仕事の緊張に悩む人に伝えたい6つの原因と心が楽になる対処法とは | WEBCAMP NAVI
【5月の受講枠も残りわずか】

仕事の緊張に悩む人に伝えたい6つの原因と心が楽になる対処法とは

仕事 緊張

「仕事で緊張してしまってつらい」
「もっと楽な気持ちで仕事がしたい」

と思うことはありませんか?

しかしその緊張に対する対処法がわからず、悩んでしまいますよね。

では、緊張せずに楽な気持ちで仕事をするにはどうしたらいいのでしょうかでしょうか?

そこで今回は、

  • どうして仕事で緊張してしまうのか
  • 仕事で緊張してしまう人の特徴とは
  • 仕事で緊張しないための対処法は

の3つを軸に詳しく解説します。

この記事を見れば、自分にあった仕事で緊張しない方法が必ず見つかります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

仕事で緊張するタイプには2種類ある

仕事で緊張するタイプには2種類ある

入社したてはみんな緊張するものです。

また入社後は、新しい仕事を覚えたりと、次々に新しいことに挑戦していくことになります。

上記のような慣れないことをおこなう場合、多くのケースで緊張を引き起こすことでしょう。

ここでは、仕事で緊張する上記2つのタイプについて解説します。

1.一時的に起こる緊張

仕事をする上で、一時的に起こる緊張というのは、誰にでも経験があることでしょう。

とくに今まで経験のないことをしようとする時に、一時的に緊張してしまうのです。

  • 新しい環境に出社
  • やったことのない初めての仕事をする
  • 初めて会う上司と同じプロジェクトになる

おもに上記のような時に緊張を感じるケースが多いのです。

一時的な緊張は、慣れてくると次第に薄れてくる可能性が高いので、過度な心配は必要ないでしょう。

2.過緊張

いくら時間が経過しても、ストレス感じてしまい、緊張状態が継続してしまうケースもあります。

もしそのような時は「過緊張」という状態にあるかもしれません。

  • 会社に行く際の緊張がとれない
  • 職場の人間関係にストレスを感じる
  • 仕事をミスしないかビクビクする

もし上記のように感じることが多かったら注意が必要でしょう。

最悪の場合、心身的に病んでしまう可能性もあるのです。

仕事で緊張してしまう6つの原因

仕事で緊張する原因

緊張してしまって仕事がうまくいかなかった、という経験は誰にでもあることでしょう。

自分の意図しないところで無意識のうちに緊張状態に陥ってしまうのです。

そのため、緊張に対処するには、緊張してしまう原因を知っておく必要があります。

  1. 気負いすぎている
  2. 経験が少ない
  3. 失敗を恐れている
  4. 周りの評価を気にしすぎている
  5. 自律神経が乱れている
  6. 自己防衛本能が働いている

ここでは、仕事で緊張してしまう上記6つの原因について解説します。

1.気負いすぎている

仕事であまりにも気負いすぎると、緊張してしまう可能性が高いでしょう。

気負いすぎると自分で勝手に仕事のハードルを上げてしまうことにつながります。

  • 絶対にミスができない
  • 絶対に良い結果を出さなくてはいけない
  • 誰にも負けたくない

気負いすぎると上記のような考えになるケースがあります。

より良い結果を目指すことは決して悪いことではありません。

しかしあまりにも気負いすぎることは、緊張感をより高めてしまうことにつながるので注意が必要です。

仕事が合わないなら辞めるべき?判断基準と今すぐできる5つの対策

2.経験が少ない

今まで経験の少ない仕事をするときも緊張をすることでしょう。

慣れていないことをする場面では、緊張はつきものです。

  • イレギュラーに感じることが多く、とっさの判断ができない
  • 基本的な動作も慣れていないため、万が一のときが怖い
  • 今やっている作業が、本当に業務のプラスになっているか自信がない

上記のような考えから緊張を引き起こしてしまうのです。

誰でも慣れないうちは緊張はするものなので、結果はあまり気にせず、力を抜いて取り組むと良いでしょう。

3.失敗を恐れている

失敗を恐れる気持ちが強すぎて、必要のない緊張を引き起こすケースがあります。

「もし失敗してしまったら」というネガティブな感情から緊張が生まれてしまうのです。

失敗をすることは経験にもつながるので、決して悪いことだけではありません。

しかし、あまりにも失敗を恐れるあまり、悪い結果ばかり考えてしまい過度な緊張をしてしまうのです。

4.周りの評価を気にしすぎている

周りの評価を気にしすぎる人は、緊張しやすい人である可能性があります。

周りの評価というものは誰でも気になることでしょう。

  • 良い評価をされたい
  • よく見られたい
  • 信頼されたい

しかしあまりにも評価を気にしすぎると、上記のような感情が強くなります。

そのため、余計な緊張を引き起こしてしまうのです。

仕事のストレスがもう限界!働き方を変える3つのポイントと今すぐ可能な解決策とは?

5.自律神経が乱れている

緊張してしまう原因として、自律神経の乱れが考えられるでしょう。

緊張が続くと自律神経のバランスが崩れ、体が上手くリラックスできない状態になります。

そして、それがまた新しい緊張を招いてしまうのです。

  • うまく寝付けない
  • 疲労感が抜けない
  • 頭痛がする

上記のような症状が、慢性的に起こるようであれば注意が必要です。

これらのことで悩んでいる場合は、自律神経が乱れている可能性があります。

6.自己防衛本能が働いている

緊張は、人間に備わっている自己防衛本能から引き起こしている可能性もあります。

人は慣れていない職場に行ったり、経験したことのない仕事を前にすると、

  • この場から自分を守りたい
  • ミスから自分を守りたい

といった上記のような自己防衛本能が無意識に働きます。

この無意識な体のメカニズムが、自分の意図しないところで緊張を招いているのです。

当てはまったら要注意。仕事で緊張してしまう人の特徴5選

仕事で緊張する人の特徴

仕事で緊張してしまうことは誰にでもあることでしょう。

とくに新しい仕事や慣れない仕事をする場合は「緊張してしまいうまくいかなかった」というケースは多いのです。

そしてその中でも人一倍緊張してしまい、その性質自体を悩んでいる人もいるでしょう。

  1. 真面目な人
  2. 完璧主義な人
  3. 自分に自信がない
  4. 周囲の変化に敏感
  5. 失敗したトラウマがある

ここでは、仕事で緊張してしまう人の特徴上記5つについて解説します。

1.真面目な人

仕事に対して真面目すぎる人は、比較的緊張を抱えやすいタイプといえるでしょう。

真面目な人は仕事に対して、必要以上に考え込んでしまう傾向にあります。

  • ミスできない
  • 人の目が気になる
  • 期待に応えたい

そのため、上記のような考えになり必要以上に頑張ってしまいます。

そして精神的に休まることがなく、緊張状態が長く続くことになってしまうのです。

2.完璧主義な人

完璧主義の人は周りからの評価を気にする傾向があります。

自分を常によく見せたいという願望が強いあまり、常に緊張状態を引き起こす可能性高いといえるでしょう。

  • できるのが当然
  • かっこ悪い姿は見せられない
  • ミスをする自分になりたくない

そのため上記のような考えをするケースが多くなります。

このような考えにより、必要以上の緊張を引き起こしてしまうのです。

3.自分に自信がない

自分に自信がないというケースも、仕事で緊張やストレスを感じやすいといえるでしょう。

自分に自信がないため、担当している仕事に対しても自信が持てません。

  • ミスしているのではないか
  • 誰かが自分のミスをカバーしているのではないか

そのため、上記のようなネガティブな感情で仕事をすることになります。

このネガティブな感情が、緊張やストレスに繋がってしまうのです。

4.周囲の変化に敏感

周囲の変化に敏感な人は、緊張状態を引き起こしやすいでしょう。

なぜなら、周囲の変化に敏感な人は、とても繊細な人といえるからです。

繊細であるがゆえに、常に周りの反応を気にしてしまいます。

そのためリラックスが十分にできず、常に緊張状態にあるといえるでしょう。

5.失敗したトラウマがある

仕事で失敗したトラウマにより、緊張状態を引き起こしてしまうケースもあります。

仕事での失敗は誰にでもあることです。

しかしその失敗により強烈な心の傷を負ってしまった場合、トラウマとなってその後に影響を与えてしまう可能性があります。

  • また失敗してしまうのではないか
  • もう二度とあんな辛い思いはしたくない

失敗体験のトラウマにより上記のような感情になってしまいます。

そして強い緊張状態を引き起こしてしまうのです。

明日からできる仕事で緊張しない7つの対処法

リラックスしている女性

仕事での緊張はできるだけしたくないものです。

緊張することで本来の自分に力が発揮できずに、悔しい思いをしてしまうこともあるでしょう。

そのため緊張を取り除くことが、楽な気持ちでのびのびと仕事に取り組めることに繋がるのです。

  1. 相談できる人を見つける
  2. 準備を入念におこなう
  3. リラックスする
  4. 自分を客観視する
  5. 仕事以外に熱中できることを見つける
  6. ポジティブな言葉を発する
  7. 病院に行く

ここでは上記7つについて解説します。

1.相談できる人を見つける

緊張することにより1人で悩んでしまう前に、相談できる人を見つけることをお勧めします。

職場の相談ができそうな上司や同僚に、正直に緊張に対しての悩みを打ち明けるのです。

そうすることで、うまくいった場合緊張を克服する方法が見つかる可能性があります。

また上司や同僚とのコミュニケーションにも繋がるというメリットもあるでしょう。

2.準備を入念におこなう

仕事で緊張をしてしまうのは、単純に準備が不足している可能性があります。

そういった場合、準備を入念におこなうことにより緊張が抑えられるようになるでしょう。

  • 資料の読込み
  • 実行する手順の確認
  • 失敗した場合の対処法

上記のような点をしっかり準備することにより、緊張せず落ち着いた気持ちで仕事に取り組むことができるようになるでしょう。

3.リラックスする

緊張しやすい人は普段からリラックスすることを心がけることをおすすめします。

職場ではデスクに良い香りがするものを置いたり、定期的に深呼吸することで緊張が和らぐでしょう。

また自宅に帰ったら、

  • 好きな音楽を聴く
  • ぬるま湯に浸かる
  • ストレッチをする

という方法も効果的です。

普段からリラックスを心がけることで、緊張しにくい体づくりができます。

4.自分を客観視する

緊張しないようにするには、自分を客観視することも重要になるでしょう。

自分を客観視し、一時的に他人事のように感じることができれば心に余裕がうまれます

そして「自分は緊張しているんだな」と一歩引いた目で物事を捉えられるようになるのです。

そうすることで、自然と緊張が和らいでいくことでしょう。

5.仕事以外に熱中できることを見つける

あまりに仕事で緊張してしまうのであれば、仕事以外に熱中できることを見つけると良いでしょう。

仕事で緊張してしまう場合は、仕事が中心の生活になっている可能性があります。

  • 好きな趣味の時間を増やす
  • 家族や友達との時間を増やす
  • 副業を始める

といったように、仕事以外の時間に楽しみを見つけることで緊張状態が和らぐことでしょう。

このように意識を分散させることにより、仕事に対して必要以上に緊張することの予防に繋がるのです。

6.ポジティブな言葉を発する

人は緊張しているとき、基本的にネガティブな思考が働いているケースが多いです。

もし「緊張しているなと」感じた場合、ポジティブな言葉を発することにより、緊張を和らげる方法があります。

  • 自分ならできる
  • 絶対にやりきれる
  • これなら必ずうまくいく

上記のような言葉を口にするといいでしょう。

ポジティブな言葉を発することで、無理矢理にでもポジティブな思考にもっていき緊張を和らげるのです。

7.病院に行く

どうしても緊張を克服できない場合には、病院にいくというのも1つの方法でしょう。

病院に行くことで、「どうして自分は緊張するのか」といった緊張の原因を明確にできる可能性があります。

そしてその対処法や治療法が見つかることに繋がるのです。

緊張することを悩んで心が病んでしまう前に、病院に行くことをおすすめします。

【重要】仕事で緊張してしまう人がもっておくべき5つの考え方

緊張しがちな人が意識すべき考え方

緊張して仕事がうまくいかないのはとても辛いことです。

休日まで仕事のことが頭から離れず、まったく気が休まらず疲れが取れないという人もいるでしょう。

最悪の場合、心身ともに病気を抱えてしまうケースもあります。

  1. 緊張は悪いことではない
  2. 他人はそこまで自分に興味はない
  3. 失敗しても今後に活かせる
  4. できないことはできないと認める
  5. 今の仕事に固執する必要はない

ここでは仕事で緊張してしまう人がもっておくべき、上記5つの考え方について解説します。

1.緊張は悪いことではない

緊張することは決して悪いことではありません。

この考えをしっかり持つことが緊張を緩和することに繋がります。

  • 緊張するのは当たり前
  • 誰でも緊張はする

上記のように開き直った考えを持つことが大切です。

そうすることで気持ちが楽になり、緊張が和らぐことでしょう。

2.他人はそこまで自分に興味はない

緊張しているときは、必要以上に「周りにどうみられているか」などと気にしているケースがあります。

しかし実際には、他人はそこまで自分に興味はないのです。

ですので緊張する人は「私のことはそんなに興味がないだろう」くらいの気持ちで仕事をすると良いでしょう。

そうすることで楽な気持ちで仕事に取り組むことができます。

劣等感を克服する8つの方法!感じやすい人の特徴と原因も解説 劣等感を克服する8つの方法!感じやすい人の特徴と原因も解説

3.失敗しても今後に活かせる

仕事で緊張するということは、裏を返せばあなたは「仕事に対して真剣に向き合っている」ということになります。

真剣に考えるがゆえに緊張を引き起こしているのです。

真剣に仕事をしてした失敗なら、今後の仕事の良い材料となるでしょう。

  • 二度と同じ失敗はしない
  • より良い方法を探せる

というように失敗が経験として刻まれ、決して無駄にはならないのです。

4.できないことはできないと認める

自分ができないことは、はっきりできないと認めることも、緊張を和らげる1つの方法です。

「自分は何でできないのだろう」などと考えていると、気持ちが落ち込み仕事にも集中できなくなってしまうでしょう。

  • 自分はこれはできないから違うことを頑張ろう
  • 完璧じゃなくていいから自分なりに頑張ろう

緊張で仕事がうまくいかない場合は、上記のような気持ちで仕事をすることが大切です。

そうすることで楽な気持ちで仕事ができ、緊張も和らぐでしょう。

5.今の仕事に固執する必要はない

仕事で緊張することの克服方法が見つからない場合は、転職という選択肢もあるでしょう。

世の中にはたくさんの仕事があり、自分にあった仕事というものは必ず存在します。

ですので転職することで、緊張せずに自分の力を発揮できる仕事に出会える可能性があるのです。

のびのびと仕事をすることで悩みも解消されるでしょう。

まとめ:仕事の緊張が改善しないなら、環境を変えてみるのもあり

この記事では下記のことを解説しました。

  • 緊張するのは仕事を頑張っている証拠
  • 緊張は誰でもする
  • 開き直る気持ちが大切

仕事での緊張は、入念な準備や経験を重ねることで緊張は和らいでいくものです。

また、もし緊張したとしても「自分にはできない」と開き直ることで楽な気持ちで仕事に取り組めるでしょう。

もしどうしても緊張状態が解消されない場合は、転職を選択してみてはいかがでしょうか。

環境を変えることで、のびのびと自分らしく働ける可能性が広がるでしょう。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点