プログラミングが時間の無駄になってしまう人の共通点11個を解説!対策10選も紹介

2021.09.02
プログラミング 時間の無駄のアイキャッチ画像

プログラミング学習には、ある程度まとまった時間がかかります。
仕事で求められる力をつけるためには、少なくとも数ヶ月〜数年単位で学習が必要です。

そのため、プログラミング学習をする人が懸念することの1つに、「プログラミング学習は本当に役に立つのだろうか?」ということがあります。

「時間の無駄になってしまうのでは?」
「プログラミング学習を意味のあるものにするにはどうすればいいんだろう?」

そんな不安を抱えていないでしょうか。

今回は、

  • プログラミング学習が時間の無駄になってしまう人の共通点
  • プログラミング学習を時間の無駄にしないための対策
  • 時間を無駄にしないプログラミングスクールを選ぶポイント

などについてご紹介します。

せっかくプログラミングを学ぶなら、時間の無駄にはしたくないですよね。

「プログラミング学習を意味のあるものにしたい!」という方は、ぜひ最後まで読み進めてくださいね。

プログラミング学習が時間の無駄になってしまう人の共通点11個

時間の無駄になっている人のイメージ

プログラミングを身につけるために必要な学習時間はおよそ1000時間とも言われています。

1日2時間学ぶとしても、1年以上はかかる計算ですね。

それだけの時間を費やす以上、無駄にはしたくないもの。

しかし、なかにはプログラミング学習を時間の無駄にしてしまう人もいます。

プログラミング学習が時間の無駄になる人にはどんな共通点があるのか、見ていきましょう。

  1. 学習の目的が曖昧
  2. 自分で作りたいものがない
  3. 楽しさを見いだせない
  4. 学習を継続できない
  5. いろいろな言語に手を出す
  6. アウトプットをしない
  7. わからない点が多くて学習が進まない
  8. 独学のみで学習しているので相談できない
  9. 自分に合っていないプログラミングスクールに通う
  10. 注力したいことが他にある
  11. 仕事につなげられない

自分が当てはまりそうな項目はないでしょうか。

順番にご説明していきます。

1.学習の目的が曖昧

学習の目的が曖昧だと、壁にぶつかったときに「何のために学習してきたんだろう」と悩み、挫折してしまいます。

プログラミング学習をする人のなかには、「なんとなく役立ちそうだから」「みんな学んでいるから」などの理由で学習している方が少なくありません。

せっかくプログラミングを学習し始めても、目的が定まらないまま途中で学習をやめてしまっては、時間の無駄ですよね。

プログラミング学習を意味のあるものにするためには、「何のために学習するのか」という目的を明確に持つことが重要です。

2.自分で作りたいものがない

プログラミングスキルは何かを作り出すために役立ちます。
しかし、自分で作りたいものがなければ、学習する時間が無駄になる可能性があるでしょう。

プログラミングスキルを身につけることで、WebアプリケーションやWebサイト、コンピュータシステムなど、あらゆるものを作り出せます。

社会から求められる何かを作り出すスキルを持つことで、仕事として活躍することも可能です。

「これが作りたい!」というものがないまま、プログラミングスキルを学ぼうとしても、やるべきことが定まりません。

方向性が決まらないまま、なんとなくプログラミングを学ぶことになり、時間を無駄にしてしまうケースもあります。

3.楽しさを見いだせない

プログラミングを学び人のなかには、プログラミング自体が楽しいと感じる方もいます。
一方で、楽しさを見いだせないと、プログラミングを続けられずにやめてしまうこともあるでしょう。

プログラミングはアプリケーションやシステムを作り出せるため、スマートな印象を持ちやすいですが、実際の作業は単調です。

地味な作業に「楽しくない」と感じる方も少なくありません。

プログラミング自体に楽しさを見いだせない場合、続けることが苦痛になります。

最終的には学習しても仕事として続けられず、学習してきた時間が水の泡となる可能性も否定できません。

4.学習を継続できない

学習を継続できないことも、時間を無駄にしてしまう人の特徴です。

誰でも最初は「頑張って習得するぞ!」という意気込みややる気があります。
しかし、次第に学習する時間が減り、いつの間にか全く手をつけていない状態になることはないでしょうか。

プログラミング学習は「継続」が重要です。
長期的な視野で学習できなければ、最初にいくら学習しても無駄に終わります。

5.いろいろな言語に手を出す

時間を無駄にしてしまう人の特徴として、最初からいろいろな言語に手を出すことが挙げられます。

プログラミング学習では、まず1つの言語に集中して学ぶことが鉄則です。
1つの言語を十分に理解できるようになって初めて、他の言語に手を出せるようになります。

プログラミング言語にはそれぞれ特徴や文法があり、複数の言語を同時に学ぼうとすると混乱しやすいです。

最初からいくつもの言語を学ぼうとせず、順番にマスターしていきましょう。

6.アウトプットをしない

何かを学ぶとき、ずっとインプットばかりしている人っていますよね。
しかし、学習で重要なのはインプットとアウトプットをバランスよく行うことです。

アウトプットをしないと、いざ自分でコードを書こうとしてもできません
インプットばかりでは実力が身につかず、時間の無駄になっていまいます。

特にプログラミング学習ではアウトプットが大切です。
自分の手でコードを書き、頭だけでなく身体で慣れていくことを意識しましょう。

たとえば、参考書などを手元においた状態でパソコンを用意し、インプットしながらすぐにアウトプットしていくような学習は効果的ですよ。

7.わからない点が多くて学習が進まない

わからないことを調べて時間がかかるイメージ

プログラミング学習では専門用語やエラーが頻出し、わからないことが多く出てきます。
わからないことが多いと学習が進まず、時間が無駄になりがちです。

わからないことを自分で解決するために調べることは、大切な力といえます。
しかし、ある程度調べてもわからない場合は、時間を無駄にしないためにも、わかる人に聞くなどして解決しましょう。

プログラミング学習では、わからないことを質問できる環境を整えると、時間を無駄にせずに済みますよ。

指導者をつける、プログラミングスクールを利用するなど、工夫してみましょう。

8.独学のみで学習しているので相談できない

プログラミングを独学で身につけようとする人は多いですよね。
しかし、独学のみで学習していると、プログラミングで困ったことを誰にも相談できません

1人で悩んで問題を解決できないままでいると、時間を無駄にしてしまうことも。

プログラミング学習の仲間や、経験者など相談できる相手を見つけておきましょう。

9.自分に合っていないプログラミングスクールに通う

プログラミング学習者のなかには、プログラミングスクールで学ぶ人も多いです。

ところが、自分に合っていないプログラミングスクールに通うことが、時間を無駄にする原因になることもあります。

プログラミングスクールには、次のように目的や種類が様々です。

  • 趣味としてプログラミングスキルを学べるスクール
  • 副業を目的としてプログラミングスキルを習得できるスクール
  • プログラミングスキルを習得して転職を目指すスクール
  • プログラミングスキルを磨いてステップアップを目指すスクール
  • プログラミングスキルを習得して独立を目指すスクール

あなたが「プログラミングスキルを身につけて転職したい!」と考えている場合、転職を目指せてサポートが受けられるプログラミングスクールが適切でしょう。

反対に、転職を目指す以外のプログラミングスクールでは時間を無駄にしてしまいます。

また、学べる言語もプログラミングスクールによって異なりますよ。
自分が学びたい言語を学べるか、事前によく確認することが大切です。

自分の目的のために、学びたい言語を学べなければ、プログラミングスクールに通っても時間の無駄になってしまいますね。

10.注力したいことが他にある

プログラミング学習の他に注力したいことがある場合、時間を無駄にしてしまう可能性が高いです。

プログラミングを学ぶには時間も集中力も必要なので、他の物事と同時並行で進めるのは効率が悪くなります。

学習に集中できず、習得までの時間が余計にかかるでしょう。

プログラミングを習得するなら、学習に集中できる環境や生活習慣を整えることが大切です。

11.仕事につなげられない

せっかくプログラミングを学んでも、仕事につなげられないと時間の無駄になってしまうでしょう。

プログラミング学習をする人の多くは、仕事に役立てるために学習しています。
もし学習して仕事につながらなければ、「時間を無駄にした」と感じるでしょう。

もちろん、プログラミング自体が好きで趣味として学ぶ場合は、仕事につながらなくても問題ありません。

しかし、あなたが仕事に役立てることを目的としてプログラミングを学習する場合、仕事につなげられなければ時間を無駄にしてしまいます。

プログラミング学習をするときには、どのように仕事につなげるかを意識して計画的に学習を進めることが重要です。


「プログラミング」を学んでみたいけど、何から始めていいのかわからない…
と悩んでいる方に向けて!
DMM WEBCAMP】では、ライフコーチが1人1人に合わせた効率的な学習をサポートします!
✔︎おうち時間でスキルアップ
✔︎独学で進めていくのが不安
✔︎確実にプログラミングスキルを身につけたい
といった方におすすめです!

プログラミング学習を時間の無駄にしないための対策10選

時間を無駄にしないために対策を立てるイメージ

プログラミング学習を時間の無駄にしてしまう人の特徴についてお伝えしました。
特徴を意識することで、無駄にしないために行動できるようになります。

それでは、具体的にプログラミング学習を時間の無駄にしないための対策を知っていきましょう。

事前に対策をとることで、時間の無駄にすることなく、意味のある学習にできますよ。

  1. 目的を明確にする
  2. 目的に合った言語を選ぶ
  3. 小さな目標を達成する
  4. 学習の期限を決める
  5. 短い時間でも毎日継続する
  6. 情報発信をする
  7. 一緒に学ぶ仲間をつくる
  8. 質問・相談できるメンターを見つける
  9. 優良なプログラミングスクールに通う
  10. 案件を獲得する

さっそくご説明していきます。

1.目的を明確にする

プログラミングを学ぶ目的を明確にすることで、時間を無駄にせず、充実した学習ができますよ。

目的はできるだけはっきりしたものを選びましょう。

  • 今より労働条件のいい会社に転職する
  • 現場により的確な指示を出せるようにする
  • キャリアアップし、年収を上げる
  • 副業を始め、収入を増やす
  • 独立し、自由度が高い生活を手に入れる

上記のように、プログラミングを習得することでなにを得たいのかを明確にします。

目的が明確にあることで、学習につまづいたときも「目的のために頑張ろう」と思えますよ。

学習が挫折しにくく、目的を叶えるために時間を有効に使えるでしょう。

2.目的に合った言語を選ぶ

目的を明確にしたら、目的に合ったプログラミング言語を選ぶことも大切です。
プログラミング言語にはさまざまな種類があり、それぞれの特徴を踏まえて選択します。

たとえば、先ほどの目的別なら次のようなプログラミング言語がおすすめです。

  • 今より労働条件のいい会社に転職する→求人数の多い言語(Java、PHP、JavaScriptなど)
  • 現場により的確な指示を出せるようにする→現場で使われている言語
  • キャリアアップし、年収を上げる→年収の高い言語(R、Go、TypeScriptなど)
  • 副業を始め、収入を増やす→案件数の多い言語(Java、PHP、JavaScriptなど)
  • 独立し、自由度が高い生活を手に入れる→希少性や将来性の高い言語(Python、R、Goなど)

あらゆるプログラミング言語を比較して、自分の目的に合ったものを選びましょう。

なお、プログラミング言語は基本的な文法や構造が共通していることから、1つ習得するとほかの言語も習得しやすくなります。

最初は学習難易度の低い言語から着手すると学びやすく、効率的に習得できますよ。

3.小さな目標を達成する

プログラミング学習を進めていく上では、小さな目標をいくつも設定して達成するといいですよ。

スモールステップで目標達成を繰り返すことで、モチベーションを保て、学習を継続しやすくなります。

また、小さな目標に向けて1つ1つ着実に積み重ねられるため、充実した学習ができるでしょう。

4.学習の期限を決める

プログラミング学習の期限を決めることも、時間を無駄にしないために効果的な対策です。
タイムリミットができるため、限られた時間を有効に使おうとする心理が働きます。

何事もゴールが見えないと、だらだら過ごしてしまいますよね。

期限を決めれば時間の経過を意識しやすくなり、無駄な時間を過ごすことがなくなります

「プログラミングの学習時間を充実させたい」を考えているなら、期限を設けましょう。

5.短い時間でも毎日継続する

プログラミング学習は継続が重要です。
10分や5分など短い時間でも、必ず毎日学習しましょう。

「どうせ短い時間なら、次の日にまとめてやったほうがいいのでは?」と思う方もいるかもしれません。
しかし、重要なのは学習時間だけではないのです。

短い時間でも毎日学習すると、学習を習慣化できるようになります。
プログラミング学習を生活の一部として認識すれば、挫折しにくくなり、より継続しやすくなるのです。

プログラミング学習は一朝一夕には身につきません。
だからこそ、短い時間でも毎日の学習で習慣化することで、着実に習得することが大切です。

6.情報発信をする

プログラミング学習と同時に情報発信をすることも、時間を無駄にしない対策としておすすめです。

プログラミングの情報共有サイトやSNSなどで、学習内容や成果物について発信しましょう。

情報発信を続けていると、次第にあなたの学習する様子に興味を持つ人が増えていきます。
プログラミングの学習仲間を見つけ、学習会や作業会などのイベントに参加する機会を得られるようになりますよ。

また、長期的な学習の積み重ねや成果物を評価して、あなたに仕事をオファーする会社が現れる可能性もあります。

学習段階からの情報発信は、将来的にも非常に有益です。
すぐに行動できることなので、ぜひやってみてくださいね。

7.一緒に学ぶ仲間をつくる

一緒に学ぶ仲間を作るイメージ

プログラミングは独学よりも、仲間がいるほうが学習ははかどります。
一緒に学ぶ仲間を作りましょう

プログラミングを学ぶ仲間は、SNSでの情報発信や作業会への参加で見つけられます。

学習の目的や選択しているプログラミング言語など、共通点が多い仲間が見つかると、刺激を受けやすいですよ。

わからないことを相談し合ったり、一緒に学習したりできれば、より効率的に学習できるでしょう。

8.質問・相談できるメンターを見つける

プログラミング学習について質問や相談ができるメンターを見つけることも、時間を無駄にしないための対策になります。

メンターがいれば、困ったときにすぐ相談して解決できるので、必要以上の時間をかけずに済むでしょう。

自分に合ったメンターを見つけるには、次のようなサービスを利用するのがおすすめですよ。

  • ココナラ:一度きりの相談向き
  • MENTA:中長期の相談向き
  • プログラミングスクール:専門的な中長期の相談向き

メンターを見つけて、効率的に学習を進めましょう。

9.優良なプログラミングスクールに通う

プログラミングを独学しても、なかなか目的に見合うレベルまで習得できないなど、結果的に時間の無駄になることはあります。

しかし、優良なプログラミングスクールに通うことで、意義のある学習にすることも可能です。

プログラミングスクールなら、プログラミングに精通したメンターがあなたの要望をヒアリングして、目的や学習方法を一緒に考えてくれます。

目的を明確にして、適切な学習方法でプログラミングにのぞめるので、安心して学習できますよ。

「自分だけでは時間を無駄にしてしまいそう」という不安がある方は、プログラミングスクールを検討してみてはいかがでしょうか。

10.案件を獲得する

プログラミングは学習して終わりではありません。
意味のあるものにするなら、実際に案件を獲得してプログラミングスキルを活用しましょう。

案件を獲得する方法としては、クラウドソーシングがおすすめです。
クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい人と受注したい人をマッチさせるサービスのこと。

未経験者からでも受注できる案件が豊富なので、初めて案件を獲得する場合でも安心です。

クラウドソーシングでは次のサービスがおすすめですよ。

登録してすぐに使い始められるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

案件獲得ができれば、プログラミング学習が役立ちます。

時間を無駄にしないプログラミングスクールを選ぶポイント3つ

時間を無駄にしないプログラミングスクールを選ぶイメージ

プログラミング学習を時間の無駄にしないための対策についてお伝えしました。

なかでも、プログラミングスクールの選び方に迷う方は多いです。

プログラミングについての知識が全くない状態で、自分に合ったプログラミングスクールを選ぶのは難しいものですよね。

ここでは、時間を無駄にしないプログラミングスクールを選ぶポイントを3つご紹介します。

  1. 実践で使えるスキルが身につくか
  2. 講師は現役のエンジニアか
  3. 無料の体験授業・カウンセリングがあるか

ぜひプログラミングスクール選びの参考にしてみてくださいね。

それでは見ていきましょう。

1.実践で使えるスキルが身につくか

1つ目のポイントは、実践で使えるスキルが身につくかです。
受講する内容に実践的な内容があるかを確認しましょう。

たとえば、

  • アプリケーションを開発する
  • Webサイトを作成する
  • チーム開発に取り組める

などの内容が受講できる場合は、実践でも役立てられます。

プログラミングスクールによっては実践的な内容をカリキュラムに入れているので、チェックしておきましょう。

カリキュラムのほかにも、卒業生の声や無料説明会で聞くことで確認できますよ。

2.講師は現役のエンジニアか

2つ目のポイントは、講師が現役のエンジニアかどうかです。
できるだけ現役エンジニアが講師を務めているスクールを選びましょう。

「現役エンジニアではなく、たとえば過去にエンジニア経験がある人でもいいのでは?」と思う方もいるでしょう。

しかし、IT業界は情報の流れが早く、技術や言語のアップデートが著しいです。
そのため、現役のエンジニアの方が、より現場に即した内容を教えられます

特に「プログラミングを習得してすぐ仕事に活かしたい!」と考えている方なら、現役エンジニアから学ぶほうが望ましいでしょう。

3.無料の体験授業・カウンセリングがあるか

3つ目は、無料の体験授業やカウンセリングがあるかです。

プログラミングスクールによっては、体験授業やカウンセリングを実施しています。

自分に合っているかどうかを十分に検討するためにも、体験授業に参加して雰囲気をつかんだり、カウンセリングで相談したりすることが大切です。

より詳しいプログラミングスクールを選ぶ方法や、スクールごとの比較が知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

プログラミングスクール おすすめプログラミングスクールのおすすめ厳選9校を徹底比較【2021年】


最近話題のプログラミング、「今から学び始めるのは遅い…?」と思っている方に向けて!
今からでも全く遅くはありません!
国内最大級のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】で、はじめの一歩を踏み出してみませんか?
✔受講生の97%が未経験者!
✔一人一人に合わせた学習計画で進められるため、仕事や学校と両立できる!
未経験者のために開発された独自のカリキュラムを用意

まとめ:時間を無駄にしないためにも、自分に合った学習方法を選ぶことが大切

今回は、プログラミング学習で時間を無駄にしないための対策についてご紹介しました。

プログラミング学習は時間がかかるものです。
目的や方法が適切でなければ、時間を無駄にしてしまうことも少なくありません。

時間を無駄にしないためには、自分に合った学習方法を選ぶことが重要です。

何のためにプログラミングを学ぶのか、どのような方法で学ぶのかをよく考えましょう。

明確な目的を持ち、あなたに最適な方法でプログラミング学習を進めていってくださいね。

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2021 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5