【徹底分析】プログラミングスクールで安いところはココ!コスパのいいスクール10選

2021.09.09
プログラミングスクール 安い

「プログラミングスクールに興味があるけど、安いのはどこだろう?」
「プログラミングスクールで安くて、質がいいところを知りたい

と思うことはありませんか?

プログラミングスクールを決めようとしても、種類がありすぎて迷ってしまいますよね。

では、プログラミングスクールで安くて質のよい所にはどのようなものがあるのでしょうか?

そこで今回は、

  • 安価でありながら質もよいプログラミングスクール
  • 安いスクールでも信頼すべき所がある理由
  • 「安さ」を求めるときに注意したいポイント

について詳しく解説します。

この記事を見ればコスパがよく自分に合ったプログラミングスクールがどこかがわかるようになります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

安いプログラミングスクールでも信用できる2つの理由

安いプログラミングスクールでも信用できる2つの理由

安いプログラミングスクールは、信頼してよいものか疑問に思う人もいるでしょう。

安さは、質の悪さではなくビジネスの形態によるものが大きいです。

ここでは、安いプログラミングスクールでも信用できる2つの理由を紹介します。

  1. 受講生の転職成功がスクール側のメリットになるから
  2. 講師の工数が少ないスクールは、コストがかからないから

プログラミングスクールは、運営形態によりかかるコストが異なります。

安価なプログラミングスクールは、運営経費を削減できている部分を授業料に反映しているといえます。

1つずつ見ていきます。

1.受講生の転職成功がスクール側のメリットにもなるから

スクールによっては、卒業生に就職先を紹介するビジネスモデルになっているところもあります。

このような形式のスクールは、企業や団体からの補助もある分、比較的安い金額でサービスを提供できるのです。

高額なプログラミングスクールが多いため、低価格で高品質なサービスを受けられるのは大きなメリットでしょう。

学生は知識を得られ、スクールは人材を確保できる仕組みでウィンウィンの関係が成り立っているのです。

2.講師の工数が少ないスクールは、コストがかからないから

プログラミングスクールには、オンライン完結型のスクールがあります。

この場合、通常のスクールで発生する以下の費用を省けるため、全体費用を安く抑えられています。

  • 教室の賃貸費用
  • カリキュラムがビデオなどで成り立つ場合は、講師の人件費が抑えられる

結果、スクール側は、コストとして発生しない費用は省けるので授業料を安くできるのです。


DMM WEBCAMP】は受講生の97%が未経験からのスタート!
ライフコーチが1人1人に合わせた効率的な学習をサポートします!
短期間で効率的にプログラミングスキルを身につけたい
✔おうち時間でスキルアップしたい
✔プログラミングを独学で進めていくのが不安
といった方におすすめです!

あなたに合ったカリキュラムを紹介

どれだけ安い?プログラミングスクールの相場

どれだけ安い?プログラミングスクールの相場

学ぶ言語およびスクールに通う期間により、プログラミングスクールの費用は幅があります。

  • 総合費用:14万円程~80万円程
  • 受講が必要な期間:1か月~半年

期間や内容により金額はさまざまで、もっと安いスクールを探そうと思えば探すことは可能です。

一方で、安さだけでなく、言語や受講内容をしっかり理解してスクールを選択することが重要です。

安くてコスパのよいプログラミングスクールを見つける7つの選び方

コスパの良いスクールの見つけ方

安くてコスパのよいプログラミングスクールを見つける際に見るべきポイントがあります。

ここでは、以下の7つのポイントを紹介します。

  1. オンライン受講だと安くなるか
  2. 違約金はないか
  3. 期間が短すぎないか
  4. 授業以外のサポートはどれだけあるか
  5. 就職サポートの有無はどうか
  6. ポートフォリオ作成サポートがあるか
  7. 講師の質はどうか

これらのポイントを1つ1つ押さえることで、適正なスクールを判断できます。

それぞれの項目を見ていきましょう。

1.オンライン受講だと安くなるか

完全オンラインのプログラミングスクールは、教室代分の経費を授業料から差し引くことが可能です。

ほかにも以下のメリットがあります。

  • 通学に時間を要さず、学習時間に充てられる
  • 場所を選ばずに学習できる

自分の学習目的にあう完全オンラインのスクールを探し、金額を確認します。

教室に通わないスクールを選択することで、費用を抑えましょう。

2.違約金はないか

プログラミングスクールの中には、以下の場合に違約金がかかる場合があります。

  • 受講を途中でやめた場合
  • 紹介された企業の内定を断った場合

理由はさまざまですが、スクールによって発生する違約金はさまざまです。

予定どおりに計画が進まなかったときのことも考え、違約金は事前に確認しましょう。

3.期間が短すぎないか

プログラミングスクールの受講期間は、最短で1か月ほどのものがあります。

一方で、学んだことを実践し、開発していく作業を繰り返さなければ実際のスキルは身につきません。

受講期間中は、メンターがついたり、先生がサポートしてくれるところも多くなっています。

自分の理解度に合わせ、最適な受講時間のスクールを選ぶ必要があります。

4.授業以外のサポートはどれだけあるか

プログラミングを習得する過程でもっとも必要となるのが、サポートです。

なぜなら、サポートを得ることにより、以下のような状況で無駄な時間が発生するのを回避できるためです。

  • コードを書いてもうまく作動せず、どこに間違いがあるかわからず先に進めない
  • わからないことをどう検索すればよいかわからない

こんな状況になってもサポートが受けられれば、すぐに回答を得られます。

授業以外の時間にサポートが受けられるか否かは重要なポイントです。

5.就職サポートの有無はどうか

最近のプログラミングスクールの多くには、就職・転職支援つきが多くなっています。

プログラミングスクール卒業後に就職を考えている方は、就職サポートの有無を確認しましょう。

通常、何のサポートも無い状態で、一般的に就職活動や転職活動をした場合、以下が求められます。

  • 実務経験の有無
  • スキルの有無

しかし、プログラミングスクールを卒業したばかりでは実務経験はゼロです。

そのため、自分1人で就職先を探すのは簡単ではありません。

一方で、プログラミングスクールが紹介する企業は、スクールの卒業生である未経験者の採用を見据えています。

そのため、プログラミングスクールのサポートを受けられる方が圧倒的に就職に有利になります。

6.ポートフォリオ作成サポートがあるか

エンジニアとして就職するにあたっては、ポートフォリオの作成が必要になります。

ポートフォリオとは、「今までどのようなプログラミングをしたか」が確認できる資料です。

説得力のあるポートフォリオの作成にあたっては、あなたのオリジナリティが求められます。

誰かのコピーではないポートフォリオの作成の可否について、事前に確認しておきましょう。

7.講師の質はどうか

講師の質も事前に確認することが重要です。

講師には、以下のような人が配属されています。

  • 学生のメンター
  • スクール講師
  • 現役エンジニア

このうち、もっとも深い学びを得られるのは、もちろん現役のエンジニアです。

プログラミングスクール選択の前に、講師陣に現役エンジニアが多いかは確認しておきましょう。


初心者でもプログミングスキルを身につけられるの…?」と不安に思っている方へ!
国内最大級のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】では
✔受講生の97%が未経験者!
✔一人一人に合わせた学習計画で進められるため、仕事や学校と両立できる!
✔未経験者のために開発された独自のカリキュラムを用意!

経済産業省認定の圧倒的カリキュラム

学生にもおすすめ!安いプログラミングスクール5選

安いプログラミングスクール

安いのにもかかわらず、しっかりと学べるプログラミングスクールを紹介します。

紹介するのは、以下の5つのスクールです。

  1. DMM WEBCAMP SKILLS
  2. Cryptec Academia
  3. ポテパンキャンプ
  4. CodeCamp

1つずつ見ていきます。

1.DMM WEBCAMP SKILLS

DMM WEBCAMP SKILLS

DMM WEBCAMP SKILLSは完全オンラインのスクールです。

期間は自分で選ぶことができ、最短1か月です。

以下が主な特徴です。

  • 得られるスキル:HTML、CSS、Rubyの3種類
  • 自分の空き時間に受講が可能
  • 未経験者向けの授業あり

受講中はプロのメンターがつき、学習しやすい環境を整えます。

完全オンラインで就職サポートの仕組みがなく、ほかのスクールより安い金額を実現しているのが特徴です。

\参加者満足度99%
無料カウンセリングに申し込む
※最短1分で申し込み可能

2.CryptechAcademia (クリプテックアカデミア)

CryptechAcademia

クリプテックアカデミアは、オンライン受講が可能なスクールです。

特徴として、以下があげられます。

  • 得られるスキル:HTML、CSS、Javascript、SQL、PHP、jQuery
  • 現役エンジニアのサポートが受けられる
  • 大学生限定
  • 学生同士のコミュニティがある

チャットでの質問は、24時間利用可でいつでも対応してもらえます。

クリプテックアカデミアは、学生限定であることもあり就職活動サポートが充実しているのも1つの特徴です。

オリジナルのポートフォリオ作成のサポートも可能で、しっかりと就職活動に備えられます。

公式サイト:CryptechAcademia (クリプテックアカデミア)

3.ポテパンキャンプ

ポテパンキャンプ

ポテパンキャンプも完全オンラインのプログラミングスクールです。

授業内容は、以下の2つに特化しています。

  • 得られるスキル:Ruby・Ruby on Rails
  • WEBエンジニア転職に必要なスキル

講師には、現役エンジニアが採用されているため、より実践的な内容を学べます。

毎日、10時~23時までサポートを受けられるため、不明点はすぐに解決できるでしょう。

また、卒業者には無期限の転職サポートがついてくるため、安心して就職活動に臨めます。

公式サイト:ポテパンキャンプ

4.CodeCamp

CodeCamp

CodeCampは、過去に3万人の受講実績を持つ老舗のオンライン完結型プログラミングスクールです。

主な特徴は以下のとおりです。

  • 得られるスキル:Ruby、PHP、Java、HTML、CSS、Javascript、Swiftなど
  • 受講期間は2か月から
  • 講師は全員現役エンジニア
  • メンターは厳しい選考基準を通った人のみ

講師陣にとても力を入れており、メンターの質に定評があります。

就職支援については「就職支援コース」が特別に用意されています。

CodeCampには無料体験があり、コースの雰囲気の確認が可能です。

公式サイト:CodeCamp

5.TechAcademy

TechAcademy

TechAcademyもオンライン完結型のプログラミングスクールです。

TechAcademyの主な特徴は以下のとおりです。

  • 得られるスキル:HTML、CSS、JavaScript、jQuery、Bootstrap
  • 受講生1人1人にプロのメンターがつく
  • 週2回メンターによるビデオチャットサポートが受けられる(30分)
  • チャットによる随時サポート(2分以内の回答)

TechAcademyのメンターは現場経験豊富な現役エンジニアが多く、評判が高いです。

それぞれのコースには、1週間の無料体験サービスがあり試すことができます。

転職サポートがあり、キャリア相談、スキル活用相談も可能です。

公式サイト:TechAcademy

安くて転職サポートも充実しているプログラミングスクール5選

安くてサポートも充実しているスクール

プログラミングスクールに通っても、その後就職につながるかわからない不安を持つ人も多くいます。

せっかく身につけた技術を利用して就職するためには、転職サポートつきのスクールがおすすめです。

就職を目的としている場合、転職サポートつきのプログラミングスクールを選択するようにしましょう。

ここでは、就職サポートがしっかりつく、安いスクールを5選紹介します。

  1. DMM WEBCAMP COMMIT
  2. DMM WEBCAMP PRO
  3. GEEK JOB
  4. 侍エンジニア塾
  5. TECH CAMP

1つずつ見ていきます。

1.DMM WEBCAMP COMMIT

DMM WEBCAMP COMMIT

DMM WEBCAMP COMMITの専門技術講座は、経済産業省および厚生労働省の教育訓練給付金制度の対象講座です。

そのため、条件が合えば受講料の最大70%が教育訓練給付金として支給される可能性があります。

月々の支払いが少額で抑えられる分割制度もあり、利用した場合の支払い額はおよそ以下のとおりとなります。

  • 短期集中コース
    【分割払い】 28,072円~/月
    【一括払い】  690,800円
  • 専門技術コース
    【分割払い】 38,706円~/月
    【一括払い】  910,800円 (教育訓練給付金が支払われる場合350,800円)

また、こちらも条件が合えばですが、転職できなければ受講料は返金される「転職保証」もあります。

通常の価格は割高ではありますが、価格を安くできる制度が多いため、条件に合致する人にとってはお得なスクールといえます。

\参加者満足度99%
無料カウンセリングに申し込む
※最短1分で申し込み可能

2.DMM WEBCAMP PRO

DMM WEBCAMP PRO

DMM WEBCAMP PROでは、最大1年の転職サポート支援が提供されています。

就職活動で重要なポートフォリオ作成についても可能です。

受講スタイルが2パターン設けられており、忙しい人でもしっかり学習できるよう組まれています。

分割払いも可能で、支払いは以下のようになります。

  • 12週間転職志望コース
    【分割払い】 24,882円~ /月
    【一括払い】  62,4800円
  • 専門技術コース
    【分割払い】 27,541円~/月
    【一括払い】  679,800円

DMM WEBCAMP COMMITがフルタイムで学習するのに対し、PROは受講者の時間に合わせ学習できるのが特徴です。

転職については、何度でも相談できる点も、重要なポイントといえるでしょう。

\参加者満足度99%
無料カウンセリングに申し込む
※最短1分で申し込み可能

3.GEEK JOB

GEEKJOB

GEEK JOBのスピード転職コースは「無料」です。

受講期間は最短1か月で、オンライン完結型になっています。

このコースの特徴は以下のとおりです。

  • Java、PHP、Ruby
  • 就職支援があり、履歴書の添削やマナー研修もあり

無料講座であるため、受講には審査があります。

転職活動も手厚いキャリアサポートサービスがついており、アドバイスを受けられます。

公式サイト:GEEK JOB

4.侍エンジニア塾

侍エンジニア塾

侍エンジニアは、マンツーマンに特化したプログラミングスクールです。

1人1人のインストラクターが徹底的に補助し、スキルを身につけさせてくれます。

侍エンジニアの「転職コース」は転職が成功すれば、実質完全無料の転職特化型コースです。

通常料金は以下のとおりです。

  • 4週間プラン
    【分割払い】   3,667円/月(入学金別途要 52,800円)
    【一括払い】    88,000円
  • 12週間プラン
    【分割払い】   9,625円/月(入学金別途要 52,800円)
    【一括払い】  231,000円

キャリアアドバイザーによる徹底した就職サポートがあるため、転職成功率は94%を超えています。

公式サイト:侍エンジニア塾

5.TECH CAMP

techcamp

TECH CAMPのエンジニア養成プログラムの高い転職成功率誇るサービスです。

こちらも条件付きではありますが転職できなければ全額返金制度がついています。

プランは、オンラインと通学プランの2種類があり、選択できます。

料金は分割払いが可能となっており、例えばオンラインの12回プランの場合、以下のとおりです。

  • 回数   :  12回
  • 月額   :  19,600円/月〜
  • 一括支払い:657,800円

オンラインの質問は、午前11時から午後10時までいつでも可能となっています。

就職サポートには専属のキャリアアドバイザーがおり、何度でもキャリア相談が可能です。

公式サイト:TECH CAMP

プログラミングスクールの受講を安くする4つの方法

スクールの受講を安くする方法

プログラミングスクールの受講前に、受講を安くするために確認できることがあります。

同じ受講内容で金額を少しでも安くすることができるのであれば、やらない手はありません。

ここでは、4つの確認事項を紹介します。

  1. キャンペーン時に申し込む
  2. キャッシュバックがあるサービスを利用する
  3. 分割払いに対応しているスクールを選ぶ
  4. 無料カウンセリング・無料講座で環境を掴む

1つずつ見ていきます。

1.キャンペーン時に申し込む

各プログラミングスクールは、キャンペーン割引をすることがあります。

キャンペーンでは、生徒募集のため以下のような特典がついてきます。

  • 数日間返金保証
  • 受講するコースのほか、特定のコースが無料で受講可
  • クーポン割引券
  • 割引率20%OFFなど

同じ金額を払うとしても、ほかのコースを試せるなどお得な特典が追加でついてきます。

キャンペーンが実施される期間をねらい、プログラミングスクールに申し込むようにしましょう。

3.キャッシュバックがあるサービスを利用する

プログラミングスクールでのキャッシュバックを得る方法は、2つあります。

まず1つ目が「経済産業省および厚生労働省の教育訓練給付金制度」の対象講座を受講することです。

この制度は国が決めたものなので、学習希望内容が含まれているのであれば活用しない手はありません。

教育訓練給付金制度の対象講座のコースとしては、以下があげられます。

  • DMM WEBCAMPの転職コース「専門技術講座」
  • DIVE INTO CODE の「エンジニアコース」

給付金を受給するには、指定の書類をハローワークに1か月前に提出する必要があります。

そして2つ目がプログラミングスクール経由で転職するということです。

たとえば侍エンジニア塾では、転職成功によって受講料がキャッシュバックされます。

キャッシュバックを受けることでプログラミングを無料で学べ、転職先も一緒に得られることになります。

3.分割払いに対応しているスクールを選ぶ

プログラミングスクールは一般的に高額であるため、一括での支払いは負担が大きくなります。

分割での支払い方法は、主に以下の3つです。

  • クレジットカード
  • 口座振り込み
  • ショッピングローン

分割払いにすることにより、経済的な負担を軽くしつつスクールで学習できます。

一方で、分割払いにすれば、分割手数料が発生します。

DMM WEBCAMPのプランであれば、分割払いが可能なので、支払いの負担を軽減できるでしょう。

4.無料カウンセリング・無料講座で環境を掴む

学習環境を整えるにあたっては、自分に環境が合っているかを確認することも重要です。

プログラミングスクールによっては、無料のカウンセリングや講座が用意されているので積極的に活用しましょう。

無料カウンセリングを受けると、受講料金が安くなるなどの特典を受けられることもあります。

事前に確認すれば、自分に合わないスクールを選んだり、スクールを選択し直すことを避けられます。

「安いプログラミングスクール探し」よりも大切なたった1つの注意点

「安いプログラミングスクール探し」よりも大切なたった1つの注意点

プログラミングスクールの価格をなるべく抑えるためにリサーチすることは大切なことですが、それよりも重要なことがあります。

それは、プログラミングを学ぶにあたっては、「自主的に学ぶ」姿勢が何よりも重要であるということです。

どんなプログラミングスクールに通ったとしても自主的に学ぶことができないのであれば、技術は身につきません。

自主的に学習に励む意欲を持ち、ほかの仲間とともにモチベーションを高められる環境を自分に用意しましょう。

まとめ:自分の目的にあったコスパの良いプログラミングスクールを探そう

プログラミングスクールは、以下の要素により金額が大幅に変わります。

  • 習得言語
  • 習得期間
  • オンラインか教室通いか
  • 現役エンジニアが講師か否か

安さも重要なポイントですが、楽しくプログラミングを学ぶために自分に合った環境を探すことも重要です。

無料カウンセリングや講座を積極的に活用し、自分の雰囲気に合ったスクールを探しましょう。

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

PAGE TOP

© 2021 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5