エンジニアの勉強におすすめの本23選!初心者向けなどジャンル別に紹介 | WEBCAMP NAVI
【7月の受講枠も残りわずか】

エンジニアの勉強におすすめの本23選!初心者向けなどジャンル別に紹介

これからエンジニアを目指したい方や、エンジニアとしてスキルアップしたい方など、プログラミングを勉強しようと考えている人は多いです。

目的に応じてプログラミングを学ぶなら、本で勉強するのがおすすめ。

しかし、

「エンジニアが本で勉強するのってどうなの?」
「初心者エンジニア向けの本のおすすめは?」
「エンジニアのスキルアップやキャリアについて勉強できる本はある?」

という疑問を抱えているかもしれません。

そこで今回は、

  • エンジニアが本で勉強するメリット・デメリット
  • 【初心者向け】エンジニアがまず読むべき本
  • 【スキルアップ】エンジニアの勉強におすすめの本
  • 【コミュニケーション】エンジニアの勉強におすすめの本
  • 【キャリア】エンジニアの勉強におすすめの本

についてご紹介します。

「エンジニアの勉強に役立つ本が知りたい!」という方は、ぜひ最後まで読み進めてくださいね。

エンジニアが本で勉強するメリット

エンジニアが本で勉強するイメージ

そもそも、エンジニアは本で学習すべきなのか、気になる人もいるのではないでしょうか。

「調べながら手を動かして学ぶほうが効率的なのでは?」と思うかもしれません。

実は、エンジニアが本で勉強することには、次のようなメリットがあります。

  • 体系的に学べる
  • 時間を有効活用できる
  • 信頼性の高い情報を得られる
  • どこでも持ち歩ける

本には情報が順序立ててまとめられているため、しっかりとした知識を得るのに有効です。

また、持ち歩きやすいことから、通勤や待ち合わせの時間などを活用して学べます。

情報としての信頼性も高く、正確な知識を得られることがメリットです。

初心者エンジニアや、スキルアップしたいエンジニアにも、本での勉強はおすすめですよ。

エンジニアが本で勉強するデメリット

エンジニアが本で勉強して悩むイメージ

エンジニアが本で勉強するメリットについてお伝えしました。
本を活用すれば、体系的な知識を得ることができます。

一方で、本で勉強することのデメリットも知っておきましょう。

エンジニアが本で勉強するときは、次のようなデメリットに注意する必要があります。

  • 情報が古い可能性がある
  • お金がかかる

本は出版するまでに長い時間がかかります。
著書が原稿を作成してから本として書店に並ぶまで、少なくとも数ヶ月から数年かかることもあるでしょう。

ITやプログラミングの分野は技術の進化が早く、情報もどんどんアップデートされます。

そのため、出版される頃には情報が少し古くなっている可能性があることを考慮しなければなりません。

また、プログラミングの専門書は、内容が高度になるほど価格も高くなります。

「もっと専門性の高い分野を学びたい」という場合、お金がかかることも注意が必要です。

【初心者向け】エンジニアがまず読むべき本5選

本に親しむ人のイメージ

さっそく、初心者エンジニアにおすすめの本について見ていきましょう。

「これからエンジニアを目指す」「エンジニアになったばかり」という人は、本でまとまった知識を得ることで成長速度を加速できます。

なにもわからない状態から一歩前に進むためにも、本を有効活用しましょう。

ここでは、初心者エンジニアがまず読むべき本5選についてご紹介します。

順番に見ていきましょう。

1.Webエンジニアの教科書

初心者エンジニアがまず読むべき本の1冊目は、『Webエンジニアの教科書』です。

本書は、Webエンジニアとして基本となる知識や技術についてわかりやすく解説しています。

次の分野について章ごとに取り上げており、Webエンジニアとして必要な力をつけたい人にぴったりです。

  • Ruby on Railsでの開発
  • PHPでの開発
  • NoSQLデータベース
  • フロントエンドの実装
  • ログの取り扱い
  • データの可視化
  • 環境構築の自動化
  • 便利な外部サービス

この本を読めば、実際に手を動かしてプログラミングができるようになります。

Webエンジニア志望、あるいはWebエンジニア1年目の初心者におすすめの内容です。

2.ちゃんと使える力を身につける Webとプログラミングのきほんのきほん 大澤 文孝

初心者エンジニアがまず読むべき本の2冊目は、大澤 文孝氏の『ちゃんと使える力を身につける Webとプログラミングのきほんのきほん』です。

本書は、あらゆるプログラミング言語に共通する基本知識を学べます。

プログラミングでは、言語ごとに文法や構造は異なりますが、根幹の仕組みは共通です。
根幹の仕組みを学ぶことで、新たにプログラミング言語を学習するときに理解しやすくなります。

この本ではPHPやJavaScriptを取り上げながら、次のようなプログラミングの基本構造を理解できます。

  • インターネットの仕組み
  • Webページがコンテンツを表示する仕組み
  • Cookie、セッション、フレームワーク、ライブラリ、データベースなどの技術

さらに、プログラムがどのようにデータを処理しているのかも解説。
図でわかりやすく説明されているので、活字が苦手な人でも読みやすいのが嬉しいですね。

「これからプログラミングを学びたい」「1つの言語を学んでも別の言語は学び直しになるのが面倒だ」という人におすすめです。

3.リーダブルコード

初心者エンジニアがまず読むべき本の3冊目は、『リーダブルコード』です。

本書では、理解しやすく美しいコードを書くための原則について解説しています。

次のような内容について、図を用いてわかりやすく説明しています。

  • 名前のつけ方
  • コメントの書き方
  • 制御フロー
  • 論理式
  • 変数
  • テストの書き方

JavaScript、C++、Python、Javaの4つのプログラミング言語が例として取り上げられています。
いずれかの言語を習得した人は、特に理解しやすいでしょう。

コードの読みやすさは、特にチーム開発など複数人がコードを書くときに重要です。
読みやすいコードを書く力が身につくと、ほかの人が変更や修正をしやすくなります。

「どうして読みやすいコード、読みにくいコードがあるんだろう?」「もっと読みやすいコードが書きたい」という方におすすめの1冊です。

4.若手ITエンジニア 最強の指南書

初心者エンジニアがまず読むべき本の4冊目は、『若手ITエンジニア 最強の指南書』です。

本書は、若手ITエンジニアに求められる知識とスキルを網羅して解説しています。

次の4つの章で、7つのこと×20種類のスキルを学べます。

  • テクノロジー編
  • エンジニアリング編
  • マネジメント編
  • ヒューマンスキル編

テクノロジー編では、コンピュータやネットワークなどIT技術の基本を習得できます。
コンピュータの仕組みから理解できるでしょう。

エンジニアリング編では、システム開発の概要をつかめます。
設計、モデリング、テストだけでなく、データサイエンスについても触れることが可能です。

マネジメント編では、プロジェクトマネジメントの基礎知識を紹介しています。
システム企画やプレゼンテーションなど、参考になるでしょう。

ヒューマンスキル編では、エンジニアとしてスムーズに仕事を進めるための文章力・コミュニケーション・ロジカルシンキングといったスキルについて紹介しています。

この1冊を読めば、ITエンジニアとして知っておくべき知識とスキルが身につきます。
「ITエンジニアに必要なことが知りたい!」という人にはおすすめです。

5.プリンシプル オブ プログラミング3年目までに身につけたい一生役立つ101の原理原則

初心者エンジニアがまず読むべき本の5冊目は、『プリンシプル オブ プログラミング3年目までに身につけたい一生役立つ101の原理原則』です。

本書では、高品質なプログラミングのための前提・原理・思想をやさしく解説しています。
「なぜ」「どうやって」という視点で説明しているので、わかりやすいですよ。

具体的なコードはないため、抽象度が高い部分もあります。

初心者から3年目までのエンジニアで、「コードは書けるけど読みにくい、遅い、エラーが頻出する」という方におすすめです。

【スキルアップ】エンジニアの勉強におすすめの本10選

女性が本を読むイメージ

次は、スキルアップしたいエンジニア向けの本について見ていきましょう。

ある程度の知識や経験が身につき、「そろそろ1つ上の段階にスキルアップしたい」というエンジニアにも、本での勉強は適しています。

ここでは、スキルアップしたいエンジニアの勉強におすすめの本10選についてご紹介します。

あなたがスキルアップしたい部分に合わせて選んでくださいね。

さっそく見ていきましょう。

1.SEの基本

スキルアップしたいエンジニアの勉強におすすめの本1冊目は『SEの基本』です。

本書では、システムエンジニア(SE)に必要な技術的・マネジメント的なスキルについて学べます。

  • システムエンジニアという職種
  • 必要な技術力
  • 実務の流れ
  • 自分の目標の管理

この本を読めば、システム開発の全体像をつかめるでしょう。

「システムエンジニアとしてスキルアップしたい」という方におすすめです。

2.はじめての上流工程をやり抜くための本~システム化企画から要件定義、基本設計まで

スキルアップしたいエンジニアの勉強におすすめの本2冊目は『はじめての上流工程をやり抜くための本~システム化企画から要件定義、基本設計まで』です。

本書では、システム開発の上流工程であるシステム化企画・要件定義・基本設計に必要なスキルを解説しています。

次のようなシステム開発の上流工程で求められる力を身につける方法がわかります。

  • クライアントの要望をヒアリングする
  • 必要な機能やデザインをまとめる
  • チームにタスクを振り分ける
  • スケジュールを管理する

単純な実装のスキルだけでなく、関係者の合意を得たり、周囲の人間を巻き込みながらプロジェクトをリードしたりする能力を伸ばしたい人におすすめです。

「今後はシステム開発の上流工程に携わりたい」と考えている人に役立つでしょう。

3.Webデザインとコーディングのきほんのきほん

スキルアップしたいエンジニアの勉強におすすめの本3冊目は『Webデザインとコーディングのきほんのきほん』です。

本書は、Web制作の一貫した流れがつかめる入門書となっています。

次のような内容で、Web制作に必要な工程を学べます。

  • Webデザインのセオリー
  • Webサイト制作の流れ
  • HTML&CSSによるコーディング
  • JavaScriptの概要

この本を読めば、Web制作におけるデザインからコーディングまでの横断的な力が身につきます。

Web制作の分野でスキルアップし、Webエンジニアとしてキャリアを積みたい人におすすめです。

HTMLやデザインを学び、「Web制作の分野でスキルアップしたい」という方は参考にしてみてくださいね。

4.図解即戦力 ネットワーク構築&運用がこれ1冊でしっかりわかる教科書

スキルアップしたいエンジニアの勉強におすすめの本4冊目は『図解即戦力 ネットワーク構築&運用がこれ1冊でしっかりわかる教科書』です。

本書では、ネットワークの構築と運用について解説しています。
フルカラーの図解でわかりやすく、丁寧な解説が魅力です。

用語説明から始まり、次のような内容で学習を進められます。

  • ネットワークの構築
  • レンタルサーバの活用
  • Microsoft365の活用
  • ネットワークの運用管理

この本を読めば、ネットワーク構築の全体的な流れを理解できるでしょう。
ネットワークについて基本を知る1冊目として役立ちます。

「ネットワークを基本から学びたい」「ネットワークエンジニアを目指したい」という人におすすめです。

5.インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク技術&設計入門

スキルアップしたいエンジニアの勉強におすすめの本5冊目は『インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク技術&設計入門』です。

本書は、ネットワーク構築のなかでも基本設計に重きを置いているのが特徴。
ネットワーク構築に必要な基礎技術と設計のポイントについて、実例をもとに解説しています。

400以上の豊富な図解で、視覚的にもわかりやすいですよ。

次のような基礎技術について学べます。

  • VLAN設計
  • アドレス設計
  • 冗長化
  • 仮想化

実際の設計でどうすればいいのかまでわかり、実践に役立つ内容です。

480ページとボリュームがありますが、図解が多いので比較的読み進めやすいでしょう。

「インフラエンジニア、ネットワークエンジニアとしてスキルを身につけたい」という方におすすめです。

6.セキュリティエンジニアの教科書

スキルアップしたいエンジニアの勉強におすすめの本6冊目は『セキュリティエンジニアの教科書』です。

本書では、情報セキュリティに関する知識やスキルについて解説しています。
セキュリティについて体系的に学べる1冊といえるでしょう。

セキュリティの知識だけではなく、セキュリティエンジニアの仕事内容やセキュリティマネジメントについても広く手軽に学べます。

セキュリティの知識を学びたいエンジニア、セキュリティ業務に携わるエンジニアにおすすめです。

7.機械学習エンジニアになりたい人のための本 AIを天職にする

スキルアップしたいエンジニアの勉強におすすめの本7冊目は『機械学習エンジニアになりたい人のための本 AIを天職にする』です。

本書では、機械学習エンジニアになりたい人に向けて必要な知識を「仕事編」と「実践編」の2パートで解説しています。

仕事編では、機械学習エンジニアの仕事内容や必要な知識レベル、必要な勉強法、採用されるための履歴書の書き方などについて紹介。

実践編では、身の回りにあるAI技術や実務ノウハウ、各国の機械学習エンジニア事情についてまとめています。

「機械学習エンジニアとしてステップアップしたい」という方は読んでおくといいでしょう。

8.エンジニアなら知っておきたいAIのキホン

スキルアップしたいエンジニアの勉強におすすめの本8冊目は『エンジニアなら知っておきたいAIのキホン』です。

本書は、AIの基礎と全体像を解説しています。
この本を読めば、「AIとは何か」「AIで何ができるのか」をイメージできるでしょう。

過去・現在・未来という流れの全3部の構成で、AIについて学べます。

  • 第1部:人工知能の基礎を理解する(過去)
  • 第2部:機械学習のアルゴリズムを学ぶ(現在)
  • 第3部:ビジネスに活用するための人工知能を学ぶ(未来)

AIの5年後の活用イメージもつかめるようになります。

専門的な説明のあとに一般的な事象で説明されているため、AI初心者でも比較的理解しやすいでしょう。

「AIについて学びたい」「一度AIの学習で挫折してしまった」という方におすすめです。

9.ゼロから作るDeep Learning

スキルアップしたいエンジニアの勉強におすすめの本9冊目は『ゼロから作るDeep Learning』です。

本書は、ディープラーニング(深層学習)の本格的な入門書として役立ちます。
初歩的なことから1つずつ積み重ねられるため、初心者でも読みやすいです。

Python3を取り上げながら、次のような内容について説明しています。

  • ディープラーニングの基礎
  • ニューラルネットワークの基礎
  • 誤差逆伝播法
  • 畳み込みニューラルネットワーク

さらに、「なぜディープラーニングは優れているのか」といった「なぜ」の疑問も解消しています。

この本は、読者が技術を学べるだけなく、自分で実際に動くプログラミングをゼロから作ることで、一歩踏み込んで理解することを目標としています。

「ディープラーニングについて学びたい」と考えるエンジニアにおすすめです。

10.現場で困らない! ITエンジニアのための英語リーディング

スキルアップしたいエンジニアの勉強におすすめの本10冊目は『現場で困らない! ITエンジニアのための英語リーディング』です。

本書では、ITエンジニアとして求められる英語のリーディングスキルを身につける方法について解説しています。

エンジニアがWeb上で入手可能な技術関連ドキュメントの多くは英語です。
英語で読む能力を身につけることは、国内外問わず必要なスキルといえるでしょう。

この本では、リーディングに必要な4つの柱について解説し、その後さまざまなドキュメントタイプの特徴を説明しています。

「ITエンジニアに必要な英語力を身につけたい」「英語の情報を得られるようになりたい」というエンジニアにおすすめです。

【コミュニケーション】エンジニアの勉強におすすめの本5選

本で学ぶ人達のイメージ

「自分はコミュニケーションが苦手だ」と感じていないでしょうか。

コミュニケーションや人間関係に悩みを抱えるエンジニアは少なくありません。

一方で、コミュニケーション能力の高いエンジニアは、チーム開発のメンバーやクライアントと意思疎通を図りながら高い成果を出せるため、あらゆる現場で重宝されます。

エンジニアとしてスキルアップするためにも、コミュニケーションを学ぶことは大切です。

ここでは、コミュニケーションを勉強したいエンジニアにおすすめの本5選についてご紹介します。

詳しく見ていきましょう。

1.エンジニアを説明上手にする本 相手に応じた技術情報や知識の伝え方

コミュニケーション力を高めたいエンジニアの勉強におすすめの本1冊目は『エンジニアを説明上手にする本 相手に応じた技術情報や知識の伝え方』です。

エンジニアとしての技術はあるのに、うまく説明ができなくてクライアントの理解を得られずに悩むことはないでしょうか。

本書では、わかりやすい説明をするために重要な3つのフェーズとテクニックについて紹介しています。

  • プランニング:材料出しと情報の生理
  • ライティング:情報のつなぎ・整形
  • デリバリー:口頭説明

エンジニアは、専門性の高い内容について、知識を持たない相手にわかりやすく説明しなければならないシーンが多いです。

この本を読めば、相手の立場や理解度を踏まえて的確な説明をする力が身につきます。

「説明が苦手」というエンジニア必読の1冊といえるでしょう。

2.最強のエンジニアになるための 話し方の教科書

コミュニケーション力を高めたいエンジニアの勉強におすすめの本2冊目は『最強のエンジニアになるための 話し方の教科書』です。

本書では、伝える力を強化するための話し方について紹介しています。

多くのエンジニアが陥りやすいコミュニケーション上の問題点を取り上げながら、改善方法をわかりやすく解説してくれます。

  • 理解されないエンジニアの話し方の特徴
  • 話し方を変えるための準備
  • 話すための「聞く」
  • 話し方改革の戦略化

などの内容で、あなたの話し方を変えるノウハウが得られます。

仕事上のコミュニケーションに起因するトラブルや人間関係の悩みについても解消可能です。
伝える力に悩むエンジニアはもちろん、すべてのビジネスマンに役立つでしょう。

3.エンジニアのための文章術 再入門講座 新版 状況別にすぐ効く! 文書・文章作成の実践テクニック

コミュニケーション力を高めたいエンジニアの勉強におすすめの本3冊目は『エンジニアのための文章術 再入門講座 新版 状況別にすぐ効く! 文書・文章作成の実践テクニック』です。

本書では、エンジニアの文書作成におけるわかりやすい・伝わる書き方について解説しています。

エンジニアはシステム開発などの業務において、社内文書やメールが重要なコミュニケーションツールです。

しかし、書き方に問題があると意思の伝達がうまくいかず、業務にも影響が出てきます。
分業によるチーム開発では、伝わる文書・文章作成のスキルが大切です。

この本を読むことで、実践的な伝わる書き方がわかります。
「いつもメールや報告書がうまくかけない」というエンジニアにおすすめです。

4.技術者のためのテクニカルライティング入門講座

コミュニケーション力を高めたいエンジニアの勉強におすすめの本4冊目は『技術者のためのテクニカルライティング入門講座』です。

本書は、生産性が向上し、相手に伝わる論理的な技術文書の書き方について解説しています。

この本を読めば、相手に伝わる技術文書を効率よく身につけられるテクニックを学べます。

実際の業務でよく用いる

  • ユーザーマニュアル
  • 提案書
  • 障害報告書
  • 社外メール文

などの例を豊富に紹介しているので、すぐに日々の業務に役立てられるでしょう。

「文章を論理的かつ簡潔に書く方法が知りたい」というエンジニアにおすすめです。

5.カイゼン・ジャーニー たった1人からはじめて、「越境」するチームをつくるまで 市谷 聡啓

コミュニケーション力を高めたいエンジニアの勉強におすすめの本5冊目は、 市谷聡啓氏の『カイゼン・ジャーニー たった1人からはじめて、「越境」するチームをつくるまで』です。

本書は、ストーリー形式でアジャイル開発の実践について解説しています。

1人で始められる業務改善の手法から、チームマネジメントの手法まで幅広く取り上げているため、長期的に活用できるでしょう。

「ストーリー」と「解説」という流れなので、イメージしながら読み進めやすいですよ。

「アジャイル開発がよくわからない」というエンジニアにおすすめです。

【キャリア】エンジニアの勉強におすすめの本3選

エンジニアの勉強におすすめの本

エンジニアと言っても、さまざまなキャリアの選択肢があります。

マネージャーとして管理職につくのか、スペシャリストとして現場で活躍するのか、独立するのかなど、悩んでしまいますよね。

将来どのような仕事をしていたいのかを考えてキャリアを選択することは大切です。

ここでは、キャリアについて勉強したいエンジニアにおすすめの本3選をご紹介します。

それでは、見ていきましょう。

1.ITエンジニアのための「人生戦略」の教科書

キャリアについて学びたいエンジニアの勉強におすすめの本1冊目は『ITエンジニアのための「人生戦略」の教科書』です。

本書では、ITエンジニアがどのように人生を切り開けるかについて、再現性のある形で解説しています。

8つのチャプターに分かれ、次のような内容です。

  • 会社に依存しないマインドセット
  • 一生食えるようになるマネープラン
  • ビジネス思考に転換する
  • 稼ぎを倍増するための営業戦略
  • 主導権を握る貯めの顧客対応術

著者の実体験をもとにしているため、具体的に書かれています。

イラストと図解でわかりやすく説明され、読みやすいのもポイント。

「ITエンジニアのキャリアについて学びたい」「自分のキャリアを積極的に考えたい」という人におすすめです。

2.エンジニアの成長戦略

キャリアについて学びたいエンジニアの勉強におすすめの本2冊目は『エンジニアの成長戦略』です。

本書では、エンジニアがキャリアを積むための知恵やノウハウについて解説しています。
機械系、建設・土木系、IT系など、どの分野のエンジニアでも読める内容です。

次のような内容で、エンジニアが成長する方法を学べます。

  • エンジニアとして「成長」するためには何が必要か
  • エンジニアに求められる能力をレベルアップする
  • キャリアアップのための「転職」の考え方

著者は、エンジニアのキャリアプラン・独立の助言も行う現役技術士です。

この本を読めば、自らをエンジニアとして成長させ、生き残る知恵を得られるでしょう。

キャリアについて考えたい20代後半のエンジニアに特におすすめですよ。

3.新装版 達人プログラマー 職人から名匠への道

キャリアについて学びたいエンジニアの勉強におすすめの本3冊目は『新装版 達人プログラマー 職人から名匠への道』です。

本書は、良いプログラマーを目指すにはどうすべきかについて書かれています。
プログラマーとしてのキャリアを積む指針となる本です。

内容としては、プログラマーとしての基本となる技術や知識だけでなく、プロとしての姿勢や哲学がまとめられています。

書かれていることを実践し、自分で身につけたときに、達人プログラマーに近づける1冊です。

まとめ:自分の目的に合った本を選ぶことが大切

今回は、エンジニアの勉強におすすめの本をご紹介しました。
初心者はもちろん、スキルアップしたいエンジニアにも、本での勉強は有効です。

エンジニアが本で勉強をするときは、自分のレベルや目的に合わせて本を選ぶことが大切になります。

初心者なのに難しい専門書を読もうとしたり、あるテーマについて詳しく知りたいのに入門書を読もうとしたりしては、目的の情報を得られません。

自分に合った本を選び、有効に活用しましょう。

エンジニアにおすすめの名著について知りたい方は、こちらの記事もおすすめですよ。

【初心者から上級者まで】プログラミング学習におすすめの名著27選

本で知識を習得して、あなたのエンジニアとしてのスキルアップに役立ててくださいね。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点