人間関係の悩みランキングTOP5!職場で良好な関係を保つための解決策を解説 | WEBCAMP NAVI
【6月の受講枠も残りわずか】

人間関係の悩みランキングTOP5!職場で良好な関係を保つための解決策を解説

人間関係の悩みランキングtop5!

「人間関係の悩みってどういうものがあるのかな?」
「自分の人間関係の悩みがほかの人も悩むことなのか知りたい」

と思うことはありませんか?

人間関係の悩みを抱えても、ほかの人に共有できず1人で悩むことも多いですよね。

人間関係の悩みのランキングには、どのような内容がラインナップされているのでしょうか?

そこで今回は、

  • 男性・女性が抱える悩みの相手ランキング
  • 職場の悩みランキング
  • 人間関係でありがちな悩みへの対処法

について詳しく解説します。

この記事を見れば、人間関係において多くの人はどのような悩みを持つのか、そして、その解決策がわかります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

男性が人間関係で悩みを抱えている相手ランキングTOP5

最も「ストレス」を感じる相手は誰ですか

オンライン総合旅行サービスDeNAトラベルの「ストレスと旅行」の調査では、人間関係とストレスについての関係性をまとめています。

以下では、20代の男性が人間関係で悩みがちな相手を5つの属性に分けてご紹介します。

  1. 上司
  2. 同僚
  3. 配偶者
  4. 自分の親
  5. 友人

1つずつ見ていきましょう。

1位:上司

もっともストレスを感じる相手として「上司」と答えた人は37.5%にのぼります。

3人に1人以上が上司に対しストレスを感じていることがわかります。

ここから多くの男性は、会社で働きつつ、上司に対して「苦手意識」を持ちながら勤務していることがわかるでしょう。

社会に出はじめで慣れない環境でストレスのあるところに、上司との関係がさらにストレスを溜め込むことになります。

2位:同僚

「同僚」にストレスを感じると回答した人は、25%でした。

つまり、4人に1人が同僚に対しストレスを感じています。

同僚のどのような点にストレスを感じるのかについては、以下のような項目があげられています。

  • すぐにキレる人
  • イライラしている人
  • 自己中心的な人
  • うわさや悪口ばかりいう人

周りにネガティブな態度をあからさまに出す人物に対しストレスを感じていることがわかります。

同僚とはどんな意味?上司も入るの?職場のデリケートな人間関係を解説

3位(同率):配偶者

「配偶者」にストレスを感じている割合は12.5%でした。

会社の上司や同僚に比較すると、低い数値です。

男性が配偶者に対してストレスを感じるポイントとして、以下があげられています。

  • 配偶者が体型を気にしなくなるなどで魅力を感じなくなり、一緒にいることにストレスを感じる
  • 浮気され、自分の思う夫婦像と異なり、ストレスを感じる
  • 子供に対する教育方針の違いでストレスを感じる

男性の中にある、相手への「こうあってほしい」理想像から相手がかけ離れるとストレスを感じることがわかります。

価値観のずれがストレスの原因です。

3位(同率):自分の親

「自分の親」にストレスを感じている割合は12.5%でした。

こちらも会社での人間関係に比べ、ストレスの度合いは小さな数値となっています。

自分の親に感じるストレスには、以下のようなことがあります。

  • 過大に期待されて辛い
  • 過度に干渉される
  • 両親が立派な経歴を持ちすぎていて、劣等感を感じる
  • 介護問題

親が子供の人生に過干渉である場合、子どもが人生を自分の意志で進められなくなります。

結果、ストレスを溜めこむことにつながります。

3位(同率):友人

「友人」にストレスを感じている割合も12.5%となっています。

友人に対しストレスを感じる瞬間は、以下のようなものです。

  • 環境が異なり、価値観が合わなくなる
  • 自分と異なる相手の生活を羨ましく思う

自分と相手は異なる人生を歩んでいるため、共感するような内容も変わってきます。

相手に合わせて話をするのにも気づかれするのでしょう。

女性が人間関係で悩みを抱えている相手ランキングTOP5

最も「ストレス」を感じる相手は誰ですか

女性は、男性に比べ、人間関係に対し強くストレスを感じる傾向があります。

以下では、20代の女性が人間関係で悩みがちな相手を、5つの属性に分けてご紹介します。

  1. 同僚
  2. 上司
  3. 友人
  4. 恋人
  5. 配偶者とその両親
  6. 自分の親
  7. 部下や後輩

上の項目だけをみると、男性と通ずるところもあるように見えますが、ストレスを感じる原因はやや異なる点がポイントです。

それぞれの詳細を、1つずつ見ていきます。

1位:同僚

20代の女性の37.3%もの人が「同僚」にストレスを感じると回答しています。

男性の37.5%が上司にストレスを感じ、同僚に対し少ないストレスを感じているのと正反対の結果です。

同僚にストレスを感じる理由は、以下のようなものがあります。

  • 自己中心的な人
  • 嫌な仕事を人に押しつけてくる人
  • 周囲に不快感を与えても気にしない同僚

女性は、仕事場において自分と同レベルで働く人間の行動に敏感であることがうかがえます。

2位:上司

20代女性の25.5%が「上司」に対してストレスを感じています。

男性が上司に感じている37.5%のストレスに比較すると、圧倒的に低い数値です。

これは、上司の男性と女性の扱いが異なることに原因があることも1つのポイントにはなるでしょう。

管理職は男性が多いことが多く、男性は、女性に対し以下のような問題を意識しながら接します。

  • コミュニケーションの前提が男性と異なることを考慮
  • セクハラにとられる可能性を考慮

結果、男性の結果とは反対になりましたが、女性も職場の上司に対し、ストレスを感じる傾向が高いことがわかります。

3位:友人

「友人」にストレスを感じている割合は17.6%です。

女性の友人に対しストレスを感じる瞬間には、以下があげられます。

  • 優位性を誇示してくる(マウンティング)
  • 何かにつけ詮索してくる
  • メッセージに返信しないと感情的に怒ったりすねたりする

女性は、一度つるむと同じ人やグループで行動する傾向にあります。

結果、関係性が保たれないと仲間外れになるようなこともあり、面倒が生じます。

4位:恋人

恋人に対しストレスが溜まるとの回答をしている人は5.9%に上っています。

好きだから一緒にいるはずなのに、ストレスを抱えつつ一緒にいる人もいることがわかるでしょう。

恋人に対し、ストレスが溜まる理由は以下のようなものがあげられています。

  • ネガティブ発言が多い
  • すべて論理的にまとめ、共感力がない
  • マナーがない

とくに、相手に会話の主導権がありがちなカップルだと、言いたいことがいえず、ストレスが溜まってくるのも無理はありません。

楽しい時間を過ごしている恋人関係でも、こういった小さなストレスは蓄積しつつあるのが現状なのです。

5位(同率):配偶者とその両親

20代女性が配偶者に対して感じるストレスは、2.0%にとどまっています。

男性の12.5%に比較するとかなり低い割合です。

配偶者に対しストレスを感じる理由には以下があげられます。

  • 育児・家事に対し、当事者意識がない
  • 男性側が世話をやってもらって当たり前の態度
  • 指示されないと動かない

また同様に配偶者の両親、いわゆる義理の親に対しても、2.0%ほどストレスが溜まっている割合があります。

金銭感覚をはじめとした、さまざまな生活習慣が合わない点が原因として挙げられるでしょう。

配偶者やその義親とのストレスの種は「今までの生活様式とのズレ」が根本にあることがわかります。

5位(同率):自分の親

相手の両親だけでなく、自分の親に対してもストレスを感じる人もいます。

男性の12.5%と比較すると、2.0%と控えめな数値ですが、やはり必要以上の干渉をわずらしく思う人もいます。

  • 「結婚できそうなのか」としきりに聞いてくる
  • 「親としてこうあるべきだ」と価値観を押し付けてくる

「プライベート」に関する領域は親であってもズケズケと入るべき問題ではありません。

20代、30代と歳を重ねるにつれ、家庭を持つようになると考え方が変わることもあるでしょう。

その際に生じた「親の考えとのギャップ」が、ストレスを生むきっかけとなるのです。

5位(同率):部下や後輩

同僚や上司に強いストレスを感じる点はポイントですが、部下に対してストレスを感じる人もいます。

全体としては2.0%ではありますが、無意識的に「下に見られている」という点が根本にあることが原因です。

  • 視線を合わせようとしない
  • 挨拶ができない
  • 指示を素直に聞こうとしない

部下を優しく注意したとしても、肝心の部下がそれを快く受け止めず、逆ギレをする人もいないわけではありません。

そういった部下や後輩が1人でも同じプロジェクトにいると、職場でのストレスも大きくなることでしょう。

人間関係悩みランキング上位「職場」の具体的な悩み10選

職場の人間関係の悩み

人間関係の悩みの中でも職場で見られる悩みの多くは、多数の人が経験するものです。

いくつかの悩みは、上司や同僚の性格が大きく影響しています。

ここでは、10個の具体的な悩みを紹介します。

1つずつ見ていきましょう。

1.上司の態度がコロコロ変わる

上司が気分屋で、言うことが日によって変わる人だと、周りの人間は振り回されます。

このような上司の特徴として、以下があげられます。

  • 一度出した指示を頻繁に変える
  • 不機嫌になると、あからさまに態度が変わる
  • 人で態度を変える
  • 自分本位で身勝手

上司のいうことに一貫性が無いため、部下は毎日右往左往することになります。

一生懸命取り組んだ作業がめちゃくちゃな指示によりムダになることも珍しくない日常に、周りの人は疲れ果てます。

上司が嫌いで転職はあり?嫌いな上司の種類とストレスの対処法5つ!

2.公平な評価をしてくれない

自分がいくら頑張っても、評価をしてもらえていると感じられないことがあります。

理由は、以下のようにさまざまあります。

  • 上司がえこひいきしていて、ある特定の人物以外の評価がいつも低い
  • 上司から気に入られておらず、自分だけがよい評価を受けられない
  • 縁故採用の人物がいて、その人物の働きの方が悪いのに、自分が評価されない

評価をする側が自分に対する利益を考慮し評価を定めていて、評価が公平でないことはありえます。

評価が公平でないことが明らかに感じられれば、仕事をするモチベーションが下がるのは当然です。

3.上司や先輩が理不尽

理不尽とは「道理の通らない」という意味です。

理不尽な人には、以下のような例があります。

  • 機嫌が悪いと八つ当たりするなど、態度を大きく変える
  • 過去に言ったことを平気で覆す
  • 人のせいにする
  • 人の功績を自分のものにする

理不尽な人には常識が通じず、周りの人間は発言に振り回されることになります。

ストレスが溜まり、悩むのは当然です。

4.気の合う同僚がいない

同僚に気の合う同僚がいないと、何かを一緒に共感できる相手がいないため、寂しさを感じます。

そのような状況で発生するのが、以下のような感情です。

  • 孤独感
  • 疎外感

仲間がいれば楽しく感じる仕事も、1人で取り組んでいるとつまらなく感じられることもあるでしょう。

何かに共感し、喜怒哀楽を素直に出せる機会が無いことは、ストレスを生み出します。

5.仕事を丸投げされる

仕事を丸投げされる

何の説明も無しに仕事を丸投げされて悩まない人間はいません。

しかし、残念ながら仕事を丸投げされ、ストレスを溜め込む人は多いのが実際のところです。

お人好しの人はとくに、自分の仕事でないものを頼まれたりしても断ることができません。

誰にも相談できずに、理不尽さだけを感じ悩みが増えていくことになります。

仕事 丸投げ 仕事を丸投げしてくる上司の特徴とは?業務を押し付ける人から逃げる方法も解説

6.気を使いすぎてしまう

気を使いすぎる人は、ストレスを溜め込む傾向にあります。

気を使う人に見られるのが、以下のような特徴です。

  • お人好し
  • 責任感が強い
  • 和を優先する
  • 他人から嫌われたくない

気を使いすぎる人の傾向として「自分を犠牲にしてまで周りを優先する」ことがあります。

自分でも気づかないうちに、多くの仕事を抱え込むのです。

7.意見が合わない

残念ながら、組織に属していて出会うのは、自分と意見が合う人ばかりではありません。

上司や同僚と意見が合わず、衝突をし続け、疲れてしまうこともあります。

「意見が合わない」と感じる相手には以下のような人物がいます。

  • 価値観が合わない
  • 得意分野が異なり、視点が違う
  • 能力および行動に関わらず、自分ができないことをできる相手

意見が合わないと一度感じてしまうと、苦手意識が生じることがあります。

苦手意識は毎日増幅してストレスを生じさせ、悩みになります。

8.悪口や愚痴が多い

悪口や愚痴の多い人物は、そばにいるだけでストレスが溜まります。

悪口や愚痴が多い人には、以下のような特徴があります。

  • 自分に自信がないため、周りの人物をおとしめたい
  • ネガティブ
  • さみしがりや

悪口を言いあうことで、自分に同意してくれる人を味方につけようとする人もいます。

しかし、ネガティブなことを聞かされ続ける側としては、不要な情報にストレスが溜まる一方です。

9.プライバシーに踏み込んでくる

プライバシーに踏み込まれて嫌な思いをし、ストレスになることがあります。

以下の内容は、しつこく聞くとプライバシーの侵害になりえる内容です。

  • 恋人のことなどプライベートのことをしつこく聞いてくる
  • 有給申請の理由を聞いてくる
  • 休みの予定を聞いてくる

プライベートに踏み込みすぎ、相手に精神的・肉体的な苦痛を与えればハラスメントと考えられることもあります。

10.いじめや嫌がらせをされている

いじめや嫌がらせをされれば、悩むのは当然です。

いじめや嫌がらせの具体例としては、以下のようなものがあります。

  • 無視をする
  • からかう
  • セクハラをする
  • 仕事を妨害する

いじめや嫌がらせは、多数によりおこなわれることもあり、個人が追い込まれることもあります。

毎日会社に行くのも困難になりえる辛い悩みです。

人間関係の悩みを解決するためにできる10個のこと

人間関係の悩みの解決策

人間関係に悩んだら、解決策を考えてみましょう。

自分の意識や行動を変えることで、状況を変えられる場合もあります。

ここでは具体的に10個のことを紹介します。

いくつかのことは社会での基本ですが、意外とできていない人は多いものです。

1つずつ見ていきましょう。

1.相手に過度な期待はしない

人は知らず知らずのうちに誰かに期待する傾向にあります。

そして、期待値に達しない場合にイライラするのです。

無意識に期待している例には以下のようなものがあります。

  • 家に帰ってきたら夕飯ができていると期待する
  • 頼んだことが期日までに終わると期待する
  • 電車が時間どおりに来ると期待する

最初から期待していなければ、がっかりすることもありません。

ほかの人に対し、過度に期待するのをやめましょう。

2.積極的に話しかける

周りの人に積極的に話しかけてみてください。

積極性を示すために具体的にできることとして、以下のことがあります。

  • 挨拶をきちんとする
  • 相手をほめる
  • 感謝の気持ちを示す

あなたの周りの人は、あなたのことをよくわからず、近づくのを躊躇しているのかもしれません。

積極的に相手に関わり、自分を知ってもらいましょう。

相手に自分に対する親近感を持たせれば、人間関係は改善する可能性があります。

3.相手の話に耳を傾ける

相手の話に真剣に興味を持って耳を傾けてみましょう。

相手のことに興味を持って、知ろうとしてみてください。

今まで思い込んでいた相手へのイメージが変わることがあります。

また、親近感を持てる関係になれば、相手との心の距離が縮まります。

傾聴力はコミュニケーションに必要不可欠! 傾聴力はコミュニケーションに必要不可欠!身に着けるための方法とは?

4.誰に対しても同じ態度で接する

あなたは、無意識に人により態度を変えているということはありませんか。

たとえば、具体的には以下のような態度です。

  • 相手が自分にとって利害関係があったり、上司である場合、よい振る舞いをする
  • 相手が自分より弱い立場にいる場合、冷たくあしらう
  • 特定の人とだけ朗らかに会話する

人により態度を変える性格は、周りに不快感を与えます。

本人が知らずにおこなっているケースもあります。

誰に会う場合でも同じ態度で接するようにしましょう。

5.仕事を楽しむ

仕事を存分に楽しむ様子

仕事を楽しみ、作業に集中しましょう。

仕事に意識を向けることで、人間関係に意識を向けずに済みます。

以下のようなことに目を向けると、仕事が楽しくなります。

  • ゲームにのぞんでいる気持ちで作業にのぞむ
  • 何かをやり遂げたら自分を褒める
  • やり遂げたこと、積み上げたことの記録を残していく

悩みに注意を向けるよりも仕事に注力して取り組み、自分の成長に目を向ける方が生産的です。

仕事を楽しんでいる様子は、ほかの人に対してもよい印象を与えます。

仕事を楽しむ人と楽しめない人の10の違いとは?5つの解決方法も合わせてご紹介

6.ポジティブな言動を心がける

ポジティブな発言を心がけることで、周りの人間にもよい印象を残せます。

まず手始めに、以下の内容について自分を見直してみましょう。

  • 人の悪口をいう
  • ちょっとしたことをしてもらった際でも必ずお礼をいう
  • 第三者について褒め言葉を伝える

「〇〇さんが、あなたのことを褒めてたよ」と言われると、嬉しくなりますよね。

ポジティブな言動は、周りによい影響を広げます。

積極的にポジティブな発言をするようにしましょう。

7.ほうれんそうを徹底する

ほうれんそうとは「報・連・相」と書き、以下3つのことを意味します。

  • 報告
  • 連絡
  • 相談

ほうれんそうを徹底すると、上司や同僚との間で業務の効率がよくなります。

具体的には、ほうれんそうをすることで以下のような効果があります。

  • 業務をする方針を上司と確認しながら進められる
  • 物事が計画どおりに進んでいるかを、周りの人間と確認し合える
  • 調整が必要になった際に、上司と同僚と即座に取り組める

社会人になったらほうれんそうは業務をおこなう際の基本です。

しかし、この最低限のコミュニケーションをとれない人は多いものです。

ほうれんそうができていないと、業務に支障が出る可能性もあります。

ほうれんそうは意識的におこないましょう。

8.上司や先輩には前置きフレーズを使う

上司や先輩に、意見をしなければならない場面は誰もが経験するでしょう。

そんなときには、上司や先輩へ投げかける言葉の印象に角が立たないように前置きフレーズを利用します。

具体的には、以下のようなものです。

  • 先ほどのお話ですと…ですが、~という理解でよろしいですか?
  • 大変申し上げにくいのですが、
  • 恐れいりますが、

このようなフレーズをワンクッション入れるだけで、発する言葉の印象は大きく変わります。

意見を提示しなければならない場合は、意識的に入れ込むようにしましょう。

9.部下や後輩には不快感を与えないような言動をとる

部下や後輩と話す際も、相手に敬意を払い、不快感を与えないような言動を意識しましょう。

以下のようなことは避けるべきです。

  • 人前で叱る
  • ミスが起きた経緯を理解せず、ひたすら怒りをぶつける

叱り、威圧して相手をコントロールしても、相手にストレスを与え、萎縮させ、さらにミスを増やすだけです。

叱るだけでは相手の行動は改善されにくいと理解しましょう。

「~してもらえてありがたかったので、さらに~してもらえると嬉しい」のように褒める方が有効です。

10.感謝の気持ちを忘れない

周りの人間にいつも感謝の気持ちを示しましょう。

人は自分の行動を認識されて感謝されると嬉しさを感じます。

そして、さらにその人のために何かしようと思うものです。

ちょっとしたことでも「当然」と受け流さずに感謝の気持ちを示しましょう。

まとめ:人間関係の悩みランキング上位の職場環境が改善の要

人間関係で悩みを感じるのは、男女ともに上司および同僚であることがわかりました。

日常で人間関係の悩みを減らすには、職場環境の改善が要といえます。

職場ではとくに以下のことを心がけ、人間関係を健康に保ちましょう。

  • 相手に過度な期待をしない
  • 積極的に話しかける
  • ポジティブな発言を心がける
  • 感謝の気持ちを忘れない

どうしても環境の改善がのぞめないようであれば、我慢しすぎるのは禁物です。

自分の環境をよりよい環境に変えることを視野に入れましょう。

転職ならば、まだ仕事があるうちに検討するのがおすすめです。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点