• WebCamp_インタビュー
    時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
    2018.01.26
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー
    2017.05.26
  • WebCampPro_インタビュー
    自分で稼ぐ力をつけるため、新卒5年目の営業マンがエンジニアに転職!【WebCampPro転職者インタビュー】
    2018.02.02
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    「自信の持てるスキルを得たい!」内定辞退した女子大生がプログラミングを学習したワケ。
    2018.04.28
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp受講生インタビュー】起業準備中にCEOが気がついたプログラミングスキルの重要性とは?
    2017.12.25
  • WebCamp_インタビュー
    「1カ月頑張ればこの先が見えてくる」地元メディアを立ち上げたママさん
    2017.07.20
  • WebCamp_インタビュー
    “未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
    2017.10.04
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験31歳からエンジニア転職を実現【実際に聞いてみた】
    2017.04.01
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験から上京し、テレビでも話題のIT企業に転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
    2018.03.10

▼当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

金王冠Web Camp【業界最安値】1ヶ月集中してプログラミングスキルを身につけられるスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でWebサービス等作りたい方
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
銅王冠Tech Camp業界最大級!教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
びっくりマークWebCampPro転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアを3ヶ月で目指すプログラミングスクールです。
7月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
6月受入枠は満員となっております。7月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

近年IT業界は慢性的な人材不足に陥っています。IT業界といえばエンジニアが多く活躍している業界ですが、エンジニアがなかなか採用できないという状況が続いています。

今回の記事ではIT業界がなぜ人材なぜはその対策としてどのようなことをしているのか、といったことをご紹介していきたいと思います。

なぜIT業界は人材不足なのか?

IT業界の拡大

IoTや人工知能などのほか、SNSサービスやBtoCサービスなどの拡大に伴い、IT業界の市場は拡大を続けています。

提供されるサービスに比例して、必要とされるエンジニアも多くなり単純に必要な人員が増えてきたという状況です。

経済産業省の調査によると、2015年にはすでに約17万人のエンジニアが不足していると推計されています。

また今後2030年までにエンジニア不足の状況は悪化していき、約59万人のエンジニア不足が起こると予測されています。

ITエンジニアに対する悪いイメージの定着

ITエンジニアといえばずっと仕事場に拘束されて、延々とコードを書かされ、バグが起これば対処のために泊り込まなくてはいけないといったイメージがあるのではないでしょうか。

一部確かに真実でもありますが、そのイメージがクローズアップされ、「エンジニアはきつい」と若い人材から避けられているという状況もあるようです。

実際エンジニアが毎日目の下にクマを作りながら働いているかというと、業種によります。

サポートやテストを主に行っているエンジニアは定時に帰ることができますが、リリース間近のサービスに携わっているようなエンジニアは毎日終電で帰っている、ということもあります。

ITエンジニアの給与の低さ

ITエンジニアの給与は平均年収600万円前後です。

経験年数や仕事のきつさに比べて、報酬が低いというイメージがある人も多いのではないでしょうか?

アメリカではエンジニアがフリーランスとして単独で契約を行うという形態が主流ですが、日本の多くのエンジニアは企業の会社員として働いています

日本では、SIer(エスアイヤー)という元請けから下請け会社へと仕事が流れ、金額が差し引かれるという仕組みが存在することもあり、下請けの会社員エンジニアに渡る報酬が低くなっているという状況があります。

しかし、近年はエンジニアが全て低い報酬で働いているわけではなく、エンジニア個人の経歴やスキルセットによっても給与があがる時代になってきました。

例えば今現在需要が最も高いRubyエンジニアであれば、需要も多く、実力や経験があれば高い給料で働くこともできるでしょう。

人口減少によるエンジニアの減少

日本の人口減少により、社会全体に人手不足の現象が起こっています。

IT業界も例外ではなく、需要が伸びているのに人口が下がっているため、エンジニア不足が深刻化していると考えられます。

経済産業省の発表によれば、エンジニアの人口は2019年をピークとして徐々に現象していき、2030年にはより深刻な人材不足が起こると推測されています。

技術の移り変わりが早い

IT業界は技術の移り変わりがが非常に早いです。技術の進化に合わせて自分もスキルアップする必要があるため、常に学び続ける姿勢が大事になります。

このような技術の移り変わりの激しさのため、技術の更新に疲れてしまうといったことも、若者が職業としてエンジニアを選ばない要因のひとつではないかと言われています。

未経験31歳からエンジニア転職を実現【実際に聞いてみた】
2017-04-01 16:13
今回は、プログラミング未経験でありながらも複数の内定を得て転職を実現した斎藤さんに話を伺いました。 *Webスクは、現在WebCamp Proコースに名称が変更されています* (現...

IT業界はどのように対策している?

採用年齢の引き上げ

IT業界では深刻化するエンジニア不足に対して、エンジニア採用の年齢上限を引き上げる措置を行う会社も増えてきています。

35歳以上の採用は見送ってきた企業も、年齢相応のスキルや経歴がある人材であれば40歳以上のベテランエンジニアでも採用するといったケースもあり、年齢制限をなくしてきている現状があります。

年下のSEが年上のエンジニアに指示が出しにくい、年齢のわりにはスキルが足りていない、能力不足であるといった課題もあります。

外国籍のエンジニアの採用

日本語の話せる外国人の採用が増えてきています。

中国やインドネシアなど、アジアからのエンジニアを雇用する企業も増えてきており、さらに開発の拠点を東南アジアの国々に移転する企業も増えてきています。今後も外国籍のエンジニアがますます増えるようになってくるでしょう。

この方法は一見人手不足を解消する有効な手段のようにも見えますが、日本人のエンジニアを育てるチャンスを失っていることにもなります。一時的な解消手段としては有効でしょうが、長い目で見ると結局人材を減少させていることにもなりかねません。

未経験採用枠の拡大

業界未経験の採用枠を拡大し、プログラミングの教育に力を入れている企業も多くなってきています理系だけでなく文系出身の未経験枠採用も拡大してきており、各社は一度採用してから人材を育成していくという取り組みを行っています。

ただしこの方法は手間もコストも時間もかかるため、多くの企業で導入されにくいという面もあります。

政府もエンジニア育成に力を入れている

2020年には小学校にプログラミング教育が導入されます。

IT業界の人材不足に加えて、理系エンジニアの不足は今後さらに深刻なものになると予想されており、政府や産業界も危機感を抱いている状況です。

この現状を打破するために、エンジニアの育成を行うため早期からプログラミングを学ぶ機会を作るという取り組みが始まっています。

今後望まれる人材不足対策とは?

エンジニアの待遇改善

エンジニアの長時間労働の対策として、政府は働き方改革を進めています。さらに企業と政府が主導して行う必要があるでしょう。

難しい案件を精神論で仕上げるといったケース、精神科に通うエンジニアが他国に比べて多く、これらの状況を改善しない限り、エンジニアを目指そうという人材が増えることは難しくなります。

エンジニアがが若者にとって魅力的であると感じてもらうには、給与の改善もさることながら、心身ともに健康で仕事ができるような環境をまずは整えていく必要があると考えられます。

エンジニアの教育

エンジニアが足りないからといって、安易に海外からエンジニアを呼び寄せたり、スキルがある派遣労働者を使うことは、新しいエンジニアを育てる機会を失っていることになります。

若手のエンジニアをしっかりと教育していくことで、エンジニアの不足を緩和していくことができるのではないでしょうか。

昔ながらの「見て覚える」のも大切な教育ですが、体系的な知識をOJTとしてしっかりと教育していくことで、質の高いエンジニアを育成することが可能になると思われます。

発注側のシステム構築に対する理解

発注する側がシステムを理解していないことが多いという現状も、エンジニアの劣悪な仕事環境に拍車をかけているケースもあります。

あれもこれもと無理難題を押し付け、クライアントからの要望を簡単に断れない開発会社が無理をして開発をするといったケースです。

その場合報酬に見合わない労働が発生することも多々あり、現場に携わっているエンジニアは疲弊していきます。

発注側に対してNoと言える姿勢も大切ですが、システムを発注する側もある程度システム構築についての知識を得ておき、無理な発注は行わないことが大切です。

近年は、発注側の人間が正しい工数を見積もるためや、エンジニアとのコミュニケーションをとるために、プログラミングを学ぶケースも増えてきました。

時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
2018-01-26 13:03
今回の記事では、WebCampに1ヶ月間通い、未経験からエンジニアとして転職した星野さんにお話を伺いました。 <プロフィール> 星野 智洋 さん(25) 学生時代は日本大学芸術学部...

需要の増加が見込まれている業種は?

IoT(Internet of Things)

IoTとはInternet of Thingsの略で、モノとインターネットをつないだサービスのことを大きく指しています。

・テレビ
・冷蔵庫
・スマートフォン
・パソコン

などがインターネットと繋がることで、より効率的に便利に家電を使えるにしようという取り組みです。

遠隔でのサービスやインターネットを使ったプラスアルファのサービスなど、より生活が豊かになるサービスの提供を目指しており、今後IoTのサービスは拡大していくことが見込まれています。

IoTに関するサービスを実現するためのエンジニアの需要もそれに伴って増加していくと予測されています。

ビッグデータ解析

計算機能の向上により、大きな数を扱う計算ができるようになった関係で、ビッグデータを解析し新たなマーケティング戦略を立てる動きが本格化してきています。

ビッグデータを統計学的な手法を使って解析するエンジニアをデータサイエンティストと呼び、新たなエンジニアのタイプとして各企業から必要とされるようになってきています。

ビッグデータを解析するスキルと、その結果をマーケティング結果としてまとめて、企業の新商品や新戦略として提案していくなど、企画力も求められる傾向があり、エンジニアだけにとどまらない活躍も期待されている分野です。

この分野では、Pythonというプログラミング言語が活用されています。

AI(人工知能)

人工知能は今後ますます発展が期待されている分野です。

機械学習やディープラーニングなど、新しい技術が次々と投入され、市場も拡大します。

人工知能を開発するためのエンジニアも市場拡大に伴って増加が見込まれ、人工知能に関するスキルを持つエンジニアは多くの企業から必要とされるようになるはずです。

将来的には車の自動運転や、言語の翻訳といったことも人工知能がが担うようになり、さまざまな分野で人工知能が活躍するようになります。

人工知能に携わるスキルを持つことで、エンジニアとして長く活躍できるようになります!

クラウドコンピューティング

アマゾンやグーグルといった大企業の提供するクラウドのプラットフォームを使ったサービス展開が主流となりつつあります。Gmailなどがその例です。

今後はこういったクラウドサービスを使うことができるエンジニアの需要が高まっていくと予測されています。

自社でサーバを構築してその中にシステムを作るという流れが次第に少なくなってくるため、インフラエンジニアはおのずとクラウドのサービスに強くなっていかざるをえない状況となるでしょう。

VR(仮想現実)・AR(拡張現実)

仮想現実も今後発展していくであろう技術のひとつです。

ヘッドセットやグローブといった、仮想現実を体感できるツールを使って、仮想空間を疑似体験できる技術のことをVRといいます。

このVRはゲームの分野にとどまらず、医療、産業などさまざまな分野での活用が期待されています。

この技術を扱うことができるエンジニアは今後需要が多くなることが予測され、VRに関するスキルを獲得しておくことでエンジニアとして活躍できるフィールドを長く保持できるようになるでしょう。

また、AR(拡張現実)と呼ばれる技術も進歩しています。ポケモンGOなどがその例です。

VRはUnityという開発環境でつくることができます。


まとめ

いかがでしたか?IT業界の人材不足についてご理解して頂けましたか?

現在日本ではIT業界の市場の拡大し、経済産業省の調査によると2019年をピークに、エンジニアの人口は減少していき、2030年には69万人の不足がが予想されているという状況です。

IoTや人工知能の躍進によって、今後エンジニアはますます求められるようになるでしょう。

将来性の高いスキルを身に着けたい方は、この機会にぜひ一度プログラミングを学んでみませんか?

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職サポート付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

7月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
6月受入枠は満員となっております。7月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

【インタビュー】コツコツ独学×スクールで実践。未経験からエンジニアに転職!

プログラミング未経験から、書籍での独学期間で基礎を固め、スクールを効率的に活用し、見事エンジニア転職を成功させたWebCamp受講生にお話を伺いました。

「低予算でも効率的にエンジニア転職のスキルをつける方法は?」

「未経験でも本当にエンジニアになれるの?」

といった疑問を持っている方は、是非この記事を読んでみてくださいね!

コツコツ独学×スクールで実践。未経験からエンジニアに転職!【WebCamp卒業生インタビュー】
2018-03-22 23:28
今回の記事では、独学でPHPを1年半学習し、その後WebCampを受講して未経験からエンジニアへと転職された佐々木さんにお話を伺いました。 <プロフィール> 佐々木 祐樹 さん(2...
関連キーワード
キャリアの関連記事
  • 【未経験からのエンジニア転職】おすすめのエージェント5選!
  • IT業界の向き・不向きを決める5個の基準を紹介
  • 全体を理解できる、IT業界の職種一覧紹介
  • 【IT業界】SEの仕事内容と就職・転職方法を紹介
  • IT業界への転職を実現させる6個のスキルを紹介
  • 【売り手市場?】IT業界の求人倍率の現状と今後

当サイトで人気のオススメ転職サービスTOP3

1位 マイナビエージェント×IT

おすすめポイント

・平日忙しい人も、土曜日開催の個別キャリア相談会に参加できる

・職種や仕事内容(要件定義、上流工程から携わる仕事など)の要望が細かくできる
・マイナビの規模を活かした豊富で幅広い求人数

マイナビエージェント×ITの登録はこちら

2位 レバテックキャリア

おすすめポイント

・求人登録数4,000件以上

・エンジニア未経験、経験者両方に対応

・有名企業の採用担当者インタビューがみれる

・一次面接NGからの内定実績もあるほど、内定率が高い

レバテックキャリアの登録はこちら

 3位 type転職エージェント

おすすめポイント

転職者の71%が年収アップ

・IT系企業、特にエンジニアに限らず営業職の求人も充実している

各職種専門の転職アドバイザーが援助

type転職エージェントの登録はこちら

おすすめの記事