人と話さない仕事18選を正社員・在宅ワークに分けて紹介!見つける方法も解説

2022.11.08
人と話さない仕事18選を正社員・在宅ワークに分けて紹介!

「人間関係の悩みから解放されたい」
「人との関わりがない仕事がしたい」
「人と話さない仕事を見つけるにはどうすればいいんだろう」

そんな悩みを抱えていませんか。

今回は、

  • 正社員を目指せる人と話さない仕事
  • 在宅でできる人と話さない仕事
  • 人と話さない仕事を見つける方法
  • 人と話さない仕事をするメリット・デメリット

などについてご紹介します。

この記事を読めば、人と話さない仕事を見つけられますよ。

「人と話すのが苦手」という方は、ぜひ最後まで読み進めてください。

人と話さない仕事が増えている3つの理由

一人で仕事をする人

実は、最近は人と話さない仕事が増えています。

仕事はあらゆる人と関わり、協力しながら進めるもの。
なぜ、人と話さない仕事が増えているのでしょうか。

ここでは、人と話さない仕事が増えている3つの理由をご紹介します。

  1. 仕事の選択肢が豊富にある
  2. スキルが重視されるようになった
  3. さまざまな働き方を国が推奨している

それぞれ見ていきましょう。

1.仕事の選択肢が豊富にある

人と話さない仕事が増えている理由のひとつは、仕事の選択肢が豊富にあることです。

近年は、パソコンとインターネットで仕事ができるなど、多様な働き方が広がってきました。

会社に出勤しなくても、仕事を進められるのです。
人が一箇所に集まらないので、話をする機会が少なくなりました。

また、会社に雇用されて働く以外にも、フリーランスとして個人で仕事をする働き方もあります。

ほかにも、趣味や特技を活かして収入を得るという選択肢も増えていますね。
仕事の選択肢が豊富にあることで、人と直接関わらなくても収入を得られるのです。

2.スキルが重視されるようになった

スキルが重視されるようになったことも人と話さない仕事が増えている理由です。

これまでは、会社に出社して出勤時間に仕事をすることが重視されていました。

いま、仕事を十分にこなすスキルがあれば、柔軟な働き方ができる企業が増えています

仕事をきちんと進めて成果を出せば、自由な場所や時間で働けるということです。
必要な連絡はチャットツールなどを活用するため、直接話す必要はありません。

スキルが重視される働き方になったために、人と話すことが少なくなっています。

3.さまざまな働き方を国が推奨している

人と話さない仕事が増えている理由には、さまざまな働き方を国が推奨していることも挙げられます。

2019年4月から始まった「働き方改革」により、副業や兼業など出社を前提としない働き方を国が推めているのです。

場所や時間にとらわれない「テレワーク」の普及にも力を入れています。

国が推進している取り組みからも、人と話さない仕事が増えていることがわかるでしょう。

自分もプログラミングを学習してみたい!と思った方には、初心者でも確実にプログラミングスキルが身に付く【DMM WEBCAMP】がおすすめです!

97%以上の受講生がプログラミング初心者からのスタートであるため、ライフコーチによる手厚い学習サポートが受けられます。
また、プログラミングの基礎知識からしっかり身につけられるコースも用意されており、安心して学習を進めていくことが可能です。

[career_1]

正社員を目指せる人と話さない仕事9選

仕事をしている人のイメージ

「人と話さない仕事が増えているのはわかったけど、それって主に副業とかフリーランスのことでしょ?正社員で人と話さない仕事なんてあるの?」

そんな疑問を持つ方もいるでしょう。

正社員を目指せる、人と話さない仕事はあります。
「人と話さないで、正社員として働きたい!」という方はぜひ参考にしてみてください。

ここでは、正社員を目指せる人と話さない仕事9選をご紹介します。

順番に見ていきましょう。

1.工場作業員

工場作業員は、主に製造業などのメーカーが保有する工場で働く仕事です。

代表的な業務はライン作業で、生産ラインの工程ごとにベルトコンベアで運ばれてくるものに対して決められた作業をおこないます。

生産ラインは切り取り、溶接、塗装、組み立てなど工程ごとにそれぞれ工場作業員が配置されており、基本的に同じことを繰り返す単純作業です。

ほかの工場作業員と話すこともほとんどなく、人と話さずに仕事ができます。

未経験からでも始められ、求人も多いです。
給料は日給制を採用しているところが多く、工場によっては1日1万円以上稼げることもあります。

2.清掃員

清掃員は、清掃や整理整頓をする仕事です。
オフィスビルや商業施設、病院やホテルなど幅広い職場で働きます。

清掃はひとりでおこなうことが多く、基本的に誰かと話すことはありません

未経験からチャレンジでき、常に需要もあるため採用されやすいです。
特別なスキルが必要ない上に、自分のペースで作業できるのは魅力ですね。

清掃員の仕事はシフト制であることがほとんどで、自分の好きなように休日を設定できます。
基本的に髪型や髪色の制約がないことも嬉しいポイントです。

収入が低めではあるものの、深夜帯の業務ならその分手当が発生します。
清掃スキルは私生活にも活かせるので便利ですね。

3.警備員

警備員は、施設や現場で人や財産の警備・警護をする仕事です。
働く場所はオフィスビルや商業施設、駅や空港などたくさんの人が集まるところになります。

深夜の警備なら、定期巡回以外は事務室に座って監視カメラのモニターをするだけ。
人と話すこともなく仕事自体も楽です。

まれに内職を許可されていることがあるほど、仕事中はゆっくりと過ごせます。

深夜警備は夜勤手当が出て時給が高くなるため、ストレスなく稼ぎたい人には人気です。

学歴や職歴がなくても働けることも大きな特徴になります。
18歳以上なら就業可能なので、間口が広い仕事といえるでしょう。

4.ポスティング

ポスティングは、チラシやビラなどを直接ポストに投函する仕事です。

家々をまわりポストに投函するだけなので、人と話すことはありません
ひとりで自転車やバイクに乗って移動しながらコツコツ取り組めます。

基本的にはチラシ1枚あたりの単価が決められているか、日給制が多いです。
単価が決まっている場合は、短時間で多くの枚数を配るほど多くの収入を得られます。

日給制の場合は1日に配布するチラシのノルマがあり、すべて配れば業務は終了です。
つまり、早く配り終えるほど時給換算額が高くなります。

さらに、「1週間でこの程度の枚数を配ってください」などざっくりしたスケジュールで頼まれるため、自分のペースで働けることも魅力です。

5.新聞配達

新聞配達は、朝刊や夕刊を担当区域の家庭に届ける仕事です。

配達中はひとりで作業をするため、黙々と仕事ができます
「人と話すのが苦手」という人でも続けやすいです。

新聞配達に資格や学歴・職歴は必要なく、未経験から始められます

また、新聞配達の仕事を長期的に継続すると、転職活動時に「責任感が強い」「途中で投げ出さず最後までやりきる力がある」といったアピールができるでしょう。

6.宅配デリバリー

宅配デリバリーは、料理を配達する仕事です。
注文があった場所に短時間で料理を運びます。

仕事では、料理の受け渡しや料金の受け取りなど、最低限の会話しかしません
基本的にはほとんど話さずに仕事ができます。

バイクで宅配することが多いため免許は必要です。
会社によっては免許取得をバックアップしてくれることもあるので、確認してみましょう。

基本的には飲食店に正社員として勤務になりますが、未経験からでも就職できます
バイクの免許を持っている方は、挑戦してみてはいかがでしょうか。

7.トラック運転手

トラック運転手は、小型・中型・大型のトラックを運転して配送や宅配などの業務をする仕事です。

トラックの運転中は長時間ひとりのため、誰とも話さずに仕事ができます
ひとりの時間が好きな人にはぴったりの仕事でしょう。

トラック運転手は積載量が増えるほどそれに応じた資格やスキルが求められます。
スキルアップや収入アップがしやすい点が魅力です。

荷物の積み下ろしでは肉体的負担もありますが、体力に自信があれば問題ありません。

配送や宅配などは人々の豊かな生活になくてはならないものとなっています。
社会を支える仕事に携われるやりがいを感じやすいです。

8.自販機補充員

自販機補充員は、自動販売機に商品を補充する仕事です。
担当するエリア内の自動販売機の補充を1日20〜30台おこないます。

作業は基本的にひとりでおこなうので、話すことはありません
顧客や取引先との人間関係を気にすることもなく、仕事に集中できるでしょう。

自動販売機は、商品のラインナップや補充数の判断によって売上が大きく増減します。
売上が伸びるとインセンティブで収入アップになるため、工夫しがいのある仕事です。

自販機補充員は商品を運ぶためのトラックを運転する必要があり、「中型自動車第一種運転免許」の取得が必要です。

ただし、免許さえあればほかに特別な資格などがなくても未経験から働けます。
飲料メーカーなどの大手企業に正社員として就職できるチャンスがあるのです。

9.ガス・電気検針員

ガス・電気検針員は、ガスや電気のメーターにある指示数を確認する仕事です。

家をまわって外にあるメーターを確認していくだけなので、人と話さずに作業を進められます

給料は1件あたりの単価で計算されることが多く、1日に1万円以上稼げることもあるでしょう。

ただ、ガス・電気検針員の仕事はスマートメーターの普及により今後なくなっていく可能性が高いです。

長期的な視野で働いていくものというより、話さないで働ける正社員の仕事の足がかりとして考えるのがいいでしょう。

在宅でできる人と話さない仕事9選

Webデザイナーの仕事

正社員を目指せる人と話さない仕事についてお伝えしました。

次に、「正社員ではなくても、副業やフリーランスでできる人と話さない仕事に興味がある!」という方に向けて、在宅でできる仕事をまとめました。

人と話さずに家で仕事ができたらきっと働きやすいだろう、と思ったことがある人は多いでしょう。

ここでは、在宅でできる人と話さない仕事9選をご紹介します。

それでは見ていきましょう。

1.プログラマー

プログラマーは、コンピューターを動かすプログラミング言語を用いてシステムやソフトウェアを開発する仕事です。

基本的にはパソコンに向かって作業するため、長時間ひとりで黙々と仕事をします

会社員の場合は、会議などに参加しなければならないこともありますが、企業によってはリモートワークやフレックスタイム制など柔軟な働き方も可能です。

フリーランスとして個人で仕事をすることもでき、その場合は直接話す機会もほとんどありません。

今後も需要が高い一方で人材不足であることから、将来性は高いです。
スキルや実績を身につければ未経験からでも目指せて、実力次第で高収入を実現できます。

2.Webデザイナー

Webデザイナーは、Webサイトの見た目を作る仕事です。
ユーザーが使いやすいよう、デザインの美しさと機能性の高さを両立させます。

フリーランスで働く場合、ひとりでパソコン作業をするのが中心で人と話しません
案件の相談もチャットツールを使用するので、直接話すことは少ないでしょう。

Webデザイナーとして働くには、PhotoshopやIllustratorなどのデザインソフトを扱うスキルや、HTMLやCSSなどのコーディングをするスキルが必要です。

高いスキルと実績を持ち、優れたデザインができる人なら高収入を目指せます。

3.Webライター

Webライターは、Web上にある文章を書く仕事です。

正社員の場合は、基本的に企業に属して自社メディアの記事を執筆します。

一方で、副業やフリーランスとしてWebライターで働く方も多いです。
この場合は、ひとりで集中して執筆に取り組ので誰かと話すことは少ないでしょう。

未経験でもクラウドソーシングを活用すればすぐに仕事が始められる点が魅力です。
ネット上で仕事が完結して収入を得られます。

プログラマーやWebデザイナーと比較してハードルが低く、最初は単価が低めです。
Webライティングのスキルと実績を身につけることで、収入アップが実現できます。

4.データ入力

データ入力は、主にパソコンに数字やテキストなどのデータを入力する仕事です。
入力フォーマットに沿って決められた情報を入力するため、作業自体は単純といえます。

会社で働く場合は、事務職などでデータ入力をすることがあるでしょう。
データ入力単体なら、アルバイトでの募集があります。

クラウドソーシングにあるデータ入力の案件は、場所や時間にとらわれない働き方が可能です。

いずれの働き方でも基本的には人と話すことはなく、黙々と作業に取り組みます

誰にでもできる作業なので給料や報酬は低めですが、未経験からでもチャレンジできる点では魅力です。

5.アフィリエイター

アフィリエイターは、アフィリエイト広告を活用して収入を得る人です。

アフィリエイト広告は、成果報酬型のインターネット広告のこと。
サイトやブログ、SNSにアフィリエイト広告を掲載して、広告収入を得ます。

アフィリエイト広告で収入を得るには、多くの人に閲覧されるサイトやブログ、SNSを作ることが重要です。

サイトやブログ、SNSの閲覧数を増やすには地道な作業が必要で、ひとりで記事を書いて投稿したり分析したりしなければなりません。

基本的にすべての作業をひとりでコツコツおこなうため、人と話さない仕事といえます。

6.デイトレーダー

デイトレーダーは、1日のうちに利益や損失を確定する取引を繰り返す投資家です。
株やFXを1日という短期で売買して稼ぎます。

常にパソコンのチャート画面を見ているので、人と話す機会がまったくありません

案件を受けて仕事をする働き方とも異なり、人との関わりがない仕事です。

短時間で大金を稼げる可能性がある一方、損をしたときのマイナスも大きい稼ぎ方となります。

「完全にひとりで完結する仕事がいい」という方にはおすすめです。
ただし、リスクに十分に気をつけて挑戦しましょう。

7.翻訳家

翻訳家は、日本語から外国語、あるいは外国語から日本語に翻訳する仕事です。
語学スキルや知識を活かして働けます。

語学が得意なら通訳をすることもできますが、人と話さない働き方がよければ、在宅で働ける案件がおすすめです。

クラウドソーシングにも翻訳の案件は掲載されています。

テキストベースで期限までに翻訳して納品すればよく、連絡はネット上で済むので直接話すことはありません。

報酬は「翻訳する文字数×単価」で決まることが多いです。
あまりメジャーではない言語のほうが報酬が高い傾向にあります。

8.YouTuber

YouTuberは、YouTubeに動画を投稿して収入を得る人です。
動画に広告を掲載し、広告費を収入としています。

動画の撮影や編集、アップロードはひとりでもできるため、人と関わらずにできる仕事です。

個人で動画を投稿しているYouTuberもたくさんいます。
ただ、直接話すことはなくてもコメントやメッセージは届くので注意しましょう。

ある程度の収益を得るには継続的な投稿や分析が必要ですが、人気になれば高収入も期待できます。
「動画制作が好き」という方にはおすすめの仕事といえるでしょう。

YouTuberを本業としている人もいれば、副業としている人も多いです。
誰でも気軽に始められるので、挑戦してみてはいかがでしょうか。

9.ネットショップ運営

ネットショップ運営は、インターネットの店舗としてのサイトで商品を販売することです。

既存のECサイトに商品を出品する方法や、自分でECサイトを作って商品を販売する方法もあります。

基本的にネットショップの運営自体はパソコン作業になるため、人と話すことはありません

商品の仕入れ方次第では多少コミュニケーションをとる場合もありますが、その程度です。

最初のうちは知名度も低くなかなか売上につながりません。
しかし、工夫するうちに人気が出て商品が売れれば、大きな収益を上げることも可能でしょう。

スキマ時間に効率よくプログラミングを学習したいという方には、プログラミングスクールがおすすめです!

受講料はかかってしまいますが、短期間で効率よくプログラミングスキルを習得することが可能です。

【DMM WEBCAMP】なら、初心者向けに開発された独自のカリキュラムと充実した学習サポートで、挫折することなくプログラミング学習を進めることができます!

また、学習を進めていく中で分からないことが出てきたときは、 チャットもしくはビデオ通話でメンター(講師)に好きなだけ質問をすることができます。

オンラインと教室受講のどちらも可能なので、あなたのライフスタイルに合わせて好きなコースを選択してみてください!

[career_3]

人と話さない仕事を見つける3つの方法

気球にのって探すイメージ

正社員や在宅でできる人と話さない仕事についてお伝えしてきました。
自分に合った仕事を見つける参考にしてみてください。

「実際に人と話さない仕事を見つけるにはどうすればいいんだろう?」と思った方もいるかもしれません。

人と話さない仕事を見つけるには方法があります。
必要な方法を知り、行動を起こすことで、仕事を見つけられるでしょう。

ここでは、人と話さない仕事を見つける3つの方法をご紹介します。

  1. 求人サイトに登録する
  2. 転職エージェントを利用する
  3. クラウドソーシングサイトで探す

詳しく見ていきましょう。

1.求人サイトに登録する

人と話さない仕事を見つける1つ目の方法は、求人サイトに登録することです。

求人サイトに登録すると、サイトに掲載されているたくさんの求人を閲覧できます。

「正社員」「未経験歓迎」など条件を指定して検索し、合致する求人を探すことも可能です。

ご紹介した仕事を中心に探せば、人と話さない仕事を見つけられるでしょう。

サイトを経由して求人に応募もできるので、そのまま就職活動を始められます。

2.転職エージェントを利用する

人と話さない仕事を見つける2つ目の方法は、転職エージェントを利用することです。

転職エージェントは、転職活動のプロとしてあらゆる業界や企業の事情に精通しています。

「人と話さない仕事がしたい」という希望を相談すれば、あなたに合った企業を提案してくれるでしょう。

また、客観的な視点からあなたの現状のスキルや希望をヒアリングしてくれるので、自分で探すよりも適切な企業と巡り会える可能性が高いです。

仕事を見つけるだけではなく、転職活動のサポートも充実しており、自信を持って選考に進めます。

3.クラウドソーシングサイトで探す

人と話さない仕事を見つける3つ目の方法は、クラウドソーシングサイトで探すことです。

クラウドソーシングサイトは、仕事を依頼したい人と仕事を受けたい人をマッチさせるサイトで、案件獲得からクライアントとのやりとり、報酬の振込まですべてネット上で完結できます。

フリーランスや副業で仕事をしたい人が案件を探すのに使われることが多いです。

幅広いジャンルの案件があり、ジャンルや単価などの条件で検索して仕事を探すことができます。

「プログラミング」「Webライティング」「データ入力」など、インターネットとパソコンがあればできる仕事が豊富です。

人と話さない仕事をする3つのメリット

安らぎのイメージ

人と話さない仕事を見つける方法についてお伝えしました。
ぜひ行動を起こしてみてください。

人と話さない仕事には、メリットとデメリットがあります。

あらかじめ両方を知っておくことで、地に足をつけて考えられるようになります。
メリットとデメリットを詳しく見ていきましょう。

ここでは、人と話さない仕事をする3つのメリットをご紹介します。

  1. 人間関係の悩みが解消される
  2. 自分のペースで仕事ができる
  3. 学歴が必要ないケースが多い

さっそく見ていきましょう。

1.人間関係の悩みが解消される

人と話さない仕事の最大のメリットはなんといっても人間関係の悩みが解消されることでしょう。

人と話さない仕事なら、人間関係を気にする必要もなく、のびのびと働けます
仕事に集中できる環境は生産性も上がり、成果につながりやすいです。

人と話すことが多い職場だと、人間関係のトラブルも起こりがち。
職場の人間関係の悪さや陰口、セクハラやパワハラといった問題に悩んでいる方も多いでしょう。

人間関係のストレスがないことは、気持ち良く働く上でとても重要です。

人間関係で悩んでいる人にとっては、大きな魅力といえます。

2.自分のペースで仕事ができる

自分のペースで仕事ができることも人と話さない仕事の大きなメリットです。

職場で仕事をしていると、周囲の人に話しかけられたり電話対応をしなければならなかったり、他人からの接触で仕事のペースを乱されやすいですよね。

人と話さない仕事なら、ひとりで集中して仕事に取り組めます

自分のペースで仕事ができるので、物事が予定通りに進みやすく、モチベーションも高い状態が続くでしょう。

日頃から「マイペースに仕事がしたい」「仕事の邪魔をされたくない」と感じている人には魅力的な働き方です。

3.学歴が必要ないケースが多い

人と話さない仕事のメリットとして、学歴が必要ないケースが多いこともポイントです。

仕事を探すとなると、求人の条件に「大卒以上」と記載されていることも多いですよね。

大学を卒業していない人にとって、学歴が理由で仕事に応募できないことはなかなかつらいものです。

しかし、人と関わらない仕事なら、学歴を求められないケースが多くあります。

学歴にかかわらず誰でも目指せることが、人と話さない仕事のメリットといえるでしょう。

人と話さない仕事をする3つのデメリット

不安のイメージ

人と話さない仕事をするメリットについてお伝えしました。
現在の職場環境や仕事探しで悩んでいる方には、魅力的なメリットですね。

一方で、デメリットについても知る必要があります。

きちんとデメリットと向き合うことで、あとから後悔することがありません。

ここでは、人と話さない仕事をする3つのデメリットをご紹介します。

  1. 単純作業や肉体労働が多い
  2. 収入が低い傾向にある
  3. 将来性が低い仕事もある

ひとつずつ見ていきましょう。

1.単純作業や肉体労働が多い

人と話さない仕事は、単純作業や肉体労働が多いというデメリットがあります。

単純労働は覚えることが少なく、ひとりで仕事をこなせるために人と話すことが少ないです。

また、肉体労働は指示を受けることはあるものの、基本的に黙々と身体を動かすことで仕事が進みます。

それぞれ人と話す必要性が少ないことが特徴ですが、単純作業が苦手な人や体力に自身がない人にとっては、デメリットとなるでしょう。

ただし、単純作業が得意な人や身体を動かすことが好きな人にとっては、むしろメリットとなります。

2.収入が低い傾向にある

収入が低い傾向にあることも人と話さない仕事のデメリットです。

人と話さない仕事は、仕事の規模が小さいケースが多いため、収入が低くなりやすいといえます。

また、すでに述べたとおり単純作業で一度覚えれば簡単な仕事も多いことから、単価が低くなってしまうのです。

小規模な仕事や誰でもできる仕事は総じて収入が低くなりやすいもの。
そのことを踏まえた上で、自分なりに収入を上げる努力が必要です。

人と話さない仕事で収入をアップするには、スキルや実績を積んでそれを活かした仕事をすることが必要になります。

3.将来性が低い仕事もある

人と話さない仕事のデメリットとして、将来性が低い仕事もあることが挙げられます。

将来、単純作業はAIにとって代わられる可能性が高いです。

特に、警備員やトラック運転手、データ入力などは、システムやロボットが採用される未来が近づいています。

将来性が低い仕事があることを踏まえ、いまから対策を考えておく必要があるでしょう。

人と話さないで将来性の高い仕事としては、Web・IT分野の仕事が代表的です。
Web・IT分野のスキルを身につけておくことも効果的な対策ですよ。

まとめ:自分に最適な働き方を見つけよう

今回は、人と話さない仕事を見つける方法やメリット、デメリットなどについてご紹介しました。

人と話さない仕事は意外とたくさんあります。
「人と話すのが苦手」「自分のペースで集中して働きたい」という方は、ぜひ参考にしてください。

人と話さない仕事は、人間関係に悩むことがなくなります
現在、職場の人間関係でトラブルを抱えている方は、自分に合った働き方を探してみてはいかがでしょうか。

自分に最適な働き方を見つければ、より充実して仕事に取り組めるようになります。
あなたにぴったりの働き方を見つけてください。

エンジニア転職のプロがマンツーマンで悩みを解決! 累計卒業生数3,000人以上* 転職成功率98%* *2020年4月時点

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中

無料カウンセリングに申込む

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2023 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5