4月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
3月生は満員となっております。4月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

就職活動中の面接の際に必ず聞かれるのが『何か質問はありますか?』という逆質問です。

そしてこの逆質問は、意外と採用担当者の中で印象に残る重要な項目であったりもします。

つまり、逆質問で自分の印象を残せなかったり、あるいは悪い印象を与えてしまうような質問をしてしまうと良い結果が得られないということになりますね。

そこでこの記事では、IT業界へ進みたいと考えている方のためにIT業界の採用担当者に評価されるような逆質問について詳しく解説していきたいと思います。

面接官の印象に残るような逆質問を考えるときのポイントについてはもちろん、本当は自分で考えた質問の方が良いのですが、どうしても良い逆質問が思い浮かばない場合に参考にしてほしいおすすめの逆質問についても紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

就職活動では面接対策が重要

就職活動では面接が最も重要になってくると言っても過言ではありません。

面接は企業にとって採用を検討している人材の人柄を直接確認できる貴重な場となりますし、逆に採用を希望する側にとっても自分をアピールすることができる大切な場となります。

就活を成功させたいのであれば、面接がそれだけ重要なものだと理解して面接にのぞむ必要があるということです。

面接で失敗してしまったと感じている人が多いのが『逆質問』

そんな面接で、『失敗してしまった…』と感じる人が多いのが逆質問です。

逆質問は自分をアピールするための重要な項目なのですが、意外とこれを活かす事ができずにいる人が多いということですね。

逆質問とは

そもそも逆質問とはどういったものなのでしょうか?

逆質問とは、面接の最後の方でこちらから採用担当者へ逆に質問できるタイミングのことを指します。

面接中は採用担当者が採用される側に質問することがほとんどなので、滅多にないチャンスと言えるのですが、この逆質問が苦手という方は意外と多く、失敗してしまうわけです。

なぜ逆質問で失敗してしまうのか

では、なぜ多くの方が逆質問で失敗してしまうのでしょうか?

逆質問に失敗する方のほとんどがリサーチ不足や準備不足が原因で失敗してしまうことがほとんどです。

面接を進めていく中で用意していた質問への回答が得られてしまうパターンは結構多いものです。
そのため逆質問はいくつか用意しておくべきなのですが、ほとんどの方が1、2個しか準備しておらず、とっさにいい質問が出ずにパニクってしまい、失敗してしまうわけです。

逆に言えば、しっかりとその業界や企業についてリサーチをおこなっていくつも質問項目を準備しておけば、逆質問に失敗してしまう可能性をほとんどゼロにできるということになります。

面接官の印象に残る逆質問を考えるときのポイント

どんな逆質問にするか考えるときには、面接官の印象に残るような逆質問を考えることが重要です。

では、面接官の印象に残るような逆質問とはどういったものなのでしょうか?

ポイントについてみていきましょう。

業界のことをよく勉強しているなと思われるような質問をする

IT業界に進みたいと考えているのであれば、IT業界の知識についてアピールできるような逆質問をするべきだといえます。

例えば、Webデザイナーとしての採用を目指す場合であれば、Webデザイナーとしてのキャリアップの定番であるWebディレクターを目指すことは可能なのかといったことを質問するといいでしょう。

採用を希望する企業やその企業がおこなっている業務内容について質問する

IT業界に数多く存在する企業の中からその企業を選んだわけですから、その企業への関心は高くて当然です。

その関心度の高さを面接官に伝えるためには、その企業やその企業のサービスや開発している製品について質問するのが効果的です。

意欲や向上心の高さをアピールする

「若手のうちから挑戦の機会はあるか」など、意欲や向上心の高さのアピールは逆質問の定番とも言えますが、それだけ効果が高い逆質問だという捉え方もできます。

自分のやる気や向上心の高さを逆質問でアピールしていきましょう。

困ったときはこれ!印象に残る逆質問3

ではここからは、先ほど紹介したポイントをふまえた面接官の印象に残るような逆質問の例をいくつか紹介していきたいと思います。

逆質問はできるだけ自分で考えた方がいいのですが、どうしてもいい逆質問が思い浮かばないという方はこれから紹介する例を参考にしてみてください。

その企業でのキャリアプランに関しての逆質問

私は今回Webデザイナーとしての採用を希望しているのですが、常に勉強し続け、どんどんキャリアップしていきたいとも考えています。

そこでキャリアプランに関しての質問をさせていただきたいのですが、御社にWebデザイナーとして採用していただいた場合、Webデザイナーからのキャリアプランにはどういったものがあるのでしょうか?

WebデザイナーからのキャリアプランとしてはWebディレクターが定番かと思いますが、Webディレクターを目指すことも可能でしょうか?

企業や業務内容に関する逆質問

私は御社の〇〇(サービス名)に強い感銘を受け、今回の求人に応募しました。

そのため、どんな形でも良いですので〇〇(サービス名)に関わる業務に携わっていければと考えているのですが、それは可能でしょうか?

もし可能な場合、どういったスキルを重点的に鍛えていけば良いでしょうか?

意欲や向上心の高さをアピールする逆質問

私は基本的なITスキルやITに関する知識は身についているつもりですが、IT業界で今後も活躍していくためには常に勉強し続けていく必要があると考えています。

しかし、デザインソフトなどの専門的なソフトは高いので、自分で購入して勉強していくのは難しいと考えております。

その場合、業務終了後に会社のPCを利用して勉強することは可能でしょうか?

まとめ:逆質問で面接を成功させよう

IT業界への就職を希望する方のための面接対策として逆質問について詳しく解説してきました。

逆質問で頭を悩ませている方は今回紹介したポイントと質問の例を参考に、面接官の印象に残るような逆質問を考えてみてください。

DMM WEWBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

4月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
3月受入枠は満員となっております。4月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事