WebCamp・WebCampProを運営する株式会社インフラトップのオウンドメディア【スキルマ】。プログラマー・エンジニア・Webデザイナーを目指す初心者の方に向けた記事や、就職・転職を考えている方向けの記事を発信しています。

ITコンサルタントとはどんな職業?仕事内容から年収まで徹底解説!

▼本記事について
本記事は、『たった1ヶ月で未来を変えられる』初心者向けプログラミングスクール「WebCamp(ウェブキャンプ)や、未経験者でも3ヶ月の学習でエンジニアに転職・就職ができる「WebCampPro(ウェブキャンププロ)」を運営してる株式会社インフラトップが提供しています。

突然ですが、皆さんは「ITコンサルタント」という職業についてご存知でしょうか?

なんだかとってもキラキラしたイメージのある職業ですが、その実態は職場にITコンサルタントがいない限り詳しく知らない人の方が多いと思います。

今回はそんなITコンサルタントについて、仕事内容から年収、SEとの違いまで詳しくご紹介していきます。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

ITコンサルタントとは?

ITコンサルタントは中規模~大規模のプロジェクトで活躍する機会の多い職業です。

ITコンサルタントはIT技術を使用して、見えている経営上の問題点や改善点をしっかり把握し、支援することが基本となる職業です。
業務の内容は大きく分けると3つの役割に分かれます。

いずれも経営効果、費用対効果などを明確に出す役割を負っています。

ITコンサルタントの3つの役割について

ITコンサルタントの役割はコンサルタント、アナリスト、マネージャーの3つに分かれています。

どの役割で必要とされるかは案件によっても違いがあり、3つのうち1つに限定されず複数の役割を1人で行う場合もあります。
それではそれぞの役割について詳しく紹介します。

アナリスト

アナリストは、ITコンサルタントが行うタスクの1つ1つに対して対応を行う役割です。

タスクの例では、システム仕様書の作成や動作確認、プロジェクトによってはプログラミングを行ってシステム開発を行ったりする事もあります。
また常にタスクを1つず対応する場合もあれば、平行して1人のアナリスト複数のタスクを処理して行く事もあります。

ITコンサルタントの中では一番SEやプログラマーに近い役割を担っています。

コンサルタント

コンサルタントは、要件をまとめたり、整理する事が中心の業務になります。

要件をまとめるにあたり、クライアントの変わりにベンダーと調整を行ったりするのも業務に含まれます。
また、クライアントは今何が必要かを経営者側の立場で判断し、経営上の問題を改善する提案を行うこともあります。

他にもアナリストが考えた仕様書やプログラミングされた成果物の確認などを行うのも役割の1つになります。

マネージャー

マネージャーは、プロジェクトマネージメントオフィスと呼ばれ、時々混同される方もいらっしゃいますが、プロジェクト全体の進捗や懸案事項の管理を行うのが主な業務になります。

また既にご紹介したアナリストやコンサルタントの成果物を管理するのも役割の1つに含まれます。

開発プロジェクトのプロジェクトマネージャーとの違いはクライアント側の利益になるかを中心とした支援を行うことです。

ITコンサルタントとSEの違いは?

ITコンサルタントの業務内容を紹介したところで、SEとの違いについて疑問に思った方も多いと思います。

確かにITコンサルタントの役割はSE、特にクライアントとコミュニケーションを取りながらSE自体もその仕事内容を把握している業務SEと近いものがあります。
また業務SEからITコンサルタントになる例も決して少なくはありません。

しかしITコンサルタントとSEには明確な違いがあるので、ご紹介します。

システム設計から入るか、クライアントの経営まで入るか

ITコンサルタントとSEの違いの1つが業務内容です。
SEの業務内容はクライアントからの要件に必要なシステムを設計し、開発を行いクライアントに納品することです。

それに対してITコンサルタントは、システムの設計に入る前にクライアントの経営上の問題や改善方法に最適なシステムを考える事から入ります
また案件によっては開発から納品までもITコンサルタントのみで行う事があります。
更にクライアントにシステムを納品した後も経営改善された成果を出すまでが仕事になります。

業務内容としては似ている部分もありますが、SEよりもITコンサルタントの方がクライアントの経営側に近いところに位置しています。

SEはクライアントの要件にあったシステムを納品するところまでが目標ですが、ITコンサルタントはクライアントの求める結果を出す事が最重要になります。

年収の差について

具体的なITコンサルタントの年収については、別途詳しくご紹介しますが、SEとITコンサルタントの年収が違いがあります。

役職や属している企業の大きさにもよりますが、比較的ITコンサルタントの方がSEよりも年収が高い傾向にあります。

年収が高い背景にはITコンサルタントの方がSEに比べて業務内容の範囲が広く、クライアントにとって成果を出せるのが求められるからです。

【PR】こちらの記事もよく読まれています。

“未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー

ITコンサルタントになるために必要なスキル

それでは具体的にITコンサルタントになる為に必要なスキルなどについてご紹介して行きます。
先に伝えしておくと、ITコンサルタントに必要なスキルなどはいくつかありますが、必須の資格はありません。

業務知識

ITコンサルタントになる上で重要になるのが、クライアントから請け負う案件への業務知識になります。

SEと違いクライアントの経営上の問題点や改善案を出して、それをIT技術で解決することによってクライアントへの満足度を上げるのが必須となる為、ある程度の業務知識が必要になります。この点は業務SEに似ている部分があります。

全てのITコンサルタントが当てはまる訳ではありませんが、ITコンサルタントを請け負う企業や個人は、特定の専門分野でのITコンサルタントである事が多いです。金融分野に強い、などです。

コミュニケーション能力

ITコンサルタントに必要なスキルの1つがコミュニケーション能力です。
ITコンサルタントはクライアントに対して強い信頼を持ってもらう事で仕事が円滑に進められます

また、クライアントから業務の現状などを聞き出すことで経営上の問題や要件をまとめる事ができる為、コミュニケーション能力は非常に重要です。

プログラミング知識や経験

ITコンサルタントは名前のとおりIT技術を武器にして、クライアントへの改善や業務効率を改善する事が主業務の1つな為、プログラミング知識や経験は重要です。

システムの仕様設計などを行う上で夢物語の様なシステムを書いてしまうと、クライアントの求める経営上の問題を解決できるシステムだとしても開発コストが高額になってしまい費用対効果が出なければ意味がありません。

エンジニアサイドへの理解があるコンサルタントは、提案の質が違います。

既に少しご紹介していますが、案件の大きさ次第ではITコンサルタント自体が設計から開発までを行う事もあるので、そういった面でも非常に重要です。

資料作成能力

主にMicrosoft製品のWordやExcel、PowerPointなどが中心になりますが、ITコンサルタントは要件を整理したり、クライアントとベンダーの仲介等も行う為、打ち合わせ等に使用する資料を作成する能力は重要です。

単純にMicrosoft製品を使いこなせれば良いのという訳ではなく、どれだけクライアントなどに提示する資料をわかり易く作成できるかが重要です。

経営知識

ITコンサルタントは経営改善や問題提起する必要がある為、クライアントの業務知識とは別に経営に関する知識を求められるシーンが多くあります。

経営知識を使う点が、ITコンサルタントとSEの大きな違いでもあります。

体力と精神力

ITコンサルタントへの先入観として、華やかで仕事の内容が楽なイメージを持つ方も多いかもしれません。

しかしITコンサルタントの業務は非常に激務で、案件次第ではSEやプログラマーよりもタスクの数では多い事もあります。

また最終目標がSEシステムを導入できるところでゴールではなく、費用対効果や経営改善を行ってクライアントに満足して貰うのがゴールな為、たどり着くには激務に耐えられる体力と強い精神力が必要です。

問題解決を行える思考

これは経験によって培われるものですが、問題点の洗い出しを行った後解決しなければなりません。

その為どのようにすれば、クライアントの問題点を解決できるまでのプロセスを導き出せる思考が大事です

ITコンサルタントで有名な問題解決の思考としてゼロベース思考や仮説思考などがあります。ロジカルシンキングも大事でしょう。

ITコンサルタントの年収は?

それではITコンサルタントの年収についてご紹介していきます。

ITコンサルタントは他ITエンジニア職種の平均収入と比べると比較的高い収入を得る事ができます。

年収を最低年収、平均年収、最高年収に分けて解説して行きます。

ITコンサルタントの平均年収

ITコンサルタントの平均年収は650万前後です。

システム開発(SEやプログラマー)、社内SEなどの平均年収が500万前後になります。

元から他の職業に比べて収入が高いITエンジニアの中でもITコンサルタントの収入は上位に入ります。

ITコンサルタントの最高年収

ITコンサルタントの最高収入は1300万前後です。

ITエンジニアの中でも最高年収がもっとも高いとされるWEB系の開発が1300万前後の為です。

実質ITコンサルタントもITエンジニアの職種内で最上位の年収を出せる職種の1つです。

ITコンサルタントの最低年収

ITコンサルタントの最低年収は400万前後です。

ITエンジニアの中で一番低い最低年収は最高年収を出したWEB開発で150万前後です。
WEB開発は人数が多くWEB開発の中でも役割、技術力によって大きな差がでます。

ITコンサルタントも最高年収と最低年収に大きな差がありますが、平均年収から考えると他のITエンジニア職種程差がない為、比較的安定していると言えます。

SEからITコンサルタントへの転職について

仕事の内容が似ている部分もある現在SEの人にとって、ITコンサルタントに転職するかは、大きな人生の分岐点になります。
特にSEの中でも長年業務SEとして経験を詰まれて来た方は、特定分野の専門知識も豊富でITコンサルタントに転職、開業する方も少なくありません。

しかしITコンサルタントに転職するのが必ず良い訳ではありません。これから転職を考えている方は以下の事に注意して頂ければと思います。

年収が下がる可能性について

ITコンサルタントの年収についてご紹介しましたが、現在他のITエンジニアの方がITコンサルタントに転職した時に年収が下がったという例は少なくありません。

理由の1つにクライアント数の減少が原因です。

数年前まではIT化という会社の改善に新しく取り入れられたりしていましたが、現在ではIT化をするのが当たり前で、クライアント側でITコンサルタントを行う人材を抱えている場合も増えてきているからです。

そのための要員数としてSEの方が収入が高いこともあります。

SEと違い、経営上の成果を求められる

極端な話SEにとってはクライアントと取り決めされた要望や仕様を満たしているシステムさえ納品すれば、システム稼動後にクライアントが満足できる結果を残せるかは関係ありません。
上記の場合は人によりますが、クライアントにとっても開発者にとっても気持ちの良い終わり方ではありませんが、一応案件としては完了にできます。

しかし、ITコンサルタントの場合では問題点・改善すべき点を提案している為、システム稼動後の成果も必須になります。

ITコンサルタントの技術にもよりますが、うまく立ち回る事が出来なければ案件が泥沼化してしまう可能性が高くなります。
SEから転職を行うとこの差に精神を病んでしまう事も少なくないです。

終わりに

今回はITコンサルタントについて、年収を始め必要なスキルなどをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

ITエンジニア系職業の中でも精神や肉体に負荷のかかり易い職業ではありますが、非常にやりがいのある職種で、収入も高額収入も見込めます。

SEやITコンサルタントを目指すにせよ、プログラミングの知識は必須ですので、少しでも

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミングを学ぶ短期集中型のプログラミングスクールです。

受講生の90%以上は初心者の方で、はじめてプログラミングを学習する方に「わかりやすい!」と思っていただけるようなカリキュラムを追求しています。

新しいスキルを身に着けてキャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

未経験でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!

未経験でも1ヶ月のプログラミング学習と手厚いキャリアサポートでエンジニアとして転職したWeCamp受講生にお話を伺いました。

「本当に1ヶ月でプログラミングを学習できるの?」
「未経験でもエンジニアになれるの?」

と疑問に思っている方は、是非この記事を読んでみてくださいね!

“未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー