家族で楽しく過ごす休日の過ごし方10選|ひとり時間の有効活用法も解説

2023.01.24
家族で楽しく過ごす休日の過ごし方10選

「子どもがどこかに連れてってと言われるが、どう過ごせばいいかわからない」
「出かけるのもいいけど、たまには家でゆっくり過ごしたい」

と思うことはありませんか?

家族で楽しく過ごそうとしても、何をしたらいいのか迷ってしまいますよね。

では、家族で、また夫婦やひとり時間で有意義な時間を過ごすためには、どんなことをすればよいでしょうか?

そこで今回は、

  • 家族で過ごす休日の過ごし方
  • 夫婦水入らずで過ごす休日の過ごし方
  • ひとり時間を有意義に使う休日の過ごし方

について詳しく解説します。

この記事を見れば家族との過ごし方から、ひとりの時間をスキルアップに有効活用する過ごし方がわかります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

家族と楽しい休日を過ごすための5つのルール

家族と楽しい休日を過ごすためのルール

最近は、男性も家族に向けた時間の使い方を前向きに考える人は多いです。

家族が楽しく休日を過ごすためには工夫が必要なので、どんな点に気をつけるべきか5つのルールを紹介します。

  1. 生活のリズムを崩さない
  2. 休日だからと頑張りすぎない
  3. 時々子どもに計画を立ててもらう
  4. 家事を一緒に済ませてから休日を楽しむ
  5. 夫婦でリフレッシュできる時間も作る

子どもとの時間を満喫できるのは休日しかない人が多いので、できるだけ充実させて家族でコミュニケーションを取りたいものです。

休日に家族で楽しく過ごせば仕事も頑張れるので、5つのルールを詳しく解説していきます。

1.生活のリズムを崩さない

せっかくの休日を有意義に過ごすためには、なるべく平日と同じ生活のリズムを意識しましょう。

「休みの前日に深夜まで起きていて朝起きられない」となってしまうと日頃の生活とかけ離れ、休み明けリズムを戻すことに苦労してしまいます。

生活のリズムが崩れると、以下のような悪影響を与えることもあります。

  • 寝つきが悪くなる
  • 朝起きられない
  • 睡眠不足による集中力の低下

平日を元気に過ごすためには普段通りの生活のリズムを意識することが重要なので、楽しい休日を送るためにも夜更かしなどは避けましょう。

2.休日だからと頑張りすぎない

「休日は家族のために頑張ろう」と張り切りたくなりますが、現役世代は平日の疲れが取れずに休日を迎えるケースが多いものです。

普段仕事や家事で疲れているからこそ、休日に家族サービスばかりしすぎるのは禁物です。

毎週のようにどこかへ出かけていると疲れてしまうので、何もしない日を設けることも検討してみましょう。

  • 子どもにも家事を手伝ってもらう
  • 父親だけ、母親だけで子どもと外出する
  • 1日は家族で出かけ、もう1日は家でゆっくりする

極度に疲労が溜まると休日が楽しめなくなってしまうので、無理のない計画を立てたほうがよいでしょう。

平日は子どもと触れ合う時間が少ないからこそ、たまには家族で同じ空間を共有するのも悪くないものです。

3.時々子どもに計画を立ててもらう

日頃から忙しい親にとって「どうすれば子どもが喜ぶか」を考えてばかりいると、疲れてしまうものです。

親が思う子どもが「楽しい」と子どもが思う「楽しい」は異なることもあるため、時々子どもの意見も尊重してあげましょう。

お子さんの年齢に合わせて計画を立ててもらう方法を変え、より満足度の高い休日を過ごしてください。

  • 子どもに行きたい場所を聞く
  • 複数の選択肢を提示してその中から選んでもらう
  • 行きたい場所をリストアップしておく

子どもは自分で行き先を選べた満足感から楽しさも増し、主体的に考えるよい機会になるでしょう。

4.家事を一緒に済ませてから休日を楽しむ

共働き世帯は増えていますが、共働きであっても妻側の家事割合が多いのが現実です。

どちらか一方に家事を任せきりになってしまうと不満が溜まり、夫婦円満とはかけ離れてしまいます。

だからこそ、家族で家事を協力してから休日を満喫できるよう工夫が必要です。

  • 休日にまとめて買い出しに行く
  • 得意な家事を分担する
  • どちらかが家事をしている間、子どもと出かける

このように、家族で役割を分担しておくと効率よく家事を済ませられ、その後は有意義な時間が過ごせることでしょう。

また、休日にまとめて家事を済ませておくと平日の負担が減るため、ストレスの軽減にも役立ちます。

5.夫婦でリフレッシュできる時間も作る

家族で過ごすのもいいかもしれませんが、たまには「何もしない自由の日」を作るのもよいでしょう。

たとえば、母親は買い物、父親は家で子どもとゆっくりするなど、自由に過ごしても楽しいものです。

  • 個々に趣味の時間を満喫する
  • 忙しい母親のために自由時間を作ってあげる
  • 父親が1人で出かける時間を設ける

夫婦で分担し「今日は1日好きなことをしていいよ」など互いを気遣うことで、夫婦の絆が増します。

たとえ家族であっても楽しいと感じる瞬間は違うため、かならず自分が楽しいと思える時間も作りましょう。

また、最近では「リモートワーク」という働き方が広まり、働く業界にもよりますが、以前よりも家族と一緒に過ごせるようになった人も増えています。

とくにプログラマーのような自宅でも仕事ができる人は、こういった働き方の変化の恩恵が大きい傾向にあります。

もし自分もプログラミングを学習してみたい!と思った方には、初心者でも確実にプログラミングスキルが身に付く【DMM WEBCAMP】がおすすめです。

97%以上の受講生がプログラミング初心者からのスタートであるため、ライフコーチによる手厚い学習サポートが受けられます。
また、プログラミングの基礎知識からしっかり身につけられるコースも用意されており、安心して学習を進めていくことが可能です。

[career_1]

家族と過ごす休日の過ごし方10選

家族の休日の様子

休日の過ごし方を家族で話し合うだけで、立派なコミュニケーションになります。

とはいえ「いつも同じことばっかりしている」とマンネリ化してしまうこともあるため、おすすめの過ごし方を10個紹介していきます。

休日の過ごし方よりも家族でどう過ごすのかを相談することが大切なので、家族で休日の過ごし方を決めていきましょう。

家族で有意義な週末を過ごすコツを紹介していくので、参考にしてください。

1.ショッピングモールへ行く

ショッピングモールは子ども連れでも行きやすい施設が整っているため、小さい子どもがいる家庭に人気があります。

食料品だけでなく、服や家電、子どもの好きなお店など何でも揃っているので、欲しいものが違っても家族全員楽しめます。

ショッピングモールにはそれ以外にも良さがあり、家族全員にメリットがある場所です。

  • さまざまな店舗があり、一か所で欲しいものが揃う
  • 定期的に子ども向けのイベントが開催されている
  • 子どもが買い物に飽きても室内遊び場がある

ショッピングモールであれば雨の日でも1日過ごせるので、天気に左右されないことも人気の理由の1つでしょう。

大型商業施設が疲れてしまう人は近所のスーパーでまとめ買いをして、家でゆっくり過ごすのも選択肢の1つです。

2.近所の公園に遊びに行く

休日の過ごし方の定番ではありますが、近所の公園に行けばお金をかけずに思いっきり遊べます。

お弁当を持参すればピクニック気分も満喫でき、少し遠くの公園へ行けばドライブも楽しめます。

公園で休日を過ごすことは子どもにも大人にもメリットがあるので、天気のよい日は公園へ足を運んでみましょう。

  • お金がかからない
  • バドミントンなどを持って行けば大人も身体を動かせる
  • 遊ばせている時間は読書などをし、大人も有意義に過ごせる

青空の下で家族で過ごす時間は、かけがえのない思い出になります。

子どもが大きくなると家族で公園に行く機会は減ってしまうため、今のうちに思いっきり楽しみましょう。

3.アミューズメント施設へ行く

テーマパークは遠出しないと行けない人でも、アミューズメント施設であれば家から近く気軽に行けます。

さまざまなアミューズメント施設があるので、ローテーションを組めば飽きずに遊べるのもアミューズメント施設の良さです。

親子で楽しめるアミューズメント施設の一例を、4つ紹介します。

  • ゲームセンター
  • カラオケボックス
  • 水族館や動物園
  • ボウリング

屋内・屋外問わずさまざまな施設があるので、天候や子どもの年齢で行く場所を選んで楽しんでください。

4.家でゆっくりテレビや映画鑑賞

録画したテレビ番組やお気に入りの映画などを鑑賞し、家族で同じ時間を共有するのも休日の過ごし方の1つです。

あらかじめポップコーンやジュースを用意しておけば、家にいても映画館気分を楽しめます。

  • 見たい番組を週末のために録画しておく
  • レンタルしたDVDを鑑賞する
  • 動画配信サービスを利用する

このように、休日に向けて家族が見たい映画を用意しておきましょう。

テレビや映画鑑賞であれば家族で楽しみつつも身体を休めることもできるので、疲れた休日でも家族で有意義な時間が過ごせるでしょう。

また、作品から刺激を受け新しいアイデアが浮かぶかもしれないので、仕事のモチベーションアップに繋がることもあります。

5.ゲームをする

ボードゲームをする様子

家族でゲームを楽しめば会話も弾み、自然にコミュニケーションが生まれます。

最近はオンラインで通信できるゲームもあるので、ゲーム機を購入しなくても家族全員で同じゲームで遊ぶこともできます。

テレビやスマートフォンのゲームに抵抗のある方は、以下のようなゲームで遊ぶのもよいでしょう。

  • ボードゲーム
  • カードゲーム
  • 謎解きゲーム

ゲームであれば子どもと大人も実力に差がなく遊べるため、子どもでも勝てる数少ない遊びです。

頭を使わないと勝てないゲームもあるため、悔しい気持ちや闘争心を養う機会になるでしょう。

6.普段よりも美味しいものを食べる

忙しい平日は簡単に済ませてしまうご飯も、休日であれば調理や食事に時間を使えます。

親子でお菓子を作ったり、家族で食事を作ったり、アイデア次第で家族団らんの時間に変化します。

ご飯作りに時間をかけるのも休日ならではですが、簡単に料理を済ませて家族で会話を楽しむのもよいでしょう。

  • 平日にはできない手の込んだ料理
  • お取り寄せグルメを楽しむ
  • お酒を飲みながら、ゆっくり食事を楽しむ

このように、工夫次第で家族で食べる食事の満足度が上がり、家族団らんのひとときになります。

平日は忙しくて話せないことも、美味しいご飯を食べながらだと会話が弾み円滑なコミュニケーションが取れるでしょう。

7.DIYを楽しむ

低コストで自分好みの住まいを作り上げるDIYは近年人気があり、子どもと一緒でも十分楽しめます。

DIY初心者であれば簡単に作製できる小物から、次第に棚など大きなものにステップアップしていくのも楽しみ方の1つです。

DIY初心者でも簡単に作れるDIYを3つ紹介します。

  • 木の枝で作るペン立て
  • 収納ケースやボックス
  • すのこを組み合わせるスパイスラック

子どもも自分で作ったものには愛着を持ち、物を大切にする心も養えます。

家族全員で一緒の時間を共有してDIYをおこなうことに意味があるので、簡単なものから始めていきましょう。

8.オンラインツアー

新型コロナウイルスの影響で需要が増したオンラインツアーは、現地にいるガイドとビデオ通話をつなぎながら観光地を案内してもらうサービスです。

インターネットと視聴端末さえあれば、国内外を問わずに格安で旅行気分が味わえます。

  • 国内外の観光地
  • 水族館や動物園のバックヤード体験
  • 世界一周ツアー

紹介した旅先はほんの一例で、ツアー型や体験系などのコンテンツが揃っています。

普段見られない動物の姿、なかなか行けない観光地などを体験できるので、家にいながら外出した気分も味わえます。

オンラインツアーのなかには旅先のお土産付きプランもあるので、より濃厚な疑似旅行を満喫できるでしょう。

9.おうちキャンプ

自宅の庭やベランダにテントを設置し、家をキャンプ場に見立てて過ごすおうちキャンプが注目されています。

おうちキャンプには3種類あり、住んでいる環境で楽しみ方が変わります。

  • 庭にテントを張る「庭キャンプ」
  • ベランダにテントを張る「ベランピング」
  • 部屋にテーブルやイスを設置する「へやキャンプ」

おうちキャンプはアイデア次第で非日常空間が楽しめるので、わざわざ道具を購入しなくても十分楽しめます。

普段の食事を外で食べるだけでもキャンプの雰囲気を味わえるので、充実した休日を過ごせます。

10.次のイベントの計画を立てる

どこにも行かない日は、家族で次の予定を決めるのも楽しい過ごし方の1つです。

ガイドブックやインターネットで観光名所を調べるだけでも楽しめるので、さきほど紹介したオンラインツアーと組み合わせるとより楽しめるでしょう。

旅行の計画だけでなく、家族の誕生日や季節のイベントなど、家族でどんなことをしたいか考えると会話も弾むものです。

  • 休日に行きたい場所リストを作成する
  • 家族の予定を把握し、空いている日を家族で過ごす日にする

このように、旅行だけでなく「今度の休日はどこに行こう」と大まかに決めておくだけでもダラダラ過ごすことが減り、より有意義な休日を過ごせるでしょう。

カレンダーに予定を書き込むと「次のイベントまで仕事を頑張ろう」というモチベーションにも繋がり、多忙な平日も乗り切れます。

夫婦だけで過ごす休日の過ごし方3選

夫婦の休日

子どもができると家族で休日を過ごす機会が増え、夫婦だけの時間がなくなってしまうものです。

子どもがいると落ち着いて話せないこともあるため、ときには夫婦だけで休日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

久々に夫婦水入らずで過ごすのは楽しいものですが、特におすすめの過ごし方を3つ紹介します。

  1. 映画館へ行く
  2. 日帰り温泉に行く
  3. 少し遠くへドライブに行く

せっかく夫婦だけで出かけるのであれば、子どもがいると行きにくい場所へ行くと有意義な時間が過ごせます。

移動中などに日頃よりコミュニケーションが取れるため、夫婦だけで出かけると恋人時代を思い出すかもしれません。

それでは、夫婦だけで過ごす休日の過ごし方を詳しく紹介していきます。

1.映画館へ行く

家族団らんのときに家で見る映画もいいですが、映画館で見る映画は臨場感が違います。

子どもがいると見ることができない大人向けの映画が鑑賞できるため、暗く静かな空間でストーリーを満喫できます。

また、映画は上映時間が決まっているため、その後のスケジュールが立てやすいものメリットの1つです。

  • 映画の前後も会話が楽しめる
  • 天候に左右されない
  • 夫婦で同じ話題が共有できる

このように映画館に行くメリットはたくさんあり、映画を見た後は夫婦の会話も弾むことでしょう。

子どもがいると夫婦だけで会話する時間が限られてしまいますが、映画館に行けば普段より至近距離で夫婦だけの時間を過ごせます。

2.日帰り温泉に行く

宿泊が伴うと気軽に行けない温泉も、日帰り温泉なら気軽に行けます。

夫婦で出かけるものの、浴場では1人の時間も満喫できるため、心も身体もリラックスすることでしょう。

  • 食事を済ませて帰宅すれば、あとは寝るだけの状態になる
  • 場所によってはリラクゼーションや娯楽も提供している
  • 旅行に行くよりもリーズナブルな価格で楽しめる

子どもがいると入れないサウナにもゆっくりと入れるため、夫婦揃って日頃の疲れ癒すのに最適な場所といえます。

ランチがセットになったプラン付きの日帰り温泉もあるので、夫婦で小旅行を満喫することも可能です。

3.少し遠くへドライブに行く

子どもがいると近くで遊ぶ機会が多いですが、夫婦だけであれば少し遠くへドライブに行くのも楽しいでしょう。

家では会話が少ない夫婦も、普段と違う場所へ行けば自然と会話も弾み楽しい時間が過ごせます。

あてもなくドライブをしても楽しめますが、せっかく夫婦だけで出かけるのあれば目的だけでも決めておきましょう。

  • 観光地や話題のスポットへ行く
  • 夜景を見に行く
  • 奮発して高級レストランへ行く

普段じっくり話せないことも車内であれば落ち着いて話せるため、夫婦仲を深めるきっかけになります。

また、思い出の地へ足を運べば懐かしい気持ちが込みあげ、お互いの大切さを実感する機会になるでしょう。

そしてほかにも「夫婦と一緒に新しいスキルを学ぶ」ということもおすすめです。
なかでも「プログラミング」は一度学べば仕事にも応用できることが多く、得ることは多いでしょう。

効率よくプログラミングを学習したいという方には、プログラミングスクールの受講を検討してみましょう。
受講料はかかってしまいますが、短期間で効率よくプログラミングスキルを習得できます。
【DMM WEBCAMP】なら、初心者向けに開発された独自のカリキュラムと充実した学習サポートで、挫折することなくプログラミング学習を進められるでしょう。

また、学習を進めていく中で分からないことが出てきたときは、 チャットもしくはビデオ通話でメンター(講師)に好きなだけ質問できます。

オンラインと教室受講のどちらも可能なので、あなたのライフスタイルに合わせて好きなコースを選択してみてください。

[career_3]

ひとり時間を有効活用に使う休日の過ごし方7選

ひとり時間に家族と遊ぶことを考える女性

家族と有意義な時間を過ごすためには、ひとりの時間を設けることも大切です。

なぜなら、ひとりの時間を充実させることで家族との時間をより楽しめ、より幸せを感じられるからです。

そんなひとり時間におすすめの、有意義な時間の使い方を7つ紹介します。

  1. スキルアップを図る
  2. 資格取得を目指す
  3. 読書をする
  4. 趣味を楽しむ
  5. 身体のメンテナンスをする
  6. 夫婦でも行けない場所へ足を運ぶ
  7. 副業を始める

のんびりする時間もいいですが、せっかくなら普段はできない自分自身を高める過ごし方で時間を有効活用しましょう。

ひとり時間を有効活用する方法を、1つずつ解説していきます。

1.スキルアップを図る

たとえば、プログラミングなどの市場価値の高いスキルを習得すれば、転職を有利に進められます。

PCとネット環境さえあれば自宅でも学習できるため、スキルアップのためにプログラミング学習を始めてみるのもよいでしょう。

その他におすすめのスキルアップの方法を紹介するので、どんなスキルを身につけるべきか検討してみてください。

  • 英語などの語学勉強
  • デザインの勉強
  • 週末セミナーの受講

仕事に全く関係のないスキルでも、知識の幅が広がると仕事に活かせる場面はかならず訪れます。

仕事には関係がなくても、プログラミングを学べば収入アップや在宅勤務も望め今の仕事よりも融通が利く働き方を目指せます。

2.資格取得を目指す

ひとり時間に資格取得に向けた勉強をすれば、より満足度の高い休日が過ごせるでしょう。

今後のキャリアを見据えたうえで勉強を始めれば、転職を有利に進めることも可能です。

さまざまな資格がありますが、取得することで仕事の幅が増える資格を紹介します。

  • 今の仕事に関わる資格
  • 税金や保険などお金にまつわる資格
  • プログラミングやWeb作成などキャリアアップできる資格

資格は自分の人生に役立つものからキャリアアップに繋がるものまで幅広く存在し、自分の市場価値を高められます。

勉強の中で身につけた知識は一生役に立つので、自分の市場価値を上げたいと考えている人にもおすすめです。

楽な仕事 資格楽な仕事がしたい人におすすめの資格15選|働きやすい仕事に就くために覚えておくべきことを解説

3.読書をする

読書は視野を広げるのに最適で、仕事や人生に活かせる知識を得るきっかけになります。

今不安になっていること、今後の課題などを解決する糸口になるかもしれないので、自分が好きなジャンルの本を探してみましょう。

読書は新たな知識を得るだけでなく、さまざまなメリットがあります。

  • 教養や知識が身につき、仕事やプライベートに役立つ
  • 家族との話題作りに役立つ
  • 本が1冊あれば家族で共用できる

読書をすることで知識が増え、さまざまな角度から物事を捉えられるようになります。

家に読みたい本がない場合は図書館へ行き、落ち着いた空間で読書に浸るのもよいでしょう。

4.趣味を楽しむ

趣味がある人は人生が豊かになり、心が満たされます。

ストレス発散だけでなく人と知り合うきっかけにもなるので、自分に合う趣味を探してみましょう。

  • アクアリウム
  • ボルダリング
  • 楽器演奏
  • 登山(トレッキング)
  • 釣り

今回紹介した趣味はごく一部なので、インドア派なのかアウトドア派なのかで決めていくのも趣味を探す1つの方法です。

趣味は家族と楽しさを分かち合うきっかけになるかもしれないので、まずは自分が興味があることから始めてみるのもよいでしょう。

5.身体のメンテナンスをする

仕事で身体を動かしている人もいますが、デスクワークなど活動量が少ない人は運動不足になりがちです。

体力が落ちた状態だと仕事のパフォーマンスも低下してしまうため、空いた時間に身体を動かすよう心がけましょう。

いきなりハードな運動を始めると続かないので、まずは基礎体力が向上する以下の3つから試してみてはいかがでしょうか。

  • ヨガやストレッチ
  • 筋トレ
  • ジョギングやウォーキング

費用は掛かってしまいますが、日頃の疲れを癒したい人はエステやマッサージなど施術を受けてみるのもよいでしょう。

身体の不調を解消すれば仕事のパフォーマンスも上がり、血行も促進されるため健康的に過ごせます。

6.夫婦でも行けない場所へ足を運ぶ

家族や夫婦だけで出かけるのも楽しいですが、なかには1人で行きたい場所もあるでしょう。

子どもがいると行きづらい場所も、ひとり時間なら気軽に足を運ぶことができます。

  • 美術館や博物館
  • クラシックコンサート
  • 落ち着いた雰囲気の喫茶店やカフェ

このように、自分の知見が広がる場所やリラックスできる空間に足を運ぶことで、感性が刺激されて仕事のアイデアが浮かぶこともあります。

子どもがいると行けない静かな雰囲気の場所でリフレッシュすると、仕事や家族と過ごす時間がより充実するでしょう。

7.副業を始める

休日のひとり時間をお小遣い稼ぎの副業にあてるのも、有意義な時間の使い方の1つです。

「わざわざ休日に働くなんて…」と思うかもしれませんが、本業とは関連がないものだと楽しく続けられるものです。

休日は家にいたいという人向けに、自宅で始められる副業を5つ紹介します。

  • Webライティング
  • プログラミング
  • ハンドメイド制作
  • クラウドソーシング
  • コンテンツ配信

副業を始めることで本業では経験できないスキルを磨くこともでき、将来の可能性を広げていくこともできます。

ネット環境があれば始められる副業が多く存在するので、ひとり時間を有効活用できる方法がないか模索してみましょう。

まとめ:家族円満の秘訣は週末の過ごし方を工夫することが大切

ほかの人はどんな風に休日を過ごしているか気になってしまいますが、大切なのは家族が楽しめているかです。

家族と出掛ける日、夫婦だけで過ごす日、ひとり時間を満喫する日などメリハリをつけ、家族が楽しめる週末の過ごし方を話し合ってみましょう。

  • 楽しい週末を過ごすためには無理は禁物
  • 家族で楽しさを共有できる過ごし方をする
  • 家族と過ごすのも大切だが、自分ひとりの時間も必要

週末何をして過ごすのかよりも、日頃からコミュニケーションを取り家族円満を心がけることも大切です。

家族が楽しい休日を過ごせるように、趣味や個性に合わせた過ごし方を探してみてください。

エンジニア転職のプロがマンツーマンで悩みを解決! 累計卒業生数3,000人以上* 転職成功率98%* *2020年4月時点

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中

無料カウンセリングに申込む

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2023 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5