「時間の使い方が上手な人」知らないと損する9つの方法を紹介

2024.05.30
jikannotsukaikatawoumakusuru

「忙しいわけではないのに時間が足りない」
「どうやったら効率的に時間を使えるんだろう」

と思うことはありませんか?

しかし、いざ計画を立てて行動しようとしても、気付いたらダラダラしてしまい、やるべきことができないケースは多いですよね。

では、時間の使い方が上手くなる方法はどのようなものがあるのでしょうか?

そこで今回は、

  • 時間を上手く使える人の特徴は何か
  • なぜ時間を上手く使えないのか
  • 時間を効率的に使う方法はあるのか

について詳しく解説します。

この記事を見れば、限られた時間を無駄にしてしまうことがなくなります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

時間の使い方が上手い人の特徴5つ

時間の使い方がうまいビジネスマンの特徴

毎日の生活を充実させるには、限られた時間をどのように使うかが重要です。

明確な基準は設けられていませんが、時間の使い方が上手い人に共通する特徴はあります。

  1. 決断力がある
  2. スキマ時間を活用している
  3. 行動の習慣化ができている
  4. 自分の能力を把握している
  5. やりたくないことを後回しにしない

ここでは、時間の使い方が上手い人の特徴である上記5つを解説します。

1.決断力がある

時間の使い方を考える上で、決断力があるという点は大きな要素です。

物事を迷うことなく決断することで、素早く行動に移せるので、時間を無駄にすることがありません

また時間に余裕が生まれるため、同じ持ち時間でもより多くのタスクをこなすことが可能です。

時間を有効に使うには、強い決断力をもち、ダラダラと考えるより先に行動に移することを意識ましょう。

2.スキマ時間を活用している

多くの人はスキマ時間を無駄にしがちですが、時間の使い方の上手い人は、この少しの時間も見逃しません。

通勤時間や昼食を済ませた後の時間、仕事と仕事の合間など、わずかな時間も有意義に活用します。

スキマ時間を上手く活用することで、読書や勉強、残っている仕事などをこなすことも可能です。

1日だけだとわずかな時間のように感じますが、日々積み重ねることで大きな差となり自分に返ってきます。

3.行動の習慣化ができている

自分の行動を習慣化できている人は、時間を上手く使うことができるといえます。

行動を習慣化することで、考えるより先に体が動くようになるので、その分時間の短縮ができ、テンポよくタスクをこなすことが可能です。

人は日によって気分も違うので、やるべきことでも、やりたくない時は多くあるでしょう。

しかし習慣化できていると、やることが当たり前なので、気分に左右されずストレスも感じにくくなります。

4.自分の能力を把握している

自分の能力を把握することで、自分の時間をコントロールすることができます。

得意な分野は時間がかからないので、スキマ時間にこなしたり、逆に苦手な分野には多くの時間を用意したりと、スケジュールの管理が可能です。

自分でスケジュールの管理がしっかりできていれば、時間を無駄なく活用できます。

時間を上手く使うためには、まずは自分の能力を把握することが重要なポイントです。

5.やりたくないことを後回しにしない

時間を上手く使う人は、やりたくないことでも、やるべきことはであればまず先に片付けます。

多くの人はやりたくないことを後回しにしがちですが、ダラダラと先延ばしにすることは時間の無駄です。

またやりたくない気持ちがどんどん大きくなり、それがストレスに変わるケースもあります。

やりたくないことを後回しにせず、早々と片付けてしまうことで、本当にやりたいことにリソースを割けるようになるでしょう。

もしこの記事をご覧の方で自分もプログラミングを学習してみたい!と思った方には、初心者でも確実にプログラミングスキルが身に付く【DMM WEBCAMP】がおすすめです。

97%以上の受講生がプログラミング初心者からのスタートであるため、ライフコーチによる手厚い学習サポートが受けられます。
また、プログラミングの基礎知識からしっかり身につけられるコースも用意されており、安心して学習を進めていくことが可能です。

興味がある方はぜひ、実際に転職した方のインタビューをご覧ください!

\プログラミングを学んで/
人生を変えた3名

インタビュー記事一覧 >

時間の使い方が上手くいかない5つの理由

時間に追われている様子

時間を上手く使えるようになるには、上手くいかない理由を把握しておくことも重要です。

ここでは、時間を上手く使えていない人に共通する5つの理由を解説します。

  1. 優先順位付けができていないから
  2. 常にギリギリで行動しているから
  3. 自分の能力を把握できていないから
  4. 人からの誘いを断れないから
  5. 優柔不断だから

ぜひ参考にして、時間を有効活用できるようになりましょう。

1.優先順位付けができていないから

時間の使い方が上手くいかない場合の多くは、優先順位付けが上手くできていません。

限られた時間の中で、物事を順序よく進めるためには、優先順位を把握することは重要です。

優先順位がはっきりしていないと、今やらなくてもいいことに手を出したり、その時の気分でやることを決めたりしてしまいます。

その結果、無駄な時間を使うはめになり、その後のスケジュールにも悪影響を与えてしまうのです。

2.常にギリギリで行動しているから

時間を上手く使えない人は、余裕を持った行動を取れず、常にギリギリのケースが多いです。

最初は時間に余裕があるため「まだ大丈夫だろう」とすぐには取り掛からず、スタートを先延ばしにし続けてしまいます。

そして締め切りや納期が迫ったギリギリのタイミングになり、焦って行動することになるのです。

ギリギリでの行動は、有効な時間の使い方ができず、スケジュールの管理も難しくなってしまいます。

3.自分の能力を把握できていないから

自分の能力を把握できておらず、結果的に時間を無駄にしてまうケースも多いでしょう。

人により得意なこと不得意なことは違いがあります。

それらを自分で把握していないと、どのタスクにどれくらいの時間を費やせばいいかがわかりません

そうなると時間の管理がうまくいかず、無駄に時間を消費することになったり、時間が足りなくなったりしてしまいます。

4.人からの誘いを断れないから

人からの誘いを断れず、なんとなく遊びや飲み会などに参加していると時間を上手く使えません。

やるべきことを後回しにすると、一旦集中力が途切れます。

そしてまた取り掛かる際に、新たに集中する気持ちを作らなくてはいけないので、その分時間をロスします。

自分にとってプラスになる誘いなら受けてもいいでしょうが、あまり興味がない誘いは、受けても時間の無駄になるケースが多いです。

5.優柔不断だから

時間を上手く使えるようにするためには、優柔不断な性格を直すことをおすすめします。

優柔不断な人は何事もすぐに決断できず、ずるずると決断を先延ばしにし、なかなか行動に移せません

そうして限られた時間をどんどん無駄にしてしまいます。

また優柔不断だと人の意見に左右されてしまい、自分の本来するべき行動が取れず、時間をロスしてしまうケースもあるので注意が必要です。

時間の使い方を上手くすると得られる3つのメリット

時間の使い方がうまい様子

時間を効率的使えるようになることで、仕事面だけでなく生活面にも嬉しい変化が期待できるでしょう。

ここでは、時間の使い方が上手くなるにつれて得られる3つのメリットをご紹介します。

  1. 仕事の成果が上がる
  2. 自由な時間が増える
  3. 心の余裕につながる

それぞれ見ていきましょう。

1.仕事の成果が上がる

時間の使い方が上手くなると、スケジュールの管理が正確におこなえるようになり、仕事の成果の向上も期待でるでしょう。

「今何をやるべきか」「何時までに終わらせるか」など、しっかりとした計画が立てられるため、効率的に時間を使え、仕事の質も上がります。

また、仕事の適切なペースをしっかり把握できるので、納期や締め切りに遅れることがありません。

それにより、周りからの信頼を得られことも期待できます

2.自由な時間が増える

時間の使い方が上手くなることで、スケジュールの管理が上手くなり、仕事の効率が上がります。

そして通常の作業量でも、早く仕事を終わらせられるようになり、その分自由な時間が増えます。

  • 家族や友達と遊ぶ
  • 資格や語学の勉強をする
  • 副業をする

自由な時間が増えることで、上記のような時間の使い方も可能です。

時間の使い方が上手くなることは、プライベートの時間を充実させることにも繋がります

3.心の余裕につながる

時間を効率的に使うことができれば、仕事の成果が上がり、プライベートも充実してきます。

これにより、今までになかった心の余裕を感じることができるでしょう。

心に余裕ができることで、自分のやりたいことや楽しめることに目を向けられるようになり、より充実した生活を送られるようになります。

その生活の充実がモチベーションの向上に繋がり、何事にも積極的な姿勢で臨むことができるでしょう

スキマ時間に効率よくプログラミングを学習したいという方には、プログラミングスクールの受講を検討してみましょう。
受講料はかかってしまいますが、短期間で効率よくプログラミングスキルを習得できます。
【DMM WEBCAMP】なら、初心者向けに開発された独自のカリキュラムと充実した学習サポートで、挫折することなくプログラミング学習を進められるでしょう。

また、学習を進めていく中で分からないことが出てきたときは、 チャットもしくはビデオ通話でメンター(講師)に好きなだけ質問できます。

あなたのライフスタイルに合わせて好きなコースを選択してみてください。

「なんか今の仕事合わないな・・・」

「IT業界に転職してみたいなぁ・・・」

という方、DMMが運営する「WEBCAMP エンジニア転職」をご検討してみてはいかがですか?

WEBCAMP エンジニア転職

「WEBCAMP エンジニア転職」では最短12週間でITエンジニアを目指すことが可能です!

WEBCAMPの卒業生は転職後に年収もUP!(例:年収250万円→500万円)

しかも今なら受講料の最大70%が給付金として支給されます

DMM WEBCAMPは経済産業省・厚生労働省が認定した専門実践教育訓練給付金制度の対象です

DMM WEBCAMPについてもっと詳しく

時間の使い方を上手くするための9つの方法

タイムマネジメントを意識する方法

時間の使い方を上手くすることは、決して難しいことではありません。

いつもの行動のなかで少し意識を変えるだけで、大きな変化をもたらしてくれます。

では限られた時間を上手く使い、効率的に成果をせるようになるにはどうしたらいいのでしょうか。

ここでは、時間の使い方を上手くするための上記9つの方法について詳しく解説します。

1.やるべきことを洗い出す

時間を効率的に使うには、まず自分がやるべきことを洗い出す必要があるでしょう。

やるべきことを洗い出し、リスト化して管理することで、適切な行動が取れるようになります。

また「何がしたいのか」「なぜしたいのか」などの点を明確にすることもおすすめです。

行動に対してのはっきりとした目的や意思を持つことで、より質の高い成果を上げることが期待できます。

2.やらないことを決める

時間の使い方を考える際には、緊急性や重要性のないことなど、「やらない」ことを決めておくことも重要です。

時間には限りがあり、手当たり次第に手を出していては、本当にやるべきことをスムーズに終わらせることができません。

とくに、気の乗らない相手からの誘いに乗ったり、ダラダラとゲームをしたりすることは避けましょう。

やらないことをしっかりと決めることで、生活から悪習慣を取り除くことができ、より効率的に時間を使えるようになります

3.ゴールを決める

何事を始めるにも、ゴールが明確でなければ、適切な行動が取れません。

やるべきことをしっかり把握し、時間を無駄にしないためにも「いつまでに終わらせる」というゴールを決めることが重要です。

ゴールを決めることで、スケジュールの管理ができるようになり、やるべきことの先延ばしを防げます

また、タスクの管理もしやすくなり、時間をより効率的に使えるでしょう。

4.計画を立てたらすぐ行動する

やるべきことを効率的におこなうには、スピード感が重要です。

計画を立て、ゴールが決まったら、とにかくすぐに行動するようにしましょう。

気分が乗らないからといって、ダラダラと始めなければ、せっかくの計画が無駄になってしまうし、時間もロスしてしまいます。

時間を上手く使いたいのであれば、計画を立てたらすぐ行動することを意識しましょう。

5.スキマ時間を利用する

空いている時間を有意義にしている人

時間がなくてやりたいことが出来ない人は、スキマ時間を上手く使うことで、自分の時間を増やすことが出来ます。

スキマ時間とは、朝の通勤時間や昼休憩、仕事と仕事に間に時間などのちょっとした時間のことです。

スキマ時間を読書や資格のための勉強、語学習得などに使うことで、知識・スキルアップが期待できます。

スキマ時間を利用すると、無駄なく時間を使えるようになり、生活もより充実するでしょう。

6.人に頼る

時間を上手く使うには、「人に頼れる」「人に力を借りられる」などの行動が取れるかが重要です。

1日の時間は限られているので、自分1人でこなせる仕事にも限界があります。

人に頼ることで、作業時間を短縮できますし、その空いた時間でまた違うタスクに取り掛かることも可能です。

また自分の苦手な分野を、その分野が得意な人に任せることで、ストレスなくより効率的に仕事を進めることが出来ます。

7.休みもしっかりとる

時間の使い方が上手くなりたいのであれば、仕事こなすばかりでなく、休みをしっかり取ることも重要です。

時間を上手く使いたいがために、スケジュールを目一杯詰め込んで、少しでも多くのタスクをこなそうとします。

あまりに忙しいスケジュールでは、やがて疲れてしまい、その後のパフォーマンスにも悪影響を与えてしまいます。

時間を効率的に使えるようになるためにも、スケジュールをあまり詰め込みすぎず、しっかりとした休みも確保することをおすすめします。

8.朝の時間を利用する

時間の使い方が上手い人の特徴として、朝の時間を上手く利用している点が挙げられます。

朝15分〜30分早く起きるだけでも、それを毎日積み重ねることで、膨大な時間を確保することが可能です。

その時間を利用して、読書や勉強をしてスキルアップを測ることは十分に出来ます。

また朝の時間を有効活用することで、1日を余裕を持って過ごせるようになるでしょう。

9.アプリや時短家電を取り入れる

時間を無駄なく有効活用したい人は、仕事を効率化してくれるアプリや、時短できる便利家電の導入をおすすめします。

効率化してくれるアプリを使えば、スケジュール管理やタスク管理がアプリ上で簡単におこなえ、作業の手間を省くことが可能です。

また時短家電を使えば、自分の代わりに作業してくれるため、その分の時間を自由に使うことが出来ます。

時間を上手く使うには、アプリや時短家電を積極的に取り入れることを検討しましょう。

まとめ:時間を効率的に使ってより豊かな人生を手に入れよう

今回の記事では下記の3つについて詳しく解説しました。

  • なぜ時間を上手く使えないのには理由があった
  • 時間を上手く使うのは難しいことではない
  • 時間を効率的に使うと心に余裕が生まれる

時間を効率的に使えるようになるには、難しいことは必要ありません。

時間を上手く使えない理由をしっかり理解し、適切な行動をとることで、誰でも時間の使い方を上達させることは可能です。

時間を効率的に使えるようになれば、仕事の成果も上がり、プライベートの時間もたくさん取れるようになります。

その積み重ねが心の余裕へと繋がり、毎日の生活をより充実させてくれるでしょう。

\プログラミングスクールを比較/

DMM WEBCAMP

COACHTECH

RUNTEQ

DMM WEBCAMP COACHTECH RUNTEQ
目指せる姿 WEBエンジニアへの転職
フリーランスエンジニア WEBエンジニアへの転職
分割払い
補助金 ×
転職保証 × ×
受講期間 12週間〜 3ヶ月〜 5ヶ月〜
特徴 【IT業界の転職を一番に考えたい方向け】
大手DMMが運営のプログラミングスクール
転職成功率98.8%
豊富なキャンペーンや補助金制度あり
【フリーランスを目指したい方向け】
フリーランスのエンジニアを最短で目指す
エンジニアと共に実際の案件開発を担当
【とことん勉強してから転職したい方向け】
1,000時間(約9カ月)のカリキュラムでしっかり勉強
企業の求める即戦力のWEBエンジニアを目指す
料金 329,350円〜
※給付金適用後
42万9,000円~ 55万円

公式HP

公式HP

公式HP

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2024 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5