在宅ワークとは?仕事の種類や探し方、メリットやデメリットも詳しく解説

公開日: 2021.05.08
更新日: 2024.01.29
在宅ワークとは?仕事の種類や探し方、メリットやデメリットも詳しく解説

IT技術の発展や時代の流れに伴って、働き方も多様化しています。
近年では、家でできる「在宅ワーク」に注目が集まっており、実際に始める人も増えてきました。

その中で、
「在宅ワークに挑戦してみたい」
「家でできる仕事にはどんなものがある?」
「在宅ワークの仕事ってどうやって見つけるの?」
と、関心を持っている人も少なくないのではないでしょうか。

そこでこの記事では、

  • 在宅ワークの概要
  • 在宅ワークをするメリット・デメリット
  • 在宅ワークができる仕事の種類
  • 在宅ワークを見つける方法

などについて、詳しくお伝えしていきます。

この記事を読めば、在宅ワークへの理解が深まり仕事を始めるまでの具体的なイメージが掴めるはずです。
これから在宅ワークを始めてみたい方は、ぜひ最後まで読み進めてくださいね。

在宅ワークとは

在宅ワークとは

自宅を拠点として仕事をすることを「在宅ワーク」といいます。

その雇用形態は、

  • 個人事業主(業務委託)
  • 正社員
  • 契約社員
  • アルバイト・パート

など、さまざまです。

その中でも多くの場合は、個人事業主としてパソコンやインターネットを活用して自宅で仕事を行う働き方を指します。

一昔前までは情報漏洩などの問題から自宅でできる仕事が限られていました。
しかし近年では、急激なIT技術の発展などにより自宅で仕事ができる在宅ワークが注目されています。

実際に、「パナソニック」や「富士通」など大手企業においても在宅ワークの雇用枠が数多く導入。
さらに、政府全体での推進として厚生労働省においても在宅ワークを応援しています。

こういった理由から、今後も在宅ワークを選択する人は増えていくことが予想できるでしょう。


最近話題の“フリーランス”について徹底解説!
「フリーランスってどこまで自由なの?」
「実際にどんな働き方をしてるの?」
といった疑問をDMM WEBCAMPが解決します!

在宅ワークと似ている言葉の違い

在宅ワークと似ている言葉の違い

これからの日本においても注目されている在宅ワーク。
似た意味を持つ言葉として、「リモートワーク」「在宅勤務」「内職」などがよく挙げられます。

これらはとても似ているようですが、何が違うのでしょうか?
そこでここでは、在宅ワークと似ている3つの言葉の違いについて詳しくご紹介していきます。

それではさっそく見ていきましょう!

1.リモートワーク

「リモートワーク」は、自宅を含む会社から離れた場所で働くこと。

英語では「remote work」と表記され、「remote=遠隔、遠い」と「work=仕事」の2つの言葉を「会社から離れた場所で働くこと」と直訳して使われています。

在宅ワークはリモートワークに含まれる勤務スタイルであるため、両者に大きな違いはありません。

2.在宅勤務

「在宅勤務」は自宅で仕事をすること。
リモートワークに含まれる勤務スタイルの1つです。

在宅ワークは基本的に、会社に雇われずに個人事業主として自宅で働くことを指します。
その一方で、在宅勤務は主に企業に雇用されて働くことを意味します。
つまり、両者の大きな違いは雇用形態の差だといえるでしょう。

しかし、雇用形態にかかわらず、自宅などの会社以外の場所で働くことを在宅ワークと呼ぶ場合も。
そのため、在宅勤務と在宅ワークにはそれほど違いはないともいわれています。

3.内職

内職も、家で仕事をする働き方の1つです。
内職は主に、企業やメーカーなどに雇用されて働くため、在宅ワークとの違いは雇用形態だといえます。

内職は、「家内労働法」という法律により、報酬(工賃)や安全面、衛生面の最低基準が定められているのが特徴です。

少し前までは、シール貼りや梱包作業といったアナログ作業が多いイメージでした。
しかし最近では、画像加工などパソコンを活用した作業が増えています。

内職は、「雇用された状態で家で仕事がしたい」という人にぴったりな働き方といえるでしょう。

在宅ワークのメリット5つ

在宅ワークのメリット在宅ワークを始める前には、よい面と悪い面の両方を知っておくことが大切です。
在宅ワークの意味がわかったところで、つづいてはメリット・デメリットについても見ていきましょう。

まずは、在宅ワークの5つのメリットについて以下の通りにご紹介していきます。

  1. 好きな時間に働ける
  2. 通勤の手間がない
  3. 人間関係のストレスが少ない
  4. 資格やスキルがなくても始められる
  5. パソコンだけで働ける

それでは順番に、詳しい内容を見ていきましょう!

1.好きな時間に働ける

在宅ワークは多くの場合、働く時間帯や長さなどを自由に決められます。
好きな時間に働けるのは、在宅ワークの大きな魅力です。

たとえば、朝が苦手な人はお昼から仕事を始めることもできます。
また、働く時間の長さも自分で決められるため、短時間だけの業務も可能です。

とくに、育児や介護が必要な人にとっては大きな魅力となるでしょう。

2.通勤の手間がない

自宅で仕事を行うため、通勤が必要ない点も在宅ワークのメリットです。

出勤が不要なら通勤にかかる時間や体力、交通費なども節約できます。
浮いた時間をスキルアップや家事にあてるのも、もちろん個人の自由。
通勤に毎日1時間かかる場合、週に5時間、1ヶ月に20時間もの時間を節約できるということです。

また、満員電車のストレスは相当なもの。
論文によれば満員電車のストレス数値は、臨戦態勢の戦闘機に乗るパイロットや兵士よりも強いようです。

それだけのストレスを毎日感じずに仕事ができるなんて素晴らしいですよね。

3.人間関係のストレスが少ない

仕事の種類にもよりますが、在宅ワークは基本的に人と会って話す必要がありません。

在宅ワークならメールやチャットツールを用いて、クライアントとコミュニケーションが取れれば大丈夫です。
基本的には作業が期限内に終われば問題ないため、人間関係のストレスをあまり感じることはないでしょう。

人間関係のストレスは多くの人が感じているものです。
それがなくなるとなれば、より仕事に集中して成果を上げやすくなるでしょう。

4.資格やスキルがなくても始められる

在宅ワークの仕事の種類によっては、資格やスキルがなくても気軽に始められます。

たとえば、

  • データ入力
  • アンケート回答
  • 商品モニター
  • カスタマーサポート
  • オークション・フリマアプリ出品代行

などの仕事は、在宅ワーク初心者も始めやすいでしょう。

まずは簡単に始められる仕事から手をつけて、在宅ワークの働き方に慣れるのも1つの方法です。

気軽に始めやすい在宅ワークや仕事を見つける方法などについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてください。

在宅ワーク 簡単簡単な在宅ワーク7選!おすすめサイトや続けるコツも詳しく解説

5.パソコンだけで働ける

パソコンさえあれば仕事ができるのも、在宅ワークのメリットです。
最近ではスマホだけでできる仕事も増えてきています。

パソコンやスマホだけで仕事ができれば、自宅ではもちろん好きな場所で働けるのも魅力的です。
さらに、パソコンだけでできる仕事はスキルも身につけやすいメリットもあります。

たとえば、

  • ライター
  • Webデザイナー
  • プログラマー

などの職種を選べば仕事を通してスキルアップが可能です。

専門性を身につけて実績を積み重ねていけば、キャリアアップや収入アップにも繋がりますよ


今の働き方に不満はあるけど、日々の業務が忙しくてゆっくり考える時間がない…
そんな悩みを持つ方に向けて【DMM WEBCAMP】では無料のキャリア相談を実施しています。
ビデオ通話で相談をすることができるため、仕事で忙しい方でもスキマ時間に気軽にカウンセリングを受けることも可能です!
プロのキャリアカウンセラーと一緒に、今後のキャリアについて考えてみませんか?

在宅ワークのデメリット5つ

在宅ワークのデメリット

どんなことも、メリットがあればデメリットもあります。
ここからは、在宅ワークの5つのデメリットについて以下の通りにご紹介していきます。

  1. 自己管理が必要
  2. 教えてもらう機会が少ない
  3. 報酬の安い仕事もある
  4. オンオフの切り替えが難しい
  5. 責任が大きい

それでは順番に見ていきましょう!

1.自己管理が必要

在宅ワークでは働く時間や場所が自由な分、自己管理が欠かせません。

多くの場合は仕事に期限が決められているため、スケジュールを上手く立てて遅れないように終わらせる必要があります。

在宅ワークでは、

  • 仕事に集中するまでに時間がかかる
  • 納期がギリギリになって仕事に追われる

などの問題も起こりがちです。

自分で計画を立てて着実に作業をこなすのは意外と難しいもの。

在宅ワークを継続して行うためには、時間の使い方やモチベーション維持が重要なポイントとなります。
そのため、「誰かに管理されていないと仕事ができない」という人は向いていないでしょう。

2.教えてもらう機会が少ない

会社で仕事をする際には、上司や先輩に直接仕事を教えてもらう機会がたくさんありますよね。

しかし、在宅ワークでは基本的に1人で業務を行います。
そのため、どうしても仕事を教えてもらう機会が少なくなるデメリットがあるのです。

たとえば、ツールの操作方法を教えてもらうときをイメージしてみてください。
そのとき、画面を見ながら教えてもらうのと、文字だけで説明を受けるのとでは理解度が全然違いますよね。

画面を共有する方法がありますが、やはり対面よりも難しいと感じてしまうでしょう。

3.報酬の安い仕事もある

在宅ワークでの収入は、仕事の種類によってさまざまです。
仕事の難易度や専門性によっても、得られる収入は変わってきます。

とくに、アンケート回答やテープ起こしなどの、スキルや資格が必要ない仕事は報酬が安くなりがちです。
その一方で、Webデザイナーやプログラマーなどの専門職の仕事は案件単価が高くなる傾向があります。

報酬の安い仕事しかできなければ、収入も低くなり生活が厳しくなるでしょう。
しっかりと収入を得るためには、スキルや実績を身につけていく努力が必要です。

4.オンオフの切り替えが難しい

好きな場所で自由な時間帯を選べるのが、在宅ワークの大きな魅力です。
しかし自由度が高い分、オンオフの切り替えが難しくなるのが在宅ワークのデメリットといえるでしょう。

家で仕事をしていればたくさんの誘惑があります。
たとえば、

  • テレビ
  • ベッド
  • お菓子

など、気が緩めば休める場所が多くあるため、自宅では自己管理が甘くなりがちです。

また、家族がいれば仕事モードに入りにくい人もいるでしょう。

自分自身で管理ができないと、いつまでも仕事が終わらず長時間労働になってしまう恐れもあります。
在宅ワークでは思っている以上に、自分のモチベーション維持や自己管理が大切なのです。

5.責任が大きい

基本的にはクライアントと直接やり取りをして仕事を行うのが、在宅ワークです。
そのため、当然仕事での責任はすべて自分自身にかかってきます。

たとえば、企業で働いていれば、仕事のミスは会社の責任になることが多いかもしれません。
しかし、在宅ワークの仕事でミスをすれば、その責任は全て事業主である個人にかかってきます。

また、在宅ワークは期限がつけられていることがほとんどです。
間に合わなければ、クライアントからの信頼が落ちる恐れもあります。

このように個人として仕事をする場合は、強い責任感が必要になることも覚えておきましょう。

在宅ワークの仕事の種類7選

在宅ワークの仕事の種類

在宅ワークはとても魅力的な働き方ですが、注意点があることもわかっていただけたと思います。
メリットとデメリットを知ったうえで、「それでも在宅ワークをやってみたい」という方は多いでしょう。

そこでここからは、在宅ワークの代表的な7つの職種を以下の通りにご紹介していきます。

  1. データ入力
  2. カスタマーサポート
  3. Webデザイン
  4. Webライティング
  5. プログラミング
  6. 翻訳
  7. オンライン講師

それでは詳しい内容を順番に見ていきましょう!

1.データ入力

データ入力は、昔から人気がある在宅ワークの1つです。

データ入力はその名前の通り、指定されたデータを入力していく仕事。
作業単価は内容や発注元にもよりますが、1件あたり100〜1,000円ほどが相場なようです。

(出典:ランサーズ 「仕事の種類・参考価格」)

基本的にはとくに必要なスキルや資格は必要なく、タイピングができれば始められます。

データ入力ならスキマ時間にも取り組め、比較的案件数も多いです。
しかし、人気がある仕事であるため、よい条件の仕事を獲得するのが難しいデメリットもあります。

満足できるほどの収入を得るには、数多くの案件をこなす必要があるでしょう。

2.カスタマーサポート

お客様からの問い合わせを受けるカスタマーサポートの仕事も、在宅ワークとして人気があります。

カスタマーサポートは研修制度やマニュアルが充実していることが多く、未経験からも始めやすいのが魅力です。

在宅でのカスタマーサポートの時給相場は1,000〜1,500程度。

(出典:クラウドワークス 「カスタマーサポートの仕事・求人」)

最近では、メールやチャットでの問い合わせ対応のみの案件もあります。
そのため、「電話が苦手」という人も取り組みやすいのではないでしょうか。

未経験でも比較的に収入がよいため、在宅ワーク初心者にもおすすめな仕事といえるでしょう。

3.Webデザイン

Webデザインは、Webサイトのデザイン制作などを行う仕事。
需要が高く案件単価も比較的高いため、人気を集めている仕事の1つです。

Webデザインの案件相場は1〜5ページあたり50,000〜100,000円。

(出典:ランサーズ 「仕事の種類・参考価格」)

また、案件数も多いことから仕事に困る可能性も少ないでしょう。

  • デザインスキル
  • コーディングスキル

などの専門スキルは必要ですが、1度身につければ幅広い仕事に対応できます。

在宅Webデザイナーの魅力やなる方法について詳しく知りたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてください。

働き方や仕事内容、未経験者に必要なスキルとは【在宅Webデザイナー】働き方や仕事内容、未経験者に必要なスキルとは

4.Webライティング

主にネットコンテンツの作成を行うのがWebライティングの仕事です。
パソコンとスキルがあれば時間や場所を選ばずに仕事ができるため、人気があります。

Webライティングの一般的なテーマの案件相場は1文字あたり0.5〜2円。
専門性の高いテーマになると1文字あたり1.2〜 5円が相場となります。

(出典:ランサーズ 「仕事の種類・参考価格」)

また、旅行や転職、恋愛などWebライティングの仕事のジャンルは幅広いです。
興味のある記事の作成から始められるのもWebライティングの魅力といえるでしょう。

Webライティングの仕事の取り方や必要なスキルについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もぜひご覧ください。

在宅ワーク ライター在宅ワークでライターの仕事は可能!収入を増やす3つのポイントや仕事の探し方を紹介

5.プログラミング

プログラミングを用いてWebサイトやアプリの制作などを行うのも、人気がある在宅ワークの1つです。

プログラミング言語を用いて仕事を行う案件は需要が高く、案件単価も高い傾向があります。
プログラミングを活用したWebシステム開発の案件相場は、時給3,500〜7,000円です。

(出典:ランサーズ 「仕事の種類・参考価格」)

IT技術が私たちの生活に欠かせない現代では、スキルや実績があるプログラマーは引く手あまたです。

もちろん専門的なスキルが必要なため、簡単にはなれません。
しかしながらプログラミングスキルを学ぶツールや環境は豊富にあります。

将来性も高いプログラミングに興味がある方は、プログラミングスクールに通い効率よくスキルを身につけるのがおすすめですよ。
おすすめのプログラミングスクールが知りたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてください。

プログラミングを短期で学ぶ3つのメリットとは?スクール選びのポイントも解説プログラミングを短期で学ぶ3つのメリットとは?スクール選びのポイントも解説

6.翻訳

翻訳は語学スキルを活用して、他の言語に文章など訳す仕事です。

翻訳には、

  • 映画などの字幕
  • 小説や論文
  • コーポレートサイトの文章

など、さまざまなジャンルの仕事があります。

翻訳の案件相場は英語翻訳で、1文字あたり6〜8円(英語から日本語)。

(出典:ランサーズ 「仕事の種類・参考価格」)

もちろん語学力が必要ですが、その分案件単価も高い傾向があります。
英語や韓国語、中国語などの語学スキルがあるなら挑戦してみてはいかがでしょうか。

7.オンライン講師

プログラミングや英語など、さまざまなスキルを教えるオンライン講師。

最近では、

などの個人のスキルを販売できるプラットフォームが豊富にあります。

そのため、何らかのスキルがあるなら未経験であっても仕事にしていきやすいでしょう。

自分のスキルを仕事に活かせられるのは素晴らしいことですよね。
「自分のスキルを収入に繋げたい」という方は、オンライン講師にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

在宅ワーク探しにおすすめの転職サービス3選

在宅ワーク探しにおすすめの転職サービス

ここまでで、「在宅ワークをしてみたい!」と興味を持った方も多いでしょう。

ではどうすれば、在宅ワークの仕事を見つけられるのでしょうか?
そこでここからは、在宅ワーク探しにおすすめの転職サービスを紹介していきます。

転職サービスとは、求職者と企業をマッチングしてくれるサービスです。
解説していくのは以下の3社です。

  1. リクルートエージェント
  2. パソナキャリア
  3. ワークポート

転職サービスを活用すれば、あなたに最適な案件を紹介してくれるため、仕事探しがとても楽になりますよ。

すべて無料で利用できる初心者にもおすすめな企業を厳選して集めました。
企業に雇用されながら在宅ワークがしたい方は、ぜひ活用してみてくださいね。
それではそれぞれのサービスの詳しい内容を順番に見ていきましょう!

1.リクルートエージェント

リクルートエージェント

(出典:リクルートエージェント)

「リクルートエージェント」はリクルートキャリアが運営する老舗の総合転職エージェント。
厳選した非公開求人の数はなんと10万件以上と、圧倒的な求人数が魅力です。

専門のコンサルタントが一人ひとりに適した求人を紹介してくれるため、より効率的に仕事を見つけられます。

新卒・中途・管理職・ハイクラスなどのさまざまな求職者に対応しているため、登録しておいて損はないでしょう。
正社員として在宅ワークがしたい方は、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

2.パソナキャリア

パソナキャリア

(出典:パソナキャリア)

「パソナキャリア」は、人材業界大手のパソナグループが運営している転職エージェント。

転職支援実績は25万人、取引実績企業は16,000社以上の実績を誇ります。
「amazon」や「富士通」など大手企業の非公開求人も多く、質の高い求人が豊富なのが特徴です。

また、サポート体制が整っている転職エージェントであるため、転職経験が少なく転職活動に慣れていない方にもおすすめ。
手厚いサポートを受けながら在宅ワークを探したい方は、ぜひ利用してみてください。

3.ワークポート

ワークポート

(出典:ワークポート)

50万人が選んだ転職エージェントとして評判がる「ワークポート」。

リクナビNEXTが開催している『GOOD AGENT RANKING』でも、「最も多くの求職者を転職成功に導いたエージェント」として選ばれるなど、さまざまな実績を残している転職エージェントです。

また、未経験からのキャリアチェンジも得意としているのが特徴。
無料エンジニアスクールなど、完全未経験者が新たなキャリアを築くためのサポートも積極的に行っています。

安心できるサポートを受けながら在宅ワークを見つけたい方は、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

在宅ワーク探しにおすすめのクラウドソーシング3選

在宅ワーク探しにおすすめのクラウドソーシング3選

ここまでは求職者と企業とをマッチングさせるおすすめの転職エージェントをご紹介してきました。

ここからは、個人事業主として在宅ワークをしたい方におすすめの仕事の探し方をご紹介していきます。

ご紹介するのは3つのクラウドソーシング。
クラウドソーシングとは、インターネット上で企業や個人が不特定多数の人達に仕事を委託するサービスです。

専門的な仕事から誰でもできる仕事まで、幅広い案件が掲載されているのが特徴。
未経験からできる案件も多いため、在宅ワーク初心者にもおすすめです。

気になるサービスがあればぜひチェックしてみてください。
それでは順番に見ていきましょう!

1.CroudWorks

CroudWorks

(出典:CroudWorks)

国内最大級のクラウドソーシングサービスとして有名な「CroudWorks(クラウドワークス)」。

業界No.1のユーザー数はなんと300万人!
仕事の発注数は570万件を超えるため、あなたに合った仕事を見つけられるでしょう。

専門のスタッフが使用方法からトラブル対応まで丁寧にサポートしてくれるため、初心者も安心して利用できます。
クラウドソーシング初心者におすすめなサービスといえるでしょう。

2.Lancers

Lancers

(出典:Lancers)

「Lancers(ランサーズ)」は日本最大級のクラウドソーシングサービス。
日本初のクラウドソーシングサービスとして2008年からサービスを開始しています。

利用者の満足度やリピート率もNo.1と、多くの実績を残しているのが特徴です。
データ入力などの初心者向けから、専門職向けまで幅広いジャンルの仕事が豊富にあります。

発注者とのトラブルが起きた場合にも、24時間365日体制のサポートが受けられるので安心です。
案件数も多いため、自分にとって最適な仕事を見つけやすいでしょう。

3.ママワークス

ママワークス

(出典:ママワークス)

子育てに忙しい主婦でも働きやすい求人が多数掲載されている「ママワークス」。
「お子さんが寝ている間だけ」「幼稚園に行っている間だけ」など、スキマ時間にも取り組みやすい仕事が多いのが特徴です。

また、スキルアップに役立つオンライン講座が受けられるのも魅力的なポイント。
子育てと仕事を両立できる在宅ワークを見つけたい方にもおすすめなサービスです。

仕事のマッチングサービスの注意点やサービスの概要について詳しく知りたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてください。

仕事のマッチングサービスとは?おすすめ13選や注意点についても詳しく解説仕事のマッチングサービスとは?おすすめ13選や注意点についても詳しく解説

在宅ワークに向いている人の特徴5つ

在宅ワークに向いている人の特徴自宅で仕事を行う在宅ワークには、向き不向きがあるものです。
中には、「自分は向いているだろうか?」と不安に感じる人もいるでしょう。

そこでここからは、在宅ワークに向いている人の5つの特徴を以下の通りにご紹介していきます。

  1. 小さな子どもがいる
  2. 地方在住で仕事が見つからない
  3. 病気などで通勤が難しい
  4. 自己管理能力が高い
  5. 専門的なスキルを持っている

あなたに合っているかどうか、確かめながら読み進めてみてくださいね。
それでは詳しい内容を順番に見ていきましょう!

1.小さな子どもがいる

在宅ワークはスキマ時間を上手く活用して仕事が行えるため、小さな子どもがいる人に向いています。

たとえば、

  • 子どもが寝ている間
  • 幼稚園や保育園に行っている間
  • 子どもが遊んでいる間

など、自宅なら子どもがいても仕事を進めることが可能です。

また、在宅ワークなら子どもを見ながらでも働けますし、熱が出ても仕事を休む必要がありません。
仕事と育児を両立させたい方こそ、在宅ワークに挑戦してみてはいかがでしょうか。

2.地方在住で仕事が見つからない

出社する働き方の場合、地方在住者は仕事探しに苦労することもあるでしょう。

しかし、在宅ワークなら地方で在住でも関係なく仕事ができます。
そのため「地元を離れたくないけどいい求人が見つからない」という人にも在宅ワークは向いています。

また、地方で就職を考えた場合には、どうしても収入が低くなってしまう傾向もありますよね。
在宅ワークなら場所に関係なく収入は一定であるため、仕事へのモチベーションも上がるのではないでしょうか。

3.病気などで通勤が難しい

中には、何らかの病気やケガなどで、通勤が難しい人もいるでしょう。
在宅ワークなら自分のペースで業務を進められるため、仕事への復帰が可能です。

実際に、企業によっては労働力を増やすために在宅ワークを承認するケースも増えています。
「出勤が難しいから仕事ができない」と悩んでいる方も、在宅ワークなら取り組めるのではないでしょうか。

4.自己管理能力が高い

在宅ワークのデメリットの1つに、自己管理が甘くなりやすい点がありましたね。

在宅ワークは時間や場所が自由であり、いつ起きても何時に仕事をしても注意されることはありません。
誰にも何もいわれない分、すべては自己責任です。

自己管理ができないといつまでも仕事が終わらず、成果を出すのも難しいでしょう。
だからこそ自己管理能力が徹底できる人は、在宅ワークに向いています。

5.専門的なスキルを持っている

在宅ワークは専門的なスキルや実績があるほど、収入が高くなりやすい傾向があります。
そのため、何らかの専門スキルを持っている人は在宅ワークに向いているでしょう。

たとえば、

  • プログラミング
  • 語学
  • Webデザイン
  • ライティング

などのスキルを持っていると案件も見つけやすいです。

「今はスキルを持っていない」という人は、上記のようなスキルの習得を目指してみてはいかがでしょうか。
その中でもとくおすすめなのが、プログラミング

プログラミングスキルを身につけると、高単価な案件が取れるため収入が上がりやすいです。
さらに、プログラミングは需要が高いスキルであるため、実力があれば仕事に困ることもありません。

まとめ:在宅ワークの需要はこれから増えていく

在宅ワークは今もすでに多くの人から注目されている働き方です。

新型コロナウイルスの影響や、日本の少子高齢化における労働力の減少など理由はさまざまですが、今後も在宅ワークの需要は増えていくでしょう。

今からでも在宅ワークに向けた準備を行っておけば、必要なときにすぐ始められます。
まずは副業からでも、在宅ワークに挑戦してみてはいかがでしょうか。

エンジニア転職のプロがマンツーマンで悩みを解決! 累計卒業生数3,000人以上* 転職成功率98%* *2020年4月時点

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中

無料カウンセリングに申込む

\プログラミングスクールを比較/

DMM WEBCAMP

COACHTECH

RUNTEQ

DMM WEBCAMP COACHTECH RUNTEQ
目指せる姿 WEBエンジニアへの転職
フリーランスエンジニア WEBエンジニアへの転職
分割払い
補助金 ×
転職保証 × ×
受講期間 12週間〜 3ヶ月〜 5ヶ月〜
特徴 【IT業界の転職を一番に考えたい方向け】
大手DMMが運営のプログラミングスクール
転職成功率98.8%
豊富なキャンペーンや補助金制度あり
【フリーランスを目指したい方向け】
フリーランスのエンジニアを最短で目指す
エンジニアと共に実際の案件開発を担当
【とことん勉強してから転職したい方向け】
1,000時間(約9カ月)のカリキュラムでしっかり勉強
企業の求める即戦力のWEBエンジニアを目指す
料金 329,350円〜
※給付金適用後
42万9,000円~ 55万円

公式HP

公式HP

公式HP

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2024 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5