人間関係の悪い職場に共通する6つの特徴と10個の対処法 | WEBCAMP NAVI
【6月の受講枠も残りわずか】

人間関係の悪い職場に共通する6つの特徴と10個の対処法

人間関係の悪い職場に共有する6つの特徴と10個の対処法

「職場の人間関係がつらい」
「職場の人間関係が悪いときの対処方法を知りたい」

と思うことはありませんか?

職場の人間関係の悪さに悩みを感じても、どう対処すればいいのか悩んでしまいますよね。

では、人間関係が悪い環境を変えるためには、どのような行動が必要なのでしょうか?

そこで今回は、

  • 人間関係の良い職場と悪い職場の特徴
  • 人間関係の悪い職場で働き続けることのデメリット
  • 職場の人間関係の悪さに悩んだときの対処方法

について詳しく解説します。

この記事を見れば人間関係が悪い職場の特徴を理解でき、適切な対処方法が必ず見つかります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

人間関係の悪い職場に共通する6つの特徴

人間関係の悪い職場の特徴

人間関係の悪い職場は、人同士のトラブルであったり、会社に問題がある場合があります。

原因は、普段からのコミュニケーション不足などが考えられます。

人間関係の悪い職場に共通する特徴は、以下の6つです。

  1. 社員同士の挨拶が少ない
  2. チームで協力して仕事ができていない
  3. 社員同士で情報共有ができていない
  4. 部下に信頼されるリーダーや上司がいない
  5. 職場の雰囲気が悪く、悪口や噂話が絶えない
  6. 人の入れ替わりが激しい

それでは、詳しく見ていきましょう。

1.社員同士の挨拶が少ない

「おはよう」や「お疲れ様」といった挨拶が少ない職場は、良い人間関係が築けているとはいえません。

なぜなら、挨拶はコミュニケーションの基本だからです。

基本的なコミュニケーションができていない職場は、必要な情報も共有されにくいため、業務に支障をきたすことにも繋がります。

ですので、社員同士の挨拶が少ない職場は、チームワークを悪化させる原因にも繋がるといえます。

2.チームで協力して仕事ができていない

人間関係の悪い職場は、社員同士の連携が取れていないため、チームとして成り立ちません。

仕事は1人で成り立つものではなく、まわりと協力することで大きな成果が出せるのです。

チームで協力して仕事ができていない職場の特徴は、以下の通りです。

  • 各々が自分の成果だけを求めている
  • まわりに協力する姿勢が見られない
  • 会社に貢献する意識が低い

このように、人間関係の悪い職場は、個人プレーが多いのが特徴といえます。

3.社員同士で情報共有ができていない

人間関係の悪い職場では、会社の成長や生産性の向上に不可欠である情報共有が、できていない傾向にあります。

あらゆる場面で、コミュニケーションが不足しているのが原因と考えられます。

  • 情報共有の仕組みができていない
  • 情報共有に重要性を感じていない
  • 情報共有する関係性ができていない

こうした場合、仕事の進捗状況など、必要な情報も共有されにくいため、生産性の低下にも繋がるのです。

4.部下に信頼されるリーダーや上司がいない

職場の人間関係の悩みに多いのが、上司との関係性です。

感情的であったり、まわりの意見を聞かない上司がいると、部下は安心して仕事ができず、職場全体の雰囲気に悪影響を与えます。

たとえば、以下のような場面です。

  • 常にストレスを抱えている
  • 全体の場で間違いを指摘する
  • すぐに罵声を浴びせる

こうした言動が多いと、部下は上司とのやり取りもしづらくなるのは仕方のないことでしょう。

5.職場の雰囲気が悪く、悪口や噂話が絶えない

人の悪口や、悪い噂などが当たり前のようになっている環境も、人間関係の悪い職場の特徴の1つです。

悪口を言う方はスッキリするかもしれませんが、聞かされる方はストレスが溜まる一方です。

たとえば、悪口や陰口が本人の耳に入ると、コミュニケーションの取りづらい雰囲気になってしまいます。

このように、悪口や悪い噂話が絶えない職場は、職場の雰囲気を悪くします。

6.人の入れ替わりが激しい

人の入れ替わりが激しい職場は、人間関係に問題がある可能性があります。

こうした会社は、人が頻繁に辞めることありきで経営をしている場合が多いです。

たとえば、以下のような特徴があります。

  • アルバイトで現場を回している
  • 短期雇用契約できる派遣社員を導入している
  • 営業やコールセンターなど転職しやすい職種

どんなに頑張っても待遇が良くならなかったり、社員の労働力を搾取するような会社は、当然、人間関係も良くなるとはいえません。

人間関係の悪い職場で働き続けることの4つのデメリット

人間関係に悩んで辛い思いをしている人

人間関係の悪い職場で働き続けることは、デメリットしかありません。

ストレスから精神的な病気を患ったり、自身の成長の妨げにもなるからです。

たとえば、以下のような4つのデメリットがあります。

  1. 仕事の成果が上がらない
  2. ビジネスマンとしての成長が遅くなる
  3. 仕事へのモチベーションを保つのが難しい
  4. 心身の健康を壊してしまう

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

1.仕事の成果が上がらない

人間関係の悪い職場で働き続けると、仕事の成果が上がらないといったデメリットがあります。

社員同士で協力できない、情報共有ができないといったことにより、仕事の生産性が低下するからです。

たとえば、ひとつのプロジェクトをチームで分担して取り掛かっていても、誰か1人でも大切な情報や進捗を共有しない人がいれば、仕事をスムーズに進めることができません。

社員同士で情報の共有ができないと、ミスも起こりやすく、思うように仕事の成果を上げられないといえます。

2.ビジネスマンとしての成長が遅くなる

人間関係が悪い職場では、指導体制が充分でないことが多く、成長が遅くなる可能性があります。

ビジネスマンとして成長するには、先輩や上司の指導が必要不可欠だからです。

  • 仕事を教えてもらう
  • わからないことを聞く

上記のような当たり前のことができない環境では、社会人としての成長が停滞してしまいます。

そのため、指導体制が整っていない職場では、ビジネスマンとしての成長が遅くなるといえます。

3.仕事へのモチベーションを保つのが難しい

雰囲気の悪い環境で仕事へのモチベーションを保つのは、至難の業といえます。

雰囲気の悪さで成果を上げられない状況が続くと、モチベーションが下がり、生産性もさらに下がるという悪循環に陥ってしまいがちだからです。

たとえば、以下のような環境があてはまります。

  • 上司から理不尽に怒られる
  • 悩みを相談できる同僚がいない

こうした環境では、ストレスも溜まりやすいので、モチベーションを保つのは難しいといえます。

4.心身の健康を壊してしまう

人間関係の悪い職場で働き続けることは、健康面においても良いことはありません。

仕事のストレスから、うつなどの精神的な病気が発症するリスクが高まるからです。

たとえば、毎日残業が続いたときに、まわりから気にかけてもらえなければ、精神的に病んでしまい、体力も低下してしまうことになりかねません。

うつ病などの疾患が現れると、長期的に社会から離脱することになり、収入面の問題も出てきます。

人間関係が良い職場に共通する5つの特徴

人間関係がいい会社の特徴

人間関係が良い職場は、たまたま性格が良い人が集まっているだけでなく、会社の社風なども関係しています。

会社の社風は、働く人の意識にも大きく影響を与えるからです。

人間関係の良い職場に共通する特徴は、以下の5つです。

  1. オフィスの雰囲気が明るい
  2. 正当な評価を受けられる仕組みがある
  3. 定期的な面談が設けられている
  4. 社員同士が適度な距離感を持っている
  5. オフィスが清潔に保たれている

それでは、詳しく見ていきましょう。

1.オフィスの雰囲気が明るい

人間関係が良い職場は、オフィスの雰囲気が明るく働きやすいのが特徴です。

理由としては、コミュニケーションが活発なことが考えられます。

  • 意思疎通がしやすい
  • 社員同士の信頼関係が築けている
  • 風通しが良く意見が言いやすい

このように、コミュニケーションがきちんと取れていると、自然と職場の雰囲気も明るくなります。

2.正当な評価を受けられる仕組みがある

正当な評価を受けられる仕組みがあるのも、人間関係の良い職場の特徴のひとつです。

自分の成果を上司や同僚から認めてもらえることで、他の人の成果も素直に認めてあげることができるからです。

公平な評価制度には、以下のようなメリットがあります。

  • モチベーションアップが保てる
  • 上司や同僚と良好な関係が築ける

自分の努力や成果が正当に認められる職場環境なら、社員は意欲的に働くことができるといえます。

3.定期的な面談が設けられている

評価面談や目標設定面談など、コミュニケーションを取れる場が設けられている職場は、人間関係が築きやすい環境といえます。

定期的な面談は、日ごろの仕事や職場についての悩みを相談できる場でもあるからです。

たとえば、面談には仕事を進める上で、以下のようなメリットがあります。

  • 適格なアドバイスがもらえる
  • 誤りがあれば指摘してもらえる
  • わからないことや悩みなどを相談できる

このように、社員に対して気を配れる上司のいる職場は、人間関係も良好といえます。

4.社員同士が適度な距離感を持っている

社員同士が、適度な距離感をもって仕事ができる職場は、人間関係が安定する傾向にあります。

仲が良すぎると、慣れ合いや人間関係が悪化する可能性があるからです。

適度な距離感を持つことで、

  • 緊張感をもって仕事ができる
  • 注意されても仕事だと割り切れる

といった意識で仕事に取り組めます。

人間関係を良くするには、このように適度な距離感を持つことが大切です。

5.オフィスが清潔に保たれている

整理整頓できている会社は、人間関係が安定している傾向にあります。

環境には、働いている人のメンタルが反映されるからです。

たとえば、普段からオフィスが清潔に保たれていれば、社員は秩序を乱すことなく、清潔を保とうとするでしょう。

こうしたことから、職場環境は、働く人の意識にも影響を与えるといえます。

職場の人間関係の悪さに悩んだときの対処のポイント10個

職場の人間関係に悩んだ時の対処法

職場の人間関係を改善するのは、容易ではないといえます。

社員同士の問題だけでなく、組織的な問題も考えられるからです。

人間関係の悪い職場に悩んだときの対処方法は、以下の10個です。

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

1.まずは自分が変わろうと努力する

まずは自分から雰囲気の改善に向けて、努力することが大切です。

人は好意的な態度を取ってくれる相手には、心を開きやすい傾向があります。

以下のように、自分から態度を変えることで、相手の接し方も変わってくるのです。

  • 笑顔で受け答えをする
  • 後輩や同僚などの仕事のフォローを積極的におこなう

職場の雰囲気を改善するには、まずは自分自身を変えるよう行動してみましょう。

2.コミュニケーションを取る機会を増やす

2つ目の解決方法は、コミュニケーションを取る機会を、意識的に増やすことです。

コミュニケーションの機会を増やすことで職場の雰囲気が改善したり、仕事のミスが減る可能性があります。

  • 毎朝元気よく挨拶をする
  • 御礼や感謝を言葉で伝える
  • 報連相をしっかりおこなう

このように、自分から積極的にコミュニケーションを取ることが大切です。

3.共感し合える仲間を見つけて支えあう

辛い状況を共感し合える、仲間を見つけることも大切です。

辛い状況を分かり合える同僚や後輩がいれば、気持ちも楽になり、仕事のフォローも可能となるからです。

職場に気の合う人がいない場合は、以下のような場所でも仲間を見つけることができます。

  • 交流会
  • 掲示板
  • SNS

コミュニティの輪を広げて、悩みを共有し支え合える仲間を見つけましょう。

4.相手に合わせすぎない

ときには、相手に合わせすぎないことも大事です。

相手に無理に合わせてしまうと自分の考えを曲げてしまうことになり辛くなってしまうからです。

  • 否定的な人
  • 感情的な人
  • マイナス思考な人

こうした人との関わりは避け、なるべくポジティブな人と付き合うことが大切になります。

5.原因となっている人に意見する

積極的に意見交換をする

ときには、相手に意見することも大切です。

理不尽なことを受け入れ続けていると、ストレスが溜まるからです。

自分の意見を伝えることで、相手もあなたの気持ちに気がついて、指摘した部分を直してくれる可能性があります。

意見をするときには、喧嘩腰ではなく、あくまで論理的に話すようにしましょう。

6.キャリアを積むことに集中する

仕事にやりがいを感じている場合は、人間関係の改善は諦めて「キャリアを積むため」と割り切って仕事をすることも1つの方法です。

キャリアを積むことが目標であれば、人間関係の良し悪しを気にする必要もなくなります。

たとえば、人間関係に悩んでいた時間を、将来のキャリアプランを考える時間にあてるのもいいでしょう。

このように、他人のことで悩むより自分に時間を使う方が、有意義な過ごし方ができます。

7.信頼できる人に相談する

辛いときは1人で抱え込まず、信頼できる人に相談することが大切です。

辛い気持ちを、誰かに話すだけでも、気持ちがずっと楽になります。

たとえば、以下のような相談相手が考えられます。

  • 信頼できる上司
  • 同僚
  • 家族
  • 友人

親身になって話を聞いてくれる人に、相談するようにしましょう。

8.チームや部署の異動を試みる

人間関係を改善しようと努力しても、難しいと感じたら、異動することも考えてみましょう。

人間関係のトラブルは、解決できないことも多く、悩んでいても時間を無駄にする可能性があるからです。

異動であれば、仕事を辞めて新しい職場を見つけるよりも、手軽に環境が変えられます。

人間関係に悩んで時間を無駄にするくらいなら、自分らしく働ける場所を見つけることに、時間を使うことが大切です。

9.解決や改善可能かどうか原因を見極める

人間関係が悪い職場では、改善しようとする前に、原因をしっかりと見極めることが大切です。

職場の人間関係の悪さが組織全体にある場合は、個人で解決するのは難しいからです。

改善可能かどうか見極めるポイントとして、以下のことを確認しましょう。

  • 社員を育てる意識がない
  • 異動や退職する人が多い
  • 替えが利きやすい仕組みができている

こうした場合、組織に問題があるので、職場環境を改善するのは難しいといえます。

10.転職を検討する

何をやってもダメなら転職を考えましょう。

思い切って転職をして環境を変えた方が、気持ちよく働ける可能性があります。

転職をする場合は、以下のように行動に移しましょう。

  • 転職エージェントに相談する
  • 転職のためのスキルを磨く

ひとつの職場にこだわるメリットはなく、視野を広げることで、キャリアアップのチャンスにも繋がります。

同等の労働条件でも、雰囲気の良い会社を見つけるようにしましょう。

まとめ:職場の人間関係の悪さが改善不可能なら、前向きに転職を検討してみよう

職場の人間関係の悪さに悩みがあるなら、まずは改善できるかを考えてみましょう。

問題によっては、簡単に解決できる場合もあるからです。

人間関係の悪い職場での対処方法は、次の通りです。

  • 自分が変わろうと努力する
  • まわりとのコミュニケーションを増やす
  • 共感し合える味方を見つける
  • 信頼できる人に相談する
  • チームや部署の異動を考える

これらを実践しても、改善不可能だと感じたら、前向きに転職を検討するようにしましょう。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点