大学生が暇な時間を楽しく過ごす方法20選!意識すべき5つのことも解説 | WEBCAMP NAVI
【2月の受講枠も残りわずか】

大学生が暇な時間を楽しく過ごす方法20選!意識すべき5つのことも解説

大学生暇のアイキャッチ

大学生は自由な時間がたくさんありますよね。
授業にバイトやサークルがあっても、まだ時間が余ります。

「大学生の暇な時間を有意義に過ごす方法はないかな?」
「暇な時間を使ってより楽しく充実して過ごしたい!」

そんなふうに感じていないでしょうか。

暇な時間はあっという間に過ぎてしまいます。
自分にぴったりの有意義な過ごし方を見つけることで、より大学生活を楽しむことができるでしょう。

今回は、

  • 大学生が暇な時間を有意義に過ごす方法
  • 大学生が暇なときに意識してほしいこと

についてご紹介します。

これを読めば、暇な時間を過ごす方法として具体的にどんなものがあるか、分野ごとにわかりますよ。

「大学生の貴重な時間、もったいない使い方はしたくない!」という方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

【自己成長編】大学生が暇な時間を有意義に使う方法5選

大学生が暇な時間を有意義に使う方法のイメージ

「時間がある大学生のいまだからこそ、自分の成長のために時間を使いたい」と思う方は多いのではないでしょうか。

社会人になってからでは、仕事に追われてまとまった時間がなかなか取れなくなります。

そのため、大学生の暇な時間は自分のスキルアップに最適です。

しかし、「成長するために何をすれば良いのかわからない」という状況では、行動できませんよね。

ここでは、自己成長をテーマとして、大学生の暇な時間の有意義な使い方をご紹介します。

  1. プログラミング学習
  2. 資格勉強
  3. 読書
  4. 語学勉強
  5. ジムで運動

さっそく見ていきましょう。

1.プログラミング学習

プログラミングは習得までにある程度まとまった時間が必要です。
大学生活の暇な時間を使えば、在学中に習得することができますよ

プログラミング学習は、社会人になってから必要性に気づく人も多いもの。
しかし、社会人は仕事が忙しく、両立はなかなか難しい状況になります。

プログラミングを学ぶ時間を作るために会社を辞める人や、ハードスケジュールで仕事と並行して勉強する人はかなり大変です。

大学生なら時間も勉強する環境もあるので、プログラミング学習には最適なタイミングと言えます。

プログラミングスキルを習得しておけば、ほしいサービスを自分で作れたり、就職活動で有利になったりするでしょう。

2.資格勉強

大学生の暇な時間で自己成長したいなら、資格の勉強もおすすめです。
資格は学びたい分野を体系的に学べて、スキルの証明にも役立ちます

大学生で資格取得を目指す人は多く、大学内で資格試験や勉強会の実施を行っているケースは多いです。

大学内で同じ資格取得を目指す人と一緒に勉強したり、励まし合ったりもしやすいので、モチベーションが高まりますよ。

社会人になると、勉強の時間が取れなかったり、一人ではやる気が続かず挫折してしまうことも。

大学という資格取得に適した環境を最大限利用して自己成長できるのは魅力的です。

3.読書

読書をして自分を高めるのも有意義な時間の使い方です。
何歳からでも本から学ぶことはできますが、本を読める時間は限られています。

大学生なら暇な時間がたくさんあるので、読みたい本をどんどん読み進めていくことができますよ。

本は他人の考えや学びをわかりやすく知ることのできるものです。
自分の知識や見方を大きく広げることができるでしょう。

また、本にもあらゆるテーマや種類があるので、自分の興味関心の高い分野を選んで学べます。

自分が知りたい分野を読書を通じて深める時間にすることで、充実した時間を過ごせますよ。

4.語学勉強

大学生の暇な時間は、語学勉強にとても適しています

大学では留学生の受け入れや、異文化交流活動が盛んに行われています。
あらゆる語学に触れる機会が多く、学ぶ環境としても恵まれていますね。

また、語学留学をしやすい制度が整っているなど、海外に足を運んで学びやすいという特徴もあります。

外国人の友だちをつくって語学を教え合うことで、語学勉強が挫折しにくくなりますよ。

語学に興味があるなら、大学生だからこその時間と環境を有効に活用して存分に楽しめるでしょう。

5.ジムで運動

美容や健康への関心が高いなら、ジムで運動する過ごし方もあります。

ジムでの運動は一度の時間は多くありませんが、身体の変化を実感するなら継続が大切です

最近では学割を採用しているジムもあり、健康意識の高い若い年代が増えています。

自分を身体的に磨くには、ジムでの運動はとても効果的です。
さらに、目指す体型や状態に向けて努力することで自信も身につきますよ。

大学生のうちから運動する習慣をつけておくと、社会人になったときにも仕事とのメリハリがついて、充実させられるでしょう。

【お金なし編】大学生が暇な時間を有意義に使う方法5選

大学生が暇な時間を有意義に使う方法のイメージ

こちらでは、お金がないことをテーマとして、大学生の暇な時間の有意義な使い方をご紹介します。

  1. 治験
  2. Uber Eats配達
  3. YouTube動画撮影
  4. スマートフォンで写真撮影
  5. 図書館へ行く

順番に見ていきましょう。

1.治験

お金がないときに効率的に稼ぐ方法として、治験があります。
治験とは、新しい薬の安全性や有効性を確認するために行う臨床試験のことです。

治験中は、入院して決まった時間に薬を服用し、採血や経過観察があります。
しかし、多くの時間は自由に過ごすことができ、マンガやネットもできるのです。

治験は1週間の入院で10万円以上の金額が受け取れることもありますよ。

受け取れるお金はボランティアの時間拘束に対する負担軽減費であり、所得ではないため税金はかかりません。

治験は、医療に貢献しながらある程度の自由がある有意義な過ごし方ではないでしょうか。

2.Uber Eats配達

「好きな時間にお金を稼ぎたい」と思うことはありますよね。
時間や場所に縛られず、やりたいときだけできるのがUber Eats配達です。

Uber Eatsとは飲食店と提携した飲食の配達サービスで、登録することで気軽に配達員として働けます。

大学生は急に授業が休講になることや、予定がなくなることはよくあるもの。
Uber Eats配達なら、暇な時間ができたときでもすぐに働いて稼げますよ

お金がない大学生が暇な時間を効率的に使いたいと思うとき、その場の気分で働けるのは魅力的ですよね。

3.YouTube動画撮影

金欠でもできる有意義なこととして、YouTubeの動画撮影があります
動画を撮るのはスマートフォンでできますよね。

スマートフォンでも簡単な動画の撮影から編集までは一通り可能です。
撮影カメラを持っている場合は、より本格的な動画を作れるでしょう。

お金がなくても動画撮影を楽しめて、思い出を残していけるのは嬉しいものです。

また、作った動画をYouTubeに継続的にアップしていけば、動画撮影や編集の実績になっていきます。

YouTubeの視聴者が増えてチャンネル登録者数が増えることで仕事につながる可能性もありますよ。

4.スマートフォンで写真撮影

スマートフォンでは動画ではなく写真を撮るほうが多いという方もいるでしょう。
写真撮影もお金を使わずできることです。

暇な時間で身近なものを被写体として写真を撮ると、それまで気づかなかったことに目を向けるようになります。

日常的な風景が、写真に残すことで思い出になることもあるかもしれません。

スマートフォンでの写真撮影はお金がなくても気軽にできます
撮った写真を見返したり、SNSで共有するのも楽しいものです。

写真を撮って日々の気づきが増えることで、暇な時間をより充実して過ごせるようになるでしょう。

5.図書館へ行く

お金がなくても大学生が楽しめる場所といえば図書館です。
無料でありとあらゆる本を読むことができますよ

大学内の図書館には専門的な本が揃っている場合が多く、地域の図書館なら幅広い年齢層向けの本が揃っています。

暇な時間に図書館に出かけて、好きなだけ本を読む過ごし方も有意義なものです。

読書が好きなら素晴らしい環境と言えるでしょう。

【娯楽編】大学生が暇な時間を有意義に使う方法3選

大学生が暇な時間を有意義に使う方法のイメージ

時間のある大学生は、気軽にあらゆる娯楽を楽しめます。

せっかく自由時間がたくさんあるなら、楽しい時間を過ごしたいもの。
暇な時間をだらだらと過ごしてはもったいないですよね。

しかし、娯楽が思いつかなければ、「なにか楽しいことないかな」と言っているうちに時間が過ぎてしまいます。

自分の好きな娯楽を見つけて、暇な時間を楽しく過ごしましょう

ここでは、娯楽をテーマとして、大学生の暇な時間の有意義な使い方をご紹介します。

  1. 旅行・ドライブ
  2. 映画鑑賞
  3. カフェ巡り・グルメ巡り

それでは見ていきましょう。

1.旅行・ドライブ

大学生は自由な時間が多いので、遠くに出かける旅行やドライブが気軽にできます。

たくさん時間があるうちに、国内・国外を問わずあらゆる場所へ行ってみると良いでしょう。

旅行では、その土地でしか出会えないものがたくさんあります。
行きたい場所に行くなら、時間がある大学時代は絶好のタイミングです。

社会人になると、休みを取れたとしても友達とかぶらないことがあります。

大学の友達と一緒に旅行やドライブで出かける経験は、大切な思い出になりますよ。

2.映画鑑賞

映画鑑賞も大学生の暇な時間の過ごし方としておすすめです。

最近はパソコンやスマートフォンで映画を観られるサービスも多く、暇な時間にいつでも手軽に映画が観られます。

大学生の時間を使えば、非常にたくさんの映画を観ることができるでしょう。

映画から感銘を受けたり、学びを得たりすることは多いです。
映画鑑賞は自分の人生を豊かにしてくれますよ。

3.カフェ巡り・グルメ巡り

大学生は、カフェ巡りやグルメ巡りを楽しむ人もたくさんいます。
時間に余裕があるので、いろんなカフェや飲食店を巡りやすいのです。

コーヒーや紅茶などの飲み物、デザートや軽食はカフェによってさまざまです。
さらに、店内の装飾や雰囲気が好きという人は多いのではないでしょうか。

美味しいものやお気に入りの場所に出会いたいと思って、カフェや飲食店を巡るのは楽しいもの。

暇な時間に近くのカフェを開拓する楽しみがあると、どんな場所でも充実した時間を過ごせますよ。

【恋愛編】大学生が暇な時間を有意義に使う方法3選

大学生が暇な時間を有意義に使う方法のイメージ

大学生になると、より自由に恋愛を楽しんでいる人は多いのではないでしょうか。

気楽な恋愛から、長い付き合いを意識した恋愛をする人も増えてきます。
ゆっくりした時間を恋人と過ごしたいと思う人は多いでしょう。

恋愛をするなら、まずは相手探しですよね。

大学のなかにも出会いはありますが、もっと視野を広げてみると可能性は広がりますよ。

ここでは、恋愛をテーマとして、大学生の暇な時間の有意義な使い方をご紹介します。

  1. マッチングアプリを使う
  2. 街コン・相席屋に行く
  3. バーに飲みに行く(※20歳以上)

詳しく見ていきましょう。

1.マッチングアプリを使う

最近では、マッチングアプリを使って恋人を探す人が増えてきました。

少し前までは「本当に出会えるの?」「危険じゃない?」というイメージもあったマッチングアプリ。

しかし、現在では恋人探しのために積極的に使われている効果的なツールです。
条件からマッチングするので、相性の良い相手を見つけやすい特徴も。

特に若い人の間では、アプリで出会った人と交際しているケースも珍しくありません。

マッチングアプリは、大学生が暇な時間に好みの異性を見つけるのに役立ちます

2.街コン・相席屋に行く

実際に出会いの場に足を運ぶなら、街コンや相席屋に行ってみましょう。

大学生や若い年代の社会人が中心で、出会いを求めている人ばかりです。

相席屋なら友達同士、街コンなら一人でも来ている人は多いですよ。

街コンは恋愛に対する意識もさまざまなので、自分に合った内容の街コンを選ぶと相性の良い相手に出会いやすいです。

出会いを求める社会人とも出会えるので、大学内に比べて出会える幅が広がります。

3.バーに飲みに行く(※20歳以上)

お酒が飲める20歳以上の場合は、バーに飲みに行って出会う方法もあります。

バーにいるお客さんは出会いを求めている人ばかりではありません。
しかし、そこで仲を深められれば、自然な流れで恋愛関係になれます

バーは大学生よりも社会人のほうが多いです。
少々ハードルは高いかもしれませんが、普段関わりのない相手と出会えるチャンスも。

バーは1人で行っても楽しめるものです。
雰囲気を楽しみつつ、素敵な異性に出会えるといいですね。

【その他】大学生が暇な時間を有意義に使う方法5選

大学生が暇な時間を有意義に使う方法のイメージ

ここまで、テーマごとに大学生の暇な時間の有意義な使い方をお伝えしてきました。

どのように暇な時間を過ごしたいかのイメージがあれば、自分に合った過ごし方を見つけやすいかもしれませんね。

しかし、テーマに分類したもののほかにも、たくさんの方法があります
もう少し幅広く有意義な時間の使い方を見てみましょう。

「あまりピンとくるものがなかった」という人は、これからご紹介する方法を参考にしてみるといいかもしれません。

ここでは、テーマにとらわれず、大学生の暇な時間の有意義な使い方をご紹介します。

  1. ヒッチハイク
  2. 楽器を弾く
  3. 運動
  4. 料理
  5. ブログ執筆

ひとつずつ見ていきましょう。

1.ヒッチハイク

「大学生のうちにヒッチハイクで旅をしたい」という人は意外と多いです。

ヒッチハイクとは、通りがかりの自動車・トラックなどを呼びとめて、無料で同乗させてもらう旅行のこと。

ヒッチハイクはお金をかけない移動手段として、また人生経験として大学生から人気があります。

あらゆる人の車にただで乗せてもらうのは勇気がいることですよね。
しかし、ヒッチハイクの経験では自信や周囲への感謝を得られます

暇な時間を使ってヒッチハイクで旅をする経験は、有意義な時間の過ごし方と言えます。

2.楽器を弾く

楽器を弾くことも、大学生の暇な時間の有意義な過ごし方です。

ピアノやギターなど、これまで楽器の演奏に挑戦した方もいるのではないでしょうか。
好きな曲を自分で弾けるようになると嬉しいものですよね。

大学生の暇な時間はたくさんあるので、楽器を弾く練習にあてることもできます。

上達していろいろな曲を演奏できると、自分の時間が楽しくなるでしょう。

楽器の演奏は自分のリラックスやストレス発散にも役立ちますよ。

3.運動

運動は心身の健康にも効果的です。
暇な時間に運動を取り入れて、健康を保ちましょう

大学生は不規則な生活から運動不足になっていることも多いです。
身体を動かしていないとストレスが溜まりやすくなります。

運動をすることで、健康を維持して体の調子を整えられますよ。

また、運動で気持ちよく汗を流せると気分が良くなります
楽しく運動をすることで充実感も得られるでしょう。

暇な時間に運動をすると、暇な時間を有意義に過ごせます。

4.料理

料理ができるようになると、毎日の生活が楽しくなります。
大学生の時間があるときだからこそ、料理はおすすめです。

献立を考えながら買い物をしたり、新しいレシピに挑戦したりすると、暇な時間が充実した時間に変わりますよ。

また、節約や栄養バランス、カロリーなどを考えてお金や健康にも気を遣えるようになる効果もあります。

社会人になると仕事が忙しくて、なかなか料理に時間を取れません。

いまのうちから料理を上達しておくと、社会人になったときも短い時間で手軽に食事を用意できるでしょう。

5.ブログ執筆

暇な時間が多い大学生はブログを執筆すると、日々の記録を残せます。
自分が感じたことや気づきを書くことで、変化がわかるようになりますよ。

自分のために調べた情報をわかりやすくまとめたり、気に入ったものを紹介したりするのもおすすめです。

ブログを読んでくれる人ができると、やりがいや嬉しさを感じるようになります。

ブログをうまく使えば文章力を高めたり、Webマーケティングの知識をつけることも可能です。

また、収益化ができればブログで収入を得られるでしょう。
大学生の時間を活用してブログを副業にすることもできますよ。

大学生が暇なときに意識してほしい5つのこと

大学生が暇なときに意識してほしいことのイメージ

大学生の暇な時間の有意義な過ごし方をお伝えしてきました。
ご紹介した方法を参考に、自分に合った方法が見つかるといいですね。

さて、大学生が暇な時間の過ごし方を考えるときに、意識してほしいことがあります。

どんな過ごし方をするにしても、自分が後悔するような時間の使い方はしたくないですよね。

次からご紹介するポイントをぜひ意識して、4年間を終えたときに「大学では充実した時間を過ごせた」と思えるようにしましょう。

ここでは、大学生が暇なときに意識してほしい5つのことをご紹介します。

  1. ダラダラせず納得できる時間を過ごす
  2. 将来につながるかを意識する
  3. 時間があるからこそできることを考える
  4. なるべく多くの価値観に触れる
  5. 過度な浪費はNG

それでは見ていきましょう。

1.ダラダラせず納得できる時間を過ごす

暇な時間ができたときに意識したいのは、ダラダラせずに納得できる時間を過ごすことです。

暇な時間があると、なんとなくスマホを見ていて1日が終わるなんてことがないでしょうか。

「無駄に時間を使ってしまった」と自己嫌悪になるような時間の使い方はもったいないですよね。

1日を終えたときに「今日は充実していたな」と思えるような過ごし方を心がけましょう。

自分に合った過ごし方を知っておくことで、納得した時間の使い方ができますよ。

2.将来につながるかを意識する

暇な時間の過ごし方を考えるとき、将来につながるかどうかという視点を取り入れてみましょう。

将来につながることなら、いまやっていることが役立ちますし、モチベーションも高まります。

もちろん、楽しいと思えることをすることも良いでしょう。

しかし大学4年間を終えたときに、「楽しいだけで何も残らなかった」ということになる可能性もあります。

大学生の貴重な時間を使い、長期的に見て自分のためになることをしておくと、後々救われることがありますよ。

3.時間があるからこそできることを考える

大学生の暇な時間をどう使うか迷うなら、時間があるからこそできることは何かと考えましょう

時間があるからこそできることを考えて選べば、時間がなくなって後悔することもありません。

たとえば留学やワーキングホリデー、スキルの習得などはまとまった時間が必要です。

「社会人として働きながらではできないこと」を周囲の大人に聞いてみても良いでしょう。

大学生のたくさんある時間の意味を最大限生かせるといいですね。

4.なるべく多くの価値観に触れる

なるべく多くの価値観に触れることを意識して、暇な時間を過ごしてみましょう

時間がないと異なる価値観に触れる機会や、深く考える機会がなかなかありません。

しかし、多くの価値観に触れられれば、考え方の幅が広がり、物事をあらゆる方向から捉えて考えられるようになります。

広い視野で深く物事を考えられることは、仕事でも日常生活でも、生きていくなかでとても役立つものです。

多くの価値観に触れて、自分の人生に生かしてくださいね。

5.過度な浪費はNG

暇な時間を過ごし方として注意しておきたいのは、過度な浪費をしないことです。

お金の知識や使い方は学ぶ機会がほとんどなく、勢いで過度な浪費をしがちと言えます。

特にストレス発散やお金を使う楽しさなどから、後先考えずに無駄に使ってしまうこともあるでしょう。

過度な浪費によって困るのは自分自身です。
お金の使い方に注意して、大学生の貴重な時間を使いましょう。

まとめ:暇な時間をうまく使う方法を考えよう

今回は、大学生の暇な時間を有意義に過ごす方法をご紹介しました。

大学生の4年間はあっという間に過ぎてしまいます。
暇な時間をどのように使うかで、大学時代の満足感は大きく変わるでしょう。

暇な時間を有意義に使うには、どんな時間の使い方があるのかを知る必要があります

自分に合った有意義な過ごし方をいち早く見つけられれば、それだけ多くの時間を充実して過ごせますよ。

大学生活を最大限楽しむために、暇な時間を有意義に過ごす方法を知り、毎日を豊かに過ごしましょう。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点