仕事に行こうとすると吐きそうでつらい…。その原因と解決策10選を紹介!

2024.01.29
仕事に行こうとすると吐きそうでつらい

「仕事に行くと気分が悪くなる」
「会社のことを考えると吐きそうになる」

という経験はありませんか?

吐きそうになりながら仕事に行く毎日を改善したいのに、どうしたらいいのかわからず迷ってしまいますよね。

では、このつらさから抜け出す方法はあるのでしょうか?

そこで今回は、

  • 仕事に行こうとすると吐きそうなほどつらい原因
  • 仕事で吐きそうになるストレス時の症状
  • 仕事で吐きそうなつらさを軽減させる解決策

について詳しく解説します。

この記事を見れば仕事に行くつらさを軽減する具体的な方法がわかり、今より気分のよい朝を迎えられるようになります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

仕事に行くのがつらい!吐きそうになるおもな4つの原因

吐きそうになって医務室に来ている人

仕事に行くのがつらすぎて吐きそうなるのにも原因があります。

ここでは吐きそうになってしまう主な原因をご紹介します。

  1. ストレスやプレッシャーが強い
  2. 自律神経の乱れている
  3. 感染症など体調不良
  4. うつ病や身体表現性障害

原因が分かれば、解決するための方法と対策がわかります

吐きそうになる原因が上記のどれに当てはまるかみていきましょう。

1.ストレスやプレッシャーが強い

難しい仕事が多いや職場の人間関係がうまくいかないなど、ストレスやプレッシャーが強いことが考えられます。

  • 夜眠れない
  • 自然と涙が出てくる
  • 胃が痛い
  • 食欲がない
  • 常に倦怠感と疲労感がある

このような症状がある方は「自分の限界サイン」の表れ、ストレスサインです。

  • 仕事の量
  • 自分の能力を超える仕事
  • 職場の人間関係

などの根源による強いストレスやプレッシャーが原因で、身体的に吐き気を感じている状態です。

仕事のプレッシャーがつらいときの対処法10選!重圧に打ち勝つための秘策とは?仕事のプレッシャーがつらいときの対処法【10選】重圧に打ち勝つための秘策とは

2.自律神経の乱れている

仕事がつらくて吐きそうな人は、自律神経のバランスが崩れて、胃腸に不調がでていることが考えられます。

自律神経は循環器や消化器、呼吸器などの活動を調整するための神経で、交感神経と副交感神経という2つの神経からなります。

ストレスによってこの自律神経の働きが乱れることで体に異常が現れるのです。

  • 胸やけ
  • 胃炎
  • 胃潰瘍
  • 動機、息切れ
  • 頭痛

などは自律神経のバランスが崩れた時の症状です。

自律神経の乱れから吐き気が起こっている可能性があります。

3.感染症など体調不良

食中毒やウイルス性胃腸炎といった感染症は強い吐き気を引き起こします。

  • 発熱
  • 下痢

上記を伴う場合が多いので判断基準にしてください。

寝不足や食生活の乱れなどによって免疫が落ちた時に感染しやすくなります

感染症などの体調不良は吐き気の原因のひとつです。

4.うつ病や身体表現性障害

心と身体は繋がっています。

仕事がつらいという今の症状が、の痛みや悩みが影響している可能性があります。

  • 胃痛や吐き気
  • 手足のしびれ
  • めまい

このような症状で、病院で検査しても原因が見つからず、最終的にメンタルクリニックへかかるケースも多いです。

心と身体は繋がっているため、心のストレスが身体症状として現れてしまっています。


今の働き方に不満はあるけど、日々の業務が忙しくてゆっくり考える時間がない…
そんな悩みを持つ方に向けて【DMM WEBCAMP】では無料のキャリア相談を実施しています。
ビデオ通話で相談をすることができるため、仕事で忙しい方でもスキマ時間に気軽にカウンセリングを受けることも可能です!
プロのキャリアカウンセラーと一緒に、今後のキャリアについて考えてみませんか?

吐きそうになるほど仕事のストレスを抱えがちな人の5つ特徴

仕事中に気分が悪くなる人

同じ状況で働いていても、全ての人が同じように感じるわけではなく、仕事のストレスを感じやすい人には共通点があります。

例えば次のような人は仕事のストレスを感じやすいタイプです。

  1. 几帳面すぎる
  2. 責任感が強すぎる
  3. 人に相談できない
  4. 完璧主義で失敗をゆるせない
  5. 周りからの評価を気にしすぎている

このように自分を追い込んでしまう人はストレスを感じやすい傾向にあります。

それぞれの特徴について詳しくみていきましょう。

1.几帳面すぎる

仕事のストレスで吐きそうになる人は、細かいところまで気になってしまう几帳面すぎるタイプです。

几帳面すぎるタイプは、自分自身にだけでなく、他人にも几帳面を要求する傾向にあります。

  • きちんと仕事が整理できないとすっきりしない
  • 丁寧に仕事をしない他人が気になって腹が立つ
  • 物事が決められた順番で進まないと気持ち悪い

自分自身のだけではなく、他人の仕事ぶりまで自分で背負い込んでしまいます。

この几帳面すぎる人は仕事でストレスを感じやすく、吐きそうになるまで考えてしまいます。

2.責任感が強すぎる

責任感が強すぎる人は、頼られると期待に応えようとしすぎて、大きなプレッシャーを感じてしまいます

  • 頼まれたら嫌でも断れない
  • 後輩のミスは自分のミスだと思う
  • 任せられた仕事は何があっても失敗できない

このような考えが、心に大きなプレッシャーを与えてしまっています。

その責任感の強さが、吐きそうなほどの仕事でのストレスをため込んでいます。

3.人に相談できない

思ったことや考えていることを表に出すことが苦手な人は、相談ができずにひとりで溜め込んでしまいがちです。

溜め込んだ重い気持ちが、ストレスとなって仕事のつらさにつながっています。

  • 自分の気持ちを言葉にするのが苦手
  • 他人に頼るのが苦手
  • 弱みを見せたくない

このような人は、仕事で悩んだときや行き詰まったときに誰にも相談できず、ひとりでストレスを抱えて吐きそうになります。

4.完璧主義で失敗を許せない

常に成功を追い求める、失敗を許せない完璧主義者は仕事でストレスを感じやすい人です。

どれだけ失敗を許せなくても、やること全てが成功できるわけではありません。

  • 誰よりも成績を出さないと気が済まない
  • 完璧な資料を作るまで納得がいかない

完璧に仕事ができないとダメだという思いが自分自身を追い込んでしまいます

そのため、吐きそうになるまで仕事でのストレスを感じてしまうのが完璧主義なで失敗を許せない人の特徴です。

5.周りからの評価を気にしすぎる

仕事のストレスで吐きそうになる人の共通点として多いのが、周りの評価を気にしすぎる人です。

周りの目が気になってしまい、仕事も息が詰まってしまいます。

  • 上司や先輩にどう思われているか気になる
  • 仕事ができない人だと思われたくない
  • 嫌われたくない

自己肯定感が低いので、周りからの評価によって欠けている部分を補おうとします

周りの目を気にしてばかりいると気をすり減らしストレスが大きくなります。

人間関係 怖い人間関係が怖いを克服!対人恐怖症のきっかけとなる9つの原因とその対処法について紹介

吐き気を改善するために気をつけたい!食事をするときの5つの注意点

体調を崩している人

吐き気はストレスの原因が消化器官に影響を及ぼし、その不調によって起こるものです。

食事の方法を気をつけることによって改善できます。

  1. 食べすぎない
  2. 刺激物を控える
  3. ゆっくり噛んで食べる
  4. 消化のよいものを食べる
  5. 食欲がないなら無理して食べる必要はない

食べることは人間のガソリンチャージ。
食べるものと食べかたが身体に与える影響は、思っている以上に大きいです。

上記の注意点を守ることで胃腸の調子を整えられます

1.食べすぎない

食べすぎることで胃腸に負担がかかるため、吐き気が悪化する可能性があります。

どうしてもお腹が減ってしまったときは、1回で多く食べるのではなく、数回に分けて食べるようにしましょう。

  • 太りやすくなる
  • 疲れやすくなる
  • 肌が荒れる

食べすぎは吐き気以外にも上記のような現象も引き起こします。

まずは胃腸の負担をさけるために食べすぎないことを意識してください。

2.刺激物を控える

刺激物は胃酸の分泌を促進してしまうため、胃に負担をかけてしまいます。

吐きそうなときは胃酸を分泌してしまうような刺激物はさけましょう。

  • 辛いもの
  • 酸っぱいもの、柑橘系
  • 香辛料の多いもの
  • 脂っこいもの
  • 味付けが濃いもの

上記は代表的な刺激物の例で、症状を悪化させる恐れがあります。

胃酸の分泌を促進し負担をかけてしまうような刺激物は、取りすぎないように注意しましょう。

3.ゆっくり噛んで食べる

口の中で細かく砕くことによって、胃の消化や吸収を助けることができます。

また、よく噛むことで唾液が食べものの分解をサポートし胃の負担を軽くする効果があります。

  • 一口30回噛む
  • 食事時間20分以上
  • スプーンよりお箸で食べることで一口の量を減らす

上記を目安にゆっくり噛んで食べることを心がけてください。

よく噛むことによって、唾液もよく分泌され、胃への負担が軽減されることで吐き気の改善に繋がります。

4.消化のよいものをたべる

吐き気の改善に必要不可欠な胃腸の調子を整えるためには、胃に優しい消化のよい食べものを選びましょう。

消化のよい食べものの代表的なものを紹介します。

  • 白飯
  • うどん
  • 鶏肉
  • 豆腐
  • ヨーグルト
  • ほうれん草
  • 白身魚

また、自分で料理をする際には、細かく切るようにして、油を多く使う調理は控えるとよいでしょう。

胃に優しい消化のよい食べもの・調理法を選ぶことで吐き気の改善へと繋がります。

5.食欲がないなら無理して食べる必要はない

食欲不振は身体が弱っていて胃腸が万全でない可能性があります。

胃腸が弱っているときに無理やり食べものを入れると余計に負担をかけてしまい症状が悪化する恐れがあります。

  • 栄養を吸収し消化の役割を果たす「消化酵素」
  • 身体の修復や器官・細胞を維持する「代謝酵素」

人間には上記の2つの酵素があります。

食べものを摂取すると、代謝酵素よりも消化酵素の働きが優先されてしまい、身体の回復が後回しとなってしまいます。

食欲がないときは、身体の回復を優先させるためにも、思い切って何も食べないというのも食事療法のひとつです。


今の働き方に不満はあるけど、日々の業務が忙しくてゆっくり考える時間がない…
そんな悩みを持つ方に向けて【DMM WEBCAMP】では無料のキャリア相談を実施しています。
ビデオ通話で相談をすることができるため、仕事で忙しい方でもスキマ時間に気軽にカウンセリングを受けることも可能です!
プロのキャリアカウンセラーと一緒に、今後のキャリアについて考えてみませんか?

仕事のストレスが限界に達したときに出る7つの症状

仕事のストレスが限界に達したときに出る7つの症状

仕事のストレスが溜まった時に、吐きそうになる以外にもさまざまな悪い症状が起こります。

症状が悪化すると、仕事だけではなく、日常の生活に影響を与える事態に発展してしまいます。

  1. 眠れなくなる
  2. 意欲が低下して何もやりたくない
  3. 気分の浮き沈みが激しくなる
  4. 身体がだるくなる
  5. 動悸がしたり、汗がひどくなる
  6. 食欲がなくなる、もしくは食べすぎる
  7. 誰にも会いたくなくなる

このように、仕事のストレスを溜め続けるデメリットは、かなり大きいものです。

ひとつずつ確認していきましょう。

1.眠れなくなる

ストレスが溜まると、睡眠に不調が現れます。

睡眠は人間の身体にとって重要な役割を果たしているため、正常に機能しなくなると深刻な病気へと発展する可能性もあります。

  • なかなか寝付けない
  • 夜中に何度も目が覚める
  • 夜は眠れないのに日中に異様な睡魔に襲われる

人間なので眠れない日があっても不思議なことではありません。

しかし、アルコールや薬に頼らないと眠れないという状態が1週間以上起こると、身体が悲鳴を上げている証拠です。

2.意欲が低下して何もやりたくない

ストレスは身体の不調だけではなく、気持ちの面でやる気を低下させてしまいます。

意欲ややる気なく仕事をしていても成果は上がらないため、さらに状況が悪化するという悪循環に陥ります。

  • 全然気持ちが乗らない
  • なぜか身体が動かない
  • 気持ちにもやがかかりはれない

平日・休日にかかわらずこのような状態が続き、無気力になることはストレスを感じている人によくある症状です。

3.気分の浮き沈みが激しくなる

ストレスを感じすぎることで情緒が不安定になり、気分の浮き沈みが激しくなります。

情緒が不安定だと自分自身はもちろん、周囲の人もさらにストレスを感じてしまいます。

  • 急に涙が出て止まらなくなる
  • 癇癪を起こして過剰に攻撃的になってしまう
  • 急に全てに対して無気力になる

外部の要因に必要以上に感情が揺さぶられ、感情の波を抑えられなくなっている場合は気分障害を引き起こしているでしょう。

ストレス要因のよくある症状です。

4.身体がだるくなる

身体のだるさや倦怠感も、日々のストレスでひきおこります。

身体は人間の資本ですから、何をやるにもうまくいかずさらなるストレスへとつながってしまいます

  • 熱はないのに身体が重い
  • 行動するときに時間がかかる

身体のだるさは風邪やウイルス感染などの病気を疑いがちですが、実はストレスに起因するものが多いです。

見落としやすいので、ストレス症状のひとつと認識しましょう。

5.動機がしたり、汗がひどくなる

激しい不安に襲われたり、目眩がして冷や汗が多量に出るなどの症状がおこります。

このような身体の異常な反応は「パニック発作」と呼ばれており、これが繰り返されると「パニック障害」と呼ばれています。

  • ドキドキという動悸がする
  • 気分が悪くなり冷や汗をかく
  • 目眩がして立っていられなくなる
  • 胸が苦しくなる
  • 身体が震える

上記はパニック症状の例です。

このような症状もストレスが起因となりパニック障害へと発展する可能性があります。

6.食欲がなくなる、もしくは食べ過ぎる

ストレス症状として、食欲減退や暴飲暴食などの食欲の変化があります。

「何か食べたい」という欲求は、「なくなったから補給したい」という信号ではなく、分泌される成分によって脳が判断しているものです。

そのため、ストレスなどにより分泌される成分に何らかの変化が生じた場合、今までの食欲と大きく変化がおこります。

  • ダイエットをしていないのに、急に体重が減少した
  • 気がついたら、何かを食べている

など、自分の意識ではコントロールできないところで、食欲や体重の変化があった場合は、ストレスによる食欲の変化といえるでしょう。

7.誰にも会いたくなくなる

「人に会いたくない」という感情はストレスによって起こる症状のひとつです。

人間が備え持っているストレス処理能力を超えると、このような症状が起こります。

  • 仲のよい友達にも会いたくない
  • 人と話すのがおっくう
  • 誰かに見られているのが不安になる

このような場合は心身に大きな疲労がかかっています。

もともと人と話すのが苦手な人もいますが、仲のよい友人や家族にも会うのがおっくうな場合はストレス症状を疑いましょう。

仕事のストレスで吐きそう…それでもやってはいけないNG行動

吐きそうでもやってはいけないNG行動

ストレスでメンタル的にダメージが大きいときでも、絶対にやってはいけないことがあります。

そのときの状況と気持ちで判断してしまうと、取り返しのつかない事態になってしまうこともあります。

  1. 無断で会社を休む
  2. そのうち治るだろうと我慢をする
  3. 誰にも相談しない

ストレスで「もういいや」と投げやりになりやすい状態ですが、このようなNG行動でさらに自分を追い詰めてしまうことになりかねません。

ストレスを甘く考えず、これから説明するNG行動をよく理解しましょう。

それでは、詳細についてみていきましょう。

1.無断で会社を休む

連絡なしに無断で会社を休むということは絶対にしてはいけません。

一度無断欠勤をしてしまうと、癖がついてしまいます。

  • 休みすぎたため気まずくて職場に戻れない
  • 出社しないことに慣れてしまった
  • 今の方が楽だから

無断欠勤を続けていると、そのまま職場に復帰できずそのまま退職という例も少なくありません。

退職の手続きは簡単なものではないので、後々もっと面倒なことに巻き込まれることもあります。

とはいえ、休養は大事なので、無断ではなくきちんと会社へ連絡は入れるようにしましょう。

2.そのうち治るだろうと我慢をする

「もう少しだけ我慢してやり過ごそう」と、自分の気持ちを無視し続けることはいけません

そのうち治るだろうと、たかを括って我慢することはさらにストレスを加速させます。

  • さらに気分が下がる
  • 身体症状が重くなる
  • 状況が改善しない

気持ちを無視して我慢をし続けると上記のような状態になります。

我慢が必要なタイミングもありますが、ストレスが大きいときに自分の気持ちに蓋をして我慢するのはNG行動です。

3.誰にも相談しない

仕事のストレスで吐きそうだという状況を誰にも相談せず、ひとりで抱え込むことはやめましょう

人間のストレス許容量は限度があります。

  • 人と話したくない
  • 恥ずかしいので相談できない
  • 助けを求めるのが苦手

上記のような理由で、誰にも相談せずに状態が悪化する可能性があります。

身近に相談する人がいない場合は、国の相談窓口も利用できます。

誰にも相談せずにひとりで抱え込むのは、やってはいけない行動です。

仕事で吐きそう!精神的なストレスを軽減する方法10選

軽い休憩を挟んでいる様子

仕事によるストレス状態に耐えるのではなく、ストレスを軽減する方法を学んでいき、対処する方法を身につける必要があります

放置していてはよい方向には進みません。

ここでは仕事で吐きそうになるまでのストレスを軽減する10の方法をご紹介します。

いますぐできることもあります。
つらいと我慢するだけではなく、まずは行動してみましょう。

1.ストレスチェックをする

まずは自分のストレスの状況を客観的に把握しましょう。

自分のストレスを把握するツールとして「ストレスチェック」というものがあります。

こころの耳」というサイトでは、簡単に5分でできる職場のストレスチェックを提供しています。

  • 数値でストレス度がわかる
  • 客観視できる

などのメリットがあります。

客観的に自分の状況を把握することで、自分が今どのような状態なのか理解しましょう。

思っていたより深刻なストレスを抱えていた、なんてこともあります。

2.深呼吸をする

大きく深呼吸をして心を落ち着かせ、リラックスしましょう。

深呼吸は息を大きく吸い込むだけが目的ではありません。

正しく深呼吸をすることで、副交感神経を刺激し優位な状態にできます。

  • リラックスできる
  • 心拍数が減る
  • 血の巡りが良くなる

など、深呼吸には多くのよい効果があります。

深呼吸をする時には、余計なことは考えず、息を「吸うこと・はくこと」だけに意識を集中させることが効果を高めるコツです。

3.軽い運動やストレッチをする

新鮮な空気を体内に取り込むことでリラクゼーション効果があるため、軽い運動やストレッチをしましょう。

また、脳の血流が良くなることでセロトニンというホルモンが増えることが期待できます。

セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれ、ストレスの緩和につながります。

  • ウォーキング
  • 軽いランニング
  • サイクリング

上記のような軽い有酸素運動が特に適しています。

ストレスでつらくなった時は身体を動かす気分転換が効果的です。

4.しっかりと睡眠をとる

睡眠には心身の疲労を回復させる効果があります。

また、睡眠により脳が休まると自律神経の働きも整うため、ストレスの回復や耐性を高める効果も期待できるのです。

仕事に追われているときはついつい睡眠時間を犠牲にしてしまいますが、逆効果です。

  • パソコンやスマホは寝る2時間前までにする
  • 入浴時にはぬるめのお湯に浸かる
  • アロマや音楽を聴く

これは睡眠の質を高めるおすすめの方法です。

睡眠の時間が長く取れなければ質を高めて効果を増幅させましょう。

5.気の知れた友人と遊ぶ

気の知れた友人と遊ぶ

仲のよい友人と遊ぶことによって、リフレッシュができ、ストレスを解消することができます。

また、ひとりでいないことで安心感が生まれます。

  • ストレスの要因から離れて過ごす
  • ストレスについて話を聞いてもらう
  • 安心できる空間を作ってもらう

仲のよい友人と過ごすことで、いつもの自分との違いを気づいてもらえたり、アドバイスをもらえることもあります

仕事で吐きそうになっているストレス状態を、客観的にみてもらうのも大切です。

一緒に過ごしてもらうだけで気持ちが晴れやかになり、ストレス軽減となります。

6.旅行や温泉で身体と心を癒す

旅行でいつもと違う空間に行くことで、心を占めていたストレス感情が解消されます。

温泉などに入ってリラックスすることで、仕事で吐きそうな状態の心身ともに疲れを癒すことが可能です。

  • 景色が綺麗な場所に行く
  • 自然豊かなところに行く
  • 日常から離れた場所に行く

行った場所に「共鳴」して心が豊かになります。

ストレスで硬くなった心をほぐし、ストレスが消えていくでしょう。

7.大きな声を出す

仕事のストレスで吐きそうになるくらいメンタルが追い込まれている時は、大きな声を出してみてください。

大声を出すことによって脳が刺激され、心と体をリフレッシュすることができます。

むしゃくしゃしたときに大声で叫ぶと少しスッキリしたという経験はよくある話です。

  • ひとりでカラオケに行く
  • ライブやコンサートに行って盛り上がる
  • 山に登って大声で挨拶する

大声を出すことで体内に酸素を多く取り込み、血液のめぐりをよくできます

まずは今すぐ、お腹から声を出してみるといいでしょう。

8.趣味やプライベートに集中する

仕事のことやいろいろな悩みを全て忘れて、没頭できる時間を確保しましょう。

好きなことをする時間や、プライベートを大切にすることでストレス発散になります。

  • 頭を空っぽにして音楽を聴く
  • 好きな漫画や小説をゆっくり読む
  • 旅行をする

このように、仕事から離れて自分の好きなことに集中する時間を積極的に確保してください。

好きなことをすることは、心の栄養補給になります。

心の栄養は、ストレス解消の重要なポイントになります。

9.転職をする

仕事のストレスが原因で吐きそうになってしまうのであれば、今の環境を変えることが必要です。

そのストレスが、仕事上の人間関係であれば、あまり人と関わらなくていい仕事への転職を考えてみるとよいでしょう。

  • プログラミング
  • ライティング
  • 会計などの資格

上記のようなスキルや資格を身につけると転職の幅が広がり、満足のいく結果に結びつきやすいです。

まずはこの期間にスキルの習得という目標を見つけ動き出すとよいでしょう。

10.何をやってもダメなら医療機関や専門家に相談する

仕事で吐きそうになるまでためたストレス。
これを解消するために動く気力すらないという場合は、医療機関や専門家への相談をお勧めします。

何をやってもダメだからといって、ひとりで抱えていてはいけません。

  • 精神科
  • 心療内科
  • ストレスクリニック

など、特化した医療機関はたくさんあります。

医療機関や専門家では、状態に合わせて適切なアドバイスと処方が受けられます

何をやってもダメ、そんな時はお近くのクリニックを受診しましょう。

まとめ:仕事に行く前に吐きそうになるのはSOSのサイン!早めに対処することが大切

仕事に行く前から吐きそうなほどの精神的苦痛を感じている状況は、心と身体のSOSなサインです。

そのほかの症状が出たり周りの人への影響が及んだりと、さらに深刻な状況になる前に、早めの対処をしましょう

  • ストレスの症状を理解する
  • ひとりで抱え込まず相談する
  • 今の環境を変えるための行動をする

どうしても今の環境がつらいのであれば、転職も視野に入れて早めの準備が必要です。

今の状況をひとりで抱え込まずに、少しずつ状況を改善する方法を探しましょう。

エンジニア転職のプロがマンツーマンで悩みを解決! 累計卒業生数3,000人以上* 転職成功率98%* *2020年4月時点

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中

無料カウンセリングに申込む

\プログラミングスクールを比較/

DMM WEBCAMP

COACHTECH

RUNTEQ

DMM WEBCAMP COACHTECH RUNTEQ
目指せる姿 WEBエンジニアへの転職
フリーランスエンジニア WEBエンジニアへの転職
分割払い
補助金 ×
転職保証 × ×
受講期間 12週間〜 3ヶ月〜 5ヶ月〜
特徴 【IT業界の転職を一番に考えたい方向け】
大手DMMが運営のプログラミングスクール
転職成功率98.8%
豊富なキャンペーンや補助金制度あり
【フリーランスを目指したい方向け】
フリーランスのエンジニアを最短で目指す
エンジニアと共に実際の案件開発を担当
【とことん勉強してから転職したい方向け】
1,000時間(約9カ月)のカリキュラムでしっかり勉強
企業の求める即戦力のWEBエンジニアを目指す
料金 329,350円〜
※給付金適用後
42万9,000円~ 55万円

公式HP

公式HP

公式HP

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2024 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5