在宅ワークでライターの仕事は可能!収入を増やす3つのポイントや仕事の探し方を紹介

2021.09.06
在宅ワーク ライター

「在宅ワークで働きたい」
「ライターは在宅でできる仕事なの?」

と思うことはありませんか?

在宅ワークをしたいとライターを始めようとしても、未経験から始めて収入を上げられるかと不安ですよね。

では、在宅だけでライター業務はできるのでしょうか?

そこで今回は、

  • ライターは在宅ワークだけで仕事になるのか
  • 在宅ワークでライターをするメリット
  • 在宅でライターをするうえで知っておくべきこと
  • 効率的なライター案件の探し方

について詳しく解説します。

この記事を見れば在宅ワークでライターとして、収入を上げられるようになります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

在宅ワークも可能!ライターはネットコンテンツの作成が中心

在宅ワークも可能!ライターはネットコンテンツの作成が中心

時間や場所を選ばずできる在宅ワークの仕事のひとつに、ライターがあります。

ライターは、パソコン1台とスキルがあれば在宅ワークでおこなうことが可能です。

在宅でできるライターの主な仕事内容は、ネットで検索した際に表示される、多くの記事や文章を執筆することです。

  • 商品を紹介する記事作成
  • YouTubeシナリオ作成
  • 対談などを記事化させる業務

このようにネットコンテンツを主にした、在宅でできるライターの仕事にはパソコンとある程度の文章力が必要です。

とはいえ初心者でも始めやすい副業として、男女ともに人気の高い職業です。

上記で掲載した、在宅ワークでできるライターの仕事内容をもとに、ライターの種類を詳しくみていきましょう。


最近話題の“フリーランス”について徹底解説!
「フリーランスってどこまで自由なの?」
「実際にどんな働き方をしてるの?」
といった疑問をDMM WEBCAMPが解決します!

ライターの種類は多種多様。主な仕事5つと必要なスキル

ライターの種類

ライターには種類があり、それぞれ必要なスキルが異なります。

初心者でも始めやすいライターから専門的なライターまで、その形態はさまざまです。

まずは始めやすいジャンルのライターを選び、スキルをつけてステップアップするのもよい方法でしょう。

在宅で始められるライターの種類は、以下のとおりです。

  1. Webライター
  2. コピーライター
  3. セールスライター
  4. コラムライター
  5. テクニカルライター

上記で掲載した項目を、それぞれ細かくみていきましょう。

1.Webライター

企業のWebサイトやコラム記事、ネット広告の文章など、Webサイトに関連する文章を作成する仕事です。

Webライターは最低限の文章スキルがあれば、誰でも始められます。

専門知識がなくても、企業が用意したマニュアルに沿って書き進められるでしょう。

Webライターに活かせるスキルは、以下のとおりです。

  • 論理的で分かりやすい文章力
  • 情報収集力
  • Webマーケティングに関する知識

ただ記事を書くだけではなく「どうすれば人が集まるのか」を考えながら書くところに面白さがあるでしょう。

2.コピーライター

広告のキャッチコピー(目をひく見出し)を作成する仕事です。

テレビ・雑誌・商品パッケージなどマスコミ媒体の広告が主になります。

企業商品を印象に残るキャッチコピーで、消費者の購買意欲を刺激しなくてはいけません。

コピーライターに必要なスキルは、以下のとおりです。

  • 企業の商品を的確に分析する
  • ターゲットを想定し心に刺さるキャッチコピー作り
  • キャッチコピーを作るねばり強さ

ひとことで商品の魅力や、コンセプトの背景を伝えなくてはいけません。

採用にいたるまでのキャッチコピーのアイディアは、何十から何百とおりの中から決まるのです。

3.セールスライター

商品やサービスを売る広告文を作成します。

電車のつり看板・テレビ・新聞などの媒体から、Webではランディングページやダイレクトメールなどさまざまな広告媒体となります。

すぐに商品やサービスの訴求へと繋げる文章力が必要です。

スキルを身につければ、高い報酬単価を得られるライターになるでしょう。

  • 顧客心理を読みとる分析力
  • 消費者の心を動かす文章術

上記のように顧客心理を理解し、消費者の心に刺さる文章センスが必要です。

商品購入へと繋げる、数字を上げられるスキルが必要になります。

4.コラムライター

Webサイトや雑誌などに、社会情勢やニュースをオリジナルの切り口で書く仕事です。

具体的には、分析を加えた短い評論文を書きます。

Webライターやセールスライターと違い、書きたいことが書きやすいライターといえるでしょう。

  • 論理的な文章で読者が納得する文章を書く
  • 物事に対しての考察力

とはいえ、上記のようなスキルは必要です。

スキルを身につけることで、替えのきかないライターとなれるでしょう。

5.テクニカルライター

取り扱い説明書やマニュアルなど、専門的知識を一般の読者に向けて書く仕事です。

製品に対する知識がない人に、より分かりやすく書く技術が求められます。

自分で製品を試し、操作の仕方をしっかり把握しなくてはいけません。

テクニカルライターに必要なスキルは、以下のとおりです。

  • 製品を利用する消費者の目線でみる
  • 機械や物づくりが得意
  • 分かりやすく教える文章を書く

製品の説明を、より簡潔に書くことが求められます。

ときには図・イラスト・表を用いて作成します。

製品に対する専門的知識も、必要になるでしょう。

在宅ライターとして自宅で働く5つのメリット

自宅でライターをするメリット

在宅ワークでライターとして働くのに、多くのメリットがあります。

低コストで始められるため、誰でも始めやすい副業のひとつです。

ライターとして文章を書くことで、自身のスキルや能力を成長させてくれるでしょう。

自宅で在宅ライターとして働くメリットは、以下のとおりです。

  1. 働き方が自由なので、いつでもどこでも働くことできる
  2. 自分の過去の体験や得意分野で仕事ができる
  3. 資格が必要ないので初心者でも気軽に始められる
  4. 働きやすいので在宅ワークとして取り組みやすい
  5. 文章力やマーケティングスキルが身につく

上記の内容を、それぞれみていきましょう。

1,働き方が自由!いつでもどこでも働くことができる

時間や場所にしばられず、働くことが可能です。

パソコンとネット環境が整えば、どこでも作業できてしまいます。

そのため、どのようなライフスタイルでも取り入れやすい仕事といえるでしょう。

  • 自宅で作業する子育て中の主婦
  • 授業が終わり、大学生

上記のような、場所にとらわれない働き方が可能です。

ライフスタイル・ワークスタイルと、どちらも諦めることなく収入に繋げられる点が魅力的な要素でしょう。

2.自分の過去の体験や得意分野で仕事ができる

自分の体験や得意分野の知識を書くことで、誰かの悩みを解決できます。

自分のスキルなのでリサーチも少なく、スムーズに書けるでしょう。

自身の経験や得意分野のことだと、経験者にしか書けない深い内容が書けます。

  • やせた経験を活かし、ダイエットに関する記事を書く
  • 子育てに役立つグッズ紹介に関する記事をまとめる

このように自分の経験や得意分野で記事が書け、充実感も味わえるでしょう。

よりその分野の知識が深まり、自身も大きく成長できます。

3.資格が必要ないので初心者でも気軽に始められる

極論のように見えるかもしれませんが、ライターと名乗ってしまえば、誰でもライターとして活動できます。

ライターをやるために必要な資格やスキルが、ルールで決められているわけではありません。

そのため初心者でも始めやすい在宅ワークです。

  • 社会人として常識ある行動
  • 最低限の文章力
  • ある程度のコミュニケーション力

これらの要素さえ備えていれば、どんな方でもライターとしてスタートできるでしょう。

資格やスキルがなくてもライターになれる点からも、初心者に選ばれやすい仕事のひとつです。

4.働きやすいので在宅ワークとして取り組みやすい

会社に勤めることと違い、仕事のペースや時間も自分で選べます。

クライアントに指定された納期さえ守れば、問題ありません。

自宅やカフェなど自分が作業しやすい場所で仕事ができます。

  • 時間や場所にしばられずに働ける
  • 初心者でも書ける案件がある

初心者でも始めやすい案件が多くあるので、副業で人気の高い在宅ワークのひとつです。

5.文章力やマーケティングスキルが身につく

書いた記事を読者に届けるためには「どうすれば伝わるか」と「どこに発信すれば読んでもらえるか」を意識することが大切です。

前者は文章を読みやすい構成にすることで養え、後者はWebマーケティングのスキルが必要になります。

それにより、文章力とマーケティングスキルが身につくようになるのです。

  • 社内のWebライターとして活躍する選択肢が増える
  • WebディレクターやWebマーケターなどの仕事につながる

在宅でライターをすることで、上記のようなキャリアアップも見込めるでしょう。


今よりも年収を上げたい
そもそも年収の高い職業にはどんなものがあるんだろう?
と思っている方に向けて!
DMM WEBCAMP【令和版】年収の高い職業ランキングをご紹介!
ランクインした職業の仕事内容、さらに独自にピックアップした【今後注目度の高い職種3選】など令和の職業事情を詳しく解説しています。

ライターとして在宅で働く4つのデメリット

ライターのデメリット

ライターとして在宅で働くにあたり、もちろんデメリットもあります。

始めにデメリットを知っておくことで、在宅ライターを始めた際のギャップも少ななります。

またほかの選択肢も視野に入れることも可能です。

在宅ワークでライターとして働くデメリットは、以下のとおりです。

  1. 収入が不安定
  2. 営業や確定申告、税金の支払いなど必要な作業が増える
  3. 向き不向きが大きい
  4. 健康管理が必要

詳しく解説していきますので、よく吟味して選択することをおすすめします。

1.収入が不安定

クライアントのマニュアルに沿った、満足のいく記事を完成させなければ報酬には繋がりません。

アルバイトとは違い、作業したからといって報酬が発生するわけではないのです。

初心者だと文字単価も低く、1記事書いても満足のいく金額には達しないでしょう。

収入が不安定となる具体的な理由は、以下のとおりです。

  • 初心者は文字単価0.1円以下からよくて1円と低い
  • 初心者は1記事完成するのに時間がかかる
  • 時間給ではなく成果報酬
  • クライアントの都合で仕事がなくなる可能性がある

在宅ワークとして安定的に稼げるようになるまでには、時間や労力が必要です。

初心者は作業量と報酬が比例しないので、挫折する人も少なくありません

2.営業や確定申告、税金の支払いなど必要な作業が増える

確定申告や税金を自分でするか、税理士にお願いしなくてはいけません。

在宅ワークでライターを本業とするフリーランスとなれば、仕事をとるために企業に営業しなくてはいけないので、営業スキルも必要です。

確定申告や税金の支払いによるデメリットは、以下のとおりです。

  • 税理士に依頼すると費用がかかる
  • 自分でするにはリサーチや知識が必要

このように細かい作業が多いのです。

リサーチし、自身に合ったやり方を模索しなくてはいけません。

営業による具体的なデメリットは、以下です。

  • 仕事を安定させるため営業が必要
  • 営業力がなければ仕事がもらえない

仕事を安定させるためには、営業力を高めるコミュニケーション力も必要でしょう。

3.向き不向きが大きい

文章を書くことが好きな人でないと、ライターとして文章を書くことが苦痛になってきます。

ときには、自分が書きたくない記事を書かなければならないことも出てくるでしょう。

そういった時に意欲的に文章を書けるかどうかが鍵となってきます。

  • 文章を書くことを楽しめる
  • 自己解決能力がある
  • 見えない読者の立場に立って考えられる

日頃から上記のようなスタンスで取り組める方は、ライター業務には適しています。

ですが言い換えると、これらの要素がない場合はライターに適性がない可能性もあるでしょう。

4.健康管理が必要

在宅ワークでライターをおこなうと、仕事で外に出る機会が減少します。

それにより、外に出て仕事をしていたときよりも健康状態が悪くなる方も少なくありません。

  • 時間にとらわれないため、不規則な生活になりがち
  • 簡単な食事ですませてしまうことも多く栄養バランスがかたよる
  • 外に出る必要がないため、体を動かす機会がない

このような形で、気をゆるめているとすぐに不摂生な日々をおくることになります。

フリーランスという働き方になると、健康診断も意識的におこなわなくてはいけません。

報酬はどれぐらい?ライターの収入について知っておきたい3つのポイント

ライターの報酬体系

稼げるライターと、そうでないライターがいます。

なぜ稼げるライターとそうでないライターで差ができてしまうのかというと、稼げるライターは報酬を上げるために必要なポイントを押さえているのです。

稼げるライターは誰でも書ける記事ではなく、決まった人しか書けない専門的知識やスキルがあります。

ライターの収入についてのポイントは、以下のとおりです。

  1. 報酬額は人によって差がある
  2. スキルや専門性によって単価が上がる
  3. 最初は低価格からスタートするが頑張った分だけ給与に反映される

上記で掲載した項目を、それぞれ細かくみていきましょう。

稼げるライターのポイントを知ることで、努力の方向性がつかめるでしょう。

1.報酬額は人によって差がある

スキルや執筆するジャンルによって文字単価も変わるため、人によって報酬も異なるのです。

1文字0.1円以下から10円以上と、文字単価の幅も広いためです。

また初心者だと執筆スピードもかかるため、時給に換算したら最低賃金以下になってしまうこともありえるでしょう。

  • 書くジャンルによって報酬単価が変わる
  • スキルがあると文字単価が上がる
  • 過去の実績があると文字単価が上がる

報酬単価については、上記のような形で変動することが一般的です。

そのため、在宅ワークでライターをする際は、ライティングのスキルと実績を積み重ねるところから始まる、といっても過言ではありません。

2.スキルや専門度によって単価が上がる

ライターのスキルや執筆するジャンルによっても、報酬単価が異なります。

そのためスキルや稼げるジャンルに、より詳しくなれば大きく収入を上げることも可能でしょう。

スキルが身につけば、クライアントに単価アップの交渉もできます。

  • 特定のジャンルに詳しくなる
  • キャリアを積み実績を作る

上記のような方法で、単価を上げられます。

3.最初は低価格からスタートするが頑張った分だけ給与に反映される

文字数や記事数が多いほど収入アップに繋がります。

時給換算ではなく、作業量で収入アップの評価が決まります。

月に多くの記事数を書ければ、収入も上がっていくでしょう。
以下の方法で作業量を増やせます。

  • 執筆スピードを速める
  • 特定のジャンルで専門知識をつけてリサーチ時間を短縮する

1つ1つの作業工程で時間短縮を図り、作業量を増やしていくことが収入アップに繋がるでしょう。

こんな人にオススメ!在宅ライターに向いている人の3つの特徴

在宅ライターに向いている人

在宅ライターに向いている人と、そうでない人がいます。

文章を書くのが好きであったり、リサーチが好きな人が在宅ライターに向いているといえるでしょう。

在宅ワークは上司に監視されるわけではないので、自身の取り組み方が重要です。

在宅ライターに向いている人の特徴は、以下のとおりです。

  1. 文章を書くのが好き
  2. 特定の経験やスキルを持っている
  3. 情報収集やインターネット検索が得意

下記で詳しく解説していますので、みていきましょう。

1.文章を書くのが好き

文章を書くことが好きな人は、在宅ワークでライターをするのに向いているといえます。

このような人は、日常の些細なこともライティングの糧にしています。

  • 日頃から良い文章を取り入れるために読書をする
  • ほかの記事を研究して自分のスキルに取り入れる

これらのことは、ライター業務を「やらされている人」では思いつかない発想でしょう。

在宅ワークを活用し、自分の興味から隙間時間に自分のスキルを研鑽でいる人材こそ、ライターに向いているといえます。

2.特定の経験やスキルを持っている

特定の経験やスキルがあることで、他には負けない記事作りができるでしょう。

経験者にしか書けない、独自性のある記事に仕上げられます。

リサーチする時間も短縮でき、効率のいいライティングができるでしょう。

  • 特別な資格を持っている
  • ほかの人はできないような経験をしてきた

上記の要素を持っていた場合、依頼主からも魅力的に見えるものです。

そのため、他者と差をつけられるような知識・スキル・経験がある方は、ライターに適しているといえるでしょう。

3.情報収集やインターネット検索が得意

ライターは「市場のリサーチ」が重要になります。

記事を書く題材に対して、競合サイトや検索する人のニーズ、そのジャンルに対しての知識を深めなくてはいけません。

  • 気になったものはすぐに検索して調べる
  • 類似した記事はどんなことを取り上げているか確認する
  • SNSではユーザーがどんな話題になっているか調べる

上記のようなことを日常的におこなえる人に、ライターは向いています。

オフィスワークのように縛られている環境でなくても、自宅で自然とリサーチができる人は、大きな飛躍が期待できるでしょう。

仕事どうやって探す?ライター案件の効率的な3つの探し方

在宅ワークでライターを探す方法

在宅ワークでライターをする際、どう仕事を探せばいいか迷う方も少なくありません。

未経験だと自分にできる仕事が見つかるか不安があり、一歩を踏みだすことにためらってしまいます。

効率的なライター案件の探し方を知ることで、在宅ライターの道も進みやすくなるでしょう。

ライター案件の効率的な探し方は、以下のとおりです。

  1. クラウドソーシングサイトで探す
  2. 求人サイトで探す
  3. 検索エンジンから探す

上記の項目を、それぞれみていきましょう。

1.クラウドソーシングサイトで探す

クラウドソーシングを利用して、案件を獲得する方法はおすすめの方法のひとつです。

初心者でも案件を獲得しやすく、実績を積めるでしょう。

クラウドソーシングとは、自社の業務を外注したいクライアントと、仕事が欲しいライターを繋ぐ仲介サービスです。

登録すべきクラウドソーシングは、以下のとおりです。

上記のようなクラウドソーシングは、誰でも無料で登録できます。

案件数も多いため、初心者でも取り組める案件が多数あるでしょう。

2.求人サイトで探す

求人サイトから案件を探す際、さまざまな雇用形態でのライター募集が出ています。

社内ライターを目指すのではれば、求人サイトで企業のもとで働くのもよいでしょう。

多くの企業が分かりやすいマニュアルを用意しており、サポート体制が整っているため、初心者でもスキルアップしやすい環境です。

上記のような求人サイトで条件に合う求人を探して、応募してみましょう。

3.SNSで探す

SNSツールを使い、仕事を探すことも可能です。

企業や編集者さんなど、ライターを必要としている人をフォローするとよいでしょう。

募集する際は自身のSNSで告知する人も多いのです。

また企業や編集者さんの思想を知れるので、どんな記事を書けばよいかもつかみやすくなります。

このようなツールでライター募集しているアカウントに応募してみましょう。

断られてもフォローして繋がっておくことで、将来的に仕事に繋がる可能性もあります。

まとめ:在宅ワークとして人気の高いライター!興味があるなら副業から始めてみよう。

在宅ワークで仕事を探す方の多くが、ライターとして働くことに注目しています。

難しい資格が必要というわけではなく、誰でも始められる点は魅力的といえるでしょう。

要点をまとめると、以下のとおりです。

  • ライターには在宅ワークでも十分にできる
  • スキルを積み重ねることで報酬は上がりやすい
  • 案件や仕事獲得もインターネット上で可能

積み重ねることで文章力やマーケティングスキルも上がり、自身の成長にも繋がります。

またライフスタイルによって仕事量を調整できるため、これからのキャリアプランも広がるでしょう。

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2022 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5