人間関係を修復したい!注意すべきことや修復の具体的な3つのステップを解説

2021.09.06
人間関係 修復

「余計なことを言って怒らせてしまった」
「あんな言い方をしなければよかった」

と思うことはありませんか?

人間関係を修復しようとしても、何を話せばいいのかで迷ってしまいますよね。

では、人間関係を修復する方法はどのようなものがあるのでしょうか?

そこで今回は、

  • 今すぐに人間関係を修復するべき人とそうでない人
  • 人間関係を修復するための具体的な3ステップ
  • 人間関係を修復するときに必ず気をつけるべきこと

について詳しく解説します。

この記事を見れば、こじれた人間関係の問題がわかり、以前のように良好な人間関係が築けるようになります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

人間関係がうまくいかない人の5つの特徴

人間関係がうまくいかない人の特徴

人間関係がうまくいかない人にはある共通点があります。

良好な人間関係が作れない方は、そもそも自分自身の普段のおこないが人間関係を悪化させている可能性もあります。

  1. 頑固で自分の意見を曲げられない
  2. 相手によって態度が変わる
  3. 真面目で完璧主義
  4. 精神的に問題を抱えている
  5. 空気が読めない

自分は同じことをしていないかどうか、自問しながら本文で具体的に詳しくみていきましょう。

1.頑固で自分の意見を曲げられない

自分の意見を曲げられない頑固な人は、人間関係がうまくいきません。

それは自己中心的で相手を尊重できていないので、人間関係を作りやすい心地よい環境を作れていないからです。

  • 自分の考えは全てが正しいと思っている
  • プライドが高い
  • 自分の考えに合わないと、イライラする
  • 例え間違っていても、間違いを認められない
  • 過去にトラウマがあり、自分を過剰に守る

上記のような頑固な態度では相手が心を開いてくれないばかりか、萎縮してしまうために人間関係がうまくいかないのです。

2.相手によって態度が変わる

相手によって態度をコロコロ変えると、人間関係の構築はうまくいきません。

態度を変えているのを目の当たりにすると、どれが本心なのか戸惑い、信用できなくなってしまうからです。

  • 人間関係を損得勘定でみている
  • 計算高い
  • 他人に優劣をつけている

といったことが態度に出ると、相手にいつ手のひらを返されるかわからないと不信感を与えます。

一貫した自分をもっていない印象になるため信用されず、人間関係がうまくいかないのです。

3.真面目で完璧主義

真面目で完璧主義な人は、人間関係がうまくいきません。

こういった人は自分だけではなく、相手にも同じように完璧を求めてしまいがちです。

  • 些細な過ちも許せない
  • 理想が高いので、相手にプレッシャーを与える
  • 「こうあるべき」という型にはめようとする
  • 冗談が通じない
  • 常に全力なため、相手を疲れさせてしまう

上記のような状態だと遊びがなく、相手が窮屈に感じてしまうので、真面目で完璧主義の人は人間関係がうまくいきません。

4.精神的な問題を抱えている

人間関係がうまくいかないのは、精神的な問題を抱えている場合があります。

職場や新しい環境にうまく馴染めない場合など、メンタルが原因であることを理解してもらえずに誤解が生じてお互いストレスを抱えてしまうためです。

  • 発達障害
  • 適応障害
  • 統合失調症
  • うつ病

このような問題がある場合は、うつ状態または精神的に不安定になり、無意識に攻撃的になる可能性もあります。

精神的な問題を根本的に解決するところから始める必要があり、人間関係のことを考える余裕がない状態といえます。

精神的に楽な仕事ランキング15|正社員でも楽な仕事はある?メリット・デメリットも解説

5.空気が読めない

空気を読めない人は、自分本位なので人間関係がうまくいきません。

周りが見えていないので全体の状況を把握できず、周りとの人付き合いで問題を引き起こしかねません。

  • 自分の話したいことばかりで、人の話を聞かない
  • 自分に甘いが、他人には厳しい発言をする
  • 視野が狭い
  • 自分のペースで行動する

このように、相手への思いやりがなく自分の気分を優先するために、人間関係がうまくいかないことも多いでしょう。


「仕事いやだな…」と思う瞬間、ありませんか?
今回DMM WEBCAMPでは、みなさんも一度は感じたことがあるであろう「仕事いやだな…」と思う瞬間を“あるある”にまとめてみました!
気持ちを晴らす気分転換の方法もたくさん紹介しています。
働く大人なら誰でも抱く悩みを共有しませんか?

そもそも人間関係の修復は本当に必要か?修復の必要がない3つのケース

人間関係修復の必要性

あなたにとって、こじれた人間関係の修復が必要な相手なのかどうか考えてみましょう。

実際のところ、あえて修復をせずに、このまま距離を取った方がいい相手の場合もあります。

  1. 自分の価値観を押し付けてくる相手
  2. 人に厳しく自分に甘い相手
  3. 自分の思いどおりにならないだけですぐに怒る相手

人間関係がこじれた相手に当てはまるのかどうか、それぞれ詳しくみていきましょう。

1.自分の価値観を押し付けてくる相手

自分の価値観を押し付けてくる相手は、人間関係を修復する必要がありません。

なぜなら、距離を保っていないと価値観の押し付けや干渉される機会が増えて疲れてしまうからです。

  • 自分の考えが一番正しいと思っている
  • 他人をコントロールしようとする
  • 相手のためと思い込んでいる
  • 正義感が強く、ルールにこだわる

というように、相手の価値観を認められない人は、どんなときも自分の意見を通そうとするでしょう。

自分を尊重してくれない人との繋がりは、ストレスが溜まるだけです。

仕事の選び方とは!持っておくべき7つの基準や探し方の切り口について解説

2.人に厳しく自分に甘い相手

人に厳しく自分に甘い相手とは、人間関係の修復の必要はありません。

自分を最優先に守るのでストレスが少ない生き方かもしれませんが、常に相手に攻撃的になっているので周りにいる人がストレスを抱えてしまうものです。

  • 自己愛が強い
  • 感情のコントロールができず、すぐ怒る
  • 自分に都合よく考える
  • 相手の気持ちや状況を考えることが苦手
  • プライドが高く、わがまま

など、あなたに攻撃がいつ向いて辛くなってしまうか分からないので、人間関係を修復の必要がないのです。

3.自分の思いどおりに行かないだけですぐに怒る相手

自分の思いどおりにいかないだけですぐ怒る相手とは人間関係を修復する必要がありません。

子供なら可愛いですが、大人がこうなると面倒なので、周りの人が気遣いに疲れてしまいがちです。

他人との関わりの中で誰もが多少の我慢はしているものですが、

  • すぐにキレる
  • いちいち嫌味をいう
  • あからさまに不機嫌になる

など、すぐに怒る人との付き合いは、周りの人が振り回されてしまうことでしょう。

何を言われても気にしないようにすることができないのなら、あえて人間関係を修復する必要はありません。

人間関係を修復すべき相手はこんな人!5つのパターンを解説

人間関係を修復すべき相手

人間関係を一刻も早く修復しなければあなたにとって不利な相手もいます。

悪影響を及ぼす前に、気まずくない程度には人間関係を修復するべきです。

  1. 毎日のように顔を合わせる相手
  2. 付き合いを辞められない相手
  3. 2人だけでなく周りに影響を与える相手
  4. トラブルが原因で人間関係が破綻した相手

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.毎日のように顔を合わせる相手

毎日顔を合わせる相手とは、割り切って早めの人間関係の修復が必要です。

嫌々続けていると、顔を合わせるたびに憂鬱になって生活に影響が生じてしまいます。

  • 職場
  • 学校
  • 家族または同居人

とくに上記のような場所はコミュニケーションを常にとらないと物事が円滑に進まないことが多いので、可能であれば関係修復できるように進めておきたいものです。

2.付き合いを辞められない相手

これからも付き合いをやめられない相手とは、問題が複雑になる前に人間関係を修復しましょう。

どんな状況であろうと、人間関係が悪いままでは同じ場所にいるあなたが疲れてしまいます

  • 職場やプロジェクトが同じ
  • 所属している業界が狭い
  • 生活の一部になっているコミュニティ
  • 同じ目標があって、今後も顔を合わせる人

など、誰にでもどうしても付き合いを辞められない相手がいるでしょう。

問題が大きくなったり複雑になったりする前に、一刻も早く人間関係を修復するべきです。

3.2人だけでなく周りに影響を与える相手

2人の関係だけではなく、それによって周りの人にも悪影響を与えてしまう関係性であれば、すぐにでも人間関係を修復することが望ましいです。

同じ組織内であれば2人だけの問題ではないので、ひとりでかかえこまずに信頼できる人に相談しましょう。

  • 物事が円滑に進まない
  • 険悪な雰囲気になって周りに気を使わせてしまう

といった問題があれば、私情はできるだけ抑えて関係を修復することをおすすめします。

例え相手に怒りの感情があっても、周りの人のことを思ってのことであれば怒りもおさまるでしょう。

周りの人も人間関係の修復に協力してくれるはずです。

4.一時の感情により人間関係が破綻した相手

一時の感情により人間関係が破綻した場合は、イライラの感情を落ち着かせてからの修復が必要です。

感情が昂っているときは、冷静さを失ってしまっています。

  • 周りの人のせいにしてしまった
  • 八つ当たりをしてしまった
  • 思ってもいないことや、余計な一言をいってしまった
  • 相手を傷つけてしまった
  • 雰囲気を悪くしてしまった

など、自分のしてしまったことを冷静に考えられるようになっているなら、感情の昂りは落ちついているはずです。

手遅れになる前に、関係性の修復を試みてください。

5.トラブルが原因で人間関係が破綻した相手

トラブルが原因で人間関係が破綻した場合は、人間関係を修復するべきです。

なぜならトラブルが起きた時は、イレギュラーな状態で冷静な判断ができていないことがあるからです。

  • 家族に予期せぬことが起きたとき
  • 仕事で大きなミスをしたとき
  • 事件などに巻き込まれたとき

時間が経つと、そのトラブルの詳細が鮮明ではなくなるので、記憶が薄れる前に一刻も早い人間関係の修復をしましょう。


今の仕事に悩み不満を抱えていませんか?
✔︎職場の人間関係に悩んでいる
✔︎今の仕事にやりがいを感じない
✔︎自分のキャリアについてもう一度考え直したい…
悩みはあるけど、人に相談しづらいということもあると思います。
そんな方に向けて、【DMM WEBCAMP】では無料のキャリア相談を実施しています!
プロのカウンセラーがあなたの悩みに寄り添い、一人一人に合った解決策を一緒に見つけていきます。
あなたのこれからのキャリアについて、一緒に考えてみませんか?

人間関係を修復する前に用意したい5つの準備

人間関係修復前の準備

人間関係を修復するための話し合いをする前には事前準備が必要です。

事前に原因や対策を考えることで、人間関係がよりこじれてしまうことを防げます。

必要な事前準備は以下のとおりです。

  1. 相手の気持ちを汲み取る
  2. 伝える手段や伝える内容を検討する
  3. 人間関係が壊れた原因を再検証する
  4. 相手ではなく自分が変化する
  5. 修復以外の可能性を覚悟する

ネガティブな印象を与えたり、攻撃させる隙を相手に与えないためにも、明るい雰囲気で適度に目を合わせ、声は小さくなりすぎないよう気をつけましょう。

それでは、それぞれ詳しく説明していきます。

1.相手の気持ちを汲みとる

人間関係の修復する前に、まず相手の気持ちを汲み取らないといけません。

相手はあなたとの修復を望んでいないのに、無理に修復しようとすると関係性が悪化してしまうからです。

  • 自分勝手な思い込みはしていないか
  • 繋がりを強要していないか
  • 相手への非難にならないか
  • 関係修復がお互いにとっていいことなのか

など、まずは自分本意ではなく相手の気持ちをきちんと汲み取りましょう。

人間関係の修復は、双方が望んで初めて成立するものです。

2.伝える手段や伝える内容を検討する

人間関係を修復する手段や内容を、相手の生活スタイルや性格に合わせてよく検討しましょう。

受けとる状況や手段によって伝わり方が違うからです。

  • 時間をとって直接会う
  • 手を煩わせないようメールで連絡する
  • せめて会話がしたいので電話を使う

など、相手の性格や忙しさなどを考慮する必要があります。

メールなど文章で伝える場合は感情的になっているときを避けて、できれば一晩置いて感情や気持ちがフラットな状態で読み返してから送信しましょう。

3.人間関係が壊れた原因を再検証する

人間関係が壊れた原因をじっくり再検証することも大切です。

関係が崩れてしまった原因があなた自身にある場合は、また別の場面で人間関係を崩してしまう可能性があります。

  • 関係性が壊れた内容
  • 関係性が壊れた表現方法
  • 以前からわだかまりがなかったかどうか

など、自分に落ち度がなかったかよく検討する必要があります。

原因をはっきりさせることで初めて、自分が取るべき対応を考えることができます。

4.相手ではなく自分が変化する

人間関係を修復するためには、相手ではなく自分が変化することが大事です。

相手に非があると思っていても、あなたにまったく非がないということはあまりありません。

相手に求めるのではなく、

  • なぜ相手のことが苦手なのかをよく考える
  • 自分を理解してもらうために、まずは自分が相手を理解する

など、自分から変わることを意識してみましょう。

相手を無理に変えようとすればするほど、相手の心は閉じてしまいます。

まずは自分が変わることで相手に誠意が伝わり、お互い歩み寄ることができます。

5.修復以外の可能性を覚悟する

壊れたものにはそれなりの大きな原因があるので、人間関係の修復以外の可能性もあることを覚悟をしましょう。

しかし話し合いは無駄ではなく、相手の態度を緩和させたり、関係性を改善するなどの問題解決ができます。

  • 挨拶はできるようになった
  • 前ほどの仲は取り戻せずにいる
  • 2人で過ごすことはなくなった

など、修復できたとしても自分の望む関係性にならないことも考えられます。

きちんと解決して同じまちがいを起こさないように覚悟を決めて話し合いましょう。

こじれた人間関係を修復するための3つのステップ

人間関係修復への3ステップ

こじれた人間関係を修復するためのステップを具体的に説明します。

問題があった人間関係を元に戻すことは、何もない状態から構築するよりも難しいため、しっかりと頭に刻み落ち着いて取り組みましょう。

  1. 絶えず笑顔で接する
  2. 相手の話をよく聞く
  3. 相手を承認する

こじれた人間関係を修復するための手順を詳しくみていきましょう。

1.絶えず笑顔で接する

自分が笑顔になれば相手もつられて笑顔になるので、対面で話し合う時は絶えず笑顔で接しましょう。

人間関係の修復の話し合いは緊張して顔が強張ってしまいがちですが、話しやすい和やかな雰囲気が出て、打ち解けやすくなります

  • 努めて笑顔で接する
  • 努めて声を高めにする
  • 語尾もはっきりと話す
  • 口角を上げて話す

このように明るい雰囲気を出すとお互いポジティブ思考になり、話が円滑に進みやすくなります。

2.相手の話をよく聞く

どうしても自己防衛をするために、自分の主張を話したくなりますが、まずは相手の話をよく聞きましょう。

相手の意見に耳を傾けて受け入れないと、相手は心を開いてくれずに話し合いは前に進みません

  • 相手の主張を理解する
  • 相手の視点で考える
  • 相手の気持ちになる

反論したいこともあるかもしれませんが、和解するためにはまずは相手の話をよく聞き受け入れ、本音で話しやすい状況を作ることです。

3.相手を承認する

人間関係を修復したいのであれば、相手を承認することが大切です。

相手は「自分は認められている」とわかると、あなたへの感情が肯定的なものになり、話し合いが円滑に進みやすくなるものです。

  • 結果
  • プロセス
  • 行動
  • 意識
  • 存在

これらに対して相手を承認して、相手の視点になることで、その時の相手の気持ちになることが大切です

人間関係を修復する上での5つの注意点

https://www.shutterstock.com/ja/image-vector/family-couple-quarrel-divorce-aggression-conflict-1770564185

こじれた人間関係を良好な状態に戻すことは、決して簡単なことではありません。

関係が悪化した原因が深刻であれば、完全に修復することは難しい場合もあるでしょう。

そのため、人間関係を修復するためにはいくつか注意すべきことがあります。

  1. できるだけ早く修復に努める
  2. 言い訳は絶対にしない
  3. 相手を批判することは言わない
  4. 心にもないことを言わない
  5. 素直な気持ちを伝える

今回はこの5点をまとめました。
それぞれの項目を詳しくみていきましょう。

1.できるだけ早く修復に努める

人間関係はできるだけ早く修復に努めるべきです。

お互いに不満に感じている期間が長いと、より印象が悪くなりがちです。

  • 相手の行動に悪意を感じてしまう
  • 誤解や勘違いがそのままになってしまう

など、不仲である時間が長いほど傷が深くなってしまうので、できるだけ早く解決しましょう。

2.言い訳は絶対にしない

印象が悪くなるので、話し合いの場で言い訳は絶対にしてはいけません。

人間関係が修復できても、また同じことを繰り返すと思わせてしまい、話し合いをすることを無駄に感じてしまうからです。

  • 自己防衛をしているを思わせる
  • 自分勝手な印象を与える
  • また同じことを繰り返すと感じさせる
  • 信頼を失う

上記のようなネガティブな結果を招くこともあるので、言い訳をしてプラスになることはありません。

今まで解決に導くために試行錯誤したり我慢していたものが水の泡になってしまいます。

3.相手を批判することは言わない

人間関係を修復したいのであれば、話し合いの場で相手を批判することは言ってはいけません。

それでは相手にけんかを売るようなものです。

相手を非難すれば、

  • 話を聞いてもらえない
  • 心を閉ざされる
  • 話し合いを拒否される

など、話し合いの意味がなくなってしまう可能性があります。

例え相手の行動や言動が悪かったとしても、話し合いの目的は人間関係を修復するためのものです。

何をするための話し合いなのか目的を再確認して、歩み寄る努力をする必要があります。

4.心にもないことを言わない

相手とこれからも関わるのであれば、心にもないことは言ってはいけません。

人間関係を修復したいばかりに心にもないことを言ってしまうと、嘘をついていることと変わらないので信用されないからです。

  • 悪いと思ってないことも謝る
  • 相手の条件を納得がいかないのに、全て受け入れる
  • 自分さえ我慢すれば丸く治ると考える

このような薄っぺらい話し合いでは一度こじれた人間関係を修復することはできませんので、きちんと誠意を持って対応しましょう。

5.素直な気持ちを伝える

心を落ち着かせたら、素直な気持ちでその思いを相手に伝えましょう。

内省して素直な気持ちを伝えれば、相手もあなたの話を聞く姿勢になって想いが伝わりやすくなります。

普段は言いづらくても、下記のような行動をとり、素直になってみましょう。

  • 悪いと思ったことを謝る
  • 何を期待していたのか正直に伝える
  • 離れていたときの気持ちを伝える

相手に心を開いて欲しければ、先に自分が心を開くことが大切です。

まとめ:人間関係を修復は相手の意思を理解することが大切

人間関係を修復するためには、自分本意ではなく、相手の意思を理解して尊重することが大切です。

誠意を持って心を開き話し合うことでピンチがチャンスになり、今まで以上のいい関係が築くことができます。

しかし関わる人全員から好かれることはないので、職場などで人間関係の修復が難しい場合は、転職して気分と環境を変えることが自分を守る方法として大事なことです。

人間関係でのストレスは精神的にも辛くなってしまうので、自分自身が壊れてしまわないよう早めの解決をするべきなのです。

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2022 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5