プログラミング業界で転職するコツや注意点を丁寧に解説

2022.11.25
プログラミング業界で転職するコツや注意点を丁寧に解説

「プログラミングってやっぱり難しそう」
「未経験でもプログラマーに転職ってできるのかな」

と思うことはありませんか?

IT業界へチャレンジしたいものの、未経験でも大丈夫かなと不安になってしまいますよね。

では実際に、未経験者でもIT業界への転職は可能なのでしょうか?

そこで今回は、

  • プログラマーに転職する前に知っておきたいこと
  • 未経験で転職する際のコツや注意点
  • プログラミングを学習して転職する方法

について詳しく解説します。

この記事を読めば、未経験者でもプログラマーに転職できる方法がわかります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

プログラマーに転職する前に必ず知っておくこと

プログラマーに転職した人達

プログラマーになるために、必ず知っておくべきことを紹介します。

なかには現実を知らずに転職してしまい、結局すぐに辞めてしまう方も。

以下の3つを理解してから、転職へ進みましょう。

  1. プログラマーとは
  2. 未経験でも可能な理由3選
  3. プログラマーとエンジニアの違い

ひとつずつ見ていきます。

1.プログラマーとは

プログラマーとは、プログラミング言語を使い、コンピューターを動かして、ソフトやシステムを作る仕事のことを言います。

機械に関わるものは、ほとんどプログラマーが関わっているのです。

  • ホームページやスマホアプリ
  • ゲーム
  • スマホなどの端末
  • 家電

プログラミング言語を使い、人の役に立つよう機械やプログラムを作ります。

2.未経験でも可能な理由3選

転職のハードルが高そうに見えるプログラマーも、今は転職のチャンスです。

その理由は、以下の3つ。

  • 業界全体の人材不足
  • 充実した教育環境
  • 積極的なポテンシャル採用

人材不足という問題を抱えているので、教育環境を整えて、積極的に未経験者を採用しているのです。

ハードルが高そうに見えるプログラマーも、今なら転職の可能性が十分にあります。

3.プログラマーとエンジニアの違い

プログラマーとエンジニアの違いも理解しておきましょう。

なぜなら、転職してからではイメージと違ったとしても手遅れになってしまうからです。

ここではエンジニアをSEと言われる、システムエンジニアとして解説します。

エンジニアは、システム開発の一連の流れに関わる職業です。

  • エンジニアはクライアントと直接接触する
  • 問題の解決方法を考える
  • 具体的な解決策を設計する

対してプログラマーの特徴は以下のとおり。

  • プログラムを構築
  • プログラムをテスト

全体を把握して方向性を決めるのがエンジニアで、専門的な知識で解決策を作るのがプログラマーといえます。

違いを理解したうえで、プログラマーを目指してください。

未経験からプログラマーに転職するコツ

プログラミングしてる人

こちらでは、未経験者がプログラマーに転職するためのコツを紹介します。

やみくもに転職を試みても、手間や時間がかかるだけです。

なので、しっかりとポイントを押さえて転職活動をしてください。

  1. プログラマーに必要なスキルを確認する
  2. あると有利な資格を獲得する
  3. 業界や仕事内容を理解する
  4. キャリア目標を明確にする
  5. 学習した内容を成果物として表現する

それぞれ見ていきましょう。

1.プログラマーに必要なスキルを確認する

プログラマーに必要なスキルを確認しましょう。

なぜなら、プログラマーはプログラミングだけできれば良いわけではないからです。

例えば、以下のようなスキルは必須といえるでしょう。

  • プログラミングスキル
  • 学習意欲
  • 問題解決能力
  • コミュニケーション力

つまり、あなたがプログラミングスキルに欠けていたとしても、ほかのスキルで補えるということです。

今の仕事に照らし合わせて、現状でも備わっているものは何かをきちんと分析しましょう。

2.あると有利な資格を獲得する

プログラミングで使える資格をとっておくのも良いでしょう。

資格は客観的な根拠として、スキルだけでなく熱意も証明できるからです。

  • ITパスポート
  • 基本情報技術者試験
  • PHP技術者試験
  • Ruby技術者認定試験
  • マイクロソフト認定試験

これらすべてを取る必要はありません。

資格の概要をみて、興味があるものから受けておくと勉強にもなるので一石二鳥です。

転職するなら、資格を取るのはおすすめです。

3.業界や仕事内容を理解する

業界や仕事内容を理解しましょう。

なぜなら、IT業界やプログラマーといってもさまざまな分野があるからです。

例えば、以下のとおり。

  • ソフトウェア関連の業界:システムやネットワークに関わる
  • ハードウェア関連の業界:自動車や家電などのものづくりに関わる
  • 情報処理関連の業界:AIなどを活用しコンサルタントとして企業をサポートする
  • ネット関連の業界:ホームページやSNSに関わる

このように、プログラマーといってもさまざまですので、応募する会社がどこに属するのかは事前に知っておきましょう。

4.キャリア目標を明確にする

転職をするためには、キャリア目標を明確にすることが大切です。

なぜなら、企業は目標を確認することであなたの適性やモチベーションの有無を図ろうとするからです。

明確な目標を立てれば、あなた自身が転職先を決めるのにも役立ちます。

もし未経験で転職を考えているなら、どうなりたいかを明確にしておきましょう。

5.学習した内容を成果物として表現する

プログラマーとして転職をしたいなら、日々の努力をアピールすることが大切です。

今はまだ技術不足でも、努力する人だとわかればポテンシャル採用の確率が高まります

学習した内容を示す成果物でアピールし、未経験での転職を勝ち取りましょう。

異業種 から プログラマー 転職異業種からプログラマーに転職できるのか?キャリアチェンジする3つの勉強方法

未経験でもプログラマーに転職する際の注意点

転職時の注意点を確認する男性

転職するポイントを押さえるのも大切ですが、転職時の注意点も知っておきましょう。

なぜなら、転職するのは良いことばかりではないので、事前に対策をしておくこともあるからです。

こちらでは、以下の4つを解説します。

  1. できるだけ早い方が良い
  2. コミュニケーション力が大切
  3. 意欲だけでは成功しない
  4. たくさんの情報を集める

それぞれ見ていきましょう。

1.できるだけ早い方が良い

転職をするのは早いほうが良いと言われています。

なぜなら、年を取れば取るほどポテンシャル採用が難しくなってしまうから。

若さはポテンシャルとして見てもらえるので、経験がなくても有利です。

さまざまな準備も大切ですが、思い立ったら早めに行動することを心がけましょう。

2.コミュニケーション力が大切

プログラマーとして転職するためには、コミュニケーションが実は大切なのです。

プログラマーの仕事は一人でおこなうわけではなく、チームでプロジェクトに取り組むことがほとんど。

プログラミングのスキルはもちろんですが、コミュニケーション力が大切なことも頭に入れておきましょう。

3.意欲だけでは成功しない

未経験でプログラマーになるには、意欲があるだけではどうにもなりません。

なぜなら、やる気だけでは会社や社員の助けにならないからです。

やる気があることだけでなく、今のあなたがどのように役立てるかを示しましょう。

そのために現職で得たものをまとめることをおすすめします。

4.たくさんの情報を集める

情報が少ないまま転職するのは避けましょう。

その理由は、少ない選択肢の中から選んでしまうと、自分に合わない職場となる可能性が高いから。

できるだけ多くの情報を集め、失敗のない転職を目指してください。

おすすめのプログラミング学習サイト

プログラミングを学習する女性

プログラミングを学習するためのサイトをお伝えします。

なぜなら、サイト学習は時間のあるときに自分のペースでできるからです。

以下の5つがおすすめです。

  1. Progate
  2. ドットインストール
  3. Codecademy
  4. Udemy
  5. Schoo

それぞれの特徴をご紹介します。

1.Progate

Progateは初心者に向けて作られたプログラミング学習サイトです。

初心者向けでありながら約15種類の言語が学べるので、ひとまず始めたいという方におすすめ。

  • イラスト中心のわかりやすい教材
  • ブラウザでコードが入力できる
  • 無料で始められる

Progateは、レベルが上がってきたら物足りなくなってくるので、次のステップに進んでいく必要があります。

2.ドットインストール

ドットインストールは、Progateに並んで初心者に人気のプログラミング学習サイトです。

ただし、Progateと比べて学習環境を整えて臨む必要があるので、最低限のITに関する知識がある方におすすめです。

有料プランに進めば、中級者・上級者向けの内容もあるので、継続して学習したい方はドットインストールを使うと良いでしょう。

3.Codecademy

Codecademyは、Progateが参考にしたといわれるプログラミング学習の中でも先駆者的なサイトです。

コースの種類が豊富なことと、ブラウザからコードが書ける使いやすいシステムが人気の理由。

日本語に対応していないのが難点ですが、長期的な視点では英語での情報収集は大切です。

英語に抵抗が無い方にはおすすめできるプログラミング学習サイトになります。

4.Udemy

Udemyは、20万以上の動画コンテンツが用意されているプログラミング学習プラットフォームです。

さまざまな動画を買い、視聴しながら勉強します。

1,000円くらいから購入できて手軽に始められるのが特徴です。

初心者から上級者までレベルに合わせて動画を選べます。

5.Schoo

Schooとは、好きな場所で以下の2通りの方法で学べる学習サイトです。

  • 参加形式の生放送授業
  • 好きなタイミングで見られる動画教材

生放送の授業では、質問なども受け付けてくれるので、初心者のうちはおすすめ。

隙間時間に勉強したい方は、4,600以上の授業が録画されている動画でキャッチアップできるのが特徴です。

無料で登録できるので、一度試してみることをおすすめします。

プログラミング初学時に学ぶCSSとはプログラミング初学時に学ぶCSSとは?ファイル作成から実用例まで詳しく解説

おすすめの転職エージェント

転職プランを考える男性

未経験でプログラマーを目指す方は、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

なぜなら、たくさんの情報や事例を聞くことができるから。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビIT AGENT
  3. レバテックキャリア

以降で、それぞれ見ていきましょう。

1.リクルートエージェント

リクルートエージェントは、株式会社リクルートが運営する転職エージェントです。

リクルートエージェントの特徴は、以下のとおり。

  • 求人数が多い
  • 全国広範囲で対応可能
  • 非公開求人がある

大手ならではの特徴なので、登録しておけば間違いないでしょう。

2.マイナビIT AGENT

マイナビITエージェントは、株式会社マイナビが運営するIT業界に特化した転職エージェントです。

  • キャリアアドバイザーがIT業界に詳しい
  • 若い方向けの求人数が豊富
  • 年収アップが狙いやすい

デメリットとして、地方では対応していないところもありますので、近くで相談できるかを確認しましょう。

もし相談できる支店が近くなら、登録がおすすめです。

3.レバテックキャリア

レバテックキャリアは、レバテック株式会社が運営するIT業界に特化した転職エージェントです。

レバテックキャリアの特徴は、以下のとおり。

  • ITの職種に特化しながら7,000件以上の求人数
  • 専門職の案件が多め
  • 地方の求人にも強い

ITに絞って仕事を探したい方で、地方に住んでいるならレバテックキャリアに相談できるか確認してみよう。

おすすめのプログラミングスクール

プログラミングスクールで学習する男女

未経験でプログラマーへ転職したいなら、プログラミングスクールが一番の近道です。

その理由は、転職のためのスキルや実績を作れるから。

  1. TechAcademy
  2. GEEK JOB
  3. DMM WEBCAMP

おすすめのプログラミングスクールを、それぞれ見ていきましょう。

1.TechAcademy

TechAcademyはキラメックス株式会社が運営するオンラインで受講できるプログラミングスクールです。

TechAcademyの特徴は、以下のとおり。

  • 現役エンジニアのサポートがある
  • 最短12週間でエンジニアを目指せる
  • 言語の種類が豊富

本気で転職したいが、通う時間がなかなか作れない方におすすめのスクールです。

2.GEEK JOB

GEEK JOBは、株式会社 Sun Asteriskが運営する転職保証型のプログラミングサービスです。

最大の特徴は、無料で受講できるコースがあること。

ただし無料コースの場合は、転職が必須になっているので、本気でない方はおすすめできません。

まずは学んでからじっくり転職したい方には、有料のコースがおすすめです。

3.DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPは、株式会社インフラトップが運営する転職成功率98%のプログラミングスクールです。

特徴は、以下のとおり。

  • 未経験者に特化したカリキュラムを用意
  • プログラミングスキルだけでなくビジネススキル研修
  • 無制限の質問サポート

入塾から卒業するまで、転職をサポートするキャリアアドバイザーもいます。

転職だけでなく、転職先での活躍も見据えて、DMM WEBCAMPでスキルを磨きましょう。

プログラミング-習い事プログラミングスクールの習い事について解説|メリット・デメリットやおすすめスクールも紹介

まとめ:未経験でプログラマーになるなら準備が大切

本記事では、IT業界未経験者がプログラマーになるための情報を紹介しました。

  • IT業界に転職するなら今がチャンス
  • 転職ではプログラミングスキルだけでなく、ビジネススキルもアピール
  • 最短で転職したいならプロから学び、相談が必要

未経験でもプログラマーになれるかとても不安ですよね。

ただ後になればなるだけ、チャンスは掴みにくくなってしまいます

思い立ったときが吉。

まずは一歩踏み出して、夢に向かって歩き出しましょう。

エンジニア転職のプロがマンツーマンで悩みを解決! 累計卒業生数3,000人以上* 転職成功率98%* *2020年4月時点

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中

無料カウンセリングに申込む

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2023 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5