人間関係がうまくいく距離感って?気楽にいられる「7つの付き合い方」を徹底解説

2021.06.22
人間関係 距離感

「人間関係をうまく築けない」
「人との正しい距離感が掴めずうまくいかない」

と思うことはありませんか?

日常生活の中でも、職場、家族、友達、近所の付き合いまで、人間関係で悩むシーンは多いですよね。

では、正しい距離感を掴んで人間関係でのストレスを減らすためにはどうすればいいでしょうか?

そこで今回は、

  • 人間関係を築く上でのちょうどいい距離感
  • ストレスにならない人間関係の築き方
  • 距離感が違う人との関わり方

について詳しく解説します。

この記事を見れば人との距離感の掴み方がわかり、必ず人間関係でのストレスが軽減します。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

距離感がわからない…人間関係の距離感が心配になる5つの場面

距離感が心配になる場面

日常生活の中ではあらゆる場面で人間関係の距離感が心配になります

具体的には、以下のような場面です。

  1. お隣さんなど自宅周辺でのやりとり
  2. ママ友など幼稚園や学校でのお付き合い
  3. ビジネスパートナーなど職場での関係
  4. 友人などプライベートな関係
  5. お付き合いなど初対面での関係

軽く挙げただけでも、距離感で悩むシーンは多々あります。

シーン別にどのように距離感で悩むのか、詳しくみていきましょう。

1.お隣さんとの近所付き合いなどの「自宅周辺」

自宅周辺では、近所関係などの付かず離れずの関係性を維持するのが難しいです。

若い世帯やお年寄りなど、自宅周辺では住んでいる方の世代がバラバラで、それぞれ距離感の正解が違うからです。

ご近所さんとの付き合いで悩む場面は、以下のようなときです。

  • 近隣の方とすれ違った時の会話をどうるすのか
  • お隣さんと話すときにプライバシーをどこまで配慮できるか
  • うわさ話や悪口など、どこまで付き合えばいいのか

このように、普段生活しているだけでもさまざまなシチュエーションがあります。

こういった状況では、どこまで踏み込んでいいか分からず悩みがちです。

2.ママ友とのお付き合いなどの「幼稚園や学校」

幼稚園や学校では、ママ友との距離感を気にする方が多く、悩む人も多いでしょう。

子どもに対する向き合い方などは、家庭でのルールや価値観があるので難しいです。

  • ほかの家の子供の預かるとき
  • マウンティング気質のあるママと関わるるとき
  • 送迎や家に呼ぶ文化があるママとやりとりするとき

同じママとしても、働き方の種類や子供に対する考えたかの違いにより、トラブルに発展してしまうケースもあります。

ママ友との関係性は、世代や考え方の違うによって正確な距離感を取るのが難しくなります。

3.ビジネスパートナーや同僚と関わる「職場」

仕事の場合、相手の役職によって距離感を考える必要があります。

連絡事項が同じでも、同僚か上司かで伝え方は大きく変わるでしょう。

とくに以下の状況のときは、距離感をつかむのが難しくなります。

  • 会社の飲み会に参加するとき
  • 女性の社員とかかわるとき
  • 職場以外でコミュニケーションをとるとき

ビジネス上で関わるときは、軽い発言や軽率な行動で信頼を失ってしまう場合があるので注意が必要です。

軽いコミュニケーションのつもりが、相手に不快な思いをさせてしまい、逆に失敗してしまう可能性があります。

ビジネスでは、相手の立場やシチュエーションで距離感がかわるので注意が必要です。

4.親しい友人とやりとりをする「プライベート」

友人などプライベートな関係での距離感は、ほかのケースと比べてそこまで気にする必要はありません。

なぜなら、親しい友人との場合はお互いが納得できる関係性であれば、周りに迷惑をかける心配がないからです。

しかし、親しき中にも礼儀ありという言葉のとおり、大人になっても人間関係での距離感は意識したいです。

どんなに仲が良くても、以下の内容を話すときは相手との距離感に注意しましょう。

  • 仕事関係
  • 家庭関係
  • お金関係

相手によっては「聞かれたくない」「話したくない」と思っている場合があります。

友人だからこそ気を使わなくてもよい反面、深入りのしすぎなどの問題に気をつけなければいけません。

5.これからお付き合いが始まる「初対面」

初対面の人と関わる場面では、知らない人同士での会話になるため、どのくらいの距離感で接するべきか迷います。

相手のことが全くわからないので、どこまで踏み込んでいいかわからないからです。

  • 気を悪くしたらどうしよう
  • 変なことを言っていないか心配
  • デリカシーない発言をしていないか

このように、相手にどう思われているか気になってしまうこともあります。

最初の印象が大事だからこそ、初対面の人と関わるときは、距離感を調整するのが難しく感じるのです。


今の職場の人間関係で悩んでいる…」「職場のことを考えるだけで憂鬱になる」そんな悩みを抱えていませんか?
転職成功率98%の【DMM WEBCAMP】は
✔︎経済産業省認定の圧倒的カリキュラム!
✔︎独自開発の教材と1人1人に寄り添った転職支援で安心サポート!
✔︎万が一転職できなかった場合は、全額返金の転職保証つき!

\生活スタイルに合わせた3パターン

正しい人間関係の距離感って?ストレスにならない距離感を取るための3つのポイント

ストレスにならない距離感の作り方

ストレスにならない正しい距離感にするためには、相手が心地のよい距離感に近づけることが大切になります。

ストレスにならない適切な距離感は、相手によって全然違うからです。

具体的に正しい人間関係の距離感を保つには、以下の3つのポイントがあります。

  1. 初対面から距離を詰めすぎない
  2. 距離感が近い=仲良しは勘違い
  3. 自分の距離感だけでなく相手の距離感も大事に

この3つを意識するだけで、人間関係の距離感に悩むことが少なくなります。

それでは、具体的に解説していきます。

1.初対面から距離を詰めすぎない

ストレスのない距離感を保つには、常に相手目線で距離を詰めすぎないようにしましょう。

お互いにとって気持ちのいい距離感を保つからこそ、ストレスフリーでより深い関係性に近づけます。

「距離感」といっても、人によって縮めかたは色々です。

  • 初対面でもグイグイ距離を詰めてくるタイプの人
  • お互いを理解し尊重しながら少しずつ距離を縮めるタイプの人

感じ方は人それぞれですが、一般的には後者のタイプの人と関わりたいと感じる方が多いでしょう。

もちろん距離感をグイグイ詰めて、仲良くなれるパターンもあります。

しかし、相手目線に立ちながらゆっくりと深い関係にしていくほうが、お互いの負担が少ないです。

まずは距離感を縮め過ぎないことを、頭の片隅に入れておきましょう。

2.距離感が近い=仲良しは勘違い

「親しき中にも礼儀あり」という言葉のとおり、お互いを尊重し合った適切な距離感を意識しましょう。

距離感が近いほど仲がいいというのは勘違いで、自分の都合を押し付けた考え方です。

人にはそれぞれベストな距離感があり、近いから仲がいい、遠いから仲が悪いという基準では決められません。

  • 月に1回ほどの連絡が落ち着くと思う人
  • たまに旅行に行くくらいの関係性を求めている人
  • 相手の事情に深入りせずフラットな関係でいたい人

上記のように、人によって落ち着く距離感は十人十色です。

近ければ近いほどいいという考えは、一度頭の隅に置きましょう。

ストレスフリーな人間関係を結ぶうえで、お互いにとって一番適切な距離感を見つけることが重要なポイントです。

3.自分の距離感だけでなく相手の距離感も大事に

自分がちょうどいいなと思う距離感が、相手も同じとは限りません。

正しい距離感を取るには、自分だけではなく相手も心地よいと思える状態を作るように心がけましょう。

たとえば、連絡の取り方ひとつでも色んなタイプがあります。

  • 電話で伝えて欲しいタイプ
  • LINEで伝えて欲しいタイプ
  • シンプルで業務連絡のように伝えて欲しいタイプ

「直接話したり、電話などで対応したい距離感に近いタイプ」や「メールやLINEで人とちょっと距離をおきたいタイプ」など、人によって気持ちのよい距離感は変わります。

距離感を間違えて関係性が悪くなりそうなときは、相手の距離感に合わせることも大事です。

基本的に距離感が遠い方に合わせることで、人間関係でのトラブルも事前に防ぐことができるでしょう。

上手い人はこうしている!人間関係の距離感を上手に保つ7つのコツ

出来る人の距離感の保ち方

人間関係の距離感をうまく保っている人は、相手のプライベートを尊重しているという共通点があります。

人間関係の距離感を保つコツとしては、以下の7つが挙げられます。

  1. 自分がされて嫌なことはしない
  2. 距離を縮めるのは信頼を重ねてから
  3. 自分の気持ちを相手に押し付けない
  4. 相手の価値観や気持ちも大切に
  5. 苦手な人とは無理のない範囲で付き合う
  6. 特定の人に依存しない
  7. プライベートの時間も大切にする

相手の気持ちを考え、尊重することで気持ちのいい人間関係を築けます。

それぞれ解説していきます。

1.自分がされて嫌なことはしない

距離感を上手に保つためには、シンプルに自分がされたら嫌なことは絶対にしないと決めましょう。

人との距離感が崩れる原因は、親しいからなんでも許してくれるだろうという油断から生まれます。

常に相手の立場に立って「何をされたら嫌な気分になるだろう?」と、考える習慣をつけましょう。

  • しつこく連絡したり遊びに誘いすぎる
  • プライベートな面に踏み込みすぎる
  • 自分の気分で接し方を変える

このような行動は、人間関係が悪化する原因です。

自分中心で接していると、相手を不快にさせてしまいます。

「親しき中にも礼儀あり」を意識し、長く良好な関係性を維持していきましょう。

2.距離を縮めるのは信頼を重ねてから

人間関係の距離感を縮めるのは、相手の行動や結果だけでなく、より深い価値観を理解してあげた後でも十分です。

誰しも最初は「この人と仲良くなっても大丈夫かな」と不安に思いながら人と接します。

  • 自分のことを理解しようとせず否定してくる人
  • マウンティングを取ったり、攻撃してくるような人

当たり前ですが、こんな人とは関わりたいと思わないでしょう。

距離感を縮めるときも、自分にとって安全な人だと分かった後ではないと、なかなか受け入れることは難しいものです。

だからこそ、相手が何を大切にしているかを知ったうえで共感し、信頼を得ることを第一にしましょう。

距離感を縮めるのは、信頼関係がしっかりと築けた後で問題はありません。

3.自分の気持ちを相手に押し付けない

自分の中での当たり前の気持ちを押し付けず、常に相手の気持ちに立ちましょう。

一方的に自分の考え方を押し付けてしまうと、相手に不快な思いをさせてしまったり、嫌悪感をいだかれてしまいます。

相手によって感じ方や、気持ちのよい距離感は変わるので注意が必要です。

例えば、仕事のやり方ひとつでも違います。

  • 具体的な指示が欲しいタイプ
  • 自由に仕事を任せて欲しいタイプ

前者の場合は、こちらの気持ちを少し押し付けたとしても問題ありませんが、後者の場合は気をつけましょう。

後者の人に、仕事のやり方や考え方を押し付けてしまうと人間関係が悪化してしまいます。

仕事に限らずプライベートでも、相手の考えやペースに合わせて、一緒に協力していくことがポイントです。

人の数だけ、気持ちのよい距離感は変わってくるので、自分の気持ちよりも相手の気持ちを優先させることも必要です。

4.相手の価値観や気持ちも大切に

人との距離感を図るのが苦手な方におすすめの方法は、相手を尊重する気持ちを持つことです。

人間関係を構築するのが上手な方は、相手の事情を把握して寄り添うことを常に意識しています。

距離感が分からず不安でも、一度「相手はどう考えているだろう?」と考えるだけでも、大きな失敗は防げます。

完璧でなくても良いので、常に相手を尊重することを第一に関わっていきましょう。

5.苦手な人とは無理のない範囲で付き合う

苦手な人との付き合い方としては、無理のない範囲で最低限の付き合いだけにしましょう。

どうしても関わらないといけない場面では、一気に用事を片付けてしまい、また距離をとるのがベストです。

苦手な人との関わるときは距離をとる以外にも、下記のことを意識するとよいでしょう。

  • 自分が変わる意識を持つ
  • 相手を変えようと思わない

苦手な人と関わるのがどうしてもつらい場合は、環境を変えるのもひとつの方法です。

その場合は、部署異動を人事の人にお願いしたり、転職も視野にいれましょう。

苦手な方とは、同じ趣味の範囲内だけで付き合ったり、限定的に関係性を保つ方法で付き合うとよいです。

6.特定の人に依存しない

人間関係で近づき過ぎてしまう人は、複数の友人と仲良くなるとバランスがよくなります。

特定の1人とだけ付き合うと、連絡が返ってこないと不安になったり、嫉妬したりと依存関係になってしまうからです。

相手も1人の人間なので、自分の時間やプライベートを確保したかったりとさまざまな事情があります。

交友関係を広げる必要はないですが、複数の友人と関係性を作ることで程よい距離感を保てるでしょう。

7.プライベートの時間も大切にする

一緒に時間を過ごしすぎると息苦しさを感じる人もいるため、意識的に自分の時間を作りましょう。

何十時間一緒にいても苦にならない人もいますが、多くの場合は長時間行動を共にすると気疲れしてしまうものです。

気づかないと無意識に距離を近づきすぎて、お互いが消耗してしまう可能性もあるので注意です。

仕事や学校など時間を共有する場面は仕方ないですが、そのほかの時間ではプライベートな時間を作ることを意識しましょう。


DMM WEBCAMP】は転職成功率98%!プロのキャリアアドバイザーが1人1人に合わせた転職支援で、あなたの転職を一気通貫でサポートします!
✔︎今の職場の人間関係で悩んでいる
✔︎もう会社に行きたくない
✔︎職場の人間関係に疲れた…別の職場に転職したい
という悩みを抱えた方におすすめです!

\生活スタイルに合わせた3パターン

自分にとっての「ちょうどいい距離感」を知る3つのポイント

ちょうど良い距離感を知るポイント

人とうまく関係性を築いていく中で、ちょうどいい距離感を知るには以下の3つがポイントです。

  1. 自分のクセや苦痛を感じるポイントを知っておく
  2. 他人に立ち入らせないラインを決めておく
  3. 相手との距離感は時間をかけて測っていく

コツとしては、時間をかけてゆっくりと自分や相手の距離感を図っていくことです。

順番に解説していきます。

1.自分の人間関係においてのクセや苦痛を感じるポイントを知る

相手がどういう距離感を求めているかを知る以上に、自分はどういう距離感が快適なのかを明確にしましょう。

なぜなら、相手の距離感に合わせてばかりで振り回されても、お互いに良好な人間関係は築けないからです。

人付き合いをするときに、自分がどんな性格なのかを知っておきましょう。

  • しつこく誘ってくる友達にNOと言えない
  • 気が合うと思って距離を詰めすぎてしまう傾向がある
  • 人の関係性が増えるにつれて関係ない人と会いたくなくなる

これまでの人間関係のなかで、距離感の調整ができずに失敗した経験は誰にでもあります。

過去の失敗経験から、人とのちょうどいい関係性のラインを知りましょう。

そうすることで、同じ失敗を繰り返さずに、人と適切な距離感を保てるようになるはずです。

2.他人に立ち入らせないラインを決めておく

距離感が近づくほど深い関係になりますが、人間関係が崩れる原因にもなるので注意です。

踏み込みすぎると、相手のイヤな部分やワガママに付き合わないといけなくなる可能性があるからです。

仲良くなるにつれて、「こんなイヤな面もあるんだな」と感じてしまうと、深くなれる関係性も閉ざされてしまいます。

お互い尊重し合って良好な人間関係を築くためにも、線引きはキッチリと決めることが大事です。

3.相手との距離感は時間をかけて測っていく

お互いの距離感は、焦らずゆっくりとバランスのいい状態を探っていくのがいいでしょう。

一度に近づきすぎて、相手から拒絶されたりすると人間関係が崩れてしまうからです。

具体的には、シーソーを思い浮かべてみると想像しやすいです。

シーソーは相手との距離感でバランスを保てたり、傾いたりします。

  • お互いの距離感がちょうどいいと均衡な状態を保てる
  • 片方が距離感を近づけた時に相手側のシーソーは傾く
  • 相手に合わせて近づきバランスがよいところでとまる

このようにシーソーをイメージして、常に均衡状態を保てるように意識しましょう。

近づいたり、すこし距離を取ったりと、お互いのとって一番いいバランスを探っていくことがポイントです。

人間関係が崩れそう…距離感が違う人と上手く付き合う3つの解決策

距離感が違う人との関わり方

距離感が違う人と付き合うとなると、後々人間関係が崩れてしまうこともあるでしょう。

苦手なタイプの人ともギクシャクせずにうまく付き合っていくには、以下の3つの解決策があります。

  1. 不快に思うことは不快だと伝える
  2. 大人数で付き合うようにする
  3. 苦しくなったら環境を変えることも検討する

相手が自分と合わないと感じるときは、事前準備により対処しやすくなるでしょう。

それでは、ひとつずつ内容を確認していきます。

1.不快に思うことは不快だと伝える

どう頑張っても距離感が合わない人には、直接伝えるのもひとつの手段です。

もちろん、ケンカせずにほどよい距離感を取るのがベストですが、最終手段としてはストレートに「嫌だな」という気持ちを伝えましょう。

遠慮してずるずると関係を続けても、お互いにいい未来はありません。

  • 軽く注意してみる
  • 共通の友人を通して伝えてもらう
  • 自分の気持ちを正直に伝える

伝え方は意識しつつも、自分の気持ちには嘘をつかないことがポイントです。

大きなトラブルを事前に防ぐためにも、気持ちをストレートに伝える手段があることを覚えておきましょう。

人間関係の断捨離はOK?7つのメリットや具体的な手順を紹介

2.大人数で付き合うようにする

嫌な相手との関わりを防ぐには、2人きりで会わないことが大切です。

大人数で付き合うことで、プライベートな関係に持ち込まずにすみます。

自分が嫌だと思う相手が、その感情に気づいていない場合、止めない限りグイグイと近い距離感まで踏み込まれてしまいます。

  • 2人きりで遊びにいきたい
  • 家にいきたい

距離感が合わない人とプライベートでもお付き合いすると、心も身体も疲弊してしまいます。

プライベートな付き合いを避けるためにも、大人数で会うことを前提にしましょう。

大人数になることで、苦手な相手に自分のパーソナルスペースに踏み込まれることを防ぐことができます。

3.苦しくなったら環境を変えることも検討する

人との距離感が合わずに限界まで我慢しても、状況が変わるとは限りません。

苦しいときは一時的に逃げることも大事です。

最善の手を尽くしても、状況が一向に変わらない場合は、あなたではなく環境に問題がある可能性が高いです。

  • 常に不安感がある
  • 動悸が止まらずドキドキする
  • 特定の環境や人間関係を想像すると足が止まる

このような状態の時は、いったん環境を変えるなどして離れたほうが状況が改善する可能性が高いでしょう。

職場の場合は、同僚や上司と人間関係のしがらみで悩む方は非常に多いです。

他人を変えることはできませんが、自分の意志で環境を選択することは可能です。

どうしても我慢できないときは、職場を変えるなど具体的なアクションを通して、環境のリセットをしましょう。

まとめ:ちょうどいい距離感は人それぞれ。難しければ職場環境を変えることも考えよう

人間関係でのストレスが軽減される距離感の測り方について詳しく解説しました。

近所・職場・プライベートなど、人間関係を築く状況や、相手の性格や価値観によって、正しい距離感は三者三様です。

今回の記事のまとめは、以下のとおりです。

  • 距離感は相手によって違う
  • 相手の気持ちを考えることが大切
  • 相手を変えようとしない

難しく思い悩んでいたことでも、環境を変えることで拍子抜けするほどシンプルに解決することもあります。

他人ではなく、自分の意志で状況を変えていくことも、ストレスない人間関係を築くために重要なポイントです。

自分で変えられる部分は努力して改善しつつ、一向に状況が変わらない場合は、一度環境を変えることも視野にいれて行動しましょう。

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

PAGE TOP

© 2021 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5