人間関係が怖いを克服!対人恐怖症のきっかけとなる9つの原因とその対処法について紹介 | WEBCAMP NAVI
【5月の受講枠も残りわずか】

人間関係が怖いを克服!対人恐怖症のきっかけとなる9つの原因とその対処法について紹介

人間関係 怖い

「他人に心が開けない」
「人間関係で傷つきやすい」

と思うことはありませんか?

人間関係を円滑にしようとコミュニケーションをとりたくても、何を話せばいいのか困ってしまいますよね。

では、人間関係でストレスを感じないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

そこで今回は、

  • 人間関係が怖いと思う人の特徴
  • 人間関係が怖いと思う人の原因と対策
  • 人間関係に囚われずに働くことのできる仕事

について詳しく解説します。

この記事を見れば人間関係に悩み、生きづらいと思っている人でも必ず楽になります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

人間関係が怖い!対人恐怖症となる9つの原因

人間関係が怖いと思う原因

人間関係が怖いと感じるのは原因があります。

それは過去の経験や日ごろの癖などから、人間関係をネガティブに考えてしまうことがあるからです。

人間関係が怖いと思う人は、当てはまる原因が多いはずです。

本文でそれぞれ詳しく見ていきましょう。

1.上司や先輩などから激しく怒られたことがある

たとえ自分に落ち度があったとしても、激しく怒られると萎縮してしまい、怖いと感じてしまうものです。

  • 大声でみんなの前で怒られる
  • 長時間怒られる
  • 感情的に怒られる
  • 理不尽に怒られる

こんな怒られ方をすると、体が萎縮していいパフォーマンスも出しづらくなります。

いい仕事をしようというより、怒られないようにしようと考える思考回路になってしまうでしょう。

仕事で怒られる時の対処法を7つ紹介!怒られやすい人と怒られにくい人の違いとは?

2.セクハラ・パワハラを受けた経験がある

セクハラやパワハラを経験した人は、人間関係を恐れる傾向があります。

仕事上で立場が強い人からの強要は、反論できずに我慢することで、恐怖へと変わるからです。

  • 頻繁な飲み会の参加
  • こなせないほどのタスクで残業
  • 女なのに(男なのに)と仕事に関係ない話をする
  • 「結婚する歳なのに」など私生活に口を挟む

しかしハラスメントをしている本人は冗談のつもりだったり、まったく自覚がない場合もあるので、簡単に解決できる問題でもありません。

このような形で上司からの必要以上の強要に追い詰められてしまうと、人間関係が怖いと感じてしまうのです。

人間関係 改善 【すぐに使える】職場での人間関係を改善する方法13選を徹底解説

3.幼少期の人間関係の狭さ(ふれあい恐怖症候群)

家族や同世代としか人間関係を作れなかった幼少期を過ごした人は「ふれあい恐怖症候群」となることがあります。

人間関係を1から作ることに慣れていないからです。

ふれあい恐怖症候群には、以下のような特徴があります。

  • 相手に嫌われるのではないかと怯える
  • 有益ではないと付き合いを面倒と感じる
  • 気軽に相談や食事に誘える相手がいなく孤独感に襲われる
  • 仕事以外の雑談・世間話ができない
  • ネットコミュニケーションは得意

幼少期に人間関係が狭い環境にいたことで、大人になってからも受け入れられる人間関係が狭くなってしまうのです。

4.いじめや悪口を言われたり過去のトラウマがある(アダルトチルドレン)

過去に人間関係で嫌なことがあったり、思いどおりに表現できない環境で育つとトラウマになります。

過去の記憶から、萎縮してしまうからです。

  • 見られるとバカにされているように感じる
  • 異性が怖い
  • 相手の機嫌が悪いと自分のせいだと思い込む

上記のようなことで1日が終わるころには、ぐったりとしてしまいます。

そのため、人間関係に疲れて対人恐怖症となってしまうのです。

5.失敗をしたときに自分を責める癖がある

失敗したときに自分を責めすぎる癖があると、人間関係が怖いと感じてしまいます。

とくに真面目な方が陥りやすいのが、失敗したときに必要以上に自分を責めてしまうことです。

このような人は「自分を責めすぎる」=「他人から悪く思われる」と考えてしまいがちです。

  • 自分はデキないやつだと思われている
  • 怒られたくない
  • 周りに迷惑を掛けすぎている

このように、自分の失敗によって人間関係の悪化を懸念してしまい、他人と距離をおいてしまうのです。

その結果、責任感の強い人は、徐々に人と関わるのが怖くなっていくのです。

6.心配性で人に嫌われたくないと思っている

心配性で過度に人に嫌われたくないと思うと、人間関係に疲れてしまいます。

人からどう思われているのか気にするあまり、困っている時でも他人に頼れなくて、自分の欲求を抑え込んでしまうからです。

  • どちらとも取れる曖昧な表現を使う
  • はっきりと断れない
  • 自発的な行動が取れない

上記のような行動をとって、自分を抑えすぎると結局うまく行かずに疲れてしまいます。

他人に頼れないため、ひとりで行動することが多くなりコミュニケーション力が低下するでしょう。

そして、徐々に人間関係が苦手になっていくのです。

7.緊張して何を話せばいよいのかわからない

緊張して何を話していいのかわからない人は、人とのコミュニケーションが苦手な傾向があります。

その苦手意識がますます緊張を助長させてしまい、何を話せばよいのかがわからない状況を生み出してしまいかねません。

  • 人からの評価を気にしすぎる
  • 過去の失敗を思い出してしまう
  • 雑談に慣れていない

こんな緊張状態が続くとのちにストレスになり、できるだけひとりでいたいと思うようになるのです。

8.相手の性格や価値観がわからない

たとえば初対面の人などでありがちなことですが「相手がわからない」という場合に人間関係を恐怖に感じる人もいます。

相手がどういう性格で、どういう価値観を持った人間なのかが分からない場合、自分がどう立ち回れば良いかがわからなくなるからです。

  • 自分の話をしても嫌われないか
  • 自分の意見を言うと反対されるのではないか
  • 自分には興味を持ってもらえないから、話をしてはいけないんじゃないか

こんなことを心配するあまり、どう接していいのか分からなくなってしまいます。

そのため、初対面の人と接するときに怖いと感じてしまうのです。

9.自己肯定感が低く自分に自信がない

自分に自信のない人は、人間関係を恐れてしまう傾向があります。

なぜなら自己肯定感が低い人は、常に他人と自分を比べて、劣等感を抱いてしまうからです。

子供のころに親に褒められることや、過保護に育てられ成功体験が少ないので「どうせ自分なんか」と、自分で自分を認めることができないからです。

  • 自分を過小評価しすぎている
  • 他人と比較している
  • 成功体験が少ない

上記のようなことから、劣等感を抱いて自分に自信が持てないのです。

自分に自信がない人は、他人と比べると気持ちが落ち込んでしまうため、人とコミュニケーションをとらなくなってしまいます。

人間関係が怖くなってしまいやすい人の5つの特徴

人間関係が怖いと思う人の特徴

対人関係が怖いと感じてしまう人には特徴があります。

真面目で、些細なことでも気になってしまうがゆえに人間関係が怖くなってしまうからです。

  1. 神経質で感受性の高い人
  2. 真面目で慎重な性格
  3. 内気で自己主張が苦手な人
  4. 人見知りで警戒心が強い
  5. 集団行動が苦手で単独が好きな人

本文で詳しく人間関係が怖くなってしまいやすい人の5つの特徴について詳しくみていきましょう。

1.神経質で感受性の高い人

人間関係は怖いと思う人は、神経質で感受性の高い人が多い傾向にあります。

この手の人は、繊細で傷つきやすい特徴があり嫌なことがあっても耐えてしまい、心が疲れてしまいがちです。

  • 嫌でも職場の人間関係を割り切ることができない
  • 他人の機嫌が悪いことを敏感に感じる
  • 競争が苦手で、プレッシャーを感じるとパフォーマンスが出せない

自分にとって合わない場所に身を置き続けると、心が傷つき、精神的に疲れてしまうのです。

2.真面目で慎重な性格

真面目で慎重な性格ゆえに、話をすることが怖くなってしまいます。

他人が気づかない些細なことまで考え込んでしまうからです。

業務の中でも以下のような傾向があります。

  • 自分を褒めることなく、日々反省している
  • 完璧主義で、失敗を過度に恐れる
  • 責任感が強いので、発言の重みを感じる

真面目すぎると、間違ったことが許せなくなり、自分にも他人にも厳しくなってしまいます。

その結果、人間関係のもつれが生じて、人との関わりが怖くなりやすいのです。

3.内気で自己主張が苦手な人

自己主張が苦手な人は、人間関係が息苦しく怖いと感じます。

本当に伝えたいことを伝えず抑え込んでしまっているので、それだけストレスにもなるでしょう。

  • 自分の価値観を話をして、批判された経験がある
  • 自分の意見に自信がない
  • 優しすぎて、人の意見に合わせてしまう

上記のようなストレスを感じるようになると、日ごろの人間関係が息苦しく、怖いと感じてしまいます。

そして集団でいるより、ひとりの方が精神的に楽と感じてしまうのです。

4.人見知りで警戒心が強い

人見知りで警戒心が強い人は、なかなか人に心を開くことができません。

それは相手に裏切られて、自分が傷つくことを恐怖と感じるからです。

警戒心の強い人の特徴は、以下のとおりです。

  • 自分の敵ではないか、慎重に相手を見極めたい
  • 過去に裏切られたなどの、トラウマがある
  • 信頼した相手となら、とことん仲良くなる

このような人見知りで警戒心が強いというのは、傷つきたくないという自己防衛本能が働いています。

人見知りや警戒心の強い人は、自分が傷つきたくないため、対人恐怖症となりやすいのです。

5.集団行動が苦手で単独が好きな人

集団行動を苦手な人は、当たり前ですが普段は単独行動をとります。

集団で生活すると何を話していいかわからない、どう思われているのか心配になるからです。

  • 大人数に気配りをしてしまい、疲れてしまう
  • 自分の意見に自信がなく、周囲の評価を気にしすぎてしまう
  • 人混みなど、たくさん人がいるところが苦手

このような気疲れがストレスになるので、ひとりでいる方が楽なのです。

そのため、集団行動が苦手な人は、人間関係を持たないように行動してしまいます。

「人間関係が怖い」を放っておくと起きる3つのデメリット

人間関係の恐怖意識を放っておくことで起きるデメリット

人間関係が怖い状態のままにしておくことで、デメリットがあります。

人間はひとりで生きていけないので、誰かの力を借りる場面も出てくるでしょう。

そこで以下のような状態になっていないか、改めて確認する必要があります。

  1. 自分の言いたいことが言えなくなる
  2. 失敗を恐れてチャレンジできなくなってしまう
  3. うつや体調不調の原因となってしまう

自分自身を振りかえり、一度立ち止まって客観的に自分をみてみましょう。

1.自分の言いたいことが言えなくなる

「周りとの交流するのが怖い」と萎縮し続けてしまうと、自分の思ったことが言えなくなってしまいます。

何かを発言したことによって、怒られた経験や失敗した経験を強く思い出すと、もう同じ失敗はしたくないと思うのは仕方のないことです。

ですが自分の意見が言えなくなると、相手もあなたが何を考えているのかわからないので、話が思わぬ方向にいったり、意思疎通ができなくなります。

物事が円滑に進まないストレスから、言いたいことが言えなくなってしまうのです。

2.失敗を恐れてチャレンジできなくなってしまう

人間関係が怖いまま放置してしまうと、チャレンジできない人間になってしまいます。

それは以下の3つの理由が挙げられます。

  • 失敗を恐れる
  • 自分に制限をかけてしまう
  • 他人の後押しがない

人間関係が怖い人は失敗が怖くて、自分で制限をかけてしまいがちです。

また、他人と関わらないと目、チャレンジしたくても背中を押してくれる人がいません。

コミュニケーションが円滑なほうが協力してくれる人も集まり、チャレンジしやすい環境が整います。

人間関係が怖くて孤独を続けている人は、新しいことに挑戦できないのです。

3.うつや体調不良の原因となってしまう

人間関係が怖いと思いながらも、我慢していると、うつや体調不良の原因となってしまいます。

その場にいなくても四六時中気になってしまうからです。

  • 眠りが浅くなる
  • 食欲がなくなる
  • 意欲がわかない
  • 自律神経のバランスを崩す

上記のような症状が出てきます。

実際に、仕事や私生活に悪い影響を及ぼしてしまうでしょう。

人間関係を怖いまま放置すると、うつや体調不良になりやすいのです。

「人間関係が怖い」という気持ちを解決する9つの解決法

人間関係が怖い気持ちを解消する方法

人間関係の恐怖を解決する方法や、回避する方法を紹介します。

人間関係が怖いと思うことにデメリットがあるのであれば、少しでも影響を少なくした方がいいからです。

完璧にしようとは思わずに、できるところから実行していきましょう。

1.自分自身を受け止める

まずは人間関係が怖いと思う、自分自身を受け止めることが必要です。

自分自身が自分のことを認めてあげないと、自分で自分を追い込んでしまいかねません。

人間関係が苦手なのは、優劣ではなく特徴です。

それを過度に怖がるのではなく個性と捉えて自分自身を受け止め、心地よい場所を探すことも大切です。

2.自分のせいだと思わないようにする

何か失敗をしたときに、失敗した自分を責めて自分はだめな人間だと人格を否定してはいけません。

人格を否定してしまうと、どんどんマイナスな思考に陥ってしまうからです。

そのようなときは「何が問題だったんだろう?」と、客観的に物事を見てみましょう。

すべてを自分のせいせず、客観的に考えることでより良い解決法が見つかります。

3.相手の立場になって考えてみる

見方を変えて、相手の立場になって考えてみましょう。

人間関係を怖いと感じるのは、傷付くことから逃れるための、自分本位の感情なのです。

あなたが怖いと感じてしまったことを相手は気づいて、もっと違ういい方をすればよかったと、傷付き、後悔している可能性もあるのです。

  • 相手は何を自分に伝えたいのか
  • 相手はどんな意図を持っているのか
  • 相手の本心はどこにあるのか

このように相手に寄り添ってみると、違う見方ができて人間関係がうまくいきます。

傾聴力はコミュニケーションに必要不可欠! 傾聴力はコミュニケーションに必要不可欠!身に着けるための方法とは?

4.日頃から自分の意見を言う習慣をつける

普段から自分の意見を意識的にいう習慣をつけると、人間関係のトレーニングができます。

自分の意見が言える人は、コミュニケーションの経験値が高いからです。

考えがまったく同じ人はいないので、違う意見があって当たり前ですし、相手の意見を聞くことで視野も広がります。

完璧ではなくても大丈夫なので、まずは積極的に自分から発言してみましょう。

5.とにかく場数に慣れる

「人間関係が怖い」を克服したいなら、現状から一歩踏み出して、場数に慣れることが大切です。

避けてきた道かもしれませんが、克服したいと思うのであれば、話しやすい人からチャレンジしてみましょう。

まず相手に興味を持つことから始めると、色々聞きたくなるので話題に困りません。

場数に慣れることで、ストレスが軽減でき、その後はコミュニケーションが取りやすくなります。

6.余計なコミュニケーションは取らないようにする

相性もあるので負担になるのであれば、思い切ってコミュニケーションをとらないという選択肢もあります。

もちろん職場ではあいさつや業務範囲内の会話は必要ですが、全員と仲良くする必要はないからです。

そして逃げられない人間関係であれば、プライベートな話題をしないようにするのもトラブル回避になります。

自分が心地いい距離感を保つのも、ひとつの対処法です。

7.職場では上司や同僚・人事担当者など相談する

職場の人間関係が怖いと感じるようなことがある場合は、上司や人事に配置換えなどの相談することができます。

パフォーマンスが出にくいところに人事配置しても、会社にとってもよくありません。

しかしこの場合、相談する人は人事権がある人にしないと状況は変わりませんので注意が必要です。

パワハラなどが原因で人間関係が怖いと感じるときは、無理せずに転職も視野に入れるべきです。

上司が嫌いで転職はあり?嫌いな上司の種類とストレスの対処法5つ!

8.友達に自分の弱みやコンプレックスを打ちあける

思い切って友人にコンプレックスを打ち明けてみましょう。

人間関係が怖いばかりに自ら壁をつくってしまっていては、コミュニケーションが一向にうまくとれません。

本音を話せばあなたの気持ちも楽になりますし、相手も親身になってくれるでしょう。

心の壁を取っ払うことで、意思の疎通がスムーズになり人間関係が良好になります。

9.小さな成功体験を重ねて自己肯定感を高める

少しずつコミュニケーションをとり、小さな成功体験をつむことで自己肯定感が高まります。

他人と意見が違うことも、相性が合わないことも他人と比較することなく怖いと思わなくなるからです。

失敗の反省だけではなく、日々の小さな成功体験に自分で気づくことが大切です。

小さなことでもいいので、できるだけ自分を褒めて、少しずつ自信をつけていきましょう。

また、もし最初の一歩も踏み出せない場合は、本などから考え方をインストールする方法もあります。

下記記事では仕事に使える思考法などがまとめられた本を紹介しているため、あわせてご確認ください。

仕事 本 イラスト 仕事に役立つおすすめの本30選!思考能力や習慣など6つのジャンル別に紹介

人間関係が怖い人におすすめ!人との関わりが少ない仕事5選

人間関係を少なく出来る仕事

人間関係が怖くてもこなせる仕事はあるので紹介していきます。

人には合う仕事、合わない仕事があるからです。

  1. WEBエンジニアなどのプログラミング関係
  2. 工場勤務や研究者
  3. 在宅勤務ができる仕事
  4. 派遣やパートなどのプレッシャーがかからない仕事
  5. 自分の趣味や好きなことに関する仕事

ひとつずつ見ていき、自分に合いそうなものを見つけられたら、今より人間関係を怖いと思わずに働けるでしょう。

1.WEBエンジニアなどのプログラミング関係の仕事

プログラミングの仕事は、コンピューターを動かすさまざまなシステムやソフトウェアを作ります。

基本的にはパソコンの仕事なので、煩わしい人間関係で悩むこともありません。

自分で作成したシステムが動くことへの喜びを感じながら、黙々と作業ができるでしょう。

パソコンやスマホがひとり1台以上の所有する時代になり、需要があるので、スキル次第で高収入が見込めます。

2.工場勤務や研究をする仕事

工場勤務や研究職は、人間関係に怯えずに働くことができます。

それは目の前の対象物に注意を払うことが多いため、黙々と仕事ができるからです。

  • 工場での検品・加工する流れ作業
  • 工場で指示されたものを取り出す作業
  • テーマについて研究し、実験・調査・分析をして新たな発見をする研究職

このように工場勤務や研究職は、人間関係に怯える機会が少ないのでおすすめです。

3.在宅勤務ができる仕事

今はパソコンひとつで、家でも仕事ができる時代になっています。

実店舗だと接客など人との関わりが多いですが、ネットショップだとやりとりはネットになります。

ネットショップのアプリやサービスが豊富なのではじめやすいです。

ほかにもネットが浸透したことによって、いろいろな仕事が生まれました。

  • WEBライター
  • WEBデザイナー
  • 動画編集

これらは企業だけではなく個人も発信するようになってきたので、これからも需要が増えると予想されます。

スキルを身につけると、高単価の仕事も請け負うことも可能です。

自宅でできる仕事のおすすめ5選とその仕事を始めるまでのステップ

4.派遣やパートなどプレッシャーのかからない仕事

派遣やパートで働くこともひとつの手です。

正社員より負う責任が少なく、職場が合わなければ辞めやすいので、ストレスなく働くことができるからです。

近所で働くことができたら、満員電車のストレスからも解放されます。

また派遣社員は時給がいいので、実力次第では社員より多い年収の人もいるのでおすすめです。

5.自分の趣味や好きなことに関する仕事

趣味や好きなことに関する仕事は、人間関係に悩むことなく働くことができます。

研究心が芽生えて没頭できるので、コミュニケーションスキルがなくても活躍できるからです。

  • 洋服
  • ゲーム
  • デザイン
  • インテリア
  • 動物

好きなことなら、ストレスを感じることなく働くことができるのでおすすめです。

まとめ:人間関係が怖いのは自分の気持ちでコントロールは可能!勇気をもって前に進んでいくことが大事

客観的に自分を観察してみると、意外と単純な理由だったと気づくことがあります。

今回の記事のまとめは、以下のとおりです。

  • 人間関係が怖いのは自分に自信がないから
  • 失敗しても自分のせいにしすぎない
  • 人と関わらなくてもよい仕事はたくさんある

怖いと感じるのは環境や仕事が合わないだけだったり、傷つきたくないという思いが強いなど、気づくことで解決方法が生まれます。

一歩前に進んでみると、新たな自分が発見できて、あなたにとって適切な仕事や環境に巡り合う可能性が高まります。

勇気を持って殻を破ってみましょう。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点