「仕事疲れた…」辞めたい理由に応じた対処法とリフレッシュ法を解説!限界を感じた時の解決策とは | WEBCAMP NAVI
【5月の受講枠も残りわずか】

「仕事疲れた…」辞めたい理由に応じた対処法とリフレッシュ法を解説!限界を感じた時の解決策とは

仕事 疲れた 辞めたい

「仕事が嫌になってきてもうやめたい…」
「仕事を続ける自信がない、自分は今後どうすればいいの?」

と思うことはありませんか?

仕事を辞めようとしても、生活するための金銭面や、転職活動の大変さを想像して、なかなか決断できないですよね。

では、今後の対策としてはどのようなものがあるのでしょうか?

そこで今回は、

  • 仕事をやめたいと思ったときの理由別の対処法
  • 仕事のストレスを軽減させるためのリフレッシュ法
  • 仕事の限界を感じてやめたいと思ったときの行動の仕方

について詳しく解説します。

この記事を見れば仕事がやめられずに悩んでいる気持ちがが必ず解消されます。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

「仕事に疲れたから辞めたい」と感じるのはどんなとき?9個のパターンを解説

仕事疲れたから辞めたいと思ってる人

「仕事に疲れたいから辞めたい」と感じるときのパターンは9個に分かれます。

仕事に疲れて辞める原因は、人間関係や金銭面などさまざまです。

上記のパターンごとに仕事が辛くなる流れを解説していきます。

1.職場の人間関係がうまくいかない

他人を変えることができず、人間関係で悩む方は多いです。

職場だと、世代や役割によってさまざまなタイプの人と関わるので、必然的にストレスは溜まります。

  • 何かあるごとに足を引っ張ってくる同僚
  • 口調が強くパワハラ気質の上司

自分を変えることができても、他人の全てを変えることはできません。

だからこそ、人間関係面で仕事に疲れて辞めたいなと思ってしまいます。

人間関係苦手のアイキャッチ画像 人間関係が苦手な人の10個の特徴と9つの改善方法を状況別に解説

2.仕事量が多くプライベートの時間が確保できない

プライベートの時間が最低限確保されないと仕事が辛くなります。

休日出勤や残業が当たり前の会社だと、業務量が増えてストレスは溜まりやすいです。

  • 就業時間内に仕事が終わらないとサービス残業
  • 会社で終わらない仕事は家に持ち帰る

上記のケースのように、自分の要領が良くないと消耗してしまい悩みや不満につながるのです。

会社の方針や個人の能力で変わりますが、最低限のプライベートの時間がないとリフレッシュできません。

3.うつ状態になるなど精神的に耐えられない

うつ病になって精神的に耐えられないケースは、仕事が辛く辞めたいと体がSOSを出している状態です。

体力的にも精神的にも限界が来ている状態だと、うつ状態になります。

  • 仕事中に涙が自然と流れる
  • 通勤中に足が止まり電車に乗れない
  • 職場にいると動悸が止まらない

このような状態はうつ状態で、仕事に対する辛さに我慢ができず体が危険信号を出しているといえます。

うつ病に限らず、精神的に限界を感じているときは、仕事でストレスをかなり抱えているサインなので注意です。

4.結婚や介護など家庭の事情が変化した

結婚・介護・育児など、家庭の事情が変化すると働きづらくなります。

家庭の事情はイレギュラーなことが多く、予測不能な出来事により、仕事よりも家庭事情に優先順位が上がる可能性があるからです。

  • 家族の看病や介護が必要になる状況
  • 出産など子育てが大変になる状況
  • 親の介護のために自分の時間を削らないといけない状況

このような状況になると、今の会社で大丈夫か不安に思うでしょう。

状況によって、仕事よりも家庭の事情を優先するケースが出てきた場合、仕事を辞めたいなと思ってしまいます。

5.将来に不安を感じている

会社を辞めたいと思う理由の1つとして、会社や自分の将来性に不安を感じることが挙げられます。

  • 会社自体の業績が悪く経営が悪化している
  • 勤務先でのキャリアアップが想像できない
  • 業界の先行きが不安である

と多くの理由により「このまま働いていて大丈夫かな?」と漠然とした不安を感じることでしょう。

特にいまだと、新型コロナウイルスの影響や通信技術の発展により、将来の見通しは、よりつきにくいです。

そんな中で、会社や自分の将来性に対して不安を抱えてしまうことは仕方がないです。

6.業務内容にやりがいを感じない

業務内容にやりがいを感じないのも、仕事を辞めたいなと感じる理由の1つです。

合わない仕事を続けても、成長を感じずマンネリ化して自信を失うからです。

  • 内気な性格なのに営業の仕事についている
  • 計算ミスが多いのに事務作業の担当である

このように、自分のなかで不向と感じる仕事は、成果を上げづらいので注意です。

頑張っても期待に応えられず、やりがいを感じない場合は、仕事が辛くなる予兆です。

7.給料が上がらずモチベーションが低下している

仕事のモチベーションとなる給料が上がらないのも、仕事を辞めたくなる理由の1つです。

仕事のやりがいがあっても、給料が見合わないと、これ以上頑張る意味があるのか不安になります。

  • 会社に対して自分がどれだけ貢献したか
  • 会社側があなたに対して信頼・期待しているかの数値化

今のあなたの給料額を分解すると、上記の理由になります。

もし自分のスキル以上に給料が合わないなら、モチベーションが下がり仕事を辞めたくなるのも当然です。

8.頑張りを評価してもらえない

頑張っても評価されない状況だと、仕事のモチベーションは下がり辞めたくなってしまいます。

努力量に応じた正当な評価がなく、キャリアアップの可能性も見えないとやる気は消失します。

  • 自分よりも仕事ができない同僚と同額のボーナスだった
  • 仕事に対する評価は高いはずなのにキャリアアップしない
  • 成果を出しても昇給・昇格しない

仕事ぶりを評価されているのに、見合った待遇や給料がもらえないと嫌になります。

努力しても報われないなら、モチベーションはジワジワと下がっていきます。

9.社風に馴染めない

会社の雰囲気が合わないと、じわじわと仕事を辞めたいなという気持ちにつながります。

自分の性格と社風がかけ離れていると、居心地が悪いと感じるからです。

  • 体育会系でゴリゴリ働くことを勧めるの営業会社
  • 上品に振舞うことが社風として当たり前の会社
  • やる気のない社員ばかりで張り合いのない会社

自分のなかで、会社に違和感を覚えながら働くことは、精神的な消耗を積み重ねてしまいます。

社風や雰囲気という部分が、自分にマッチしているかどうかで仕事に対するモチベーションは大きく変わります。

仕事を辞めたいときに適切ではない3つの行動

いくら仕事が疲れていても適切ではない行動

いくら仕事を辞めたいからといっても、とらない方がいい行動があります。

  1. 勢いで辞めてしまう
  2. 周りの人と比較してしまう
  3. 暴飲暴食など過度なストレス発散

疲れているときに、思い切った行動で、のちのち後悔した経験がある方も多いのではないでしょうか。

上記の行動をとらない方がいい理由について、解説していきます。

1.勢いで辞めてしまう

あまりにも仕事に対する不満が膨れ上がり、衝動的に辞めてしまう行動は注意です。

冷静に考えることで、辞めなくても自分が納得できる選択肢を考えられるかもしれないからです。

  • 上司としっかり話し合って折り合いがつく可能性はないか
  • 異動などで環境や人間関係を変えられないか
  • 仮に仕事を辞めたあとに転職活動ができる準備は整っているか

感情を落ち着かせて、少し冷静に決断することで、大きな選択ミスは防げます。

ですので、感情的になり勢いで会社を辞める選択肢は、極力とらないように気をつけましょう。

2.周りの人と比較してしまう

周りの人と比較してしまうことも疲れた時にとる行動としてはお勧めできません。

必要以上に比較することで「自分は能力不足だ」と落ち込んでしまうからです。

  • 自分と比べて周りの人はできる人ばかり
  • 仕事での評価が気になり仕事に集中できない
  • ミスや失敗を遅れてパフォーマンを発揮できない

周りと比較をすればするほど、結果的に自分の自信を失ってしまいます。

疲れたときは、ついつい人と比較して一喜一憂してしまいます。

そんな時こそ、頑張ってきた自分を労り、比較せずに自分を認めるといいでしょう。

3.暴飲暴食など過度なストレス発散

暴飲暴食などの行きすぎたストレス発散にも注意しましょう。

一時的にスッキリできても、忘れた頃にどっと疲れが押し寄せてくるからです。

  • 居酒屋で朝まで暴飲暴食
  • 栄養ドリンクの過剰摂取
  • 後先考えずに好きなものを大人買い

これらのストレス発散は一時的なものなので、ふと冷静になったときに後悔したりとダメージが大きいです。

いくら仕事で疲れていても、のちのちの自分が後悔しないようなストレスの発散の仕方を考えるといいでしょう。

仕事のストレスがもう限界!働き方を変える3つのポイントと今すぐ可能な解決策とは?

仕事に疲れた!辞めたい!そんな気持ちを発散させる対処法6選

仕事に疲れた気持ちを発散させる対処法

仕事に疲れて辞めたい気持ちが溜まりに溜まったときは、気持ちを上手に発散させるといいです。

  1. 趣味の時間を充実させる
  2. 適度に体を動かす
  3. レジャーや旅行を楽しむ
  4. 美味しいものを食べる
  5. 家族や友人との時間を満喫する
  6. リラクゼーションで心身を癒す
  7. 思い切って転職も視野に入れる

仕事でストレスは溜まりがちなので、趣味や娯楽などでこまめにストレスを発散してみましょう

順番に解説していきます。

1.趣味の時間を充実させる

ストレス発散の方法として、自分の好きな趣味の時間を作ることも大事です。

好きなことに没頭すれば、気持ちも次第に晴れるからです。

  • カラオケ
  • スポーツ
  • 映画やアニメ
  • 部屋の掃除
  • 何もしない時間をつくる

休日の日こそプライベートの時間を増やすことで、大きなストレス発散になります。

ぜひ、趣味の時間を充実させてみてください。

性別・年齢別趣味一覧の画像 [趣味がなくても即見つかる!]大人の趣味一覧全38選を性別・年齢別で公開

2.適度に体を動かす

適度に体を動かすと気持ちを切り替えることができてリフレッシュになります。

ジョギングや水泳などの有酸素運動は、脳を刺激してストレスを和らげてくれます。

また、一定の動きをくりかえす運動は、神経伝達物質のセロトニンを活性化し、不安な気持ちやイライラを解消します。

  • ランニング
  • ウォーキング
  • なわとび

上記の運動は、気持ちを落ち着かせる効果があるのでおすすめです。

空き時間に体を動かすだけでも気分転換になるので、意識してみるとよいでしょう。

3.レジャーや旅行を楽しむ

レジャーや旅行などの非日常的な体験をすると、仕事のことを忘れて気持ちを切り替えられます。

いつもと違う体験をすると、気分が爽快になり大きなストレス発散になるからです。

しかし、レジャーや旅行でも度を越えすぎるのは注意です。

  • 羽目を外しすぎる
  • 長時間の移動で疲労がたまる
  • レジャー体験で体力を使い果たす

精神的な面でリラックスしやすいですが、体力部分を消耗しないよう注意が必要です。

とはいえ、数カ月に1回でも近場の旅行をするだけでも、ストレス発散には効果的です。

4.美味しいものを食べる

仕事が忙しいとしっかり食事を摂ることも忘れがちなので、美味しいものを食べてリフレッシュしましょう。

美味しいものを食べることで、ストレス発散に加えて仕事で疲れた体にエネルギーを補給できます。

  • 出来る限り栄養価を考えて食事を摂ること
  • 暴飲暴食などはしないこと

上記のことを意識すれば、身体に負担をかけなくてすみます。

たまには、自分の好きなものを食べながら心身ともにリラックスさせることも大事です。

5.家族や友人との時間を満喫する

休日の時間に、家族や友人など大切な人との時間に充てることも、ストレス発散の方法の1つです。

特に気の許せる友人と過ごす時間は、大きなリラックス効果があります。

  • 家族と一緒にご飯を食べに行く
  • 気の許せる友達と飲みに行く
  • 恋人とゆっくり流れる時間を楽しむ

自分が1番気を許せる人との時間を、定期的に確保することでガス抜きができます。

ストレスがたまったときこそ、家族や友人との時間を大切にしてみてはいかがでしょうか。

6.リラクゼーションで心身を癒す

エステやマッサージなどのリラクゼーションで心身ともに癒す手段もあります。

気がつかないうちに仕事の疲労は蓄積するので、気持ちが元気でも定期的にリラクゼーションで施術を受けると楽になります。

  • ストレスの解消
  • 免疫力を高める
  • 自律神経のバランスを整える
  • 疲労の回復

リラクゼーションには、上記のような効果が得られるため、金銭的な余裕がある場合は受けてみましょう。

7.思い切って転職も視野に入れる

上記の手段を実行しても気分が晴れない場合は、思い切って転職も視野に入れるといいでしょう。

ストレス発散しても仕事が辛すぎたり、職場の人間関係が修復可能なレベルだと、職場を変えることが1番の解決方法になるからです。

  • 現状を改善できないか考える
  • 自分で息抜きやリフレッシュをしてみる

上記の2ステップで仕事の不満やストレスが変わらないのであれば、自分の行動を変えるほうが早い場合もあります。

最終手段として、転職活動を始めるという選択肢を頭に入れておくのも、余裕ができるのでおすすめです。

「疲れたなんて言えない…」会社や家族に仕事を辞めたいことを伝える方法

会社に退職意思を伝える方法

仕事を辞めようと思っても、会社や家族に仕事を辞めることを伝えるのには勇気がいるものです。

そんなあなたが、仕事を辞めたいときに取るべき手段は以下の通りです。

  1. 会社に言い出せない人は相談できる相手を1人でも作る
  2. 家族には転職のメリットを説明する

1人で抱え込まずに、周りの人に納得いくような状況を作ることが大事です。

そのための手段について、1つずつ解説していきます。

1.会社に言い出せない人は相談できる相手を1人でも作る

会社に相談できる人がいない場合は、社内で相談できる相手を1人探し、味方になってもらうことから始めましょう。

1人で考えても、悩みは深くなり状況は変化しないからです。

  • 社内で信用できる人に悩みを打ち明けて思考を整理する
  • 状況を打破するためのアドバイスを他人からもらえる
  • 人に相談することで客観的に状況を把握できる

相談相手がいるだけで、会社を辞める際には大きな支えになります。

会社に直接伝えることができない人こそ、社内で相談相手をまずは1人でも見つけましょう。

2.家族には転職のメリットを説明する

家族には、仕事を辞める理由と納得いく転職理由を伝えて、不安要素を取り払うことが大事です。

納得いかないまま仕事を辞めた場合、家族の信頼関係が崩れる危険があるからです。

転職をすることで得られるメリットを説明すると、家族関係に亀裂が入らず納得してもらいやすいです。

  • 転職することで給与が上がる
  • 残業が減ることで家族と過ごす時間がさらに増える
  • 福利厚生が手厚く生活にゆとりができる

転職のメリットを説明することで、納得しやすくなるため、しっかりと説明しましょう。

「仕事が疲れた…」辞めたい意志が固まったら取る7つの行動

辞めたくなったら取るべき行動

仕事が疲れて、もう辞めるしか選択肢がないと意思が固まったときに取るべき行動は以下の7つです。

  1. 部署異動など辞めない方法を模索する
  2. 転職活動のための情報収集をする
  3. 自分の市場価値を高める
  4. 引継ぎの準備を始める
  5. 退職理由と伝え方を考えておく
  6. 転職先が決まってから退職の報告をする
  7. 会社に返却するものをまとめておく

辞める意思が固まったら、勤務先の会社へのやりとりや転職先の会社を探すための行動まで幅広いです。

上記の行動について詳しく解説していきます。

1.部署異動など辞めない方法を模索する

部署移動などで辞めなくても解決する方法を一度探しましょう。

辞めたいと感じた理由が、部署や職務内容だった場合、仕事を辞めなくても部署移動で解決することがあるからです。

実際、仕事を辞めないことで得られるメリットもあります。

  • 積み重ねた社内での実績や信頼をキープできる
  • 本当に転職をする際に転職回数が少ない方が有利である
  • 長く働くことで昇進や退職金など給料面で得をする

いまの仕事が不向きでも、会社を辞めずに解決できる選択肢があるなら、精神的な負担も少ないです。

まずは一度、仕事を辞めなくても自分の不満が解消できる選択肢がないか確認してみましょう。

2.転職活動のための情報収集をする

部署移動などで解決できない場合は、今の仕事と同時並行で転職活動を始めるのがオススメです。

理由としては、

  • 転職活動をすることで精神的余裕が生まれ、今の仕事の不満が消える可能性がある
  • 転職先で満足できる労働環境や待遇を見つけることができる

転職活動で他の会社をみることで、客観的にいまの会社の給料・将来性・待遇などの判断することができます。

転職活動を始めるデメリットは少ないので、転職活動のための情報収集をするといいでしょう。

3.自分の市場価値を高める

仕事を辞める意思が固まったなら、自分の市場価値を高めるための行動をとるのがベストです。

なぜなら、自分が求める理想の職場に転職できる可能性が上がるからです。

具体的な方法としては、

  • 自分のスキルや経験を棚おろしして現状を把握する
  • いまの仕事でスキルを伸ばすための努力をする
  • 自分のスキルと相性の良い業界とのかけあわせを考え転職する

自分の市場価値を高めておけば、転職先の会社でも評価されやすいです。

仕事を辞める前から、市場価値をあげられるような行動を意識していきましょう。

4.引継ぎの準備を始める

会社を辞める場合、周りの人に迷惑をかけないように、業務の引き継ぎを行いましょう。

引き継ぎをしっかりすることで、後ぐされのない退職ができます。

引き継ぎをする際のコツはこちらです。

  • 退職日の3日前までには引き継ぎを完了させる
  • 仕事の進め方やトラブルの対処法などこと細やかに伝える
  • 社内外へのあいさつをしっかりと済ませておく

気持ちいい関係性を築いたまま退職するためにも、業務の引継ぎは確実にしておきましょう。

5.退職理由と伝え方を考えておく

退職するなら仕事を辞める理由と伝え方を考えておきましょう。

直属の上司が納得できる正当な理由であれば、円満退社できるからです。

  • これまで仕事を通してお世話になったことに対する感謝の気持ち
  • 退職後も会社でのつながりを大切にしていきたい気持ち

この2つをしっかり伝えることで、上司も嫌な気持ちにならずに退職の理由を受け取れます。

職場を離れても再開する可能性を考え、円満に退社できるような退職理由を準備し、伝えるようにしましょう。

6.転職先が決まってから退職の報告をする

退職の報告をするときは転職先が決まってからにしましょう。

転職先が決まる前に辞めてしまうと、収入の不安が大きく、金銭的な余裕がなくなるからです。

  • 仕事をしながら余裕をもって転職活動をする
  • 金銭面の不安を抱えながら転職活動をする

精神的状況が変われば、転職活動の成功確率も大きく変わってきます。

先に退職をしてしまうと余裕がなくなり「とにかく仕事があればいいや」と、転職先を吟味せずに決めてしまうリスクもあります。

だからこそ、転職先の仕事が決まってから退職理由を伝えることが大事です。

7.会社に返却するものをまとめておく

仕事を辞める際には、会社から貸してもらったものを返却するために荷物をまとめておきましょう。

会社の経費で購入・貸与されたものは原則、退職時に全て返却する必要があります。

  • 身分証明書・社員証・入館証・名刺など社員としての証明物
  • 会社から支給される通勤定期券
  • 健康保険被保険者証

紛失などして以上のものが返却できない場合、会社によっては弁償などの罰則があるので注意です。

転職活動が進むと忙しくなるので、空き時間にでも会社に返却するものをまとめておくといいです。

まとめ:仕事に疲れたなら自分に合う会社を探してみるのも視野に

  • 仕事に疲れて辞める理由は人間関係や金銭面が多い
  • 仕事に疲れたときはストレス発散を意識する
  • 辞める意思が固まったら引継ぎや理由説明などの準備が不可欠

仕事に疲れた場合は、自分で出来る行動として、部署移動やリフレッシュ方法を試すのが効果的です。

自分で状況を変えられるなら、問題解決は比較的簡単になります。

しかし、ストレス発散をしても仕事のモチベーションが上がらず、職場の人間関係が修復不可能など対応できない場合もあります。

そんなときは、思い切って転職活動をするという手段もあります。

最終的に、自分に合う会社で働けるように、状況に応じて仕事の不満やイライラは対策していきましょう。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点