3年目で仕事を辞めるのがチャンスの理由5つとは?辞めないほうがいい場合も解説 | WEBCAMP NAVI
【7月の受講枠も残りわずか】

3年目で仕事を辞めるのがチャンスの理由5つとは?辞めないほうがいい場合も解説

仕事 3年目

仕事では「3年は続けないとその仕事の本当の魅力や苦労がわからない」「3年勤めてようやく自分との相性がわかる」と言われることがあります。

たしかに、たった数ヶ月の働きでは仕事の全体像や役割は見えてきません。
3年働くことがその仕事を見極める1つの目安というのもうなずけます。

そうして実際に3年間働いてみて、「辞める」という選択肢に迷う方は多いです。

「3年働いたけど、自分は転職すべきだろうか」
「実際のところ、3年目で転職活動をするのはどうなのか」
「3年目で仕事を辞めて転職を成功させるコツが知りたい」

という悩みを抱えていませんか。

今回は、

  • 仕事を3年目で辞めようと思う理由
  • 3年目で仕事を辞めるのがチャンスの理由
  • 3年目で仕事を辞めたほうがいい・辞めないほうがいい場合
  • 仕事を3年目で辞めて転職を成功させるポイント

などについてご紹介します。

「3年働いてみて、仕事を辞めることについて向き合いたい」という方は、ぜひ最後まで読み進めてくださいね。

仕事を3年目で辞めようと思う理由7つ

仕事を3年目で辞めようと思う理由7つ

実際に3年働いてみた人は、どのような理由で仕事を辞めようと判断するのでしょうか。

「自分が仕事を辞めたいと思う理由って普通かな?みんなどんな理由なんだろう?」と気になる方は多いでしょう。

3年目で仕事を辞める人の一般的な理由を知ることで、自分が仕事を辞める理由を見直すきっかけにもなります。

ここでは、仕事を3年目で辞めようと思う理由7つについてご紹介しましょう。

  1. 給料が安い
  2. 仕事内容が向いていない
  3. マンネリ化を感じる
  4. 上司や先輩を尊敬できない
  5. キャリアプランが不安
  6. 同期との差ができる
  7. 結婚・出産で生活が変わる

あなたに当てはまる理由もあるかもしれません。

1つずつ見ていきます。

1.給料が安い

3年働いてみたときの給料の安さが、仕事を辞める原因になることは多いです。

給料は自分の働きに対する報酬であり、仕事をする上での大きなモチベーションになります。
「給料が低い」と感じていると、仕事への熱意が下がってしまうでしょう。

また、1年目から3年目までの昇給の仕方を見たり、先輩社員の給料について把握したりしたときに、「将来的にも給料アップが見込めなさそう」であることが決断の決め手になることもあります。

現在の給料はもちろん、将来的にどれくらいの給料が受け取れるのかは、自分自身の人生設計にも大きく関わるものです。

3年も働けば、長期的な視点で「十分な給料がもらえるのか」を見極めることも可能でしょう。
給料が低いことは、仕事を辞めようと考える正当な理由になります。

2.仕事内容が向いていない

仕事内容が向いていないと感じることも、3年目で仕事を辞める理由として挙げられます。

3年も働けば、自分がその仕事に向いているかどうかの判断はおおよそつきます。

自分に向いていない仕事内容をやる続けるよりも、向いている仕事に転職したほうがずっと働きやすいです。

3年働いた結果として向き不向きの見極められるようになり、向いていないと思えば仕事の辞めるのは自然な判断でしょう。

3.マンネリ化を感じる

仕事に対してマンネリ化を感じることが、仕事を辞める理由になることもあります。

次のように感じていれば、マンネリ化している可能性が高いです。

  • 仕事内容にやりがいがない
  • この仕事を続けていても成長できない
  • 働いていて新しい刺激がない
  • 同じことの繰り返しでつまらない

特に向上心や成長意欲が高い人ほど、仕事に対してマンネリ化を感じやすいもの。

仕事に対するマンネリ化は、配属部署や仕事内容が変化しない限り改善が難しいです。
しかし、希望する部署に配属させてもらえないことや、社内ではどこも魅力を感じないこともあります。

自分自身が輝ける環境を求めて、いまの仕事を辞めようと考えるようになりますよ。

4.上司や先輩を尊敬できない

会社の上司や先輩を尊敬できないことも、3年目で仕事を辞めたいと思う理由の1つです。

上司や先輩の姿は、将来の自分の姿でもあります。
自分は5年後、10年後に先輩や上司たちのようになりたいかが、働き続けるかどうかの1つの基準です。

「将来は自分もこうなりたい」と思えないなら、その会社で働き続ける必要もないでしょう。

  • 上司は満足に仕事をせずにいる
  • 先輩は残業ばかりしている
  • 普段の会話は愚痴や不満ばかり

上記のような上司や先輩の姿を見ていれば、「仕事を辞めたい」「転職したい」と思うのも無理はありません。

5.キャリアプランが不安

会社で働き続けるかを考える上で、キャリアプランに不安があることが仕事を辞める理由になります。

3年も働いていると、長期的なキャリアプランを考えるでしょう。

そのとき、

  • ポジションがあかない限り昇進できない
  • いまの状況のままではキャリアが積み上がらない
  • 結婚や出産などのライフイベントで退職する人が多い

といったキャリアプランへの不安があると、「ほかの会社に転職したほうが、理想のキャリアを叶えられる」と考えるようになります。

近年は年功序列の文化が消失し、自分のキャリアは自分で築かなければならない状況に変化しているといえるでしょう。

自分のキャリアプランを固めるため、いまの仕事を辞めるという選択肢が現実的になるのです。

6.同期との差ができる

3年も働けば、同期のなかでも差が見えるようになってきます。
同期との差ができることが、仕事を辞める理由にもなりますよ。

たとえば、自分のほうが同期たちよりも成果を出している場合、もっと刺激し合える仲間がいる環境で成長したいと考えるかもしれません。

また、同期に比べて自分が成果を出せていない場合は、いまよりも自分の能力を発揮でき、評価してもらえる環境を求めるでしょう。

3年間働くことで同期との差が生まれると、自分のことを相対的に判断できるようになります。

自分を相対的に捉え、より自分に合った環境を求めて仕事を辞めるのです。

7.結婚・出産で生活が変わる

3年目で仕事を辞める理由として、結婚や出産で生活が変わることも挙げられます。

入社してから落ち着いたタイミングとして、3年目で結婚や出産などのライフイベントを経験する人も多いでしょう。

結婚や出産をすると、生活の変化によってそれまで通りに仕事を続けられないこともあります。

「いまの仕事で働き続けるよりも辞めたほうがいい」という判断に至ることもあるのです。

特に、社員の結婚や出産に対して十分な受け入れ体制を整えられていない会社では、ライフイベントを機に仕事を辞める人が多くなります。

3年目で仕事を辞めるのがチャンスの理由5つ

3年目で仕事を辞めるのがチャンスの理由5つ

仕事を3年目で辞めようと思う理由についてお伝えしました。
あなた自身が感じている理由もあったのではないでしょうか。

仕事を辞めることに対してマイナスなイメージを持つ人は多いです。
真面目な人ほど「自分はいまの会社で頑張れなかった」と自分を責めてしまうかもしれません。

しかし、3年目で仕事を辞めるのは、実は大きなチャンスとも言えます。
「3年目で仕事を辞めるのがチャンスってどういうこと?」と疑問に思う方もいるでしょう。

ここでは、3年目で仕事を辞めるのがチャンスの理由5つについてご紹介します。

  1. 企業は第二新卒の採用に積極的
  2. スキルや経験を武器にできる
  3. 継続力が評価される
  4. 大手企業に入社できる可能性がある
  5. 若いので異業種に挑戦しやすい

3年目というのは、新卒採用とはまた異なる意味で、希望の職場に転職しやすいタイミングなのです。

さっそく見ていきましょう。

1.企業は第二新卒の採用に積極的

3年目で仕事を辞めるのがチャンスの理由として、企業は第二新卒の採用に積極的であることが挙げられます。

第二新卒とは、最終学歴である高校や大学を卒業して新卒採用で就職したものの、3年以内に早期離職した人のこと。

2019年の調査では、「2030年まで予想される変化」として「新卒(第二新卒含む)採用を中心とした若手人材確保の重要性は高まると思う」と回答した企業が半数を超えました

(出典:マイナビ転職)

2030年まで予想される変化

第二新卒は、

  • 若手でポテンシャルが高い
  • 基本的なビジネスマナーは身についている
  • 他社の風土に強く染まっていない
  • 新卒よりもスキルがある
  • 教育コストをおさえられる

など、企業にとって好ましい人材として判断される傾向にあります。

転職市場で人気の高い人材であり、転職のチャンスが多いと言えるでしょう。

2.スキルや経験を武器にできる

それまで身につけたスキルや経験を武器にできることも、3年目で仕事を辞めるのがチャンスである理由です。

もし数ヶ月や1年程度で仕事を辞めた場合、大したスキルや経験は身につきません。

しかし、3年間働けば何かしらのスキルや経験を身につけられます。
転職活動において、スキルや経験があることは大きな武器です。

求人の条件には、「1年以上の経験」「経験者優遇」などの記載があることも。

3年間働くことは決して無駄にはなりません。
自分がより良い環境を選び取るための、心強い武器になります。

3.継続力が評価される

3年目で仕事を辞めるのがチャンスである理由として、継続力が評価されることもありますよ。

会社としては、採用した人材にはできるだけ長く働いてもらいたいと考えています。
そのため、数ヶ月などの短い期間で転職する人は「忍耐力・継続力がない」と低い評価になりがちです。

一方で、3年間働いていれば、十分な期間と見なされて継続力が評価されるケースもあります。

「この人は最低でも3年間は働いて、会社に貢献してくれる人材だ」と判断されやすいでしょう。

継続力があることは、転職市場において有利に働きます。

4.大手企業に入社できる可能性がある

3年目で仕事を辞めるのがチャンスなのは、大手企業に入社できる可能性があることも理由の1つです。

近年、大手企業は第二新卒の採用数を増加させています。

たとえば、次のような大手企業も第二新卒採用をおこなっているのをご存知でしょうか。

  • アクセンチュア
  • Google
  • GREE
  • DeNA
  • 博報堂
  • P&G
  • マッキンゼー
  • リクルート

なかでも博報堂は、2016年の秋採用で第二新卒の採用数を2倍にしたことが話題になりました。

(出典:日本経済新聞)

現在でも大手企業における第二新卒の需要は高まっています。

5.若いので異業種に挑戦しやすい

若いので異業種に挑戦しやすいことも、3年目で仕事を辞めるのがチャンスである理由です。

転職では、年齢が若いことも重要なポイントになります。
30代を超えると、専門性の高いスキルや経験が求められるようになり、転職のハードルが上がるのです。

30代以上で未経験の状態から異業種に転職するのは、かなり狭き門になります。
そもそも年齢の条件に合わず、選考に進むことすらできないことも少なくありません。

一方で、第二新卒なら年齢で落とされることもなく、未経験から異業種への転職も挑戦しやすいです。

ポテンシャルや熱意を評価されれば、新しい業界でスタートを切ることも可能でしょう。

3年目で仕事を辞めたほうがいい場合5つ

3年目で仕事を辞めた方がいい場合5つ

3年目で仕事を辞めるのがチャンスの理由についてお伝えしました。
第二新卒での転職はチャンスが多いことがわかりますね。

「自分が3年目で仕事を辞めるべきかどうか悩んでいる」という人は多いです。
チャンスであることを頭では理解していても、現実として迷うでしょう。

仕事を辞めるべきかどうかの決断はあくまで本人がするもの。
ただし、仕事を辞めたほうがいいと言えるケースも参考にしておくといいですよ。

自分自信にとって明らかに辞めたほうが良いのに、判断がつかずに大変な状況から抜け出せないことがあるためです。

ここでは、3年目で仕事を辞めたほうがいい場合5つについてご紹介します。

  1. やりたいことが明確にある
  2. 心身に不調が出ている
  3. 仕事の人間関係に悩んでいる
  4. まわりから向いていないと言われる
  5. 頑張っても成果が出せない

上記のことに当てはまるなら、仕事は辞めたほうがいいと言えるでしょう。

詳しくご説明します。

1.やりたいことが明確にある

やりたいことが明確にあるなら、いまの仕事は辞めてやりたいことができる環境に転職したほうがいいでしょう。

せっかくやりたいことが明確にあるのに、やりたくない仕事内容をやり続けるのは時間の無駄です。

さっそく転職活動を始めて、自分のやりたいことができる企業を見つけましょう。

やりたいことが明確だけど具体的でない場合は、深く調べてより具体化して考える必要があります。

必要に応じて転職エージェントなどに相談し、転職活動を進めるといいですよ。

2.心身に不調が出ている

現在の仕事での負担やストレスが大きく、心身に不調が出ている場合も、仕事を辞めたほうがいいケースです。

心身に不調が出ているのは、非常に危うい状況です。
一刻も早く休職し、転職先を探しましょう

人によっては、「これくらい平気」「ちょっと体調を崩しただけ」と軽く見ていることもあります。

しかし、仕事のストレスによる心身の不調は、長年積み重なるにつれて大きな病気を引き起こす可能性があるのです。

心身に不調が出るほど過酷な労働環境は異常と言えます。
迅速に行動を起こしましょう。

3.仕事の人間関係に悩んでいる

仕事では人間関係を避けて通ることができません。
いまの職場で人間関係に悩んでいるなら、辞めたほうがいいでしょう。

たとえば、

  • 職場でいじめが起きている
  • 話題が他人の悪口ばかり
  • 飲み会やイベントへの参加を強制される

などの状況なら、のびのびと仕事ができる環境とは言えません。

仕事では良好な人間関係のなかで働きたいものですよね。
人間関係が良いと、余計なストレスがなく業務もスムーズに進みます。

仕事の人間関係に悩みがあるときは、仕事を辞めることを検討しておきましょう。

4.まわりから向いていないと言われる

まわりから向いていないと言われることはないでしょうか。
客観的に適性がないと判断されるときは、素直に受け入れて仕事を辞めたほうがいいかもしれません。

自分自身のことは意外と気がつかないこともあります。
周囲から見ると「あなたにはもっと向いている仕事がある」と言われることもあるでしょう。

特にあなたと親しい間柄の人や、信頼している相手から指摘されたときは、耳を傾けたほうがいいです。

あなたに向いている仕事を見つけたときに、ようやく「これまでの仕事は全然向いていなかった」と気づくケースもあります。

まわりから向いていないと言われたら、まずは自己分析をして自分に向いている仕事を探してみてはいかがでしょうか。

5.頑張っても成果が出せない

仕事には向き不向きがあります。
頑張っても成果が出せないときは、いまの仕事があなたの能力を発揮しにくい分野なのかもしれません。

  • 「人より時間をかけているのにうまくできない」
  • 「どうして自分ばかり成果が出せないんだろう」
  • 「努力が報われている気がしない」

上記のように感じているなら、いまの仕事を辞めたほうがいいのではないでしょうか。

自分に合った仕事をすれば、成果はあとから自然についてきます。

3年目で仕事を辞めないほうがいい場合5つ

3年目で仕事を辞めない方がいい場合5つ

3年目で仕事を辞めた方がいい場合についてお伝えしました。
希望とは異なる現実に行き詰まり、心身に不調として現れているなら、新しい環境を探したほうがいいでしょう。

しかし、あなたの状況によっては3年目で仕事を辞めないほうがいいこともあります。

状況をよく見極め、本当にいまの職場では問題が解決できないのかを考えましょう。

ここでは、3年目で仕事を辞めないほうがいい場合5つについてご紹介します。

  1. 部署異動で不満が解消される
  2. やりたいことが副業で実現できる
  3. 将来のビジョンが決まっていない
  4. 転職活動をする金銭的な余裕がない
  5. まわりと比較しているだけ

上記のことが当てはまるなら、仕事を辞める判断を下すのはまだ早いです。

1つずつ見ていきましょう。

1.部署異動で不満が解消される

部署異動で不満が解消される場合は、3年目で仕事を辞める必要がありません。
希望の部署に異動してもらえるよう、行動を起こしましょう。

いまの会社のままで問題が解決できるなら、それに越したことはありません。
3年間で築き上げてきたものを捨ててしまうのはもったいないと言えます。

人間関係や仕事内容についての不満は、部署異動で解消できる不満です。

どのような判断で部署異動が決まるのかを上司や人事に質問し、希望の部署に異動してもらえるように働きかけましょう。

  • 日々の仕事で成果を出す
  • 上司や人事との面談で希望を伝える
  • 希望の部署で活かせるスキルを習得する

上記のような取り組みをすることで、「異動したい」という気持ちを行動で表せば、考慮してもらえる可能性が高くなりますよ

2.やりたいことが副業で実現できる

やりたいことは、転職しなければできないことなのかを考え直してみましょう。
もし副業でやりたいことが実現できるなら、仕事を辞めないほうがいいと言えます。

最近は、会社員として働きながら副業をする人が増加しており、副業でやりたいことに挑戦するのも珍しくありません。

副業を通して自分がやりたいことができ、さらに経営やマーケティングなどの知識を本業に還元することもできますよ。

会社での仕事と副業との相乗効果が生まれれば、より充実して働けるでしょう。

ただし、副業は就業規則で明確に禁止している会社もあります。
トラブルにならないよう、あらかじめ就業規則を確認しておくことが大切です。

3.将来のビジョンが決まっていない

漠然と「仕事を辞めたいな」と感じていて、将来のビジョンが決まっていない場合は、仕事を辞めないほうがいいと言えます。

将来のビジョンがないまま、勢いで仕事を辞めると、転職活動で成功することも難しいです。

  • 自分は将来どうなりたいのか
  • どんなキャリアを歩みたいのか
  • どんな生活をしたいのか

上記のことを十分に考えてからでも、仕事を辞めるのは遅くありません。

ビジョンが明確ではない状態で仕事を辞めることのないようにしましょう。

4.転職活動をする金銭的な余裕がない

転職活動には、ある程度のお金がかかります。
金銭的な余裕がないなら、仕事を辞めないほうがいいでしょう。

もし、仕事を辞めたあとに転職活動をする場合、次のお金がかかります。

  • 交通費
  • 履歴書などの購入費用
  • スーツや革靴を新調する費用
  • 仕事が決まるまでの生活費

新しいスーツなどを用意する場合や、1人暮らしの場合は特に大きな金額が必要になりますよ。

金銭的な余裕がないと、精神的にも「早く転職先を決めなければ」と焦り、結果的に妥協した条件で転職先を決定することにつながります。

十分に納得して選べていないので、転職後も新たな不満を抱えやすいです。

5.まわりと比較しているだけ

単純にまわりと比較しているだけなら、仕事は辞めないほうがいいです。

隣の芝生は青く見えると言いますが、まわりの人は良いところばかりが見えてうらやましく思うもの。

  • あの人は自分より給料が良い
  • あの人は職場の人に恵まれている
  • あの人は天職を見つけて楽しそうだ

など、まわりの人と比べるほど、自分の状況に不満を感じてしまいます。

しかし、まわりの人も自分にはわからない大変さや苦労を背負っているものです。

ないものねだりでいまの仕事を辞めるのは、賢明な判断とは言えません

仕事を3年目で辞めて転職を成功させるポイント5つ

仕事を3年目で辞めて転職を成功させるポイント5つ

3年目で仕事を辞めないほうがいい場合についてお伝えしました。
あなたの現在の状況次第では、仕事を辞めないほうが良いこともありますよ。

状況を見た上で、「やっぱり3年目で転職しよう!」という考えに至ったなら、計画的に進めることが成功につながります。

新卒採用に比べて、3年目で仕事を辞める場合の転職活動は求められるものも変わるため、工夫が必要です。

3年目で仕事を辞めて転職活動をするときに、知っておきたい成功のポイントを理解しましょう。

ここでは、仕事を3年目で辞めて転職を成功させるポイント5つについてご紹介します。

  1. あらためて自己分析をする
  2. 転職の条件を整理する
  3. 転職先が決まってから退職する
  4. スキルを磨いておく
  5. 第二新卒に強い転職エージェントを活用する

上記のポイントをおさえることで、転職成功の可能性をぐっと高められますよ。

それぞれのポイントについて、順番にご説明しましょう。

1.あらためて自己分析をする

新卒採用のときに一度自己分析をしたかもしれませんが、あらためて自己分析をしてみましょう。

3年間の社会経験を経て、自分のことをより深く分析できるはずです。

たとえば、

  • 得意不得意
  • 好き嫌い
  • 譲れないこと
  • 気にならないこと
  • 特徴的な性格

など、仕事をするなかで新たに発見した部分もあるのではないでしょうか。

現在の自分を見つめ直すことで、より自分に適した企業を見つけられますよ。

2.転職の条件を整理する

仕事を3年目で辞めて転職を成功させるには、転職の条件を整理することが大切です。

新卒採用のときは、働くイメージがつかめずになんとなくの条件で就職活動をしていたかもしれません。

いまなら、実際に社会経験を得たことで、新卒の頃よりも具体的な転職の条件が出てきます

働くことのイメージが明確であることを武器にして、譲れない条件を挙げましょう。

転職の条件を整理することで、より自分にマッチした企業を選べますよ

3.転職先が決まってから退職する

仕事を3年目で辞めて転職を成功させるため、転職先が決まってから退職するようにしましょう。

もし先に仕事を辞めてから転職活動をすると、金銭面や心理面で余裕がなくなりやすいです。
焦る気持ちで転職活動を進めても、納得のできる転職はできません。

「仕事を続けながら転職活動をするのは忙しくて難しい」という方は、転職エージェントの活用をおすすめします。

転職エージェントは求職者の転職をサポートするプロです。
あなたの代わりに最適な企業を見つけて、面接日程の調整や条件の交渉をしてくれますよ。

転職先が決まってから退職することで、ブランクなくスムーズに新しい企業に入社できます。

4.スキルを磨いておく

仕事を3年目で辞めて転職を成功させるポイントとして、スキルを磨いておくことが挙げられます。

第二新卒採用では、スキルを評価されることも多いです。
スキルを磨いておくことで、転職活動を有利に進められますよ

おすすめのスキルは次のとおりです。

  • コミュニケーションスキル
  • プレゼンテーションスキル
  • マーケティングスキル
  • パソコンスキル
  • プログラミングスキル

仕事のスキルアップについて知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

仕事のスキルアップのアイキャッチ 仕事のスキルアップをする方法5選を詳しく解説!成功させる9つのコツも紹介

5.第二新卒に強い転職エージェントを活用する

仕事を3年目で辞めて転職を成功させるポイントに、第二新卒に強い転職エージェントを活用することがあります。

転職エージェントと言ってもさまざまで、たくさんの種類があるので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

第二新卒に特化した転職エージェントなら、あなたのような人材を積極的に採用している企業の求人が集まっています

また、エージェントから第二新卒の転職を成功させるためのアドバイスを得られるでしょう。

仕事を3年目で辞めたい人におすすめの転職エージェント3選

仕事を3年目で辞めたい人におすすめの転職エージェント3選

仕事を3年目で辞めて転職を成功させるポイントについてお伝えしました。
ポイントをおさえて、転職を成功させましょう。

仕事を3年目で辞めて転職を成功させるポイントのなかでも、「第二新卒に強い転職エージェントを活用する」のは重要です。

さまざまな転職エージェントがあるので、自分に合った転職エージェントを見つけることが成功の鍵になります。

「どの転職エージェントを選べばいいかわからない」という方もいるでしょう。
せっかく転職に向けて行動を起こすのに、転職エージェント選びから失敗したくはないですよね。

ここでは、仕事を3年目で辞めたい人におすすめの転職エージェント3選をまとめました。

  1. マイナビジョブ20’sアドバンス
  2. ハタラクティブ
  3. DYM就職

いずれも第二新卒の転職に強く、実績のある転職エージェントです。

それぞれの特徴を見比べ、ぜひ活用してみてくださいね。

1.マイナビジョブ20’sアドバンス

マイナビジョブ20’sアドバンス

「マイナビジョブ20’sアドバンス」は、既卒未就業の人に特化した就職サービスです。

2019年以降から2021年3月までに4年制大学、大学院、専門学校、短期大学を卒業した就職未内定者の方を対象としています。

短期間で社会人として活躍できるスキルを習得し、納得して働ける企業に出会えるよう、キャリアアドバイザーのサポートを受けながら就職活動を進められますよ。

マイナビが実施する独自の研修を受けられ、既卒未就業の人材を積極採用する企業とのマッチング選考会に参加できるので、効率よく就職活動ができます。

マイナビジョブ20’sアドバンスで転職したい人は、公式サイトをご覧ください。

2.ハタラクティブ

ハタラクティブ

「ハタラクティブ」は、20代のフリーター・既卒・第二新卒向けの転職サービスです。

新卒で入社して3年目で辞める人にぴったりの転職サービスなので、「経歴に不安がある」「自信を持てるスキルがない」という人でも安心して転職活動ができますよ。

ハタラクティブでは、利用者の3人に2人が未経験からの就職を叶えています。
これまでとはまったく異なる未経験の業界・業種にもチャレンジできるのは魅力ですね。

ハタラクティブに求人を掲載している企業は、「20代の若手を採用して育てたい」「幅広い人材を採用したい」と、スキルや経歴よりも人柄を重視しています。

ハタラクティブで転職したい人は、公式サイトをご覧ください。

3.DYM就職

DYM就職

「DYM就職」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニートから優良企業の正社員を目指せる就職支援サービスです。

「3年以内に退職してしまった」「経歴にブランクがある」という人でも、正社員の就職を叶えられる充実したサポートが整っています。

DYM就職では、書類選考無しで面接ができ、企業の採用担当者や社長と直接交渉が可能です。
あなたの経歴ではなく、人柄や熱意、ポテンシャルを見てもらえます。

また、「自分に自信がない」「就職活動に不安」という人も大丈夫です。

  • 書類作成指導
  • 面接練習
  • 服装指導

など、無料で就職までのサポートが受けられるので、自信を持って面接にのぞめますよ。

DYM就職で転職したい人は、公式サイトをご覧ください。

まとめ:仕事の3年目は自分を見直すいい機会

今回は、仕事を3年目で辞めることについてご紹介しました。

3年目というタイミングは、第二新卒で転職できる大きなチャンスです。
自分のキャリアを見つめ直し、新たな一歩を踏み出しましょう。

もちろん、転職をしないという選択肢もあります。
現状を見極めて、あなたに合った選択をしてくださいね。

もし、仕事を3年目で辞めて転職活動をするなら、成功のためのポイントをぜひ実践してください

これからのあなたのキャリアをより良いものにするために、ぜひ行動を起こしましょう。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点