【2020年版プログラミング資格】難易度・職業別に紹介 | WEBCAMP NAVI
【5月枠も残りわずか】転職保証コース

【2020年版プログラミング資格】難易度・職業別に紹介

プログラマーやエンジニアへの就職や転職、またはプログラミングを副業とする際、資格を取得していると有利になる場合があります。

しかし、プログラミング関係の資格は種類も多く習得には時間がかかるものです。

そこで今回は、プログラマーやエンジニアにおすすめな資格7つと、資格取得ができるスクール7つをご紹介します。

「資格取得をして就職を有利にしたい!」
「自分に合った資格がどれかわからない、、」
「プログラミング関係の資格習得のためのスクールが知りたい!」
そんな方は、こちらの記事で自分に合った資格とスクールを見つけ、就職やスキルアップを目指しましょう!

プログラミング資格の記事でわかること・資格取得のメリット・おすすめのプログラミング資格7つ・資格取得を目指すスクール7校

プログラミング資格習得のメリット

実は、プログラマーやエンジニアは資格がなくてもできる職業です。

資格があるに越したことはありませんが、エンジニアという職種は、言語や書き方、知識というものが仕事によって違ってくるので、資格さえあれば信用されるということではありません
企業によっては、就職後の研修を受けて未経験からすぐにエンジニアに配属されるケースも珍しくありません。

しかし、資格があることで大きな利点を得ることができる場合があります。
資格の種類を紹介する前に、まずは資格習得のメリットを紹介します。

資格があると有利になることもある

下記のようなメリットをプログラミング関係の資格から得ることができます。

  • スキルの証明ができる
  • 評価に繋がる
  • 自分のレベルの確認

1つずつご紹介していきます。

スキルの証明ができる

一番のメリットとして、資格があることで基礎的な知識が身についていることが証明できます
現在何も資格のない方は、国家試験やトップベンダー資格を持っていると就職に有利になることは間違いありません。

また、働き手の実際のプログラミングスキルがわからないクラウドソーシングでは、資格の提示をすれば案件を受けやすくなります。
特に実務経験のない方がプログラミングで仕事をする場合、資格はスキルの証明の1つになります。

評価に繋がる

企業によっては技術力が一つの評価の指標とみなされる場合があります。
そのため、積極的に資格取得ができる環境作りをしていたり、資格が昇給や昇格に繋がることもあります。
また、資格取得のために努力をしたというのも評価のポイントです。

資格取得は仕事への姿勢の高さをアピールすることへ繋がります。

自分のレベルの確認

独学でプログラミングを学んでいる方は、自分のスキルがどれほど実務において通用するのか疑問に思ったことはありませんか?
そんな方には、自分のプログラミングスキルを確認する目的での資格習得をおすすめします。

資格の勉強によって、次のレベルやキャリアアップの目標を立てることができます

エンジニアにおすすめの資格

それぞれのプログラミング言語におすすめな資格を7つご紹介します。
資格の活かせる職業も合わせて、紹介しているので自分にあった資格を探してみてください!

  1. 基本情報技術者試験
  2. 応用情報技術者試験
  3. Java SE 8 認定資格
  4. Ruby技術者技能検定
  5. PHP技術者認定試験
  6. Python3エンジニア認定試験
  7. C言語プログラミング能力認定試験

❶基本情報技術者試験

基本情報技術者試験」はITエンジニアを目指しているのであれば取得しておきたい資格の1つです。

ソフトウェアなどの基本的な知識やプログラムの作成に必要な考え方だけでなく、法律に関することも問われる試験になります。

基本情報技術者試験公式サイト

❷応用情報技術者試験

「応用情報技術者試験」は、技術だけでなく経営技術も身につけることができます。

高度なIT技術者やプロジェクトリーダーを目指す人におすすめの資格になります。

応用情報技術者試験公式サイト

❸Java SE 8 認定資格

Javaは就職に有利な言語の一つです。

2015年5月から認定試験に位置付けられ、Javaを扱っている企業で評価されやすい資格です。
几長的なコード削減、コレクションまたはアノテーションの改善、並列処理のプログラミングなどによって企業内のシステムやデバイスなどに活用するアプリケーションの開発目的に効果的な資格となっています。

Java SE 8認定資格公式サイト

以下の記事では、さらに詳しくJavaの資格と勉強方法を紹介しているので参考にしてみてください。
【初心者向け】Javaの資格ってどんなものがあるの?徹底解説!

❹Ruby技術者認定試験制度

Rubyは開発コストを抑えられるため、ゲーム以外にも多くの企業で使われているプログラミング言語です。
ベンチャー企業ではRubyを採用していることが多いため、この資格を取得していると実力主義者として有利になります。

Rubyから他の言語に変えることも少ないため、Rubyの需要はこれからもあり続けます。

Ruby技術者認定試験制度公式サイト

❺PHP技術者認定試験

PHPを教える仕事や個人発注の受託開発を得るために有利な資格です。
また、技術者に対し基本的な知識があることをアピールすることができます。

上級レベルはPHP技術者でも、しっかりと勉強しないと取得できる確率は低いです。

PHP技術者認定機構公式サイト

❻Python3エンジニア認定試験

基礎試験では、あくまでも基礎的な問題を中心にし、比較的やさしい問題になっています。
スキルがないPython初心者でも割と簡単に基礎学習を学ぶことができるので、自信につながります。

Pythonを使うAIエンジニアは、スキルがあれば就職・転職が容易な将来性の高い職業です。

Python3 エンジニア認定試験公式サイト

❼C言語プログラミング能力認定試験

3級・2級に関しては、基礎的な問題が多く出題されるので実務経験がない人でも合格する確率は高いです。
1級に関しても応用問題は多少あるものの、きちんと学習対策を行っていれば独学でも合格できる可能性も高いです。

実務経験がなくても独学で学習すれば合格圏内に入ることができる資格です。

基礎からプログラミングのスキルを学んでいきたい人は、段階的に学習していくこともできる試験になっています。

C言語プログラミング能力認定試験公式サイト

資格取得後に何をすべきか

ここまで数々の資格を紹介してきました。

しかし、取得した資格を職業として使って行かなくてはただの知識になってしまいます。
そこでプログラミング経験を積むことが資格取得後に重要になります。

経験を積み、スキルを磨いていく

プログラミングを職業として仕事をしていくために、一番大事なのはプログラミング経験を実戦で積んでいくことです。
資格という知識があるだけでは、プログラミングを仕事にすることはできません。

経験を積む方法は、プログラミングを学び自分で仕事を請け負ったりすることでスキルを磨いていけます。
次に、実戦的なプログラミング経験を積む方法を3つ紹介します。

  • インターンシップやアルバイトでスキルアップ
  • クラウドソーシングで実務経験
  • スクールでさらに学習

インターンシップやアルバイトでスキルアップ

インターンシップを通じれば、プログラミングの知識を学ぶだけでなく、実戦的な業務を任してもらえる企業もあります。
そのような、学びと経験を積める手段は就職に役立つでしょう。

在宅でできるプログラミングを使ったアルバイトは以下の記事でご紹介しています。
【在宅バイトが大学生におすすめな理由】職種6つと稼げるスキル

クラウドソーシングで実務経験

クラウドソーシングでは、プログラミングの案件が多数掲載されています。

実際に自分で案件を取り、実践でプログラミングスキルを磨いていくことも可能です。
資格の提示をすることで、実務経験がない場合であっても案件を獲得することが容易になります。

クラウドソーシングを利用したプログラミングを使った仕事は以下の記事でご紹介しています。
プログラミング副業を徹底解剖【プログラマー初心者も稼げる案件とは】

スクールでさらに学習

プログラミングの知識が問われる資格の習得は、就職や転職に有利です。
しかし、資格習得には時間がかかります

資格習得に時間をかけるより、短い期間で実務経験を積むことのできるプログラミングスクールに通うことをおすすめします。
スクールを使うことで、学生以外でもプログラミングの経験を積み、スキルを効率的に伸ばしていくことが可能です。

ここからは、プログラミング資格の取れるスクールの紹介をしていきます。

資格が取得できるプログラミングの学校7選!

資格取得を目的にプログラミングスクールへ入学する方は多くいます。

ここからは、プログラミング知識や技術の証明ともいえる資格取得を目的としたおすすめのスクールを7つ紹介していきます。

  1. リナックスアカデミー
  2. N-Academy(エヌアカデミー)
  3. Winスクール
  4. KENスクール
  5. Asialスクール
  6. ヒューマンアカデミー
  7. 日本プログラミングスクール

❶リナックスアカデミー

リナックスアカデミーはIT技術に特化しており、エンジニア講師の設備が備わっていることで資格合格実績が非常に高くなっています。

大手企業からの信頼も厚くYahoo!やdocomoといったIT企業からの研修依頼が来ることもあります。

4週間の最短コースで資格を取得することができますが、万が一不合格になっても無料で再度授業を復習することができる「合格保証制度」があるのでプログラミング初心者でも安心して学ぶことができるでしょう。

リナックスアカデミー公式サイト

❷N-Academy(エヌ・アカデミー)

エヌ・アカデミーは、オンライン授業によってIT現場で活躍する講師陣から高品質な授業を受けることができます。

パソコンを開かなくてもタブレットやスマートフォンなどの情報機器により対応できるので、忙しいビジネスマンや主婦の方でも気軽に学習することが可能です。

仕事後やスキマ時間を使って自ら学べる環境を作ることができるでしょう。

わかりやすい授業内容と、理解できるまで授業映像を繰り返し見ることができるのも魅力の一つです。

資格取得の実績が豊富な人気講座も多数ラインナップされているので、目的に合わせた講座を選択することができます。

講師への質問や課題の添削サービスも充実しているため、受講生の満足度「95%」と非常に高評価となっています。

N-Academy公式サイト

❸Winスクール

Winスクールでは、ウェブ解析士・PHP5技術者認定試験・Webクリエイター能力認定試験・基本情報技術者試験・OCJ-P・ETEC・LPIC・CCENT/CCNAなど多数の資格案内があります。

1回の試験で確実に合格できるよう、受講生のレベルに合った個人指導を行うことで苦手意識を克服することができます。

年間1,073社もの企業研修によって積み重ねてきた実績があり企業からの要望をリアルに講座に反映できるため、最新のスキルを身につけることができるでしょう。

Winスクール公式サイト

❹KENスクール

KENスクールでは、就職や転職を成功させるためには資格取得が一番の最短ルートと考えているため、資格ごとに受講コースが用意されています。

例えばデータベースのバックアップの実行方法を習得したい人や、セキュリティ管理方法をマスターしたい人、データベースのモニタリング実行方法を学びたい人のために「ORACLE MASTER Silver」という講座環境を整えています。

初級ウェブ解析士認定講座では実際に現場でWeb解析を扱っている講師により直々にアドバイスがもらえるので資格取得以上の価値が期待できるでしょう。

また、学習したい時にいつでも取り組める環境を提供するためフリータイム制を設けているのも大きな特徴です。

好きな時間帯に好きな校舎で毎回スケジュールを組むことができるので、仕事と両立しながらレッスンを受けることができます。

各校舎一人につき一台の無料パソコンが開放されているので、自宅にパソコンがなくても安心です。

KENスクール公式サイト

❺Asialスクール

Asialスクールの技術者認定試験対策講座は、1日みっちり集中型の試験対策勉強を行うことができ試験に出やすい関数の動作やPHP独特の変数解釈についてライブ形式で学んでいくことができます。

PHP技術者に有利な資格取得にも力を入れていて、PHPの学習支援がとても充実していることが人気を集めている点です。

この他、HTML5×CSS入門講座やJavascript&jQuery入門講座も人気です。

エンジニア経験を持つ講師が試験でつまずきやすいポイントを見極めながら指導を進めていくので、試験本番に向けた対策を十分にマスターすることができます。

Asialスクール公式サイト

❻ヒューマンアカデミー

30年もの実績を持つヒューマンアカデミーの魅力は、32万人以上の修了生を誇る実績と、資格取得に厚待遇なサポートが整っていることです。

全国で614社もの企業研修を行っている現役講師から、現場ならではの経験やノウハウを伝授することができ、30年間のデータや分析が詰まったオリジナルテキストは、市販されている教材にない情報がたくさん掲載されています。

また、全国に展開している55校はどこも駅から近いので、通うのにも非常に便利です。

パソコンが苦手な人やプログラミング初心者でも安心して学べるコースも充実しているので、自分のペースで通うことができるでしょう。

ヒューマンアカデミー公式サイト

❼日本プログラミングスクール

日本プログラミングスクールは、資格対策講座のeラーニングを無料で受講することができます。

国家資格として有名な情報処理技術者試験は多くの企業で高い評価を得ている資格です。

就職や転職に向けて即戦力につなげるための資格を取得したいという方におすすめのスクールです。

受講形態も通学・通信学習・宿泊の3種類から選択することができます。
最初に選択した受講形態を途中で切り替えることもできるので、自身のライフスタイルに合わせて受講してみてください。

また、プログラミングスクールでは稀少なC言語講座も開講しているので開発部門や仕組み作りに関わる技術を学びたい人にも便利です。

日本プログラミングスクール公式サイト

以下の記事では資格習得が目的ではないプログラミングスクールを料金別や言語別にまとめています。
プログラミングスクール おすすめおすすめのプログラミングスクール厳選9校を徹底比較【2020年最新版】

まとめ

この記事では、おすすめのプログラミング関係の資格と、資格を習得するためのおすすめのスクールを紹介してきました。

エンジニアに特化した資格は、自分自身のスキルアップや就職に必ず効力を発揮します。

資格が就職に有利に働くと、入社してからの資格手当や合格報奨金を支給してくれる企業もあります。

また、企業の採用条件の中に資格取得をするための資金援助をサポートしているところもあるくらいなので、やはり資格取得はエンジニアとして重要なことを意味しているようです。

純粋にキャリアアップや昇給を目的に受験してみましょう。

5月枠も残りわずか!!未経験からエンジニアを目指すならDMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPは転職保証型のプログラミングスクールです。転職成功率は、98%!短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

「未経験だから不安…」、「転職できるんだろうか…」などの不安があると思います。そんな不安や心配を解消する、無料のカウンセリングを実施しています。

無理な勧誘や面倒な電話は一切ありませんので、お気軽にお越しください。

【無料】キャリア相談の日程を見る