50代こそ人間関係の断捨離を!距離を置くメリットや具体的な方法を解説

2021.09.06
50代 人間関係 断捨離

「50代になったしそろそろ落ち着いた人間関係を作りたいな」
「ずるずると続けてきた関係性を整理したい」

と思うことはありませんか?

人間関係を整理しようと断捨離しても、具体的な方法が浮かばないので困ってしまいますよね。

では、具体的な人間関係の断捨離の方法はどのようなものがあるのでしょうか?

そこで今回は、

  • 50代で人間関係の断捨離が必要な理由
  • 50代で人間関係を断捨離することによるメリット
  • 人間関係を断捨離するときの注意点

について詳しく解説します。

この記事を見れば今までの人間関係をスッキリ断捨離するための方法が分かり、自分の人生の質を向上させられます。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

50代で人間関係の断捨離が必要な2つの理由

50代で人間関係を断捨離した方がいい理由

50代で人間関係の断捨離をすれば、今後の人生の質が大きく変わります。

その理由としては、以下の通りです。

  1. 断捨離で自分自身が成長できるから
  2. 50代の人間関係が将来の健康につながるから

モノを捨てればスペースができるように、断捨離をすれば気持ちが落ち着き余裕が生まれます。

上記の理由について、ひとつずつ解説していきます。

1.断捨離で自分自身が成長できるから

50代で人間関係を断捨離すれば、自分自身が成長できます。

断捨離により心のスペースを生まれ、無駄な悩みを減らせるからです。

  • 心に余裕ができることで悩みすぎなくなる
  • 睡眠の質が向上してストレスが軽減される
  • 新しい人間関係をつくる時間が生まれる

中途半端な関係性を整理すればするほど、自分の人生がいい方向に向かうのは間違いありません。

断捨離をすればするほど、自己成長につながるのです。

また、50代に限らず、一般的な人間関係の断捨離については、下記記事でも紹介しています。

こちらもあわせてご確認ください。

人間関係の断捨離はOK?7つのメリットや具体的な手順を紹介

2.50代の人間関係が将来の健康につながるから

50代の人間関係に満足していれば、80代になっても人間関係に満足して健康であるというデータがあります。

ハーバード大学で75年間「幸福」に関する調査を続けたロバート・ウォルディンガー氏は、TEDにて「50代の人間関係は、良い将来に繋がる」と述べています。

  • 周りの人とのつながりが孤独を防ぎ健康促進につながる
  • 身近な人との関係性の質が健康に影響する
  • 良い人間関係を築くことで記憶力低下を防ぐ

50代の頃に築いた親密な人間関係が、今後の人生での健康に関する問題を解消してくれているのです。

良質な人間関係を築くのには時間がかかり、簡単ではないので面倒くさくなる気持ちが出てくることもあるでしょう。

しかし、将来の健康につながるので、50代では良質な人間関係を築くことを意識するといいでしょう。


今の仕事に悩み不満を抱えていませんか?
✔︎職場の人間関係に悩んでいる
✔︎今の仕事にやりがいを感じない
✔︎自分のキャリアについてもう一度考え直したい
悩みはあるけど、人に相談しづらいということもあると思います。
そんな方に向けて、【DMM WEBCAMP】では無料のキャリア相談を実施しています!
プロのカウンセラーがあなたの悩みに寄り添い一人一人に合った解決策を一緒に見つけていきます。
LINEでカンタン予約!

50代で人間関係を断捨離することによるメリット4つ

50代で人間関係を断捨離するメリット

50代で人間関係を断捨離するメリットは、ストレスを軽減して自己成長につながる部分にあります。

具体的なメリットは、以下の4つです。

  1. 人間関係のストレスが少なくなる
  2. 残った人間関係をより大事にするようになる
  3. 新しい出会いにも目を向けられる
  4. 時間とお金に余裕が持てるようになる

心に余裕を作るほど、ストレスが減ったり新しい出会いが巡ってきたりと、ポジティブな気持ちが循環します。

それでは下記で、具体的に解説します。

1.人間関係のストレスが少なくなる

人間関係を整理すれば、悩みが減りストレス解消に繋がります。

必要のない人間関係、しがらみ、マウンティングから解放されることで、気分が楽になるからです。

  1. 見た目や肩書だけで繋がっているうわべの関係性
  2. 付き合いで長期的にズルズルと関わっている状態

上記のような関係性は、居てもいなくても影響のない関係性だからこそ、いっそのこと整理したほうがスッキリするでしょう。

50代だからこそ、自分が必要と思う人間関係だけに絞ることで、ストレスは大きく解消されます。

2.残った人間関係をより大事にするようになる

人間関係を整理すれば、残った人たちをより大切にしようと感じられます。

50代の時点で関わり続けたいなと思える存在は、今後の人生でも大切な存在です。

  • 自分と価値観が違っても尊重してくれる存在
  • ピンチやトラブルの時に頼りになる存在
  • 自分の人生において豊かにしてくれる存在

上記のように、あなたのことを考えて動いてくれる人は、より大事にしたいでしょう。

人間関係を整理することで、残された人との関係をより大事にしようと強く意識できます。

3.新しい出会いにも目を向けられる

人間関係の断捨離は、自分がまだ見ぬ新しい出会いが見つかりやすくなります。

付き合う人間関係を限定すれば、時間の余裕が生まれ、結果的に新しい人間関係を作ろうという意識につながります。

  • 前から気になっていた場所に行ってみる
  • 新しい人間関係や出会いを作る気持ちが湧いてくる

断捨離をすることで、新しく行動したり前向きに考えようと思ったりと、よりポジティブに生きられます。

年齢を重ねても、新しい出会いは刺激があって、人生を豊かにしてくれます。

4.時間とお金に余裕が持てるようになる

自分が関わりたい人だけに人間関係を絞ることで、時間とお金に余裕を持てるようになります。

関わる人が限定されれば、無駄な出費や、ずるずると時間が過ぎ去ることを防げるのです。

  • 本当に大切な人に時間を使える
  • 見栄のための出費や無駄な飲み会の出費が減る

さまざまな場所で人間関係を築きすぎると、いくら時間やお金があっても足りなくなるので注意しましょう。

50代はビジネスやプライペートでも何かと忙しく、時間を無駄にできません。

しっかり人間関係を断捨離することで、時間やお金に余裕が持てます。

人間関係を断捨離するべき人の3つの見極め方

人間関係を断捨離すべき人の見分け方

断捨離するべき人の見極め方としては、以下の3つのポイントを押さえましょう。

  1. その人との時間が楽しいかどうか
  2. お互いに良い刺激を受けているかどうか
  3. 損得勘定で付き合っていないか

質の高い人間関係を築くには、相手の人間性を尊重する心の姿勢が大切になってきます。

それでは、ひとつずつ解説していきます。

1.その人との時間が楽しいかどうか

純粋に「その人と一緒にいる時間が楽しいかどうか」は、断捨離する際のポイントです。

  • 一緒にいてストレスを感じない
  • 共に時間を過ごすことで安心感がある

これらの判断基準を持って、人間関係を整理しやすくなるでしょう。

相手と一緒にいてもストレスにならないことは前提ですが、自然体の自分が出せるくらい楽しいかどうかも重要なポイントです。

人間関係の断捨離を考えるときは、その人と一緒にいて楽しい時間を過ごせるかを振り返ってみましょう。

2.お互いに良い刺激を受けているかどうか

ポジティブな思考を持っていて、会うたびにお互いが良い刺激をもらえるかどうかも大事です。

ポジティブな感情を持った人と関わることで「自分も頑張ろう」となり、プラスの影響を受けられます。

  • 夢や目標を持ちながら前進している人
  • 常に自分と向き合いながら切磋琢磨している人
  • お互いに言いたいことを言い合える関係性の人

ネガティブな感情を持つ人より、前向きな思考の人との関係を深めたほうが、より自分の人生は向上します。

だからこそ、会うたびにお互いが刺激を受けられるかどうかも、断捨離する際の基準として持っておきましょう。

3.損得勘定で付き合っていないか

損得勘定で付き合っている相手がいるなら、一度関係性を見直すといいでしょう。

お互いの人間性を認め合った関係性でないと、いずれストレスがたまるからです。

  • 仕事ができる人だから付き合っている
  • 異性から人気がある人だから付き合っている
  • お金持ちの人だから付き合っている

このように、肩書きを目的に付き合う場合などは、うわべだけの関係になるので注意です。

肩書きはあくまで相手の付加価値と考え、損得勘定ではなくこの人と一緒に過ごしたいなという気持ちを持ちましょう。


今の仕事がつらい…
もっとやりがいのある職場で働きたい…
そんな悩みを抱えるあなたに向けて【DMM WEBCAMP】では、プロのカウンセラーによる無料のキャリア相談を実施しています。
一人一人のキャリアの悩みにとことん向き合い、解決していきます!
ビデオ通話で相談をすることができるため、仕事が忙しい方でも気軽にカウンセリングを受けることも可能です!

LINEでカンタン予約!

【必見】50代からでも上手に人間関係を断捨離する4つの方法

50代で人間関係を上手に断捨離する方法

上手に人間関係を断捨離するためには、以下の4つの方法がオススメです。

  1. 誘いはそれとなく断る
  2. 自分からは連絡しない
  3. SNSやアドレス帳を整理する
  4. 新しい人間関係を作るための行動をする

ポイントとしては、連絡を取る手段を少しずつ減らして、相手を傷つけずに離れていくのがいいでしょう。

具体的な方法として、1つずつ解説していきます。

1.誘いはそれとなく断る

「この人とちょっと距離を置きたいな」と感じる人の誘いは、優しく断りましょう。

唐突に「今後は関わらないでください」などの伝え方をすると、相手に不快な思いをさせてしまうので注意が必要です。

  • 今日は用事があるのでまた今度でお願いします
  • 新しい仕事を始めたので落ち着くまで難しいです

優しい口調で伝えれば、嫌な気持ちにならずに距離をそっと置くことができます。

誘いや用事はそれとなく断るようにしましょう。

人間関係に疲れてしまった時の対処法【簡単にストレス減少!】人間関係に疲れてしまった時の対処法

2.自分からは連絡しない

断捨離をする人間関係が決まったら、自分から連絡せずに徐々に距離を取っていくのがベストです。

人間関係の断捨離は、ゆっくりと時間をかけてやることで、お互いもめずに離れられます。

  • 相手からの連絡は時間を置いて返信する
  • 今後は忙しくなるので連絡を取りづらい

自分から連絡を取らないようにしつつ、相手からの連絡も少なくなるように徐々に距離感を取ることでゆっくりと断捨離できます。

ですので、断捨離をする人が決まったら、連絡を取らないようにしましょう。

3.SNSやアドレス帳を整理する

人間関係の断捨離として手軽に始めやすいのが、SNSやアドレス帳の整理です。

今後も直接会ったり関わる予定のない人は、連絡先やSNSから削除すると心がスッキリします。

  • 使っていないSNSは思い切って削除してみる
  • 3か月間連絡を取っていない人は連絡先から消してみる

大事な人との関係性を深めるには、まずは関わらない人の整理をするのがおすすめです。

人間関係の断捨離の第一歩として、情報量が多いSNSなどの整理から始めましょう。

4.新しい人間関係を作るための行動をする

いま所属しているコミュニティや人間関係以外に、新しい人間関係を広げるための行動をしましょう。

そうすることで、今までの人間関係に執着する必要が無くなり、気持ちも前向きになります。

50代以降も、新しい交友関係ができることで、人生が楽しくなることは間違いありません。

  • 前から気になっていた場所に遊びに行く
  • 友達の紹介で初めての人と会ってみる

上記のほかに、新しいスキルや習い事を学ぶために、コミュニティに参加するという手段もあります。

いろいろな人間関係を作ることで、必然的に自分が大切にしたい居場所について、深く理解することもできます。

断捨離を意識するには、今までの関係性を削るだけではなく、新しい人間関係を作るための行動も同時に意識していくといいでしょう。

50代から人間関係を断捨離するときの注意点

50代から人間関係を断捨離するときの注意点

人間関係を断捨離するときの注意点として、以下の4つのポイントを押さえておきましょう。

  1. ドタキャンなど失礼な行動はしない
  2. 急に連絡を絶つことは控える
  3. 会いたくなった時に会えない
  4. どっちつかずの対応はやめる

断捨離するときは、相手を尊重しながらあと腐れなく別れることを意識するとうまくいきます。

人間関係を断捨離するときの注意点について、順番に解説していきます。

1.ドタキャンなど失礼な行動はしない

断捨離する際は、ドタキャンなど相手にとって迷惑がかかるような行動はとらないようにしましょう。

いくら相手のことが嫌いだとしても、自分都合でキャンセルされたら相手は不快な気持ちになります。

  • 事前にいけないことをはっきりと伝える
  • 相手に対して迷惑になる行動は慎む

新しい人間関係を結ぶ際も、迷惑を相手にかけないように意識して行動をしていくべきです。

だからこそ、ドタキャンなどの不義理な行動は取らないようにしましょう。

2.急に連絡を絶つことは控える

人間関係を断捨離すると決意した場合、今まで関わってきた人との連絡を突然断つようなことは控えましょう。

突然連絡が途絶えることにより、相手目線では心配しますし、人によっては裏切られた感覚を持つ人もいるからです。

  • 徐々に連絡するペースを遅くする
  • 自分の近況を伝えつつ連絡が取りにくい状況を説明する
  • 自分から連絡をするのを控える

このように、相手の気持ちを思いやりながら徐々に断捨離していくことが大事です。

人間関係をキッパリと整理したい気持ちはわかりますが、突然連絡を遮断するような行動は控えるといいです。

3.会いたくなった時に会えない

気が変わって、会いたい気持ちが強くなっても会えないという部分は、断捨離した際に注意するべき点です。

年数がたつほど関係性は希薄になるので、連絡しづらくなったり、そもそも連絡先が変更されていることもあります。

  • 本当に距離をとっていい相手なのか?
  • 自分の勝手な気持ちで離れようとしていないか?

本当に後悔のない断捨離をするには、自分の気持ちを一度確認してみると失敗も少なくなるでしょう。

人間関係の断捨離は、相手を間違えると、会いたいときに会えなくなるデメリットもあるのです。

4.どっちつかずの対応はやめる

人間関係の断捨離をしっかりと行うためには、曖昧な対応はやめるようにしましょう。

どっちつかずの対応は、相手側も「次にまた誘ってもいいんだ」と感じさせてしまうからです。

距離を置きたいなと思った場合は、はっきりと断る勇気も大事です。

  • 次の機会があれば行くね
  • 別の日だったら予定が空いているかも

上記のような返答をしてしまうと、察しがいいタイプの相手以外には伝わりづらく、ずるずると関係が続いてしまうので注意です。

ズバッと連絡を絶つのはNGですが、興味のない誘いに対してはしっかりと断り、曖昧な返事はやめましょう。

まとめ:50代こそ人間関係を断捨離して、人生を充実させよう

年齢を重ねるごとに、交友関係が広がりすぎて、時間を浪費してしまいがちです。

人生の節目として、50代前後のときに一度人間関係の断捨離をするのがおすすめです。

今回の記事のまとめは、以下のとおりです。

  • 人間関係を断捨離することで余裕が生まれ人生が充実する
  • 断捨離はゆっくり距離を取るように行うとあと腐れがない
  • 相手のことを尊重した気持ちを持ち続けることが大切

人間関係を断捨離することで、余裕が生まれたり、自分が本当に大切にしたい人や関係性が見えてきます。

とくに50代で人間関係を断捨離するなら、環境を変えるなど新しい人間関係を作る行動が大事です。

いまの人間関係に不満やストレスを感じるなら、少しずつ断捨離を始めてみるのはいかがでしょうか。

エンジニア転職のプロがマンツーマンで悩みを解決! 累計卒業生数3,000人以上* 転職成功率98%* *2020年4月時点

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中

無料カウンセリングに申込む

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

PAGE TOP

© 2021 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5