仕事でイライラしたらどうする?考えられる原因と今すぐできる7つの対策 | WEBCAMP NAVI
【3月の受講枠も残りわずか】

仕事でイライラしたらどうする?考えられる原因と今すぐできる7つの対策

仕事 イライラのアイキャッチ画像

「仕事中のイライラが止まらない」
「職場の人や自分に対してもイライラしてしまう」

このような状況になっていませんか?

仕事中に思い通りにならないことが続いてしまうとイライラしますよね。

では、仕事中のイライラの原因や理由はどのようなものがあるのでしょうか?

そこで今回は、

  • 仕事中にイライラしがちになるシチュエーション
  • イライラの根本的な原因
  • イライラの対処方法

について詳しく解説します。

この記事を見れば仕事中のイライラの原因を理解でき、対処方法がわかるようになります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

仕事でイライラしがちになる5つのシチュエーション

イライラするシチュエーション

仕事でイライラする場面はあると分かっているのに、毎日同じようなことでイライラしていませんか?

同じようなイライラを繰り返してしまうのは、どの場面でイライラしたかを漠然としか覚えていないからです。

そうならないためにも、どのようなシチュエーションでイライラしていたのかを明確にする必要があります。

イライラを繰り返したくない方のために、以下の5つのイライラしがちな場面を紹介します。

  1. スケジュールどおりに仕事が進まない
  2. 上司からキャパオーバーの仕事を振られる
  3. 部下や後輩の仕事のやり方に不満がある
  4. 自分の成果が思うように上がらない
  5. 周囲による仕事の成果への評価が低い

上記5つのシチュエーションを知ることで、同じところでイライラすることを防げるでしょう。

それでは1つずつ解説します。

1スケジュールどおりに仕事が進まない

スケジュールどおりに仕事が進まないとイライラすることが多いです。

計画した形で仕事が進まない原因としては以下のような理由があります。

  • 仕事量が多い
  • 自分自身のミス
  • 後輩に指示や要望が伝わっていなかった

例えば仕事量が増えすぎると、何から手をつけていいのかわからなくなってスケジュールが崩れていきます。

自分や後輩が招いた失敗でも、仕事が思うように進まなくなってしまいます。

こうした理由で、スケジュールどおりに進まないことはイライラしてしまうことが多いです。

2.上司からキャパオーバーの仕事を振られる

上司から仕事を押し付けられて、やらなくていい仕事が増えてしまう状況もイライラしてしまいます。

上司からの指示はわかっていても断ることができません。

やる必要がないと頭ではわかっていても、引き受けるしかない状況が多いです。

さらに上司との関りから以下のようなことも起こります。

  • 仕事が遅くて嫌味を言われる
  • お願いした仕事の返答がない

上記のことが重なることでイライラは増幅していきます。

上司から仕事を振られることは、自分ではコントロールできない分イライラしがちなシチュエーションです。

3.部下や後輩の仕事のやり方に不満がある

後輩の仕事の向き合い方に対して不満があり、イライラしてしまうことが多いです。

職場には仕事ができる人、出来ない人がいます。

そのことをわかっていたとしても、下記のような場面ではどうしてもイライラしがちになるものです。

  • 何回教えても仕事を憶えない
  • 仕事が遅い
  • サボっていたり、手を抜いたりしている

何回仕事を教えても覚えない部下や、手を抜いている後輩がいると自分の仕事にも影響が出てしまいます。

周りにそういった部下や後輩がいる場合は仕事のやり方に不満がある場合が多く、イライラしてしまうことが多くなります。

4.自分の成果が思うように上がらない

思うような成果が上げられない時、自分に対してイライラしてしまうことが多いです。

時間と労力をかけて頑張ったのに思うような成果が出なかったときにイライラしてしまうのは仕方のないことです。

  • 大きな失敗が続いてしまう
  • プレゼンや商談などで自分の力を出し切れなかった

上記2つのような状況になると、上司から厳しいことを言われ自分が情けなく感じてしまいます。

完璧主義の人ほど、上司からの言葉に思い悩んでしまいイライラは強くなりがちです。

思うような成果が上げられないことで、自分が不甲斐なくなってイライラしてしまうのです。

5.周囲による仕事の成果への評価が低い

周りからの仕事の成果の評価が低いこともイライラしやすいシチュエーションです。

なぜなら、仕事で高い評価をされた時に喜びを感じる人が多いからです。

そのため、周りからの評価が自分の思っていたよりも低かった時にイライラしてしまいます。

  • 昇進や昇格ができない
  • 仕事にやりがいを感じない
  • 頑張りが無駄だと思ってしまう

上記のような状態になってしまうと、仕事をしているだけでイライラしてしまいます。

適正な評価をされないことは、仕事のやりがいをなくしネガティブな感情をもち、それがイライラに繋がってしまうのです。

仕事でイライラする根本的な4つの原因

仕事でイライラする原因

仕事でのイライラを解消したいなら、まずは根本的な原因を知る必要があります。

イライラの主な原因は周りや自分に対して高い基準を求めすぎてしまい起こっています。

以下は仕事でイライラする4つの原因です。

  1. 上司・同僚・後輩が気に入らない
  2. 仕事内容や仕事量に不満がある
  3. 自分の能力や価値観と現実にズレを感じる
  4. 体調不良で思うように仕事ができない

高い志を持つことは悪いことではありません。

ただし、理想が高くなると周りや自分が失敗したときのイライラは強くなります。

そうならないためにも、仕事でイライラする根本的な原因を知りましょう。

1つずつ詳しく解説します。

1.上司・同僚・後輩が気に入らない

職場の中に1人でも気に入らない人がいると、イライラの原因になります。

なぜなら、職場のほとんどの悩みは人間関係から来ているからです。

職場に以下のような人がいることで、イライラの原因になっています。

  • 陰口が多い
  • 高圧的
  • 仕事の期日を守らない

このような人たちと関わることで、毎日ストレスをため込んでいきます。

例えば陰口の多い同僚と毎日話をしていると、そこまで嫌に感じていなかった人でも嫌いになってしまいます。

そういった同僚と関わることで、イライラの原因は増えていきます。

このように、毎日関わる職場の人達が気に入らないことは、イライラの大きな原因になりえるのです。

2.仕事内容や仕事量に不満がある

仕事量や仕事内容が報酬と見合っていないことでイライラを感じやすくなります。

仕事量が増えて、責任が求められる立場になっても報酬が変わらないと当然不満は増えていきます。

特に下記のような状況が仕事に対して不満を持ってしまう原因です。

  • 仕事量が多くて残業が当たり前
  • 給料が安月給で仕事内容と見合わない
  • 理不尽なクレーマーの対応

このような状況が続くと、体力的にも精神的にも限界になって何に対してもイライラしてしまいます。

したがって、仕事量や仕事内容の過酷さに対して、報酬が見合っていないことはイライラの大きな原因になっています。

3.自分の能力や価値観と現実とのズレを感じる

自分の価値観を周りに求めてしまうことで、イライラの原因になることが多いです。

なぜなら、周りの人たちとは必ず価値観の違いがあるからです。

仕事をしていると価値観のズレはたくさんあります。

  • 「仕事中心の人」に対して「家庭中心の人」
  • 「正確性」よりも「スピード」を求める人
  • 「キャリア」よりも「人格」を重視す人

このような価値観のズレがあると、自分には能力があると思っていても周りからは評価されていないことがあります。

完璧主義な人ほどこの現実とのズレを受け止められずにイライラしてしまいがちです。

したがって、自分の価値観を周りにも求めてしまう人は、自分の能力と現実とのズレを受け止められずイライラする原因になります。

4.体調不良で思うように仕事ができない

そもそも、イライラする原因が体調不良の場合があります。

仕事による体調不良の原因は以下のとおりです。

  • 人間関係のストレス
  • 長時間労働による疲労の蓄積
  • 睡眠不足
  • 過度のプレッシャーにさらされている

このような状況に当てはまる人は、体調不良が原因でイライラしています。

とくにこの中でも睡眠不足の場合は疲労が蓄積され、精神的にも体力的にも余裕がない状態です。

このような状態で仕事をしていたら、イライラしてしまうのは当然といえます。

したがって、体調不良と感じた場合には勇気をもって休養することが大切です。

会社でイライラすることで起こりうる3つのデメリット

イライラして起きるデメリット

会社でイライラしていても、いいことはありません。

なぜなら、イライラしていることでさまざまな問題を引き起こすからです。

以下は、イライラすることで起こりうる3つのデメリットです。

  1. 仕事へのやる気や集中力が失われる
  2. イライラした気持ちが態度や言動に表れて人間関係が悪くなる
  3. ストレスが溜まり心身ともに悪影響を及ぼす

1つずつ詳しく解説します。

1.仕事へのやる気や集中力が失われる

イライラすることの大きなデメリットは、仕事へのやる気や集中力が失われることです。

イライラしていること自体に注意が行ってしまうので、日々の業務に打ち込めなくなります。

集中力が切れることで、以下のようなミスを引き起こしがちです。

  • 信頼の低下
  • 仕事へのやる気の低下
  • 自信の低下

上記のような状態を引きずることで、さらなるイライラを招くことにもつながるでしょう。

2.イライラした気持ちが態度や言動に表れて人間関係が悪くなる

普段からイライラした状態でいると、態度や言動に表れて人間関係が悪化する原因になります。

イライラした気持ちのままでいると以下のような態度で現れます。

  • 攻撃的な言動
  • 横暴な態度
  • 無駄な衝突

上記のような態度をとっていると、周りから未熟な人間と思われて仕事の評価を下げてしまいます。

さらには部下がいる場合には、パワハラをしてしまう可能性もあります。

ですので、イライラが態度や言動に表れることによって、間違いなく人間関係の悪化を招いてしまうのです。

3.ストレスが溜まり心身共に悪影響を及ぼす

イライラを溜め込んだままでいると、ストレスが原因で心身ともに悪影響を及ぼします。

ストレスを溜め込んでしまうと下記の行動や症状が出てきます。

  • 暴飲暴食
  • 精神病やうつ病になる
  • 胃や腸の調子が悪くなる

ストレスを溜め込んでしまうと、暴飲暴食に走りやすくその結果体調も悪化してきます。

さらにストレスは精神病やうつ病の原因にもなりかねません。

結果としてイライラすることで、ストレスが溜まり心身ともに悪影響が及んでしまうのです。

イライラしてストレスを溜めないようにする5つの考え方

イライラしないようにする考え方

イライラを解消するためには、他人を変えるのではなく、自分を変えることを考えましょう。

他人はコントロールすることができないので、変わることを求めても望むような結果にはなりません。

しかし、自分の考えや行動はすぐにでも変えることが可能です。

下記のような取り組みをすることで、仕事中にイライラを溜めこみにくくなります。

  1. 他人に多くを求めたり期待しない
  2. 完璧主義を手放す
  3. 自分ではどうにもならない現実は素直に受け止める
  4. 自分が成長できるよい機会だと捉える
  5. 立ち止まって自分が置かれている状況を客観視する

上記のような考え方を身につけて、自分を変えていきましょう。

それでは1つずつ解説します。

1.他人に多くを求めたり期待をしない

ストレスを溜め込まないためには、他人に多くを求めない考え方が重要です。

なぜなら、自分と他人は違うからです。

仕事をしていると、自分の価値観が他人にも理解されている思ってしまいます。

そうなると、他人に勝手な期待を抱いてしまい、理想と違う結果にイライラしてしまうのです。

  • 他人がやってくれたことに感謝する
  • 結果を求めない
  • 相手をコントロールしない

まずは上記3つのことを意識して「自分の常識」が「世間の常識」ではないことを理解しましょう。

他人に多くのことを期待せず「他人と自分は違う」ことを忘れないことが大切です。

2.完璧主義を手放す

完璧を目指すのをやめることで、イライラすることを軽減できます。

完璧主義の人は高い理想があり、理想と現実のギャップにイライラしてしまいます。

なので、完璧を求めすぎない考え方を知ることが大切です。

完璧主義の人は、下記のように思考を変えてみてください。

  • 100%ではなく80%を目指す
  • 細かいことを気にしない
  • 無駄なプライドを捨て人に頼る
  • オンオフに区切りをつける

真面目で、努力を怠らないことは素晴らしいことでありメリットでもあります。

肩の力を抜いてもう少し物事を気楽に考えることも時には大切です。

そのため、考え方を改めて完璧主義を手放していきましょう。

3.自分ではどうにもならない現実は素直に受け入れる

ストレスを溜め込まない方法として、自分ではコントロールできない現実を受け入れることが大切です。

イライラしてしまう人は、自分のこと以外にも会社の方針や他人の行動について悩んだりします。

しかし、会社の方針や他人の行動は自分ではコントロールできません。

  • コントロールできないことでイライラしても無意味
  • 自分にできることのみに集中する

このように考えることが大切です。

自分でコントロールできないことにイライラしても、状況は何1つ変わりません。

ですので、自分にはコントロールできないことを受け入れて、今できることに集中していきましょう。

4.自分が成長できるよい機会だと捉える

イライラを抑えることは、自分の成長の為と割り切ることが大切です。

気持ちを前向きに変換することで、イライラがプラスのエネルギーになります。

イライラした気持ちを前向きに変えるには以下の方法がおすすめです。

  • ネガティブな言葉をポジティブに置き変える
  • 今できることに集中する

同じ意味でも「忙しい」を「充実している」に置き換えれば、見え方が変わります。

そして、過去にとらわれるのではく「今できること」に集中しましょう。

「過去のことを考えても現在はよくならない」と気持ちを割り切ることが大切です。

イライラした気持ちを前向きに捉えて、成長するためのエネルギーにしましょう。

5.立ち止まって自分が置いかれている状況を客観視する

イライラしてしまったときに、自分が置かれている状況を俯瞰してみることが大切です。

自分を俯瞰してみることで、主観ではなく客観的に状況や自分の感情を考えられます。

自分を俯瞰してみるためには相手の立場になって考えることが大切です。

  • 今あの人はどう考えるだろう
  • 何に困っているのだろう

このように考えることで、状況を主観的ではなく客観的にみれます。

自分を客観視することでイライラという感情ではなく、論理的な思考で物事を判断できます

一度立ち止まって状況を客観視することで、イライラすることは確実に減らすことができるでしょう。

【すぐにできる】イライラした時の感情を和らげる7つの対処法

イライラの対処法

イライラを抑えようと思っても、どうしてもイライラしてしまうことはあるはずです。

そうしたときに、イライラの感情を和らげる対処法を知っているとストレスを軽減できます。

そこで、すぐに実践できるイライラした感情を和らげる下記の7つの対処法について解説します。

  1. 席から離れて気分転換する
  2. デスク周りの整理整頓をする
  3. 定期的に深呼吸する
  4. 甘いお菓子や飲み物で一休みする
  5. イライラする感情や原因を紙に書き出してみる
  6. 親しい同僚や仲間とおしゃべりして、気分を切り替える
  7. イライラした感情を忘れるぐらい仕事に集中する

1つずつ詳しく解説します。

1.席から離れて気分転換する

イライラを和らげる方法として、席を外してリフレッシュするのがおすすめです。

イライラを感じてしまったときに、そのまま仕事を続けるのは逆効果です。

そうしたときには、席を外して息抜きをしましょう。

おすすめの気分転換方法は以下のとおりです。

  • トイレに行く
  • 体を動かして外の空気を吸う

イライラしてしまったときは1人の時間を作るのが大切です。

イライラした状態で仕事を続けるのはストレスを溜めるだけなので、席から離れることを意識してみましょう。

2.デスク周りの整理整頓をする

デスク周りをきれいに片付けることで、イライラが和らぎます。

デスク周りが散らかっていると、余計なものが目に入ってしまい仕事に集中できません。

そして、何から手を付けていいかわからなくなりイライラしてしまいます。

そうならないために、デスクを整理整頓する習慣を身につけましょう。

  • 仕事のはじめと終わりにデスクを片付ける
  • 物の定位置を決めておく
  • 必要のないのもはすぐに捨てる

このような習慣の身につけることで、デスク周りがきれいな状態に保てます。

片づけをすることで気分もリフレッシュできるので一石二鳥です。

イライラしないためにも、整理整頓を習慣化していきましょう。

3.定期的に深呼吸する

イライラを感じると、どうしても感情的になってしまいます。

そんな時は、その場で深呼吸をするのがおすすめです。

深呼吸にはリラックス効果があり、イライラを和らげてくれます。

  • 鼻からゆっくりと吸って口から吐き出す
  • 腹式呼吸を意識する
  • それを5回ほど繰り返す

上記のように深呼吸すると気持ちが落ち着きます。

イライラしたときは感情的になる前に、まずは深呼吸をするようにしましょう。

4.甘いお菓子や飲み物でひと休みする

リラックスしながら仕事する様子

イライラしたときには、甘い食べ物や飲み物でリフレッシュするのがおすすめです。

甘い食べ物や飲み物はストレス解消の効果があります。

  • チョコレート
  • ガム
  • ミントタブレット
  • コーヒー

上記の食べ物や飲み物は、短時間で糖質を補給できるのでオススメです。

デスクの上や、カバンの中に入れておくことで簡単に食べられます。

イライラしたときは、意識して甘いもの食べるようにしてみてください。

5.イライラする感情や原因を紙に書き出してみる

イライラする原因を紙に書き出すのもオススメの対処法です。

今頭の中にある苛立ちを紙に書くことで、内容が可視化され何に悩んでいるのか明確化されます。

「何を書いたらいいの?」と思うかもしれませんが、感じたことをそのまま書き出せばいいです。

  • 残業で朝起きるのがつらい
  • 同僚に対してイライラが収まらない
  • 上司が嫌で仕事に行きたくない

このように、文章に書きだすことで漠然としていた悩みが明確になります。

頭の中で思っているだけでは、いつまでたっても悩みの原因は解消されません。

イライラの原因や感情を書き出すことで、解決ポイントが理解できてイライラを和らげることができます。

6.親しい同僚や仲間とおしゃべりをして、気分を切り替える

休憩時間には、仲のいい同僚と雑談をして息抜きをするのがおすすめです。

仕事でイライラしていると、休憩時間にも引きずってしまい1人で考え込んでしまいがちです。

しかし、黙りこくっていてもさらにイライラが溜まるだけなので、休み時間を使ってコミュニケーションをとることも大切です。

話す内容は、気分が明るくなるような話をするのがおすすめです。

  • 人の悪口
  • 仕事の不満

こういった内容は逆にイライラを増幅させるだけなので避けましょう。

休憩時間にコミュニケーションをとって、上手にストレスを発散しましょう。

7.イライラした感情を忘れるぐらい仕事に集中する

イライラを和らげる方法として、無駄なことを考える暇がないほど仕事に集中するのがおすすめです。

考える時間があるといろいろなことが目についてしまい、イライラしてしまいます。

人間の頭は複数のことを考えるのが苦手なので、1つのことに集中できる環境つくりも大切です。

  • 仕事の優先順位を決めておく
  • 目の前の仕事に1点集中する

上記のように、1つのことに集中していると、嫌なことや周りからの言動は気にならなくなります。

なので、イライラしたときは気持ちを切り替えて、仕事に集中しましょう。

まとめ:イライラの原因を探り、感情をうまくコントロールしよう!

イライラはしっかりと原因を探り、対処方法を知っていればうまくコントロールできます。

漠然と感情に流されて対処しているために、ストレスを溜め込んでしまっているのです。

  • イライラするシチュエーションを理解する
  • イライラする原因を探す
  • イライラしない思考法を身につける
  • イライラしない対処法を知る

上記のことを実行すれば、論理的にイライラを解消できます。

イライラの種を明確にして、うまく感情をコントロールしましょう。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点