でもあります。
仕事に必要なスキルは、普段から意識的に習得する姿勢が大切です。

このように、仕事ができない人は、自分のスキル不足が原因となっている可能性があります。

3.作業スピードが遅い

作業スピードが遅いことも、仕事ができない人の特徴のひとつ。
仕事が完了するまでに、多くの時間をかけてしまいます

作業スピードが遅い理由には、細かいことが気になってしまう性格や、時間を意識しないマイペースな性格などが挙げられるでしょう。

しかし、仕事は周囲と協力して進める必要があり、期限も決まっているものです。

作業スピードが遅いと周囲に迷惑をかけ、期限までに仕事が終わらず会社に不利益を与える可能性もあります。

結果として周囲から「仕事ができない人だ」と思われるようになるのです。

4.時間にルーズで締め切りや納期が守れない

仕事において、締め切りや納期は必ず守らなければならないものです。
しかし、仕事ができない人は、時間にルーズできちんと守れないことがあります。

仕事ができない人は、時間を守ることの重要性をあまり感じておらず、「締切や納期を必ず守る」という意識が薄いです。

そのため、仕事の締め切りが迫っていても「なんとかなる」と考えて、しっかり対策をとらないまま、ずるずると過ぎてしまいます。

周囲の人は、大切な締め切りや納期を守れない状態を見て、「仕事ができない」と判断するでしょう。

時間にルーズだと、周囲からの信頼も失ってしまいます。

5.同じミスを繰り返してしまう

同じミスを繰り返してしまうことは、仕事ができない人によくある行動です。

ミスをすることは誰にでもあるでしょう。
大切なのは、ミスから学んで繰り返さないことです。

しかし、仕事ができない人はミスから学ぶことができずに、何度も同じミスをします

経験から学習して仕事に活かせないことから、「仕事ができない人」として見られるようになるのです。

成長が見られないと、仕事で活躍していく期待もできませんよね。

6.ミスをそのままにしてしまう

仕事ができない人は、ミスをそのままにしてしまうこともあります。
ミスを見過ごして、次に生かそうとしないのです。

ミスをしたら反省して、悪かった部分を修正することで次につながりますよね。

しかし、ミスをそのまま放置しては、後のトラブルの原因になりかねません。

仕事ができない人は、ミスに対して適切に対処できず、そのままにしてしまいます。

7.何でも人や環境のせいにする

人や環境のせいにするイメージ

仕事ができない人の特徴のひとつに、自分以外のものに責任転嫁することが挙げられます。

仕事上のトラブルや自分の失敗を、環境や他人のせいにしてしまうのです。

他のせいにしていると、正しく原因を把握できず、トラブルの再発を防げません。

自分に非があったとしても認められず、問題から逃げてしまう傾向があるといえるでしょう。

また、自分で責任をとる姿勢を示さないことから、周囲から「無責任で仕事ができない人」だと思われます。

8.自発的に動けない

指示をもらわないと行動できない人っていますよね。
仕事ができない人は、自発的に動けない特徴があります。

自分から仕事内容を知ろうとしたり、何が必要かを考えて行動したりすることができません。

いつも上司などから言われたことだけをしています。
周囲から働きかけがないと、自分からは動けないのです。

仕事の目的や意味を理解せずに言われたことだけやるので、ときには間違った方向で仕事を進めてしまうことも。

仕事では主体性や行動力が求められるので、自発性がないと「仕事ができない人」と思われてしまいます。

9.上司や部下、周囲とのコミュニケーションがとれない

仕事ができない人には、周囲とのコミュニケーションがとれないという特徴が見られます。

仕事では、上司や部下などあらゆる人間関係のなかで、コミュニケーションをとりながら業務を進める必要があるでしょう。

しかし、コミュニケーションがとれないと仕事の連携がうまくいかず、スムーズに進められません。

コミュニケーションがとれないことが、仕事ができない原因となるのです。

特にチームワークが重要な業務では、仕事のできなさをより強く感じやすいでしょう。

仕事ができない人に多い7つの口癖

仕事ができない人に多い口癖のイメージ

仕事ができない人の特徴をお伝えしました。
当てはまるものが多いほど、仕事ができない傾向があるといえます。

さらに、仕事ができない人がつい言ってしまいがちな口癖があるのをご存知でしょうか。

仕事ができない人は、言葉の端々から仕事についての考え方が見え隠れしています。

口癖を知ることで、どんな考え方をしてしまっているか気付けるようになりますよ。

ここでは、仕事ができない人に多い口癖を7つご紹介します。

  1. 言い訳の言葉「でも」
  2. できない理由をアピールする「だって」
  3. 諦めが早い「できません」
  4. やる気のない「面倒くさい」
  5. 嫌なことから逃げ出す「後でやろう」
  6. 確認不足の「知りませんでした」
  7. 早い挫折「自分には向いていない」

それでは、順番にご説明していきましょう。

1.言い訳の言葉「でも」

つい言ってしまう「でも」は、言い訳をするときに出てくる口癖です。
仕事ができない人ほど、「でも」を使うことが多いといえます。

主に相手の言葉を素直に受け入れられないときや、自分を守ろうと言い訳をするために使われます

たとえば、仕事を期限までに終えられなかったことについて上司に問いただされたとき、「でも」と言い訳をしたくなることはないでしょうか。

  • でも、急なトラブルが発生して
  • でも、抱えている仕事量が多すぎて
  • でも、スケジュールが厳しくて

しかし、上記のようなことは、あらかじめ準備をしておけば問題なかったはずです。
期限を過ぎてから言うことではないですよね。

仕事では「でも」は言い訳になります。
仕事ができない人は、要注意の言葉です。

2.できない理由をアピールする「だって」

「だって」も、仕事ができない人に多く見られる口癖です。
特に、できない理由をアピールするときに使われます

たとえば、抱えている仕事ができないことを言いたいときに、

  • だって、取引先が無茶を言うから
  • だって、わたしにそんなスキルはないから
  • だって、もっと他に適した人がいるから

などと言う人は、自分ができない理由を探して言っているだけに聞こえるでしょう。

「だって」と言われて、相手は気持ちよく納得できるものではありません。

仕事ができない人は、「だって」という口癖で仕事から逃げてしまいがちです。

3.諦めが早い「できません」

何かを頼まれたとき、すぐに諦めて「できません」と答えていないでしょうか。
できるかどうか考えず、ただ「できません」ばかりでは、少々諦めが早すぎます。

仕事では、限られた時間で業務をこなさなければならない場面もあるでしょう。
どうしても乗り切らなければならない状況にぶつかることもあります。

そんなとき、「できません」で避けてしまっては自分の成長につながることはありません。

大切なのは、「どうすればできるだろうか」と考えることです。

「できません」が口癖の人は、できる方法を考えず、柔軟な仕事ができない傾向にあります。

4.やる気のない「面倒くさい」

やる気のない「面倒くさい」も、仕事ができない人に多い口癖です。

仕事に対してやりがいや意味を見出すことなく、ただこなすだけのものとして考えている傾向にあります。

仕事を「面倒くさいもの」として捉えているので、終わらせることばかりを考えて、質の高い仕事ができません

周囲からも「あの人はいいかげんな態度で仕事をする」と見られてしまいます。

5.嫌なことから逃げ出す「後でやろう」

やりたくないことを後回しにしてしまうことってありますよね。
仕事ができない人の口癖にも「後でやろう」があります。

特に、嫌な仕事から逃げ出すときの「後でやろう」という口癖は、問題の先送りでしかありません。

そうしているうちに、嫌な仕事がどんどん溜まって大変な思いをすることになります。

仕事ができない人は仕事を好き嫌いで判断して、計画的に遂行できないのです。

「後でやろう」という口癖が出たら、嫌な仕事から逃げようとしているサインと判断できますよ。

6.確認不足の「知りませんでした」

なにか問題が発生したとき、確認不足だったことについて「知りませんでした」と開き直ることも、仕事ができない人にありがちです。

自分の確認不足を棚に上げた「知りませんでした」は、「知らなかったのだから仕方がない」という考えが見え隠れしています。

しかし、知らなかったとしても自分の確認不足で問題が発生したなら、「十分に確認していれば防げたかもしれない」と反省すべきでしょう。

反省することなく、「知りませんでした」だけでは、仕事に対する誠実さに欠けるのではないでしょうか。

仕事ができない人は、仕事に対して自分の責任を棚上げしてしまいがちです。

7.早い挫折「自分には向いていない」

仕事ができない人は、十分に見極めることなく早い段階で「自分には向いていない」と挫折してしまうこともあります。

うまくいかないことがあると、すぐに「自分には向いていない」と諦めるのです。

仕事にきちんと向き合わず、「向いていない」という言葉で逃げてしまいます

逃げてばかりでは、いつまでも仕事ができるようにはなりません。

この口癖がある人は、壁にぶつかってすぐに判断するのではなく、仕事と向き合って取り組むことが大切です。


転職成功率98%のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
✔受講者の97%が未経験者!独自開発の教材と徹底した転職支援で安心サポート!
✔万が一転職できない場合は、全額返金の転職保証付き

生活スタイルに合わせた3パターン
受講内容はこちら!

仕事ができるようになる改善法5選

仕事ができるようになる改善法のイメージ

仕事ができない人に多い口癖をお伝えしました。
口癖を自覚すると、考え方を見直すきっかけになりますね。

仕事ができないという状況は変えることができます。

ここからは、仕事ができるようになる改善法を見ていきましょう。

自分に合った改善法を実践することで、仕事への取り組み方が変わり、これまでより仕事ができるようになりますよ。

ご紹介する改善方法は次のとおりです。

  1. 不明点はすぐに確認する
  2. スケジュールを立てる
  3. 優先順位を決める
  4. 効率化を意識する
  5. 整理整頓を心がける

それでは確認していきましょう。

1.不明点はすぐに確認する

仕事ができるようになるには、仕事内容をよく理解することが重要です。
そのために、わからない点があればすぐに確認しましょう

不明点がなくなるまで確認し、十分に仕事内容を理解できれば、スムーズに仕事に取り組めます。

仕事を進めている最中も、あいまいな点や疑問点は早期解決を心がけると、トラブルの発生を防げますよ。

やるべきことが理解できていれば、あとは行動に移すだけです。

こまめに不明点を解決することで、仕事ができるようになるでしょう。

2.スケジュールを立てる

嫌な仕事を後回しにしていると、仕事がうまくできません。
あらかじめスケジュールを立てて、計画的に進めましょう

スケジュールを立てることで、どの仕事をいつまでに終えれば良いのかがひと目でわかります。

毎日やるべきことが明確なので、好き嫌いで仕事を選ぶことなく、ひとつずつ着実に進められますよ。

また、余裕を持ったスケジュールを立てておけば、急な変更やトラブルにも対処できます。

締め切りや納期に遅れることもなくなるので、周囲からの信頼も得られるでしょう。

3.優先順位を決める

優先順位を決めて仕事に取り組めば、効率的に早く進められますよ。

優先順位は、仕事の重要度や緊急度によって決定します。
どの仕事を優先して終えるべきかがわかるので、仕事に取り組む順番が明確です。

また、優先順位に沿って仕事をすすめることで、重複する業務の手間を省けたり、時間を効率的に使えたりします。

少ない手間や時間で成果を出せるので、仕事ができるようになりますよ。

優先順位を決めて仕事をしているかどうかで、仕事の効率が全く変わるので、取り入れてみましょう。

4.効率化を意識する

仕事の効率化を常に意識して仕事をすると、仕事ができるようになりますよ。
効率化とは、無駄な時間や手間を省くことです。

たとえば、業務の共有ツールを活用すれば、他の人がどんな業務をどれくらい進めているのか、聞かなくてもひと目でわかります。

相手の予定をわざわざ聞いたり、メールで情報共有や報告の文章を打つ手間が省けますね。

また、個人的な業務内でも、テンプレートやパソコンの機能の活用などによって効率化は可能です。

どうすれば効率的に仕事を進められるかを意識すれば、短い時間や少ない労力で仕事が終えられますよ。

5.整理整頓を心がける

身の回りが整理されていると、スッキリと気持ちよく仕事ができます。
自分の仕事場やパソコン内などは整理整頓しておきましょう

ものが整理されていないと、大事な書類や仕事で使うものがどこにあるかわからなくなります。

いつも整理整頓しておけば、ものを探す時間や手間がかかりません

仕事に集中できるので、速く仕事を進められますよ。

仕事ができない人への接し方

仕事ができない人への接し方のイメージ

仕事ができるようになる改善法をお伝えしました。
実行することで、これまでとの変化を感じられるでしょう。

では、あなたの周りにも「仕事ができない人」がいた場合、どうすればいいでしょうか。

仕事で関わる人が全員仕事ができるとは限りません。
仕事ができない人と協力して仕事をするときのために、接し方を知りましょう。

相手との関係性ごとに適切な接し方を知っておくことで、仕事をスムーズに進めることができますよ。

次のケースごとに、仕事ができない相手との接し方をご紹介します。

  1. 上司
  2. 部下
  3. 同僚
  4. 取引先

それでは詳しくご説明していきます。

1.上司への接し方

仕事ができない上司の場合、自分より立場が上の人を相手にどう接すれば良いのか迷いますよね。

本人が仕事ができないことを認めていない場合は、余計に接し方に困るでしょう。

上司への接し方のポイントは、次のとおりです。

  • 仕事への意欲を見せて信頼を得る
  • 上司の尊敬できる部分はしっかりたてる
  • 問題点は論理的に指摘する
  • 改善策や仕事の進め方を提案する

まずは、言われたことだけをするのではなく、仕事の全体像や意味を理解して取り組む意欲を見せて、上司からの信頼を得ましょう

上司と同じ目線で仕事を捉えられると、問題点やよりよい方法を考えられます。
さらに信頼を得られれば、提案を受け入れてもらいやすくなりますよ。

また、上司の尊敬できる部分はたてるようにし、良好な人間関係を築くと仕事を円滑に進めやすいです。

上司の右腕のような立場になれれば、仕事ができない上司をサポートしつつ、自分のやりやすい方法で仕事ができるでしょう。

2.部下への接し方

仕事ができない部下への接し方を磨くことは、自分のスキルアップにもつながります。

部下の育成も仕事のうちと考え、前向きに取り組みましょう。

部下への接し方のポイントは次のとおりです。

  • 報告・連絡・相談をこまめにおこなう
  • スキルに見合った仕事量を割り振る
  • 仕事の段取りや進め方を指導する
  • 蓄積したノウハウを教える

仕事ができない部下と接する際には、報告・連絡・相談を徹底し、コミュニケーションを多くとりましょう。

わからないことはすぐに相談させ、できたことは褒めるようにして、積極性や挑戦する姿勢を育てると良いですよ。

また、本人のスキルを把握して、適正な仕事量を割り振ることで、仕事に追われすぎることなくしっかり取り組めます。

新しい仕事を任せるときには段取りや進め方を指導したうえで、必要に応じてノウハウを伝えましょう。

仕事ができない部下を指導するなかで、自分自身も成長することができますよ

3.同僚への接し方

仕事ができない同僚に対する接し方は、立場が同じなだけに難しさもありますよね。

しかし、同じ立場だからこそ何でつまづいているのかを知ることで、自分の能力を磨くきっかけにもなりますよ。

同僚への接し方のポイントは次のとおりです。

  • 報告・連絡・相談をこまめにおこなう
  • 良い部分と悪い部分を見つける
  • 改善策を提案する
  • 勉強会やスクールへ誘う

仕事ができない同僚との接し方では、相手がどんなことでつまづいて仕事ができないのかを理解しましょう。

そのためには、こまめにコミュニケーションをとって相談にのると効果的ですよ。

関わるなかで良い部分や悪い部分が見えてきたら、率直に伝えてどうすればいいか一緒に考えるのもひとつの方法です。

仕事がうまく進められないときには、改善策を提案してサポートしてあげられます。
仕事に取り組みながら、自分の対応力の幅も広がりますよ。

スキルが足りないことが仕事ができない原因なら、勉強会やビジネススクールに誘うのもいいでしょう。

4.取引先への接し方

取引先が相手の場合、接し方を間違えると今後の関係性に関わります。
相手に嫌な思いをさせないような接し方が求められますね。

取引先に対しては、円滑な取引をおこなうことを目指した接し方を意識しましょう。

取引先への接し方のポイントは次のとおりです。

  • 報告・連絡・相談をこまめにおこなう
  • 質問しやすい雰囲気を作る
  • 相手のメリットを意識した改善策を提案する

取引先とのやり取りは、基本的にメールが中心です。
報告・連絡・相談をこまめにおこない、情報共有を十分にしましょう。

情報に行き違いのないよう、こちらからよく確認してあげることが大切です。

さらに、不明点があったときには質問や相談をしやすい雰囲気を意識します。
丁寧で誠実な対応を心がけることで、取引先からの信頼を得られますよ。

提案の際には、相手のメリットを伝えると受け入れてもらいやすいです。

あくまで「より良い取り引きをするためのサポートをしたい」という姿勢を見せると良いですよ。

まとめ:仕事ができるようになるために、継続していくことが大切

今回は、仕事ができない人の対処法についてご紹介しました。

仕事ができないことは大きな悩みになりがちですよね。

「どうにかして仕事ができない今の自分を変えたい」と思うなら、今回ご紹介した対処法をぜひ試してみてください。

大切なことは、継続して実行することです。
少しずつ変化が現れて、仕事ができるようになりますよ。

「仕事ができない」状態から抜け出して、仕事で成果を残していきましょう。