女性プログラマーの年収は?実態について教えます! | プログラミング入門ならWEBCAMP NAVI
【1月枠も残りわずか】転職保証コース

女性プログラマーの年収は?実態について教えます!

自分次第で高額年収を得る事が出来る職「プログラマー」

近年の働き方改革により、様々な雇用形態で「プログラミング職」に就いている方達が増えました。もはや副業は、サラリーマンだけの特権ではなくなりました。家庭で夫の帰りを待つ主婦の方達も仕事の出来る環境さえあれば、高額年収も夢ではない時代になって来ているのです。

今回は、女性プログラマーの年収についてご紹介いたします。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

プログラミング業界は男性産業?

プログラマーの収入は男女で違う?

アメリカのリベラル系オンラインメデイア「ハフィントン・ポスト」に気になる記事がありました。「男女の収入の格差は大きく、その差は埋まっていない。その主な原因として、女性は給与の安い産業で働き、給与の低い仕事に就く傾向があるからだ。とアメリカの仕事情報サイト「Glass Door」が報告した。」という記事です。

その中でも女性のプログラマーの収入差は男性プログラマーの72%しか給与を得ていない事が、アンケートにより分かっています。男女平等が謳われて何十年が経っていますが、社会的な圧力等が原因で、いまだに男女平等を達成できていないことも事実です。世界的にもその風潮を打破するような働きが見られますが、やはり男性の比率はまだまだ高いと言えます。しかし、その事実をただ批判するだけでは、何の解決にもなりません。自分自身の待遇を変える為には、職場選びや自分のスキルアップが必要不可欠なのです。

プログラミングは男性優位?ではない理由

プログラマーに必要な資質として「根気」「集中力」「体力」が挙げられます。言語を駆使して大きなシステム開発をする際には、何よりその集中力を切らさないようにするための「体力」が必要です。男性と女性の「体力」の部分だけをみると、圧倒的に男性の体力が高いです。そのため、大きなプロジェクトチームの男女比は男性の割合が多くなる傾向にあります。

また女性には「妊娠、出産」という人生の一大イベントがありますよね。長時間拘束されるシステム開発にはなかなか加わる事が出来ないのも理由の一つとして挙げられます。

しかし、女性は昔から「根気」と「集中力」に関しては男性よりも秀でていました。例えば編み物等が良い例です。編み物は同じような技法を幾度も繰り返して目的の衣服等を作り上げます。戦時中も、戦闘に出ない代わりに兵士の服の縫製や、弾薬の作成をしていたのも女性です。極端な例ではありますが、針仕事などの「根気」と「集中力」が必要な作業は、女性の方が圧倒的に高いクオリティを持っていることが分かります。

そして近年爆発的に伸びている市場「ハンドメイド雑貨」も同じ事が言えます。美しいフォルムやデザインのアクセサリーは女性作家さん達の「根気」と「集中力」の結晶です。

「体力」はありませんが、それを補って余りある「根気」「集中力」そして「クリエイティブ力」が女性にはあります。そういう意味では、女性のほうが向いているといえます。

プログラミングの祖は実は女性!

実は世界で初めてプログラミング言語を開発したのは女性だという事を知っていましたか?コンピューターが発明される1世紀も前のことです。プログラミング言語の「C++」という言語があるのですが、その言語の礎を作ったのが、「Ada」と呼ばれる言語です。その言語自体をコンピューターに適用したのはアメリカの国防総省ですが、その言語自体を発明したのは1815年に誕生した、「ラブレース伯爵夫人エイダ・オーガスタ・キング」という女性です。

エイダさんの友人に「チャールズ・バベッジ」という方で「コンピューターの父」とも呼ばれている有名な方がいます。そのバベッジおじさんが研究していた「階差機関」という機械的計算機に彼女は興味を持ち、一緒に研究をしていました。結果的に「階差機関」は発明がされませんでしたが、バベッジおじさんの次のアイデア「解析機関」について講演した記録がイタリア人により書籍として出版されます。その書籍を英訳したのがエイダ・ラブレースさんです。エイダさんが英訳した「解析機関」の書籍に自分独自の注釈をつけていました。その注釈に初めての「プログラミングコード」が記載されていました。

計算機として研究していたバベッジおじさんとは違う視点で「解析機関」を捉え、未来の計算機(コンピューター)の可能性が見えていたエイダさん。後に解析機関は「音楽ソフト」や「アートソフト」の源流になるプログラムになっています。

複雑な言語だった為に、エイダさんが考えた「プログラミング言語」は複数に分割され、現代の「プログラミング言語」に多大な影響を与えています。

女性独自の視点が結果に結びついた素晴らしい例です。

このように、プログラミング産業は男性だけの物じゃないという事がご理解出来たかと思います。では実際に現代の女性プログラマーの方達の年収はいくらぐらいなのでしょうか?

女性プログラマーはいくら稼いでいるの?

女性プログラマーの平均年収は?

前述した「ハフィントン・ポスト」の情報によると、アメリカの女性プログラマーの平均年収は日本円でおよそ「518.4万円」です。日本の厚生労働省が出した「賃金統計基本調査」では女性プログラマーは「408.7万円」となっています。ただし、雇用形態によって大きな差があります。

Webサイト制作会社:480万円~
システム開発会社:520万円~
ゲーム開発会社:490万円~
IT系企業:470万円~
フリー:600万円~

一番低い「IT計企業」と一番収入の高い「フリー」では130万円もの差がありました。作るプログラムや所属する会社によって年収が変わるという事が分かります。では正規雇用、派遣、フリーランスの女性プログラマーの皆さんは、どのように自分達の年収を上げているのでしょうか?

女性プログラマーが高額年収を獲得する為に出来る事は?

正規雇用① プロジェクトリーダー等、管理職への昇進

近年、職場での女性リーダーや管理職の起用が政府によって推進されています。男性プログラマーよりも女性の方が昇進しやすい傾向になっているということです。しかし、結果を出さないことには昇進しても年収の飛躍的な上昇は見込めませんよね。女性ならではの視点をもってプログラミングチームの管理や、プログラミング作業を行うことが、昇進後の昇給に繋がってきます。

正規雇用② 仕事のミスを減らすことで信頼アップ

女性は男性と比べ、きめ細かい作業に向いています。男性プログラマーのミスをカバーし、全体のチェックなどで、上司やクライアントからの信頼が得られます。

正規雇用③ 転職

男性の年収アップの方法でも同じ事が言えますが、やはり「転職」も一つの手段です。経験や実績を持っているのであれば、より報酬の高い企業へ転職するのもキャリアアップ、年収アップに繋がります。男性よりも女性のプログラマーの方が転職しやすい(①で説明した通り、女性起用の機運が高まっている為)です。企業としては女性プログラマーの絶対値が不足しています。同じスキルの男性、女性プログラマーが転職を希望しているのであれば、女性が採用される確率の方が高いです。

派遣① 言語資格を極める

派遣の場合、雇用形態にもよりますが、一番の基本となる所は「知識、スキル、経験、実績」です。複数の言語資格や、言語の上位資格を習得していれば、おのずと収入も増えてきます。派遣ですので、定時に帰ることが出来る比率が正規雇用よりも高いので、その分言語の学習にも使う事が出来ます。

派遣② 人脈を作る

女性プログラマーの派遣社員は男性派遣社員に比べ、「人脈」を作る事が容易です。派遣を経てフリーランスになる場合も、女性の方が人脈を駆使して、仕事を受注する方も多いです。コミュニケーション能力が必要ですが、将来設計の為にも人脈の形成は重要な位置づけがなされています。

フリーランス ①在宅ワーカーというメリットを有効に生かす

高収入を得ている女性プログラマーの多くは「フリーランス」です。1000万円以上のプログラマーがゴロゴロ存在しています。夫や子供の帰りを待つ間に、仕事を受注し、期限内できめ細かいシステムを作成する。時間を有効に使うことも出来るという点では正規雇用社員よりも優遇されています。

フリーランス ②ママ友コミュニティを結成する

在宅ワーカーのデメリットは「誰にも相談できない」という点が多く挙げられます。しかし、考えてもみてください。①の在宅ワーカーとして働いているママ達は同じ時間に、同じ仕事をしています。受注した仕事は違いますが、インターネットという社会では全てが繋がっているとも考えられます。フリーランスの良い所は、世界中、日本中にコミュニティが作れる所です。会社のような小さな規模ではなく、世界中の在宅ワーキング・ママ達とコミュニケーションが取れれば、何か壁にぶつかった時や困った時に必ず力になってくれるはずです。

まとめ

いかがでしたか?

高額年収の女性プログラマー程、自分のキャリアアッププランに確固たる信念を持っています。

自分はどうなりたいのか?どう在りたいのか?その部分をしっかりと見据えたキャリア形成が不可欠です。

プログラミングに少しでも興味を持ったら、学習を始めてみてくださいね。

DMM WEBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

1月枠も残りわずか!!

エンジニア転職を目指すなら…

転職保証付きプログラミングスクール

で未経験からエンジニア目指そう

 

✔︎未経験からの転職 ✔︎会社の将来が不安 ✔︎給与や待遇に不満がある

 

転職保証コースは質の高いカリキュラムで転職成功率98%

 

転職保証付のDMM WEBCAMPで
安心してエンジニア転職を目指そう

「スキルがないし…」「失敗したくないし…」
カウンセラーがあなたのキャリアを真剣に考え、
ご相談に乗ります。