人間関係を煩わしいと感じる人の特徴とは?程よい関係を保てる10個の秘訣を解説 | WEBCAMP NAVI
【7月の受講枠も残りわずか】

人間関係を煩わしいと感じる人の特徴とは?程よい関係を保てる10個の秘訣を解説

人間関係 煩わしい

「人間関係が煩わしくてうんざり」
「人間関係の煩わしさへの対処法はないだろうか」

と思うことはありませんか?

人間関係の煩わしさをどうにか避けてみようとしても、なかなかうまくいかないですよね。

では、人間関係の煩わしさはどのように取り除けるのでしょうか?

そこで今回は、

  • 人間関係が煩わしいと感じる原因
  • 人間関係を煩わしいと感じる人の特徴
  • 人間関係の煩わしさを避けるための対処法

について詳しく解説します。

この記事を見れば人間関係の煩わしさへの対処法がわかり、煩わしさを感じない楽しい日々を過ごせます。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

人間関係が煩わしいと感じる5つの原因

人間関係が煩わしいと感じる原因

人間関係が煩わしいと感じるのには原因があります。
とくに、環境が自分に適合せず、自分にストレスがかかる際に煩わしさが顕著になります。

具体的には、以下のようなことが主な原因です。

  1. 自分自身のキャパオーバー
  2. 人との距離感がわからない
  3. 集団生活のストレス
  4. 嫌われたくないと八方美人になっている
  5. 苦手な人への対応に疲れている

下記で詳しくみていきます。

1.自分自身のキャパオーバー

仕事や私生活で自分の処理すべきことが重なり十分な休息をとれないと、脳に考える余裕がなくなります。

脳が考える余裕がなくなると、新たにほかの情報を脳に取り入れる余裕がなくなるのです。

この状態がキャパオーバーと呼ばれる状態です。

キャパオーバーになると、以下のような心理が生まれます。

  • 気軽に話しかけてほしくない
  • 自分以外のことに注意を向けられない
  • 笑顔になる余裕はない

キャパオーバーになると、周りの人間とうまくコミュニケーションがとれなくなります。

周りに気を配る余裕がないため、結果的に人間関係が煩わしいと感じてしまうのです。

2.人との距離感がわからない

各個人間における人間関係での距離感はまちまちです。
距離を極端に縮めてこようとする人もいれば、一定の距離を保とうとする人もいます。

お互いの距離感の概念を尊重し、ちょうどよい距離感を保てるのが理想です。

しかし、相手が自分に近つきすぎると、以下のように感じます。

  • 連絡が煩わしい
  • 相手に気を遣わなくてはならないのが面倒
  • おせっかいなアドバイスやコメントに疲れる

お互いの距離は、互いのコミュニケーションの度合いによって調整されています。

しかし、距離が近すぎと感じるのは、相手の距離を縮める態度を自分が押し返すことができずに生じるものです。

3.集団生活のストレス

学校や仕事など多くの人と関わる環境では、自分と合わない相手が1人や2人はいるものです。

集団生活においては、そうした自分と合わない人間とも折り合いをつけて物事を進めていく必要があります。

ストレスは、このような状況で生じます。

  • 他人と議論が生じたとき
  • 協調性を保つために我慢するとき
  • 自分の意見を曲げ、妥協するとき

多くの人と関わると、その分自分と他人の意見のすり合わせが発生します。

関わる人が多ければ多いほど、脳の処理する情報量が増えます。

結果、ストレスが溜まり、人間関係が煩わしいと感じるようになるのです。

4.嫌われたくないと八方美人になっている

嫌われたくないと八方美人になってしまう人には、以下のような特徴があります。

  • お人好し
  • 誰に対してもポジティブ
  • 社交的
  • 他人の意見に同意しがち

周りに好意的に受け入れてほしいと思うがあまり「好意的に捉えてもらえる自分像」を作ることに頑張りすぎるのです。

結果、誰と話すときも「相手が自分に求める像」に自分を合わせることになり、疲れが生じます。

疲れが生じることにより、人間関係そのものが煩わしいと感じるようになるのです。

5.苦手な人への対応に疲れている

自分の生活の中に苦手な人がいると、頭の中がその人で満たされます。

これは、人間としての当然の反応です。
なぜなら、人間は自分の生活にとって「危険」と感じられるものを必要以上に意識するためです。

苦手な人が自分の環境にいると、以下のように感じるようになります。

  • あの人に会わずに済む方法はないか
  • 何か言われたら、どう対応しよう
  • また嫌な思いをするかもしれない

結果、本来は考える必要のない苦手な人物について余計に注意を払うことになります。

そして、ほかのことに頭が回らなくなり、人間関係を煩わしく感じるようになるのです。


IT業界で”理想の働き方”を実現させませんか?
✔未経験から”今人気のエンジニア職”を目指すなら【DMM WEBCAMP
✔驚異の転職成功率98%最短3か月で正社員へ!
✔紹介先は優良企業のみ!離職率はたったの1%!

無料カウンセリング実施中!
詳しくはこちら!

人間関係を煩わしいと感じる人の7つの特徴

人間関係を煩わしいと感じる人の特徴

人間関係を煩わしいと感じる人には特徴があります。

ここでは、繊細な心の持ち主にありがちな7つの特徴を紹介します。

  1. 過去の人間関係にトラウマがある
  2. 自分に自信がなく気を使いすぎてしまう
  3. 頑張りすぎてしまう
  4. すぐに自分のせいだと思ってしまう
  5. 自分の意見を相手に伝えるのが苦手
  6. SNSなどで他者とつながるのが嫌
  7. 人目や他人の評価を気にしすぎてしまう

以下で詳しくみていきます。

1.過去の人間関係にトラウマがある

過去人間関係で生じたトラウマは、無意識のうちに現在の人間関係に影響を与えています。

例えば、以下のような経験です。

  • 仲良くなった相手に裏切られた
  • 親しい人間から威嚇や暴力を受けた
  • 酷く叱られ、辛い思いをした

このような経験をすると「また同じ思いをするのでは」と脳が身構えてしまいます。

結果、良好な人間関係を築くことができません。

上記のような経験の後、人とどう接すればよいのかすらわからなくなる方もいるでしょう。

2.自分に自信がなく気を使いすぎてしまう

自分に自信がないと、自分らしく振舞うことができなくなります。

なぜなら誰にでも気を使い「相手に好かれる自分」を演じようとするためです。

このような傾向にある方は、以下のような行動をとります。

  • 愛想笑いをする
  • お世辞を言う
  • 自分の仕事ではないのに引き受ける
  • 自分の意見を主張しない

相手の機嫌をうかがい、顔色を見ながら行動するのはエネルギーの無駄遣いです。

結果、疲れが生じ「相手に好かれる自分」も演じにくくなって疲弊する一方となります。

3.頑張りすぎてしまう

頑張りすぎてしまう方は人間関係を煩わしいと思う傾向にあります。

なぜなら、自分の能力を超える仕事などを押し付けられても断ることができないためです。

頑張りすぎてしまう人は以下のように考える傾向にあります。

  • できないのは、自分が頑張っていないせい
  • 仕事をほかの人に託せない
  • 責任感のある人物と思われたい
  • 自分の能力不足であることを認めたくない

こうして仕事を処理しきれずにストレスを抱え、キャパシティーをオーバーします。

そして、情報を処理しきれなくなった脳は、ほかの人間関係のことも気にかけられなくなります。

結果、人間関係を煩わしいと思うようになるのです。

4.すぐに自分のせいだと思ってしまう

何かがうまくいかなくても、それがすべて「あなたのせい」で発生しているとは限りません。

タイミングだったり、ほかの人の準備だったり、何かがうまくいかない原因はひとつではありません。

しかし「自分のせいだ」と思う傾向がある人は、なんでも自分との因果関係を見出し必要以上に自分を責めるのです。

具体的に、以下のように考えます。

  • 自分があの時発言すれば、この事態にならなかった
  • 自分が100%取り組まなかったせい
  • 自分がいなければよかった

このように、すべてを自分を責める理由に繋げます。

結果、自分を責めることに疲れ、一緒に何かをする人間との関わりを煩わしいと思うようになります。

5.自分の意見を相手に伝えるのが苦手

「自分の意見を相手に伝えるのが苦手」と自覚している人は、人間関係を煩わしく思う傾向にあります。

人と話す度に、以下のように考えてしまうためです。

  • きちんと話せない人と思われたくない
  • 自分の意図するところを漏れなく伝えられるか不安
  • 自分の言葉が理解されず、問い詰められるのを避けたい

とくに上司など、目上の人と話すときは余計に気を張ります。

結果、余計にうまく話せなくなり、自分の意図することを伝えきれなくなるのです。

情報を正確に伝えられないと、さらにあとから問い詰められたりします。

こうして悪い循環を繰り返し、ますます人間関係に苦手意識を持つようになるのです。

6.SNSなどで他者とつながるのが嫌

SNSなどで他者とつながるのが苦手な人は、元々人間関係を煩わしく思う傾向にあります。

最初は「SNS上で知らない人と話すのは表面的で気を遣う必要もない」と感じるかもしれません。

しかし、SNSの先にいるのも人間で、会話を重ねれば人間関係が構築されます。

結果、以下のような状態が生じます。

  • 投稿される他人のプライベートを気にするようになる
  • ランダムに人から話しかけられる
  • 一定時間繋がった人間が、さらに距離を縮めようと連絡してくる

このような状態になると「反応しなくてはならない」状況が発生し、ストレスが蓄積します。

結果、人間関係に気を遣い、現実世界と同じく人間関係が煩わしいと思う状態に至るのです。

7.人目や他人の評価を気にしすぎてしまう

他人の目や、評価を気にして生きている人は、以下のように思考します。

このような方は、思考の方向が基本的にネガティブになりがちです。

  • 自分の振る舞いが他者から「よい」と評価されているか気になる
  • 他人より低く評価されているのではないか

経験を積んだ人が自分よりもできるのは当然で、そんな人物と自分を毎回比較して自分を責めれば疲弊します。

重要なのは、過去の自分に比較し自分が成長しているかを見極めることであり、他人と比較することではありません。

評価を気にする人は「他人からいつも評価されている」と思考し、だんだんと人間関係を煩わしく思うようになります。

煩わしい人間関係を避けるための対処法10選

煩わしい人間関係を避ける方法

どうしても人間関係に疲れ、煩わしい人間関係をどうにかよい方向に変えたいと思う方もいるでしょう。

ここでは、煩わしい人間関係を避けるための対処法10選を紹介します。

具体的には以下のような内容を試すことができます。

  1. 自分のことを理解する
  2. 距離感を保つために心の壁を設ける
  3. プライベートの話題は避ける
  4. 適度に相槌を打ち聞き上手になる
  5. 素直な気持ちを伝えられる人を1人でも作る
  6. 人間関係が苦手な自分を認めてあげる
  7. 没頭できる趣味や息抜きの時間を作る
  8. あらかじめ断る理由を考えておく
  9. 自分の置かれている環境を変える
  10. 必要のない人間関係は断捨離する

上記の内容を詳しくみていきます。

また、もし本格的に改善したいのであれば、以下の記事でまとめたような「書籍」で学ぶこともおすすめです。

関係改善の方法を本質的に学習したい方はぜひこちらもご参照ください。

人間関係の改善におすすめの本20選!読むうえで大切な3つのポイントも紹介

1.自分のことを理解する

人間関係を必要以上に煩わしく思うのは、普通の状態ではありません。

なぜ自分が人間関係を煩わしく思うのか考えてみましょう。

  • 過去のトラウマが原因
  • 誰かとの関係がストレスを生み出している
  • 自分を必要以上に責める気質がある

自分のことを客観的に分析してみるのです。

自分の中にある過去を受けとめて現在の状況を見返すと、どうして自分がストレスを感じるのかが見えることもあります。

その後、自分の中で意識を変えるべき箇所があれば、変えることを試してみましょう。

難しければカウンセラーなどに相談するのもひとつの手です。

2.距離感を保つために心の壁を設ける

誰にでも好かれようとして「よい顔」を振りまく人は、自分で疲れる状況を作り出しています。

相手との距離感を保つために心の壁を設けましょう。

心の壁を設けるためには、具体的に以下のようにします。

  • 誰にでも笑顔でいるのを心掛けない
  • 話しかけやすい「いい人」にならない

こうすることで、不要な誘いや距離感を近づけようとする人々を集めるのを避けることができます。

本当に信頼関係を築きたい相手だけに、本来のあなたの「よい顔」を見せればよいのです。

3.プライベートの話題は避ける

プライベートな話をすると、話し相手は「私はこの人のプライベートを教えてもらえるほど心の距離が近い」と勝手に勘違いします。

距離を近づけたくない相手と話すときは、以下のような話題は避けましょう。

  • 家族
  • 身体
  • 人生

表面的な話題や一般的な話題に終始すれば、失礼にも聞こえません。

相手に不要な勘違いをさせ、距離感を必要以上に縮められないようにしましょう。

4.適度に相槌を打ち聞き上手になる

自分のことを必要以上に開示すると、相手に距離が縮まったと思われ、さらに距離を縮めようとされます。

適度な距離感を保つため、相手が話すのを引き出して自分は聞き上手になりましょう。

聞き上手になるには、具体的に以下のことができます。

  • 話を聞いている態度を示す
  • 相手のいうことを「こういうことですね」と要約する

聞き上手になることは、他人から学びを得るなどのメリットももたらします。

一方で、必要以上に無理をして仲良くなろうとする必要はありません。

5.素直な気持ちを伝えられる人を1人でも作る

1人でも親友を作ることの重要性

素直な気持ちを伝えられる人をつくっておきましょう。

自分の合わない人と無理に時間を過ごしても疲弊するだけです。

  • 誰にも言えないことを話せる
  • 愚痴をこぼせる
  • 悩みを相談できる

こうしたことをできる相手が1人いればいいのです。

その人に話すだけで、ほかのさまざまな悩みが解決することもあります。

この人ならなんでも共有していけると思う人を1人つくりましょう。

6.人間関係が苦手な自分を認めてあげる

人間関係が苦手だと自覚しているなら、その事実を受け入れましょう。

そのうえで、そんな自分に何をしてあげられるかを考えます。

何か問題が発生しても「人間関係が苦手だから仕方ない」と自分を責めずに事実を受け入れます。

その際に、以下のように考えると建設的です。

  • 問題はなぜ発生したのか
  • 問題が発生して、自分はどう感じたか
  • 人間関係が苦手な自分は、今後同じ問題をどうやって回避できるか

人間関係が苦手な自分を責める必要はまったくありません。

次回、どうしたらその問題を繰り返さないようにできるかだけを考えましょう。

7.没頭できる趣味や息抜きの時間を作る

人間関係が煩わしいと感じたら、趣味や息抜きの時間を作りましょう。

具体的には、以下のようにまったく人と関わらないものがおすすめです。

  • ゲーム、映画などのエンターテイメント
  • 走る、泳ぐ、自転車、スキーなど、1人でできるスポーツ
  • ものづくり

1人で自分だけの時間を楽しむと、人間関係の煩わしさもどうでもよくなることもあります。

重要なのは、自分の環境と煩わしい人間関係から離れてみることです。

8.あらかじめ断る理由を考えておく

人といるのに疲れても、相手に悪く思えてその場に居続けたり、誘いを断れなかったりする人は多いです。

結果、一緒にいたくない人と時間を過ごすことになり疲弊します。

そのように時間を無駄に過ごせば、さらに人間関係を煩わしく感じることになります。

一緒にいたくない人から誘いなどを受けたときのために、断る理由をあらかじめ考えておくとスムーズです。

  • その場から離れたいとき:「このあと予定があるので失礼します。」
  • 誘いを断るとき:「最近、とある事業をおこなっていて忙しいので落ち着いたらお願いします。」

あらかじめ理由を考えておくことで、その場でスムーズに取り繕うことができます。

さまざまなシーンに合わせ、あなた用の理由をつくっておきましょう。

9.自分の置かれている環境を変える

人間関係が煩わしくて耐えられないようであれば、環境を変えてみるのも1つの手です。

たまたま今いる環境にいる人間とだけうまくいかないのかもしれません。

環境を変えるには以下のような選択肢が考えられます。

  • 転職
  • 引越し
  • 趣味ならば活動場所の変更

環境を変えることで人間関係を楽しめるようになる可能性もあります。

10.必要のない人間関係は断捨離する

相性の悪い人と無理に付き合う必要はありません。

人間関係は、量が多ければ多いほどよいというわけではないのです。

具体的に、以下のようなことに取り組むことができます。

  • 連絡が来たら、ゆっくりと返信する
  • SNSは、自分が繋がりたい人たちのみに連絡する
  • 気がのらない誘いは、はっきり断る

自分が付き合っていきたいと思う人たちだけと一緒にいるようにしましょう。

こうして、人間関係により生ずるストレスを大幅に削ることができます。


プログラミングスキルを身につけてキャリアアップを目指しませんか?
ITスキルで理想のキャリアを築くなら【DMM WEBCAMP
✔作業効率化やテクノロジー理解、論理的な思考力を養える!
✔受講者の97%が未経験者!独自開発の教材で徹底サポート!

\生活スタイルに合わせた3パターン
受講内容はこちら!

リセット癖のある人におすすめ!煩わしい人間関係がない5つの職種とは

煩わしい人間関係がない職種

人間関係に悩むあまり、人間関係の極力少ない仕事につきたいと思う人もいるでしょう。

ここでは、煩わしい人間関係がない職種を5つご紹介します。

  1. 在宅でも働ける「プログラマー」
  2. 黙々と作業をこなす「Webデザイナー」
  3. 仕事の時間を1人で過ごせる「ドライバー」
  4. 流れ作業が中心の「工場作業員」
  5. 人と関わらずに作業ができる「ポスティング」

以下で詳しくみていきます。

1.在宅でも働ける「プログラマー」

プログラマーは、特殊な言語を用いてシステムやソフトウェアのためのプログラムを組むのが仕事です。

具体的な仕事は、以下のようなものがあります。

  • Webサイト構築
  • データの分析
  • アプリの開発

仕事は、誰かと話す必要もなく、ただひたすらPCに向かう作業です。

以下のような方に向いていると言えるでしょう。

  • 人と関わらずに作業したい人
  • 同じような作業が苦にならない人

最近は在宅でできる仕事も増えており、自宅を出ずに仕事ができる場合があるのも魅力です。

スキルを定着させるためにプログラミングスクールに通う方も増えているため、必要に応じて検討してみてもよいでしょう。

2.黙々と作業をこなす「Webデザイナー」

Webデザイナーは、クライアントのニーズを基にWebページをデザインするのが仕事です。

具体的には、以下のようなページをつくります。

  • 企業のWebサイト
  • ランディングページ

仕事は、クライアントとの打ち合わせはありますが、基本はPCに向かい1人でする作業です。

以下のような方におすすめです。

  • 人と関わらずに作業したい人
  • デザインなどクリエイティブなことをするのが好きな人
  • PhotoshopやIllustratorを利用して仕事をしたい人
  • Webサイトの構築に興味がある人

Webデザイナーも在宅でできる仕事が増えています。

企業に属すこともできますし、フリーランスとしてプロジェクトベースで活躍することもできます。

2.仕事の時間を1人で過ごせる「ドライバー」

ドライバーの仕事は、車両の運転が主な仕事です。

出社後すぐ外出してそのまま外回りをするため、ほとんど人と関わる必要がありません。

以下のような方におすすめです。

  • 人と関わらずに作業したい人
  • オフィス環境が苦手な人
  • 車両の運転が好きな人

具体的に、以下のような職業があります。

  • 運送業
  • 自動販売機補充員
  • タクシードライバー

とくに車両の運転が好きであれば、おすすめの職業です。

4.流れ作業が中心の「工場作業員」

工場作業員は、機械に囲まれながら流れ作業をおこないます。

工場では、基本私語はよしとされず作業員は黙々と作業します。

こんな人におすすめです。

  • 人と関わらずに作業したい人
  • 淡々とした作業が好きな人
  • 工場でものを製造することに興味がある人

普段見られない、商品の製造過程を見られるのは魅力的でもあります。

5.人と関わらずに作業ができる「ポスティング」

ポスティングとは、広告チラシを住宅やアパートのポストに入れるのが仕事です。

こんな人におすすめです。

  • 人と関わらずに作業したい人
  • 住居やアパート周りが苦にならない人
  • 歩くのが好きな人

周囲すべての住居を歩いてまわるのは大変です。

しかし、人間関係はほとんどなく、ストレスの少ない仕事といえます。

まとめ:人間関係を煩わしいと感じるなら自分のペースを崩さないことが大切

人間関係に煩わしさを感じる原因として、周りに必要以上に気をつかっていることがあげられます。

  • 人間関係は必要最低限だけを保つ
  • 人目や他者の評価を気にせず、自分の成長に視点をあてる
  • 他人に必要以上の気をつかわない

これらを意識し、自分のペースを保つようにしましょう。

また「煩わしい」と感じる原因が職場環境にあるのなら、思い切って転職を検討するのもおすすめです。

環境を変えることを視野に入れつつ、気持ちのよい関係構築を目指しましょう。