プログラミングを短期で学ぶ3つのメリットとは?スクール選びのポイントも解説

2022.09.22
プログラミングを短期で学ぶ3つのメリットとは?スクール選びのポイントも解説

プログラミングを短期間で学びたいと感じていないでしょうか。

プログラミングスキルは習得すると昇進や転職に役立つため、社会人のスキルとして人気があります。

しかし、専門的な技術であることから、一般的には長期的な学習が必要と思われがちです。

「できるだけ早くプログラミングスキルを身につけたいけど可能なのかな?」
「プログラミングスクールの選び方が知りたい!」

そのような疑問を感じている人は多いでしょう。

そこで今回は、

  • プログラミングを短期で学ぶメリット
  • 短期で学ぶのにおすすめなプログラミング言語
  • 短期でプログラミングを学習するコツ
  • スクール選びで失敗しないためのポイント

などについてご紹介します。

「短期間でプログラミングスキルを習得して仕事に活かしたい!」という方は、ぜひ最後まで読み進めてくださいね。

プログラミングを短期で学ぶ3つのメリット

時短でプログラミングを学ぶイメージ

そもそも、プログラミングを短期で学ぶことはできるのでしょうか。
「習得に時間がかかるスキルというイメージがある」という人も多いでしょう。

結論からお伝えすると、プログラミングを短期で学ぶことは可能です。

しかも、短期で学ぶメリットもありますよ。
短期間での習得に不安を感じる人もいるかもしれません。

しかし、人によってはメリットを知ることで「自分は短期間で学ぶほうが合っていそう!」と思えるでしょう。

ここでは、プログラミングを短期で学ぶ3つのメリットをご紹介します。

  1. モチベーションの管理がしやすい
  2. 必要な分だけを学べる
  3. 価格を安くできる

さっそく見ていきましょう。

1.モチベーションの管理がしやすい

短期間の学習の場合、モチベーションの管理がしやすいメリットがあります。

プログラミング学習は基本的に終わりがなく、常にアップデートされる新しい情報を学び続けなければなりません。

すると、終わりがないことから次第にモチベーションを保ちにくくなるのです。

しかし短期学習ならば、期間が決まっており終わりが見えているので、限られた時間を意識して集中的に取り組めます

学習期間が終わるまでに確実にスキルを身につけようという気持ちを持って学ぶので、モチベーションが保ちやすいのです。

2.必要な分だけを学べる

短期間で学べることは限られています。
それはつまり、必要な分だけを効率的に学べるというメリットでもあるのです。

1つの言語を取り上げたときに、その言語のすべてを理解しないと学んだことにはならない、というわけではありません。

IT業界の流れは速く、言語も常にアップデートされています。
大切なことは、必要なだけの知識やスキルを身につけるということです。

もし、転職活動などでプログラミングスキルを活かすために短期間で学習しようとしている場合、仕事で求められるスキルを身につけることが必要です。

もちろん、就職後は業務を遂行するためにさらなる学習を積む必要はありますが、短期学習なら必要な分だけを効率的に学べますよ。

3.価格を安くできる

一般的に、プログラミング学習にはかなりの金額がかかります。
しかし短期学習なら、価格を安くおさえて学べますよ

たとえば、通常のプログラミングスクールなら、6ヶ月の学習で70万円〜80万円程度の費用がかかります。

一方で、あるスクールの短期集中講座では1ヶ月およそ1.5万円〜2万円程度から学習できるのです。

「できるだけ安くプログラミングを習得したい」という人に、短期学習はおすすめですよ。


IT業界への転職成功率98%のプログラミングスクール【DMMWEBCAMP】3つの特徴!

最短3ヶ月ITエンジニアへ!
✔受講者の97%未経験
✔転職成功後の離職率は驚異の2.3%

まずは無料でプロのカウンセラーにキャリアの悩みを相談!

参加者の満足度は99%

短期で学ぶのにおすすめなプログラミング言語5選

あらゆるプログラミング言語を使うイメージ

プログラミングを短期で学ぶメリットをお伝えしました。
最低限のコストで必要なスキルを身につけたい人には、短期習得が合っているでしょう。

「さっそくプログラミングを短期で学びたい!」と考えたときに、最初にぶつかるのがどの言語を選択するのかという問題です。

一言でプログラミングスキルとは言っても、選ぶ言語によってできることは異なります。

短期学習がしやすいプログラミング言語を知り、自分の目的に合わせて選択しましょう。

ここでは、短期で学ぶのにおすすめなプログラミング言語を5つご紹介します。

  1. HTML
  2. CSS
  3. JavaScript
  4. jQuery
  5. PHP

順番にご説明していきましょう。

1.HTML

まずご紹介するのは「HTML(エイチティーエムエル)」という言語です。

HTMLは、文章を構造化するためのマークアップ言語になります。
マークアップ言語とは、タグで囲むことで構造を表現する言語のことです。

HTMLを使うことで、Webページの文章を作成できますよ。
動きをつけるCSSという言語と並び、Web制作には欠かせません。

世の中のWebページの多くに使用されており、Webサイトを構築できます。
今後も需要が減ることがなく、安心して学べるでしょう。

HTMLは学習が簡単なので初心者でも学びやすい特徴があり、短期習得に向いています。

2.CSS

HTMLと同様にWeb制作で使われるのが「CSS(シーエスエス)」です。

CSSはスタイルシートとも呼ばれ、HTMLで構築した文章の位置を調整したり、動きをつけたり、見た目を整えることができます。

Webサイト制作がしたいと考えているなら、HTMLとCSSはおすすめです。

難易度が低いのでプログラミング学習の第一歩として最適であり、短期間で身につけやすいでしょう。

3.JavaScript

長年、高い人気を誇っているのが「JavaScript(ジャバスクリプト)」です。
世界、国内にかかわらずあらゆる企業で用いられ、高い需要があります。

JavaScriptは、WebサイトやWebアプリケーションの開発など、幅広い用途で使われるスクリプト言語です。

スクリプト言語とは、記述がシンプルで比較的簡単に書きやすい言語をさします。

フロントエンドで動作する言語ですが、Node.jsを活用すればサーバーサイドの開発も可能で、汎用性が高い言語として人気です。

特徴として、開発環境を整える必要がなく、ブラウザとテキストエディタがあればすぐにプログラミングができるので、初心者でも学びやすいでしょう。

4.jQuery

JavaScriptよりさらに簡単に開発ができるのが「jQuery(ジェイクエリー)」です。

jQueryは、JavaScriptでできることを、より簡単な記法で実現できるように設計されたJavaScriptライブラリとなっています。

ライブラリとは、プログラムの部品を集めたファイルのこと。
jQueryの場合、Javascriptとあわせて使うことで、よりシンプルにコードが書けるようになります。

jQueryを習得すれば、プログラミング初心者もJavascriptを使いやすくなりますよ

Javascriptとあわせて、短期学習におすすめです。

5.PHP

多くのWebサービスやWebアプリケーション開発で活用されているのが「PHP(ピーエイチピー)」です。

PHPは、サーバーサイドのWeb開発に特化したスクリプト言語として知られています。

フレームワークが豊富で、さまざまなWebサービスやWebアプリケーションを開発できますよ。

需要が高く、求人数が非常に多いことも特徴的です。
PHPを習得していれば、仕事に困ることはなかなかないでしょう。

初心者でも学びやすく、短期間でも十分にスキルを身につけられます。

短期でプログラミングを学習する4つのコツ

コツを発見するイメージ

短期で学ぶのにおすすめのプログラミング言語をお伝えしました。
それぞれの特徴を理解し、自分の目的に合わせて選びましょう。

さて、短期でプログラミングを習得するためには、いくつかのコツがあります。

コツを押さえて学習に取り組むことで、短期間でも効果的にスキルを身につけることができますよ。

ここでは、短期でプログラミングを学習する4つのコツをご紹介します。

  1. プロから教わって効率を高める
  2. わからなくてもコードを書く
  3. プロが作ったコードを読む
  4. インプットしたらすぐにアウトプットする

詳しく見ていきましょう。

1.プロから教わって効率を高める

プログラミング学習で重要なのは、プロから教わって効率を高めることです。

特に、プログラミングを学び始めて間もない頃は、エラーや不具合が発生したときに原因がわからず挫折してしまいがち。

プロに適切な指導を受けることで、エラーの原因がよく理解でき、効率よく学習を進めていけますよ

プログラミング学習ではトライアンドエラーが基本です。

プロの講師にサポートを受けて、エラーのたびに手が止まることなく学び続けられる効率の高さが、学習の成果につながります。

2.わからなくてもコードを書く

プログラミングを短期で学ぶコツは、わからなくてもコードを書くことです。
コードを書けば、どこが間違っているのかを理解できるようになります。

しかし、何も書かずに手を止めてしまうと、学習もそこでストップしてしまうでしょう。

短期間で習得するには、アウトプットの量が非常に重要です。

わからないときも立ち止まらず、手を動かして前に進みましょう。

コードを書くことで、道が見えてきますよ。

3.プロが作ったコードを読む

短期間でプログラミングを学ぶコツの1つとして、プロが作ったコードを読みましょう

プロが作ったコードは見た目もシンプルに整っており、わかりやすいです。

どのようにコードを書けば、より見やすくエラーが起きにくいコードになるのかをチェックしてみるといいでしょう。

自分がコードを書くときの参考として、非常に役立ちますよ。

4.インプットしたらすぐにアウトプットする

プログラミング学習の要はアウトプットです。
インプットした知識はすぐにアウトプットし、自分の力にしていきましょう。

実際に自分の手を動かしてコードを書くことで、体験として学習でき、記憶に残りやすくなります。

また、コードを書いてエラーが出た場合、正しい知識に修正して覚えられますよ。

エラーが出て修正すれば、いっそう自分自身の学びとして記憶に定着しやすくなるでしょう。

短期間での学習では、とにかくアウトプットの量をこなすことがコツです。
常にアウトプットを意識し、どんどんコードを書いていってくださいね。


国内最大級の転職サポート型プログラミングスクール【DMM WEBCAMP】では、未経験者が97%!

✔転職のキャリアサポート満足度は92%
✔講師に質問し放題!日々の学習を徹底サポート!
✔転職成功後の離職率は驚異の2.3%

まずは無料でプロのカウンセラーにキャリアの悩みを相談!

参加者の満足度は99%

プログラミングの短期学習にはスクールがおすすめな4つの理由

オンラインスクールで学習するイメージ

短期でプログラミングを学ぶコツをお伝えしました。
質の高い環境や教材を活用し、とにかくアウトプットを繰り返すことが大切です。

ご紹介したコツを押さえて学習に取り組むには、独学では不安があります。

おすすめは、プログラミングスクールで短期学習をすることです。
スクールならば、質の高い環境や教材を使って、効果的な学習を続けられますよ。

プログラミングの短期学習にスクールがおすすめな理由は、さらに4つあります。

  1. 学習が習慣づけられる
  2. 効率的にスキルが身につく
  3. 同じように学ぶ人たちがいてモチベーションにつながる
  4. 転職がしやすい

1つずつ見ていきましょう。

1.学習が習慣づけられる

プログラミングスクールで学ぶと、学習の習慣がつけられようになります。

スクールに通わず独学などの場合、学習のペースはあくまで自分次第です。
自分で自分を管理する必要があり、自己管理が苦手な人ほど学習習慣もつきにくいでしょう。

スクールを活用すれば、決められた学習予定に合わせて行動することになるので、習慣づけがしやすくなります。

決まった曜日や時間に学習することで、生活にリズムがつきやすくなり、自然と学習する姿勢が定着しますよ。

2.効率的にスキルが身につく

プログラミングスクールでは、効率的にスキルを身につけることができます。

スクールで提供される講座内容や教材は、学ぶべき知識やスキルが体系的にまとめられ、それだけで学習を完結できるように構成されたものばかりです。

また、講師に質問しやすい環境が整っているので、壁にぶつかっても立ち止まらずに解決できます

ほかにも充実したサポート体制が整い、短期間で必要なスキルを身につけるためのサービスが提供されているのです。

1人での学習では得られない、最適な学習環境で学べるので、効率的にスキルを習得できるでしょう。

3.同じように学ぶ人たちがいてモチベーションにつながる

プログラミングスクールには、自分以外の生徒もいます。
知り合って仲良くなれば、一緒に学習を進める仲間として刺激し合えて、モチベーションになりますよ。

プログラミング学習は壁にぶつかる機会が多く、挫折してしまうケースが多いです。
特に独学では、頼れる人がいないので、諦めてしまいやすくなります。

しかし、同じように学ぶ人たちがいれば、お互いに鼓舞し合いながら取り組めるでしょう。

プログラミングを学ぶにあたり、モチベーションの維持は重要な課題です。

自分以外の人が頑張っている姿を見ると、「自分も頑張ろう」という気持ちが湧いてきますよ。

4.転職がしやすい

短期間での学習にプログラミングスクールがおすすめである大きな理由に、転職のしやすさが挙げられますよ。

転職がしたいプログラミング学習者のために、転職を目的としたカリキュラムやサポートを用意しているスクールは多いです。

仕事で求められるレベルのスキルや実績をスクールで身につけられれば、卒業してすぐに転職できます。

転職サポートでは、企業紹介から履歴書添削、面接練習まで充実した内容を受けられますよ。
「スキルを習得して転職したい」という人は、スクールで学ぶと安心です。

スクールによっては転職成功率の高さを実績に掲げているので、転職を目的としている場合はチェックしておくといいでしょう。

スクール選びで失敗しないためのポイント4つ

重要なポイントのチェックリストのイメージ

プログラミングの短期学習ではスクールがおすすめとお伝えしました。
独学では得られない学習環境が、スクールなら充実しています。

しかし、「プログラミングスクールってたくさんあって、どれを選べばいいの?」と悩んでしまう人もいるでしょう。

室の高い環境が整い、自分に合ったプログラミングスクールでなければ、短期間で習得するのは難しくなります。

スクール選びで失敗しないためには、いくつかのポイントがありますよ。
ポイントをしっかり押さえて、最適なスクールを選びましょう。

ここでは、スクール選びで失敗しないためのポイントを4つご紹介します。

  1. 目的を明確にする
  2. スクールの教育方針を知る
  3. 自分に合った学習スタイルで選ぶ
  4. 無料体験・無料相談を活用する

それぞれ見ていきましょう。

1.目的を明確にする

まず大切なポイントは、スクールに通う目的を明確にすることです。

「何のためにスクールに通ってプログラミングを学ぶのか」をはっきりさせておくことで、目的に合ったスクールを選べますよ。

プログラミングスクールにはさまざまな種類があり、同じスクール内でも複数のコースが用意されています。

目的を明確にせずなんとなく選んでしまうと、失敗の原因になってしまうことに。
特に短期間での学習では学べる内容が限られているので、しっかり厳選しましょう。

また、スクール選びに限らず、目的を明確にすることはモチベーションの維持にも重要です。
最初の段階で明確に決めておきたいですね。

2.スクールの教育方針を知る

プログラミングスクール選びで失敗しないためには、スクールの教育方針を知っておきましょう

スクールの教育方針によって、得られるメリットや環境が変化してきますよ。

たとえば、転職が目的で手厚いサポートを受けたいのに、

  • フリーランスとして独立を目指すスクール
  • オンラインで自分のペースで学ぶスクール
  • 転職サポートがついていないスクール

などを選んでしまうと、効果的な学習やサポートは得られないでしょう。

選んだ後に後悔することのないように、スクールがどのような教育方針なのかをよく確認することが大切です。

3.自分に合った学習スタイルで選ぶ

自分に合った学習スタイルかどうかも、スクール選びのポイントです。

たとえば、プログラミングスクールには大きく分けて

  • 通学型
  • オンライン型

の2種類があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。

自分はどちらの学習スタイルが合っているかを見極めて、スクールを選ぶことが大切です。

モチベーション管理が苦手で、仲間と一緒に学習し、わからないことは講師に直接質問したいという方は通学型が向いているでしょう。

一方で、自己管理が得意でマイペースに学習し、どこでも好きなときに学習したいという方はオンライン型がおすすめです。

そのほか、スクールの講座内容や時間帯などを見比べて、自分の学習スタイルにより適したスクールを選びましょう。

4.無料体験・無料相談を活用する

気になるプログラミングスクールを見つけたら、無料体験や無料相談を活用することもポイントです。

ほとんどのスクールでは、無料体験や無料相談を実施しています。
実際に学ぶ体験をすることで、学習のイメージがつきやすくなりますよ

また、短期学習について不安な点やわからないことを解消しておく機会にもなります。

自分の目的を明確にして相談すれば、適切なアドバイスを受けられるでしょう。

まずはプログラミングスクールに足を運んでみることも、短期学習への一歩になります。

短期でプログラミングスキルを身につけるならDMM WEBCAMPがおすすめ

短期でプログラミングスキルを身につけるならDMM WEBCAMPがおすすめ

「短期間でスキル習得と転職を叶えたい」という人には、DMM WEBCAMPがおすすめです。

DMM WEBCAMPでは、最短3ヶ月でスキルを身につけてエンジニアに転職できる短期集中型「DMM WEBCAMP COMMIT 専門技術コース」を用意しています。

しかも、2020年1月時点での転職成功率は98%という高い実績。
プログラミングスクール業界のなかでも最高レベルの水準です。

エンジニア転職のプロであるキャリアカウンセラーと講師が、学習から転職までを一貫してくれるので、未経験からのエンジニア転職に不安を感じている人も安心ですよ。

短期間でプログラミングを身につけて転職を成功させるために、次のようなサービスも充実しています。

  • プロの講師に質問し放題
  • 未経験者でもわかりやすいオンライン教材
  • チーム開発の実践経験
  • Web開発のすべての工程を経験
  • ポートフォリオ作成
  • 自己分析や履歴書、職務経歴書の添削
  • 300社以上のなかからあなたに合った企業を紹介

さらに、もし転職が決まらない場合ば、受講料を全額返金する転職保証もついています。
転職サポートに高い実績があるからこその安心のサービスです。

DMM WEBCAMP COMMIT 専門技術コースは、厚生労働省指定の専門実践教育訓練給付金制度の対象口座に認定されています。

そのため、条件を満たすことで、支払った料金の最大70%(支給限度額:560,000円)が教育訓練給付金としてキャッシュバックできますよ。

安い料金かつ短期間でプログラミングスキルを身につけ、転職を成功させるなら、最適な環境と言えるでしょう。

まとめ:長期的に考えれば、費用がかかってもスクールがお得

今回は、短期間でプログラミングスキルを学ぶ方法についてご紹介しました。

プログラミングの短期学習で確実にスキルを身につけるには、質の高い教材と挫折せずにアウトプットし続けられる環境が重要です。

独学の場合、教材が一貫しにくく、壁にぶつかったときに一人で解決できない問題点があり、学習の継続や確実なスキル習得のハードルが高くなります。

自分に合ったスクールを選べば、プログラミングの短期学習に最適な環境で学べて、さらに転職サポートなども受けられるので、理想の結果につながりますよ。

スクールでは無料体験を実施しているので、実際に体験して疑問を解消するのがおすすめです。
まずはプログラミングスキルの短期習得に向けて、行動を起こしましょう。

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2022 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5