仕事は考え方次第でうまくいく!結果が出る考え方ができる人11の特徴

2021.09.06
仕事 考え方

「仕事ができる発想ができるようになりたい
「結果につながる考え方を知りたい

と悩んでいませんか?

仕事で頑張っていても結果が出ないと、自分の努力の方向性は正しいのか不安になりますよね。

では、結果が出る人と出ない人の考え方の差はどこにあるのでしょうか?

そこで今回は、

  • 仕事がうまくいかない人の考え方
  • 仕事がうまくいく人の特徴
  • 仕事がうまくいくための習慣
  • 仕事がうまくいく考え方

について詳しく解説します。

この記事を見れば、仕事ができる人の考え方や習慣が身につけられます。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

仕事がうまくいかない人にありがちな考え方3つの特徴

仕事がうまくいかない人の考え方

仕事で結果が出ない人は、仕事に対する考え方を改める必要があります。

そのために、仕事ができない原因になっている考え方を理解しましょう。

仕事がうまくいかない人には、考え方に3つの特徴があります。

  1. 物事をネガティブに考えてしまう
  2. 自分1人で仕事をしていると思っている
  3. 仕事は待っていれば来るものだと思っている

普段から上記の考え方をしている人は、見直す必要があるでしょう。

1つずつ詳しく解説します。

1.物事をネガティブに考えてしまう

仕事ができない人は、ネガティブ思考の人が多い傾向にあります。

ネガティブな考え方の人は、問題点を改善するよりも先に言い訳を探しがちです。

言い訳に逃げることで以下の問題が起こります。

  • 周りからの信頼を失い、人間関係に影響する
  • 言い訳をして問題に向き合わないことで、現状を打破できない

ネガティブに考えてしまうと、人間関係の悪化の原因になり、なにより自分自身の成長の妨げになります。

仕事ができる人はネガティブに考える前に、問題と向き合い改善しようとします。

ネガティブであると、問題改善を怠ってしまい、仕事がうまくいかない原因になるのです。

2.自分1人で仕事をしていると思っている

仕事を1人で抱え込んでしまう人も、仕事がうまくいかない人の特徴です。

1人で抱え込むことで、他人とうまく協力できず作業効率が悪くなります。

仕事ができる人は、周りの人にうまく割り振り、効率的に業務を進められるのです。

仕事を1人で進めてしまう人は、下記のように思い込んでいる傾向があります。

  • 仕事量が多い=仕事ができると勘違いしている
  • すべて自分で解決することが正しいと思っている

すべてのタスクを1人でおこなうことが正しいわけではありません。

うまくいかないことがあった場合は、上司に相談をおこない協力して仕事を進めることが大切です。

1人で悩んで仕事が進まないことで、結局は周りに迷惑をかけることになります。

仕事を1人で抱え込んでしまい、報連相ができない人は、仕事がうまくいかないでしょう。

3.仕事は待っていれば来るものだと思っている

「仕事は指示があってから動くもの」と思っている人も、うまくいかない人が多いです。

受け身で働いていると、自分で考えて行動する力も身に付かず、成長にもつながりません。

会社からは「指示がないと何もできない」と判断されてしまいます。

受け身な考え方をしていることで、以下のように評価されてしまう可能性があります。

  • 重要な仕事を任せられない
  • 「やる気がない」と判断されやすい
  • 大きな成長は見込めない

仕事ができる人は、自ら行動することで、会社から信用を得られ大きな仕事を任されます。

仕事を待っているだけでは、誰にでもできる仕事しか任されません。

指示を待って受け身な考えをしている限りは、周りから評価されず仕事もうまくいかないでしょう。


今の仕事に“不満”持ってないですか?
転職成功率98%の【DMM WEBCAMP】は
✔︎未経験からITエンジニアへ転職したい
✔︎スキルを上げて、キャリアチェンジしたい
✔︎ITエンジニア転職に興味はあるけど、一人で目指すのは不安…
といった方におすすめです!

あなたの転職を一歩有利に!

仕事がうまくいく考え方のできる人11の特徴

 仕事でうまくいく考え方ができる人の特徴

仕事で成果を出すためには、仕事ができる考えをもっている人の特徴を知る必要があります。

仕事ができる人は、うまくいく考え方を持ち合わせているのです。

下記のように、仕事ができる考えを持っている人には、11の共通の特徴があります。

仕事ができる人の思考を知ることで、考え方を変えるきっかけになるでしょう。

1つずつ詳しく解説します。

1.すぐに行動に移せる

仕事で成果を出す人は、悩んでいる前に素早く行動に移します。

行動するスピードを意識することで、成長速度も上がり成果が出やすくなるのです。

仕事ができる人は、完璧を求めずとにかく成果物を作ります。

  • 資料などは完璧を目指さず、早く完成させ相談しながら精度を上げていく
  • 思いついたことは先延ばしにせず、とりあえずやってみる

上記のように、不完全でも行動をすることで意見交換ができ、結果として完成スピードも上がります。

完璧主義な人や行動が遅い人は、100%の完成度でなければいけないと思いがちです。

しかし、それ以上に行動に移すまでのスピード感が、結果を出すためには求められるのです。

仕事で成果を出すためにも、行動に移すまでのスピードを意識しましょう。

2.コミュニケーションをとるのがうまい

コミュニケーション能力の高さも、仕事で成果を出す人の特徴です。

仕事で成果を出すためには、問題を解決する必要があります。

早く問題を解決して成果を出すためにも、円滑なコミュニケーションが不可欠なのです。

コミュニケーション能力が高いことで、以下のような効果があります。

  • 問題を正確に伝えられる
  • 良好な人間関係を構築できる
  • 円滑にコミュニケーションができることで早く問題が解決する

コミュニケーションがうまい人は、問題の解決能力も高い傾向にあるのです。

そのため、仕事がうまくいく考えのできる人の特徴として、コミュニケーションが高いことも条件の1つでしょう。

仕事コミュニケーション仕事上のコミュニケーション上手とは!求められる3つの能力や10個の改善方法を紹介

3.決断力がある

決断スピードがある人も、仕事ができる思考をもっている人の特徴です。

仕事をしていると、常にあらゆる決断を求められます。

決断力の高い人は、複数の選択を迫られても、最適なものを素早く選べるのです。

  • トラブルが発生しても、素早く決断することで被害を最小限にできる
  • 仕事を1つに絞ることで、成果を最大化できる

素早く決断を下すことは、上記の効果を得られるので、成果を出すためには不可欠なのです。

決断を先延ばしすると、余計な問題を発生させてしまい、作業効率は下がってしまいます。

仕事で成果を出す思考を身につけるためにも、素早い決断力を身につけましょう。

4.仕事をこなすのが早い

仕事ができる思考をもっている人は、早く仕事を終わらせ常に余裕をもって行動しています。

仕事を前倒しで終わらせることで、トラブルが発生した時や急な仕事が入っても対応できるのです。

上司から見ても、常に締め切りギリギリの人よりも、早く仕事を終わらせる方が信用は高くなります。

仕事をこなすのが早いことで、以下のような効果があるのです。

  • 仕事が遅い人に比べ、考える時間をもてる
  • 急な方向修正にも対応可能になる
  • 仕事が早いと質と量の両方が向上する

時間にゆとりができることで、結果として仕事の質も高めることが可能です。

仕事が遅いと修正する時間も少なく、結果として仕事の質、量ともに下がってしまいます。

仕事ができる考えをもつには、余裕のある時間を確保することが必要なのです。

5.仕事の全体像を考えられる

仕事を全体像でみられるようになることも、仕事がうまくいく思考を身につけるうえで大切です。

仕事ができる人は、目の前の業務をおこなうだけでなく、今1番最適なことは何かを考えています。

全体を予測して仕事をおこなうことで、イレギュラーなことでも対応できるのです。

全体像がみえていないと、何が最適なのかを理解できないまま仕事をすることになります。

  • この仕事は何を目的におこなっているのか
  • どんな資料や人材が必要なのか
  • 他の職員がどのような動きをしているのか

機械的に業務をおこなうだけでは、上記の考えには至りません。

全体的に俯瞰してみているからこそ、最適な行動を選択できるのです。

仕事ができる思考を身につけるためにも、全体像を考えられるようになりましょう。

6.すべての人のことを考えられる

周りの人を考えられる様子

仕事ができる思考をもっている人は、関わるすべての人のことを考えています。

お願いされたことを後回しにすることはせずに、自分よりも仕事に関わる人を優先しているのです。

  • 部下の作成した資料を待たせないように優先して確認する
  • 重要な取引先の確認はすぐに対応する

任された仕事をするだけでなく、上記のように部下や取引先のことを考えてスケジュールを組み立てています。

仕事ができない人は、目の前のことを優先してしまい、周りの人に迷惑をかけてしまいがちです。

仕事のできる思考を身につけるためにも、関わるすべての人のことを考えられるようになりましょう。

7.周りに気配りができる

周囲に気遣いができる人は、仕事がうまくいく思考をもっています。

気遣いができることで、仲間からの信頼も厚くなり助け合える環境が整います。

仲間と助け合える環境があることで、仕事の結果にもつながるのです。

気遣いができる人は、以下のように常に周りをみて仕事をしています。

  • 周りのことを気にかけて積極的にコミュニケーションをとる
  • 困っている人がいたらフォローしたり、情報を共有する

仕事ができる人は、相手の目線にたって物事を考えられます。

独りよがりで仕事をしたり、自分のことだけに集中していたら良好な人間関係は築けません。

仕事で結果を出しやすい環境にするためにも、相手の目線で物事を考えられるようになりましょう。

8.物事をポジティブに考えられる

仕事ができる考えをもっている人は、ポジティブ思考が多いです。

言い訳が多い人に比べて、ポジティブな人は問題に素直に向き合えるので結果につながりやすいのです。

  • 失敗が続いても自分の成長のためと切り替えられる
  • 周りのせいにせず、自分次第で結果を変えられることを理解している

上記のような思考があることで、仕事に行き詰った時でも逃げることはありません。

仕事がうまくいかない人は、失敗したときに会社や周りの責任にして問題から逃げてしまいがちです。

問題と向き合い成長するためにも、物事をポジティブにとらえることが大切でしょう。

9.自分を過大評価していない

仕事ができる考えを身につけるためにも、自分を過大評価せず謙虚であることが大切です。

謙虚であることで、自分の弱点や失敗を指摘されたときでも、素直に受け止めることができます。

弱点を受け止めて日々改善していくことで、成長するできるのです。

  • 自分の苦手なことを素直に認めることで、周りに仕事を頼める
  • 常に謙虚であることで、周りと考えが違っても柔軟に対応できる

自分を過大評価しないことで、上記のように円滑に仕事を進めることが可能になります。

プライドが高いと自分の意見が正しいと思い、仕事を1人で進めてしまう人も多いです。

しかし、仕事ができる人は仲間と協力することで、大きな成果を出します。

仕事で成果を出す思考を身につけるためにも、謙虚であることを忘れないようにしましょう。

10.失敗してもすぐ切り替えられる

失敗してからの切り替えの早さも、仕事ができる考えを身につけている人の特徴です。

仕事で成果を出す人は、失敗しても立ち止まらず、すぐに改善しようとします。

失敗をしながらブラッシュアップを繰り返すことで、量と質を高めていくのです。

仕事ができない人は、失敗を恐れてしまいそもそもチャレンジをしようとしません。

  • 完璧を求めずスピード重視で、顧客の声を聞きながら改善していく
  • 最初から仕事が順調に進むと思っていない
  • 物事を失敗と改善ありきで考えている

失敗からの切り替えが早い人は、最初から上記の思考をもって仕事をしています。

完璧主義を捨て、失敗と改善を繰り返すことで仕事がうまくいく思考を身につけるのです。

11.将来を見据え努力を怠らない

目先のことだけでなく、将来のために努力ができることも仕事ができる思考をもっている人の特徴です。

仕事がうまくいく人は将来のビジョンを明確に設定し、目標達成のために常に勉強をしています。

仕事ができない人は、将来の目標が定まっておらず、目の前のことしか考えていません。

下記のように、人生設計が明確になっている人は学ぶべきことを理解しています。

  • 30歳まで自分で事業を立ち上げる
  • 資産運用のために5年後に1000万円の貯蓄を目指す
  • 伸びている業界への転職を意識して異業種の勉強をしておく

人生設計がないと、目の前の仕事ができていればそれで満足してしまいます。

仕事ができる思考になるために、将来の目標を設定して勉強を怠らないようにしましょう。

仕事がうまくいく考え方のできる人の5つの習慣

仕事でうまくいく人がやってる習慣

仕事ができる思考を身につけるためにも、習慣を見直す必要があります。

仕事がうまくいっている人は、普段の習慣も大切にしているのです。

以下が、仕事がうまくいく思考になるための5つの習慣です。

  1. 常に情報収集している
  2. 整理整頓する
  3. スキマ時間を有効に使う
  4. スケジューリングを徹底し時間を守る
  5. 身だしなみを整える

悪い習慣を見直して、仕事ができる思考を身につけましょう。

それでは、1つずつ詳しく解説します。

1.常に情報収集している

仕事ができる人は、日ごろからあらゆる知識に興味をもち常に情報を集めています。

多様な知識を学ぶことで、さまざまな分野と結びつきビジネスに活かせるのです。

仕事ができる人は、下記のようにさまざまな媒体から情報を集めています。

  • 情報収集アプリ・SNSを活用する
  • 本・雑誌などの専門書から学ぶ
  • テレビ・ラジオから情報収集する
  • 人とのコミュニケーションから集める

仕事がうまくいっている人は、情報収集することで成果につながることを理解しています。

知識欲が低く情報を集めていないと、悩んだり、行き詰ったときに助けになる知識が足りません。

仕事で成果を出すためにも、情報収集を習慣化してあらゆる知識を身につける必要があるのです。

2.整理整頓をする

仕事ができる思考を身につけるには、整理整頓の習慣が必要です。

整理整頓が習慣化されていることで、ものを探す時間を短縮でき作業効率があがります。

さらに、整理整頓をすることでデスクの視界もスッキリして集中力アップも期待できるのです。

整理整頓を習慣化するためには、以下のことを意識しましょう。

  • いっきに片付けようとせず、小さく始める
  • 短時間でもいいので、毎日片づける
  • 片づけの時間を決めておく

毎日片づける習慣ができれば、整理整頓に使う時間は短くなります。

時間短縮と集中力アップのためにも、毎日整理整頓をおこなうことが大切です。

3.スキマ時間を有効に使う

スキマ時間を有効的に活用することで、仕事がうまくいく思考を身につけられます。

仕事ができる人は、移動時間や仕事の合間の数分の時間も無駄にしません。

空いた時間で知識をインプットしたり、簡単な作業をおこなう時間にあてるのです。

仕事ができない人は、動画視聴やネットサーフィンなので時間を無駄に浪費してしまします。

  • 移動時間で本や雑誌などからビジネスの知識を学ぶ
  • 会議までの数分の時間にメール返信などの簡単な作業を終わらせる

上記のように、仕事で成果を出す人は空いた時間をビジネスのために使うのです。

時間は無限にあるわけではなく、誰もが平等に与えられています。

そのため、スキマ時間を有効的に使えるだけで、他の人と大きな差がつくのです。

4.スケジューリングを徹底し時間を守る

仕事ができる思考の人は、計画的に行動して決められた時間を守ります。

スケジュール通りに行動することで、仕事の期限の遅れやミスを減らすせるのです。

仕事ができない人は、無計画に行動してしまい、小さなミスや仕事の遅れなどが発生してしまいます。

計画的な行動を習慣化するためにも、以下のポイントが大切です。

  • やるべきことに優先順位をつける
  • TODOリストを作る
  • 仕事にかかる時間を把握する
  • 作業をルーティーン化する

まずは自分のスケジュールをすべて書きだし、優先順位をつけることから始めるのがポイントです。

仕事の優先順位を理解することで、スケジュールが整理され計画を立てやすくなります。

仕事のミスや期限の遅れを減らすためにも、計画を立て時間通りに行動することを習慣化しましょう。

5.身だしなみを整える

仕事がうまくいく考え方ができる人は、身だしなみを整えるのを習慣化しています。

身だしなみを整えることで、好印象を与えるだけでなく、自分自身のモチベーションアップにもつながります。

仕事ができる人は、身だしなみが仕事のパフォーマンスにも影響が出ることを理解しているのです。

  • 髪やひげが整っている
  • 口臭・体臭のケアをしている
  • 爪が伸びていない
  • 衣類や靴にしわや汚れがない

毎朝、上記の確認を習慣化することが大切です。

身だしなみは、自分の心の中を映しています。

見た目が整っている人は、思考も整理されていることが多いです。

仕事ができる思考を身につけるためにも、身だしなみを整えることを習慣化しましょう。


今の仕事の不満を変える“転職”という選択肢!
転職成功率98%の【DMM WEBCAMP】なら
✔︎最短3ヶ月でITエンジニアに転職可能!
✔︎未経験者専門のカリキュラムで挫折することなく続けられる!
✔︎一人一人に寄り添った手厚いキャリアサポート!

あなたのキャリアをトータルサポート

今すぐ始めよう!仕事がうまくいく7つの考え方

仕事でうまくいく人の考え方

仕事で成果を出すためには、日常生活のあらゆる考え方を見直すことが大切です。

日常の考え方を少し変えるだけでも、仕事に大きな影響を与える場合があります。

上記の7つの考え方を見直すことで、ビジネスでもプラスに働くでしょう。

1つずつ詳しく解説します。

1.生活習慣を整える

生活習慣を整えて、健康的に生活することは仕事で成果を出すために必要な考え方です。

寝不足や体調不良になってしまうと、仕事のパフォーマンスに大きく影響します。

仕事で結果を出している人は、体のコンディションも考えて生活しています。

  • 夜更かしをせずに、早寝早起きをする
  • 朝食を摂取して、朝から脳を働かせる
  • お酒やジャンクフードなどの暴飲暴食を避ける
  • 寝る前にスマホやパソコンなどを遮断して、睡眠の質を上げる

上記のように、コンディションを良好に保つには食事と睡眠の質に気をつけましょう。

仕事のパフォーマンスを上げるためにも、まずは生活習慣を整えることが大切です。

2.適度な運動を心がける

仕事でうまくいくためには、生活の中に運動を取り入れることも大切です。

適度な運動を習慣化することで、ストレス解消になり体の健康も維持でます。

運動不足の人に比べ精神的、身体的にも体調が整っているので仕事でも成果を出しやすくなります。

運動を習慣化するためには、以下の行動がおすすめです。

  • お金を払ってジムに通う
  • 早起きして朝にウォーキングやランニングをおこなう
  • ネットのトレーニング動画などを活用して自宅で筋トレする

朝早起きして時間を作ったり、ジムなどにお金を払うことで習慣化しやすくなります。

適度な運動は体と精神の健康を整えてくれるので、仕事で成果を出すためにも取り入れましょう。

3.返信を早くする

仕事がうまくいくために必要なのが、メールなどの返信を早くすることです。

有能であると判断されるポイントとして、仕事の対応の早さは必ず求められます。

そのため、仕事で結果を出すにはレスポンスを早くすることが重要なのです。

メールへのレスポンスを早くするためにも、以下のことを実行しましょう。

  • 社内で検討し、改めて返信する旨を伝える
  • 1日に1回はメールチェックの時間を設ける
  • 長文は避けて、手短に用件だけを伝える

メールの内容がすぐに確認できない場合でも「確認して、〇日までにお返事します」のようにすぐに反応することが大切です。

早い対応を心がけることで、クライアントや上司などに責任感や気遣いが伝わります。

仕事で成果を出すためには、信頼されることが不可欠なのでレスポンスの速さを意識して働きましょう。

4.感謝の気持ちを忘れない

仕事ができる人は、感謝の気持ちを常にもっています。

感謝の気持ちをもって助け合う精神があるからこそ、仕事も円滑に進めるのです。

仕事ができない人は、他人への気遣いや配慮が行き届いておらず、厚い信頼関係が構築できません。

  • コミュニケーションのときは笑顔で接する
  • 助けてもらったときに素直に「ありがとう」とお礼を言える
  • 手伝ってもらったことを忘れず、必ずお返しをする

仕事がうまくいく人は、上記のことを大切にしています。

仕事で成果を出すためにも、感謝の気持ちをもって相手と接して信頼関係を築きましょう。

5.やるべきことはすぐにやる

仕事がうまくいくためには、やるべきことを後回しにせず、すぐに行動に移すことが大切です。

やるべきことをすぐにおこなうことで、周りに責任感を示すことができて信頼を得られます。

仕事がうまくいかない人は、今やるべきことが理解できておらず、行動が遅れてしまいます。

  • 仕事に優先順位をつける
  • マルチタスクをせず、シングルタスクを心がける
  • できない仕事は、しっかりと断る

上記のことを意識すると、やるべきことに集中できます。

仕事で成果を出すためにも、やるべきことを明確にしてスピード感をもって行動しましょう。

6.仕事のできる人と付き合うようにする

仕事で成果を出すためには、仕事ができる人と付き合うことも大切です。

実際に仕事ができる人の近くにいることで、考え方や判断力などを肌感覚で学ぶことができます。

仕事ができる人から、下記のことを意識して学びましょう。

  • 普段何を考えて仕事をしているのか
  • どのように仕事の効率をあげているのか
  • 仕事で悩んでいることを相談し、対処方法を学ぶ

仕事で成果を出すためのには、うまくいっている人から学ぶのが近道になります。

仕事がうまくいっている人に自分から近づいて、必要なことを自ら学ぶ姿勢をもちましょう。

7.自分が楽しいと思える仕事を選ぶ

仕事でうまくいくためにも、やりがいや楽しさを感じる仕事を選ぶことが大切です。

仕事ができる人は、楽しさを感じているから、ビジネスに時間を使うことも苦になりません。

そのため、積極的に学んだり自ら行動に移せるので成長速度も速くなります。

現在の仕事にやりがいを感じていない人は、以下の方法で新しいことにチャレンジしてみましょう。

  • 副業を始めてみる
  • 転職エージェントを利用して転職活動をする
  • プログラミングスクールなどで新しいスキルを身につける

新しいことに挑戦することで、楽しいと思える仕事に出会える確率はあがります。

新しいスキルを身につけるなら、高い需要が見込めるプログラミングスクールがとくにおすすめです。

ネットで簡単に始められることも多いので、やりがいを感じる仕事をみつけるためにもすぐに行動に移しましょう。

まとめ:できる人の仕事の考え方や習慣をしっかり身につけてスキルアップしよう

仕事ができる人から考え方や習慣を取り入れることは、仕事で結果を出すための近道になります。

仕事で結果が出ない人は、本日学んだことを少しずつ実行していきましょう。

  1. 仕事がうまくいかない考え方を理解する
  2. 仕事ができる考えをもっている人の特徴を知る
  3. 仕事がうまくいくための習慣を取り入れる
  4. 仕事がうまくいく7つの考えを実行する

上記4つのことを理解して行動に移せば、徐々に成果はついてきます。

すぐにできることもあるので、仕事ができる人の思考や習慣を積極的に取り入れていきましょう。

エンジニア転職のプロがマンツーマンで悩みを解決! 累計卒業生数3,000人以上* 転職成功率98%* *2020年4月時点

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中

無料カウンセリングに申込む

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

PAGE TOP

© 2021 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5