プログラミングと英語を活かして就職するメリットと覚えておくべき注意点を解説

2023.01.13
プログラミングと英語を活かして就職するメリットと覚えておくべき注意点を解説

「プログラミングと英語ができれば就職や転職に有利?」
「プログラミングや英語は良いって聞くけどどうなんだろう?」

と思うことはありませんか?

一般的に就職に有利とされているプログラミングと英語ですが、実際どんなメリットがあるのか詳しくわからないと勉強するのも迷ってしまいますよね。

では「プログラミングと英語」を活かして就職するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

そこで今回は、

  • 「プログラミングと英語」を活かして就職をすると得られるメリット
  • プログラミングと英語を同時に学ぶ方法
  • プログラミングを学ぶときの2つの注意点

について詳しく解説します。

この記事を見れば、プログラミングと英語を活かして就職するメリットが必ずわかります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

プログラミングと英語で就職できるスキルがあると有利な4つの理由

プログラミングと英語で就職できるスキルがあると有利な理由

「プログラミングと英語」のスキルがあれば、就職にとても有利です。

有利になる理由は、以下の4つがあります。

  1. プログラミングと英語ができる人材を企業が欲しがっているから
  2. プログラミングを習得するには、最低限の英語力が必要だから
  3. プログラミング言語のリファレンスが英語のときもあるから
  4. IT産業の中心はアメリカであるため、最新の情報は英語で発信されるから
それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.プログラミングと英語ができる人材を企業が欲しがっているから

プログラミングと英語ができる人材は企業にとって、とても需要があります。

なぜなら、プログラミングはできても英語ができるエンジニアは少ないからです。

プログラミングは英語が使われている頻度が高いため、英語が理解できる人材は重宝される傾向があります。

そのため、プログラミングと英語ができる人材の需要はとても高く、企業からとても求められています。

2.プログラミングを習得するには、最低限の英語力が必要だから

プログラミングを習得するには、最低限の英語力が必要です。

プログラミングで使われている言語やコードには英語が使われているため、スムーズに理解するためにも英語力が必要になってきます。

英語がわからずプログラミングを始めると、理解できない単語が出てくるたびに調べる必要があるので膨大な手間と時間がかってしまいます。

英語力があれば、以下のことが可能になります。

  • 英語で書かれたプログラミング情報サイトも理解できるようなる
  • 世界中のプログラマーから学べる

このように、英語力があれば書かれている内容がスムーズに理解できるようになりプログラミングも習得しやすくなります。

3.プログラミング言語のリファレンスが英語のときもあるから

プログラミング言語の説明書である「リファレンス」が英語で公開されることがあります。

プログラマーは、リファレンスに書かれている言語の説明を理解しプログラムを組み立てる必要があるため英語力が必要になるのです。

たとえば「英語が読めない」というエンジニアの場合、英語で発信された情報をすぐ解読できないため、最新技術を習得するのに遅れが生じてしまいます。

英語力があるとリファレンスもすぐ解読できるので、学習や開発の効率もかなり違ってくるでしょう。

4.IT産業の中心はアメリカであるため、最新の情報は英語で発信されるから

IT産業の中心はアメリカであるため、最新の情報は英語で発信されています。

そのため英語力があると、いち早く情報を入手できます。

発信された最新情報は、ある程度の時間が過ぎると日本語へと翻訳されますが、情報を入手したときには既に「最新情報ではなかった」ということもあるのです。

ですので、常にアップデートが求められるエンジニアの世界では、翻訳されるのを待たず英語のまま理解できるスピード感がとても重要になります。


「プログラミング」を学んでみたいけど、何から始めていいのかわからない…
と悩んでいる方に向けて!
DMM WEBCAMP】では、ライフコーチが1人1人に合わせた効率的な学習をサポートします!

✔︎おうち時間でスキルアップ
✔︎独学で進めていくのが不安
✔︎確実にプログラミングスキルを身につけたい
といった方におすすめです!

プログラミング×英語で国内で就職した際の3つのメリット

プログラミングと英語を使って国内で就職する様子

エンジニアの場合、英語が話せることは就職で大きな強みになります。

エンジニアが英語を話せると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、英語力のあるエンジニアが就職して得られる3つのメリットを紹介します。

  1. 英語が話せる人材が不足しているため希少価値の高い
  2. 最新のプログラミング情報もすぐに理解できる
  3. 海外に異動できる機会にも恵まれる
それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.英語が話せる人材が不足しているため希少価値の高い

英語ができる人材は需要が高いにもかかわらず、数が少ないため希少価値の傾向があります。

そのため、希少価値の高い人材は好待遇になりやすいです。

プログラミングだけに絞れば優秀なエンジニアは世の中にたくさんいますが「英語もできるエンジニア」となると数は一気に激減するため、競争を回避し有利になります。

希少価値が高まると、以下のようなことが考えられます。

  • 年収大幅アップが見込める
  • キャリアアップできる
  • 活躍できる幅が広がる

このように、英語スキルを身につけておけばエンジニアとしての希少価値が高まりキャリアも広がるでしょう。

2.最新のプログラミング情報もすぐに理解できる

英語ができると、英語で記述された最新のプログラミング情報もすぐ理解できるようになります。

進化の早いIT業界では「スピード感」が求められるため、翻訳しなくても言葉を理解できるのは大きな強みです。

また、英語ができると以下のような可能性も広がります。

  • 世界中のエンジニアと情報交換や問題解決をできる
  • 最新情報を自分で発信できる

このように、英語で記述された最新情報を解読できれば理解も早いため有利になります。

3.海外に異動できる機会にも恵まれる

エンジニアが英語を話せると、海外に異動できる機会にも恵まれるでしょう。

海外で仕事ができれば、最先端の技術や開発に携われます。

また、海外で働くと以下のようなメリットがあります。

  • 給料が高い
  • 残業が少ない
  • 技術力が向上する
  • 語学力がさらに身につく

このように、英語ができるエンジニアは数が少ないことから、英語スキルがあるだけでも海外に異動できる機会に恵まれるでしょう。

プログラミング×英語で海外就職をする際の3つのメリット

海外就職をする際のメリット

海外就職は憧れが高く、海外就職を目指している人もいるでしょう。

海外就職すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、海外に就職すると得られるメリットを3つご紹介していきます。

  1. より稼ぐことを重視できる
  2. 1つの企業にこだわらず働ける
  3. ストックオプションの権利を行使できる

海外でエンジニアとして働きたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.より稼ぐことを重視できる

海外の仕事に対する考え方は「やりがい」よりも「どれだけ稼げるか」を重要視している傾向があります。

海外の場合、給料は出来高制が主流で評価の仕方も日本とは異なり、能力に応じて給料が上がる「結果重視の考え方」だからです。

そのため、結果を出せる能力があれば昇給も早く、自分のスキルに見合った収入を獲得できます。

ボーナスにたとえると以下のようなものがあります。

  • 目標100%達成するとボーナスが300万円で、200%達成すると600万円になる
  • 目標が50%しか達成できなかった場合、大きく収入が下がる
このように、海外の仕事に対する考え方は「結果」を重視する考え方なので能力があればキャリアアップが可能になります。

2.1つの企業にこだわらず働ける

海外のエンジニアは、1つの企業にこだわらず転職を繰り返す傾向があります。

なぜなら、自分が勤めている企業が上場すると自社の株を安く買える権利が貰えるため、その権利を求め転職を繰り返すのです。

それゆえに、上場している企業に転職を繰り返しながら、キャリアップをするのが海外のエンジニアの主流です。

1つの会社に定年まで勤めあげる日本とは違い、転職を繰り返しキャリアアップしていくスタイルは海外の特徴といえるでしょう。

3.ストックオプションの権利を行使できる

自分の所属する企業が上場すると「ストックオプション」の権利を行使して大きな利益を得られます。

ストックオプションとは、従業員が自社株を「決められた期間内であれば、最初に設定された金額で株式を購入できる権利」です。

たとえば、以下のようなストックオプションが与えられると、従業員には大きなメリットとなるでしょう。

  • 株価が1株1,000円の時「今後3年間は、自社株を1,000株まで1株1,000円購入してOK」となる
  • その後、企業が上場し株価が3,000円になった場合でも1株1,000円で購入できる

つまり、3,000円の株を1,000円で購入できるため、その株を売却すれば大きな利益を獲得できます。

このように、海外の企業はストックオプションの権利を行使できるため大きく稼ぐことが可能です。


最近話題のプログラミング、「今から学び始めるのは遅い…?」と思っている方に向けて!
今からでも全く遅くはありません!
国内最大級のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】で、はじめの一歩を踏み出してみませんか?

✔受講生の97%が未経験者!
✔一人一人に合わせた学習計画で進められるため、仕事や学校と両立できる!
未経験者のために開発された独自のカリキュラムを用意

プログラミングと英語を掛け合わせて就職するためのおすすめプログラミング言語

英語を使うプログラマーになる場合に覚えておくべき言語

プログラミング言語はあまりに数が多いので、どの言語を学習するべきか迷ってしまいがちです。

とはいえ、すべての言語を学習するというのは膨大な時間がかかってしまいます。

そこで、ここでは海外就職を視野に入れたおすすめプログラミング言語を2つご紹介します。

  1. JavaScript
  2. Go

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.JavaScript

プログラミングを学習するうえで最初におすすめしたいのが「JavaScript」です。

世界中で圧倒的な人気ゆえに需要が高いことから、参考サイトが豊富にあるので、初心者にとっても学びやすい言語です。

JavaScriptは、ブラウザ上のWebサイトに「動き」を追加できる言語でボタンをおしてポップアップするウインドウなど、さまざまなものを作成できます。

ほかにも、一例として以下のようなプログラムを作成できます。

  • スマホアプリケーション開発
  • Web上で動くゲームが作れる
  • ソートや検索機能も作れる
  • アニメーションするサイトが作れる

このように、JavaScriptはさまざまな分野で活躍できる需要の高い言語なのでおさえておきましょう。

2.Go

「Go」は、Googleが開発した新しいプログラミング言語で将来性が非常に高いのでおすすめです。

歴史が浅いため扱えるエンジニアが少なくハードルが高い言語ですが、今最も注目されている言語の1つです。

Goは、シンプルな構文で高速な処理が可能となるプログラミング言語なので、簡単にわかりやすくプログラムを構築できます。

またGoは、以下のようなプログラムを作成できます。

  • Webサーバー構築
  • スマホアプリケーション開発
  • ドローン開発

このように、Goはシンプルな構文で高速な処理ができる新しい言語ゆえに、将来性が高いのでおすすめです。

プログラミングと英語で就職の場合はあまりおすすめしないプログラミング言語

英語とプログラミングを掛け合わせる場合はあまりおすすめしないプログラミング言語

海外を視野に入れた就職を目指しプログラミングを学習する場合、初心者がはじめに学習するべきではない言語もあります。

プログラミング初心者にとって難易度が高すぎて、挫折してしまいがちになってしまうからです。

あまりおすすめできない言語は、以下のようなものがあります。

  1. Java
  2. Ruby

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.Java

「Java」は、はじめに学習する内容としてはおすすめできない言語です。

Javaは、初心者には敷居が高く、開発環境の用意が複雑で中級者でも頭を抱えるほど難解だからです。

さらに、学習コストも高く習得するまでに膨大な時間がかかってしまいます。

ほかにも、おすすめできない理由として以下のようなものがあります。

  • 習得できても、仕事が少ない
  • 新しい技術が身につかない
  • 難易度の高い設計が必要

このように、高度な知識を要求され覚えることも膨大なため、はじめに学習する内容としてはあまりおすすめできない言語です。

2.Ruby

「Ruby」は日本で開発された言語なので日本ではよく使われていますが、海外を想定するのならあまりおすすめできない言語です。

なぜなら、海外では需要が低くあまり使われていないからです。

日本で開発されているためネット上の参考サイトも豊富で学習しやすい言語ですが、海外異動を視野に入れた場合の優先度は低くなります。

このようなことから、Rubyはあまりおすすめできません。

プログラミングと英語を掛け合わせて就職するために覚えておくべきWebサービス

英語を掛け合わせて就職するために覚えておくべきWebサービス

就職に役立つプログラミングや英語を勉強するためにも、プログラミング学習できるWebサービスを知っておくと便利です。

自宅にいながら効率よくオンライン学習できるので、すきま時間も上手に活用できます。

おすすめできるWebサービスは以下の2つです。

  1. Code Academy
  2. Udacity

それぞれ詳しく解説していきます。

1.Code Academy

Code Academyは無料で学べるオンラインプログラミング学習サイトです。

ブラウザにコードを打ち込むだけで簡単にプログラミング学習をはじめられ、対応する言語JavaScriptをはじめ14種類以上から学べます。

学習方法は、ブラウザ上で指示に従いながらコードの入力を行い、打ち込み終わるとその結果をすぐ表示してくれます。

JavaScriptを例に、学習コースは8つの章と5つのセクションから構成されています。

  • ターミナルの基本的な使い方
  • ポップアップウィンドウの出し方
  • 条件分岐の方法
  • 文字列と数字の扱い方
  • 章のまとめ

このように、プログラムをブラウザ上だけで簡単にプログラミング学習ができるのでおすすめです。

公式サイト:Code Academy

2.Udacity

Udacityは、Googleなどと共同開発した専門性の高い講座を配信しているプラットフォームで、学びたい人がオンラインで簡単に講座を受講できるサイトです。

学びたい人が動画を視聴し学習ができるので、自分にあった講座を受講できます。

学習方法は、動画を視聴した後問題を解く形式で、わからないところがあればディスカッションフォーラムでユーザー同士で話し合うことも可能です。

また、有料コースを受講すると以下の特典が追加されます。

  • パーソナルコーチによるサポートを受けられる
  • カリキュラムを修了すると「ナノ学位」が授与される
  • カリキュラム終了後、半年以内に就職が決まらない場合は100%返金される

有料コースは「ナノ学位」が授与されアメリカでは履歴書にも記載でき、転職や就職にアピールできる資格です。

このように、就職活動に役立つ講座が豊富にあるので、自分のお気に入りを見つけて学習してみましょう。

公式サイト:Udacity

プログラミングと英語を活かして転職したい際に登録すべき留学サービス

英語とプログラミングを掛け合わせて転職する際に登録しておくべきサイト

「プログラミングと英語」のスキルを同時に習得できれば、海外転職できる可能性が大きく広がるでしょう。

プログラミングと英語を同時に学べる学校を知っておくと、今後の転職や就職に役立ちます。

そこで、ここでは英語とプログラミングが同時に学べる「海外留学サービス」4つをご紹介します。

  1. Kredo
  2. ACTHOUSE
  3. NexSeed
  4. Seed Tech School

それぞれ詳しく解説していきます。

1.Kredo

kredo

Kredoは、セブ島ITパーク内にある「プログラミングと英語を学べる」語学学校です。

Kredoは英語だけでなく、プログラミングも一緒に学習できるため海外転職するための近道になるでしょう。

授業はプログラミングと英語を4時間ずつ学習し、プログラミング授業はすべて英語で進められます。

ほかにも、Kredoの特徴として以下のようなものがあります。

  • 日本人スタッフが学習をサポートしてくれる
  • 少人数のクラス編成
  • セブ島で最も快適で安全な立地にある

Kredoで英語とプログラミングを同時に学習できれば、海外で活躍できる可能性が大きく広がります。

公式サイト:Kredo

2.ACTHOUSE

ACTHOUSE

ACTHOUSEは、セブ島にある「英語だけではなくITとビジネスとデザインを同時に学べる」集中特訓型の学校です。

ACTHOUSEは複数の授業を同時に学べるため、海外転職する際の選択肢が大幅に広がります。

コースは、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月の3つに分かれており、一日平均15時間勉強する集中特訓型の内容です。

ほかにも、ACTHOUSEの特徴として以下のようなものがあります。

  • プログラミングは日本語で勉強できる
  • 英語レッスンはフィリピン人講師と個室マンツーマン

このように、ACT HOUSEは集中特訓型のブートキャンプなので、海外でエンジニア転職を目指す方や、ゼロからのキャリアチェンジを目指す方におすすめです。

公式サイト:ACTHOUSE

3.NexSeed

nexseed

NexSeedは、セブ島にある「英語を学べ、エンジニア留学コースが用意されている」語学学校です。

ゼロからでも英語をしっかり学べるほか、将来海外で活躍するためにエンジニア留学コースも用意されています。

英語授業は1ヶ月で140時間スピーキングに特化した内容を学習し、授業の7割がマンツーマン、その他は少人数制のグループでのレッスンです。

ほかにも、NexSeedの特徴として以下のようなものがあります。

  • レベルにあったカリキュラムが用意されている
  • 現地フィリピンの人々と交流する、現地体験授業がある
  • セブ島の巨大ショッピングモール徒歩圏内で抜群の立地を誇る

このように、NexSeedはゼロからでも安心してしっかり学べるため、海外転職を目指す方におすすめです。

公式サイト:NexSeed

4.Seed Tech School

Seed Tech School

Seed Tech Schoolは、セブ島にある「プログラミングと英語、ビジネススキルを学べる」語学学校です。

未経験から12週間でスキルを身につけられるため、海外転職をするための近道になります。

英語授業は1日3~4時間のマンツーマンレッスンをおこない、プログラミングは少人数制で日本語と英語の両方どちらでも学習可能になります。

ほかにも、Seed Tech Schoolの特徴として以下のようなものがあります。

  • 卒業後、卒業生の事業への投資を行うプログラムがある
  • 卒業後の転職サポートがある
  • 卒業生があつまるコミュニティがある

このように、Seed Tech Schoolは12週間で必要なスキルをしっかり学べ、卒業後も転職サポートがあるので、海外でエンジニア転職を目指す方におすすめです。

公式サイト:Seed Tech School

プログラミングと英語で就職するための注意点2つ

プログラミングと英語で就職するための注意点

就職に役立つプログラミングや英語を勉強する際、注意しなければいけないこともあります。

注意すべきことは以下の2つです。

  1. 独学は挫折しやすい
  2. 自分が海外で就職できるレベルなのかどうかは見極める

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.独学は挫折しやすい

プログラミングを独学で学ぶ場合、挫折しやすい傾向があります。

独学の場合、プロなら簡単に解決できるエラーも解決に膨大な時間がかかってしまい時間と体力を消耗してしまうからです。

そのため、エラーが連続するプログラミング学習では非効率が重なり挫折する原因になってしまうのです。

ほかにも、独学が挫折しやすい理由は以下のようなものがあります。

  • 入門書が難しい
  • 質問できる人がいない
  • 基礎学習からステップアップできない

このように、独学は挫折に陥りやすく続きにくいので注意が必要です。

2.自分が海外で就職できるレベルなのかどうかは見極める

学習を終えた際、自分が海外で就職できるレベルなのかどうかを見極める必要があります。

なぜなら、プログラミングや英語スクールで教えている内容も趣味レベルからビジネスレベルまで通用するものまで幅広く存在しているからです。

そのため、就職できるレベルまで成長できているのかを確認しましょう。

自分が通っているプログラミングスクールが以下のような表記があれば、ビジネスレベルではない可能性があるので注意が必要です。

  • 挫折率が数%
  • 未経験者99%

海外就職を検討している場合、自分がどのくらいのレベルなのかを見極めてから就職を検討してみましょう。

まとめ:プログラミングと英語のスキルで海外就職も視野に入れよう

これからプログラミングだけで就職しようと考えている方も多いでしょう。

たしかに、プログラミングだけでも十分就職はできます。

しかし、英語もできるようになると海外就職も視野に入るだけでなく、次のようなメリットも得られるでしょう。

  • 希少価値が高まり、高収入につながる
  • 最新のプログラミング情報もすぐ理解できるようになる
  • 世界中で仕事できる

上記を実現するためにも「英語とプログラミングが同時に学べる」スクールに参加してみてはいかがでしょうか。

また、将来挑戦してみたい職種や分野の学習をしたいという方は、日本でしっかり勉強するのもよいでしょう。

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2023 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5