WebCamp・WebCampProを運営する株式会社インフラトップのオウンドメディア【スキルマ】。プログラマー・エンジニア・Webデザイナーを目指す初心者の方に向けた記事や、就職・転職を考えている方向けの記事を発信しています。

【初心者向け】Pythonプログラミングを学ぶ4つのステップ

プログラミング教室・人気ランキング

順位 スクール名 こんな方におすすめ 公式サイト
   TechAcademy ★雪でも大丈夫★自宅でプログラミング・デザイン・アプリ開発を学びたい方  公式サイト
  Web Camp 【業界最安値】1ヶ月通い放題/Webサービスなど作りたい方 公式サイト
Tech Camp Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方! 公式サイト
▼本記事について
本記事は、『たった1ヶ月で未来を変えられる』初心者向けプログラミングスクール「WebCamp(ウェブキャンプ)や、未経験者でも3ヶ月の学習でエンジニアに転職・就職ができる「WebCampPro(ウェブキャンププロ)」を運営してる株式会社インフラトップが提供しています。

近年人気のある言語にPythonという言語があがってきています。聞いたことはあるけれどいまいち何ができる言語なのかわかっていないという方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなPythonとはどのような言語なのかといったことや、Pythonの効果的な学習方法についての情報をお伝えしていきたいと思います。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

Pythonとはそもそも何か?

Python(パイソン)とはコンパイルの必要がないスクリプト言語で、コードが読みやすく初心者にも学習しやすいという一面を持ちます。少ないコード量でさまざまな機能を実現できる言語で、主に科学分野の分析処理や人工知能、機械学習といった数値演算を多く扱うソフトウェアで広く使われている言語です。

Pythonでできること

Pythonはさまざまなプラットフォームで動作するため、できることはたくさんあります。むしろできないことはないと言ってもいいでしょう。特にPythonの数値処理能力はとても高いため、人工知能や機械学習、統計学、ビッグデータの解析といった主に科学分析の分野で幅広く活用されています。

Pythonのメリット

構文がわかりやすい

Pythonのメリットは、構文がわかりやすいためすぐに学習できるという点です。そのほか処理が軽く数値演算のスピードが早いため、人工知能や科学分析のためのソフトウェアによく使われています。

世界的に普及している

言語としてシェアが高いのでドキュメントやコミュニティが数多く存在し、情報収集に困らないという特徴も。日本よりは欧米で普及している言語のため、英語のドキュメントの方が多い状況ですが、英語が苦痛でない方はPythonの学習をよりスムーズに進めることができます。

Pythonが使われているもの

Google・Instagramに使用されている

Pythonはさまざまなアプリケーションに使用されていますが、中でも特に有名なのがGoogleです。Googleのサービスの多くはJava、C++、Pythonという3つの言語で開発されています。GoogleはPythonの使用を特に推奨しており、youtubeやapp engineのほとんどの部分でPythonが使われています。そのほか写真共有サービスのインスタグラムもPythonを使用していることで有名です。

人工知能、機械学習などの数学系に強い

また科学分析を得意とする言語のため、多くの数値演算モジュールが提供されています。統計分析や生命科学分野のシミュレーション、人工知能、機械学習などの数学や科学の分野で必要とされる演算処理がPythonのモジュールでまかなわれています。

Pythonの学習難易度

Pythonの学習難易度は比較的易しい部類に入ります。文法が単純でわかりやすく、ifやwhileといった予約語の数も少ないので、初心者でもプログラミングを学習しやすい言語です。アメリカの大学ではプログラミングの授業にPythonが採用されているケースが多くあり、最初に学ぶ言語として最適であるとされて数多くの学生に学習されています。

Pythonの学習ステップ

Pythonを学習するステップはさまざまですが、Pythonをまったく触ったことがないといった方の場合は初歩から学習していく方法が良いでしょう。一点注意しておきたいことは、Pythonには2系と3系という2つの系統が存在し、相互で互換性がない機能もいくつかあるという点です。最新の3系から学習したいところですが、直近に実務で2系を扱う予定があるということであれば、2系からの学習を始めた方がいいかもしれません。

動画学習サイトなどで感覚をつかむ

ドットインストールなどの学習サイトでは、無料の動画でPythonの初歩的な知識を学ぶことができます。まずはそういった入門の知識を得られる学習サイトを活用して、初歩的な知識を学習することから始めてみてはどうでしょうか。

書籍などで体系的に学習する

入門的な知識が得られる学習サイトである程度Pythonの感覚をつかめたら、今度は書籍で体系的にPythonを学んでいきましょう。書籍を使って学習するメリットとしては、最初から最後まで漏れなく知識を体系的に学ぶことができるという点があげられます。まずは自分と相性の良さそうな学習書籍を購入して、一通りPythonのことを学んでみてください。

Pythonで簡単なアプリケーションを作ってみる

Pythonを使った簡単なアプリケーションを作ってみましょう。どのようなアプリケーションを作るかは学習サイトや学習書籍を参考に決めていくといいでしょう。ひとまず学習が一通り終わったら、自分の作ってみたいアプリケーションをPythonで作ってみるとより理解が深まります。

専門的な方面へ学習を深めていく

Pythonは多くのことができるプログラミング言語ですが、特に得意なのは科学分野の分析や演算などです。処理が軽く計算処理能力が高いという特徴があるため、科学や数学の分野で多く使われています。演算処理などのモジュールは多くのサイトでアップロードされているため、インターネットから比較的簡単に入手することが可能です。人工知能や機械学習といった最新の知識に興味がある方は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

おすすめプログラミングスクール

書籍や学習サイトに比べると費用は掛かってしまいますが、直接教えてもらえたり、オンラインで授業を受けれるため、学習の質が高く、短期間で習得することが可能です。

そのため断然プログラミングスクールがおすすめです

侍エンジニア

結果を出す事を重視している事で有名なのがこの『侍エンジニア塾』です。

授業スタイルはWebデザインの技術を習得することに特化したマンツーマン方式です。

しかもそれは生徒がオーダーすることが可能です。

未経験者がプログラミングの技術を習得できる事はもちろん、仕事の獲得方法や企業についても勉強する事ができます。

指導実績は6000人を超え、未経験からでも1ヶ月〜3ヶ月でアプリ開発やWebサービス開発、転職を実現しているスクールです。

無料体験レッスン申し込みはコチラ

Dive into Code

主に通学制のプログラミングスクールですが、学習形態は通学とオンラインの2通りあり、首都圏に在住していない場合でもオンラインでの受講が可能となっています。

アウトプットやプレゼン、コミュニケーションを重視し、より実践的な学習を目標にしています。

学べるコースはwebアプリケーションの開発、railsのチュートリアルのほか、AIを学習するコースもあります。

dive into codeでは卒業後のサポートが充実しているのが特徴のひとつです。

就職支援も行っており、卒業後も案件紹介などのサポートが受けられます。

無料説明会予約はコチラ

Udemy

あらゆる分野の講義を有料で公開しているオンラインスクールです。

プログラミングの学習だけでなく、音楽や科学、ビジネスなどあらゆる分野の講義が提供されています。

現役で活躍している講師による実践的な講義が多く公開されており、学びたいところを効率的に学習していくことが可能なツールです。

無料説明会予約はコチラ

Pythonのおすすめの学習方法

Pythonを学習する方法はいくつかあります。ここではいくつかの学習方法を取り上げ、Python学習におすすめのサイトや書籍、勉強会、スクールに関する情報をご紹介して行きます。

学習サイトでの学習

ドットインストール

http://dotinstall.com/lessons/basic_Python_v3

約3分間の動画でプログラミングが学習できるドットインストール。Javaやphpなどの言語のほかにPythonの講座も一部無料で提供されています。Python2系、Python3系の両方の講座も提供されているので、両方の系統を学習してみてもいいでしょう。

paiza

https://paiza.jp/works/Python3/primer/beginner-Python1

paizaはエンジニアの転職サイトですが、プログラミングを学習できるツールも提供しています。Pythonの講座も提供しており、Pythonのインストールなどローカル環境を整えることなくブラウザのみで学習できるので便利です。学習が進んだらレベルチェックができるコンテンツもあるので、腕試しに試してみてはいかがでしょうか。

ChekiO

https://checkio.org/

Pythonの学習が無料でできる学習サイトです。Pythonの入門問題が出題され、それを解けないとアカウントが作れないというややハードルの高い決まりごとがあります。Pythonの問題を解いていくごとにゲームステージをクリアしていく方式で、楽しみながらPythonの学習を進めることができるサイトです。

progate

https://prog-8.com/languages/Python

progateはオンライン上でプログラミングを勉強できるサービスです。月額980円とリーズナブルな価格で学習することができ、時間も都合の良い時間帯で学習することができます。Pythonの講座も提供されており、一部無料の講座も提供されています。講義を受けようか迷っている方は一度無料の講座を受けてみてはいかがでしょうか。

書籍を使った学習

Pythonスタートブック


プログラムを触ったことがないような初心者の方でも学習しやすいように、基礎から丁寧に説明している学習本です。Pythonを使ってプログラミングの学習を始めたい方にもおすすめ。応用を学習するには向いていませんが、本当のプログラミング初心者の方には向いています。

いちばんやさしい Python入門教室


Pythonの基礎から丁寧に説明しています。一通り基礎の学習が終わったら、GUIアプリやゲームなどのサンプルを開発しながら学習を進めていけます。プログラミングの基本が身に着くだけでなく簡単なアプリケーションまで作れるようになる一冊です。

たった1日で基本が身に付く! Python超入門


Python以外のプログラミング言語を学習したことがある、もしくはプログラミングの基礎は少しはわかっているといった方が最短の日数でPythonの基礎を身に着けるのに向いている学習本です。簡単なアプリケーションを作るまでの過程が一通り説明されており、機械学習などのレベルに進む前にささっと基礎的なことを学習したい方に向いています。

勉強会などで学習する

tech play

https://techplay.jp/tag/Python

tech playはIT関連の勉強会の開催を支援している会社です。常時さまざまな言語や技術に関する勉強会が催され、tech playのサイトでは勉強会の開催情報をいち早く取得することができます。Pythonの勉強会も多く開催されているので、勉強会で仲間を増やしたい、一人での学習が不安だといった場合には活用してみてはいかがでしょうか。

connpass

https://connpass.com/category/Python/

connpassも日本全国で開かれるIT関連の勉強会を支援している会社です。常時さまざまな言語や技術の学習会が開かれており、サイトではその情報を取得することができます。Pythonに関する勉強会も多数催されているので、参加できそうな勉強会を探して参加してみてください。

door keeper

https://www.doorkeeper.jp/events/Python

doorkeeperでも多くの勉強会の開催を支援しています。さまざまな技術や言語に関する勉強会が全国で開催されており、doorkeeperのサイトではそれらの情報を取得することが可能です。Pythonの勉強会も多く開かれているので、都合の良い日時に開催されるイベントを探して参加してください。

スクールで学習する

G’s Academy

http://gsacademy.tokyo/

G’s Academyはエンジニアを養成する学校です。週末集中コースやフルタイム総合コースなど、利用者の都合に合わせて受講時間を選択することができます。Pythonを使った人工知能など高度な技術も学ぶことが可能で、集中的にスキルアップを目指すのに役に立つスクールです。

Dive into code

https://diveintocode.jp/ai_course

自由に学習するスタイルのプログラミングスクールです。テキストが常時更新され続け、現場で活躍しているエンジニアのメンターが教えてくれるので、わかりやすい講義を受けることができます。Pythonを使った機械学習など、応用の技術についてもマスターすることができる人気のスクールです。

まとめ

いかがでしたか?Pythonについての概要を理解していただけましたか。

Pythonは文法が簡単で理解しやすい言語です。最初に学ぶプログラミング言語としても最適で、初心者の方に向いています。また世界中の多くのエンジニアに使われている人気の高い言語でもあるので、ドキュメントやコミュニティも充実しており、Pythonに関する情報も取得しやすくなっています。

今後ますます需要が高まるPython。もしも興味が出てきたなら、あなたも一度学習してみてはいかがでしょうか。

WebCamp・Webスクについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。Webスクは半年間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保証付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログライミングを学びたい方はこちら!

▼IT未経験からエンジニアに就職・転職したい方はこちら!