人間関係がだるい人へ|面倒なストレスから解放されるための7つの対処法

2021.09.06
人間関係 だるい

「人間関係が面倒だ」
「人間関係の悩みで押しつぶされそう」

と思うことはありませんか?

人間関係のストレスから解放されたいと思っても、何からすべきかと迷ってしまいますよね。

では、人間関係に疲れたときには、どのような改善策があるのでしょうか?

そこで今回は、

  • 人間関係に疲れてしまう原因
  • 人間関係ストレス度チェック
  • 面倒な人間関係から解放されるための対処法

について詳しく解説します。

この記事を読めば、ストレスだらけの人間関係から開放できるようになります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

人間関係がだるくなるのはなぜ?あなたが人間関係に疲れる5つの要因

人間関係に疲れる原因

人間関係で「だるい」と感じるのには原因があります。

問題解決につなげるためには「そもそもなぜだるく感じるのか」を知るべきです。

  1. 人に嫌われたくないと思っている
  2. いい人を演じていて、自分を出すのが得意ではない
  3. 相手の言葉を深読みしすぎている
  4. 周りの目を気にしすぎている
  5. 疲れる人と一緒にいる

上記のようなことを考えていると、人間関係に疲れてしまいますので細かくみていきましょう。

人間関係 難しい【距離を置く勇気も】人間関係が難しいと感じる7つの原因と改善するための対処法

1.人に嫌われたくないと考えている

人間関係に疲れてしまう人は、必要以上に人に嫌われたくないと考えています。

嫌われるということは、自分を否定されたように感じがちです。

人気の芸能人やレストランでも賛否両論あるように、あなたも周りの人全員に好かれることはありえません

人の好みはそれぞれであり、人に嫌われたくないと考えると人間関係に疲れてしまいます。

2.いい人を演じていて自分が出せていない

人間関係で疲れてしまっている人は、いい人でなければならないと思い、自分が出せていないことがあります。

いい人でいなければならないという使命感なのかもしれませんが、自分が疲れてしまうと元も子もありません。

  • 自分の意見が違う場合も、人に合わせてしまう
  • 頼まれたことが、断れない
  • 協調性が強く、主張ができない

上記に心当たりがあるのなら、無意識にいい人を演じていることが多いでしょう。

3.相手の言葉を深読みしすぎている

人間関係に疲れる人は、相手の言葉を深読みしすぎていることがあります。

想像力が豊かすぎるあまり「悪く思われたらどうしよう」と不安になってしまうことから、深読みは発生しがちです。

  • 言葉を素直に受け止められない
  • 褒められても、誰にでも言うお世辞だと思う
  • 相手の会話の言い回しや、単語に違和感を覚えることがある
  • 言葉の節々を拾い上げてしまう

これらのことに思い当たることがあれば、人間関係をだるいと思っても無理はありません。

4.周りの目を気にしすぎてしまう

周りの目を気にしすぎてしまうと、人間関係に疲れてしまいます。

それはまわりからの評価を気にしすぎたり、理想像に自分を合わせていて、無理が生じているからです。

  • 自分に自信がなく、自己肯定感が低い
  • 周りの人に嫌われるのが怖い
  • 人を信じることができず、警戒心が強い

周囲の人の理想像は十人十色なので、上記のように周りの目を気にしすぎてしまうと、人間関係に疲れてしまうのです。

5.疲れる人と一緒にいる

人間関係に疲れたと感じるのは、あなたが疲れる人といることが原因です。

誰にでも波長が合わない人、苦手な人はいますが、全員と仲良くしなければならないと思い込んでいるのです。

  • 一緒にいたくないけど、無理して一緒にいる
  • 合わないと感じるけど、距離をおくタイミングがわからない
  • 疲れると感じるけど、自分さえ我慢すれば丸く収まるので犠牲になっている

上記のようなことを思いながら、疲れる人と一緒にいるとあなたがストレスを感じるようになり、人間関係に疲れてしまいます。


今の仕事に悩み不満を抱えていませんか?
✔︎職場の人間関係に悩んでいる
✔︎今の仕事にやりがいを感じない
✔︎自分のキャリアについてもう一度考え直したい
悩みはあるけど、人に相談しづらいということもあると思います。
そんな方に向けて、【DMM WEBCAMP】では無料のキャリア相談を実施しています!
プロのカウンセラーがあなたの悩みに寄り添い一人一人に合った解決策を一緒に見つけていきます。
LINEでカンタン予約!

人間関係をだるいと感じる4つのシチュエーション

人間関係が面倒だと感じるシチュエーション

周囲との付き合いで面倒くささを感じる場面は、いくつか共通したポイントがあります。

人と人との関わりなので、多少の衝突は起こりうるものです。

とはいえ、以下のような機会があまりにも多い場合は、どうしても精神的に疲れてしまうものです。

  1. 意見が対立する人との仕事
  2. 上司からいろいろと干渉されるとき
  3. 気を使う人と一緒にいるとき
  4. 仕事以外の時間も付き合わされるとき

これらの場面に心当たりがある方は、人間関係にストレスを感じやすい環境下にいるといえるでしょう。

では細かくみていきます。

1.意見が対立する人との仕事

意見がよく対立する人との仕事は、だるいと感じてしまいます。

考え方が相手と違っていると、討論になってしまうこともあるでしょう。

「前はそうだった」「前からこのやり方だ」など昔からのやり方を重んじる人と、新しいものを取り入れて効率重視の人とはお互いの意見をなかなか尊重できません。

分かり合えれば強力な仕事のパートナーとなることがあるかもしれませんが、意見が対立する人との仕事は疲れてしまいます。

2.上司からいろいろと干渉されるとき

上司から過度な干渉されると、人間関係がだるいと感じたり、恐怖にすら感じる人もいます。

たしかに、仕事のミスが続いた場合は上司に干渉されても仕方ないことです。

ですが、過度な干渉は仕事の効率が悪くなるため、人間関係を煩わしく思うことも仕方がありません。

  • 無駄な指示が多い
  • 部下を試すことで、自分の満足させている
  • 自己顕示欲の強い上司に多い
  • プライベートにも口を出してくる

上記のような過度な干渉があると、上司という人間関係から威圧的に感じてしまい強いストレスを感じます。

3.気を使う人と一緒にいるとき

一緒にいて気を使う相手だと、人間関係がだるいと感じます。

自分の気持ちよりも、相手のご機嫌に合わせなければならないと、付き合いに面倒くささを感じることでしょう。

  • 自分基準の細かいところに気づき、店員にすぐクレームを入れる
  • ニュースなど入ってきた情報に対して、常に批判的
  • 他人の意見は聞き入れないけれど、自分の意見を永遠に語る
  • 他人の揚げ足を取るのが得意
  • 長い世間話に付き合わされる

上記のような人と一緒にいると、周りとの調和に気を使い疲れてしまうので人間関係がだるいと感じがちです。

4.仕事以外の時間も付き合わされるとき

職場で仕事以外の時間も付き合わされると人間関係がだるいと感じます。

付き合いに参加しなければ仕事に影響が出るのでは、と考えてしまい、誘いを断りづらいからです。

  • 執拗に飲み会に誘ってくる現場
  • 歓迎会、送別会、誕生会、決起会などなにかと集まる機会が多い職場
  • 上司がお酒や、麻雀などが好きな場合
  • 直属上司が家庭で孤独、もしくは独身の場合

上記のような場合は仕事以外にも付き合わされることが多くなり、人間関係がだるいと感じることが多いでしょう。

こんな人といるのは疲れる!付き合いたくない人の5つの特徴

付き合いたくない人の特徴

生活をおくるうえで、どうしても付き合いたくない人と関わらなければならないときもあるでしょう。

相手目線になれない人との関わりは、どうしても面倒に感じてしまうものです。

  1. 人の話を聞かない人
  2. マウンティングしてくる人
  3. 悪口や愚痴ばかりいう人
  4. 第三者の目の前で自分をけなす人
  5. 話が通じない人

上記のパターンの人と関わるのは「だるい」と感じることでしょう。

それぞれの項目を、細かく解説していきます。

1.他人の話を聞かない人

他人の話を聞かない人と付き合っていると、一緒にいる人が疲れてしまいます。

何かを伝える際に、話を伝える側の人間は、必要以上の労力が必要になるでしょう。

  • 後日「そんな話は聞いてない」と言われてしまう
  • 話を伝える側の人間は、情報共有に膨大な時間がかかってしまう

上記のようなことから、他人の話を聞かないような、自分勝手な人と一緒にいると消耗して疲れてしまうのです。

2.マウンティングをしてくる人

家族の自慢やマウンティングをしてくる人は疲れてしまうので、付き合いたくない人の特徴の1つです。

そもそも相手の家族のことなんて深く知らないのに、自慢話をされても全く興味がわかないはずです。

  • 「私を称賛して」という自己顕示欲が強い
  • 他人が聞きたい話ではなく、自分が気持ちよく話がしたいだけなので自己中心的
  • 「自分は周りの人とは違う」と見下す

マウンティングしてくる人は、自分勝手で周りにいる人が犠牲になってしま傾向が強いのです

3.悪口や愚痴ばかりいう人

悪口や愚痴などネガティブなことばかり言うような人と一緒にいると疲れてしまいます。

悪口や愚痴に同調しても、批判しても、どちらにせよ気持ちいいものではありません。

  • 付き合う人に影響されてしまうので、一緒にいる人もネガティブ思考になる
  • 何事も考え方が批判的
  • 一緒にいると周りからも同じ穴の狢と思われる

ポジティブで明るい人といた方が楽しいので、悪口や愚痴ばかり言うような批判的な人とわざわざいる必要がないのです。

仕事 イライラのアイキャッチ画像仕事でイライラしたらどうする?考えられる原因と今すぐできる7つの対策

4.第三者の前で自分をけなす人

第三者の前で自分をけなす人と付き合うと、嫌な気持ちになりうんざりしてしまいます。

他人を下げてまで、注目を浴びたいような自己中心的な考え方の人の側にいては、けなされて嫌な気持ちになるだけです。

  • 他人より優位な立ち位置にいたい
  • 他人を下げることで、自分を守りたい
  • 寂しがりやで、かまってほしい

こういった人と関わってしまうと、精神的に疲れてしまうので、極力距離を置くのが無難です。

5.話が通じない人

相手に悪気はない場合もありますが、話が通じない人と一緒にいてもあなたが疲れるだけです。

うまくコミュニケーションが取れていない場合もありますが、そもそも価値観が合わないこともあるでしょう。

  • 論点がずれて、軌道修正ができない
  • 相手の話を否定からはいる、または偏見がある
  • 自分が正しいと思っているため、人の話を聞かない
  • 理解力が乏しい

こういった、コミュニケーションが取れない人とは極力距離を置きたいものです。


今の仕事がつらい…
もっとやりがいのある職場で働きたい…
そんな悩みを抱えるあなたに向けて【DMM WEBCAMP】では、プロのカウンセラーによる無料のキャリア相談を実施しています。
一人一人のキャリアの悩みにとことん向き合い、解決していきます!
ビデオ通話で相談をすることができるため、仕事が忙しい方でも気軽にカウンセリングを受けることも可能です!

LINEでカンタン予約!

あなたの人間関係ストレスチェック5項目

人間関係のストレスチェック

さまざまな人と関わることで、いいこともあれば、嫌なこともあるはずです。

たとえば、以下のような場面に心当たりはありませんでしょうか。

  1. 笑うことが減った気がする
  2. 相手の言葉を悪い方向に受け取ってしまう
  3. 誰かのSNSに嫉妬したり、焦りを感じる
  4. 初対面の人と交流するのが面倒
  5. ストレス発散方法がない

心当たりがある方は、ストレスがたまっている可能性が高いため、要注意です。

自分のストレスがどれくらいたまっているのか、目安にしてください。

1.笑うことが減った気がする

ストレスがたまると、自然と心から笑えなくなってしまいます。

自分の感情を押し殺してしまうことで自分の気持ちさえもわからなくなってしまうのです。

  • 協調性を大事にしすぎて、自分がわからなくなっている
  • 休日に人と会うのも面倒
  • 顔の表情が乏しくなっている

上記のようなことが続いていると、かなりストレスがたまっていることでしょう。

2.相手の言葉を悪い方向に受け取ってしまう

いつもはそうは思わないのに、相手の言葉を悪いように受け取ってしまうようだと、かなりストレスがたまっています。

ストレスがたまっているときは、ネガティブ思考になる傾向があるので、注意が必要です。

  • 嫌われているんじゃないかと怖くなる
  • 言葉の裏を読んでしまう
  • 他人を信用できない

このようにストレスがたまっていると、捉え方が変わってきてしまい、相手の言葉を悪い方向に受け取ってしまいがちになります。

3.誰かのSNS投稿に嫉妬したり焦ってしまう

人間関係でストレスがたまってくると、他人のSNS投稿が気になり、嫉妬や焦りで振り回されてしまいます。

他人の幸せや行動を羨んでしまうことで、自己肯定感を下げてしまう原因につながるのです。

  • 他人が休日やプライベートを楽しんでいる様子を妬ましく思う
  • 他にもいるのに、イベントに私だけ呼ばれていないと感じる

他人の幸せを喜べないのは、自分に余裕がない証拠なので、ストレスにかなり蝕まれている状態です。

4.新しい人と交流するのがだるい

人間関係でストレスがたまっている場合は、新しい人と交流するのがだるいと感じます。

新しい人との交流は、それなりにパワーがいることです。

ですが、ストレスでつらい人は人と関わる余裕が残っていないからです。

  • 初めて会う人は相手がどんな性格なのか分からないので交流がだるい
  • 初めて会う人には自己紹介や自分の生い立ちなどの話をするのが面倒
  • 気心知れている人じゃないと、沈黙の時間が気になって疲れる
  • 他人のペースに合わせることなく、休日はひとりで自分のペースで過ごしたい

上記のように感じることがあると、体の疲れというよりはストレスによる精神的な疲れにより、新しい人と交流するのがだるく思うでしょう。

5.ストレス発散の方法がない

ストレスが全くないという人は少ないかも知れませんが、発散の方法がない人は要注意です。

ストレスの発散方法がないということは、ストレスの調整方法がないということだからです。

  • ストレスを忘れてしまうほど、没頭できる趣味がない
  • 信頼できる人がいなく、ストレスの原因について誰にも話せない
  • お気に入りの気分転換ができる場所がない

自分のストレスの発散方法が分かり、管理ができないと、ストレスに蝕まれてしまいます。

仕事のストレスがもう限界!働き方を変える3つのポイントと今すぐ可能な解決策とは?

だるい人間関係のストレスから解放されるための7つの対処法

嫌な人間関係から解放される方法

面倒な人間関係から解放されるためには、効果的な対処法を理解する必要があります。

「だるい」と思いつつも、嫌な人間関係が続くようであれば、早急に対策に乗り出すべきです。

  1. 嫌われてもいいと考える
  2. いい人を演じるのをやめる
  3. 仕事の時間以外では付き合わない
  4. プライベートを大切にする
  5. 嫌いな相手の立場になって考える
  6. うまくいかない人とは人間関係を切る
  7. 環境を変えて人間関係をリセットする

それでは、上記7つのポイントを細かく説明していきます。

1.嫌われてもいいと考える

だるい人間関係のストレスから解放されるには、嫌われてもいいと考えてみましょう。

嫌われることが怖くて周りに合わせていると、自分を大切にできなくなってストレスがたまってしまいます。

  • 相手の顔色を常にうかがうのをやめる
  • 自分の意見をいうことで、嫌われるならそれまでの関係と割り切る
  • 素の自分を受け入れてくれる人を大切にする

全員の好かれることはありませんので、嫌われるようなら相性が合わないだけだと割り切りましょう。

2.いい人を演じるのをやめる

いい人でいたいと思うのは当たり前ですが、思い切っていい人を演じるのをやめることでストレスから解放されます。

いい人を演じることで自分をストレスでつぶれてしまっては、限界がきてしまうからです。

  • 頼まれても、嫌なことは断る
  • 例え反対意見だったとしても、自分の意見を主張してみる
  • 相手の話に何もかも同意しない

いい人間関係を続けるには、いい人を演じることをやめることから始めましょう。

3.仕事の時間以外では付き合わない

ストレスと感じるならば、仕事の時間以外では職場の人とは付き合わないことです。

仕事・プライベートともに関わる人、ひとりひとり平等に真摯に向き合おうとすると疲れてしまいます。

  • 自分や大切にしたい人に対して優先的に時間をとる
  • 上司や気を使わないといけないような飲み会や食事会などは断る

人間関係の数だけ悩みが増えるので、ストレスがたまってしまうのであれば、仕事の時間以外の付き合いはやめて、自分を大切にすることです。

4.プライベートを大切にする

人間関係に疲れてしまっているのであれば、プライベートの時間を大切にすることです。

プライベートを充実することで、ストレスが解消されたり、気分転換になるからです。

  • ひとり旅、または近所でもひとりで好きなところに出かけてみる
  • 好きなことに没頭する
  • 好きなものや美味しいものを食べに行く

ストレスがたまっているということは、自分を大切にできていない状態なのでプライベートを充実させ、気分転換しましょう。

5.嫌いな相手の立場になって考えてみる

ストレスの原因となる、嫌いな相手の立場になって考えてみましょう。

自分の立場だけで考えていると溝が深まるばかりですが、相手の立場になって考えることで相手に寄り添うことができます。

  • 相手を理解する努力をする
  • 自分本意ではないか振り返る
  • イライラせずに、人は変わらないとあきらめる

嫌いな相手の立場になることで、新しい発見があり、自分自身の捉え方が変わるのでストレス軽減につながるでしょう。

嫌いな人とのストレスを減らす!職場とプライベートで使える方法16選

6.うまくいかない人とは人間関係を切る

うまくいかない人とは人間関係を切ることで、ストレスから解放されます。

無理に合わせてストレスをためつづけるよりも、自分や大切な人に使ったほうが楽しい時間が過ごせるからです。

  • 時間は有限である
  • 真摯に向き合える人間関係を築こうと思うと、人数に限界がある

以上のことを踏まえても、自分や大切な人と過ごす時間を考えると優先順位をつけざるをえないのは明白です。

うまくいかない人とは人間関係を切るようにしましょう。

7.環境を変えて人間関係をリセットする

人間関係でストレスを感じるのであれば、手っ取り早いのは環境を変えて人間関係をリセットすることです。

転職など環境を変えて、気持ちを新たに再出発することもできます。

  • 人数が多いところに転職すると、気の合う人が見つかる可能性が高い
  • ひとりでできる職種を選択し、人間関係に悩まないようにする
  • 転職して、環境を変えるタイミングで自分を変えてみる

寝る時間以外のほとんどを過ごす職場の環境は大事なので、人間関係をリセットするのであれば検討したい方法の1つといえるでしょう。

まとめ:人間関係がだるいならストレスを抱え込まずに環境を変えよう

人間関係がだるいと感じながらも、我慢しているとどんどんストレスがたまってしまい手遅れになってしまうこともあります。

その間も貴重な時間は過ぎてしまいますし、ストレスが原因で精神的につぶれてしまうこともあります。

  • 自分の考え方や捉え方を変える
  • ストレスのある環境や居場所を変える
  • 付き合う人を変える

現在の人間関係が面倒に感じるのであれば、今までとは違った行動をとることがおすすめです。

今までは学んでなかった、新しいスキルを学習してみるのもいいでしょう。

環境を変えて再出発をし、過去に囚われずに新たな気持ちで人間関係を作っていきましょう。

エンジニア転職のプロがマンツーマンで悩みを解決! 累計卒業生数3,000人以上* 転職成功率98%* *2020年4月時点

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中

無料カウンセリングに申込む

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

PAGE TOP

© 2021 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5