【必見】人間関係をよくするためのコツ12選!人間関係に疲れたときの3つの対処法も紹介 | WEBCAMP NAVI
【6月の受講枠も残りわずか】

【必見】人間関係をよくするためのコツ12選!人間関係に疲れたときの3つの対処法も紹介

人間関係をよくするためのコツ12選!

「人間関係がうまくいかないから、よくなるコツを知りたい。」
人間関係で悩んでしまうけど、どうすればいいのかわからない。

と思うことはありませんか?

人間関係が思うようにいかず、円滑な人間関係を築こうとしてもどうすればいいのか迷ってしまいますよね。

では、人間関係がよくなるコツにはどのようなものがあるのでしょうか?

そこで今回は、

  • 面倒くさい人間関係に振り回されないコツ
  • 人間関係をよくするためのコツ
  • どうしてもうまくいかないときの解決策

について詳しく解説します。

この記事を読めば、よい人間関係の築き方がわかり、人間関係の悩みもなくなります。

人間関係を良好にしたい人はぜひ最後まで見てください。

人間関係が面倒くさい!まわりを気にしないためのコツ5つ

必要のない議論か繰り返されている会議の様子

人間関係がうまくいかないときに、多くの人は人間関係に対して面倒くさいと感じます。

その主な原因は周囲の視線を気にしすぎていることです。

ここでは、良好な人間関係を築くために必要なまわりを気にしないコツを5つ紹介します。

  1. 人間関係は難しいと割り切る
  2. 全員に好かれないようにする
  3. 評価を気にしないようにする
  4. 嫌なことはNOと断る
  5. 相手に期待しすぎない
順に説明するので、人間関係が面倒くさいと悩む人はぜひ参考にしてください。

1.人間関係は難しいと割り切る

始めから人間関係は難しいものと考えることで、人間関係に悩まされづらくなります。

たとえば、誰も解けた人がいない問題を解けないからといって、落ち込むことはないでしょう。

これと同じで、最初から人間関係が難しいとわかっていれば、自分が人間関係をすべてコントロールできるはずがないと理解できるはずです。

人間関係が面倒だと感じる人は、まずは人間関係とは難しいものであると何度も自分に言い聞かせましょう。

2.全員に好かれないようと思わない

全員に好かれようとするのを諦めましょう。

人間関係に疲れている人は、全員に好かれようとしている可能性があります。

そうした人は自分が意識する相手を減らすほど、疲れがなくなるのは明白です。

  • その人間関係にどんなメリットがあるかを考える
  • そもそも全員から好かれるのは不可能と理解する
上記のことができれば、無理に全員から好かれようとも思わなくなるでしょう。

そもそも、多くの人と関係を築こうとしても浅い関係にしかならず、それぞれの関係から得られるメリットは少ないはずです。

また、全員とつながろうと懸命に頑張っても、あなたをよく思わない人は少なからず存在します。

人間関係が面倒くさいと感じる人は、上記の方法で全員から好かれようとするのを辞めましょう。

3.評価を気にしないようにする

周囲からの評価はできるだけ気にしないようにしましょう。

まわりからの評価を気にしては、その人たちを意識しすぎて人間関係が息苦しくなってしまいます。

周囲からの評価を意識しないようにするコツは以下のとおりです。

  • 過去の自分を超えることを目標にする
  • 能力を高めることに没頭する
過去の自分を超えるのを目標に能力を高めれば、自然とまわりからの評価を気にせずにすみます。

周囲の評価をまったく気にしないのはよくないのではと思う人もいるでしょう。

しかし、自分の成長を考え続けていたら、結果として成果もついてくるので問題ありません。

以上のように、周囲からの評価を気にしすぎないようにすることで、疲れもなくなるでしょう。

4.嫌なことはNOと断る

嫌なことははっきりと断るのも、人間関係で悩まないためのコツです。

たとえば、下記のような場面はよくあることでしょう。

  • 飲み会や食事に誘われて、行きたくもないのに行く
  • たまの休日にゆっくりしたいのに、仕事や用事を頼まれる
こうした嫌なことまですべて引き受けていたら、その原因である人間関係に対してめんどうくさく、辛いものだという印象にもなってしまいます。

相手を怒らせずに断るコツは下記のとおりです。

  • まずは誘いや依頼に感謝する
  • 断る理由をしっかりと伝える
  • しっかりと謝罪をする
  • 自分が代わりにできそうなことがないか考えてみる
ただ断るだけでは相手に不快感を与えることがあります。

そのため、誘いには感謝して断る理由を伝えたうえで、自分に手伝えそうなことがあれば提案しましょう。

人間関係に面倒くさいと感じている人は、断る勇気を持ってみてください。

仕事の断り方の5つのポイントを紹介!断るメリットや断れない人の心理も解説

5.相手に期待しすぎない

相手に期待しすぎないのも人間関係で疲れないコツです。

相手への期待値を高めすぎると、自分が思うように動いてくれないときに余計にがっかりしてしまいます。

相手に期待しないようにするコツは下記のとおりです。

  • 見返りを求めない
  • 自分ができることにのみ集中する
ただし、あくまで相手への期待値を下げるだけであって、決して見下さないように注意しましょう。

見下さないように注意して、上記のことを意識さえすれば、相手に依存しないようになります。

人間関係に疲れる人は、まず相手への期待値を下げ、自分にできることを考えましょう。

崩れかけた人間関係を戻すには?関係修復を目指せるコツ12選

崩れかけた人間関係を戻す方法

今ある関係をもっと円滑な人間関係を築きたい、関係を修復したいという人は多いでしょう。

そうした人に知ってほしいのは、コミュニケーションの取り方ひとつで相手に与える印象が一気によくなるということです。

しかし、多くの人は人間関係がよくなるコツを知りません。

そこで、ここでは人間関係をよくするコツを12個紹介します。

上記のことをすべて意識できれば、ほとんどの人との人間関係もうまくいくはずです。

いきなりすべてを実践できなくても、1つずつ自分にできそうなものから実践してみましょう。

以下で詳細に説明するので、人間関係をよくしたい人は参考にしてください。

1.挨拶をする

まずは挨拶することを心がけましょう。

挨拶は人間関係の基本で、挨拶をされて嫌な気分になる人などほぼいません。

挨拶を今まで疎かにしていた人は、以下のことを意識すれば、相手に好印象を与えられます。

  • 大きな声でトーンも上げる
  • 必ず先に自分からする
  • 姿勢や背筋は伸ばす
今まで挨拶しなかったのに、急に挨拶するのが恥ずかしい人もなかにはいるでしょう。

そうした人は、まず身内や友人から挨拶してみるのがおすすめです。

慣れてきたら、徐々に会社や近所の方にもしてみるといいでしょう。

挨拶は人間関係をよくするうえでは欠かせません。

2.笑顔で接する

笑顔は人間関係をよくするうえでは必須です。

笑顔を向けられて、嫌な人はいませんし、むしろ印象は格段によくなります。

自然な笑顔を作るコツは下記のとおりです。

  • 口角を上げて上の歯を見せる
  • 目尻が下がるメイクをする
あまり笑わないで他人と接する人は、無意識のうちに仲良くしたいと思っている相手にも悪印象を与えている可能性があります。

まずは、鏡を見て自然な笑顔を作る訓練をしてみましょう。

笑顔で接するようになると、相手の方からも歩み寄ってくれるはずです。

3.感謝を忘れない

人間関係をよくするうえで、意外と忘れがちなのが感謝です。

感謝を忘れていると、相手もどんどんあなたから離れてしまいます。

相手が何か手伝ってくれたときなどは必ず感謝をしましょう。

感謝を習慣化するコツは以下のとおりです。

  • 些細なことでも必ず感謝する
  • 苦手なことをやってみる
  • 感謝の日記を書く
普段は人に任せているような苦手なことをやれば、ありがたみも感じるようになるでしょう。

また、感謝の日記を書くとは、自分がありがたいと感じた場面を振り返りノートに記すことです。

こうすることで、以前よりありがとうと言えるようになり、人間関係もうまくいくようになったという人も多くいます。

良好な人間関係を作りたい人は、感謝することを習慣にしましょう。

4.相手の話をよく聞く

相手の話は遮らずに、最後までよく聞きましょう

聞き上手な人になれば、相手の気分もよくさせられるので、職場でもプライベートでも得をします。

相手の話を聞くときのコツは下記のとおりです。

  • 相槌を適度に打つ
  • 相手に目を合わせる
  • 相手の方に身体を向ける
  • 相手の話を否定から入らない
上記のことを意識したうえで、全体的に相手に8割以上は話してもらうようにしましょう。

そうすれば、相手もあなたに何でも話したくなるようになり、いい関係が築けるようになります。

相手といい関係を築きたい人は、話すよりも聞くことに重視しましょう。

5.身振り手振りを使う

相手とコミュニケーションを取るときは、言葉だけではなくジェスチャーも使いましょう。

ジェスチャーも混ぜることで、相手とコミュニケーションをより真剣に取ろうとしているといった印象を与えられます。

ジェスチャーとしては以下のようなものがあるでしょう。

  • 首を大きく振る
  • 手を大きく広げる
  • 適度なスキンシップ
また言葉だけでは伝わらないことも、身振り手振りの視覚情報が入ることで、相手にも伝わりやすくなります。

ジェスチャーはコミュニケーションも円滑に進ませられるので、相手とうまく意思疎通が取れるでしょう。

人間関係をよくするためには言葉だけではなく、身振り手振りも重要です。

6.相手への連絡は丁寧にする

相手への連絡は丁寧にする

職場の人間関係でとくに重要ですが、連絡対応は丁寧におこないましょう。

メールや電話のやり取りはあなたへの信頼に直結します。

  • 返事はできるだけ早く返す
  • 要件と結論から先にまとめる
  • 曖昧な表現はしない
上記のことが意識できれば、会社の人とは人間関係もうまくいくでしょう。

プライベートなやり取りの場合でも、すぐに返事を返すだけで、相手は喜んでくれます。

連絡のやり取りは、互いに信頼できる良好な関係を作るのに重要です。

7.悪いときは素直に謝る

自分が間違ったときや、相手に失礼なことをしたときは素直に謝りましょう。

きちんと謝ることで、相手に誠実な印象もアピールできます。

自分から相手に謝らなければ、相手も怒ってしまいますし、いい関係は築けません。

謝るときは、ひとまず以下のことを意識しましょう。

  • 理由や原因の説明より先に謝罪の言葉を言う
  • できるだけ直接謝る
  • しっかりと頭を下げる
  • 言い訳はしない
上記を徹底するだけで、相手の目にはあなたが誠実に映りますし、許してもらいやすくもなります。

また、きちんと謝れば、あなたとこれからも一緒にいたいと相手も思うようになるはずです。

悪いことをしたときは素直に謝るのも、よい人間関係を作るための鉄則です。

8.相手の承認欲求を満たす

相手の承認欲求はできるだけ満たしてあげましょう。

具体的には、相手に自己重要感を持たせるのが重要です。

誰しも人から認めてもらいたい、自分が重要な人物でありたいといった気持ちを抱いています。

そこで、その心理をうまく利用してあげれば、相手もあなたとずっと関係を保ちたいと思うようになるでしょう。

  • 相手の努力や成果はとことん褒める
  • 相手の変化には気づいてあげる
  • 相手の興味や関心を知る
仲良くなりたい人や、うまくいかなかった人とも、上記のことを意識すればたちまち関係もよくなっていくはずです。

相手といい人間関係を築きたいなら、まずは相手のことを認めて褒めてあげましょう。

9.話のスピードや間を合わせる

話のスピードや間を相手に合わせるのも、人間関係をよくするうえでは重要です。

相手が話しやすい環境を作ってあげることで、相手もあなたに心を許してくれやすくなります。

具体的には、以下のような方法が有効でしょう。

  • 相手が言葉に詰まっても待ってあげる
  • 会話を先読みして、自分から言わない
話のテンポを合わせてあげると、相手も自分からもっと深い話を話したいと思うようになるはずです。

そうなれば、あなたといると心地よいと感じてくれ、いい人間関係も構築できるでしょう。

10.ネガティブな言動を見せない

ネガティブすぎる発言などは控えましょう。

あなたがネガティブな態度ばかり取ると、まわりの人もあなたといても気分が暗くなるだけなので、次第に離れていくようになります。

ネガティブな言動を辞める方法は下記のとおりです。

  • 嫌な原因は紙に書きだす
  • ポジティブな人と頻繁に話してみる
  • 自分のよいところに焦点を当てる
  • 自分が前向きになれる予定で埋める
もちろん、ストレスも溜まりすぎるのもよくないので、あまりにも辛いときには弱音を吐きましょう。

しかし、日頃のちょっとしたことで愚痴や不満を言っていると、まわりともいい関係を築けません。

11.距離をいきなり詰めすぎない

親しい関係を築きたいときは、いきなり距離を詰めすぎないようにしましょう。

第一印象は肝心で、いきなり相手の嫌な話題などに触れてしまうと、相手が2度と心を開かなくなることもあります。

「相手がどの程度の距離感でいたいか」について配慮することが重要です。

いい関係を築きたいときは、相手の出方や反応をよく見極めましょう。

人間関係 煩わしい 人間関係を煩わしいと感じる人の特徴とは?程よい関係を保てる10個の秘訣を解説

12.相手のためになることを考える

やはり人間関係をよくするうえで、相手のために行動するというのは外せません。

相手のためになるように行動していたら、相手もあなたのために動いてくれるようになります。

相手のためになる行動とは、例として以下のようなものがあるでしょう。

  • 相手の仕事などの手伝いをしてあげる
  • 相手が悩んでいるなら相談に乗る
ただ相手の言いなりに動くのではなく、相手の欲しいと思うタイミングで手を差し伸べるのが重要です。

相手のためを思う行動が自然とできるようになれば、相手とよい関係も築けるでしょう。

そもそも人間関係がうまくいかない7つの原因

人間関係がうまくいっていない様子

人間関係というのは、築くのが難しくても崩れるのは一瞬です。

ここでは人間関係を一瞬で悪くしてしまったり、うまく人間関係がいかなくなるような原因を7つ紹介します。

心当たりがある人は、改善するといいでしょう。

  1. 陰口や悪口を言う
  2. プライドが高すぎる
  3. 人の目を気にしすぎている
  4. 自己中心的な考えをする
  5. 環境が合ってない
  6. 相手によって態度を変える
  7. コミュニケーションが苦手
順に1つずつ説明していきます。

1.陰口や悪口を言う

他人の悪口を言う人はまわりといい人間関係を築けません。

もちろん本人の前で悪口を言うのは関係を悪化させるのは当然です。

しかし、陰口も本人にばれなければよいというわけではありません。

陰口を言っていると、聞いている相手も「私も陰口を言われているのではないか」と不安になり、あなたと積極的に関わってくれなくなります。

  • ○○さんは仕事が遅くて使えない
  • ○○さんはいつも自分勝手だ
  • ○○さんは空気が読めない

上記のような悪口を言っているようでは、誰もあなたと信頼しあえるような関係を築けないでしょう。

単なる悪口ではなく、根拠が伴った意見を本人に直接言う場合は問題ありません。

しかし、個人的な感情をただぶつけるような悪口は人間関係を悪化させます。

2.プライドが高すぎる

プライドが高すぎる人は、まわりと人間関係をよくするのは無理でしょう。

プライドが高すぎる人は、客観的なアドバイスも受け入れない傾向にあります。

そうなると、誰もあなたを指導もしてくれないし、近寄ってもくれません。

  • 負けず嫌いすぎる
  • 冗談が嫌でいじられたくない
  • 身近な人が成果を出すのが認められない
こうした特徴のある多くの人はプライドが高いです。

プライドが高いと、他人が結果を出しても素直に祝福できなくなります。

そうなると、あなたが結果を出しても認めてくれないし、あなたに近寄ってもくれません。

プライドが高いとは、よい人間関係を築くうえでは不利に働きます。

3.人の目を気にしすぎている

周囲の目を気にしすぎる人は、いい人間関係を築けません。

周囲の目を気にしすぎる人は、まわりの人の多くから評価を貰おうと必死になりがちです。

また、人の目を気にしすぎる人は相手との関係自体よりも、多くの人と繋がっているという見栄えを気にすることもあります。

しかし、そうした態度は以下のような事態を招くでしょう。

  • 性格や価値観が合わない人とも、無理に仲良くなろうとする
  • 評価を集めすぎようとする態度自体が嫌われる
そうして無理に好かれようとして得た関係からは信頼できるような人間関係は生まれません。

それに、相手も「他人から評価されたい」というあなたの真の意図を見抜いて、素っ気ない態度をすることも考えられます。

まわりの目を気にしすぎる人は、良好な人間関係を築けません。

4.自己中心的な考えをする

当然ですが、自己中心的な考えをする人はいい人間関係を築けないでしょう。

私利私欲のために動く人に協力も、信頼もしてくれるはずがありません。

自己中心的な考えをする人にありがちな特徴は以下のとおりです。

  • 約束やルールを守らない
  • 自分の興味や関心のないものはスルーする
  • お願い事はするのに他人の依頼はほとんど拒否する
ただ自己中心的な考えの人は、自覚がないことも少なくありません。

そのため「自分は何も悪いことをしてないのに」と、他人のせいにすることもあります。

気づきにくいため厄介ですが、自己中心的な人は人間関係を築けないのだと、しっかり理解しましょう。

5.環境が合ってない

環境がそもそも合ってない場合は、人間関係もうまくいきません。

これは、あなたのせいではない場合も多くあるので、直さないといけないと必死になる必要はないです。

環境が合ってないとは、たとえば以下のようなものがあるでしょう。

  • 職場などでいじめを受けている
  • 自分と価値観の合わない人が多い
1つ目のような環境で人間関係がうまくいかないのは当たり前ですが、2つ目も意外と重要です。

あなただけやる気があり、周囲の人間はやる気がなさすぎる環境がいい例です。

このようなやる気のなさすぎる集団では、あなたが浮いたり、のけ者にされることもあるでしょう。

以上のように、環境が合わなさすぎると、人間関係もうまくいきません。

6.相手によって態度を変える

相手によって態度を変える人に良好な人間関係は築けません。

常識的に考えて、まわりからそうした人が嫌われるのは当然です。

相手によって態度を変える人には以下のような特徴があります。

  • 損得でものごとを考えている
  • 自分だけ評価されればいいと考えている
職場でも学校でも、目上には媚びを売り、立場が下だとみなす人には横柄な態度を取る人に、よい人間関係は築けないでしょう。

7.コミュニケーションが苦手

コミュニケーションが苦手な人は人間関係を築くのも時間がかかってしまうことがあります。

何を考えているのかをうまく伝えられないため、相手もあなたに心を開いてくれません。

コミュニケーションが苦手な人には以下のような特徴があります。

  • 視線を合わせられない
  • 自分に自信が持てない
  • 口を開けば自分のことばかり話す
しかし、ほんの少しコミュニケーションの練習をするだけで、上記のような状態は改善される可能性もあります。

とはいえ、コミュニケーションを訓練しないままでは、孤立する可能性は高くなるでしょう。

どうしても人間関係がうまくいかない!心が疲れたときに覚えておくべき3つのコツ

心が疲れたときに覚えておくべき

世の中にはどうしても気難しくて、人と明るく接しようとしない人もいるでしょう。

どれだけ努力してもそうした人と人間関係がうまくいかずに、疲れるときもあるはずです。

そうした場合は、いい人間関係を築こうとするのを辞めて、違った方法で解決するがよいでしょう。

  1. できることを増やして自信をつける
  2. 信頼できる人に相談する
  3. 環境を離れる
どうしても人間関係に悩んでいる人は、上記の3つを試してみてください。

順に1つずつ説明していきます。

1.できることを増やして自信をつける

できることを増やし、自信がつくと心に余裕もできるでしょう。

他人への依存度も下がり、他人との人間関係に楽しみや快感を見出すのではなく、自分の成長に集中できるからです。

そして、心に余裕もできれば、人間関係にもあまり疲れることはなくなります。

  • 職場で必要なPCスキルを磨く
  • 英語が好きなら資格の取得に挑戦する
何も見つからないという人は趣味から派生して、スキルアップにチャレンジしてみるといいでしょう。

できることを増やすのは、人間関係で疲れたときにおすすめです。

2.信頼できる人に相談する

人間関係がうまくいかずに疲れたときは、誰かに相談するのもいいでしょう。

ストレス解消にもなりますし、新たな解決策も得られる可能性があります。

相談するときは、以下の内容を話すといいでしょう。

  • 自分がどういう人との人間関係に悩んでいるのか
  • 相手ならどのように解決するのか
  • 自分に何か悪そうな点はないか
相談するときは、家族や職場の仲のいい同僚などに相談するのがおすすめです。

人間関係がうまくいかないときは、相談して他人の意見を取り入れると、悩みも解決することがあります。

3.環境を離れる

環境自体が合ってなくて、自分の力だけでは改善できないときは、環境から離れるのがいいでしょう。

環境が合っていないのに我慢し続けても、ストレスが溜まる一方です。

具体的には以下のような対策があるでしょう。

  • 職場が合ってないなら転職や退職
  • 近所関係がうまくいかないなら引っ越す
上記のようなレベルまで勇気が出ないという人は、合わないと思った人を完全に無視したり、距離を取るのも1つの手段です。

環境が合わないと感じたときは、無理をせずにそこから離れるなどの対策を考えましょう。

まとめ:まずは人間関係をよくする方法を試そう!限界なら環境を変えることも視野に入れるべき

人間関係がうまくいかない、さらにいい関係を築きたいという人は、まずは自分から関係をよくする方法を試しましょう。

他人から人間関係をよくしてもらうのを待つのではなく、自分から努力するのが大切です。

人間関係をよくしたいときは以下のことを思い出しましょう。

  • まわりは気にしすぎずに、相手に期待しすぎない
  • 明るく誠実な振る舞いを心がける
  • 相手のことを考えた言葉がけや、行動を心がける
  • どうしても限界なときは環境から離れる

自分が努力できることはするべきですが、その環境にいる人とどうしても合わないときもあるはずです。

そういうときは、その環境から離れることも考えましょう。

上記の内容を参考に、人間関係を改善してみてください。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点