激務と言われる仕事12選を紹介!特徴・すべきことも詳しく解説 | WEBCAMP NAVI
【6月の受講枠も残りわずか】

激務と言われる仕事12選を紹介!特徴・すべきことも詳しく解説

激務と言われる仕事12選を紹介!

「仕事が大変すぎて辛い」
「毎日仕事に追われている」
「仕事のことを考えると頭が痛い」
と悩んでいませんか?

激務の状態がつづくと最悪の場合、心身に大きなダメージを受けてしまう恐れもあります。
自分の健康のためにも、激務といわれる環境からは早急に脱出した方がいいでしょう。

また、自分の置かれた状況の深刻さには意外と気がつけない場合もあります。
中には「どこからが激務になるの?」と、疑問に感じている人もいるかもしれません。

そこでこの記事では、

  • 「激務」といわれる仕事の特徴や条件
  • 激務になりがちな職業
  • 激務から抜け出せずにいる原因や対策法

などについてくわしくご紹介していきます。

この記事を読めば、激務な仕事から抜け出す具体的な方法がわかりますよ!
辛い仕事に悩んでいる方は、ぜひ最後まで読み進めてくださいね。

また、「仕事のストレスがもう限界」と悩んでいる方は、こちらの記事もぜひご覧になってください。

仕事のストレスがもう限界!働き方を変える3つのポイントと今すぐ可能な解決策とは?

激務な仕事の特徴5つ

激務な仕事の特徴5つ

「激務な仕事」とは、具体的にどのような働き方や条件を指すのでしょうか。
意外とよくわからないと感じている人は多いはず。

そこでまずは、激務といわれる仕事の5つの特徴についてくわしく解説していきます。
自分やまわりの人の仕事にあてはまる項目がないか、確かめながら読み進めてくださいね。

1.人手不足

人手不足な業界や職場では、1人あたりにかかる仕事の負担が大きくなります。
一人ひとりが抱える仕事量がどうしても増えてしまうため、激務になってしまうのです。

業界や会社が人手不足になっている原因にはさまざまな理由が挙げられます。
たとえば、

  • 少子高齢化による労働人口の減少
  • 有効求人倍率の上昇
  • 賃金が安い外国人労働者の増加

などの理由が挙げられるでしょう。

また、経営難などの理由で従業員の業務負担の増加や、長時間労働が問題になっている「ブラック企業」の存在も人手不足が起こる原因の1つです。

2.ノルマが厳しい

業界や職種によっては厳しいノルマが設定されている場合もあります。
課せられるノルマが適正ならよいですが、一部の会社では実現が難しい高い数字を設定してくるケースも少なくありません。

厳しいノルマを設定されれば、それを達成するために激務を余儀なくされます。
ノルマ達成のために、残業や休日出勤を求められることもあるでしょう。

仕事で大きなプレッシャーを感じることによる悪影響や対処法についてくわしく知りたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてください。

仕事のプレッシャーがつらいときの対処法10選!重圧に打ち勝つための秘策とは?

3.拘束時間が長い

残業や休日出勤を求められるなど、拘束時間が長いのも激務といわれる企業や仕事の特徴です。

激務な職場では、仕事量が多いまたは難しい業務を任せられるため、毎日忙しく通常の勤務時間ではなかなか終わりません。
残業代が支給されればよいですが、企業によっては一定額以上の残業代が支払われないケースもあります。

サービス残業を強いられる企業は、ブラック企業である確率が高いため注意しましょう。

「一刻も早く仕事から帰りたい!」と毎日悩んでいませんか?
仕事から早く帰りたいときのおすすめの言い訳や、対処法についてくわしく知りたい方は、こちらの記事もぜひご覧してください。

仕事 帰りたい 仕事から早く帰りたい!そう思う理由とすぐできる具体的な対処法を解説!

4.付き合いが多い

業務時間や残業時間以外の付き合いが多いのも、激務な仕事の特徴です。

飲み会やゴルフなどの付き合いが多ければ、残業時間が少なくても拘束時間は多いといえます。
休日に呼び出されることが増えれば、それだけプライベートの時間が減ってしまうでしょう。

心から楽しめるのならよいですが、付き合いをストレスに感じる人も多くいるはず。
たまにの付き合いならよいですが、あまりにも頻繁にあれば激務といえます。

5.ストレスがかかる

ストレスが多い仕事も激務といえます。
ストレスを感じる原因は人それぞれです。

その中でも、

  • プレッシャーの強い仕事を任される
  • 仕事量が多すぎる
  • 長時間労働を強いられる

などがストレスの原因になることが多いでしょう。

また、精神的なストレスだけでなく肉体的ストレスがかかる仕事も激務といえます。
仕事でストレスが溜まる原因や対処法についてくわしく知りたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてください。

仕事のストレスを解消するには?5つの解決方法と感じる原因を解説

激務と言われる仕事12選

激務に疲れ切っている人

ここまで、激務といわれる仕事の特徴をご紹介していきました。

ここからは、激務である可能性が高い12の職業を以下の通りにご紹介していきます。

それでは順番に、くわしい内容を見ていきましょう!

1.医師・看護師

人の命に関わる医師や看護師の仕事。
その責任の大きさから、体力も気力も使うハードな職業の1つです。

医師や看護師が激務といわれる理由には、

  • 人手不足
  • 精神的・肉体的にきつい
  • 長時間労働
  • 責任が重い

などが挙げられます。

人手不足な医療現場では1人あたりの仕事量が多くなり、その分負担も増えてしまうでしょう。

人の命を預かるやりがいの大きい仕事でありながら、離職率は多い業界なのも現実です。
実際にせっかく資格を取得しても、ハードワークに耐えきれずに短期間で辞めてしまう人も多くいます。

とくに看護師の離職率は高く、仕事量や労働時間に対して給料が見合っていないと感じる人も多くいるようです。

2.保育士

子どもたちの成長にとって重要な役割を担う保育士の仕事。
憧れの職業としても昔から人気があります。
とくに子どもが好きな人にとってはやりがいのある理想的な仕事ですよね。

そんなイメージのある保育士ですが、実際には激務な仕事といわれることも多いです。
その理由としては、

  • 拘束時間が長い
  • 体力が必要
  • 休日が取りにくい
  • 事務作業も多い

などが挙げられるでしょう。

全力で遊ぶ子どもたちと一緒に遊ぶのは想像以上に体力が必要です。
さらに保護者とのトラブル対応が精神的に辛いと感じる人も多いようです。

労働に対しての給与が見合っていないと感じている保育士の方も多くいます。

3.介護士

少子高齢化社会が進んでいる日本では、とても需要の高い介護士。
介護が必要な高齢者などの生活のサポートを行う立派な仕事の1つです。

しかし、介護士は激務といわれている職業でもあります。
その理由には、

  • 人手不足である
  • 体力仕事である
  • 休みが取りづらい
  • 変則的なシフトであるケースが多い

などが挙げられるでしょう。

介護職には大変な面もありますが、将来性が高くやりがいのある仕事でもあります。
介護職をつづけるメリットなどについてくわしく知りたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてください。

介護職辞めたいのアイキャッチ 「介護職を辞めたい」と思ったらやるべきこと5選!続けるメリットや転職方法も解説

4.警察官

人々の安全を守る仕事である警察官。
「人のために働きたい」「役に立ちたい」と考える人に人気のある職業です。

その一方で、激務として知られる職業でもあります。
激務といわれる理由には、

  • 不規則な勤務形態
  • 勤務時間が長い
  • 体力が必要
  • 精神的な負担もある

などが挙げられるでしょう。

さらに警察官は、犯罪者や被害者と接する機会も多く、その際には適切な対応が求められます。
どのような犯罪現場においても冷静さを求められる警察官は激務といえるでしょう。

5.教師

子どもたちの大切な時代に関わり指導を行う教師の仕事。
教師は子どもが存在する限り、仕事が完全になくなるのは考えにくいため安定した職業といえます。

そんな教師ですが、激務といわれることも多い職業です。
その理由としては、

  • 拘束時間が長い
  • 責任が重い
  • やることが多い
  • 精神的な疲労が多い

などが挙げられるでしょう。

学校を取り巻く問題は年々変化しており、教員が対応しなければならない課題は複雑化しています。

子どもたちの成長を近くで見れらるというやりがいもある一方で、さまざまな課題に疲弊している人も少なくないでしょう。

教員の年収や将来性についてくわしく知りたい方は、こちらの記事もぜひご覧ください。

教員の年収はいくら?6つのパターン別の解説と将来性について解説 教員の年収はいくら?6つのパターン別の解説と将来性について解説

6.コンサルタント

クライアントの相談にのり、解決策を示していくコンサルタントの仕事。
さまざまな業界に精通したコンサルタントがそれぞれの組織の問題を解決に向けてサポートする仕事です。

はなやかなイメージがある一方で、ハードワークであることも知られています。
コンサルタントが激務といわれる理由には、

  • 常に勉強しなければいけない
  • 責任が重い
  • 長時間勤務になりやすい

などが挙げられるでしょう。

クライアントとの関係の構築や情報収集、スキルアップなど常にやるべき課題に追われることも少なくありません。
収入は高い一方で、責任感の重さやタスクの多さから激務といわれることが多いようです。

ITコンサルタントの仕事内容やキャリアパスなどについて興味がある方は、こちらの記事もぜひ参考にしてください。

ITコンサルタントになるために何が必要?仕事内容からキャリアパスまで紹介

7.システムエンジニア

システムエンジニア

コンピュータシステムの開発を行うシステムエンジニア。
IT職種の中でも、「要件分析・要件定義」「基本設計」「詳細設計」などの上流工程を担当することが多い職種です。

激務といわれる理由には、

  • 人手不足である
  • 納期前は長時間労働になりがち
  • 責任が重い

などが挙げられるでしょう。

システムエンジニアは、クライアントの要望に合ったシステム開発を行うのが仕事です。
そのため、クライアントからの急な仕様変更を求められるなど突発的な対応を求められることも少なくありません。

IT職種は需要が高く将来性もある仕事な反面、クラアイント対応に苦労する人も多いようです。
システムエンジニアの仕事内容や年収などについてくわしく知りたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてください。

システムエンジニアのアイキャッチ システムエンジニア(SE)の3つのメリットとは?仕事内容や平均年収も徹底解説

8.MR

MR(医薬情報担当者)は、病院などに自社の薬に関する情報を提供する仕事です。

民間の製薬会社に就職する場合は、高待遇であるケースが多いでしょう。
さらに、営業成績によって収入が上がりやすい傾向もあります。

そんなMRが激務といわれる理由には、

  • 高いコミュニケーションスキルが求められる
  • 付き合いが多い
  • 医薬品に対しての専門知識が必要
  • 説明するスキルが求められる

などが挙げられるでしょう。

MRは医薬品のスペシャリストでありながらも営業職です。
成果主義であるため勤める企業によっては、激務といわれることもあるのでしょう。

9.商社マン

総合商社や専門商社に勤める商社マン。
営業の仕事を中心に、自動車や食料品などあらゆるものを世界中と取引する仕事です。

待遇や収入に恵まれていることが多く人気の職業である一方で、

  • 仕事量が多い
  • 長時間勤務になりやすい
  • 出張が多い
  • 付き合いが多い
  • 高いコミュニケーションスキルが必要

などの理由から激務ともいわれています。

場合によっては、海外赴任や転勤など多忙な生活になることも珍しくありません。
やりがいはあるものの、出張が多く仕事量が多いため激務といわれることもあります。

10.記者・編集者

書籍や雑誌、Webメディアなどの企画や編集、作成などを行う記者・編集者。
書籍や雑誌の出版や発売日は事前に決められているため、常に締め切りと向き合わなくてはいけません。

激務といわれる理由には、

  • 不規則な生活になりやすい
  • 取材や情報収集が大変
  • 締め切りを厳守しなければいけない
  • 長時間勤務になりやすい

などが挙げられるでしょう。

締め切り厳守のため、どうしても働き方がハードになりがちなため、激務といわれることが多いようです。

11.飲食店の店長

店舗の責任者として働く飲食店の店長も激務といわれる仕事の1つ。

激務といわれる理由には、

  • 労働と給料が見合っていない
  • 長時間勤務になりやすい
  • 肉体労働である

などが挙げられるでしょう。

お店の利益を考えながらも業務を行っていかなくてはいけないため、「毎日朝から晩まで勤務する」なんてことも珍しくありません。

忙しい毎日の割には給料が低く、激務だと感じる人が多いでしょう。

12.長距離トラック運転手

遠方へ荷物を運ぶ長距離トラック運転手。
需要の高さとは反対に、人手不足の問題を抱えている職種でもあります。

長距離トラック運転手が激務といわれる理由には、

  • 生活が不規則になる
  • 肉体労働である
  • 長時間勤務になりやすい

などが挙げられるでしょう。

高収入が期待できる反面、人手不足が原因で1人あたりにかかる負担が大きい傾向があります。

また、夜勤ドライバーの場合は昼夜逆転した生活を送る必要があることも激務といわれる原因となっているのでしょう。

精神的に楽な仕事に興味がある方は、こちらの記事も参考にしてください。

精神的に楽な仕事ランキング15|正社員でも楽な仕事はある?メリット・デメリットも解説

激務から抜け出せない原因3つ

激務から抜け出せない原因3つ

激務の状態を不満に思っている一方で、どうして抜け出せない人がいるのでしょうか?
中には、「仕事がハードなぶん、やりがいも多い」と考える人もいるかもしれません。

しかし、辛い状況がつづけば心身に大きなダメージを受ける危険性も。
取り返しのつかないことになる前に、何らかの対策をとるべきです。

解決策を見る前にまずは激務から抜け出せない3つの原因について、くわしく見ていきましょう!

1.疲れ過ぎて判断力が低下している

「毎日のように朝から晩まで仕事をしている」このような状況では、疲労が溜まって当然でしょう。
しかし、忙し過ぎると自分が疲れていることにも気がつけない場合も。

通常時にはおかしいと思うことに対しても、疲労やストレスが大きいと適正な判断がしにくくなってしまいます。
その結果、長時間労働などにも疑問を持たなくなり激務から抜け出せなるのでしょう。

2.まわりの人への罪悪感

「本当は辞めたいけど仲良しの同僚やお世話になった先輩に申し訳ない」と思っていませんか?
このように、自分だけが辞めるのは申し訳ないといった罪悪感から、激務から抜け出せない人もいます。

こういった人は、「自分が抜けてさらに職場が人手不足になったらどうしよう」と、考えてしまうのです。
とくに、優しくて真面目な性格の人ほど、罪悪感を覚えてしまいがち。

「そのままずるずると気がつけば長期間働きつづけている」といった人も珍しくありません。

3.転職する自信がない

「激務から抜け出したい!」と思っても、将来が不安な気持ちが勝ってしまい抜け出せない人もいます。
転職を成功させられる自信がないため、激務だとわかっていても抜け出せないのです。

また、「特別なスキルや経験もないし転職できなかたらどうしよう」と、不安に感じてしまう人も少なくないでしょう。

転職にベストなタイミングや成功させるためのコツについてくわしく知りたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてください。

迷って転職しないリスクとは?決断すべきタイミングと5つの解決方法を徹底解説

仕事の激務がきつい時にすべきこと3選

仕事の激務がきつい時にすべきこと3選

ではどうすれば激務から抜け出せるのでしょうか?

ここからは、激務から抜け出したいときにやるべき3つの行動をご紹介していきます。

1.休暇を取る

毎日が忙しいことが原因で、将来を考える余裕がないと悩んでいる人もいるでしょう。
そんな人は、休暇をとって自分と向き合う時間をつくることが大切です。

疲労やストレスが溜まっている状態では、正常な判断ができません。
まずは体力の回復や気持ちをリフレッシュさせることが重要なので、できるなら連休を取ってみてください。

仕事に追われない空白の時間をつくれば、冷静に今後の将来と向き合えます。
有給は労働者の特権ですので、遠慮せずに使いましょう。

また、長期間の休暇が必要なら休職をするのも1つの方法です。
休職を申請するメリットや方法については、こちらの記事を参考にしてください。

仕事 休職のアイキャッチ画像 仕事を休職する方法とは?得られる3つのメリットや実際の流れを徹底解説

2.相談をする

激務に限界を感じるなら、1人で抱え込まずに信頼できる人に相談してみましょう。
悩みを打ち明けることで、新しい発想や解決策が浮かぶかもしれません。

もしも、仕事のことを相談できる人がいないなら、転職エージェントに相談するのがおすすめです。
転職エージェントとは、求人を探している人と、企業とをマッチングしてくれるサービスのこと。

たとえば、

  • 非公開求人の紹介
  • 必要書類の添削
  • 面接対策のサポート

など、転職活動に関するさまざまなことを無料でサポートしてくれます。

おすすめの転職エージェントについては、こちらの記事をぜひ参考にしてください。

楽したい人がやるべき仕事術を7つのポイントに分けて解説

3.転職に備えてスキルアップをする

スキルアップをすれば自分に自信がつき、仕事の幅も広がります。
「転職できる自信がない」という人こそ、スキルアップに励んではいかがでしょうか。

また、これから新しいスキルを身につけたいなら、プログラミングスキルがおすすめですよ。
プログラミングスキルは需要が高く、将来性もあることから多くの人に注目されています。

とくに、今後IT業界への転職を考えている人にとってプログラミングスキルは必須です。

これからプログラミングスキルを身につけて、転職まで成功させたいならスクールに通うのがおすすめですよ。
プログラミングスクールが就職に有利な理由やスクール選びのポイントについてくわしく知りたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてください。

プログラミング 就職のアイキャッチ画像 プログラミングスクールが就職に有利な3つの理由とは?転職支援と転職保証の違いも解説

まとめ:激務がつづくと心身が壊れる可能性がある

今回は激務になりやすい仕事や、辛い状況から抜け出す方法についてくわしくお伝えしていきました。

激務の日々を過ごしているときには、あまりの忙しさから環境を変化させようと考えられないかもしれません。

しかし、激務がつづくと確実に疲労やストレスが蓄積されていきます。
あまりにも疲労が溜まると、最悪の場合うつ病などの精神疾患にかかってしまう危険性も。

今の状況を変えたいなら、手遅れになる前に環境を変える行動を起こす必要があるでしょう。
まずは休暇を取って体力を改善させてみてください。

そして将来のキャリアについてじっくりと考えてみてはいかがでしょうか。
理想の人生を描くためのキャリアを考える方法について興味がある方は、こちらの記事もぜひご覧ください。

キャリアとは何か?理想の人生を描く3ステップと転職の評価ポイントを解説

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点