今注目データサイエンティストとは?必要スキルや仕事内容を解説!

2021.09.05
データサイエンティスト

「データサイエンティストってなに?」
「聞いたことあるけどデータサイエンティストってよくわからない」

と思っていませんか?

名前を聞いただけで小難しい印象を受けてしまいますよね。

検索してみても、結局よくわからなかったという経験もあると思います。

そこで今回は、

  • データサイエンティストの仕事
  • データサイエンティストに必要な知識やスキル
  • データサイエンティストを目指す上で知っておくべきこと

について詳しく解説します。

この記事を見れば必ずデータサイエンティストについての知識が高まります

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

データサイエンティストとは?押さえるべき2つのポイント

データサイエンティストの様子

データサイエンティストとはビックデータといわれる膨大な量のデータを分析・解析をし、活用していく技術者のことを指します。

いわば、情報を扱うプロフェッショナルで、ビジネスにおいて重要な役割を果たします。

データサイエンティストをより理解するために、以下2つのポイントを押さえましょう。

  1. データサイエンティストが生まれた背景
  2. なぜデータサイエンティストが注目されるのか

それでは、ひとつずつ確認していきましょう。

1.データサイエンティストが生まれた背景

データサイエンティストが生まれた背景に大きく関わっているのが、ビックデータの拡大です

データ活用の重要性が高まるなかで、膨大なデータをいち企業の担当者レベルでは扱うことが困難となりました。

そこで、各組織ではデータを扱うプロフェッショナルを求めるようになりました。

  • データを収集するエンジニア
  • 集めたデータを分析するアナリスト

今まではそれぞれに担当者がいましたが、より高いパフォーマンスが得るために、この役割を結びつけた結果、データサイエンティストが生まれました。

2.なぜ今データサイエンティストが注目されるのか?

データサイエンティストが今注目されている理由はこの情報化社会にあります。

  • AIの一般化によるビッグデータを中心とするデータの需要増加
  • IT人材の需要に対する人手不足

データがあふれかえる情報化社会に、そのデータを使いこなすプロフェッショナルの需要が高まっているのです。

データを分析・解析してビジネスに活用していくことに長けたデータサイエンティストは、その企業にとって非常に重要な役割を担います。

そのため、IT人材のなかでもとくに今データサイエンティストが注目されているのです。

もし、将来的にデータサイエンティストになりたいのであれば、学習サポートのあるプログラミングスクールで勉強することも、ぜひ視野に入れてみてください。

国内最大級のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】では、最初から最後までライフコーチがあなたの学習をサポートするため、挫折なく学習が進められます。
また受講生の97%がプログラミング未経験者の【DMM WEBCAMP】では、プログラミング初心者のために開発された独自のカリキュラムも用意されており、初心者でも安心です。

生活スタイルに合わせたコースを受講して、無理なくプログラミングを身につけてください!


プログラミングスキルを身につけて、今よりも一段上のキャリアを!
転職成功率98%の【DMM WEBCAMP】は
✔︎未経験からITエンジニアへ転職したい
✔︎スキルを上げて、キャリアチェンジしたい
✔︎ITエンジニア転職に興味はあるけど、一人で目指すのは不安…
といった方におすすめです!

あなたの転職を一歩有利に!

データサイエンティストの仕事内容5つ

データサイエンティストが仕事をしている様子

ビッグデータを活用する技術者であるデータサイエンティストですが、ただデータを処理するだけが仕事ではありません

ここでは、データサイエンティストの5つの仕事内容をご紹介します。

  1. 問題定義
  2. データの収集・整理
  3. データ分析
  4. レポート作成
  5. 問題解決

ひとつずつ、具体的にみていきましょう。

1.問題定義

問題定義では、企業が抱えている課題の認識、そしてその課題に対して何を解決していくべきなのか定義します

具体的には下記の要素です。

  • 課題の洗い出し
  • 解決すべき問題の明確化
  • 達成目標の明確化
  • 優先順位設定
  • 仮説立案

現状を把握し理想の状態を決めることで、問題が見えてきます。

問題が定義されれば、どのデータが必要なのか、なにをすべきなのか明確になります。

2.データの収集・整備

データの収集・整備は、膨大なビッグデータより課題解決・仮説立証に必要なのデータを収集し、整備する仕事です。

  • データを収集しやすい環境の構築
  • 業務システムやSNSなどを利用したデータ収集
  • ノイズや不要な情報の削除
  • 収集したデータの形式を変換・統一
  • データベースの構築

データをただ収集するだけではなく、上記のように収集から保存・管理するところまでが業務です。

データ収集のIT知識に加えてデータベース関連の知識や操作スキルも必要になります。

3.データ分析

データ分析は、収集・整理したデータから「必要な情報」を探し出し、分析する仕事です。

分析の手法は多岐にわたるので、どんなアプローチをしていくかは技術者次第となります。

  • 因子分析・主成分分析
  • データ統計処理

膨大なデータの中から意味のあるものをいかに見つけ出すかが鍵となり、データサイエンティストの力の見せどころです。

分析するにあたり、分析手法の知識やスキル、そしてプログラミング言語やAI・機械学習などの知識が必要となります。

4.レポート作成

データ分析をと通して分かった結果をまとめてレポートを作成します。

分析結果をビジネスの問題解決にどう活かすかを検討しなければいけないため、解決施策や対策の方向性まで示す必要があります。

  • 分析結果が分かりやすいようにグラフィックなどを使ってまとめる
  • どのように課題を解決していけるか具体的な対策を示す

経営層や業務担当者など、レポートを見る人にとってわかりやすい形でアウトプットすることが大切です。

内容だけではなく視覚的にも理解しやすいように注意をはらって作成するスキルが必要となります。

5.問題解決

最終的に、企業が抱えていた問題・課題を解決していくフェーズです。

ここはデータサイエンティストのゴールともいえる部分です。

データサイエンティストの仕事の多くの時間はデータを収集・分析というデータそのものを扱う時間が多いですが、本質はこの問題解決といえるでしょう

分析結果からビジネス戦略を導き出し、問題解決につながることで、データサイエンティスの仕事の価値が高まります。

データサイエンティストの年収

お金を貯める女性

データサイエンティストの年収は平均で600万円以上と考えられています。

そもそもIT人材自体が不足している中で、ほかのエンジニアと比べてもデータサイエンティストの数が少ないため、希少価値も高いのです。

そのため、ほかの職種と比べても高水準を維持しており、本人のスキル次第では年収1000万円を超える価格提示をしている企業も珍しくありません。

高年収を目指すのであれば、高い知識とスキルを身につけておく必要があります。
そのためにも、スキルが定着できるような学習環境を整えておくことが大切です。

受講生のプログラミング未経験率97%の【DMM WEBCANP】では、初心者向けのカリキュラムやライフコーチによる学習サポートなど、安心して学習が進められる環境があります。
また質問し放題なので、分からないこともその日のうちに解決できます。

あなたも【DMM WEBCAMP】で挫折知らずのプログラミング学習を始めましょう!


ITスキルを身につけて活躍できる人材を目指しませんか?
転職支援付きプログラミングスクールの【DMM WEBCAMP】は
✔受講生の97%が未経験者!
✔一人一人に合わせた学習計画で進められるため、仕事や学校と両立できる
✔未経験者のために開発された独自のカリキュラムを用意!

あなたの転職を一歩有利に!

データサイエンティストはなくなる?具体的な将来性を解説

データサイエンティストの仕事はAIの進化により、仕事が減ってしまうという心配がされています。

しかし、実際にはデータサイエンティストの需要は今後もっと高まっていくでしょう。

その理由としては下記があげられます。

  • 企業にとってデータ活用ニーズの高まりよるデータサイエンティストの需要増加
  • 深刻なIT人材不足

IT人材自体の市場も、需要に対してスキルを持つ人材が不足しており、すぐに仕事がなくなることは考えにくい状況です。

データサイエンティストに必要な7つのスキル・知識

求められるスキル

データサイエンティストとして活躍していくためには幅広い知識と高いスキルを身につける必要があります。

ここでは、データサイエンティストに必要とされるスキル・知識7つをご紹介します。

それでは、ひとつずつみていきましょう。

1.プログラミングスキル

データサイエンティストにプログラミングスキルは必須のスキルです。

  • プログラミング言語の知識
  • コーディングスキル
  • データ形式の統一
  • ログ収集のバッチ作成
  • BIツールへのデータ挿入

具体的には上記の知識・スキルが必要です。

プログラミングスキルの習得には時間と労力がかります。

プログラミングスクールなどでプロから教えてもらうと効率的に学べるのでおすすめです。

2.データ分析スキル

データサイエンティストにはデータを分析するスキルが必要不可欠です。

  • データの統計処理
  • 数理モデルの作成

上記をおこなうため、統計処理の手法やデータマイニング手法についての知識が身についていなければいけません。

データから自分が必要としている情報・結論を抽出するにはどのような手法を利用すべきか選択する部分から含めて必要なスキルといえるでしょう。

3.データ分析ツールの活用スキル

データ分析手法は途中計算が非常に複雑かつ、膨大な量のデータを扱うため、専用の分析ツールを活用します。

データサイエンティストはこのデータ活用ツールを使いこなすスキルが必要です。

  • Excel
  • R
  • SAS
  • Tableau
  • SPSS

上記のようなデータ分析ツールを使いこなすことで、効率的かつ正確に必要な結果にたどり着けます。

一般的な操作スキルではなく分析をするための高度なソフトウェア操作スキルが求められます。

4.ビジネススキル

ビジネス上の問題を解決していくデータサイエンティストにはITに関するスキルの他にビジネススキルも重要です。

  • ビジネスに対する深い理解
  • コミュニケーション能力
  • ロジカルシンキング能力
  • クリティカルシンキング能力
  • ドキュメンテーションスキル
  • プレゼンテーションスキル

上記のようなスキルを求められます。

データサイエンティストのミッションは、ビジネス上の問題をデータ活用を通して解決し、貢献していくことです。

当然、ビジネスへの深い理解が必要になるとともに、成果物を仕上げるための作業スキルが必要です。

5.データベースに関する知識

データサイエンティストが取り扱うデータはデータベースに格納されているものです。

分析基盤を構築するだけでなく、データベースから必要なデータを抽出するデータベーススキルが必要です。

  • SQLでデータ取得ができる
  • 負荷が高い場合にもレプリケーションを利用できる
  • 頻繁に条件指定されるカラムにはインデックスを作成できる

大量のデータを扱うためデータ処理に多くの時間を要してしまうので、上記スキルの高さが仕事の質の高さにもつながります。

6.ビックデータに関する知識

データサイエンティストが扱うデータはビッグデータといって膨大な量のデータです。

データサイエンティストとして働くならばこのビッグデータに関する知識は必須項目です。

  • オープンソース群の知識
  • ビッグデータを高速処理する知識

データをただ分析するのではなく、どこから何のデータを抽出してくるのかまで考えなければいけません。

また、今後ビッグデータは発展していく技術なので、業界のトレンドや動向に対してもアンテナを高く情報を収集することが求められます

7.機械学習の知識

データサイエンティストがデータ分析をおこなうときには機械学習を利用した手法をとる場合があります。

膨大な量のデータに対して人の手だけで処理するのは非常に困難なため、自動で処理できる機械学習を活用して効率化しています

そのため、データサイエンティストには機械学習を使いこなす知識が必要です。

機械学習の活用により短時間で多くの分析・解析が正しくおこなえるため、仕事の質にも直結してきます。

データサイエンティストに必要なプログラミング言語

プログラミングを学ぶ女性

データサイエンティストの仕事のなかには、プログラムを書かなければいけない場面が多くあります。

ここではデータサイエンティストに必要な2つのプログラミング言語を紹介します。

  1. Python
  2. R言語

データサイエンティストが使用する言語はこのふたつが圧倒的なシェアを得ています

それではひとつずつみていきましょう。

1.Python

データサイエンティストが身につけるべきプログラミング言語として大きなシェアを誇るのが「Python」です。

Pythonは文法がわかりやすいため、比較的初心者向きの言語といえます。

  • 機械学習などのAI分野で多く使われる言語
  • シンプルでわかりやすい
  • ほかのアプリケーションとの互換性がよい

上記がPythonの特徴です。

Pythonは万能な言語のため、データサイエンティスト以外のプログラマーにも人気の言語です。

2.R言語

R言語は統計データの解析に特化したプログラミング言語です。

特化型の言語のため汎用性はありませんが、データ解析の分野では圧倒的に優秀です。

  • 機械学習や統計解析ができる
  • 統計分野のパッケージが豊富
  • 簡単に可視化・グラフ化ができる
  • 日本語ソースが少なく高度

統計データ解析のために作られた言語というだけあって、データ解析においては非常に高性能です。

いろんなパッケージを保持しているため、専門性が高く、活用するには知識が必要になるため、初心者には高度な言語といえます。

データサイエンティストに必要な言語を学習するサイト3選

オンライン学習をしている女性

プログラミング言語はオンラインでも学べる環境が整っています。

ここではデータサイエンティストに必要な言語を学習できる3つのサイトをご紹介します。

  1. Udemy
  2. Aidemy
  3. Chainer

オンラインだと手軽に時間と場所を選ばずに取り組めるため、スタートしやすいです。

ひとつずつ詳しくみていきましょう。

1.Udemy

Udemyは動画コンテンツで学べるオンラインサイトです。

IT知識の基本から学べるコンテンツもあり、プログラミング初心者でも安心して学習できる環境が整っています。

  • 買い切り型コンテンツ
  • 幅広いジャンルが学習可能
  • 一部無料コンテンツがあり体験可能

買いきりコンテンツのため、一度買ってしまえば繰り返し視聴できます

プログラミング言語だけではなく、データサイエンティストになる人に向けたコンテンツも多くあるためおすすめのサイトです。

2.Aidemy

Aidemyは初心者でもはじめやすいことを重視して作られたオンラインサービスです。

機械学習の入門講座が人気で、完全無料の講座も準備されています。

  • 機械学習について学習できる
  • プログラミングに必要な環境が不要
  • プランによっては高度な学習も可能

イラストや動画が多く取り入れられたコンテンツで視覚的に理解しやすい工夫がされています。

オンラインプログラミングスクールとしても活用できるプレミアムプランの用意もあり、フレキシブルに学べる環境です。

3.Chainer

ChinerとはPreferred Networks(PFN)という日本企業が開発したPythonベースのディープラーニング向けフレームワークが学べるソフトウェアです。

ニューラルネットワーク学習するための機能がオープンソースで提供されています。

  • 日本語資料が多い
  • 初心者向けのチュートリアルがある
  • 高性能で柔軟性があって直感的

初心者でも学習しやすいようにチュートリアルがありますが、経験者でも高度な開発ができるようにも作られており、利用者の幅が広いのが特徴です。

無料で使用できるので開始までのハードルもなく、すぐにはじめられます。

データサイエンティストで役立つ資格7選

資格学習をする女性

データサイエンティストとして市場価値を高めるためには、自分の知識証明となる資格取得が有効です。

ここでは、データサイエンティストで役立つ資格を7つ紹介します。

市場価値を高められると就活でも有利にはたらきます。

それではひとつずつ詳しくみていきましょう。

1.データスペシャリスト検定

データサイエンティストとしてデータスペシャリスト検定の取得をおすすめします。

データベーススペシャリスト検定は情報処理推進機構(IPA)がおこなっている試験で、国家資格になっています。

  • 国家資格を取得できる
  • データベースの専門知識の出題される
  • 高品質なデータベースを企画から保守までの知識・実践能力が求められる

この検定試験はデータベース関連試験の最難関ともいわれており、合格率も高くありません。

データベーススペシャリスト検定の取得は難易度が高いからこそ取得する価値も高い資格です。

2.統計検定

統計検定は統計学に関する知識や活用力がはかれる試験です。

日本統計学会が認定しており、統計的な考え方を身につけ応用することで、実社会のさまざまな問題を解決していける力を問うものです。

  • 分析力に直結する能力がはかれる
  • 統計学の正しい知識が身につけられる

1級から4級まで5段階のレベル分けがされており、自分の知識・スキルの習得度合いに合わせて受験できます。

実務に直結する統計学と応用能力を証明できる資格なので、就活時のアピールとしても役立ちます。

3.G検定・E資格

G検定・E資格は、日本ディープラーニング協会(JDLA)が提供するAIに関する知識や実装能力を認定する資格です。

事業活用する人材のG検定(ジェネラリスト検定)とディープラーニングを実装する人材のE資格(エンジニア資格)に分かれています。

G検定・E資格の特徴は下記です。

  • それぞれに必要な知識やスキルセットをしている
  • 協会が認定した事業者からのトレーニングが受けられる

これらの資格をとることで名刺などに合格証となるロゴマークをつけることができ、知識やスキルのアピールのしやすさにも注目です。

4.Python試験

Python試験は、データサイエンティストに必要なプログラミング言語であるPythonに関する試験です。

Pythonはデータサイエンティストには必須のスキルのため、Pythonのスキルの証明ができると大きなアピールになるでしょう。

Python試験には下記ふたつの試験があります。

  • Python3エンジニア認定基礎試験
  • Python3エンジニア認定データ分析試験

基礎試験では文法基礎を、データ分析試験ではデータ分析の基礎や方法を問う内容となっています。

5.OSS-DB技術者認定試験

データベースの基本を身につけられる試験がOSS-DB技術者認定試験です。

OSS-DBとはオープンソースデータベースのことで、OSS-DB技術者認定試験はLPI-Japanが認定する民間資格です。

OSS-DB技術者認定試験はふたつのレベルがあります。

  • データベースに関する知識が問われる「Silver」
  • データベースの応用的な出題がされる「Gold」

どちらのレベルも難易度が低いため、データベーススペシャリスト検定へのステップとして受験する人も多いです。

6.基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、データサイエンティストのみならず、IT業界に携わる人であれば取得しておきたい資格です。

この資格は情報処理技術推進機構(IPA)が提供する国家資格なので信用が高く、持っているだけで資格手当がもらえることもあります。

  • 情報処理の基礎
  • 経営・管理に関する知識
  • 情報処理に必要な思考力

エンジニアの登竜門ともいわれており、力試しとして受験してもよいでしょう。

試験内容が多岐にわたるため、試験勉強を通して全般的なIT力の向上が期待できます。

7.統計士・データ解析士

一般財団法人実務教育研究所の通信講座を受講することて取得できる資格です。

日本で唯一の文部科学省認定講座で、内容も初歩的でわかりやすいため、人気の資格となっています。

  • 統計の基礎を体系的に学べる統計士
  • 実務でいかせる統計技法を習得できるデータ解析士

通信講座でじっくり学べるうえに、初心者向きの内容なので、今からデータサイエンティストを目指したい人にはまずおすすめの資格です。

データサイエンティストになるには?就職するための4つの方法

スキルをつけてデータサイエンティストになった人

データサイエンティストになるには、ITやデータベースの専門知識はもちろんのこと、それ以外にも必要な多くのスキルを身につける必要があります。

ここでは、データサイエンティストとして就職するための方法を4つご紹介します。

  1. プログラミングスクールで勉強する
  2. 専門の大学や大学院を卒業する
  3. エンジニア職業から転職する
  4. 社内養成や社内公募を利用してキャリアチェンジ

決して簡単な道ではありませんが、スキルを身につけられればこれから活躍の機会が増えていく仕事です。

ひとつずつ詳しくみていきましょう。

1.プログラミングスクールで勉強する

プログラミングスクールでもデータサイエンティストとして必要なスキルを学べる環境が整っています。

プログラミングスクールは直接プロから学べるため、最短距離で効率的にスキルを高められます。

  • 講師による手厚いサポートがうけられる
  • 信頼できるカリキュラムで学べる
  • スクールによっては就職サポートがうけられる

無料体験期間があるスクールがほとんどなので、まずは参加してみると良いでしょう。

大学などとは違って、期間的にも標的にも手軽に挑戦できるのが魅力です。

2.専門の大学や大学院を卒業する

データサイエンスに特化した大学や大学院に入学、しっかりと時間をかけて学び、卒業後に就職する道があります。

下記はデータサイエンス専門学部が開設された代表的な大学です。

  • 滋賀大学
  • 横浜市立大学
  • 東京大学
  • 武蔵野大学

大学の専門学科卒業の学歴は就活で有利に働きます。

早いうちからデータサイエンティストを目指すことが決まっていれば専門性の高い大学・大学院に進むべきでしょう

3.エンジニア職から転職する

未経験でデータサイエンティストを目指すには、日常的にデータを扱ったりプログラムを組んだりするエンジニア職からの転職が有利でしょう。

データサイエンティストにはITの全般的知識が求められるため、エンジニアとして働いていた経験は知識の証明になります。

今エンジニア職に就いていない人は、データサイエンティストになるファーストステップとしてプログラマーやSEを目指すのも良いでしょう。

まずは転職を視野に入れた土台作りをすることも戦略のひとつです。

4.社内養成や社内公募を利用してキャリアチェンジ

社内でキャリアチェンジプログラムや養成プログラムを実施している企業であれば、応募してキャリアチェンジするのもひとつの方法です。

各企業でデータサイエンティストへの注目が高まっていることもあり、育成に力を入れている企業もあります。

ただし、社内制度を利用しても狭き門なことには変わりないので、日頃からデータサイエンティストに必要なスキルを磨いておく必要があります。

社内で知識やスキルが認められるよう、業務の中で実績をつくっておくと良いでしょう。

まとめ:データサイエンティストの需要は今後も高まり続ける

社会が情報化し、データの活用が企業の成長に重要な意味を持つ時代になりました。

情報化社会のなかで、データサイエンティストという職業へ今後も需要が高まり続けることが予想されます

  1. データサイエンティストは企業の問題をデータ活用で解決していく仕事
  2. データサイエンティストの需要は今後も増え続ける
  3. IT知識に加えてデータベースに関する専門的スキルなど幅広い知識・スキルが必要

データサイエンティストは今注目されている職業です。

高いスキルが必要となるため、今のうちから必要な知識・スキルを学んで経験を貯めていきましょう。

エンジニア転職のプロがマンツーマンで悩みを解決! 累計卒業生数3,000人以上* 転職成功率98%* *2020年4月時点

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中

無料カウンセリングに申込む

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

PAGE TOP

© 2021 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5