【酪農ヘルパーが大変な理由5選】辞めたい人必見の退職手順やおすすめの転職先を紹介

2022.07.19
酪農ヘルパー 辞めたい

「酪農ヘルパーがキツイ」
「酪農ヘルパーを辞めたいけど、どうした良いの?」

と思うことはありませんか?

酪農ヘルパーを辞めようとしても、辞める方法や、退職後の方向性で迷ってしまいますよね。

では、酪農ヘルパーを辞める手順やそのあとの行き先にはどのようなものがあるのでしょうか?

そこで今回は、

  • 酪農ヘルパーを辞めたい理由を整理する方法
  • 酪農ヘルパーを辞めるときのコツや注意点
  • 酪農ヘルパーを辞めてできること

について詳しく解説します。

この記事を見れば酪農ヘルパーとして嫌々働いている方が次に何をやるべきなのかがわかります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

【仕事がキツイ?】酪農ヘルパーを辞めたい理由5選

乳しぼり

人によって辞めたいと感じる瞬間はさまざまですが、どこで仕事をしたとしても、酪農ヘルパーの仕事自体は似ていることが多いです。

こちらでは、辞めたい人たちに共通する悩みや辞めたい理由をご紹介していきます。

  1. 重労働が耐えられないから
  2. 人間関係が良くないから
  3. 将来が不安だから
  4. やりがいを感じられないから
  5. 労働環境が合わないから

「何となく嫌で辞めたい」のではなく、自分の悩みや考えを明確にすることは次にどうすべきかを考えるためにも重要です。

一度頭の中を整理してみましょう。

1.重労働が耐えられないから

重労働で身体がもたないと辞めてしまう方が多いです。

とくに始めたばかりでは、中腰の姿勢でおこなう搾乳作業や、重いものを運び、立ちっぱなしでおこなう牛舎の掃除などにより、腰痛や筋肉痛に悩まされることになるでしょう。

空調機などの設備も揃っていない場合もあるため、暑い・寒い中の重労働により、身体を壊して、働くのが難しくなってしまいます。

2.人間関係が良くないから

酪農ヘルパーの仕事は、酪農家のお手伝いをすることです。

よくある辞めたい理由として、その酪農家との関係がうまくいかないことがあげられます。

大きな組織で酪農業をおこなっているところであれば、そもそも酪農ヘルパーに仕事を頼まないことも多いでしょう。

そのため酪農ヘルパーがいくところは一族経営がほとんどといえます。

小さめの組織で同じ人と働き続けなければならないため、一度関係が崩れると仕事に行きたくない気持ちが強くなってしまいます。

3.将来が不安だから

酪農業そのものに不安を感じて、辞めたいと思う方もいらっしゃいます。

なぜなら餌や機械など外国からの輸入品も多いため、価格の上昇などで酪農家によってはついていけなくなっているからです。

このまま先細りしていく不安から、早めに見切りをつけるべきだと業界を離れようとする方が出てきています。

4.やりがいを感じられないから

酪農ヘルパーは、酪農家の指示通りに業務をおこなうことが絶対です。

仕事のやり方や職場環境に思うことがあったとしても、酪農ヘルパーの立場で提案をしたり、改善を試みたりは難しいといえるでしょう。

あくまでも指示通りに作業を繰り返すのが仕事なので、単調でつまらないと、やりがいを感じられずに辞めてしまう方もいらっしゃいます。

5.労働環境が合わないから

労働環境が合わないことが理由で、酪農ヘルパーを辞めてしまう方も多いです。

早朝と深夜に仕事をすることももちろんですが、牛舎の中で糞尿の匂いがこもり、冷暖房のない環境は、慣れない方にはかなりキツイといえるでしょう。

なんとなく自然の中で動物の世話をすることを想像していると、実際の現場がかなりの3K(汚い・臭い・危険)であることにショックを受けて、辞めたいと思ってしまいます。

酪農の仕事が向いてる人はこんな人

牧場

「今の仕事がとても大変で、自分は向いていないのではないか」と考えている方も多いのではないでしょうか?

しかしここで頭にいれておくべきことは、どんな仕事でもその職について最初のうちは覚えることが多くて大変であるということです。

せっかく向いている仕事なのに、最初の大変な時期が乗り越えられずに辞めてしまうのは、とてももったいないです。

こちらでは酪農ヘルパーに向いている性格や特徴を以下のとおりまとめました。

  1. 自然や動物が好き
  2. 貢献することに喜びを感じる
  3. 朝が強い人

あなたが続けるべきかどうかを判断するためにも、一つ一つご覧いただくことをおすすめします。

1.自然や動物が好き

酪農ヘルパーの仕事は、肉体的にもかなりハードな仕事です。

ただしそれは酪農業に限ったことではありません。

もちろん楽に越したことはありませんが、その先に楽しみがあるかどうかもとても大切です。

もしあなたが、自然や動物が好きで、都会での通勤やオフィスワークが合わないと感じるのであれば、多少大変なことはあっても今の仕事は向いていると考えても良いでしょう。

2.貢献することに喜びを感じる

酪農ヘルパーは、雇い主である酪農家や飼われている牛のために働くのが使命です。

大変なことも多いですが、貢献できる相手を目の前にして仕事ができるのは、恵まれているともいえます。

なぜなら多くの仕事では、誰の役に立っているのかもわからず作業をし続けなければならないことも多いからです。

今の仕事が誰のためかもわからず働くよりかは、貢献している相手と一緒にいられるのが楽しいと感じるのであれば、酪農ヘルパーの仕事が向いているのではないでしょうか。

3.朝が強い人

酪農ヘルパーをキツイと考える人のほとんどは、その労働環境を理由にしています。

その中でも朝がキツイと感じる人が多いので、もし朝が強い人であればかなり向いていると考えて良いでしょう。

大半の人がとても苦労する早起きが、あなたには苦ではないということです。

酪農家や牛達にも貢献できることが多く、感謝されていることは間違いありません。

仕事-辞めたい-ストレス「仕事を辞めたい…」ストレスで限界がきたときの7つの症状や対処法を解説

酪農ヘルパーを辞める前にできること5選

牧場

酪農ヘルパーを辞めたい、と感じる方に向けて最終決断の前に考えるべきことをまとめました。

なんとなくで辞めることを決断してしまっても、辞めたあとに戻ってくることは難しいです。

ぜひ以下を参考に自分の考えを整理してみてください。

  1. 現職に就いた理由を整理してみる
  2. 考え方を変えてみる
  3. 自分の強みを整理してみる
  4. 情報収集をする・転職先を調べてみる
  5. 資格や勉強を始めてみる

一つ一つ見ていきましょう

1.現職に就いた理由を整理してみる

酪農ヘルパーをやってみたいと思ったのはなぜでしょうか?

仕事を覚えるのが大変だったり、体力的にキツイ思いをすると、初心を忘れてしまいます

何か酪農ヘルパーに就くことで、やりたいことがあったのであれば、今一度それを整理してみましょう。

このまま続けるべきか、それとも新しい道に進むべきかが明確になるのではないでしょうか。

2.考え方を変えてみる

少し視点を変えてみれば、「自然や動物にふれあいながらお金をもらえているのは、恵まれていることだ」と考えられます。

もちろんそれ以上に大変なこともあるでしょう。

ただ周りの人から見れば、羨ましいと思える仕事かもしれません。

自分の好きなことでお金をもらえてると考えれば、少し気楽に楽しめながら働けます。

3.自分の強みを整理してみる

いろいろと考えてみても、辞めることが正しい方向だと思えるのなら、自分の強みを整理してみましょう。

なぜならあなたの強みが転職するのに役立つからです。

なかなか思い浮かばないという人でも以下のようなものはいかがでしょうか。

  • 動物が好き
  • 植物に詳しい
  • 早起きが苦じゃない

苦手に思う人がいるようなものであれば、どれも強みといえるでしょう。

一度整理しておけば、転職するときでも、やっぱり今の仕事を続けるときでも、役に立つのは間違いありません。

4.情報収集をする・転職先を調べてみる

酪農ヘルパーを辞めることが頭をよぎっているのなら、転職についての情報を集め始めましょう。

情報収集をするうえで、

  • 自己分析
  • 転職の目的や今後の目標
  • やりたいこと
  • 行きたい業界

などを明確にしていくと良いでしょう。

転職をあまりにも多く繰り返せば、キャリアアップはどんどん難しくなります。

現時点の考えで良いので、明確な目標をたてて、的確な行き先を探すようにしてください。

5.資格や勉強を始めてみる

もし転職先の情報が集まったのであれば、現時点の自分のスキルと募集の条件を比較してみましょう。

今すぐにでも辞めたいということでなければ、少しでも募集条件とのギャップを埋めていく必要があります。

必要な資格やスキル、知識を整理して、勉強を始めてみるのが転職への大きな一歩です。

酪農ヘルパーを辞めたい人が知っておくべきこと

牧場

仕事を辞めたいと思ったからといって、「明日辞めます」では勤め先も困ってしまいます。

ただ反対に、やる気がないのに、ダラダラと居続けるのもよくありません。

こちらでは辞めたいと思っている人に向けて、現職でトラブルとならずに、転職先を見つける方法をお伝えしていきます。

  1. 他業界への転職なら早いほうが有利
  2. 無断欠勤や無断退職は絶対にすべきではない
  3. 余裕をもって退職の意思を責任者へ伝えよう

それぞれ見ていきましょう。

1.他業界への転職なら早いほうが有利

もし酪農ヘルパーの仕事を辞めたいと考えているのであれば、行動は早いほうが良いのは間違いありません。

とくに他業界への転職を考えているのなら、若ければ若いほど有利でしょう。

理由としては、以下のとおり。

  • 若ければ将来性で採用してもらえる
  • 対象の求人が多い
  • 失敗しても次のチャレンジがしやすい

若ければ若いほど、選択肢が多く、採用の確率も高く、もし失敗してもまだ次があるといえます。

2.無断欠勤や無断退職は絶対にすべきではない

仕事を休みたい、辞めたいと思っても、何も言わずに行動に移してはいけません。

無断欠勤や無断退職により、勤め先に大きな損害が出れば、損害賠償問題などに発展してしまうことも。

もちろん不調を感じているのなら休むべきですが、勤め先に必ず一報入れるようにしてください。

3.余裕をもって退職の意思を責任者へ伝えよう

退職をするためには、勤め先のことも考えてあげる必要があります。

なぜなら酪農家は、人数に余裕をもった体制が作れていないことが多いからです。

もしあなたが身勝手に辞めてしまえば、新たなスタッフを雇ったり、教育したりする時間がありません。

何ヶ月も先に伝える必要や、全て勤め先に合わせる必要はありませんが、せめて退職の1ヶ月前などには伝えるようにしてください。

酪農ヘルパーを辞めたあとの働き方

牧場と乳製品

酪農ヘルパーを辞めたいと思いながらも、どんな働き方が自分に合っているのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

あなたが将来どうなりたいのかによって、今取るべき働き方は異なります。

あなたの考えに合うものを見つけるために、以下の3つの働き方をご紹介します。

  1. アルバイト・パート
  2. フリーランス
  3. 正社員

それぞれ見ていきましょう。

1.アルバイト・パート

アルバイトやパートは、正社員ではなく、時間給で働く方法です。

時間が区切られていて、正社員よりも短く、時間に融通がきくのが特徴になります。

ただし事業主としては、いつ辞めるかわからない人に責任ある仕事を任せるわけにもいかないので、キャリアアップがあまり期待できません。

もし勉強に時間を使いたいなどの目的があるのなら、時間に融通がきくアルバイトやパートがおすすめといえるでしょう。

2.フリーランス

フリーランスは、事業主と特定の業務について契約を結び、仕事をする方法です。

どの業務を任されているのかが明確で、働く時間に縛られないのが特徴といえます。

ただし短期間の業務でのみ仕事を任せることもあるので、長期的に収入が安定しにくい働き方です。

専門性の高いスキルや知識を活かして働きたい場合におすすめです。

3.正社員

正社員は、会社と雇用契約を結び、社員となって働く方法です。

期間の定めがない契約のため、長く勤めるのが前提で仕事を任せます。

信頼を得られれば、キャリアップでさまざまな責任ある仕事も任せられ、収入アップも期待できるのが特徴です。

安定した収入を得て、キャリアを積み上げたい方にはおすすめの方法といえるでしょう。

酪農ヘルパーを辞めたあとのおすすめ業界3選

乳製品

酪農ヘルパーを辞めたいと思っている方から、酪農ヘルパーを辞めると決めた方までの参考になるよう、おすすめの業界をお伝えします。

酪農業での経験を活かしながら、将来性もある業界をピックアップしました。

  1. 土木業界
  2. 農業業界
  3. IT業界

それぞれ見ていきましょう。

1.土木業界

土木業界の仕事もさまざまですが、酪農での経験が活かせる仕事の一つです。

例えば、以下のような経験があれば、役に立つでしょう。

  • 作業場など空調設備のない環境における寒さや暑さの対策
  • 重機の運転

また重労働で培った体力もあれば、今の仕事より大変なこともそう多くはないでしょう。

人手不足で悩んでいる業界で、経験も活かせるので、おすすめする業界の一つです。

2.農業業界

自然と触れ合うという意味では、現職と非常に似ている業界だと言えます。

酪農でも、牧草刈りやサイレージ作りなどの作業があり、農業でそのまま活かせます。

自然が好きで、人の役に立ちたいと思っている方であれば、農業業界で働くのも一つといえるでしょう。

3.IT業界

上記の2つとは大きく異なりますが、IT関連の仕事もおすすめです。

理由は以下のとおり。

  • 深刻な人手不足に悩まされているから
  • 手厚い教育環境が揃っているから
  • さまざまな分野と密接に関わるから

人手不足により、未経験でも受け入れる体制が整っています

またスキルさえ身につければ、好きな業界に貢献できるのも特徴です。

昨今では、酪農や農業などの分野でもプログラミング・AIが使われているので、ただプログラミングができる人よりもその分野に詳しい人が重宝されることもあります。

最低限のプログラミングを身につけて、自分の好きな業界に別の角度から貢献するのも一つではないでしょうか。

まとめ:酪農ヘルパーを辞めたいのなら、自分のやりたいことを整理して次に進もう

本記事は、酪農ヘルパーを辞めたい方に向けて、辞めたい理由を整理する方法や辞める手順について解説してきました。

  • 酪農ヘルパーは体力的にとてもキツく、将来が不安定と感じる人が多い
  • 酪農ヘルパーを辞めるとしても、正しい準備が必要
  • 酪農ヘルパーを辞めるなら、経験を活かせる他業界がおすすめ

酪農ヘルパーとして積んできた経験は全く無駄ではありません。

まずはあなたがなぜ酪農ヘルパーに就いたのかということと、現状の何が嫌なのかを整理しましょう。

そのうえで、酪農ヘルパーになった気持ちを大事にしながらも、嫌な部分が改善できる業界がないかを考えてみてください。

酪農ヘルパーとして関わるだけが、やりたいことではないはず。

自分のやりたいことを無理なく達成できるよう、新たな道にチャレンジすることをおすすめします。

エンジニア転職のプロがマンツーマンで悩みを解決! 累計卒業生数3,000人以上* 転職成功率98%* *2020年4月時点

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中

無料カウンセリングに申込む

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2022 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5