伸びる人はこんな人!仕事で成長する人がしている行動10選

2021.09.06
仕事 成長

「もっと成長してできる会社員になりたい」
「仕事面で成長したいけどどうしたらいいか分からない」

と悩むことはありませんか?

社会人になって思うように成果が上がらないけど、理由が分からなかったり、何から始めればいいのか悩みますよね。

そこで、今回は

  • 仕事で成長するとどんな変化が起こるのか
  • 仕事で成長するための具体的な方法
について詳しく解説していきます。

この記事を読めば、具体的に仕事で成長していく方法も分かり、給料が上がるといった成果も上げられるようになります。

ぜひ最後までご覧ください。

仕事で成長するとはどういうことか?2つの成長の定義を解説

仕事で成長している様子

社会人が仕事で成長するということは以下の2つの意味があります。

  1. 能力的な成長(できることが増える)
  2. 精神的な成長(自信がつく)
2つの面で成長できれば、与えられる仕事も増え給料が上がる可能性も高まります。

それぞれの意味をチェックして、双方の違いを把握しておきましょう。

能力的な成長(できることが増える)

まず、成長の1つに能力的な成長が挙げられます。
能力的な成長は目に見えやすく「できることが増えていく状態」を指します。

具体的な能力の成長とは、以下のとおりです。

  • 事務処理能力が上がる
  • タイピングが速くなる
  • コミュニケーション能力があがり、営業件数が上がる
  • 英会話を学んだり資格を取る

与えられた仕事に能動的に取り組んだり、すきま時間を活用することで上記のような変化が起きます。

能力的な成長のおかげで、場合によっては大きな業務を任せられやすくなるなどのメリットもあるでしょう。

精神的な成長(自信がつく)

もう1つの成長が、精神面での成長です。
こちらは、主に能力的な成長の副産物として得られます。

数字には見えにくいものの、精神的に成長することで仕事がますます楽しくなるでしょう。

精神面での成長とは、以下のようなものが挙げられます。

  • 自信がつくことで堂々と仕事ができる
  • 能力面の成長のおかげで成功へのイメージが湧きやすくなり、継続的に努力できる
こうした精神面での成長のおかげで、仕事も前向きに取り組めます。

前向きに仕事に取り組めるようになれば、仕事も主体的におこなえるので能力面での成長も期待できるのです。

精神面での成長はこうした好循環を生み出し、成長を促してくれる働きもあります。


今の仕事に悩み不満を抱えていませんか?
✔︎職場の人間関係に悩んでいる
✔︎今の仕事にやりがいを感じない
✔︎自分のキャリアについてもう一度考え直したい…
悩みはあるけど、人に相談しづらいということもあると思います。
そんな方に向けて、【DMM WEBCAMP】では無料のキャリア相談を実施しています!
プロのカウンセラーがあなたの悩みに寄り添い、一人一人に合った解決策を一緒に見つけていきます。
あなたのこれからのキャリアについて、プロのキャリアアドバイザーと一緒に考えてみませんか?

LINE友達登録で今すぐチェック!

仕事で成長できない人の5つの特徴

仕事で伸び悩む人の特徴

仕事で成長するために、成長しない人がどんな特徴を持っているか把握しておくべきです。

ここを把握しておかないと、成長しようと努力していても伸びづらくなる恐れがあります。

以下の特徴を把握して、気付かぬうちに成長できない人間になってしまわないようにしましょう。

  1. 人のせいにする
  2. ネガティブな思考
  3. 勉強をしない
  4. 時間をムダ使いする
  5. 言われたことしかしない
順に説明していきます。

1.人のせいにする

人のせいにする会社員は、いつまで経っても成長できません。
理由は単純で、自分のことを客観的に見えておらず、自分の欠点が把握できないからです。

欠点を改善することが成長を促すのにもかかわらず、いつまでも目を背けては成長など望めません。

具体的には、以下のような行為が当たります。

  • 契約が取れなかったときに相手の会社が悪いと考え、反省をしない
  • 仕事が捗らないことを周りの同僚や上司のせいにする
  • 給料がなかなか上がらないことを、自分の努力を見直すまえに会社側のせいにする
こうした他責行為をしているうちは、反省点も見えてこないのであなたの成長に繋がりません。

2.ネガティブな思考

ネガティブ思考も成長を阻害します。
ネガティブ思考の人は、何事に取り組むにしても以下のようなことを繰り返すからです。

  • 自分にはできないからこの案件は断ろう
  • 自分のプレゼンなんてどうせ聞いてくれないから適当にしよう
  • 批判が怖いから会議で意見を言うのを辞めよう

こうした行動は、成長のチャンスを逃しています。

またあなたがいつも仕事を断ったり、業務を積極的に取り組まないせいで、最終的にはなんの仕事も与えてもらえなくなる可能性があります。

ネガティブな思考のままでは、成長の機会を失いどんどん成果を上げられなくなるのです。

職場人間関係職場の人間関係で悩むあなたに。6つのヒントで働きやすい環境を整える

3.勉強をしない

会社員になったからといって、勉強をしないままでは成長できません。

社会人の勉強とは具体的に言うと、個人の市場価値を高めることを指します。

ビジネス書籍を読む、すきま時間に資格勉強するといった行為が会社員の勉強にあたります。

しかし、多くの社会人は以下のように考えているでしょう。

  • 時間がないから勉強できない
  • そんなことして意味があるのか
  • 休日は勉強するなら寝ていたい
このような思考で勉強しなければ、いつまでたっても仕事での成長は見込めません。

勉強嫌いな人は、社会人になっても損をするのです。

4.時間をムダ使いする

ムダな時間の使い方をしている社会人は、成長できません。

ムダな時間の使い方とは、以下のとおりです。

  • 会社では業務をおこなうときに、目標時間を決めないでだらだら取り組む
  • 休日はずっと寝ている
  • 電車などの通勤時間もスマホを見るだけ
こうした時間の使い方をしている人は、限られた時間でどれだけ成果を上げられるかといったことを考えないため、成長も見込めません。

与えられた時間をムダにする会社員に、成長はありえないのです。

5.言われたことしかしない

与えられた仕事を漫然にこなすだけの人と、主体的に取り組む人で差がつくのは当然です。

与えられた仕事をクリアするだけで満足するため、以下のような状態に陥るからです。

  • 仕事を自分から貰うといった姿勢が足りない
  • もっと仕事をこなせるように工夫しないため、業務の処理能力も上がらない
  • そもそも嫌々で取り組んでいるため、ひとつの業務から何も学べない
受け身的な状態では、成長のチャンスを逃すことも増えますし、周りもそんな態度を見て大きな仕事など与えてくれなくなります。

受け身的な姿勢で仕事をする人は成長できません。

仕事で成長したと感じる3つの瞬間!具体的な例を紹介

仕事で成長したと感じられる事例

社会人は、定期的にテストなどがあるわけではありませんから、仕事で成長するとは実感しづらいものです。

しかし、成長している瞬間を感じとれないと、伸びている気がしないためモチベーションも維持しづらくなります。

そのため、成長することで起こる変化を把握しておきましょう。

成長を感じられる瞬間の具体例として、以下の3つがあります。

  1. 頼られるようになったとき
  2. 仕事を任せられるようになったとき
  3. 仕事の効率が上がったとき
上記の変化はあなたが成長できている証拠なので、しっかり把握しておきモチベーションのアップに繋げましょう。

ここからは、ひとつずつ詳しく説明していきます。

1.頼られるようになったとき

仕事で頼られるようになりだしたら、成長できていると言ってよいでしょう。

周囲の人があなたの変化に気づき、以下のように考えてくれます。

  • この人なら安心して仕事を任せられそう
  • この人に相談すれば何か解決しそう

このような変化は、あなたの能力面での成長も当然ですが、それによる精神面での成長に大きく影響されます。

あなたの自信をもって仕事に取り組む姿勢が、周りに安心と信頼を与えているのです。

2.仕事を任せてもらえるようになったとき

仕事を任されるようになりだしたら、それは成長のサインです。

あなたが以前より業務や仕事をこなせるようになったから、上司もあなたに仕事を振ってあげようという気持ちになっているのです。

具体的には、以下のようなことを任されます。

  • 大企業とのプロジェクトのメンバーに選ばれる
  • 大事な商談のメンバーに任命される
  • 重要なプレゼンを任される
上記のような仕事を与えられたら、成長を肌で感じ取られるでしょう。

こうした仕事を任せられるようなったのは、あなたの業務処理能力などが上がったからです。

仕事を任せられるようになったら、成長できていると自信を持っていいでしょう。

3.仕事の効率が上がったとき

以前より仕事を効率よくこなせるようになったら、あなたは成長しています。

例えば、以下のような変化を実感できたら、成長できている証拠です。

  • 以前はマニュアルを見ながらじゃないとできなかった作業が、何も見ずにできるようになる
  • プレゼンの資料のクオリティが上がった
  • タイピングが速くなりデスクワークの量をこなせるようになった

あなたが成長できた理由は、作業に慣れ自然とスピードが上がったこともありますが、余裕ができて、仕事の優先順位を決めるといったことに頭が回るようになったからです。

業務を効率よく終わらせられるようになったら、能力面であなたは間違いなく成長できています。


✔︎今の仕事がつらい…
✔︎もっとやりがいのある職場で働きたい…
そんな悩みを抱えるあなたに向けて【DMM WEBCAMP】では、プロのカウンセラーによる無料のキャリア相談を実施しています。
一人一人のキャリアの悩みにとことん向き合い、一緒に解決していきます!
ビデオ通話で相談をすることができるため、仕事が忙しい方でも気軽にカウンセリングを受けることも可能です。

LINE友達登録で今すぐチェック!

仕事で成長する人がしている行動10選

仕事で成長している人がしている行動

仕事でうまく成長できている人には共通点があります。

社会人は日々の業務に追われ時間がないですから、失敗せずに成長速度を速められる方がよいでしょう。

そのため、この共通点を把握して自分に取り入れ、効率よく成果を上げてください。

真似をすべき成長している人の行動は、以下のとおりです。

以下の詳しい説明を読んで、すぐに取り入れてみましょう。

1.おもしろいことを追求しつづける

おもしろいといことを追求し続けられる人は、どんどん成長できます。

「おもしろいことを追求できる」とは、好奇心があるということです。

好奇心があればどれだけの時間的な労力がかかっても、疲れを忘れず没頭できるでしょう。

現状に満足せず、おもしろいことを追求し続けられる人の成長速度は非常に高いのです。

2.なんでもやってみる

どんな仕事もやってみるという精神の人は、成長のチャンスを逃しません。

上司からやってみないかと言われた仕事が一見厳しそうでも、成長できる人は決して断らず、とりあえずやってみるのです。

たしかに自分の業務があるなかで、さらに仕事を引き受けるのはもちろんリスクもあります。

ですが、無理やりでも仕事を引き受けてやり切ろうとすることで、あなたはさらに成長できるのです。

3.人を頼るのが上手い

人を上手に頼れる人は、成長速度も速いです。

たしかになんでも頼るのは相手にも迷惑ですが、1人で考えすぎるのも要注意です。

理由として以下のようなものがあります。

  • 実際に仕事ができている人から聞く方が、ムダもなく早く解決できる
  • 相手が頼りにされたら嬉しく感じてくれ、好印象も与えられ仕事の獲得に繋がる可能性がある
また相手に頼るときは次のことを意識してみてください。

  • 自分がどこで詰まったかをきちんと伝える
  • メモをきちんと用意しておく
  • 疑問に思ったことはその場で聞く
うまく人を頼れば、効率よく成長できるのです。

4.アドバイスを素直に聞く

アドバイスとは基本的に、より経験豊富な人があなたのためを思ってするものです。

つまり、アドバイスされた部分はあなたの最大の改善点であるため、そこを素早く修正することであなたは成長できます。

アドバイスを受けるときのポイントは3つあります。

  • メモを取り、すぐに実践できるならする
  • 相手の目をしっかり見て相槌も打つ
  • きちんと最後は相手に確認する
こういった点を意識するといいでしょう。

「人に聞くのは恥ずかしい」といった、余計なプライドは捨てて、素直にアドバイスは聞き入れましょう。

振り返りに役立つ7つの手法「振り返り」に役立つの7つの手法を紹介!反省との意味の違いも解説

5.目標を持っている

目標意識を持っている人

仕事でも常に明確な目標を持つようにしましょう。

具体的には、以下のような数字の目標をたてましょう。

  • 今月は営業であと○○件契約する
  • この業務は○○時までに終わらせる

そうすることで、どうすればその目標により近づけるかを考えられるようになり、効率も上がるのでおすすめです。

上記のように仕事においても志高く、目標を持てば早く成長し、成果を上げやすくなります。

仕事 目標 イラスト仕事の目標を立てる7つのメリットを解説!具体的な目標の立て方や達成のコツも紹介

6.EQが高い

EQとは心の知能指数のことで、EQが高い人は他人の感情を把握したり、自分の感情をコントロールするのに長けています。

EQが高い人は、以下のようなことも自然とできるのです。

  • 冷静に自分のミスにも向き合えるので、改善点を見つけやすい
  • 自分より役職の低い人の意見でも、恥じらうことなく意見を聞ける
  • 相手の気持ちを把握できるので、打ち合わせなどもスムーズに進む
またEQが高ければ、他者との衝突も避けられるので、精神的なストレスも軽減されるでしょう

上記のように、EQが高いことでどんどん仕事もうまくいき、成長スピードも速くなります。

7.柔軟な考えができる

成長する人は、柔軟な思考を持っています。

職場では変化がつきものです。

  • 急に業務の締め切りを変更される
  • 新しくメンバーがチームに加わる
  • 営業先から予想もしてないような要求を突きつけられる
こうした変化にいちいち心や判断を乱されてはなかなか成長できません。

柔軟な思考を持ち、臨機応変に対応できる人はより成長できるようになるのです。

8.リテラシーが高い

成長するには、リテラシーも高くないといけません。

リテラシーが高いとは、以下の状態を差します。

  • 本やスマホなどの外部から得た情報の取捨選択ができる
  • 他人の状況や心情などを把握して仕事を組み立てる

リテラシーが高くないと、正確ではなく不要な情報を活用してしまい時間をムダにしかねません。

リテラシーを高めるために必要なものは、3つあります。

  • すぐに正しいと決めつけず、常に疑いの目を向ける
  • 情報源を増やし実際に得られる情報量を増やす
  • 得た情報を組み合わせて実際の仕事に活用してみる
といったことが必要になります。

これからも情報量は増えていくので、リテラシーを高めるだけで、周りの社員とは比べ物にならないくらいに成長できるのです。

9.信念が強い

一度決めた目標に対し、絶対に諦めない気持ちがある人は成長していきます。

どれだけいい情報を得て、勉強をしても途中で諦めては成長できないからです。

逆に続けてさえいれば、ゆっくりであっても着実に成長できます。

信念を強く持つために以下のことを意識するといいでしょう。

  • やるべきことや目標をメモにとりパソコンなどよく見る位置に貼る
  • どれだけ仕事が大変でも、1日に30分でも勉強するなどルールを決めて習慣化する
成長するためには何事も継続しなければなりません。

意志を強く持ち、精神を鍛えることは成長するうえで大切です。

情報収集などより重要になる可能性があるのです。

10.失敗を恐れない

何事も失敗を恐れて挑戦しなければ、成長はありません。

  • 苦手な資料作成を頼まれて拒否する
  • プロジェクトのメンバーに選ばれても辞退する
こうしたことを続けては仕事も貰えなくなるばかりか、ミスを振り返る機会も失います。

ミスを恐れず挑戦することで、できなかったこともできるようになるし新しい発見も生まれるのです。

【明日からできる】仕事で成長するための「環境を変える行動5選」

仕事で成長するために環境を見直す方法

あえて環境を変えることで、成長速度が高まることもあります。

人間は環境に影響されやすく、もしあなたが意識の低い集団に属していたら、あなたの成長速度が落ちるからです。

今いる環境で成長できそうにないなら、まずは環境を変えましょう。

具体的に環境を変える方法は、以下のとおりです。

  1. 人付き合いを変えて時間をつくる
  2. 挑戦を増やし好きなことを見つける
  3. アウトプットして知識をつける
  4. 転職して新しい環境へいく
  5. 自己学習して新しい環境へいく
順に解説していきます。

1.人付き合いを変えて時間をつくる

人間関係に関して悩まされる時間は、基本的にはムダでしかありません。

人間関係の悩みは相手があってのことですが、他人をコントロールして自分の思いのままには動かせないからです。

悩んでいる人は、今いる人との時間を徐々に減らすか、自分と似た価値観を持つ人を探しましょう。

例えば、このような方法がありあす。

  • SNSなどで同じ目標を持つ人を見つける
  • スクールなどに通い始める

考えや意識の高さがあまりに違う人といても、あなたの時間と精神を削るだけです。

人付き合いに悩む時間を減らして、自分の成長のために時間を使いましょう。

人望が厚い人の性格や特徴とは?人望が厚い人の性格や特徴とは?慕われる人になる6つの行動も紹介

2.挑戦を増やし好きなことを見つける

現在したいことがないなら、いろんなことにも挑戦してみて、自分に合うものがないかを探してみるのもおすすめです。

好きなことが見つかれば、のめりこめるよう作業できるので成長も速くなります。

挑戦を増やすには、以下の方法がおすすめです。

  • 苦手だと思い込んでいた仕事にも、自分から引き受ける
  • なにか資格などの勉強を始めて、それが役立つ仕事を始める

現状の業務内容に不満があるなら、自分がもっと情熱をもって取り組めそうな仕事を見つけてみましょう。

好きな仕事が見つかれば、勝手に成長できるようになるのです。

3.アウトプットをして知識をつける

インプットばかりしている人はアウトプットを意識しましょう。

そうすることで、実践で役に立つ知識が身につきます

インプットばかりで、行動に起こさなければ現状の自分は変わりません。

アウトプットするときは、以下のことを意識してみてください。

  • 本やネットで得た情報は、メモして1日に1つは職場で活用してみる
  • エクセルなどのスキルに関する本を読んだなら、実際に資料作成で活用する
こうしたアウトプットを意識していけば、自然とできる業務や与えられる仕事も増え、周りから評価されるようになるでしょう。

4.転職して新しい環境へいく

今の環境が合わないなら、転職するのも1つの手段です。

新しい環境へいけば、自分の思っていなかった才能に気づき、仕事もやる気が出てくるでしょう。

もし転職するなら、次のことを意識しましょう。

  • 自分がしたいことや得意なこと、また逆にしたくないことは何かを考える
  • 転職する目的をはっきりさせる
新しい環境へいくのは、勇気がいります。

しかし、新しい環境への飛び込みは刺激も多く、自分の気づかなかったことにも気づけたりするので、学びや成長も大いに期待できるのです。

5.自己学習してスキルを獲得する

成長するにはスキルアップが必要です。

スキルを磨けば、自分の可能性が広がりできる業務も増えてきます。

具体的にスキルを磨くといっても、さまざまな選択肢があります。

  • 読書やセミナーを通して知識を身につける
  • 英語やプログラミングなどこれからも需要のあるスキルを身につける
  • 簿記検定などの資格勉強を始める

とくに、プログラミングは需要も高まりつつあり、始める人が増えています。

上記のように、仕事のない休日などに自己学習をおこないスキルを身につけましょう。

磨いたスキルは仕事でも役に立ち、あなたをより成長させてくれます。

まとめ:新しい挑戦があなたを成長させる。行き詰まった環境を変えることも視野に

仕事で成長するには、まず自分から行動し新たな挑戦をしていくことが重要です。

とくに、仕事で成長するのに重要なポイントを整理しておきます。

  • 目標を高く持ち、ときには自分の考えを柔軟に変えつつ適切な方法で継続する
  • リテラシーを身につけ、失敗を恐れずなんでも挑戦する
  • 自分を成長させてくれる環境に身を置く
上記のことを意識すれば、できる会社員へと成長し給料アップも見込めるでしょう。

もし、今の環境にあまりにも合ってないならプログラミングといった需要のある業界への転職も1つの手段です。

とにかく、成長するには自分から行動し、試行錯誤を繰り返さなければなりません。

そのため、この記事を読んだらすぐに行動に移しましょう。

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2021 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5