フリーランスエンジニアは未経験でも目指す価値あり!仕事を取るまでの手順も紹介

2021.09.09
フリーランス エンジニア 未経験

「フリーランスエンジニアは未経験でもなれるの?」
「未経験のフリーランスエンジニアはどうやって仕事をとればよいのかを知りたい」

こんな悩みありませんか?

フリーランスエンジニアは、未経験でもなれるのか不安な方も多いでしょう。

仕事も取れるかどうかわかりません。

そこで今回は、以下のポイントについて詳しく解説していきます。

  • 未経験でもフリーランスエンジニアを目指すべき理由
  • 未経験からフリーランスエンジニアになるための課題と準備すべきこと
  • 未経験のフリーランスエンジニアが仕事を取る方法

これを読めば未経験でフリーランスエンジニアになるにはどうすればよいか、そして仕事の取り方がわかります。

最後まで読んでみてください。

未経験でもフリーランスエンジニアを目指すべき5つの理由

未経験から挑戦する様子

未経験でもフリーランスエンジニアを目指すべきです。

具体的な理由は以下のとおりです。

  1. エンジニアの需要が高い
  2. フリーランスの労働環境が整ってきている
  3. クラウドソーシングが発達して案件を取りやすい
  4. 学習環境が豊富にある
  5. スキルがあれば年齢も経験も関係ない

今は数年前より、フリーランスエンジニアを目指せる環境が整ってきています。

ある程度スキルがあれば、年齢も経験も関係ありません。

未経験でもフリーランスエンジニアを目指すべき5つの理由について、詳しくみていきます。

1.エンジニアの需要が高い

今日本は近年の急速なIT化により、深刻なエンジニア不足です。

急速なIT化によりエンジニアの供給が追いつかず、仕事や生活にさまざまな影響がおよんでいます。

たとえばスマートフォン向けの新しいアプリ開発や、新しいWebサービスを構築するためです。

以下のようなデータが経済産業省から出ています。

2030年までのIT人材の不足数を推計 すると、労働集約業態となっている日本のIT人材の低生産性を前提とすれば、将来的に40~80 万人の規模で不足が生じる

(出典:IT人材育成の状況等について-経済産業省)

今後エンジニアの需要はますます増え続けるでしょう。

2.フリーランスの労働環境が整ってきている

フリーランスが働きやすい社会になってきています。

エンジニアにとってもフリーランスとして活躍できる環境が整ってきています。

  • リモートワークという働き方が一般的になった。
  • 終身雇用崩壊でひとつの仕事だけではなく副業を始める人が増えた。
  • ネットでフリーランスに関する情報を、入手しやすくなった。

以上のようにここ十数年で、働くという考え方が大きく変わってきました。

フリーランスエンジニアとして働く敷居は、低くなってきているのです。

3.クラウドソーシングが発達して案件を取りやすい

クラウドソーシングとはインターネット上で、企業が不特定多数に業務を発注できる仕組みです。

発達している理由は企業がより優れた人材により安価で仕事を頼みたい、そしてフリーランスの増加です。

クラウドソーシングには以下のような企業があります。

クラウドソーシングの発達で、フリーランスは効率的よく案件を獲得できるようになってきています。

4.学習環境が豊富にある

未経験でもエンジニアの勉強を簡単にできるようになってきています。

  • フリーランスエンジニアが増加し、ブログや動画で情報を発信するようになった。
  • スマートフォンやタブレットが普及し、フリーランスエンジニアが発信する情報を簡単に入手できるようになった。
  • SNSが普及しエンジニアのコミュニティや勉強会などに参加しやすくなった。

今まで専門学校などに行かないと触れられなかった情報を、今では簡単に入手できる時代になっています。

未経験でも簡単に学習できる環境が整ってきているのです。

5.スキルがあれば年齢も経験も関係ない

スキルがあれば年齢も経験も関係なく、フリーランスエンジニアとして活躍できます。

なぜならエンジニアの世界は実力社会なので、スキルが認められさえすれば仕事はなくならないし収入は増えるのです。

クラウドソーシングを利用すれば、未経験からでも受注でき案件を探せます。

単価は高くはないですが、未経験可能な案件を受注してスキルを高めていきましょう。


デジタル社会の今、ITスキルを身につけて活躍の幅を広げませんか?
経産省認定のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
✔受講者の97%が初心者!独自開発の教材で徹底サポート!
✔受講内容に満足できない場合は全額返金

生活スタイルに合わせた3パターン

フリーランスエンジニアになると年収が上がる人が多い

お金が入るフリーランス

フリーランスエンジニアになると、年収があがる人が増えます。

理由はフリーランスエンジニアに高い報酬を支払う方が、企業にとって都合がよいからです。

企業側はプロジェクト単位でフリーランスエンジニアを雇うことが多く、高い報酬を提示できます。

以下は30代フリーランスエンジニアの平均年収の割合です。

  • 500万円以上700万円未満が19.1%
  • 700万円以上1,000万円未満が8.8%
  • 1,000万円以上8.8%

(出典:IT人材白書2016)

30代フリーランスエンジニアで年収500万円以上稼ぐ人が約37%もいます。

今日本ではエンジニアが不足しているので、スキルがあるエンジニアはどんどん年収が上がるのです。

未経験でもフリーランスエンジニアを目指すべき人の3つの特徴

未経験でもいずれフリーランスとして活躍できる人材

未経験でもフリーランスエンジニアを目指すべき人がいます。

どんな人がフリーランスエンジニアを目指した方がよいかというと、以下のとおりです。

  1. 在宅やリモートで仕事をしたい人
  2. 学生で就職までに時間がある人
  3. エンジニア就職がうまくいかない人

以上のような特徴がある人は、フリーランスエンジニアに向いています。

詳しく解説していきます。

1.在宅やリモートで仕事をしたい人

在宅やリモートで仕事をしたい人はフリーランスエンジニアが向いています。

フリーランスエンジニアだと、案件を受注したらすぐに仕事を始められるからです。

エンジニアとして就職をしたいのであれば、書類選考・筆記試験・面接試験などを経なければなりません。

フリーランスエンジニアは仕事量を自分でコントロールできるので、在宅やリモートで仕事をしたい人は目指すべきです。

在宅ワークに必要なスキル5つとは?稼げる専門スキルも4つに分けて解説

2.学生で就職までに時間がある人

学生で就職まで時間を確保できる人は、フリーランスエンジニアを目指すべきです。

なぜならエンジニアはフリーランスで仕事ができるといっても、仕事ができるレベルになるには時間がかかるからです。

就職までに時間がある学生なら、エンジニアの勉強をするための時間が確保できます。

学生でフリーランスとして活躍できればエンジニアとして就職しやすいですし、そのままフリーランスエンジニアとして稼いでいけるでしょう。

3.エンジニア就職がうまくいかない人

エンジニア就職がうまく行かないならフリーランスエンジニアを目指しましょう。

エンジニアは人手不足とはいっても、スキルがなければ企業は雇ってくれません。

しかしフリーランスであればクラウドソーシングで細かく案件を受けステップアップし、スキルを磨けます。

未経験でエンジニア就職がうまくいかないなら、まずはフリーランスとしてスキルをあげ実績を重ねていきましょう。


ITスキルで広がる、あなたのキャリア
転職成功率98%のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
✔11~22時で通い放題!さらに教室通いもオンライン受講も可能!
✔受講料最大56万円をキャッシュバック!

理想のキャリアに合わせて選べる3パターン

未経験からフリーランスエンジニアになるときの3つの課題

未経験からフリーランスになるときの課題

未経験からフリーランスエンジニアになるのは、かなり難しいです。

理由は以下のとおりです。

  1. 即戦力としてのスキルを求められる
  2. 助けてくれる人がいない
  3. 実務経験がなければ単価が安い

しかし未経験からのフリーランスエンジニアは、難しいですが不可能ではありません。

なぜ難しいかの理由を知り、改善していくことが重要です。

詳しくみていきましょう。

1.即戦力としてのスキルを求められる

クライアントがフリーランスエンジニアに求めるのは即戦力です。

具体的には以下のようなスキルです。

  • PHPやRubyなどの言語や、HTMLやCSSなどを使用したスキル
  • クライアントやお客さんとのコミュニケーションスキル
  • 仕事をスケジュールどおりに進められるタスク管理スキル

受注した案件について迅速かつ高いクオリティのものを提供できないと、すぐに契約を切られてしまいます。

さらに実務経験がないとクライアントは契約してくれません。

しかしクラウドソーシングで未経験案件を半年間こなしていけば、クライアントも実務経験ありとして契約を結んでくれるでしょう。

2.助けてくれる人がいない

フリーランスエンジニアは助けてくれる人がいません。

企業に雇われていないため、常に1人で仕事をする必要があります。

  • バグの原因がわからない
  • ツールの使い方がわからない

こういった場面に立ち会うことはフリーランスで活動しているとしばしばあります。

プロジェクトを進めるうえで周りの助けを求めづらい点が、フリーランスエンジニアのデメリットといえるでしょう。

3.実務経験がなければ単価が安い

フリーランスエンジニアは実務経験がないと、案件の単価が安くなります。

クライアントがフリーランスエンジニアに関して重視するポイントは、以下のような項目です。

  • 何年フリーランスとして仕事をしているか
  • 何件くらいの実務をこなしてきているのか

クライアントは実務経験がないエンジニアよりも、実務経験と実績が豊富なエンジニアを選びます。

実務経験がないフリーランスエンジニアの単価が低いことは、認識しておきましょう。

未経験からフリーランスエンジニアになる前にすべき5つの準備

未経験からフリーランスになるための準備

未経験からフリーランスエンジニアになるためには、入念な準備が必要になってきます。

  1. 相談できる仲間や先輩を作る
  2. エンジニアの仕事の流れを知る
  3. なりたいエンジニアの種類を決める
  4. コーディング以外のスキルを身につける
  5. 急いでいないなら、就職して基礎知識を身につける
以上の5つの準備をするようにしてください。

しっかり準備をしておけば、未経験でもフリーランスエンジニアとして一歩踏み出せます。

5つの準備について詳しくみていきます。

1.相談できる仲間や先輩を作る

相談できるフリーランスエンジニアの仲間や先輩をつくりましょう。

フリーランスエンジニアの仲間や先輩がいれば、以下のようなメリットがあります。

  • 事前にどんなリスク・デメリットがあるかを聞けて回避できる。
  • 案件を紹介してくれる可能性がある。
  • 悩みごとを相談できて息抜きやストレス解消になる

1人で作業をするフリーランスエンジニアは、同じ境遇の仲間がいれば安心できます。

相談できる仲間や先輩は、サラリーマンとして頑張っているエンジニアでもよいです。

なぜなら勤務先の案件を紹介してくれる可能性がありますし、継続的に仕事を受注できるかもしれません。

エンジニアの仲間や先輩は、フリーランス・サラリーマン問わず作っていきましょう。

2.エンジニアの仕事の流れを知る

エンジニアの仕事の流れを確認しましょう。

どういったクライアントの案件を受注するかで、身に付くスキルや難易度が変わるからです。

エンジニアの仕事の流れは以下のような構造になっています。

  • 自社開発企業
  • 元請け企業
  • 下請け企業
  • 孫請け企業

自社開発企業から孫請け企業へいくにつれて、仕事の難易度は変わります。

下請け企業や孫請け企業では未経験でもできる仕事が多く、なかなか高度なスキルを得ることが難しいのです。

そのためエンジニアの仕事の流れを知るのは重要です。

持っているスキル・自分に必要なスキルを把握し、レベルアップするための勉強をしていきましょう。

3.なりたいエンジニアの種類を決める

自分がなりたいエンジニアの種類を決めましょう。

なりたいエンジニアによってスキルや知識が違うので、あらかじめ把握しておかなければなりません。

エンジニアといっても下記のようにさまざまな種類があります。

  • システムエンジニア
  • プログラマー
  • Webエンジニア
  • データベースエンジニア

なりたいエンジニアを決められなかったら、自分が本当に作りたいものや将来需要が拡大するものを基準にして選んでみましょう。

作りたいものを明確にしておけばモチベーションを維持できますし、需要が拡大するものであれば案件を獲得しやすくなります。

4.コーディング以外のスキルを身につける

エンジニアはコーディング以外にも、重要なスキルを身につける必要があります。

重要なスキルとは環境開発を構築することで、プログラムを正常に動かすために必要な作業です。

環境開発の構築には以下のようなツールが必要になります。

  • iOSアプリにはXcode
  • AndroidアプリにはAndroid Studio
  • Web制作にはEclipse

そしてエンジニアにはコミュニケーション能力も不可欠です。

わからない事などがあったら、同じ案件で仕事をしているフリーランスエンジニアやマネージャーに質問してコミュニケーションをとっていきましょう。

仕事をスムーズに進められますし、自分のスキルの向上にもなります。

5.急いでいないなら、就職して基礎知識を身につける

もし急いでフリーランスエンジニアになる必要がないなら、就職して基本スキルを習得しましょう。

焦って独立してしまうと、スキル不足で案件を受注できず失敗するリスクがあるからです。

  • エンジニア就職して現場でスキルを学ぶ
  • 副業フリーランスエンジニアとして案件を受注する

上記のような形なら給料をもらいつつ、基本スキルを学べます。

エンジニアは需要があり、求人を募集している企業はたくさんあります。

副業でフリーランスエンジニアになっても、クラウドソーシングで案件獲得は容易です。

急ぐ必要がない人は、いったん就職する道も考えてみてください。

未経験からフリーランスエンジニアとして仕事を取るまでの5つの学習手順

フリーランスになるために勉強すること

未経験からフリーランスエンジニアになるには、手順を踏んで学習する必要があります。

基礎や専門知識を習得し実際にサイトやアプリを作るという手順を踏まないと、どう案件を獲得していけばよいのかイメージがつきません。

フリーランスエンジニアが実際に仕事を取るまでの手順を、以下のようにまとめました。

  1. 学習サイトで基礎を学ぶ
  2. 書籍や動画教材で専門知識を学ぶ
  3. サイトを真似して作ってみる
  4. 自作のサイトやアプリを作る
  5. 実際に仕事を取る

以上5つの手順を踏んでいけば、フリーランスエンジニアとして仕事を取れます。

詳しくみていきましょう。

1.学習サイトで基礎を学ぶ

どんな分野でも基礎は重要です。

基礎を押さえておかないと、次の段階にいっても何もできません。

基礎は学習サイトで学びましょう。

学習サイトには以下のような特徴があります。

  • 無料で公開されているものが多い
  • 初心者向けにわかりやすい作りになっている

学習サイトは未経験で学ぶには最適なツールです。

まずは自分に合う学習サイトを探してみましょう。

2.書籍や動画教材で専門知識を学ぶ

基礎を習得したら、なりたいエンジニアの種類を決めてください。

エンジニアの種類が決まったら、書籍や動画教材を使って専門知識を学びましょう。

書籍であればどこでも学べますし、わからない部分は動画教材でスムーズに理解できます。

  • プログラミング言語の基礎や書き方を詳しく解説している
  • 手を動かしてアウトプットしながら学べる
  • SNSなどで調べて、実際に初心者エンジニアが多く利用している

以上のような書籍や動画教材なら、初心者でも効率的に学べます。

安価なものも多いので、自分に合った教材を探しましょう。

3.サイトを真似して作ってみる

既存のWebサイトを真似して制作してみましょう。

既存のWebサイトを自分で再現できるか練習していくと、以下のようなメリットがあります。

  • コードがどのようにして書かれているのかがわかる
  • プログラミングとしてどのように作動するのかを理解できる。

Web制作よりもシステム開発をやりたいという人もいると思いますが、非常にハードルが高く実務経験が求められます。

そのためまずは既存のWebサイトを真似することが重要なのです。

最初は上手くできないかもしれませんが、まずは手を動かしましょう。

行動し失敗することが、スキルの向上につながっていきます。

4.自作のサイトやアプリを作る

次は自分でオリジナルのWebサイトやアプリを制作してみましょう。

0からオリジナルのWebサイトやアプリを制作すると、クリエイティブな思考や創作意欲を養えますしポートフォリオも制作できます。

クライアントには自分のコーディングスキル・クリエイティブな製品を作り出せるスキルを、証明しなければなりません。

自信にもつながるので、必ずオリジナルのWebサイトやアプリを制作しておきましょう。

5.実際に仕事を取る

最後は自分で案件を獲得してみましょう。

案件を獲得するには以下のような方法があります。

  • クライアントへ直接連絡をして営業をする。
  • 友人や知人から紹介してもらう。
  • クラウドソーシングを活用する。
  • フリーランスエンジニア専門のビジネスマッチングサービスを活用する。
  • SNSを活用する。

案件を獲得できても未経験者は、スキル面で経験者にはまだまだおよびません。

フリーランスエンジニアとしてやっていくには、仕事をしながら勉強も進めていく必要があります。

仕事を進める中でわからない部分があれば、自分で調べてスキルの向上をおこなっていきましょう。

未経験から即フリーランスエンジニアになりたいなら、プログラミングスクールに通おう

プログラミングスクールへ学習を検討する人

未経験からすぐにフリーランスエンジニアになりたいなら、プログラミングスクールに通うのがベストです。

プログラミングスクールには以下のようなメリットがあります。

  • 効果的にプログラミングスキルが身につく。
  • 講師や同じ未経験の仲間がいるので挫折しづらい。
  • 案件獲得の保証があるフリーランスコースを設置しているスクールもある。

未経験のフリーランスエンジニアは、スキル不足が理由ですぐに契約を切られるというリスクがあります。

そしてクライアントは実績がある経験者に仕事を依頼したい傾向にあるので、未経験者は収入が上がりにくく安定しません。

未経験のフリーランスエンジニアが効率よくスキルを習得し収入を安定させるためにも、プログラミングスクールに通うのは最善の選択なのです。

まとめ:未経験でもエンジニアの勉強を始めよう!独学が辛かったらプログラミングスクールもあり

未経験でもフリーランスエンジニアにはなれるので、勉強を始めましょう。

以下が記事のまとめになります。

  • エンジニアの需要は高まってきており、フリーランスエンジニアでも案件を獲得しやすい
  • フリーランスエンジニアになると年収があがりやすい
  • 課題はあるが改善していけば大丈夫
  • フリーランスエンジニアになるためには入念な準備が必要
  • 未経験者が案件を獲得するには5つの学習手順がある

独学が辛いのであれば、プログラミングスクールに通いましょう。

未経験者がフリーランスエンジニアになるための最短コースです。

今からフリーランスエンジニアになるためにしっかり準備をし、プログラミングスクールで学んでいきましょう。

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

PAGE TOP

© 2021 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5