【徹底検証】Webデザインを使って働くメリット9つとデメリット6つを解説 | WEBCAMP NAVI
【7月の受講枠も残りわずか】

【徹底検証】Webデザインを使って働くメリット9つとデメリット6つを解説

webデザイン メリット

「Webデザインを使って働きたいけど、メリットとデメリットは何だろう?」
「Webデザインを学ぶことで、どういった良いことがあるのかな?」

と思うことはありませんか?

Webデザインに興味があっても、メリットがわからないと学びにくいですよね。

では、Webデザインを学んで得られることはどのようなものがあるのでしょうか?

そこで今回は、

  • Webデザインを使って働くメリット
  • Webデザインを学ぶことで得られること
  • Webデザインを使った仕事につくデメリット

について詳しく解説します。

この記事を見ればWebデザインで働くメリットとデメリットがわかり、自分にあった仕事かどうかわかります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

Webデザインの仕事とは?5つのポイントを解説

Webデザインの仕事

Webデザインとは、インターネット上のホームページをデザインして作成する仕事のことです。

Webデザインの流れとポイントは以下の通りです。

  1. クライアントから制作物のヒアリングをおこなう
  2. Webサイトの構成を練る
  3. Webサイトのレイアウトを決める
  4. Webサイトのデザインをする
  5. Webサイトのコーディングをする

それぞれ詳しく解説していきます。

1.クライアントから製作物のヒアリングをおこなう

Webデザインをするときは、まずクライアントから要望を詳しく聞きだします。

作成物がクライアントの事業やニーズにきちんと合っていなければ、作成する意味がないからです。

なんのためにWebサイトを作るのか」というクライアントの背景を理解することが大切でしょう。

ヒアリング前に、聞くべきことをまとめたヒアリングシートを作っておくと聞きもらしがなく安心です。

2.Webサイトの構成を練る

続いて、ヒアリングした内容を元にWebサイトの大まかなレイアウトを決めます。

トップページの下に下層ページがどのようにつながっているかをまとめるディレクトリマップを作ることが多いです。

訪問したユーザーにとって使いやすく、クライアントが期待する効果を最大限発揮できる構成にする必要があります。

パワーポイントやエクセルでWebサイトの構成を作成する人が多いです。

3.Webサイトのレイアウトを決める

Webサイト全体の構成が完成したら、どこになにを配置するかのレイアウトを決めます。

一例ですが、以下のようなものの配置場所を検討します。

  • ヘッダー
  • フッター
  • サイドメニュー
  • グローバルメニュー

ユーザーが目的としている情報にたどり着きやすいレイアウトがよいです。

手書きやIllustratorを用いてWebサイトのレイアウトを作成します。

4.Webサイトのデザインをする

Webサイトのレイアウトまで決定したら、サイトの色合いや装飾のデザインを決めます。

サイト全体を通して、統一されたデザインにする必要があります。

以下のようなソフトを使って作業をおこないましょう。

  • Photoshop
  • Illustrator

配色やロゴ、アイコンなどを作成します。

クライアントに適宜確認を取りながらデザインの作成をすることになるでしょう。

5.Webサイトのコーディングをする

クライアントの確認がとれたら、実際にWebサイトのコーディングをしていきます。

コーディングについては専門のプログラマーに外注するWebデザイナーも多いですが、知識を持っていた方がWebサイトの作成がスムーズです。

ほとんどのWebサイトは以下の言語でコーディングされています。

  • HTML:文章や画像の表示
  • CSS:フォントや文字サイズなどの指定
  • JavaScript:サイトの動き

Webサイトのコーディングまで済んだら、納品となります。

Webデザインを活かした仕事のやりがいはコレ!9つのメリット

Webデザインで得られるメリット

Webデザインを活かした仕事には多くのメリットがあります。

手に職がつくので、Webデザインへの好奇心と熱意があれば好きな働き方が選べる職業といえます。

自分の作成したサイトがクライアントやユーザーの役に立っているのはうれしいものです。

Webデザインの9つのやりがいを詳しく説明していきます。

1.Web制作に必要な専門的スキルを身につけられる

Webデザインを学ぶことで、Web作成のために必要なさまざまなスキルが身につきます。

なぜなら以下のような知識を網羅的に習得しないと、Webデザインはできないからです。

  • 文章作成や構成スキル
  • デザインスキル
  • プログラミングスキル
  • 画像の作成スキル
  • パソコンの操作スキル

それぞれのスキルは奥が深いので、専門知識が身につきやりがいにつながるでしょう。

2.マーケティングスキルを身につけられる

最近のWebサイトは、ユーザーの使いやすさを最優先で作られています。

そのため、ユーザーの傾向を把握するマーケティングスキルが必須です。

ユーザーのデータを解析しつつWebサイトを作成できる人材は需要も高いでしょう。

身につけておけばキャリアップや転職の際に有利になるので、マーケティングスキルが身につくことは大きなメリットといえます。

3.場所を選ばず仕事ができるようになる

Webデザインは、パソコンとネット環境さえあればできる仕事がほとんどです。

自宅やカフェ、公園でも仕事ができ、通勤時間もなくなるため、自分の時間が増えます。

満員電車のストレスから解放されるのもメリットの1つです。

海外に住みながら、日本のクライアントの案件に取り組むこともできます。

4.勤務時間が縛られない

フリーランスでWebデザインを仕事にすれば、勤務時間が自由になります。

何時に起きてもよいですし、仕事に疲れたら自由時間を取れるのです

自分の好きなときに働けるので、人生の満足度が上がります

勤務時間が縛られないため、プライベートも充実し仕事のやりがいにつながるでしょう。

5.人間関係の悩みが少ない

上司や後輩がいないため、人間関係に悩むことはほとんどありません。

クライアントとはきちんとコミュニケーションを取る必要がありますが、その頻度も多くはないでしょう。

1人で黙々と仕事に取り組みたい人にとってはメリットです。

人の悩みのほとんどが対人関係であることを考えると、ストレスが少ない生活を送れます。

人間関係をよくするためのコツ12選! 【必見】人間関係をよくするためのコツ12選!人間関係に疲れたときの3つの対処法も紹介

6.スキルがあるので転職しやすい

Webデザインができるということはデザイン以外にも文章力やプログラミング知識を持つ証拠です。

スキルがあるので、Webデザイナーとしての転職は比較的簡単でしょう。

たとえば、プログラミングスキルを突き詰めればプログラマーとしても活躍できるでしょう。

スキルを身につければ自分で仕事を選べるようになるため、やりがいにつながります。

7.Web上でパラレルワークができるようになる

Webデザインができるようになると、複数の収入源を得るベースとなります

たとえば以下のような方法です。

  • ブログで収益を得る
  • 撮影した写真や加工した画像を販売する
  • アプリやサイトを作って収益を得る

クライアントのWebデザインをしつつ、自分でも稼ぐ方法を確立すればさらに自由に生活できるでしょう。

Webデザインをしながら、自分の得意分野を発見できるとよいです。

Web上でパラレルワークができるようになると、ますますやりがいが増すでしょう。

8.技術次第では独立も可能

年々、Webサイトの需要は高まっており、Webデザインのニーズは増えています

経験が浅いうちは会社に勤め、技術や知識を磨き自信がついてから独立したフリーランスのWebデザイナーも多いです。

独立すると営業や事務作業なども自分自身でおこなう必要がありますが、仕事や生活の自由度は高まります。

独立してフリーランスになれるのは、メリットといえるでしょう。

9.フリーランスであれば、働けば働くほど収入を得られる

給料が決まった会社員と違い、フリーランスなら案件を増やせば増やすほど収入も増えるでしょう。

自力で案件を取り、好きなだけ働きたい人にはメリットであるといえます。

案件の金額も自分で設定できるので、実力とともに収入はますます増えるでしょう。

たくさん稼ぎたい人にとってWebデザインは夢とやりがいがある仕事です。

フリーランス 仕事探し フリーランスの仕事探しをわかりやすく伝授!仕事選びのポイントや自分を売り込む方法を解説

Webデザインを仕事にするデメリットを6つ紹介!やめとけと言われる理由とは

Webデザインを仕事にするデメリット

Webデザインを仕事にしようというと、「やめとけ」と言われることが多いのも事実です。

その原因になっている6つのデメリットを紹介します。

  1. 残業が多い
  2. 収入が低い傾向にある
  3. 知識のアップデートが欠かせない
  4. 実力によって収入が変わる
  5. Webデザイナーはキャリアパスが限られる
  6. フリーランスであれば、デザイン以外の雑務もおこなう必要がある

困難も多いため、Webデザインに対する熱意がないと挫折の原因になります

仕事の募集が多いのは、その分辞める人も多いからだと考えられます。

Webデザインを学ぶ目的をきちんと定めておかないと継続が難しいでしょう。

ひとつずつ詳しく解説していきます。

1.残業が多い

Webデザインの仕事は締め切りに追われることが多くなります。

クライアントからの納期や要望に応える必要があるからです。

突然の修正依頼によって大幅な内容変更が必要になり、終電ギリギリに帰る日や、休日出勤も多くあるでしょう。

残業が多いため、体力や時間に制限のある人には難しい仕事であるといえます。

【お悩みの方必見】仕事で残業しないための9つのコツと3つ解決策を解説

2.収入が低い傾向にある

Webデザインの仕事は、月の手取りが15万円前後の場合も多いです。

前述の通り、残業も多いため過酷な労働環境であるといえます。

「将来のキャリアアップのための下積みとして今は頑張る」と目的を明確に定めないと、続けていくのは難しいでしょう。

収入が少ない傾向にあるため、経験を早めに積み条件のいい会社に転職したり、フリーランスになる人も多いです。

3.知識のアップデートが欠かせない

Webデザインの仕事は覚えることが非常に多く、その技術は日々進歩し、使われるものも変わっています。

多くの知識をアップデートしていかなければ、クライアントからの要望に応えるのは難しいでしょう。

知識が追い付かず、Webデザイナーを辞める人もいます。

仕事をしつつ、知識のアップデートを継続する必要があるので好奇心がないと難しいです。

4.実力によって収入が大きく変わる

Webデザインの仕事は多くのスキルを身につけた実力のある人のところに仕事が集まります

身につけるスキルの範囲が広く奥が深いため、Webデザイナーによってかなり実力差があります。

実力のある人に仕事をお願いしたクライアントの満足度は高く、口コミなどでますます実力のある人の仕事は増えていきます。

実力によって仕事量が異なる結果、収入が大きく変わってしまうのです。

5.Webデザイナーはキャリアパスが限られる

Webデザイナーから転職を考える原因のひとつに、キャリアパスが限られることがあげられます。

Webデザイナーからキャリアアップしてなれる役職のほとんどは、いずれも仕事内容が類似しているからです。

Webデザイナーからキャリアアップしてなれる役職は以下のようなものがあります。

  • Webディレクター
  • クリエイティブディレクター
  • プロジェクトマネージャー

それぞれ名前は違うものの、担当業務はほとんど同じです。

キャリアアップ先が少ないことは、Webデザイナーを続けたい人にとってデメリットといえるでしょう。

6.フリーランスであれば、デザイン以外の雑務もおこなう必要がある

フリーランスになると以下のような業務も自分自身でおこなう必要があります。

  • 事務処理
  • 営業

とくに営業は収入に直結しますが、向き不向きがあります。

事務処理は経理の計算なども含むので、苦手な人も多いでしょう。

どんなによいWebデザインができても、営業や事務処理ができなければ仕事を完結できません。

デザイン以外のことも勉強しなくてはならないのはデメリットといえるでしょう。

Webデザインで生きていくなら覚えておきたい3種類の働き方

Webデザインを使うことで大切になる考え方

Webデザインで生きていくといっても働き方はさまざまです。

  1. 正社員・契約社員
  2. 派遣社員・アルバイト
  3. フリーランス

1つの働き方にこだわらなければ、Webデザインの仕事で生きていくことは難しくありません

自分の生き方に合った方法で働けるとよいでしょう。

それぞれ解説していきます。

1.正社員・契約社員

正社員・契約社員として働けば、いろいろな案件に関わりながら安定した収入を得られます

以下のような人におすすめです。

  • 多くの案件に関わりたい
  • 安定した収入を得たい
  • 実践を通して技術を早く身につけたい
  • 専門性をしっかり身につけたい

クライアントの都合に合わせた仕事になるため、納期の都合で残業が多い場合もあります。

就職する前に待遇や職場環境などを確認しておきましょう。

正社員・契約社員は働きながらWebデザインの知識をたくさん吸収したい人におすすめです。

2.派遣社員・アルバイト

派遣社員やアルバイトなら、経験が浅くてもWebデザインに関わる仕事に携われるでしょう。

以下のような人におすすめです。

  • いろいろな場所で働きたい
  • 経験が浅いが、Webデザインの仕事がしたい
  • 長時間働けない

派遣社員やアルバイトで経験を積んでから正社員を目指す人もいます。

フリーランスで活動しながら、派遣社員やアルバイトである程度の収入を得るのもよいでしょう。

3.フリーランス

フリーランスなら、自分の好きな案件に好きな時間に取り組めるでしょう。

以下のような人におすすめです。

  • 好きな時間、場所で働きたい
  • 自分の好きな案件だけ着手したい
  • 人間関係に縛られたくない
  • 自力で稼ぎたい

フリーランスで働きたいなら、自分の過去の制作物がわかるポートフォリオを作っておきましょう

そのポートフォリオを元に営業することとなります。

営業やマーケティングも自分1人でしなくてはならないので、大変なことも多いです。

Webデザイン未経験者がWebデザイナーになるための2つのキャリアプラン

Webデザイン未経験が進むキャリアプラン

Webデザイン未経験者がWebデザイナーになりたいなら、2つのキャリアプランがあります。

  1. 独学で勉強する
  2. Webデザインのスクールに通う

自分に合った勉強法で身につけていきましょう。

どちらの方法にせよ、自分のパソコンとグラフィックデザインソフトのPhotoshopかIllustratorは事前に用意する必要があります。

それぞれ詳しく説明していきます。

1.独学で勉強する

独学で勉強する場合は本かインターネット上の勉強サイトを使うとよいでしょう。

初心者向けに多くの本が出版されており、自分に合ったものが見つかれば効率的に学べます。

コーディングの勉強には、ゲーム感覚で学べるインターネット上の勉強サイトやアプリがおすすめです。

コーディングを学べるサイトやアプリは以下のようなものがあります。

いろいろな種類のものを試して自分に合ったものを見つけるとよいでしょう。

独学は自分で勉強のモチベーションを高く保てる人におすすめの勉強方法です。

自分で好きな時間に好きなだけ勉強できるのもメリットといえます。

2.Webデザインのスクールに通う

独学が難しい人には、Webデザインのスクールに通うのがおすすめです。

スクールに通う最大のメリットは、わからないところはいつでも質問でき、取りこぼしなく必要な知識を習得できることです。

DMM WEBCAMP SKILLSでも、ホームページ制作に関する学習ができるため、こういったスクールに通うことは検討すべきでしょう。

スキルがないWebデザイン未経験者にとって、Webデザイナーになるための最短経路ともいえます。
もちろんお金が必要にはなりますが、選択肢の1つとして検討しておきましょう。

まとめ:Webデザインはメリットも大きい!スキルを積むために今すぐ始めよう

Webデザインを仕事にして働くポイントをおさらいしましょう。

  • やりがいも多いので、Webデザインへの熱意があれば楽しめる
  • 学ぶことが多いので、経験や知識量によって仕事量や収入に差が出る
  • 収入が安定するまでのスキルアップ期間に辛いことが多い

Webデザインは学ぶことが非常に多く、大変なことも多いです。

しかし、身につけるメリットもとても多くあります。

Webデザインを学び続ければ、パソコンとネット環境だけで複数の収入源を持ちながら自由に働けるでしょう。

スキルを身につけるために、今すぐ自分に合った方法で勉強してみませんか。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点