◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

DMM WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
TECH::CAMP教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
DMM WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
1月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月生は満員となっております。1月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

この記事をご覧になっている方は、今からプログラミングを習ってみたい、もしくは少しずつプログラミングを勉強している人がほとんどでしょう。

プログラミングを勉強するのに欠かせないのは、パソコンですよね。

パソコンが手元にないと、思うように学習は進みませんが、それだけが勉強方法ではないのです。

実はスマホからでも勉強は可能なのです。

パソコンでしか勉強できないイコール、自宅等でしか学習ができないという事です。

そこで登場するのがスマホです。

スマホならいつでもどこでも学習が可能となります。

そこで今回この記事では、「スマホでプログラミングできるアプリ厳選3(iphone,ipad利用可能)」を紹介します。

それぞれのスマホアプリには、特徴がありますので自分にあったアプリを選んで、今後のプログラミング練習に当ててください。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

そもそもスマホで十分なプログラミング学習ができるの?

そもそもの疑問として、本当にスマホでプログラミング学習ができるか疑問に思う人もいるでしょう。

最近のスマホの画面がいくら大きくなってきているからと言って、パソコンのようにスムーズにプログラミングを打ち込めるのか?

結論からいえば、どうしても使い勝手はパソコンには一歩遅れをとります。

しかし、スマホで打てるように工夫をされているアプリがたくさんあります。

アプリの便利機能を使えば、空き時間や通勤通学時間を使って、効率的に学習を行いましょう。

Pocket Programming

http://rails.pocket-programming.com/ja

「Pocket Programming」というスマホアプリは、初心者向けに開発されたアプリになります。

大抵のプログラミングアプリは、最初にチュートリアルを行なって、実際にプログラミングを行う仕様になっております。

しかし、初心者のうちは最初のチュートリアルさえ理解できない人が多く、仮に理解できたとしても、次にどのようなことを行っていいかわからなくなります。

そこでこのアプリでは、チュートリアルの内容を理解しやすく構成しているのと、1度やった後の知識を定着させる工夫がされております。

まさに初心者向けに特化したアプリと言えます。

現在はRuby/Rails編とAndroid/Java編、そしてSwift/Xcode編の3種類学習することができます。

Pocket ProgrammingCap top jpの進め方について

続いてはアプリの進め方について話をします。

まずは初めての方でもとっつきやすい、1日10問、4週間のプログラムです。

初心者がつまづきやすいポイントを1ヶ月のプログラムに凝縮されており、チュートリアルを真似しただけでは覚えきれていないポイントが厳選されています。
続いては、3択のクイズ形式の勉強方法になります。

これは3択問題で問題が出されて、プログラミングを実際に打つ必要はないのです。

問題形式も穴埋め問題、正誤問題、選択問題などから選ぶことができ、自分の好きな方法で問題に当たることができます。

苦手ジャンルの分析と対策も行うことができます。

独自のアルゴリズムで目に見えない苦手分野を徹底分析することができます。

効率的に弱点の洗い出しができるので、自分からわざわざ弱点を探す手間が省けます。

魅力はいつでも復習が可能なこと

魅力を色々と話をしましたが、一番の魅力はこれらの内容をいつでもすぐに復習できることです。

プログラミングのコードをスマホで書くのなら、それなりのまとまった時間が必要になりますが、問題を解くだけなら時間はそんなに必要ありません。

問題によっては、数秒あれば復習できるものも少なくありません

まさに、いつでもどこでも場所を選ばずにできるのが魅力のアプリになります。

Udemy

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.udemy.android&hl=ja

こちらはオンライン用の教育アプリになります。

元は海外の教育用のアプリなのですが、それが日本語版になったのがこのアプリになります。

Udemyは動画やテキストを公開することで、簡単に先生になることができ、レクチャーをすることができます。

残念ながらまだ日本では、発展途中ではありますが、アメリカでは根強い人気があり、英語が理解できるのであれば、アメリカ版のアプリをやるのもお勧めします。

パソコンでもできるのですが、スマホでもわかりやすく講義されているので、時間がないとき外出先等でも問題なく勉強ができるアプリになっております。

SwiftBites

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.beaconmobile.swiftbites&hl=ja

iPhoneアプリを作るのに必要になるのが、Swift言語です。

この言語はApple製品向けに特化した言語になります。

Apple製品関係のアプリを作るには、必ず必須の言語になるので覚えておきましょう。

そしてこの言語を学習できるのが、SwiftBitesとうアプリになります。

SwiftBitesのアプリでは、構文を学習できるのと、その構文を使って自分でアプリを作ることも可能となっております。

アプリの製作まで手助けしてくれる、入門編としては優れたアプリになっておりますので、ぜひ一度試してみてください。

SwiftBitesでどんなことが学習できる?

SwiftBitesで学習できることは、Swiftを扱うために覚えなければならない、基礎的な構文です。

レッスン形式でそれぞれの項目を学習でき、途中中断したところからも始められるので、空いている時間にもってこいのアプリになります

記述したコードについては、すぐに確認できる機能も備わっているので、いつでもどこでも復習をすることができるようになっております。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回紹介したアプリはほんの一部になりますが、ほかにも使いやすいアプリはたくさんあります。

これらのアプリが使い終わったら、自分でアプリを探してみて、使いやすいものでさらなる学習を続けるもいいですね。

プログラミングを上達させるためには、どうしても学習をし続けなくてはなりません。

そのためにも、自分の興味関心が続けられるような、アプリを見つけて継続学習を行って行きましょう。

DMM WEWBCAMP/DMM WEBCAMP PROについて

DMM WEBCAMPは1ヶ月でプログラミング・WEBデザインを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。DMM WEBCAMP PROは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

1月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月受入枠は満員となっております。1月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!


▼ついに開講!オンラインでWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事