【無料/有料】インフラエンジニア向けプログラミングスクール8選!

2023.01.24
インフラエンジニア向けプログラミングスクール

「インフラエンジニアになりたいけど、どのプログラミングスクールを選べばいいんだろう?」
「無料で通えるプログラミングスクールがあるって本当?」
「インフラエンジニアになるのにスクールに通う必要はあるの?メリットは?」

そのような疑問をお持ちではないでしょうか。

プログラミングスクールは効率よくエンジニアとしての知識を学ぶために効率的です。
ところが数が多いため、どこを選べば自分のタメになるのかわかりづらいですよね。

そこで今回は、

  • 【無料/有料】インフラエンジニアになるためにおすすめのプログラミングスクール
  • 「インフラエンジニアになるためにスクールは必要ない」と言われる理由
  • インフラエンジニアになるためにスクールに通うメリット

などについてご紹介します。

この記事を読めば、あなたがインフラエンジニアになるためにプログラミングスクールに通うべきか、どのスクールを選ぶべきかが明確になるでしょう。

「インフラエンジニアになりたいけど、プログラミングスクールに通うことを迷っている」という方は、ぜひ最後まで読み進めてください。

インフラエンジニアとは

走るサラリーマン

まずは、インフラエンジニアについて簡単にご説明します。

インフラエンジニアという職種をきちんと理解することで、プログラミングスクールで何を学ぶべきかがはっきりするでしょう。

1.ITインフラを設計・構築・運用・保守する仕事

インフラエンジニアは、ITインフラを設計・構築・運用・保守する仕事です。

ITインフラには主にサーバーとネットワークがあり、ITシステム全体を支えます。

ITシステムを使用するために、インフラエンジニアの存在は欠かせません。

近年はITシステムを導入する企業が増加しており、あらゆる業界でインフラエンジニアの活躍する場が広がっています

2.サーバーエンジニアとネットワークエンジニアに大別できる

インフラエンジニアは、担当する領域によってサーバーエンジニアとネットワークエンジニアに大別できます

  • サーバーエンジニア:サーバーの設計・構築・運用・保守
  • ネットワークエンジニア:ネットワークの設計・構築・運用・保守

サーバーエンジニアにはOSやセキュリティの知識、ネットワークエンジニアにはネットワークに関する知識が必要です。
さらに、近年需要が拡大しているクラウドの知識も求められるようになってきています。

プログラミングスクールを検討する際には、インフラエンジニアとして必要な知識を身につけられるか、自分が身につけたい知識を学習できる環境があるかを確認しましょう。

エンジニアを目指したい!と思った方には、初心者でも確実にプログラミングが身に付く【DMM WEBCAMP】がおすすめです。

プログラミング初心者の受講生が97%以上の【DMM WEBCAMP】では、未経験者コースも用意もされており、安心して学習を進められます。

オンラインと教室受講のどちらも可能なので、あなたのライフスタイルに合わせて好きなコースを選択してみてください!

[engineer_1]

【無料】インフラエンジニアになるためにおすすめのプログラミングスクール3選

オンラインで需要を受けるイメージ

インフラエンジニアの概要についてお伝えしました。
プログラミングスクールを検討するときは、どのようなスキルを身につけたいかをよく考えましょう。

プログラミングスクールというと、料金が高額になるイメージがあるのではないでしょうか。
しかし、実は無料で受講できるプログラミングスクールも存在するのです。

今回は、無料と有料にわけてプログラミングスクールをご紹介します。

まずはインフラエンジニアになるためにおすすめの無料プログラミングスクール3を見ていきましょう。

  1. GEEKJOB(ギークジョブ)
  2. エンジニアカレッジ
  3. ネットビジョンアカデミー

順番にご説明します。

1.GEEKJOB(ギークジョブ)

GEEKJOB

GEEKJOBは、初心者からでも最短1ヶ月でエンジニアとして基礎を学び、就職を実現できるプログラミングスクールです。

学習はすべてオンライン上で完結します。
わからないことはチャットやビデオ通話で講師に質問できるので安心です。

以下の3つのコースがあり、「スピード転職コース(Java /インフラ)」のみ無料で受講できます。

  • プログラミング教養コース(Java /Ruby):217,800円(税込)
  • プレミアム転職コース(Java /Ruby):437,800円(税込)
  • スピード転職コース(Java /インフラ):無料

無料受講には審査がありますが、通過すれば転職に必要な学習を進め、早期就業を目指せます。

体験会や無料カウンセリングを実施しているので、興味がある方は参加してみてはいかがでしょうか。

GEEKJOBについて詳しく知りたい方は、公式サイトをご覧ください。

2.エンジニアカレッジ

エンジニアカレッジ

エンジニアカレッジは、無料で学べる国内最大級の就活直結型プログラミングスクールです。
企業から協賛金を募ることで、無料の教育プログラムを実現しています。

コンピューターの基礎知識から始め、最終的にサーバー構築ができるレベルまで習得可能です。
スキルの習得から転職まではおよそ1〜2ヶ月程度となります。

さらに、インフラエンジニアに必要な以下の技術を習得できることも特徴です。

  • Linux
  • CentOS
  • ネットワーク
  • セキュリティ
  • AWS
  • データベース

さらに、Linux試験のなかで受験料が通常16,500円(税込)かかる「LinuC」を無料で受験できることも大きな魅力です。

「できるだけコストをかけずにスキルを身につけたい」という方にはぴったりですね。

学習のなかでわからないことはマンツーマンでとことん質問できるので、理解できるまで学べます。

転職サポートも充実しており、就職率は96.2%という高い実績があるので安心です。

エンジニアカレッジについて詳しく知りたい方は、公式サイトをご覧ください。

3.ネットビジョンアカデミー

ネットビジョンアカデミー

ネットビジョンアカデミーは、未経験からネットワークエンジニアになるための無料プログラミングスクールです。

受講料やテキスト代は完全無料、最短2ヶ月でエンジニアに就職できます。

資格取得サポートが充実しており、「CCNA」資格合格率は99%という驚異的な実績です。

CCNA資格は、ネットワーク機器メーカーのシスコシステムズ社が実施するネットワークエンジニア技能検定。
インフラエンジニアを目指すなら、ぜひ取得したい資格の一つです。

授業では座学講義と実機演習があるので、実践的な知識を身につけられます。
最終的には以下の技能や知識を習得でき、ネットワークエンジニアとして転職可能です。

  • ネットワーク実践:Ciscoルータ、スイッチ基本コマンド・実機構築実践
  • サーバー実践:Linux基本コマンド
  • ネットワーク構築:OSPF構築 / DHCP・ACL・NAPT構築 / Router on a Stick構築など・小規模ネットワーク構築・トラブルシューティング

インフラエンジニアはもちろん、特にネットワークエンジニアとして活躍したいという方におすすめです。

ネットビジョンアカデミーについて詳しく知りたい方は、公式サイトをご覧ください。

【有料】インフラエンジニアになるためにおすすめのプログラミングスクール5選

パソコンで作業するイメージ

無料プログラミングスクールについてお伝えしました。
どれも無料とは思えない充実した内容ばかりです。

しかし、「無料だとなんとなく不安」「有料でもとにかくサポートが万全なスクールを選びたい」という方もいるでしょう。

ここからは、インフラエンジニアになるためにおすすめの有料プログラミングスクール5選をご紹介します。

  1. DMMWEBCAMP
  2. SAMURAIENGINEER
  3. TechCamp
  4. RaiseTech
  5. KENスクール

それぞれ見ていきましょう。

1.DMMWEBCAMP

DMMWEBCAMP

DMMWEBCAMP(ディーエムエムウェブキャンプ)は、未経験者の転職に高い実績がある有料プログラミングスクールです。

講師はすべて実務経験豊富な現役エンジニアが担当
未経験からでも短期間で確実に上達できるメソッドとカリキュラムで、スキルの習得をサポートします。

「DMMWEBCAMP PRO」ならプログラミングスキルの習得、ポートフォリオ制作に加えて、チャレンジ学習で「AWS」を学習可能です。

完全オンライン完結で、仕事が忙しい方でも自分のライフスタイルに合わせて学習を進められます。

料金は以下の通りです(2021年12月28日時点)。

期間分割一括料金
12週間(転職志望コース)24,882円(税込)〜624,800円(税込)
16週間(転職志望コース)27,541円(税込)〜679,800円(税込)

なお、講座に満足できない場合は、14日間の全額返金保証もあります。
そのほか、先行申し込みで割引になるキャッシュバックなども随時実施しているので、確認してみましょう。

講座受講後には、受験生限定の無料転職サポートや無料副業サポートがあり、スキルを習得した後のキャリアも安心です。

無料カウンセリングでより詳しい情報について聞けるので、まずはカウンセリングにて相談してみてはいかがでしょうか。

DMMWEBCAMP PROに興味がある方は、公式サイトをご覧ください。

2.SAMURAIENGINEER

SAMURAIENGINEER

SAMURAIENGINEER(サムライエンジニア)は、専任講師のマンツーマンレッスンに特化した有料プログラミングスクールです。

受講生専用のカリキュラムを作り、プロの専任講師が並走するため、挫折率はたった8%
未経験からでも理解度に合わせて丁寧に授業をしてもらえるので安心です。

インフラエンジニアを目指す方は、「SAMURAIENGINEER 転職保証コース」がおすすめ。
オンライン完結で週1回のマンツーマンレッスンに加えて、専属講師がスキル習得から転職までをサポートします。

最短3ヶ月でインフラエンジニアの転職に有利な以下のクラウド系資格も取得可能です。

  • AWSクラウドプラクティショナー
  • AWSソリューションアーキテクト

料金は以下の通りです(2021年12月28日時点)。

期間入学金分割 ※クレジットカードで24回払いの場合一括料金
16週間プラン99,000円(税込)20,625円(税込)/月495,000円(税込)
24週間プラン99,000円(税込)32,542円(税込)/月781,000円(税込)

なお、転職活動をしても内定が出なかった場合には、入学金および受講料を全額返金する「エンジニア転職保証」もついています。

無料カウンセリングでは、柔軟な要望に対応しながら親身に話を進めてくれるでしょう。

MURAIENGINEERに興味がある方は、公式サイトをご覧ください。

3.TechCamp

TechCamp

TechCamp(テックキャンプ)は、未経験から最短10週間でITエンジニアを目指せる有料プログラミングスクールです。

「TechCamp エンジニア転職」なら、以下の3名のスタッフがエンジニア転職を徹底サポートしてくれます。

  • プログラミング講師:いつでも質問し放題
  • ライフコーチ:学習スケジュールやモチベーションを支援
  • キャリアアドバイザー:キャリア形成をマンツーマンで一貫支援

さらに、TechCamp エンジニア転職」は厚生労働省指定講座 専門実践教育訓練給付金制度の対象です。
受講料の最大70%(上限56万円)が給付されるので、経済的な負担を軽減できます。

学習スタイルは、就業していない方向けの「短期集中スタイル」、仕事と両立しながら学びたい方向けの「夜間・休日スタイル」の2つ。

料金は以下の通りです(2021年12月28日時点)。

期間分割(初回支払い)分割(2回目以降の支払い)一括料金一括料金(給付金適用後)
短期集中スタイル(最短10週間)20,380円(税込)〜19,600円(税込)〜657,800円(税込)197,340円(税込)
夜間・休日スタイル(およそ半年間)45,137円(税込)〜43,800円(税込)〜877,800円(税込)317,800円(税込)

保証制度として「14日間返金保証」「転職返金保証」があるので、安心して学習に取り組めます。
また、30歳以上でも学習でき、39歳以下なら転職返金保証の対象です。

無料カウンセリングにてより詳しい情報を確認できます。

TechCampに興味がある方は、公式サイトをご覧ください。

4.RaiseTech

RaiseTech

RaiseTech(レイズテック)は、最速で稼げるエンジニアを目指す有料プログラミングスクールです。

現場で求められるあらゆる知識・技術・考え方を教えることにこだわっています。
講師は最前線で活躍する、月単価80万円以上の現役講師です。

インフラエンジニアを目指す方には「AWSフルコース」がおすすめ。
クラウドサービスでトップシェアを誇るAWSの技術と、現場のエンジニアに必要な知識を最速で学ぶ総合コースです。

現場で必要な以下の技術を学べます。

  • AWS上でのインフラ環境構築
  • インフラのコード化
  • 自動化
  • DevOps

オンライン授業は週1回2時間で全16回、サポートは受講終了後も無制限で受けられます。
2週間のトライアルサポートがあるので安心です。

随時追加される動画教材も半永久的に見放題で、長期的にスキルを身につけていけます。
オンライン飲み会やオフ会などの交流もあり、モチベーションを維持しやすいでしょう。

AWSフルコースの料金は以下の通りです(2021年12月28日時点)。

期間分割一括料金
通常価格18,667円(税込)〜448,000円(税込)
早割10%OFF16,800円(税込)〜403,200円(税込)
学割12,000円(税込)〜288,000円(税込)

無料説明会を毎週金曜日20時から開催しています。
現場のリアルな情報を知りたい方は、参加してみてはいかがでしょうか。

RaiseTechに興味がある方は、公式サイトをご覧ください。

5.KENスクール

KENスクール

KENスクールは、WEB・プログラム・ネットワーク・OA・資格取得に関する豊富なコースがある有料プログラミングスクールです。

1対1で授業を行う個別指導で、受講者の理解度に合わせて丁寧に授業を進めます。
実機演習や課題作成など、アウトプットにも力を入れているので実力が身つきやすいです。

好きな時間帯に好きな校舎で学習できるので、忙しい方でも柔軟なスケジュールを組めます。
各校舎ではパソコンやソフトを無料で開放しており、充実した環境で学習可能です。

ネットワークコースの料金は以下の通りです(2021年12月28日時点)。

コース受講料受講期間(受講時間)
ネットワーク就転職コース(Linuxエキスパート就転職総合コース)884,400円(税込)12ヶ月(236時間)
ネットワーク就転職コース(ネットワークエキスパート就転職総合コース)1,016,400円(税込)12ヶ月(266時間)
ネットワークスペシャリストコース(CCNA+Linuxレベル1&2取得コース)673,200円(税込)12ヶ月(198時間)
ネットワークスペシャリストコース(Ciscoスペシャリスト養成コース)735,900円(税込)9ヶ月(178時間)
ネットワーク速習コース(速習CCNA+Linuxレベル1取得コース)408,100円(税込)6ヶ月(120時間)
ネットワーク速習コース(速習CCNA+Windows Server構築コース)339,900円(税込)6ヶ月(100時間)
ネットワーク速習コース(速習CCNA+Linuxレベル1+Windows Server構築コース)459,800円(税込)9ヶ月(150時間)

コースが充実しているため、インフラエンジニアを目指すあらゆる人の希望を満たしてくれます。
無料カウンセリングや無料体験レッスンを活用して、自分にぴったりのコースを見つけましょう。

さらに、現在は2022年2月受講・3月受講の「CCNAコース」において、通常料金238,700円が受講料免除で提供されています。
定員になり次第募集終了となるため、無料でネットワークエンジニアを目指してCCNA資格を取得したい方は早めに応募しましょう。

KENスクールに興味がある方は、公式サイトをご覧ください。

プログラミング未経験でエンジニアを目指すことに不安を感じますよね。

そんな方には、基礎からプログラミングが学べる【DMM WEBCAMP】がおすすめです。
【DMM WEBCAMP】では、初心者のために開発した独自のカリキュラムが用意されており、基礎から確実にプログラミングスキルを身につけることができます!

また転職保証付きのプランもあり、プログラミング学習も転職活動も安心して取り組めます。
厚生労働省認定のコースでは、高いスキルが身につく上、受講料最大56万円のキャッシュバックもついてきます。

是非あなたのライフスタイルに合ったプランを見つけてください!

[engineer_3]

「インフラエンジニアになるためにスクールは必要ない」と言われる理由2つ

疑問を持つイメージ

ここまでインフラエンジニアになるためにおすすめのプログラミングスクールをお伝えしてきました。
どれもインフラエンジニアに必要なスキルを効果的に習得できる環境です。

しかし、「インフラエンジニアになるためにスクールに通う必要などない」という意見を聞いたことがある方もいるかもしれません。

ここでは、「インフラエンジニアになるためにスクールは必要ない」と言われる理由2つをご紹介します。

  1. 未経験でも就職・転職できるため
  2. 独学でもスキルを習得できるため

詳しく見ていきましょう。

1.未経験でも就職・転職できるため

実は、求人サイトなどで検索すると未経験からでも就職・転職できるインフラエンジニアの求人があるのです。

大手求人サイトにて「インフラエンジニア 未経験」で検索したところ、以下のような結果となりました(2021年12月28日時点)。

求人サイト求人数年収目安
リクナビNEXT158件300万円〜400万円
マイナビ転職58件300万円〜600万円
doda360件300万円〜400万円
エン転職335件300万円〜400万円

いずれの求人サイトでたくさんの求人があることがわかります。

「職種未経験OK」「業種未経験OK」などで複数名の募集をおこなっている案件も見られました。

未経験者を歓迎している求人は、プログラミングスキルでスキルを習得したり実績を作ったりしなくとも、応募が可能です。

入社してから研修などで学べる環境があるため、未経験からでも安心して働けます。

そのため、「インフラエンジニアになるためにプログラミングスクールに通う必要はない」と言われるのです。

2.独学でもスキルを習得できるため

インフラエンジニアとして必要なスキルは独学でも習得が可能です。

実際に、スクールに通わず独学のみでインフラエンジニアとして活動している人は少なくありません。

最近は、プログラミングスキルやインフラ関連の知識を学べる書籍や無料の学習サイトなども充実しています。

自分のペースで学習できるので、計画的に学習を進められる人は独学でスキルを習得して就職・転職することも可能でしょう。

インフラエンジニアになるためにスクールに通うメリット5つ

マントをつけた頼もしい人

インフラエンジニアには未経験からでも就職・転職が可能で、独学してスキルを習得することもできるとお伝えしました。

では、インフラエンジニアを目指す人にとって、プログラミングスクールに通うメリットは何なのでしょうか。

ここでは、インフラエンジニアになるためにスクールに通うメリット5つをご紹介します。

  1. 必要なスキルを効率よく学べる
  2. ポートフォリオを制作できる
  3. キャリアについて相談できる
  4. 講座内で資格を取得できる
  5. 転職サポートを受けられる

それでは見ていきましょう。

1.必要なスキルを効率よく学べる

プログラミングスクールなら、インフラエンジニアに必要なスキルを短期間で効率よく学べます

未経験OKの企業では、社内に新人教育の環境が整っている場合もあるでしょう。

しかし、プログラミングスクールは、エンジニアとしてのスキル習得に特化した環境が整っています。
企業の一般的な社内研修と比較して、より高品質かつ短期集中の講座で学習可能です。

「ある程度の知識やスキルを身につけた上で就職・転職したい」「スピーディーにスキルを身につけてインフラエンジニアとして働き始めたい」という方には、プログラミングスクールが適しているでしょう。

2.ポートフォリオを制作できる

プログラミングスクールのメリットとして、ポートフォリオを制作できることが挙げられます。

ポートフォリオとは、自身のスキルや実績を一覧にまとめたものです。
エンジニアの場合は、ポートフォリオサイトを用意するのが一般的になります。

ポートフォリオがあると、転職時や副業の案件獲得時にスキルや実績を効果的に伝えられるため、有利です。
個人のスキルや実績を記録し、すぐに見せられるようにしておくことは、今後インフラエンジニアとして活動する際に役立ちます。

最初から会社員として働き始めると、自身で制作しない限り、個人でポートフォリオを用意する機会は基本的にありません。

プロにアドバイスをもらいながらポートフォリオを制作できるのは、プログラミングスクールに通う場合くらいでしょう。

3.キャリアについて相談できる

プログラミングスクールでは、プロのキャリアカウンセラーにキャリア相談ができるというメリットがあります。

インフラエンジニアとしてどのようなキャリアを築いていくかという見通しを立てることは重要です。

しかし、いきなり会社員として働き始めると、個人的なキャリアを相談する相手はなかなかいません。

転職支援があるプログラミングスクールなら、インフラエンジニアの職種や業界について精通しているキャリアカウンセラーに相談できます。

プロの視点で客観的にキャリアのアドバイスをもらえるので、将来的なキャリアプランを立てるのに役立つでしょう。

4.講座内で資格を取得できる

プログラミングスクールによっては、講座内で資格を取得できる点が魅力です。

インフラエンジニアを目指すなら、「CCNA」などのネットワーク系資格や「AWS」などクラウド系の資格は取得しておきたいものです。

資格を取得することで手当がついて給料がアップする企業は少なくありません。
難易度の高い資格であるほど、就職・転職活動時に評価されて年収も上がります。

「未経験でインフラエンジニアに転職して収入を下げたくない」「資格を取得してスキルを身につけた上で就職・転職したい」という方には、資格取得のサポートがあるプログラミングスクールがおすすめです。

5.転職サポートを受けられる

プログラミングスクールを活用することで、スキル習得だけでなく転職サポートを受けられるというメリットがあります。

もしいきなり未経験OKのインフラエンジニア求人に応募する場合、就職・転職活動は一人で進めることになるでしょう。
自身の市場価値や企業の詳しい情報がよくわからないまま、なんとなく就職先を決めてしまう可能性があります。

プログラミングスクールの転職サポートなら、IT業界の転職事情に精通したエージェントがあなたのスキルや希望に合った企業を紹介してくれるので、企業選びに失敗する可能性を最小限に抑えることが可能です。

選考書類の添削や面接対策をサポートしてくれるので、志望企業への内定率もアップします。
日程や条件の交渉を代行してくれるケースもあり、あなたの就職・転職を成功へ導いてくれるはずです。

結果的に、一人で就職・転職活動を進めるよりもずっと希望に合った企業へ入社できる可能性が高まります。

まとめ:効率よくインフラエンジニアを目指すならスクールはおすすめ

今回は、インフラエンジニアにおすすめのプログラミングスクールについてお伝えしました。

インフラエンジニアはプログラミングスクールに通わなくても、未経験や独学で就職・転職が可能です。

しかし、「効率よくスキルを習得したい」「資格を取得して転職直後からある程度の収入を得たい」という方には、プログラミングスクールの環境が適しています。

プログラミングスクールには無料と有料がありますが、自分が何を求めているのかによってどのスクールが合っているかは変わります。

あなたが習得したいスキルや資格、ライフスタイルに合った受講方法などに応じて選んでみてください。

エンジニア転職のプロがマンツーマンで悩みを解決! 累計卒業生数3,000人以上* 転職成功率98%* *2020年4月時点

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中

無料カウンセリングに申込む

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2023 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5