JavaScriptのinnerHTMLの使い方を解説!取得・追加方法を紹介

2023.02.07
javascriptのinnerhtmlを使ってhtmlを取得・追加する方法

ボタンをクリックすると新しい文字が出てきたり、スクロールするごとにレイアウトが変わったりと、動きのあるサイトをよく見かけませんか?

innerhtmlの操作方法が理解できると、htmlの書き換えや新しい要素を追加することが可能になります。

今回、DMM WEBCAMP MEDIAは、javascriptのinnerhtmlを使ってhtml要素を操作する方法について解説します。

  1. innerhtmlについて
  2. innerhtmlでhtml要素を取得する方法
  3. innerhtmlを操作する方法
  4. innerhtmlに関するエラーを解決する方法

以上の項目に沿って説明します。

innerhtml操作時によく発生するエラーの対処法も記述しています。初めてinnerhtmlを操作する方も、安心して取り組めるでしょう。

この記事を読むと、innerhtmlの操作を一通り身につけることができます。動的なWebサイトを作りたい方は、ぜひチェックしてみてください!

javascriptの機能であるinnerhtmlとは?

innerhtmlとは、htmlで使われているタグの中身を取得・変更できる、javascriptのプロパティです。

innerhtmlを操作するタイミングは、ボタンをクリックしたときやお問い合わせフォームの文字入力でよく利用されています。

たとえば、「送信」ボタンを押したとき、フォーム内に未入力のところがある場合、innerhtmlを用いてエラー文を表示することも可能です。

上記のように、innerhtmlでタグの中身を操作することで、動きのあるWebサイトを作成できるのです。


未経験でも確実にプログラミングスキルを身につけられる!
【DMM WEBCAMP】では、専属コーチが卒業まで伴走します!

短期間効率的にプログラミングスキルを身につけたい
✔プログラミングを独学で進めていくのが不安
✔家での時間を有効に使ってスキルアップがしたい
といった方におすすめです!

実践的なスキルが身に付くカリキュラム

innerhtmlでhtml要素を取得する方法

参考コードを用いて、実際にinnerhtmlを使ってhtmlタグの情報を取得してみましょう。

html
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
    <title>Document</title>
</head>
<body>
    <p id="test">innerhtmlタグ変換テスト</p>
<script type="text/javascript" src="script.js"></script>
</body>
</html>
script.js
    var testinfo = document.getElementById("test");
 
    console.log(testinfo.innerHTML);

document.getElementById()を使って、「test」idが指定されているタグの情報を取得できます。ここでは、下記のようにpタグの情報が取得できます。

innerhtmlタグ変換テスト

取得したhtml情報を持っている「textinfo」変数に、「.innerhtml」を使ってpタグ内のテキストにアクセスできます。

innerhtmlタグ変換テスト

innerhtmlを使ってタグ内のテキスト情報を取得することで、内容を変更したり情報を追加できるようになります。

innerhtmlを使ってhtml要素を操作する方法をパターン別に解説

取得したhtml要素を使って、内容を変更・追加する方法を解説します。

指定したhtml要素内の文字を変更する方法

innerHTMLを使って、htmlのタグに記述されている文字を変更する方法について解説します。操作がわかりやすいように、ボタンをクリックすると文字が変更されるという仕様で参考コードを記述しています。

html
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
    <title>Document</title>
</head>
<body>
    <p id="test">innerhtmlタグ変換テスト</p>
    <input type="button" value="click" onclick="changeBtn()">
<script type="text/javascript" src="script.js"></script>
</body>
</html>

inputタグに指定されている「onclick属性」にjavascriptの関数をセットすると、ボタンを押したときに関数が実行されます。

参考コードでは、ボタンを押すとjavascriptのchangeBtn関数が実行されます。

script.js
 function changeBtn(){
    var testinfo = document.getElementById("test");
    testinfo.innerHTML = "クリックしたよ。";
  }

取得したhtml要素に指定の文字を代入することで、文字が変更されます。

実行結果(見やすさを重視し、表示サイズを大きくしています)

実行結果

指定したhtmlの要素内にタグを追加する方法

innerhtmlを使って指定した要素にタグを追加する方法を、下記参考コードを用いて解説します。

今回は「id=”test”」が記述されているpタグにspanタグを追加します。

html
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
    <title>Document</title>
</head>
<body>
    <p id="test">innerhtmlタグ変換テスト</p>
    <input type="button" value="click" onclick="changeBtn()">
<script type="text/javascript" src="script.js"></script>
</body>
</html>
script.js
 function changeBtn(){
    var testinfo = document.getElementById("test");
    testinfo.innerHTML = "<span>クリックしたよ。</span>";
  }

innerhtmlにspanタグを含んだ要素を代入することで、pタグの入れ子としてspanタグを追加できます。

実行結果(見やすさを重視し、表示サイズを大きくしています)

実行結果

innerhtmlで改行を追加する際の注意点

pタグやh1タグにはタグを含んだ要素を追加できますが、innerHTMLでtextareaタグに<br>タグを記入しても、文字として扱われるので改行されません。

textareaタグに<br>タグを入力すると、下記のようになります。

textareaタグに
タグを入力した結果

この問題を解決するために利用するのが、javascriptのreplace関数です。

replace関数は、指定した条件に該当した文字を、新しい文字列に変更できます。

replace関数を使って、<br>の部分をjavascriptで改行するときに使う「\n」に変更すると改行が有効になるのです。

html
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
    <title>Document</title>
</head>
<body>
<body>
    <textarea cols="30" rows="10" id="test">testtesttesttesttesttesttesttest</textarea>
    <input type="button" value="click" onclick="changeBtn()">
<script type="text/javascript" src="script.js"></script>
</body>
</body>
</html>
script.js
 function changeBtn(){
    var testinfo = document.getElementById("test");
    var mystring = "test<br>test<br>test<br>";
    var replaced = mystring.replace(/<br>/g,"\n");
    testinfo.innerHTML = replaced;
  }

replace関数内の第一引数に指定されている「/<br>/g」は、mystring変数に含まれている全ての<br>タグを指定しています。第一引数の値を、第二引数の「\n」へ変更できます。

変更した値をreplaced変数へ代入し、それをinnerhtmlに代入することで改行された文字列が表示されます。

実行結果(見やすさを重視し、表示サイズを大きくしています)

実行結果


【DMM WEBCAMP】は受講生の97%が未経験からのスタート!
充実のサポート体制で、プログラミングスキルを確実に身につけられます!

✔一人ひとりに合わせた学習計画で進められるため、仕事や学校と両立できる
✔未経験者のために開発された実践的なカリキュラムを用意
✔︎専属コーチが卒業まで学習をサポート

目的別で選べる3つのコース

innerhtmlでhtmlの書き換えができないときの対処法

innerhtmlでhtmlの書き換えがうまくいかず、「cannot set property ‘innerhtml’ of null」というエラー文が表示されることがありませんか?

このエラー文は「要素が空なのでinnerhtmlで取得できません」という意味です。innerHTMLで要素が取得できていないときによくある事例を元に、解決策を解説していきます。

原因1:getElementById関数で値が取得できていない

innerhtmlで値を取得する以前に、getElementById関数で対象のhtml要素を取得できていないと、エラーが発生します。

中でも、getElementByIdの引数内に「””」をつけ忘れて変数扱いになることが原因で、エラーが発生する事例はよく見かけます。

間違い:document.getElementById(msg);
正解:document.getElementById(“msg”);

原因2:取得したいhtml要素の前にjavascriptを記述している

ソースコードは上から順に実行されていくので、取得したいhtml要素よりも前にinnerhtmlで要素を取得するコードが記述されているとエラーになります。

実際にjavascriptをheadタグに入力して、bodyタグ内のhtml要素を取得してみましょう。

html
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
    <title>Document</title>
<script type="text/javascript" src="script.js"></script>
</head>
<body>
<p id="test">innerhtmlタグ変換テスト</p>
</body>
</html>
script.js
var testinfo = document.getElementById("test");

console.log(testinfo.innerHTML);

実行結果(見やすさを重視し、表示サイズを大きくしています)

innerhtmlタグ変換テスト

先にheadタグ内のjavascriptが読み込まれるので、上記のように要素を取得できずエラーになります。

解決策として、javascriptの入力をheadタグからbodyの閉じタグ前に変更します。そうすることで、html要素を読み込んだ後にjavascriptが読み込まれ、要素を取得できるようになります。

参考コードは下記になります。

html
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
    <title>Document</title>
</head>
<body>
<p id="test">innerhtmlタグ変換テスト</p>
<script type="text/javascript" src="script.js"></script>
</body>
</html>
script.js
var testinfo = document.getElementById("test");

console.log(testinfo.innerHTML);

実行結果(見やすさを重視し、表示サイズを大きくしています)

実行結果

まとめ:innerhtmlを操作して動的なWebサイトを作成しよう

本記事では、innerhtmlを使ってhtmlを操作する方法や、エラーに対する対処方法について解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

innerhtmlを使ってhtmlを操作するイメージが掴めたのではないでしょうか。動きのあるWebサイトを作る際に利用することがあるので、本記事をきっかけに覚えておきましょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2023 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5