IT業界への転職は何歳まで可能?現実的なタイムリミットと、今から出来る転職の準備方法を解説

2022.01.05
it業界 転職 何歳まで

「IT業界への転職は何歳までだったら大丈夫?」
「IT転職の現実的な年齢の限界を知りたい」

と思うことはありませんか?

IT業界への転職を検討しても、年齢的にもう遅いかなと迷ってしまいますよね。

では、IT業界への転職には年齢的な制限はあるのでしょうか?

そこで今回は、

  • 未経験からIT業界への転職が可能な年齢
  • 以前よりも年齢の限界が上がってきている理由
  • IT業界へ転職するための方法

について詳しく解説します。

この記事を見ればIT業界への転職が何歳までであれば可能なのか、実際に未経験からIT業界へ転職する方法がわかります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

IT業界への転職は何歳まで可能か?2つの着眼点から解説

タブレットを触る女性

IT業界への転職を考える際は「年齢」が大きく関わることを覚えておくべきです。

年齢によっては「お断り」となることも出てくるため、できるかぎり早めに転職活動を始めるようにしましょう。

  1. 一般的には「30歳まで」と思っておいたほうがいい
  2. IT業界未経験者は早めに動くべき

今回は上記2点の着眼点から解説していきます。
それぞれの内容を、細かく見ていきましょう。

1.一般的には「30歳まで」と思っておいたほうがいい

IT業界で「30歳以上で異業種から未経験でのIT業界への転職」は不利と考えられています。
そのため、もしあなたが20代であれば「遅くとも30歳になるまでに転職を終わらせるべき」といえるでしょう。

IT業界、おもにベンチャー企業は年齢が20~30代の若い世代で経営されていることが多いです。
つまりそれ以降の年齢で新たな職場関係を築くのは、完全未経験者だと厳しい背景があります。

もちろんIT業界経験者であれば「スキル」が評価されて転職できることは大いにあります。
しかし、スキルの持たない人材は年齢という障壁が明確に存在しており、30歳以降か否かによって風当たりの強さは大きく変わります。

2.IT業界未経験者は早めに動くべき

IT業界への転職を志すのなら、若ければ若いほど難易度は下がります。

実際、定年は60歳と定めているところが多くはありますが、プログラマーには若ければ若いほど順応しやすいことは覚えておきましょう。

  • 学生であれば「新卒枠」が使える
  • 20代であれば「第二新卒枠」「ポテンシャル採用枠」が狙える

上記のように、若いうちであれば経験が無くても入社できる入り口は数多くあります。

ですが、これはあくまで「若いから手に入る特典」のようなものでしょう。

IT未経験者の場合は時間が経つにつれて、入社は難しくなることは覚えておきましょう。

そのため「IT業界へ転職したい」と考えている方は、【DMM WEBCAMP】でプログラミング学習をすることをおすすめします。

国内最大規模プログラミングスクール【DMM WEBCAMP】は、未経験者向けのカリキュラムやライフコーチによる学習サポートなど、安心して学習が続けられる環境が整っています。
3つのコースから学習スタイルを選ぶことができるので、ぜひあなたに合った学習方法でIT業界の転職・就職の夢を実現させてください。


DMM WEBCAMP】で、ITスキルを身につけて理想のキャリアを実現!
✔︎未経験からITエンジニアへ転職したい
✔︎スキルを上げて、キャリアチェンジしたい
✔︎ITエンジニア転職に興味はあるけど、一人で目指すのは不安
といった方におすすめです!

あなたの転職を一歩有利に!

IT業界で働く際に耳にする「35歳定年説」とは何か

部下たちと話すリーダー

IT業界の、とくにITエンジニア関連の職種では、たびたび「35歳定年説」という言葉が飛び交います。

もちろん「仕事としての定年」はほかの業種と同じ「60歳」です。

ですが以下のような理由で35歳からは第一線から離れ、管理側のポジションに就くことが多い現状があるのです。

  1. 体力や知識の習得のピークは35歳までと考えられている
  2. 35歳付近から能力給が増えづらい
  3. 35歳になると年下の管理者が現れる

これらのポイントを理解することで、IT業界で年齢についてどのように考えているのかが理解できるでしょう。

それぞれの項目を、具体的に解説していきます。

1.体力や知識の習得のピークは35歳までと考えられている

IT業界への転職が35歳で限界と言われる理由の1つには「体力や知識の習得のピークが35歳と考えられている」というものがあります。

IT業界は日々飛躍的なスピードで成長しており、その速さはまさに日進月歩で、今は最新の技術でもすぐに古くなっていく現状です。
そのためITエンジニアは日々新しいスキルを学び続けなければいけません

したがって、知識を真綿のように吸収できる若手が常に求められており、現在ITエンジニアとして最前線で働いている人も、30代になると、若手にバトンタッチをするのが一般的です。

35歳になると、プロジェクトマネージャーなどの管理ポジションに付くようになります。
そのため、35歳から未経験の状態でIT業界に入社することは難しく、最低でも十分なスキルがない状況では活躍が難しい点は覚えておくべきポイントです。

2.35歳付近から能力給が増えづらい

新たなスキルの習得が遅くなるということは、少しずつパフォーマンスも落ちてきます。

これはIT業界では「能力給の低下」に繋がるリスクもある点は覚えておきましょう。

  • 知識が不足している
  • 作業効率も周りより悪くなってくる

30代以降でIT業界に転職するということは、常にこの欠点と向き合っていかなければなりません。

したがってパフォーマンスの高さに応じて給料が決まっていく「能力給」といった制度が組み込まれていた場合、少しずつ給料が目減りしていく問題点が挙げられます。

3.35歳になると年下の管理者が現れる

IT業界では20代のうちからプロジェクト全体を見る人もいます。
つまり、第一線として働いているビジネスパーソンの平均年齢は平均年齢は異業種と比べて著しく若いのです。

ただし、これは言いかえると「高齢の部下が馴染みにくい職場環境」とも言えてしまいます。

仮に30代中盤〜後半の新人が入ってくると、ほぼ周りの社員はひと回り以上の年下ということになります。

年齢差があると、

  • 周りの従業員が気を遣ってしまう
  • 上司とのやりとりが円滑にいかない

といったことも起きるでしょう。

したがって30代以降の採用が厳しくなるのは、職場環境を鑑みて、という理由もあるのです。

30歳前後のIT業界の人材の需要が増えている理由

会議中の男女

ここまで「転職は20代のうちにやるべき」と伝えてきましたが、実はここ最近「30歳前後の人材を求める動き」が出てきているのも事実です。

いわゆる「35歳定年説」はやや過去の考え方であり、今では30代前半であっても、ポテンシャルがあれば需要を見出すことは不可能ではなくなりつつあります。

では、なぜこういった30代の転職に寛容になりつつあるのでしょうか。
理由は下記2つが挙げられます。

  1. ITエンジニアが不足している
  2. 場数が求められるようになった

このような社会的な状況があることを理解しておけば、あなたが30代付近でも積極的に行動できるようになるでしょう。

それぞれの項目を深堀りして紹介していきます。

1.ITエンジニアが不足している

最低限のプログラミング知識があっても、それを実践レベルで使える程の人材は希少です。
なので現在20〜30代のITエンジニアは、将来的にはIT業界を担う存在になります。

IT企業が今のうちに長期的に活躍できるITエンジニアを育てたいと思っていますが、現状需要と供給が合わず、割高な年収で雇用しようとしています。

この傾向が今後どんどん加速していくと考えられているため、現役ITエンジニアの需要は益々上がっていくことが期待されています。

2.場数が求められるようになった

業界未経験であっても、30代のビジネスパーソンの多くは「培ってきた経験」があります。

このスキルはITエンジニアとしてコーディングに励んでいた20代のビジネスパーソンには、持ち合わせていないスキルともいえるでしょう。

  • プロジェクトを管理した経験
  • クライアントとの連携を密にした経験
  • 事業で成果を出した経験

たとえば、上記のようなスキルは強く求められる傾向があります。

とくにマネジメント経験が異業種でもあった場合は、そのスキルは重宝されるでしょう。

30代でこれからIT転職を考えている方は、これまでのスキルに加えてプログラミングスキルを身につけ、IT転職を成功させましょう。

スキルを掛け合わせることで、他の求職者に差をつけることが可能です。

【DMM WEBCAMP】では、最短3ヶ月でITエンジニアに転職が実現できます。
転職保証やキャリアアドバイザーのキャリアサポートなど、転職と学習が両立できるサービスが充実し、学習面でも、ライフコーチがあなたをお手伝いします。


転職成功率98%のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
その卒業生のリアルな声をご紹介!
未経験者へのサポートは充実してる?
✔カリキュラムは仕事でどう活かされた?
身に付くスキルはどんなもの?

未経験からプログラミングを学ぶ方必見!

20代後半〜30代でプログラミングスキルをつける際に覚えておくべき心得

PCで作業する男性

20代前半であればIT業界に転職をするためには、一般的な就職活動の延長線上の努力をしていけば採用されるところも多くあったでしょう。

ですが、20代後半から次第に難易度は上がり、30代になると「企業研究」「熱意」だけでは採用は難しくなります。

そこで20代後半から30代でIT業界を目指す場合は「プログラミングに関する知識」を習得することをおすすめします。

とはいえ、ただ単にプログラミングスキルをつければ問題ないのかと言われると、実際はそうではなく、以下のような点を意識しながら学習をしていく必要があります。

  1. 「独学だけ」にこだわらない
  2. 焦って学習をしない
  3. 興味を持った分野から学習を始める
  4. コミュニケーション力を身につけることも覚えておく

それでは、それぞれの内容を細かく見ていきましょう。

1.「独学だけ」にこだわらない

プログラミングをじっくり時間をかけて学びたいという人は、今の仕事をしつつ余暇で独学でプログラミングを学習するのも良いでしょう。

しかし、基本的には20代後半~30代であれば、出来るだけスキルアップできる知識の定着スピードにこだわったほうが得策です。

若いうちはまだまだ時間があるかもしれませんが、転職は40代になるとなかなか難しくなっていくのが現実です。

  • ITエンジニアとして早く転職したい人
  • トップクラスのITエンジニアを目指したい人

こういった方は少しでも早く「効率の良い学習」を考えるようにしましょう。

また、就職支援つきのプログラミングスクールに通えるのは30代前後までと年齢制限があるところが多いです。

ITエンジニアへの転向の意思があるのでしたら、若ければ若いほど有利ですので、独学ではなくスクールに通って効率よくスキルを積むことが大事です。

2.焦って学習をしない

転職はともかく、プログラミングを勉強することに関しては、年齢制限はもちろん関係ありません。
しかしながら、20代後半〜30代で始めようとすると、若い人よりもスキルの定着には時間がかかってしまうことは覚えておくべきです。

そしてそれは「仕方のないこと」と、ある意味割り切ることが大切です。
焦って学習しようとしても身につかないので、以下のような心がけを意識しましょう。

  • スキル定着に実現可能なスケジュールをつける
  • 難しければプログラミングスクールを受講する

闇雲に努力をしても、スキルの定着は難しいものです。
着実に1つ1つ理解しながら進めていくことが大切です。

3.興味を持った分野から学習を始める

今では学習環境がとても充実していて、初心者でも1から始められるようになっています。

社会人でも沢山通われているので、プログラミングに興味のある方は早めにスキルを身につけてIT業界にチャレンジすると良いでしょう。
とはいえ前述の「体力や知識の習得のピークは35歳までと考えられている」で伝えたとおり、知識の習得ペースは日に日に落ちていく一方です。

そのため、気になったものややってみたいものから、学び始めておくことが大切です。

4.コミュニケーション力を身につけることも覚えておく

ITエンジニアに必要な能力は、ITスキルやプログラミングスキルと思われがちですが、実際はそれと同じく大切になるものがコミュニケーション能力です。

20代後半~30代でIT業界へ転職を考えている人は、技術的なことを学んでおくと同時に、今の会社での仕事と通じてのコミュニケーションに力をいれておきたいものです。

なぜなら、通常IT業界ではプロジェクト単位で仕事が発生し、そこに複数の会社と複数のITエンジニアが集結して、プロジェクトを遂行していくことになります。

仕事を進める上で、必ず色々な立場の方をコミュニケーションをとり、下記のような要素の連携が大切になるでしょう。

  • クライアントへの提案
  • 価格の交渉
  • 報連相などの情報共有

さまざまなコミュニケーションスキルが必要になってきますが、これは他業界・他職種でも身につけられるスキルです。

今の仕事を通じてビジネス上のコミュニケーションスキルを身につけておく必要があります。

IT業界で着実に転職するための4つの方法

部屋を紹介する男性

IT業界の転職を検討している人にとって「もし自分が転職するなら、どういう手段を使うべきか」と考えるものでしょう。

もし、今からIT業界への転職を検討しているのなら、以下4つの方法があります。

  1. 転職保証付きのスクールを利用する
  2. 転職エージェントを活用する
  3. ポートフォリオを充実させる
  4. 副業から始める

ご自身の状況や、取れる時間を考慮に入れつつ、あなたに合った最適の方法を取り入れてみましょう。

1.転職保証付きのスクールを利用する

プログラマーに転職するためには、当然それ相応の技能や知識が求められます。

そして、現代は情報を手に入れること、自主学習することは容易になっているので、どんな年齢の方でも比較的フェアに転職市場で戦っていけます。

しかし、それは言い換えれば「自分で勉強できる範囲のことは、ライバルたちはみんなやっている」ということです。

知識や技術が横並びなら、年齢のみを基準にして先行される可能性も高くなってきます。

その点「転職保証があるプログラミングスクール」に通っておけば、

  • ライバルに無い知識
  • 転職先の確保

上記2つの課題がクリアできてしまうのです。

企業もクライアントも、そう簡単には人を採りません。
当然人件費がかかることなので、相手側も真剣になります。

このような世界で勉強し、転職先を確保するのは実は難易度が低いわけではありません。
自主学習の限界も訪れますし、なによりその勉強が転職活動の結果に釣り合わない可能性もあります。

だからこそ「転職保証付きのプログラミングスクール」に通うことが重要なのです。

プログラミング 就職のアイキャッチ画像プログラミングスクールが就職に有利な3つの理由とは?転職支援と転職保証の違いも解説

2.転職エージェントを活用する

転職エージェントに登録しておくことで、あなたの適性に合った求人を見つけやすくなります。

たしかに、プログラミングを学ぶことは年齢に関係なく始められます。
ですが、年齢が高い場合は「転職保証」をしてもらえるスクールも減ってきてしまうため、別の手段として転職エージェントの活用は有効です。

転職エージェントを活用することによって、以下のようなやりとりもしやすくなります。

  • 地方から都心部に行って働きたい
  • 自分のスキルが通用する求人を見つけたい
  • 今の年齢からでも求めている転職エージェントはどこか知りたい

プログラミングを学ぶことにはたしかに年齢制限はありません。

しかし、ITエンジニアとして転職したい場合は、転職エージェントに相談をしてできるだけ未経験でも実践が積める会社を紹介してもらう必要があるのです。

3.ポートフォリオを充実させる

「35歳が限界」とされるIT業界で、あなたが30代を迎えているのなら、若い世代に負けないポートフォリオを作ることが重要です。

なぜならIT企業は、履歴書や職務経歴書と同様にポートフォリオを採用時に評価するからです。

ポートフォリオでは、以下2つの要素が求められます。

  • 自身のスキルを提示すること
  • 若い世代が考えつかないアイデアを見せること

これらが欠けているとあなた自身の評価に関わるため、明確に過去の経歴まとめるつもりで準備しておく必要があります。

IT業界への転職・就職では、ポートフォリオは求職者の持っている技能を判断するために使われます。

4.副業から始める

プログラミングは、学ぶ時間とパソコン、ネット環境が揃えばいつでも誰でも始めることができます。

「採用されて企業勤めを…」となると確かに年齢のハードルは感じるでしょう。
しかし副業からなら、小さな仕事から、自分のスキルに合わせてステップアップしていけるのです。

たとえば、下記のようなクラウドソーシングサービスを活用すれば、比較的手軽に副業が見つかるでしょう。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ

クラウドソーシングで重要視されるのは年齢ではありません。
今までどれだけの仕事をおこなってきたか、納期は間に合ったのか、評価はどうかという「実績」だけです。

副業から成果を出すためにも、単価が低くとも、まずは実績を重ねていくことが何より大切です。

まとめ:IT業界の転職は年齢制限があると考えておくべき

プログラミングの勉強には年齢の限界はありませんが、現実的な観点から見ると「IT業界の転職には年齢制限アリ」と考えておくべきです。

そのため、もしあなたが転職を検討しているのなら、少しでも出来ることから行動しておく必要があります。

  • IT業界の情報を集めてみる
  • プログラミングの勉強をしてみる
  • プログラミングスクールの無料カウンセリングを活用する

たとえば、上記のような行動をとって、少しでもIT業界で役立つスキルを持っているだけでも、転職に有利に働くこともあります。

あなたが思い描く理想のキャリアを作るためにも、まずはIT業界の情報に触れるところから始めてみてはいかがでしょうか。

エンジニア転職のプロがマンツーマンで悩みを解決! 累計卒業生数3,000人以上* 転職成功率98%* *2020年4月時点

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中

無料カウンセリングに申込む

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2022 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5