Webライターとは?仕事内容や年収、必要なスキル7つや向いている人の特徴を徹底解説

2021.11.05
webraitatoha

近年は、パソコンだけでできるWeb系の仕事を選ぶ人が増えてきました。

そんななかでも、Webライターは誰でも始めやすい仕事として人気があります。

「Webライターってどんな仕事?」
「未経験からでもWebライターになれる?」
「Webライターに必要なスキルやスキルアップの方法は?」

という疑問を持つ方もいるでしょう。

今回は、

  • Webライターの仕事内容
  • Webライターに向いている人の特徴
  • Webライターに必要なスキル
  • Webライターとしてスキルアップする方法

などについてご紹介します。

この記事を読めば、Webライターという仕事の概要がわかり、スキルを身につけるための行動を起こせるようになるでしょう。

「未経験からWebライターを目指すのってどうなの?」という方は、ぜひ最後まで読み進めてください。

Webライターの仕事内容

仕事をする人

Webライターとは、Web上にある文章を書く仕事です。

主にWebサイト上の文章を書くことが多く、たくさんの人に読まれるような文章を書くことが求められます。

そのため、文章力だけでなく検索エンジンやSNS経由の集客を意識することが大切です。

文章のジャンルはさまざまで、自分の興味関心や経験を活かした分野で文章を書くことができます。

パソコンで文章をかける人なら誰でも挑戦しやすい仕事で、副業としても人気です。

もちろん、安定した収入を得る仕事にするには、スキルや知識を身につけることが欠かせません。

Web系の仕事がしてみたいというあなたは、プログラミングに興味はありませんか。

プログラミングを学習するなら、初心者でも確実にプログラミングスキルが身に付く【DMM WEBCAMP】がおすすめです。

97%以上の受講生がプログラミング初心者からのスタートで、ライフコーチによる手厚い学習サポートを受けられます。

プログラミングの基礎知識からしっかり身につけられるコースが用意されており、安心して学習を進めていけるでしょう。

[career_1]

Webライターの働き方は2種類

オフィスで働く人

Webライターの概要についてお伝えしました。
インターネットをよく閲覧する方なら、Webライターの仕事もイメージしやすいのではないでしょうか。

次は、Webライターの働き方を見ていきましょう。

ここでは、Webライターの2種類の働き方についてご紹介します。

  1. 企業のライティング担当者になる
  2. フリーランスのライターとして活動する

さっそく見ていきましょう。

1.企業のライティング担当者になる

Webライターと聞いて思い浮かべるのは、企業のライティング担当者ではないでしょうか。

企業のライティング担当者は、社員として勤めながら、メディアの記事を執筆する働き方です。

毎月一定の収入を得ることができ、安定した働き方ができます。

企業に所属して働くため、仕事はライティングだけではなく、会議や会社の行事などに参加することも含まれるでしょう。

未経験でも応募できる求人はありますが、視野が狭くなりがちです。
Webライターとして経験を積んだあとに応募するほうが望ましいでしょう。

2.フリーランスのライターとして活動する

最近増えてきているのが、フリーランスのWebライターとして活動する働き方です。

フリーランスの場合、企業に所属することなく、案件ごとに契約を結んで仕事をします

仕事をした分だけ収入を得ることができ、働く時間や場所などの自由度が高いことが魅力です。

ライティング以外にも、事務業務や経理業務などを自分でこなす必要があります。

未経験からでもフリーランスとして活動することは可能です。
最初のうちは単価が低いですが、スキルを身につければ収入アップもできるでしょう。

Webライターに向いている人の特徴5つ

生き生きと働く人

Webライターの働き方についてお伝えしました。
企業に勤める場合と、フリーランスとして活動する場合がありましたね。

「Webライターの働き方に興味が出てきた!でも、自分に向いているのかな?」
そう不安に感じる方もいるかもしれません。

Webライターの仕事にも向き不向きはあります。

Webライターに向いている人の特徴を知り、自分に適正があるかをチェックしてみましょう。

ここでは、Webライターに向いている人の特徴5つをご紹介します。

  1. 文章の読み書きが得意
  2. 人に教えるのが好き
  3. 好奇心が旺盛
  4. 地道な作業が苦にならない
  5. スケジュール管理ができる

それでは見ていきましょう。

1.文章の読み書きが得意

文章の読み書きをすることは、Webライターの仕事でも基本です。
得意な自信がある方は、向いているでしょう。

たとえば、次のことに心当たりはありませんか。

  • 読書が好き
  • ブログを読むのが好き
  • インターネットで記事を閲覧するのが好き
  • 作文が得意
  • 日記を書く習慣がある
  • ブログを書いている
  • 仕事で報告書を褒められる

もし、当てはまるものがあれば、自分で得意だとは思っていなくても人より秀でている可能性があります。

ぜひ自分のことを振り返ってみてください。

2.人に教えるのが好き

Webライターに向いている人の特徴として、人に教えることが好きであることが挙げられます。

Webライターは情報を誰にでもわかりやすく文章にまとめる力が求められる仕事です。

「どのように表現すれば読者に伝わりやすいかな?」と考えながら文章化することは、人に教えることと近い行為といえます。

次のことに当てはまるなら、Webライターとしても活躍できる素質があるでしょう。

  • 部下によく頼られる
  • 勉強を教えるのが好きだった
  • 説明が上手と言われる
  • 道案内が難なくできる

知識があることとそれを他人に教えられることは別物です。

「教えることが好き」はWebライターとして大切な素質の1つといえます。

3.好奇心が旺盛

Webライターに向いている特徴に、好奇心が旺盛であることがあります。

執筆するジャンルについて情報を集めながら書くWebライターは、あらゆることに興味を持って調べる姿勢が大切です。

好奇心旺盛な人ほど、主体的に情報収集するため、より質の高い記事に仕上がります

高品質な記事を納品することで評価も高まり、実績や単価アップにつながりやすいです。

好奇心が旺盛な人は、情報収集が要であるWebライターに向いているといえます。

4.地道な作業が苦にならない

地道な作業が苦にならないことも、Webライターに向いている人の特徴です。

Webライターはパソコンに向かってコツコツ情報収集し、記事を執筆していきます。

その過程は地道で、1記事を完成させるまで数時間かけることも珍しくありません。

Web系の仕事というとスマートで華やかなイメージを持つ方もいるかもしれませんが、長時間のパソコン作業は地味な作業の積み重ねです。

堅実に一歩ずつ進める作業が苦にならない人に向いている仕事です。

5.スケジュール管理ができる

Webライターに向いている人は、スケジュール管理ができるという特徴があります。

社会人としては基本的なスキルではありますが、Webライターの場合は特に納期をきちんと守ることが重要です。

ジャンルや記事の種類によっては、納期が短く設定されている場合もあります。
特にトレンド系の記事は話題が移り変わりやすいため、迅速な納品が求められるでしょう。

Webライターとして納期を厳守することは信用に関わる問題です。
決して遅れることのないように注意する必要があります。

「普段からスケジュールを立てて行動できている」「締切に余裕を持って対応している」という方は、Webライターに向いています。

IT業界に興味がある方は、プログラミングを学習しましょう。
スキマ時間に効率よくプログラミングを学習したい方には、プログラミングスクールがおすすめです。

受講料はかかるものの、短期間で効率よくプログラミングスキルを習得できます。

【DMM WEBCAMP】なら、初心者向けに開発された独自のカリキュラムと充実した学習サポートで、挫折することなくプログラミング学習が可能です。

また、学習を進めるなかでわからないことが出てきたときは、 チャットもしくはビデオ通話でメンター(講師)に好きなだけ質問できます。

オンラインと教室のどちらでも受講が可能なので、あなたのライフスタイルに合わせて好きなコースを選択してみてください。

[career_3]

未経験からWebライターを目指す3つのメリット

パソコンでオンライン通話をする人

Webライターに向いている人の特徴についてお伝えしました。
当てはまる特徴はあったでしょうか。

もちろん、文章が書ければWebライターになることはできます。
大切なのは「Webライターになりたい」というやる気と行動力です。

「でも、未経験からWebライターになるのってどうなの?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

まったくの未経験から何かを始めるのは不安になりますよね。
未経験からWebライターを目指すメリットとデメリットを知ることで、不安を解消しましょう。

ここでは、未経験からWebライターを目指す3つのメリットをご紹介します。

  1. 副業として始めやすい
  2. 時間や場所に縛られず働ける
  3. 努力次第で収入がアップする

順番に見ていきましょう。

1.副業として始めやすい

未経験からWebライターを目指すメリットに、副業として始めやすいことが挙げられます。

副業とは、本業のほかに仕事を持つこと。
最近は副業を認める企業も増えていますね。

Webライターは、文章が書ける人なら誰でもできる仕事がたくさんあります。
未経験から副業として始めやすい仕事なので、ゼロからスタートするハードルが低いです。

いまの仕事を続けながら副業でWebライターをすることで、未経験からでも安心して働けます

2.時間や場所に縛られず働ける

未経験からWebライターを目指すことには、時間や場所に縛られずに働けるというメリットを得られます。

Webライターの仕事は基本的に納期までに執筆すればいいので、時間に縛られにくいです。

パソコンとインターネット環境があればどこでも仕事ができるので、働く場所を選びません。

企業に所属してWebライターとして働く場合は、どうしても勤務時間や勤務場所の制約があるでしょう。
それでも、リモートワークやフルフレックスを導入して、柔軟に働ける環境も増えています。

フリーランスならなおさら、時間や場所に縛られることはありません。
ノマド的な働き方も実現できます。

3.努力次第で収入がアップする

未経験からWebライターを目指すメリットとして、努力次第で収入がアップすることも大きいです。

Webライターの仕事は誰でもできるぶん、単価が低くなりやすいもの。

努力してWebライティングの高度な知識やスキルを身につければ、単価アップにつながり、収入を上げることが可能です。

企業に勤めている場合でも個人の実績を評価する社風なら、記事の流入から売上に大きく貢献することで、昇給する可能性は十分にあるでしょう。

努力が成果につながりやすいのがWebライターの大きな魅力です。

未経験からWebライターを目指す2つのデメリット

時間が過ぎ去ることを考える人

未経験からWebライターを目指すメリットについてお伝えしました。
副業として始めやすく、時間や場所や収入まで自由度が高いのは魅力ですね。

しかし、Webライターにはメリットばかりではありません。

デメリットもにもきちんと目を向け、地に足をつけて判断することが大切です。

ここでは、未経験からWebライターを目指す2つのデメリットをご紹介します。

  1. 最初は単価が低い
  2. 差別化が難しい

詳しく見ていきましょう。

1.最初は単価が低い

実績がない最初のうちは、単価が低いなかで仕事をしなければならないというデメリットを実感するでしょう。

Webライターの仕事は単価が低いものも非常にたくさんあります。
クラウドソーシングサイトを見ると、文字単価が1円未満の案件が見つかるでしょう。

単価の低い案件をこなすフェーズを乗り越えて、実績とスキルを積み重ねることで単価交渉や高単価案件への応募が可能になるのです。

最初から目先の利益を見て「稼げない」と諦めてしまうと単価は低いまま。

Webライターを目指すなら、最初のうちは単価が低いことを覚悟しておく必要があります。

2.差別化が難しい

Webライターは、差別化が難しいというデメリットがあります。

特に、未経験からWebライターを始める人はここ最近増えている状況です。

特定のジャンルに特化したつもりでも似たり寄ったりなWebライターが多く、ほかと差をつけることが難しくなっています。

高い実績やスキルがあれば、周囲よりひときわ目立ち、依頼も増えることでしょう。

しかし、未経験からではいずれも時間がかかるため、根気強く行動することが求められます。

Webライターに必要な7つのスキル

学習する人

未経験からWebライターを目指すメリットとデメリットについてお伝えしました。
両方の面を踏まえた上で、自分で納得して行動することが大切です。

ここまで読んで、「Webライターになるために必要なスキルが知りたい!」という方もいるでしょう。

簡単なWebライティングの案件をこなすだけなら、文章が書ければ問題ありません。

しかし、Webライターとしてきちんと仕事をしていきたいと考えるなら、スキルの習得は重要です。

ここでは、Webライターに必要な7つのスキルをご紹介します。

  1. 基本的なパソコンスキル
  2. リサーチ力
  3. 構成力・文章力
  4. コミュニケーションスキル
  5. SEOの知識
  6. 著作権の知識
  7. WordPressの知識

1つずつ見ていきましょう。

1.基本的なパソコンスキル

Webライターはパソコンを使って文章を書くため、基本的なパソコンスキルが必要です。

手元を見なくてもタイピングができるブラインドタッチは身につけておきたいところでしょう。

タイピングの速度がそのまま執筆速度に直結するため、スピードアップを意識することが大切です。

また、文章の納品は「Word」や「Googleドキュメント」を利用することが多いので、使い方に慣れておくと安心ですよ。

さらに、次のようなショートカットキーも使えるようにしておきましょう。

MacWindows
全選択command + ACtrl + A
コピーcommand + CCtrl + C
切り取りcommand + XCtrl + X
ペーストcommand + VCtrl + V
一つ戻るcommand + ZCtrl + Z

ショートカットキーを使えるようにすると、作業効率がぐんと高まります。

少しずつ覚えて、使えるショートカットキーを増やしましょう。

クライアントとの連絡は「chatwork(チャットワーク)」や「Slack(スラック)」などのアプリを利用することも多いので、使い慣れておくようにします。

2.リサーチ力

Webライターは書く仕事のイメージが強いですが、書くためにはリサーチ力が求められます。

リサーチ力とは、必要な情報を収集して整理する能力です。

記事を書くためにどんな情報が必要なのかを明確にして、的確に情報にアクセスします。

インターネット上には多種多様な情報が溢れているため、信頼できる情報源を探し出すことも重要です。

情報が収集できたら、1つの記事に掲載する情報として整合性がとれるよう整理します。

3.構成力・文章力

集めた情報をわかりやすく記事まとめるために必要なスキルが、構成力・文章力です。

読者が求めているニーズに対して、どのような構成にするとわかりやすいのかを考えて組み立てます。

読者の疑問をスムーズに解消し、次へ次へと読み進めてもらえるような構成にすることが重要です。

さらに、文章の一文一文にも意識を向けます。
やさしい言葉を使い、端的でわかりやすい文章を心がけることがポイント。

優れた構成と文章で書かれた記事は、読者の満足度が高くなります。

4.コミュニケーションスキル

Webライターにはコミュニケーションスキルも求められます。

「パソコンに向かって1人で黙々と仕事をするイメージなのに?」と意外に思われる方もいるかもしれません。

しかし、Webライターはクライアントや職場の仲間など、あらゆる人と関わりながら仕事をします

良好な人間関係を築き、スムーズに仕事をするには、コミュニケーションが欠かせません。

特にクライアントとは、相談や提案、交渉をすることもあります。
コミュニケーションスキルを磨くことで、円満に仕事をしやすくなるでしょう。

5.SEOの知識

Webライターとして働くなら、SEOの知識を身につける必要があります。

SEOとは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)のことです。
高品質なWebページが検索結果の上位に表示される仕組みを意味しています。

Webライティングでは、多くの人に読まれるためにSEOの上位に表示されるような記事を書くことが求められます。

SEOの知識を身につけることで、検索結果で上位表示されるために必要な要素を取り入れた記事の執筆が可能です。

SEOを考慮した執筆を「SEOライティング」と呼ぶこともあります。
SEOライティングで上位表示の成果を出せれば、それまでより単価をアップさせられるでしょう。

6.著作権の知識

Webライターとしておさえておきたいのが著作権の知識です。

記事内でほかの情報を引用する場合、著作権に配慮した適切な記述の仕方をしなければなりません。

もし不適切な方法で引用してしまうと、著作権の侵害に当たり、トラブルに発展する可能性があります。

インターネット上で情報収集、記事の執筆をするWebライターは、著作権に関わりのある仕事です。

基本的な著作権の知識を学んでおきましょう。

7.WordPressの知識

メディアに掲載する記事を執筆するWebライターは、WordPressの知識を身に着けましょう。

WordPressとは、Webサイトやブログの作成ができるCMS(コンテンツ管理システム)です。
現在、Web上にあるサイトやブログの多くがWordPressによって作成・管理されています。

WordPressの基本的な知識を身につければ、直接納品ができるCMS入稿(WordPress入稿)も可能です。

WordPressが使えない、CMS入稿ができないというWebライターは意外といるので、知識があるだけで重宝されます

WordPressの知識を身につけることで、記事の執筆だけでなく文章の装飾や図表の挿入などもできるようになるでしょう。

Webライターとしてスキルアップする方法5選

パソコンを持ちながら喜ぶ人

Webライターに必要なスキルについてお伝えしました。
たくさんありますが、少しずつ身につければ大丈夫です。

「どうやってスキルを身につければいいの?スキルアップの方法は?」と気になりますよね。

スキルアップの具体的な方法を知り、すぐに行動を起こせるようにしましょう。

ここでは、Webライターとしてスキルアップする方法5選をご紹介します。

  1. 講座やセミナーを受ける
  2. 記事をたくさん読む
  3. 良質な記事を写経する
  4. ブログを書く
  5. SNSで発信する

さっそく見ていきましょう。

1.講座やセミナーを受ける

インターネットで検索すると、Webライターのスキルを学べる講座やセミナーが見つかります。

興味のある講座やセミナーに参加してみましょう。
未経験なら「未経験から」「初心者向け」などがおすすめです。

最近ではオンラインの講座やセミナーもあるので、地方に住んでいても参加しやすくなっています。
アーカイブが視聴できるタイプなら、仕事で時間の都合がつかない人でも安心です。

ただし、なかには悪意のある人が実施している講座やセミナーもあります。
料金が何十万円もかかる、評判が良くないなど、違和感を感じる講座やセミナーには要注意です。

大手企業が運営しているものや、口コミなどの評価が比較的高いものは信頼できるでしょう。

2.記事をたくさん読む

Webライターとしてスキルを高めるには、とにかく記事をたくさん読むことも大切です。

特に上位表示されている記事を多く読むことで、どういう構成や文章の記事が高品質でSEOに評価されやすいのかがつかめるようになります。

たくさんの記事を読めば、知識も身につき、文章の書き方も学べるはずです。

興味のあるジャンルのメディアやブログの記事を読む習慣をつけるのもおすすめですよ。

さらに、どういうキーワードでどういう情報がまとめられているのかを比較しながら読めば、リサーチ力も身につきます。

3.良質な記事を写経する

良質な記事を写経することで、文章力のスキルアップができます。

写経とは、書いてある文章をそのまま書き写すこと。
手本をもとに書き写すことで、わかりやすい文章の特徴や工夫がつかめます

さらに、元の文章を見ながら自分の手を動かして書き写すので、タイピングの練習にも効果的です。

良質な記事に散りばめられているポイントを自分のものにしましょう。

4.ブログを書く

書くスキルを高めるにはたくさん書くことが大切です。
自分でブログを書くことも、スキルアップにつながります。

WordPressを使って自分のブログを開設してみましょう。

最初は難しく感じられるかもしれませんが、WordPress開設の手順はインターネットで検索すればわかりやすく説明している記事が見つかります。

未経験者でも、手順通りに進めることでブログ開設が可能です。

自分でWordPressを開設して、さまざまな機能に触れながらブログを書くことで、理解が深まります。
慣れればPV(閲覧数)の増減やSEO対策などもやってみましょう。

5.SNSで発信する

Webライターとしての活動をSNSで発信することもおすすめです。

同じようにWebライターとして活動している人とつながることができ、情報共有できる仲間ができます。

スキルアップや案件獲得、キャリアについての相談もできるでしょう。

WebライターがSNSで発信することには、次のようなたくさんのメリットがあります。

  • Webライター関係の人脈ができる
  • Webライターに関する情報収集ができる
  • 自分自身の学習や成長の記録になる
  • スキルや実績のアピールができる
  • SNSを通して仕事の依頼を受けられる

未経験からSNSの発信を始めて、Webライターとして働けるようになれば、それまでの過程や現在の実績に注目する人も増えるはずです。

「ある程度のスキルや実績を身につけてからのほうがいいのでは?」と考える人もいますが、未経験から継続的に発信することで努力の軌跡がストーリーとなり、注目されやすくなります

最終的にWebライターとして働けるようになることが重要ですが、情報収集のためにもSNSのアカウントを作成してみてはいかがでしょうか。

Webライターの平均年収は450万円

パソコンを開こうとするイメージ

Webライターとしてスキルアップする方法についてお伝えしました。

さて、スキルアップした先で気になるのは「どれくらい稼げるのか?」ではないでしょうか。

正社員で働くWebライターの平均年収は450万円です。
月給で計算すると37.5万円になります。

日本の平均年収は436万円なので、比較的高い水準にある仕事です。(参照:国税庁「令和元年分 民間給与実態統計調査」

より高度なスキルや実績を積み重ねれば、さらに高年収も目指せるでしょう。

Webライターが収入を上げる5つの方法

収入を増やそうとするイメージ

ここでは、Webライターが収入を上げる5つの方法をご紹介します。

  1. 実績を積む
  2. 専門性を高める
  3. 知名度を上げる
  4. インタビュー・取材ができるようになる
  5. 単価交渉をする

それでは詳しく見ていきましょう。

1.実績を積む

実績を積み重ねるほど、収入は上がりやすくなります。

Webライターとして、次のような実績を積むようにしましょう。

  • 自分のブログで執筆した実績
  • クラウドソーシングで積み重ねた実績
  • 企業との直接契約で仕事をした実績
  • メディア掲載の記事を執筆した実績
  • 取材やインタビューなど記事執筆の実績
  • SEOで検索上位に表示された実績

自分のブログで執筆した記事も実績になります。
最初のうちはブログでの記事を実績として、次の仕事につなげていきましょう。

実績を得れば、新たな仕事につながりやすくなります

また、同じような仕事を受けるときには実績をもとに単価を交渉することも可能です。

クライアントからの信頼を得て、「品質に見合った料金を支払いたい」と思ってもらえるように努力しましょう。

2.専門性を高める

Webライターが収入を上げるには、専門性を高めることが効果的です。

特定のジャンルに特化して案件を受けるようにし、深い知識を身につけて専門性を高めましょう。

繰り返し同じジャンルで執筆すれば、必然的に知識が身につき、より質の高い記事を書けるようになります。

実績と品質の良さという専門性を武器にして収入アップを実現できるでしょう。

3.知名度を上げる

知名度を上げることで収入を高めることもできます。

SNSなどをうまく活用すれば、知名度を上げてフォロワーの多いWebライターになれるでしょう。

知名度が高く人気のあるWebライターは、記事の読者も増えやすいため、高単価の依頼が来やすくなります

また、SNSで拡散して見込めるPV(閲覧数)に応じて料金を交渉することも可能です。

クライアントは多くの人に記事を読んで売上につなげたいと考えているため、知名度が高く影響力があるWebライターには相応の報酬を支払います。

4.インタビュー・取材ができるようになる

インタビューや取材ができるWebライターの需要は高まっています。

スキルを身につけることで、あらゆるクライアントがつき、年収アップができるでしょう。

インタビューや取材は、直接的に人や場所と接して情報を入手し記事を書くため、Webで情報収集をする雷帝ングとは異なります。

新たに必要な準備や手順はあるものの、インタビューや取材のスキルを身につけることでWebライターとして幅が生まれるはずです。

インタビューや取材には移動や手間がかかることも多く、単価としても高くなりやすい案件といえます。

5.単価交渉をする

Webライターが収入アップするには単価交渉することが重要です。

いくら実績を積んだとしても、クライアントと単価を交渉しなければ単価は変わりません。

クライアントに「単価を上げよう」と思ってもらえるように、効果的に交渉しましょう。

次のように、実績をもとに交渉をすると交渉が成功しやすいです。

  • 「執筆した記事が「◯◯」というキーワードで◯位に表示され、これだけの閲覧数を得ました」
  • 「この記事経由で◯円の売上を出しました」
  • 「記事をSNSで拡散したところ、SNSからの流入が◯◯になりました」

また、「さらにこういう業務も引き受けるので、◯円にアップしてもらえませんか」という交渉の仕方も有効です。

スキルを身につけることで引き受けられる業務が増え、業務を増やしつつ料金も高められます。

これからも良好な関係でいるために、自分もクライアントも互いに利益のある交渉を心がけましょう。

Webライターの案件獲得におすすめのサイト3選

パソコンの画面越しに仲間ができるイメージ

副業やフリーランスでWebライターとして活動する場合、仕事を自分で獲得しなければなりません。

Webライターが案件を得るには、サイトを活用するのが一般的です。

ここでは、Webライターの案件獲得におすすめのサイト3選をご紹介します。

  1. ランサーズ
  2. クラウドワークス
  3. サグーワークス

それぞれ見ていきましょう。

1.ランサーズ

ランサーズ

「ランサーズ」は、利用者満足度がNo.1のクラウドソーシングサイトです。

クライドソーシングとは、仕事を依頼したい人と働きたい人をマッチングさせるサービス
フリーランスや副業などで仕事を探している人を中心に利用されています。

ランサーズはクラウドソーシングサイトのなかでも、依頼数と依頼総額が高いことが強みです。

豊富な案件から自分に合った仕事が見つかります。
カンタン検索で条件ごとに探せるので、サクサク仕事を受注可能です。

ランサーズでWebライターの案件を探したい人は、公式サイトをご覧ください。

2.クラウドワークス

クラウドワークス

「クラウドワークス」は、国内シェアNo.1を誇る最大規模のクラウドソーシングサイトです。

仕事のカテゴリーは200種類以上で、幅広いジャンルから案件を探せます。

報酬の支払いやトラブル対応など、充実したサポートで安心して働けることが魅力。

自分らしく働くためのオンラインコミュニティ「クラウドカレッジ」でスキルを身につけることも可能です。

クラウドワークスでWebライターの案件を探したい人は、公式サイトをご覧ください。

3.サグーワークス

サグーワークス

「サグーワークス」は、記事作成に特化した国内最大級のクラウドソーシングサイトです。

Webライターの案件獲得に適しており、記事作成の仕事を効率的に探せます

発注企業数は3500社以上、ライター数は28.6万人以上です。

サグーワークスでWebライターの案件を探したい人は、公式サイトをご覧ください。

まとめ:Webライターは未経験でも始められる

今回は、Webライターについてご紹介しました。

Webライターは未経験からでも始めやすい仕事です。
最初のうちは単価が低めですが、スキルを磨くことで単価アップができて収入につながります。

いまの仕事で働きながら副業としてWebライターを始めて、まとまった収入になったら転職したり独立するという方法がおすすめです。

Webライターに興味がある方は、ぜひ行動してみてください。

エンジニア転職のプロがマンツーマンで悩みを解決! 累計卒業生数3,000人以上* 転職成功率98%* *2020年4月時点

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中

無料カウンセリングに申込む

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2022 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5