新聞配達のバイトを辞めたい8つの理由とは|退職手順やバックレが駄目な理由を徹底解説

2023.05.12
新聞配達-バイト-辞めたい

「新聞配達のアルバイトを辞めたい」
「バイトに行きたくないときはどうすれば良いんだろう」

と思うことはありませんか?

新聞配達のアルバイトをすぐにでも辞めたいものの、スムーズに辞めるにはどうすればいいのか悩んでしまいますよね。

では、新聞配達のアルバイトを円満に退職するためには一体どうしたらいいのでしょうか?

そこで今回は、

  • 新聞配達のバイトを辞めたい理由
  • 新聞配達の仕事を辞めるべきかの判断基準
  • 新聞配達を辞めるときの手順

について詳しく解説します。

この記事を読めば、新聞配達のアルバイトをトラブルなく辞められます。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

新聞配達のバイトを辞めたいと思う理由8選

悪天候

新聞配達のアルバイトを辞めたい方が、とくに感じる辞めたい理由を紹介していきます。

よくある理由をご覧いただくことで、今の問題や悩みが明確になるでしょう。

こちらでご紹介するのは、以下の8つです。

辞めたい理由が漠然としたままでは、次にやるべきこともはっきりとしてきません。

ひとつずつ解説していきますので、当てはまるものがあるかを見ていきましょう。

1.勤務時間が特殊

勤務時間がほかの仕事と大きく違うことは、新聞配達のバイトを辞めたい理由のひとつとなっています。

朝刊と夕刊を配るために、早朝と夕方に出勤するのが、日常の生活にも支障をきたしてしまうのです。

新聞配達における一日のスケジュールは、以下のとおりです。

  • 午前1時半頃:朝刊配達の準備
  • 午前2時半頃:朝刊配達開始
  • 午前4時半頃:朝刊配達完了後、帰社
  • 午前4時半から午後1時半まで休憩
  • 午後1時半頃:夕刊配達の準備
  • 午後2時頃:夕刊配達開始
  • 午後3時頃:夕刊配達完了
  • 午後3時から午後6時まで:顧客対応や集金業務
  • 午後6時頃:一日の業務終了

早朝と午後の仕事が二部に別れているため、まとまった休みの時間が取りにくいです。

また勤務時間によっては、睡眠以外に使える時間がほとんどなく、あっという間に一日が終わってしまうことも。

勤務時間が特殊なことから、不規則な生活の原因になるため、辞めたい理由に挙げられます。

2.休みが少ない

休みが少ないことが理由で、新聞配達のバイトを辞めてしまう方もいます。

なぜなら新聞自体の休みが、年間を通して12回しかないからです。

もちろん配達員はシフトで交替制をとっているので、配達所の人数により週に1から2回は休めます。

ですが、職場によってはそれでも休みは月に4回から6回程度。

プライベートも充実させたい方などは、休みの少なさに耐えきれず辞めてしまいます。

3.時給が割に合わない

新聞配達のバイトで、時給が割に合わないことが不満で、辞める決断をする方がいます。

新聞配達は肉体的に大変であるにも関わらず、その時給は一般的なアルバイトとほとんど変わらないからです。

また新聞自体を取る人も少なくなっているので、売上が伸びていない配達所がほとんど。

時給が上がる見込みもなく、割に合わないと辞めてしまうのです。

4.責任が重たい

責任が重たい仕事に耐えきれず、新聞配達のバイトを辞めたいと思ってしまいます。

なぜなら、エリアで担当が割り振られているため、自分が休んでしまうと、担当の家庭に新聞を届けられなくなるからです。

休んでしまうことによって、人手で足りなくなり、会社にもお客様にも迷惑をかけてしまうことも。

ほかにも、以下のような責任感を感じることもあります。

  • 配達ミスをするとお客様や上司に怒られる
  • 遅刻や欠勤をすると職場内の人間に迷惑がかかる
  • 体調不良で急きょ休んでしまったことに陰口を言われる

このような、簡単に休めないプレッシャーに耐えきれず、辞めたいと思ってしまう人が出てきてしまいます。

5.体力的にきつい

新聞配達のバイトは体力的にきついと感じることから、辞めてしまう方がいます。

アルバイトの配達員は、自転車で担当エリアを回らなければならない方が多いからです。

たとえばバイクには、台数にも限りや免許なども必要になります。

ですが、アルバイトとして働く年代の方は、10代後半から30代前半の方が多く、免許を取得していない方も多いでしょう。

毎日早朝と夕方に、自転車で数時間の配達をし続けることに苦痛を感じ、もっと楽なアルバイトを考えてしまいます。

6.危険を感じる

新聞配達のバイト中に危険を感じることが多く、辞める決断をする方がいます。

なぜなら早朝3時頃の暗い時間帯から、バイクや自転車で広い範囲を回らなければならないからです。

危険や怖い思いを感じた例として、以下の内容が挙げられます。

  • 変質者と遭遇した
  • 車に轢かれそうになった
  • 幽霊など怪奇現象が怖い
  • 野犬や動物が突然飛び出してきた

新聞配達のバイトは、時間内に配り終わらせるために、急いで回らなければならないときもあれば、疲れや眠気が限界なときでも働かなければいけません。

慌てて仕事をしている際に、危険なトラブルに遭うことにより、仕事を辞めたい気持ちが強まることもあります。

7.将来が不安

将来が不安なことに感じることで、新聞配達のバイトを辞めたいと思う理由のひとつに挙げられます。

その理由は、新聞配達という仕事がなくなってしまう可能性があるから。

近年では、書籍の電子化が流行になっており、新聞も対象になっています。

そのため直接、新聞を読む方や依頼をする方は年々減少しているため、業界全体の売上向上が見込めていません。

ほかにも、

  • 個人としてスキルが身につかない
  • 職場に労働環境に改善が見られない

といった、特徴があるので、個人を見ても業界を見ても良くなる傾向が見えにくく、辞める決断に繋がってしまいます。

8.悪天候でも休めない

新聞配達のバイトは、悪天候でも休めないことに、嫌になって辞めてしまう方が出てきてしまいます。

配達は自転車やバイクでおこなうため、梅雨や台風雨の時期は過酷な仕事です。

例えば、

  • 台風で強い雨が吹きつけている
  • 猛吹雪で足元や視界が悪い
  • 豪雨や雷が激しい

というような状況でも、契約者に新聞を届けなければなりません。

新聞配達の特有の労働環境に嫌気を感じ、退職を決意する方は多いです。

人手不足-辞めたい人手不足の会社でも辞めて良いの?|辞めるべき理由とおすすめの転職先5選

新聞配達のバイトに向いている人・向いていない人

配達員

新聞配達のバイトに向いている人、向いていない人の特徴をご紹介します。

仕事に向いている特徴を理解すれば、一時的な感情に流されずに済むからです。

  1. 向いている人
  2. 向いていない人

ひとつずつ見ていきましょう。

1.向いている人

新聞配達のバイトに向いている性格は、以下のとおり。

  • 体力がある人
  • 責任感のある人
  • 楽しさをみつけられる人

契約者へ確実に新聞を届けなければならず、毎日自転車でほぼ同じルートを通って配達します。

同じ作業でも楽しさがみつけられ、責任感と体力がある方が、新聞配達に向いている人だといえるでしょう。

2.向いていない人

新聞配達のバイトに向いていない性格は、

  • 単純作業を楽しめない
  • 早起きが苦手
  • 一人で作業するのが嫌い
  • 自分で目標設定をして頑張れない
  • 裏方で地味な作業が好きではない

といった、特徴を持つ方が挙げられます。

毎日のルーティンを繰り返しおこなうことになり、見方を変えればとても退屈な仕事ともいえるからです。

単純作業が苦手な方は、いずれ新聞配達の仕事に飽きてしまう可能性が高いでしょう。

自分の特徴と一致するときは、退職を考え新しいアルバイトを視野にいれることもおすすめです。

新聞配達のバイトを辞める3つの手順

前向きな男性

新聞配達のアルバイトを辞めようと思っている方に、その手順をお伝えします。

今すぐでなくても、手順が頭に入っていれば、決断したときにスムーズです。

こちらでは、以下の3つを見ていきます。

  1. 転職先の情報収集をする
  2. 所長もしくは上司に退職の意思を伝える
  3. 支給品を返却する

まだ漠然とした気持ちでいるとしても、流れを理解することは大切です。

できるところから少しずつ進めましょう。

1.転職先の情報収集をする

新聞配達の辞める手順のひとつ目は、転職先や新しいバイト先の情報を集め始めることです。

なぜかというと、理由は以下のとおり。

  • 辞めることが決まってからでは時間が足りない
  • もし次の職場が見つからないと収入がない期間ができてしまう
  • 空白の期間ができてしまうことによって、バイトに対してのやる気を失う

求人情報は日々入れ替わるので、どのタイミングで希望に合うものが出てくるかはわかりません。

辞めたいと思い始めたときから、ゆとりをもって転職先の情報を集め始めましょう。

2.所長もしくは上司に退職の意思を伝える

転職先の目処がたったら、所長(社長)もしくは上司に退職の意思を伝えます。

なぜなら無断で辞めてしまうと、トラブルに発展する可能性が高いからです。

退職の意志を伝えることには、勇気が必要ですが早めに伝えなければ、会社やお客様に迷惑をかけてしまいます。

問題を生まないためにも、上司や所長の空いている時間を確認して、2人きりのときに伝えると良いでしょう。

3.支給品を返却する

辞めることを職場に伝えられた、あとは支給品など借りていたものを返却するだけです。

返しておかなければ、退職後に届けなければいけなかったり、後からトラブルになったりと後から手間がかかってしまいます。

このようなことを避けるために、必ず退職前に返却物や支給品を確認しましょう。

返却漏れがないことで、円満に新聞配達のバイトを辞められます。

バイト-辞めたい「バイト辞めたい…」円満な辞め方やおすすめな退職理由5つを紹介

新聞配達のバイトを確実に辞めるためのポイント4選

電球と人々

ここでは、新聞配達のバイトを確実に辞めるための秘訣について、ご紹介していきます。

  1. 退職に対して強い意志表示をする
  2. できるだけ早めに意思を伝える
  3. 退職理由を前向きなものにする
  4. 退職を伝えられないときは退職代行を使う

コツを知っておくことで、人手不足の職場でも退職が可能になるでしょう。

ひとつずつ説明していきます。

1.退職に対して強い意志表示をする

新聞配達のアルバイトを確実に辞めるためには、まずあなた自身が辞めることを固く決意することが大切です。

なぜなら人手不足の職場では、なんとかしてあなたを辞めないように説得してくるからです。

たとえば、

  • 退屈なので退職させてほしい
  • きついため退職しようと考えている
  • 仕事に対してのやりがいが見出だせない

といった、マイナスな理由での退職は職場から、引き止められる可能性が高め。

そのため「なぜ辞めたいのか」退職を固く決意した上で、所長や上司に強い意思表示で伝えることで、確実に辞められるでしょう。

2.できるだけ早めに意思を伝える

どのアルバイトでも、退職の意思は早めに伝えることが大切です。

法律では2週間前の退職報告で辞められる可能性が高いですが、ギリギリの期日や2週間未満の報告は会社側が混乱してしまうから。

急に辞められると困る同僚もいるため、上司だけでなく同僚からも退職を止められてしまう可能性も。

ですので、2週間以上前に退職の意思を伝えて、辞めること自体を否定されにくい環境を自身でつくりましょう。

早めに伝えることによって、同僚も上司も納得してくれる確率は高くなります。

3.退職理由を前向きなものにする

アルバイトを辞めるときは、退職理由を明るいポジティブなものを伝えましょう。

後ろ向きな理由では、会社にとっても都合が悪く感じてしまうからです。

ほかにも、以下のような理由を伝えると、不満や問題の解決を約束されて、退職を断念することになる可能性も0ではありません。

  • 朝の早起きがきつい
  • 給料が低いから辞めたい
  • 悪天候の下で働きたくない

新聞配達のアルバイトを退職する際は、前向き且つ個人的な理由で、辞める決意を伝えることを心がけてください。

4.退職を伝えられないときは退職代行を使う

どうしても上司に退職を言い出せない人は、退職代行を使うのもおすすめです。

退職活動を活用することによって、即日退職が可能になります。

具体的な退職代行のサービスとして、

  • 17年の実績を持つ「退職代行ニコイチ」
  • トラブル対処が高評価「退職110番」
  • 労働組合と弁護士が監修している「退職代行Jobs」

など、さまざまな特徴を持った退職代行が、幅広く存在しています。

ですが退職代行を使うことで、同僚や上司との仲が悪く可能性や、返却物を返すことに悩んでしまうことも。

すべてがプラスになる選択肢ではないので、強く引き止めされて退職できない方や、心身に悪影響が出ている方の最終手段として活用しましょう。

仕事が地獄と感じてしまう8つの原因と7つの解決策仕事が地獄だと感じる8つの原因と7つの解決策を解説

新聞配達のバイトを辞めるときに使える退職理由5選

ハイタッチ

どの職場でもアルバイトを辞めることは、なかなか難しいと言われています。

なぜなら本当の理由が職場の不満だったとしても、そのまま伝えてしまうと円満に辞められない可能性があるからです。

ここでは、高確率で新聞配達のバイトを辞められる、おすすめの退職理由について紹介していきます。

  1. 新たな就職先が決まった
  2. 資格取得や勉強のために時間がほしい
  3. やりたいことが見つかり挑戦したい
  4. 体調が悪いので働けない
  5. 親の介護で仕事を継続できない

ひとつずつ見ていき、自分に合うものを選んでいきましょう。

1.新たな就職先が決まった

新聞配達のアルバイトを退職理由として「転職先が決まった」と伝えることで、スムーズに退職できます。

なぜかというと、本業とバイトの両立が難しくなるからです。

ほかにも、以下のような就職や転職先に関わる退職理由もおすすめ。

  • 就職活動に専念したい
  • インターンシップに参加する
  • 就職先や転職先から早く働いて欲しいと催促が来ている

本人の生活水準や、将来が関係する正式な退職理由になるため、会社側は引き止められません。

2.資格取得や勉強のために時間がほしい

資格取得や勉強など、前向きな理由で退職の意思を伝えることもおすすめです。

なぜなら、目標に向かって頑張ろうとしている人を、会社側は否定できないからです。

でうすが、仲がいい上司や厳しい所長は「どのような資格や勉強をしたいのか」具体的に聞いてくることもあるので、あらかじめ質問の回答を準備しておきましょう。

しっかり資格取得や勉強をしたい熱い気持ちを伝えることで、新聞配達のバイトを退職しやすくなります。

3.やりたいことが見つかり挑戦したい

「やりたいことが見つかったので挑戦したい」と伝えることも、退職時に使える理由に挙げられます。

新しい挑戦に挑む方を、非難することはできないからです。

理解のある上司や、親しくしてくれた方なら、あなたのことを応援してくれるでしょう。

自分が本当にやりたいことを見つけて、素直に辞める理由として伝えてみることもおすすめです。

4.体調が悪いので働けない

おすすめの退職理由として、体調の不調を訴えることも良いでしょう。

本人が不調を伝えた後に悪化させてしまうと、会社の責任にもなってしまうからです。

具体的には、

  • 目眩や頭痛がきつく車に轢かれかけた
  • 腰痛が酷く重たいものを持てなくなった
  • 胃腸の不調が続き、仕事に支障が出ている
  • 手や足を怪我してしまい、自転車やバイクの運転が難しい

など、どのように不調が続き、仕事に集中できないことを伝えることが大切です。

仕事に支障が出るほどの体調が悪い理由は、会社側も無理に説得できない理由なので、おすすめです。

また実際に体調が悪い場合は、上司や所長に早めの相談し、退職後に治療に専念しましょう。

5.親の介護で仕事を継続できない

引き止められない退職理由として、親の介護で仕事が継続できないという理由が挙げられます。

親の状態を調べることは難しく、他人の家族について口を出すことはできないからです。

上司から、どのような介護が必要なのか聞かれることがあるので、詳細について答える準備をしていきましょう。

  • 体調不良から食事のサポートが必要
  • トイレや出かける際に介抱を求められる
  • 認知症が悪化し、早い時間や夜中に徘徊される

なかなか辞める理由が見つからないなら、高齢になった親の介護やサポートを理由に辞めると伝えることも、ひとつの方法です。

新聞配達の仕事が嫌でもバックレてはいけない理由3選

悩む女性

これまでに辞めるための手順をお伝えしてきましたが、どれもバックレないようにするためのものです。

仕事が嫌だからと、次の日から無断欠勤をしてしまえば、あなた自身がトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。

こちらで紹介する、絶対にバックレてはいけない理由を頭にいれて、退職に臨みましょう。

  1. 社会的な信用を失ってしまう
  2. 自分や家族に何度も電話がくる
  3. 警察に捜索願を出されてしまう

ひとつずつ、ご覧ください。

1.社会的な信用を失ってしまう

無断で欠勤を続けて、新聞配達のバイトをバックレてしまうと、社会的信用を失うことがあります。

なぜなら、会社から損害賠償請求をされてしまう可能性があるからです。

具体的には、以下のようなことで会社に損害が発生してしまいます。

  • 業務がストップしてしまう
  • 顧客が離れてしまう
  • 引き継ぎができない
  • 採用や教育のコストが無駄になってしまう

また、民法709条の不法行為として、利益を侵害したと訴えられる可能性もあるでしょう。

(不法行為による損害賠償)

故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

「退職します」の一言を会社に連絡しないことで、会社側に負担をかけてしまうこともあるので、バックレは避けましょう。

2.自分や家族に何度も電話がくる

新聞配達のアルバイトをバックレてしまうと、会社から何度も電話がかかってくることを覚悟しなければなりません。

もちろん会社もあなたが出社しないと困るからという理由もありますが、安否確認をする義務があるからです。

たとえば、

  • 職場を向かっている途中に事故にあった
  • なにか大きな事件やトラブルに巻き込まれた
  • 病気や怪我が悪化してしまい寝込んでしまっている

など、あなたを思う心配から会社は本人だけでなく、緊急連絡先である家族の元にもいく可能性も高いです。

もし「ただ仕事が嫌になった」というだけで、バックレてしまえば、家族の顔を潰してしまうを理解しておきましょう。

3.警察に捜索願を出されてしまう

アルバイトをバックレてしまい、緊急連絡先とも連絡が取れなければ、警察に捜索願を出されてしまうかもしれません。

どうしてもあなたの安否を確認したいことが、大きな理由でしょう。

大事になってからでは、あなたも単に休みたかっただけだとは伝えにくくなり、状況は悪化するばかり。

バックレをすることによって、大きなトラブルを生み出す要因ともなってしまうので、必ず退職理由を伝えてから辞めましょう。

仕事をバックレるとその後どうなる?仕事をバックレるとその後どうなる?把握するべき10個のリスクと解決策7つを紹介

新聞配達のバイトを辞めた後の5つの行動

ひらめく男性

実際に新聞配達のバイトを辞めた後には、一体どのような行動をとればいいのでしょうか?

ここでは、退職した後に新しいスタートができる、大切なポイントについて紹介していきます。

  1. バイトを辞めた理由を振り返る
  2. 仲の良い友人や知人に相談する
  3. 情報サイトで新しいバイト先を探す
  4. バイトではなく正社員として働き口を探す
  5. 正社員の求人を探す場合は転職エージェントを活用する

ひとつずつ見ていきましょう。

1.バイトを辞めた理由を振り返る

新聞配達のバイトをなぜ辞めたのか、一度具体的に振り返ってみましょう。

辞めた理由を明確にしていくことで、あなたの嫌いなことや苦手なことが判明します。

同じ間違いを繰り返さないためにも、なぜ辞めることになったのかを整理しておきましょう。

2.仲の良い友人や知人に相談する

退職した後は、友人や知人にアルバイトのことで相談することもおすすめです。

なぜかというと、第三者からの意見やアドバイスを聞けるからです。

相談することによって、

  • 新しいバイト先を紹介してくれる
  • 時給アップの交渉や面接時のコツを指導してくれる
  • おすすめの職種や求人で見るべき条件について教えてくれる

など、あなたの性格も理解してくれたうえで、親身な助言を貰えます。

客観的な視点でキャリアを考えられるので、信頼できる人に相談してみると良いでしょう。

3.情報サイトで新しいバイト先を探す

新聞配達のバイトを退職した後は、情報サイトを活用してバイト先を探すこともおすすめです。

情報サイトにはさまざまな求人が載っているので、新しいスキルが身につく仕事を見つけられます。

自分の条件を明確にしたうえで、あなたに合う求人を探してみてください。

4.バイトではなく正社員として働き口を探す

学校を卒業している方の場合、アルバイトの求人を探すのではなく、正社員の働き口を探すことも良いでしょう。

なぜなら、アルバイトとして働くよりも、正社員として働いて方が経歴や収入面が増えるからです。

とくに新聞配達経験者が転職する際は、

  • 営業職
  • 事務職
  • ドライバー
  • プログラマー

といった、職種が向いており、未経験でも就職できる可能性が高く、新たな資格やスキルが身につきます。

求人先の情報をリサーチすることで、給与や休暇の待遇が良いことや教育環境が整っていることが多いので、しっかり調べることをおすすめします。

5.正社員の求人を探す場合は転職エージェントを活用する

もし本格的に正社員として働きたいと考えているのなら、転職エージェントの利用もおすすめです。

転職エージェントは、あなたのプロフィールを見たうえで、おすすめの職種を紹介してくれます。

また職務経歴書や面接練習など、転職が初めての方にもアドバイスをくれる点も、大きなポイント。

おすすめの転職エージェントとして、

  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント
  • ビズリーチ
  • doda

など、豊富に存在しているので、転職が未経験の方は、複数のエージェントサービスに登録すると良いでしょう。

自分に合うサービスや興味の湧く会社や業界を、転職エージェントと一緒に探していくこともおすすめです。

楽で給料が高い仕事を求めるのは甘え?楽で給料が高い仕事を求めるのは甘え?理想の仕事と出会いやすい7つの職種を厳選して解説

まとめ:新聞配達のバイトを辞めるなら、正しい手順で進めよう

本記事では、新聞配達のバイトを辞めたいという方向けに、よくある辞めたい理由や辞める手順などを解説してきました。

  • 新聞配達のアルバイトは体力的・精神的にも大変な仕事
  • 退職する際は、前向きな理由や引き止められない理由を伝えよう
  • 無断でバックレることは、リスクが大きすぎるため絶対にやめるべき

新聞配達のアルバイトは、労働時間や待遇など、たいへんな仕事なので辞めたいと感じる方は多いです。

もしも辞める方法が正しくなければ、損害賠償請求や家族に連絡がかかることもあります。

自身の将来や今後の仕事に影響しないためにも、正しい手順で納得される退職理由を伝えましょう。

エンジニア転職のプロがマンツーマンで悩みを解決! 累計卒業生数3,000人以上* 転職成功率98%* *2020年4月時点

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中

無料カウンセリングに申込む

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2023 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5