動画編集を依頼するときの相場は?安く依頼するための3つのコツや制作会社以外の依頼方法も解説

2022.03.21
動画編集-依頼

「動画編集を依頼したいけど相場を知りたい」
「安く依頼するためのコツはあるのかな?」

と思うことはありませんか?

動画編集を依頼したくても、制作会社の数は多く、どこの会社が妥当な値段なのかわからなくなってしまいますよね。

では、動画編集の相場や安く依頼するためのコツはあるのでしょうか?

そこで今回は、

  • 動画編集にかかる相場
  • 安く・ハイクオリティで依頼する方法
  • 動画編集を依頼する方法

について解説していきます。

この記事を読めば、動画編集の相場や安く依頼するためのコツがわかります。

ぜひ最後まで読んでみてください。

動画編集の依頼にかかる相場

お金を持つ女性

現在、You TubeやSNSの普及によって、動画がより身近な存在になりました。

企業でも、動画編集を依頼する機会も増えたのではないでしょうか。

動画編集は具体的に、

  • 動画の長さ
  • 装飾有無
  • BGMやナレーションの有無

このように何の編集をしてもうかによって相場は異なるので、明確な相場は一概には言いにくくなっています。

このことを踏まえたうえで、動画編集の相場を比較してみましょう。

制作会社 個人(フリーランス・クラウドソーシング)
You Tube 10,000円〜依頼可能 3,000円〜依頼可能
Tik TokやInstagramのショートムービー 5,000円〜依頼可能 (1本30秒程度で)300円〜依頼可能
その他(ロングムービー) 100,000円〜依頼可能 50,000円〜依頼可能

個人に依頼する場合の仕事内容的には動画編集の中での文字入れ、(テロップ入れ) 効果音入れなど、簡単な編集のみになってしまう場合がほとんどです。

制作会社などに頼む場合だと「企画の構成」や「どのようにターゲットに目的を伝えるか」などを検討してくれますが、人件費や経費が膨らむので、必然的に相場は高くなってしまいます。

自分もプログラミングを学習してみたい!と思った方には、初心者でも確実にプログラミングスキルが身に付く【DMM WEBCAMP】がおすすめです。

97%以上の受講生がプログラミング初心者からのスタートであるため、ライフコーチによる手厚い学習サポートが受けられます。
また、プログラミングの基礎知識からしっかり身につけられるコースも用意されており、安心して学習を進めていくことが可能です。


DMM WEBCAMP】で、ITスキルを身につけて理想のキャリアを実現!
✔︎未経験からITエンジニアへ転職したい
✔︎スキルを上げて、キャリアチェンジしたい
✔︎ITエンジニア転職に興味はあるけど、一人で目指すのは不安
といった方におすすめです!

あなたの転職を一歩有利に!

動画編集を安く・ハイクオリティで依頼する3つのコツ

お金を見る女性

動画編集を安くハイクオリティで依頼するためのコツは、以下の3つです。

  1. 参考動画を送る
  2. 過去実績を見せてもらう
  3. 未経験・初心者には依頼しない

このコツを抑えておけば、コストを抑えるだけではなく、期待以上の動画を納品してもらえます。

それぞれのコツを解説していきます。

1.こちらから参考動画を必ず送る

参考動画をあらかじめ送ることで、費用を抑えることができます。

なぜかというと、動画編集の中で費用がかさんでしまうのは、企画構成の段階だからです。

時間をかけることで費用が膨らんでしまうので、あらかじめ参考動画を送りイメージを掴みやすくなります。

結果として企画にかける時間が減り、費用を抑えることができます。

なので、参考動画は必ず送るようにしましょう。

2.過去実績を見せてもらう

動画編集の依頼をするときのポイントは、動画編集を依頼する相手の過去の動画編集の実績を見せてもらうことです。

なぜかというと、依頼相手が制作する動画の特徴を把握することができるからです。

例えば、子供向け動画の編集を依頼するときに、そういった動画の編集実績の無い相手よりも、多くの実績が有るほうが安心できます。

過去実績は、依頼主のニーズに合った依頼相手を選ぶ参考になります。

このような理由から、過去実績は依頼する前に見せてもらうようにしましょう。

3.未経験・初心者には依頼しない

動画編集のクオリティを高くするには、未経験には依頼せずに動画編集に熟知している企業を利用するべきです。

なぜかというと、動画編集において伝えたいことを表現してくれるからです。

完成された動画から、何を伝えたいのか分からないと見てくれる人が増えません。

その動画の制作目的やターゲット等をしっかり決め、動画制作のプロのノウハウや技術等を活かした動画を作ってもらうことが得策です。

動画編集を制作会社に依頼するメリットとデメリットを解説

迷う男女

制作会社に依頼すれば、理想の動画に仕上がります。

しかし、デメリットを考えた上で依頼するようにしましょう。

  1. 制作会社に依頼するメリット
  2. 制作会社に依頼するデメリット

それぞれ解説していきます。

1.制作会社に依頼するメリット

制作会社に動画編集を依頼すれば、動画が完成するまでの制作時間を短縮できます。

なぜなら、動画の企画や見せ方のみに注力できるからです。

動画撮影は、スマホを利用するなど手軽ですが、一方、撮影動画の編集は専門性が高くなります。

スキルのある制作会社に依頼すればアニメやCG効果を多用し、必要な素材を効率よく編集、クオリティーの高い動画作成が可能です。

動画編集を依頼できれば、企画、撮影に注力できます。

2.制作会社に依頼するデメリット

動画編集を制作会社に依頼するデメリットとして、コストが高くなりがちであることがあげられます。

また、希望する動画を作り上げるためには制作会社とのやり取りが必ず発生するので、場合によってはやり取りが冗長になり納期が遅れてしまう可能性もあります。

コストについては、以下のような要望ひとつひとつで追加料金が発生してしまう可能性があります。

  • シーンにロゴをいれたい
  • 特定のシーンにエフェクトを使ってほしい

5秒で終わるような軽微な修正でも、料金が発生してしまうかもしれません。

コストが高くならないように、打ち合わせの段階で要望をしっかり伝えて、修正の数を減らすことがポイントです。

スキマ時間に効率よくプログラミングを学習したいという方には、プログラミングスクールがおすすめです。

受講料はかかってしまいますが、短期間で効率よくプログラミングスキルを習得することが可能です。
【DMM WEBCAMP】なら、初心者向けに開発された独自のカリキュラムと充実した学習サポートで、挫折することなくプログラミング学習を進めることができます。

また、学習を進めていく中で分からないことが出てきたときは、 チャットもしくはビデオ通話でメンター(講師)に好きなだけ質問をすることができます。

オンラインと教室受講のどちらも可能なので、あなたのライフスタイルに合わせて好きなコースを選択してみてください。


転職成功率98%のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
その卒業生のリアルな声をご紹介!
未経験者へのサポートは充実してる?
✔カリキュラムは仕事でどう活かされた?
身に付くスキルはどんなもの?

未経験からプログラミングを学ぶ方必見!

動画編集を個人に依頼するメリットとデメリットを解説

考える女性

個人(フリーランス)に依頼するのは、費用が抑えられる分、完成度に期待できないと思う方もいるかも知れません。

しかし、制作会社にはないメリットもあります。

  1. 動画編集を個人に依頼するメリット
  2. 動画編集を個人に依頼するデメリット

それぞれ解説していきます。

1.動画編集を個人に依頼するメリット

個人の動画編集は、コストが抑えられる以外にもメリットがあります。

  • 企業の規則がないので、柔軟に対応してもらえる
  • 土日関係なく作業可能なので、納品スピードが速い

最近では、多くのフリーランスの動画編集者が増えているので、クラウドソーシングサイトで動画編集者を見つけやすいです。

制作会社だと決められた工程でつくるので、なかなか融通が効かないことがあります。

細かい要望が有る方は、個人に依頼することをおすすめします。

2.動画編集を個人に依頼するデメリット

個人の動画編集者は制作会社のように規則がないため、「信用面」が大事です。

まれに、以下のような動画編集者も存在するからです。

  • 納期を守らない
  • 情報を漏らす
  • 音信不通になる

上記のようなケースを発生させないために、信頼のできる動画編集者に依頼する必要があります。

クラウドソーシングなどで探す場合は、口コミや実績を確認しておきましょう。

動画編集を依頼する4つの方法

喜ぶ男女

動画編集を依頼するには、4つの方法があります。

動画のジャンルや、用途に合わせて使い分ければコストを抑えることも可能です。

  1. 制作会社
  2. クラウドソーシング
  3. SNS
  4. 知人の紹介

それぞれの依頼方法を解説します。

1.制作会社

制作会社へ依頼する際は、以下のようなことを伝えます。

  • 予算
  • 動画の利用目的
  • 納期

すると制作会社から動画内容の提案があり、発注→動画編集→納品→という流れになります。

動画編集の実績が豊富な制作会社は、以下のような会社です。

  • 株式会社サムシングファン
  • 株式会社IMAGIC GROUP
  • 東北新社

制作会社が得意とする動画のジャンルや料金は異なるので、しっかり確認して依頼しましょう。

2.クラウドソーシング

動画編集をクラウドソーシングで依頼する場合は、クリエイターを自身で探して直接コンタクトを取る必要があります。

依頼する際には、制作管理を「クライアント自身がやるか」「案件受注者がやるか」というタスク管理の要をどちらが担当するか検討することが重要です。

以下のようなクラウドソーシングがあります。

  • クラウドワークス
  • ココナラ
  • ランサーズ

依頼者を決める際には、その方の評価は確認しておきましょう。

クラウドソージングは稼げない?クラウドソーシングは稼げない?サービス比較8選と仕事内容のおすすめ6選

3.SNS

Twitterでは、動画制作している人と実際に繋がることができます。

フリーランスで動画編集活動している人が増え、そういった方はSNSで日々発信をおこなっているからです。

具体的には、ハッシュタグなどを活用して依頼主を探すのが最善策です。

  • #動画制作依頼募集
  • #映像制作
  • #動画編集

などのタグを付けて投稿をし、実際に依頼主と繋がりやり取りを開始するのが好ましいです。

クラウドソーシングも費用が安いですが、SNSは仲介手数料が発生しないのでより安く依頼できることがあります。

4.知人の紹介

You Tubeで動画を配信している人や、個人で動画制作そしている知人の中から見つけて依頼する方法もあります。

また、そういった動画制作の仕事に詳しい人から、スキルの高いクリエイターを紹介してもらうのも一つの方法です。

最近では趣味感覚で「Tik Tok」の動画配信している人もかなり多く、簡単な動画編集ならできる人も増えています。

まとめ:動画編集の目的に合わせて依頼方法を変えよう

本記事では、動画編集の相場から、安くハイクオリティで依頼する方法を紹介しました。

  • 依頼する際は、きちんと打ち合わせをする
  • 個人に依頼すると費用が圧倒的に安い
  • 個人に依頼する際は、慎重に依頼する

これらを抑えておけば、コスト削減に繋がります。

動画に求めるクオリティや、予算に応じて依頼する方法を選択しましょう。

エンジニア転職のプロがマンツーマンで悩みを解決! 累計卒業生数3,000人以上* 転職成功率98%* *2020年4月時点

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中

無料カウンセリングに申込む

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2022 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5