Startup Stock Photo
3月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
2月生は満員となっております。3月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

プログラミングの勉強を始めて、どんな人でも直面するのはミスです。

どのような天才的なプログラマーであっても、ミスをしない人はいません。

それでも、定期的にミスを繰り返したりしていると、勉強や仕事のモチベーションが下がってしまうのは仕方がありません。

誰でも経験するミスではありますが、あまりにも頻繁にミスをする人は少し原因を探った方が良いかもしれません。

なぜなら、ちょっとした工夫でそのミスを減らすことができるかもしれないからです。

そこで今回この記事では、「プログラミングでありがちなミスと、その解決策」を紹介します。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

プログラミングに共通するミス

扱っているプログラミング言語によって、ミスの種類はまちまちです。

しかし、共通している点はいくつか存在するのです。

ここでは、プログラミング言語に関係なく、共通するミスについてお話をします。

単語の表記ミス

よくありがちなミスに、単語の表記ミスがあります。

例えば、divと言う単語がdibになっただけでプログラムは当然動きません。

このような単純なミスが、実はプログラミングのミスでは非常に多いのです。

膨大な量のプログラミングであれば、少なからず起こりうるミスではあります。

半角と全角について

「 」と「 」の違いがわかりますか?

ぱっと見違いがわからないように見えますが、前者は全角スペースで後者は半角スペースになります。

一見、全角と半角のスペースなんてそんな変わらなそうに見えますが、これだけでプログラムが正常に動作しない事もあります。

プログラム上は、全角だろうが半角だろうが別々と判定をしてします。

それに気づかずに、エラーが出て原因を探り続けるなんて事もたまにあります。

わからないプログラムを外部から引っ張って来る

これは実務的な仕事についてからなのですが、外部からプログラムのコードを引っ張って来るときに注意が必要です。

具体的に言うと、ある動きを加えたい場合ゼロからコードを組むのではなく、テンプレ(ホームページで公開しているようなもの)を引用する事です。

参考にする事自体は否定する気は全くありません。

しかし、全く理解をしないまま、コードを組み込むと意図しないエラーが出ることが多々あります。

組み込んでエラーが出ないとしても、それが回り回って他でエラーを誘発する可能性もあります。

理解をしていないプログラムのコードを組み込むと、ミスの誘発につながるので注意しましょう。

これらのミスはどのように対処すればいいか

今話した内容については誰しも行ってしまう初歩的なミスになります。

ではこれらのミスはどう対処すれば良いのでしょうか?

答えは簡単で、初歩的なミスをした場合それらをチェックリスト式にして、次回からセルフチェックすれば良いのです。

人によってミスの内容は違います。

その人個人専用のチェックリストを作ることによって、ミスが起きたときの解決ツールとして活用しましょう。

だんだんとチェックツールが溜まってきたら、もうやらなくなったようなミスを除外してメンテナンスをしていけば、常に最新版のチェックツールにすることができるので、活用してみましょう。

プログラミング初心者が起こしやすいミスについて

先ほど話した内容は、誰しも行ったことがあるミスでしたが、ここからはプログラミング初心者に焦点を当てて話をします。

プログラミング初心者レベルの人の問題点について

プログラミング初心者の場合は、ほとんどの人が言語は一つしか習っておらず、教本通りのコードしか打てない人がほとんどでしょう。

それは決して恥じるべきことではありませんし、これから学習を続けていけばいずれマスターできることでしょう。

しかし、そんな道半ばの状態でプログラミングを目的なく行ったり学習をしても、ミスを減らすことは難しい可能性があります。

特に初心者プログラマーの課題は、自分でコーディングができないとか、ミスが起きてもその原因を探ることができない等があります。

これらの課題をクリアできれば、ミスはかなり減ることでしょう。

プログラミング初心者がミスを減らすには

まずプログラミング初心者がミスを減らすには、初心者がやりがちな下記のことを止めるとこから始めよう。

  • 行いたい動きのコードをコピペすること
  • 参考書のコードをそのまま引用すること

これらの行動自体が、初心者プログラマーの成長を阻害して、ミスの原因をわかりづらくする原因になります。

参考にする分には一向に構わないのですが、書いてあったから記述してみただけでは進歩がありません。

エラーが起きても、どこが間違っているか自分で分からなければ意味がありません。

プログラミングの上達には、プログラミングのルールを熟知する他ありません。

プログラミングのルールをマスターすることが、ミスを減らす近道になるのです。

コーディング状の注意点について

プログラミングのルールを熟知しても、ミスをゼロにすることは難しいでしょう。

しかし、限りなくゼロに近づけることはできます。

コーディングするときは、とにかくパーツパーツで検証を行うと良いでしょう。

そうすれば、エラーの箇所を特定しやすくなります。

また、経験を重ねるために多くのエラーを経験することも有用です。

エラーから学べることはたくさんあります。

それらは必ずあなたの知識の引き出しを増やします。

しかし、その経験もコードをコピーしただけのものでは意味がありません。

自分が考えてコーディングした内容のエラーにこそ、考察と改善から得られるものがあるのです。

エラーの原因を知るためにプログラミングスクールに通うのも上達の早道でしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

誰しもプログラミングでミスをします。

しかしそのミスに対して自分なりに解決策や改善策がなければ、いずれ同じミスをする羽目になります。

それを防ぐためにも、今回ご紹介した内容を自分なりに取り入れてミスを再発しないようにしましょう。

全てはあなたの行動次第で、結果はいくらでも変わることを覚えておきましょう。

DMM WEWBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

3月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
2月受入枠は満員となっております。3月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事